観 笑 亭 日 乗

 
                                         
   

 




 
 6月1日(月) 「バードマンと丁稚どん」
 『バードマン』がどんな映画なのかということも知らずに考えた駄洒落。先日、神様にこんな質問をされた。「これ、お前、エロの冒険者、お前はいつも美味い物ばかり食べていて、まことに怪しからん。罰としてこれから一生、牛肉、豚肉のどちらかだけしか食べられないようにしてやる。お前は牛肉、豚肉のどちらかを選択しなければなら」「はいはい」私は食い気味に叫んだ。「神様、そういうことでしたら、豚肉、豚肉をお願いします!」

 神様は驚いて「えっ、お前、本当にいいの?一生の問題をそんなに簡単に。そんな豚肉だけってイスラム教徒に怒られちゃうよ、松坂牛の特上A5ランクのサーロインステーキなんてものが出てきても食べられないんだよ、人形町今半のすき焼きもダメなんだよ、銀座馬喰一代のしゃぶしゃぶだって無理なんだよ」妙に日本のグルメ事情に詳しい神様である。本当は食べたいのは神様自身じゃないのか。

 私はにっこり笑って答える。「大丈夫ですって、神様、もう私も年で牛肉の脂がダメなんです。松坂牛特上A5ランクの霜降り肉なんてぞっとします。同じ牛肉なら、スーパーに並んでいる米国産牛肉 250グラム400円ぐらいの肉がいいです。焼きすぎるととたんに固くなって、どのくらい固くなるかというと12.7ミリ機銃弾だって跳ね返してしまうほどですが、牛肉ならそういうののほうが断然いいです。なんか安い米国産牛肉褒めていますが、まあ、そういったものを含めてもなお、私は豚肉の方がいいのです」

 「そういうものかのう、わしらの頃は牛肉といえば一か月に一度、いやいや、一年に一度の大御馳走だったものだがのう」あんた、いつの時代の人なのだ(笑)。神様はなおも納得していないようであったが、私の決意の固さに説得をあきらめしぶしぶと帰っていった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に例のざるラーメン。今日はいつものゆでもやし、トマトに加えて半熟卵、チャーシューを加えた超豪華版。もっとも具を入れすぎたせいでちょっとスープの味が薄まってしまったけれども(笑)。明日は麺の上に具材を乗せて別容器に入れたつゆを使って食べるというつけ麺スタイルにしてみよう!(いや、このざるラーメンは本来そういう食べ方をするのではという質問は受け付けませんのであしからず)

 夕食は近くの中華料理屋からの出前でから揚げとギョーザ、つけあわせのキャベツ。缶ビール500ml缶一本飲んでゴハンはなし。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『インターセクション』を見る。モロッコに新婚旅行に来ていた夫婦、いかにも仲睦まじく昼間っから子作りに励んでおります。しかし、妻はじつは仕事人間の夫を憎んでおりまして、愛人を呼び寄せ砂漠の真ん中で夫を殺させようとしていたのです。とんだビッチです。翌朝、砂漠へ車で出かけた夫婦、愛人の車に付け回されます。そしてあろうことか愛人の車が体当たりしてきた!危険を感じた夫は逃げようとして爆走、爆走、また爆走。そしたら丘の向こうの見えないところに故障したバス(大型のバン)が止まっておりまして、夫の車がずがーん、続いて愛人の車もずがーん。三人ほど事故で死んで残された人たちも砂漠の真ん中で立ち往生。この地獄からどうやって脱出するか?という映画なのですが、登場する人間たちのほとんどがクズの大悪党だったのであります。

 映画の宣伝で強調されていた生き残るための駆け引きというのはあまり面白くないのですが(笑)、この悪党大集合の図がたまりません。前述の新妻(ジェイミー・アレクサンダー)も悪党なのですが、事故現場にいた赤ん坊を抱いた女も負けず劣らずで実はこいつは愛人に頼まれて前の妻が連れて逃げた赤ん坊を取り返しにきたのであります。その際、前の妻は相棒によってぼこぼこにされているという酷さ。相棒は天罰か車の中で丸焦げになってしまいますけれども。

 この女、助けてくれた恩人、しかも親切に車で駅まで送ってくれる、のダイヤに目をつけて愛人を呼び寄せ奪おうとしたりするんです。もちろん、失敗して刑務所送りになってしまうのですが、この悪辣さかげんには驚くほかはありません。

 もう一つの見どころがラスト近くのジェイミー・アレクサンダーのドレス姿。不必要なまでに薄手でしかもノーブラなので黒々した乳首がはっきり見えます。その恰好で人のたくさんいる観光地をしゃなりしゃなりと歩くのです。日本だったら男たちが列をなしてついてきますよ。ほとんどヌードと変わらないですよ。この彼我の(日本と欧米の)ノーブラ感覚の違いというのはまことに大きいと言わざるを得ません。。

 ハイビジョン画質は優秀。発色の綺麗さが印象的。音声はAACステレオ。濃密なサラウンド感がサスペンスを盛り上げる!

 その後シャワーを浴びていろいろ。

 就寝午前2時過ぎ。

 6月2日(火) KGB総選挙
 未だにAKB総選挙というものが良く分かっていない私が考えた駄洒落。これは一種の怪談になるのだろうか。私が子供の頃、近所に小さなおっさんがいた。非常に背が小さく遠目から見るとまったく子供にしか見えなかった。私たちはそのおっさんがオートバイに乗っているのをみて「子供がバイクに乗っとる」と非常に失礼なことを言い交したものである。

 そのおっさんが35年の時を経て私の目の前に現れたのだ。福岡市内某所のバス停でそのおっさんがバスを待っていたのだ。おっさんはリュックを背負っていた。そして帽子をひょいと上に投げ上げてキャッチしていたりしていた。車の中からその姿を目撃した私は大きな衝撃をうけ、急ブレーキ、後ろの車にクラクションを鳴らされたのである。

 あれは生霊なのであろうか、今、自分でもちょっとどうかと思うくらいに好き放題に生きている私への神様の警告なのであろうか。ああ、恐ろしい、恐ろしい。

 あ、誰だ、そりゃ他人の空似だろうとか言っている奴は!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は例のざるラーメン+野菜。前日の予告通り麺の上に具材を乗せたつけめんスタイルで食ってみるが、何か釈然とせず。いちいちチャーシュー、ゆでもやし等の具材をつゆにつけて食べるという行為にどうしても不自然さを感じてしまうのであった。

 夕食はマグロの刺身と生野菜。ビール500ml缶一本飲む。仕上げはづけにしたマグロの刺身をゴハンに乗っけた鉄火丼。海苔がなかったのが残念であるが、それでも驚くほど美味しかった。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画版の『ゴジラVSビオランテ』を見る。ウウーム、アレだよな、劇場で見たときに冒頭のあからさまでものすごくへたくそな砂漠の合成映像を見て「ああっ」と嘆いたんだよな(笑)。

 スーパーX2のミサイル発射ででででと操縦桿の発射スイッチを早押しする映像もくそダサい。お前は高橋名人かとツッコミたくなる。しかも、がちゃがちゃという安っぽい効果音付きなのだ。

 それにだいたいバルカン砲というのはあんな発射音はしないぞ。モーターの駆動音が大きいので銃器の発射音というより、牛が鳴いているような音がするのだ。

 私なぞ小学生の自分に戦闘機の飛行音などを吹き込んだレコード(そういうものがあったのだ)を聞いていて、「この牛がモーモー言っているのはなんだこりゃ」と首を捻っていたくらいだぞ。

 このあたりで私は新しいゴジラ(私にとって新しいということですよ)を見限ってしまったのだろう。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。就寝午後2時過ぎ。

 6月3日(水) ヤフ大奥
 どんなオークションや。フードファディズム、ここに極まれり。<http://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/173181より引用開始>

【和食力】だし 心身を育む 落ち着きに効果? 研究進む

2015年06月03日(最終更新 2015年06月03日 14時23分)

「○○ちゃんはご飯が大好きなんだよ。いつも山盛り」。配膳された給食を前に年長組の男の子がズボンをつかみ、人懐こく話し掛けてきた。机の上にはみそ汁、焼き魚などが並ぶ。

 福岡市早良区の住宅街にある高取保育園(213人)。西福江園長(85)が保育士を経て1968年に開園して以来、食にこだわり、和食中心の給食を提供してきた。みそ汁はいりこだしが基本。カルシウムを取れるよう粉末にして入れる。この日の具材はキャベツ、豆腐、油揚げ。主食は雑穀入りの玄米。毎日欠かさない納豆は日替わりの食材を混ぜる。この日は切り干し大根、しらす干し、ゴマなど。副菜のコンニャクのいり煮は野菜やエノキタケのだしが効いておいしい。

 「子どもたちが元気な上に落ち着いている。自然な感じは、訓練ではなく食による影響だと感じざるを得ない」。農業を通して子育て支援に関わる新潟市の農業、高塚俊郎さん(44)は感心しきりだ。農業体験学習事業を進める同市の視察メンバーとして来園した。

 和食の健康効果は世界的に関心を集める、科学的な証明は進んでいない。日本病態栄養学会は今年1月、科学的証明の蓄積を京都和食宣言で呼び掛けた。和食の無形文化遺産の登録がきっかけだ。

 かつおだしについて、味の素イノベーション研究所(川崎市)は疲労改善、高血圧抑制などのほか、満腹感の促進や心の落ち着きをもたらす効果があることを報告している。

 食にもたらす影響は、胃の運動を促進すると同時に、胃から食べ物が出ていくのが遅くなるのを確認した。タンパク質分解に有利となり、腹持ちも良くなることを示唆する結果だ。唾液の分泌も促進された。

 ネズミの攻撃性と不安感が、だしによってどう変わるかも興味深い。飼育箱の中に後から入れられた別のネズミを追い出そうとする回数と長さを比較。だしを4週間与えたネズミ群の平均は10分間で0・7回だったのに対して、だしの代わりに水を与えた群は3回。時間も2秒に対して17・5秒だった。

 不安感は、四角い箱に放り込んだネズミの行動で調べた。ネズミは壁側を好み、徐々に中央エリアへ移動する傾向がある。5分間の行動量は変わらないが、だしを16日間飲ませたネズミは中央に動く量、時間が約2・5倍増えたという。

 「かつおだしが攻撃性を低下させ不安を抑制したと推測される。根底には満足感や心の落ち着きがあるとみられる」。研究所主席研究員の近藤高史さん(53)が説明する。ただ、かつおだしのどんな成分が作用するのかなどはまだ分かっておらず、研究が広がって解明につながることを期待しているという。

 だしを「おいしい」と感じる仕組みも重要だ。ネズミによる実験では、何度もだしを口にすることで好きになることが分かった。食体験によって心身の効果を実感し、心地よさが繰り返されることによって好きという感覚を得るわけだ。

 高取保育園でもだしの効いた和食を日々、口にする子どもたちが「和食好き」になる。乳幼児に見られるかみつきも減るという。他園で勤務したこともある栄養士の女性は「切り干し、ヒジキなど子どもにとっては味が分かりづらい副菜が多いにもかかわらず、残食が少ない」と話す。

 和食を口にする心地よい感覚が、さらに和食を好きにさせる。食育が大切なゆえんである。

 「食は命なり」。子どもたちの心と体を半世紀以上にわたって育んできた西園長の信念にうなずく。<引用終了>

 今より顆粒やインスタントではない、本物のかつおだし(いや、鰹節からちゃんと取るしか方法がなかったんだもの)が使われていた昔は現代よりよっぽど犯罪が多かったのですがねえ。

 西日本新聞の名著(笑)「食卓の向こう側」でもやっぱり保育園園児をだしに使っていて「旬の野菜を使い子供と食事やおやつを作る郊外の保育園。数年前、近くの団地の夏祭りのご飯から食中毒が発生。園児たちも食べたが体調は良かった。嘔吐下痢症がはやるときも、園児ではなく、送り迎えする保護者の方だ。

 「収穫や調理体験を通して野菜をよく味わうようになると、体の抵抗力、免疫力も強くなる」。調理員歴25年の女性は言い切る。」なんですと。

 (「食卓の向こう側 3」 15ページ」)

 改めて読んでみると、凄いことが書いてあるなあ、おい(笑)。

 本日は休み。午前8時半に起床。コーヒーを淹れてゆっくりと飲む。その後プロジェクターを起動させて米国版ブルーレイ『トワイライト/ニュームーン』を1時間ほど。やっぱりオオカミ男くんの献身と報われなさに涙を禁じ得ない。

 だってさ、あんなに一生懸命なのに、ベラからいきなり「これさあ、スクラップ置き場から買ってきたんだけど、直してくれない」とぼろぼろのバイク2台押しつけられて苦労して修理したりしているのに、キスさえさせて貰えないんだよ、揚句に映画のラストはエドワードのプロポーズだったりするんだよ、これだけ悲惨な男性キャラというのも珍しいよ。

 その後は昼酒。鶏わさとホタテベビーのバター焼き(例の不思議なお皿に盛ってチューブのバターをちゅー。3分加熱してレモン汁と醤油で頂ます)でビール500ml缶を一本。

 へろへろと酔っぱらって2時間ほど昼寝。それからプロジェクターを再起動させて『トワイライト/ニュームーン』の続き。

 夕食は回鍋肉とこちの刺身、なめこの味噌汁。ビール500ml缶一本飲む。後はゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『パイオニア』を見始めたのだが、“隠された真相”のあまりの粗雑さと分かりにくさにうんざりして1時間40分あたりで視聴中断。これでも随分と我慢したんだよ(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」

 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 6月4日(木) まさかり担いでQ太郎
 白状します。私は子供の頃から金太郎のことを「可愛げのないいやなガキだ」と思っていました。自分の部屋はほとんど毎日掃除している。それでも廊下に落ちているのが私の陰毛。いくら掃除しても気が付いたら必ず一本や二本は落ちている。これだけ落ちていれば私の局部がパイパンになってもおかしくないのに、こっちの方はいまだに黒々。

 私は思う。陰毛さえなければ毎日の掃除がよほど楽になるのに。私の生活において陰毛がなくてもあまり困らない。つるつるの局部(私の局部というのはちっちゃくて可愛いのでいっぺん見てみられるがよろしい)を見られて「いやーん!」となる可能性がほとんどないからである。あるとすれば旅行で温泉に行って大浴場に入る時ぐらいか。それも1年に一度あるかないかぐらいだからなあ。

 その1年に一度あるかないかの大浴場入浴のために部屋に陰毛が落ちているという事態を甘受しなければならないのも不条理である。いっそ、陰毛などなくなってしまうがよろしかろう。

 私はここに「陰毛不要論」を提唱するものである。

 あ、あのこんな訳のわからないことを書いているからと言って決して発狂した訳ではないですからね、勘違いしないようにお願いしますよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。一件、非常に気にかかっている案件があるのだが、さすがにこの日記では書けないので悪しからずご了承されたし。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチ。昼飯は例のざるラーメン、ゆでもやし、スライスドトマト、チャーシュー乗せ。ああ、もう、美味しくって美味しくって何回連食しても飽きないよ。

 夕食は冷凍食品のエビ焼売、生野菜、レトルトのカレー。ビール500ml缶一本飲む。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『パイオニア』の続き。ウウーム、やっぱり面白くないなあ。こう言っちゃなんだけど、奮闘している主人公にも申し訳ないけれども、たかが人一人(主人公の兄)が事故で死んだだけでしょ。それも共同開発していたアメリカの会社のガスが原因なのだから、フツーに処理すればいいだけの話。

 それなのに、二人も殺して挙句には主人公を加圧室に閉じ込めて「おら、おら、圧力掛けるぞ、目玉が引っ込むぞ、それがいやならお前の持っているガスのサンプルださんかい!」と拷問したりする。

 もう訳がわからん。おまけに、そのガスのサンプルは「兄の死を怪しんで奔走していた主人公をわざわざまた潜らせた」ために主人公の手に入った(ハッタリだったけれど)ものだったのである。

 隠ぺいしようというのならもっと賢くやらなきゃダメですよ。フリー・メイソンとかイルミナティとか見習いなさいよ!

 ハイビジョン画質は暗部に乱れあり。じゃくじゃくとしたノイズが目立つ。音声はAACステレオ。海中シーンの包囲感はなかなかのもの。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。就寝午前2時過ぎ。