観 笑 亭 日 乗

 まあ、要するに日記であります。自分に都合の悪いことや他人のプライバシーに触れるような事は書きませんので悪しからず御了承下さい。もしそれではイヤという方がいらっしゃいましたらへい、ようがす、木戸銭払ってどうぞお帰りくださいな。また、読んだ本、TV番組、映画等についてのネタバレあり。御注意下さい。うん、注意したからね、これでああ、おれ、まだ見てないのになどと怒るのは筋違いですからね。そういう人は接骨院にでも行って下さいね。
                                         
   

 




 
 




 


 


 
 
 
 

 
 

 
 
 




 



 



 


 
 



 



 



 



 5月1日(火) 「鬼にカルボナーラ」
 いやあ、「鬼に金棒」と気軽に言うけど、鬼はその金棒、要するに金属製のバットみたいなもので表面に刺なんかついている恐ろしい武器、で人をがんとやるんだろう。あんなものでしかも鬼の強力でがんとやられてはたまらない。人なんか2,3回やられたら「ぐむ、ふげ、がぎ」で単なる肉塊となってしまうだろう。何という恐ろしい諺なのか。

 新物件のために某大手ガス会社のショールームへ行ってきた。主な目的は導入予定の床暖房を体験すること。何しろ大手ガス会社であるからして、わりと暖かくなってきたこの季節でも床暖房の凄さを分からせるために室温を福岡の一月の平均気温に合わせた体験ルームがあったりするのである。部屋に入ると「サム―ッ!」その後、床暖房ルームに入って「あたたかーい」てなことになるのである。いやあ、実際に体験してみると床から温める床暖房というのは本当に良いなあと思った。エアコンの足元がすーすーする感覚とはまるで別物。よほど寒くなければ床暖房だけで部屋が十分に暖かくなる。

 床暖房をガスにするか、電気にするかで悩んでいたのだが、こういう体験をしてしまったらもう迷ってなんかいられない。ガスで決めた。そうでなくても天候状況によっては九州管内の電力使用率が98パーセントにもなって九州電力真っ青というご時世である。それでも原発はいかん、原発廃止だ、放射能が―とか言っているアレな人たちがいっぱいいるのである。電気ばかりに頼っていられるものか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。昼飯はマルちゃん正麺の冷やし中華。具は茹でもやしとふりかけのみ。スープがちょっと濃いのでミネラルウォーターを少し足してやると俄然美味しくなる。夕食はマルちゃん北の味わいざるラーメン。こっちのほうは茹で卵、ゆでもやし、トマト、チャーシュー、博多万能ねぎ刻みなど豪勢なトッピングで。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『CUB カブ 戦慄のサマーキャンプ』を見る。キモチ良いくらいのダメホラー(笑)。主人公の少年がああなってしまうのは予想がついていたけれども、彼の過去に関する情報が極めてあいまいである。だから、なぜ少年があのような存在に変化してしまうかの理由づけが出来ていない。それにですな、山の中に住んで人ばっかり殺している親父もですな、失踪事件が相次いで警察からも警告されていたのに、ノコノコとやってきたせっかくの獲物を粗末に扱いすぎ。ボーイスカウト隊の紅一点をフツーに殺したらダメでしょうが。とっつかまえてがっぽんがっぽんやって子供を産ませるぐらいしなくちゃどうするんですか。それってどんな『ヒルズ・ハブ・アイズ2』なんだとか言っちゃいけませんよ。

 唯一良かったのはトラックに乗った親父がボーイスカウト隊の子供たちをばきめきばきとテントごと轢き潰す場面ぐらいだったです、はい。

 ハイビジョン画質は良好。暗い場面が多いがノイズが上手く抑えられておりトーンジャンプも目立たない。音声はAAC5.1チャンネル。真後ろからぱきぱきと小枝を踏む音が聞こえてくるのが実に気色悪い。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。 
 
 5月2日(水) 谷啓族
 えー、竹の子族の駄洒落ですが、皆さんお分かりか? さて、今年の5月5日は米海兵隊 岩国基地 フレンドシップデーに行ってくる。残念ながらブルーインパルスの展示飛行は予定されていないが、アジア地域初となるF35Bのフライトが見られる模様。天気も大きな崩れはなさそうだし、楽しみでならん。

 しかし、これは32年ぶりくらいの航空祭だからなあ。航空祭というのはとにかく歩く。人も佃煮にするぐらいたくさん集まる。買い物、トイレも行列ということになるだろう。老いさらばえたこの私の体がそんな荒行に耐えられるのか。ましてやバスツアーの集合は前日の夜。早朝に岩国基地へ到着し、開場までバスの中で待機するのである。入眠剤を持っていくつもりであるが、ちゃんと眠れるのか。睡眠不足でしかもコーフンして(笑)基地内を歩き回ったらぶっ倒れるのではないか。

 楽しみでならんが、不安も一杯だな。

 本日は休み。午前9時すぎに起床してシャワーを浴びる。午前11時からお出かけ。某区役所へ行って戸籍謄本の取得。その後、天神まで歩き赤のれんでラーメン定食(ラーメン、ミニ炒飯、餃子3個)の昼食。久しぶりだったので嬉しくって替え玉までしたらお腹パンパン。最近の私は食べすぎると体がだるくなってしまう。この後天神でビックカメラや本屋を回るという予定を放擲してバスにて帰宅。

 午後3時過ぎからプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『皆はこう呼んだ 鋼鉄ジーグ』を見る。いや、これは、<アニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的なファン>ではあるまい。少し頭の弱い女の子が性的虐待や母親の死に傷つきまくった挙句、「ジーグ」の世界に逃げ込んだのだ。

 その女の子の面倒を心ならずも見ることになった主人公。チンケな悪党であった彼は(どれくらいチンケかと言うと街中で腕時計を強奪したら警察官にさんざん追い掛け回され何とか逃げて、知り合いのギャングに腕時計を買って貰おうとしたら買いたたかれるぐらい)、偶然得たスーパーパワーとこの女の子との関わりによって次第に変わっていく・・・。

 ざっくり言うとこんな話なのだが、これがもう良い映画でたまらんかったんですよ。特に女の子を休業中の遊園地の観覧車に乗せてスーパーパワーで無理やり動かす場面でヤラれてしまった。女の子を引き留めるために路面電車の後ろを掴んでストップさせるのもカッコ良すぎ。

 ラストで繰り広げられる同じスーパーパワーを得た悪玉との戦いは今一つだったけど(笑)、ぼかぁそれでもこの映画が大好きだ。

 ハイビジョン画質は暗部のノイズが気になる。明るい場面では高解像度で凄く奥行き感があるって悪くはないのだが。音声はAAC5.1チャンネル。リアチャンネルを通り抜けていく車の疾走音が実にリアル。まあ、これはサラウンド音声というよりヤマハ AVプリアンプ CX-A5100の力なのかも知れないが。

 夕食はマルちゃん北の味わいラーメン。トッピングが豪華なのでまたお腹パンパン。こりないねえ、この人は。

 その後、映画は見ずに音楽聞きながら読書。午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」

 就寝午前1時過ぎ。

 5月3日(木) ガウディ君
 赤木乳業株式会社駄洒落。岩国基地フレンドシップデー 参加のためにいろいろ揃えた。30年ぶりのナップザック(そんなの20歳越えたら遠足なんかには行きませんからなあ)、新しい靴(明日一日掛けて馴らし・ブレイクインするつもりである)、帽子(ハット 撥水加工のもの。迷彩色であれだよ、ジャングルを進む特殊部隊がかぶっているような奴だよ)。そして、簡易トイレ(小水用)。なんとこのバスツアーで使われるバスにはトイレがついていないのだ、がーん。だいたい一時間半に一回くらいのトイレ休憩があると思うが、何しろ私は小便が極めて近い。用心に越したことはあるまい。もっともバスの車内で周囲に気付かれない様に使えるかはなはだ疑問であるが。

 本日は仕事。仕事と言ってもゴールデンウィーク中なのでゴミ置き場の整理やちょっとした掃除ということになるが。後は引っ越しで出た荷物の整理や処分。

 食ったもの、朝飯に朝ぺとゼロカロリーコーラ。550キロカロリー。これはキツかった(笑)。昼飯はカップヌードルと茹でホウレンソウ。400キロカロリー。夕食はキューピーのオイルソース、焼き豚・ホウレンソウを使ったスパゲティ。600キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ブラッディホワイト 白の襲撃者たち』を見る。冒頭で爆発テロが発生。負傷した刑事が病院へ運ばれる。ウウーム、これはこの刑事と爆破テロ犯の戦いになるのかと思いきや、病院の様子がいかにも変である。看護婦、看護師、警備員がそれぞれ一人だけ、そして上司の刑事と何だか良く分からん人たち数人ぐらいしか人がいない。看護婦のヘアスタイルはいかにも古風であり、警備員はクラシックな蓄音機でレコードを鳴らす。

 ははあ、これはみんな死んでいるんだな、それもみんな様々な時代から集まってきているんだなと私くらいこの手のホラーを見慣れていると分かります(笑)。時々現れるあのぼんやりとした黒い影は現世の人間に決まっています。そしてその場合、大概この手の奴らと言うのは心霊探検隊なんです。

 いや、さすがにこの予想がぴたりと当たったのにはびっくりしましたよ(笑)。

 ただ、その後が良く分からなかった。爆破テロ犯人が主人公たちを襲ってくるのだが、この意味が判然としない。見方によっては現世への未練により病院へ留まっていた霊魂たちを成仏させているようにも思えるからだ(笑)。一応、彼らの1人をとっ捕まえ激しく拷問して(幽霊の幽霊による拷問)、爆破テロ共犯の名前を聞きだし、心霊探検隊員で唯一、死後の世界に入ることができる女性(この人もまた爆破テロの被害者)に伝えて現実世界で逮捕させるというオチがあるのだが、上記の理由でどうも釈然としないのである。

 ハイビジョン画質は良好。暗部でびゅーっとノイズが増えた場面は画質のせいなのか、それとも意図された演出なのか区別がつかん(笑)。音声はAAC5.1チャンネル。効果音がリア・フロント・サイドに丁寧に張りつけてあるのは当たり前なのだが、ちゃんと距離感まで演出してくれるのに驚かされる。

 その後シャワーを浴びてCSで一挙放送された「海月姫」のCM抜き。一挙放送なのにCMエリアがそのまんま残っていて面倒くせー。それでも一時間ほど掛かって11話分を終了させめでたくダビング終了。一応、この作品は米国盤ブルーレイでもっているのだが、あちらはテロップ関連がすべて英語ですからな。ちゃんとした国内版を残しておきたかったのであります。

 その後は入眠剤は服用せずだらだらと過ごす。明日のバスツアーに備えてあまり眠らないようにしたのである。だから睡眠は30分ほど、それもソファーの上で(笑)。

 5月4日(金) みだらの日
 5月4日祝日駄洒落。日テレの水卜麻美アナウンサーは「ザラブ星人」に似ていると思えて仕方ない今日この頃である。さて、岩国基地フレンドシップディ レポート。実際に行ったのは明日、5月5日のことなのだが、どうしたって長くなりますからな、今日の日記から始めさせて頂きます。それは日記じゃねーと言われるかも知れませんがそんなのは私の知ったことではありません。

 A-10兄貴との再会、キレッキレッの三沢基地のデモチームによるF-16のデモフライト。どちらも30年ぶりでマジに涙が出た(笑)。A-10兄貴とか、心の中で「ああ、兄さん、会いたかったよ」と呼びかけたら「俺もだ!」って答えてくれましたからな(妄想)。オスプレイのデモフライトも凄かった。ホバリングでぴたりと停止、微速前進、右にすいーっ、左にすいーっ、その場でくるりと1回転、さらにバックします、注意してください!

 エアプレーンモードによる低空高速パス、短距離離陸、短距離着陸、オスプレイの能力の凄さをこれでもかと見せつけてくれる。また、地上展示のオスプレイの中も見学できたぞ。機内にかなりいい加減に脚立が縛り付けられていたのに笑ったぞ。

  F-35Bの展示飛行はF-16のハイGマニューバーと比較すると見劣りしたけど(というよりF16のチームが凄すぎるのである)、リフトエンジンを使ったホバリングが圧巻。オスプレイと同じく停止してから右にすいーっ、左にすいーっ。ただ、この時のエンジン音はクソうるさい(笑)。フルアフタバーナーでドンと加速するF-16よりうるさい。F-16はすぐに遠くへ行ってしまうけどF-35Bはそのままその位置に留まり続けるから感覚でいえばうるささ2倍である。

 A-10兄貴2機はびっくりするほど汚れていた。ウェザリング覚えたての初心者モデラーがついついやり過ぎてしまったというくらいに汚れていた。歴戦の機体なんだろうなあ。でもこの歴戦の機体も航空祭後半は観客の日よけに使われていたという(笑)。A-10 2機だけは周囲にロープが張られておらず好き放題に機体の下に入り込めたから。

 でもね、いいことばかりじゃなかったんだよ。これはまた明日の日記で。

 本日も休み。朝飯にゴハン1合と豆腐、大根・玉ねぎの味噌汁に卵を落とした奴、ふりかけ。味噌汁の量が多くなってしまったので、いや、何しろ明日は航空祭ですからなあ、冷蔵庫の野菜を始末しておかなければならなかったのであります、食い終わったらお腹パンパン。なんか最近いつもお腹パンパンで申し訳ありません。

 昼飯はマルちゃん正麺の冷麺。やっぱり冷蔵庫の中の茹でもやし、茹で卵、焼き豚、トマトを始末しなければならなかったので必然的に量が多くなりやっぱりお腹パンパン。懲りねえ奴だと笑ってくだせえ。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』を見る。いやあ、どうも、主人公たちの行動が抜けていて、常に悪役側の方が一枚も二枚も上手。見ていてはらはら、いらいらさせられる。それだけに最後の最後での大反撃が痛快で非常に良い気分にさせてくれた。

 悪役のボスははい、韓国の財閥企業の女性トップ。子飼いの部下に命じて嫁を殺すわ、タクシーの運転手にその罪をなすりつけて死刑囚にするわ、関係していた刑事も殺すわ、なんだか企業のトップと言うより女王様、それもエリザベート・バートリーみたいな存在。もちろん、映画的誇張ではあるのだが、現実の韓国の大財閥トップの横暴さを見ていると・・・。

 こういうのも韓国映画の良さのひとつなんだぞ(笑)。

 ハイビジョン画質はいつも通り。明るい場面は良いのだが暗い場面のノイズやトーンジャンプが目障り。音声はステレオ。それでもヤマハAVプリアンプのCX-A5100のドルビーサラウンドモードを使うとへたな5.1チャンネルに劣らない音場を作り出してくれる。

 夕食はマルタイの長崎ちゃんぽん(念のため言っておくがカップ麺である)とキュウリ一本。この後、シャワーを浴びいろいろ準備を整えてフレンドシップディツアーの待ち合わせ場所である博多駅へ向かったのである。

 5月5日(土) コンドームの日
 5月5日祝日駄洒落。何かの参考になるかもしれないので、今回の岩国基地フレンドシップディ バスツアーのスケジュールを記録しておきます。かなり複雑なので読む人は心してください。そうしないと置いてけぼりになっちゃいますよ、バスツアーだけに(全然面白くない“だけにボケ”)。

 午後10時20分、博多駅前集合・出発。基本的に一人で参加している人間は余裕さえあれば2席使えるようだ。午後11時20分過ぎ、小倉到着。残りのお客さんを拾う。バスはここから夜行バスとして運用。カーテンを閉めるよう指示が出されて消灯。このツアー会社では夜行バスはすべての席でのフルリクライニングを支持される。前の人がぐーっとリクライニングしてくると押しつぶされそう。こっちもリクライニングすればいいではないかと言われるかもしれないが、その圧迫感・閉塞感は解消されず。棺桶に入っているような気分である。さらにまずいことに私はリクライニングがダメ、腰が痛くなってしまう。幸い前も一人だったので通路側の席に移ることができたのだが、これが二人でしかも私が窓側だったりしたら、いったいどうなったことか。発狂して喚き出したのではないか。

 高速へ入り午前1時過ぎに佐波川SAにて1回目の休憩30分。トイレを済ませミネラルウォーターとコンビニのコロッケパンで夜食をとる。次にあっという間についてここで2時間の休憩というか時間調整。やっぱりトイレに行って食堂のきつねうどんで第二夜食。何しろ明日は1日航空ショーですからなあ、会場内で飲食が難しくなるので今のうちにチャージしておこうというのであります。

 午前3時半に出発。そして基地ウェストゲート前に到着したのが午前4時。この時間でも観光バスの行列の真ん中ぐらいであった(笑)。ここで1時間半待ち。ここはフツーの住宅街の道路だからトイレもなし。午前5時半に起床、午前6時にウェストゲート開放。40分ほど掛かって基地内指定駐車場に到着。

 さて、岩国基地フレンドシップディのレポート第2弾。前日の日記で予告した良くないことの報告なのだが。とにかく一般観覧エリアの最前列に座っていたマニアがひどく横暴であった。無料遊覧エリアの最前列にレジャーシートを敷いて占領し、他の人がうっかりここを踏んだりすると「土足で入るとは何事か!」と居丈高に怒鳴り散らす。相手が謝っても「謝れば済む話じゃないんだよ!」これが3歳の頃から基地祭に行っているという18歳男。

  18歳男は「雑誌で読んだことがあるけど本当にそんな奴がいるとは」その周辺の奴らが「本当に非常識だねー」みたいなことを言う。私の隣にいた中年夫婦のおばさんが「ほんまやねー」と関西弁で賛同。それでいてこの一団がどれくらい常識的かというと、このおばさんは私のとなりでぼかんと日傘を広げ私の視界を50パーセントほど奪ってくださる(笑)。この18歳男の仲間たちは占領地域を出入りするさいにぽかぽかと私のナップザックを故意ではないにせよ蹴ってくださる(笑)。  

 そんな中18歳男が延々と話している。「北海道に行った時、金がないからえんえんと7キロぐらい歩いたことがありますよ、ホテルなんか泊まれない、野宿したことだってありますよ」いわゆる学校では学べない青春の有意義な経験という奴である。私のとなりではおばさんが感心してまた「ほんまやねー」 なんで岩国まで夜行バスで行ってこういうクソみたいな話を聞かせられなければいかんのか(笑)。


 F-35Bのデモフライトの時、夢中になった私はうっかりほんまやねーおばさんが敷いていたシートを踏んでしまった。ほんまやねーおばさんは「踏んでる、踏んでる!」と私に怒る。私は一応、「すいません」と謝ったが、あやうくキレるところであった。踏まれて困るなら、たたんでおけ!ここはヒコーキを見るところだ、敷物で縄張り確保するところじゃねー!私はタオルを敷いて座っていたが、デモフライトを見るために立ち上がる時はそれを片付けていた。他の人の邪魔になりかねないからだ。それがフツーじゃないの!

 18歳男はこのB-35デモフライトの時にレジャーシート内に入ってきた私と同じかちょっと下くらいのおじさんをまたもどなり散らしたのだ(これが二回目)。そしてその後、「雑誌で読んだことがあるけど本当にそんな奴がいるとは」と同じことを言う。するとやっぱりほんまやねーおばさんが「ほんまやねー」自分でアルバイトして野宿したりして旅行するという学校では学べない青春の有意義な体験をしたりすると、こういうアレな人間ができるのである。さすがにしんどくなった私は展示飛行の一時間半前から座って確保していた場所を放棄して離れた。それ以上いたらアレな奴らに対する怒りを制御できなくなりそうだったから。俺も大概アレだが(笑)さすがにあんな奴らと一緒にされたくない。

 岩国基地フレンドシップディにはブルーインパルスのフライトやF35Bのような新型機の展示など特別なことがなければ、もういくつもりはない。行ったらこの18歳青春有意義男との確率で遭遇するだろうから(笑)。

 入間基地祭でのレジャーシート禁止はこういう奴らのせいなんだろうなあ。


 午後3時半くらいに展示飛行のプログラムが終了。バスに戻って博多駅前へ戻る(この道のりはまた明日の日記に詳しく書きます)。タクシーで自宅に戻りシャワーを浴びてお酒。前夜1時間半程度しか寝られなかったのですぐにバタンキュー。おやすみなさい。

 5月6日(日) 今際の際はピカピカに光って
 あきれ返るほどステキ・・・なのか?さて、岩国基地フレンドシップディからの帰り道である。基地内の駐車場に午後4時集合(バスは午後3時半から開放)。わりとスムースに皆さん戻ってきたので予定通り出発できた。しかし、基地を出てからの渋滞がひどい。結局高速に入るまで1時間近く掛かったのではないか。

 高速に入ってから一度 行きにも寄った佐波川サービスエリア(大藪春彦先生風に言うとサーヴィスエイリア)で20分休憩。基地では売店で買ったドリトーとミネラルウォーターを口にしたのみであったから急いで吉野家に飛び込み牛丼+味噌汁・おしんこの定食をかきこむ。この牛丼がまた美味いこと、美味いこと。生涯ナンバーワンの牛丼であったことは疑いようがない。その後トイレを済ませてバスに戻る。

 その後は小倉・博多目指してまっしぐら。当初の予定ではもう1回壇ノ浦パーキングエリアで休憩が入る筈だったのだが、渋滞で時間の余裕がなくなったのである。

 博多駅に着いたのは午後9時すぎであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。いや、まだゴールデンウィークなのだけれども、明日の月曜日は瓶・ペットボトル収集日なのでその準備をしなくちゃならなかったから。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとアイスコーヒー。300キロカロリー。昼飯はうまかっちゃん。面倒臭かったのでトッピングはゴマと博多万能ねぎ刻みだけ。500キロカロリー。夕食はコンビニの笹かまぼこ 150キロカロリーでビール500ml缶飲み後はレトルトのカレーライス。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『シン・ジョーズ』を見る。沈没したソ連の原潜から出た放射能で鮫が生体原子炉になった。じーじーと背びれを赤く発光させながら呑気な海水浴客を襲いまくる!というまあ、アレな映画ですよ(笑)。

 でも、意外と健闘していて原題の『Atomic Shark』のタイトルが60年代放射能SF映画っぽいフォントになっていたり、細かなギャグを多用したりして、私みたいな人間を大喜びさせるんである。ラストで島にぬっころがった原子炉鮫がオーバーヒートして暴走(海水で冷却されてなきゃならない)、核爆発!主人公たちが爆風で思いっきり死の灰を浴びているのにボートの上でキスしているのにも笑っちゃったなあ。

 うん、意外な拾い物でした。

 ハイビジョン画質はむやみに明るくぎらぎら。音声はAAC5.1チャンネル。重低音は意外と頑張っているのだが、やっぱり音場がすかすかで貧乏くさい。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 北朝鮮の話題で田嶋陽子が「金主席は立派な方で・・・」とかぼそぼそ呟いていたが、ほとんど発言の機会なし。こりゃ、相当カットされてんな(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月7日(月) フェミニズム狼
 北欧神話駄洒落。岩国基地フレンドシップディのもう一つの目玉はF/A-18 ホーネットの各型が一堂に会すること。2018年に厚木基地から空母艦載機部隊の移転が完了して以来、岩国は文字通りのホーネッツネストになっている。フレンドシップディではF/A-18 C,D(いわゆるレガシーホーネット)、F/A-18 E、F(スーパーホーネット、ライノ)、そしてさらに電子戦機のEA-18G グラウラー(翼端に怪奇な形状の電子戦ポッドを装着しているので印象が大きくことなる)が同じ会場内に展示されたのだ。私はE、F スーパーホーネット EA-18Gグラウラーを見るのは初めて。オスプレイやF-35Bとはまったく違った種類のコーフンに包まれたのである(笑)。

 https://dot.asahi.com/aera/2017102500086.html?page=1  「あつぎえんぴつの会」の怪。ヴォランティアとして前川某が参加。これがやっちまったことに対しての贖罪というなら分からんこともないが、記事ではやたらヴォランティアとしての活動が強調されるばかり。なんで善意の人になってんの?なお、2018年5月6日 西日本新聞朝刊8面でもまったく同じ趣旨の記事あり。

 本気と書いてマジと読むで安倍首相憎さのあまりに頭おかしくなっていないか、ねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとゼロカロリーコーラ。300キロカロリー。昼飯は久々の長浜御殿でラーメンと替え玉。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリーを適用。夕食は豆腐とワカメの味噌汁。塩じゃけと大根おろしでゴハンを1膳。550キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,850キロカロリー。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『ウェズリー・スナイプス シールドフォース 要塞監獄』を見る。人工知能「テンプル」による尋問装置を設置した極秘施設との通信が途絶。救出ミッションで送り込まれたのがテンプルの設計者であるガブリエル、ウェズリー・スナイプスたち、特殊部隊というお話。

 この極秘施設が監獄をそのまま使っているのである。

 調査を進めるうちに、この事件は特殊部隊が過去にアフガンで起こした残虐行為が原因だということが分かってきて・・・。要するにですな、脳内を走査して真実を読み取る能力を持つテンプルがこの残虐行為を見つけ出し、彼らに罰を与えようとしたということなのです。

 発想自体は悪いものではないが、謎解きの部分がかったるくていかん。それに輪を掛けるのが薄暗い刑務所の中という単調な映像がえんえんと続くこと。この2つが合わさるととにかく退屈な映画になっちまうのだ。

 ハイビジョン画質はこの手の映画としては良い方。薄暗い刑務所の中と言う悪条件でも奥行き感・立体感が損なわれないのは立派。音声はステレオ。ヤマハAVプリアンプ CX-A5100のドルビーサラウンドモードで。音場の広がりはあるものの、その密度が物足りない。刑務所内での反響の表現もあっさりしすぎている。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。録画の『ガンダム オリジン』も見る。いやー、コロニー落とし、ひでえなあ(笑)。いや、ガンダムを良く知らん私は少なくともコロニーの住民は避難させられていると思っていたのだが、ええっ?毒ガスで殺して住民ごと地球に落っことすの?

 あの唐突に出てきたカップルなど、「地球に一度行ってみたいわ」「行けるよ、この戦争が終われば」 はい、地球に行くことができました、ただしコロニーごと、のあまりの惨さに思わず笑ってしまいましたよ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月8日(火) 『恐怖加計人間』
 私は『恐怖奇形人間』の米国盤DVD、それもファーストプレスのリージョン制限なし盤を持っているのが自慢だったのだが、今はフツーに国内盤DVDが発売(2017年10月4日)されているんですなあ。

 (元ネタの加計学園問題も、<理事長が安倍首相とお友達>だったというだけであたかも首相が関与した不正があったかのように報道され、野党が延々追求したのだけれども、まったくそんな不正の証拠は出てこず、むしろ追求した側に献金があったことが分かったりして笑われて、反安倍のキチガイが苦し紛れに頑張って勉強して入学した学生たちまで侮辱したという恐怖の事件だったですけどね)

 今月の米国盤UHD注文分である。まずは『ボス・ベイビー』 3月21日より絶賛公開中の作品であるが、何しろ19ドルと安かったものですから(笑)。ジェニファー・ローレンスの『レッドスパロー』 日本公開は同じく3月21日。米国盤UHDは5月22日の発売。そして『ジュラシックパーク 25周年記念ボックス』 『ジュラシックパーク』『ジュラシックパーク ロストワールド』『ジュラシックパーク3』『ジュラシックワールド』の4作品を収めたボックスセット。これで49.96ドルというのですからなんとお得なんざましょ!

 今回のお買いものは送料込みで12,239円。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に香味ペースト、豆腐半丁とほうれん草、博多万能ねぎ刻み、胡麻を使った中華スープ。150キロカロリー。昼飯はケチャッピーのナポリタン。スパゲティ50グラム、玉ねぎ4分の1個、ピーマン1個、ベーコン使用。350キロカロリー。夕食はマルちゃん焼きそば。豚肉・玉ねぎ・キャベツ・もやしを使う。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『聖なる復讐者たち』を見る。この映画の上手いところは姉をひき逃げで殺されしかも病で余命2ヶ月の少女の復讐を単なる「正の行為」(決して善の行為ではない)として描かないこと。復讐するものにも「物語としても容認できないような弱み・悪さ」を与えることで、この一見単純なテーマに深みを与えている。

 少女を手伝うボーイフレンドは父親を生きながら焼き殺してつい先日までブレインホスピタル(精神病院のことだ) に入院していたし、ひき逃げされた姉はドラッグ決めてふらふらと路上を歩いていた。復讐されるべき主人公(ネタバレだ、すまん)はアル中であり、冒頭で少女に殺害された同僚は不正に手を染めていたいわばトラッシュコップ(クズ警官の意味 実際にこんな言葉はないので注意せよ)。そして姉に麻薬を売った売人たちはいわずもがな。ただ一人、少女だけを除いて善・悪の境界が極めてあいまいなのだ。

 物語の設定の作り方でありふれた復讐テーマがここまで面白くなるのである。

 ハイビジョン画質は誉められたものではなし。コントラストに乏しく平面的な画像。ノイズも多い。音声はAAC5.1チャンネル。こちらは平均点というところか。

 その後、シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月9日(水) プロ野球珍プレーこぶ平
 現・正蔵駄洒落。マルちゃん焼きそば 豚肉使わず野菜のみにするとせいぜい400キロカロリーのヘルシーメニューとなる。それでもソースの濃い味付けでそれなりに美味しく食べられるのが宜しい。ただ、大事なのは豚肉を使ったフツーの焼きそば(だいたい800キロカロリー)を時々食べて「美味しさ」マイルをためておくこと。このマイルがヴェジタブル焼きそばの物足りなさを補ってくれる。

 青のりが必須なのは言うまでもなし。紅ショウガもと言いたいところだが、私はラーメンに紅ショウガは使わない派なのでどうしても余ってしまう。あれさー、カップ麺に入っているような小分けパックの紅ショウガとか売ってくれないかなあ。

 岩国基地フレンドシップディではF-16デモフライトチームの準備の模様を間近で見ることができたのだが、エンジン、各動翼のプリフライトチェックの際、インテイク脇の航行灯を点滅させる。これがオレンジ(赤?)だったので、物凄く怪獣ぽかった(笑)。本当にギャオスやレギオンみたいなの。これはマジで「ひそねとまそたん」の源イメージになっているんじゃないの?と思ったくらいであります。

 本日はお休み。ゴールデンウィーク明けなので代休ならぬ代出勤にしようかと思ったのだが、自宅の電気・ガス・水道・ケーブルテレビ停止の手続きや立ち合いをする必要があったので休みにしちゃいました。食ったもの、朝飯に塩じゃけの焼いた奴、豆腐と大根の味噌汁、ゴハン、大根おろし。550キロカロリー。昼飯はキャベツ・塩昆布にキャベツのたれをかけた奴をつまみに缶ビール500ml缶一本飲んで茹でホウレンソウとで仕上げ。キャベツを大量に食ったのでこれで十分お腹いっぱいになってしまう。100キロカロリー。夕食は豚汁とゴハン半合。豚汁は豚肉、キャベツ、玉ねぎ、大根を使う。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、だらだらとテレヴィ。午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は日本映画専門チャンネルハイビジョンで放送された『フランケンシュタイン対地底怪獣』HDリマスター版。いや、こりゃまたきれいだなあ、発色が非常に良く奥行き感もあり、通常版とは隔絶した画質だ。

 というか、これでさっさとブルーレイあるいはUHDソフトを出しなさいってば(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月10日(木) 『ルネサンスウェポン』
 リッグスとマータフがロス市警から画家に転身だ!最近、思っていること。ウォーギルトインフォメーションプログラムというのはGHQが実際に行った生活改善普及事業などを考えると実に怪しい。戦争でこてんぱんにやられた日本人が自国や軍隊に失望し不信感を抱くというのは当たり前で、わざわざそんなことをやる必要はあまりなかったのではないか。もし本当にそんな宣撫プログラムが存在したのなら、ドイツに対しても実行された筈だ。

 さて、ようやく米国盤UHD 『グレーテストショーマン』を見た。ストーリーはやや納得しかねるものがあるが(笑)、この画質・音質は驚異的。画質は発色が恐ろしくヴィヴィッドであり、またHDRによるハイコントラストはショー場面をよりいっそうきらびやかでファンタジックに演出してくれる。DIファイルは2Kであるが、解像度が異様に高く衣装の細かいデザインがはっきりと分かる。

 いや、みなさん、UHDブルーレイによる4K映像はもうここまで進化しているのですぞ。

 音声はドルビーアトモス。シアタールームを隙間なく埋め尽くすサラウンド、体に穴が開くのではないかと思われるほど(笑)するどくパワフルな重低音、BGMの品位の高さ、こちらも一級品だ。

 なお、このディスクには日本語字幕・音声が収録されている。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にわかめうどん。300キロカロリー。昼飯はケチャッピー、ピーマン、玉ねぎを使ったナポリタン。650キロカロリー。夕食は焼きそばのソバ抜きって単なるソース味の肉野菜炒めや!500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後前述の『グレーテストショーマン』を見ておおおおと感激したのである。終了後シャワーを浴びていろいろ。日本映画専門チャンネルで録画した『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』HDリマスターをブルーレイメディアにコピー。ふふふ、これでこのディスクに『ラドン』『ドゴラ』『フランケンシュタイン対地底怪獣』『サンダ対ガイラ』が収まったという訳だ。なんだかむやみに嬉しいぜ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月11日(金) フェレンギ狼
 北欧神話+スタートレック駄洒落。「スタートレック」の世界では金という概念がないんだぞ。それじゃあんまりだというのでTNGでフェレンギ人が使うラチナムという通貨が設定された。でもあるスタートレック小説でライカーが「私は副長という大変な職業に見合う分の給料をもらっているんだ」とか言っていてすべてが台無し(笑)。

 昨日は新物件建設のための家屋解体打ち合わせ。電気・ガス・水道etc担当の業者さん+建設会社の営業の人、設計の人、現場監督などで総勢12人ぐらいの大所帯となる。引越しは完璧にやったし、ライフラインの停止・移転手続きもすべて終了しているので、現場監督さんからこんなにきれいに諸々が終わっているなんて珍しいですよと誉められちゃったい(笑)。

 ということで仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、本日はダイエット解放日(チートディとか言ったりするらしいですよ、最近のおしゃれさんは)のつもりだったので朝からコンビニの調理パン(ソーセージパン、サンドウィッチ)を2個、さらにカフェラテなど飲んだのでまあ、950キロカロリーくらいになってしまいましたわい。でもこの後、この調理パンが腹に残って昼は抜き。夜はコンビニのレトルトエビチリでビール500ml缶一本飲んで仕上げにマルちゃん焼きそば。ただし具は玉ねぎスライスのみ。玉ねぎを念入りに炒めると甘くなって案外いける。ちょっと悲しい気分になるけどね!エビチリ 180キロカロリー。焼きそば300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,430キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ザ・レジェンド』 中国の皇帝継承騒動に巻き込まれた二人の元十字軍兵士、ニコラス・ケイジ、ヘイデン・クリステンセンの活躍を描くアクションファンタジー。この二人のキャラクター造形が良く、かなり無理のあるストーリー(笑)をちゃんと着地させているのに感心させられる。

 しかし、肝心の戦闘場面には不満ばかり。途中で出てきた大将軍はあっさりやられちゃうし、皇帝継承を狙う兄の軍も山中の砦を襲うのに昼間っから山道を登っていったりする。そんなの狙ってくれ、殺してくれみたいなもんである。迎え撃つニコラス・ケイジたちも爆弾でがけ崩れを起こさせたりすれば良いものを必要以上に引きつけて矢でぴゅんぴゅん撃つばかり。そしてこれまたあっさりと本拠の洞窟に逃げ込んでしまう。

 ここは上田城の真田VS秀忠のような知略に満ちた戦いを見せて欲しかったところだ。

 ハイビジョン画質はまあ、ダメ(笑)。鬼のようなトーンジャンプが出る。音声はAAC5.1チャンネル。こちらも包囲感に乏しく立体感のないサラウンドだ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 ゴリけんのウンコもらし事件とかやっぱすげえよなあ(笑)。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させ『フランケンシュタイン対地底怪獣』HDリマスターを最後まで。よし、明日は『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』だ。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月12日(土) ガガーリン松茸味しめじ
 キノコ駄洒落。私自身は大好きだけど、自炊をするようになってからシイタケが食べられない人の気持ちがほんの少し分かったような気がする。やっぱり食べ物としては変だよ、キノコって。

 ということで食べ物雑感。昔のクジラの刺身とかがりごりに凍っていて溶けると血まみれ(笑)。で、決して美味しいものではなかった。50を過ぎた現在になって昔の半分凍ったままのクジラの刺身をショーガ醤油で食べたいと思ったりするけど。小学校2年生くらいまで焼肉=ジンギスカンだった。3~4年生くらいから実家の経済状況が良くなったのか、牛肉が安くなったのか焼肉=牛になった。でもジンギスカンは特有の匂いこみで美味しかったと思う。駄菓子屋で売っていたサラダ煎餅、結構な割合で湿気ていた(笑)。噛むとばりんではなくねちーっとする。それはそれで美味しかった。

 父親の趣味が釣りだったので雑魚と呼ばれる魚を食う機会が多かった。みんな美味しかったのだが(南蛮漬けにするとたまらんかった)その中でも印象に残ったのがぎんぽ。天ぷらネタとして有名であるが、この魚がとにかく生命力が強かったのだ。釣り上げられてクーラーに放り込まれ氷で冷やされること4~5時間。その後、さばかれて内臓を取り出されたのにも関わらず天ぷら油に入れられるとばちゃばちゃ暴れて母親をびっくりさせる。実際、アレは凄かったですなあ。

 あ、天ぷらはほくほくとして美味しかったですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜揚げうどん。茹でた冷凍うどんを鍋ごと食卓に運び大根おろしをたっぷり入れた麺つゆで食べる。300キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそば。ただし具は玉ねぎのみ。300キロカロリー。夕食は刺身切り落とし(サーモン・マグロ・ハマチ・イカ・鯛)でビール500ml缶一本を飲んでうまかっちゃんで仕上げ。刺身はサーモンが入っていたので400キロカロリーとして計算。うまかっちゃんが450キロカロリーなので本日の摂取カロリーは1,450キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『フランス特殊部隊RAID』を見る。ドジでイタい大女が母親を亡くして以来の夢であった特殊部隊への入隊を、いろいろあって、ついに実現!散々ドジをやらかして周囲を呆れさせるも次第に成長しラストでは各国首脳陣をテロから守るという大手柄を立てるのだったという映画。

 このヒロインのドジがギャグの範疇を越えて洒落にならんというのが最大の欠点だったりして(笑)。いや、会ったばかりの相手にころりと騙されて機密事項をぺらぺら喋り、しかもそいつがテロ組織のボスだったりするんだから。まあ、こんなドジなヒロインも格闘術、射撃には優れていて、特に射撃は訓練の時から相手の局部ばかりを狙い撃ち、俗にいう局部一点主義(そんな言葉はない)なのには笑わされたけど。

 ハイビジョン画質は良好。映像の立体感・奥行き感が素晴らしい。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドは標準的な出来であるがBGMの品位が高い。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 5月13日(日) 『ハラルの動く城』
 イスラム法駄洒落。なお、ハラルはイスラム法で許されている食事。反対に緊急時でない限り許されていないのがハラム。どっちなのか良く分からんという食べ物はシュブハと呼ばれできるだけ食べなさんなよということになる。

 <https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/05/10/kiji/20180509s00042000458000c.html>福岡市西区のマンション一室で福岡県志免町の大宅美貴さん(40)の殺害遺体が見つかった事件で、県警は9日、殺人容疑で、住人の読売新聞販売店従業員、津村和弘容疑者(74)の逮捕状を取り、指名手配した。>

 5月10日に容疑者が逮捕されたこの事件、ある業者さんによると殺害現場となったマンションは人気物件であり、入居状況は安定していたという。しかし、この事件で事故物件となってしまった。当該の部屋はもとより他の部屋も空いてしまうかもしれない、下手したらローンが払えなくなるのでは・・・ということであった。

 俺も他人事じゃないよなあ、殺人までは行かないまでも刃傷沙汰に発展しかねないような事件、所謂「この無責任男!」事件とかあったもんなあ(もちろん詳細を明らかにすることはできない)。××未×も2回あったもんなあ、そのうち一回ははしご車まで出動して周辺が大騒ぎになったもんなあ(3階以上からの119番連絡は自動的にはしご車が出動するらしい)。そして事故物件をネットでさらして喜ぶアレな奴らもたくさんおるからなあ、こわや、こわや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。弟家族呼んで取り壊し予定の実家のお祓いをやったよ。それ用の塩をたくさん持って行って各部屋の四隅に撒いたよ。食ったもの、朝飯にコンビニのカップラーメンとお握り。600キロカロリー。昼飯は豚汁。もやし・キャベツ・玉ねぎをたっぷり入れてヴァイタミンの補給。500キロカロリー。夕食は豆腐半丁をツマミにビール500ml缶一本飲んでベーコンとほうれん草のスパゲティで仕上げ。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ガルムウォーズ』 押井守監督が贈る押井守ファン限定のお楽しみというところか(笑)。いやー、もう私は機動戦艦の中を犬がうろちょろしている場面で駄目でした。犬がペット用としか思えない小型の丸いドアをくぐって睡眠巣に入ったところでがっかりしました。

 一応、ストーリーは理解できましたけど、あんな展開になるのなら、冒頭の八部族が戦争して半分以下になっちゃった云々はまったく関係ないじゃないですか。

 ハイビジョン画質はなんだかもやもやしていて評価できず。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドは良かった。特に高さ方向の移動感に優れており、飛行体が頭の上でぐるんと回る。ドルビーサラウンドモードであればイネイブルドスピーカーでもこれほどの表現ができるのだ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 午後11時半からプロジェクターを再起動させて『サンダ対ガイラ』HDリマスター。あの殺獣メーサー車の光り方がすげえ、雨に濡れた道路の表現すげえ、もうブルーレイには戻れない!

 就寝午前1時過ぎ。

 5月14日(月) シャンゼリゼ憲法
 元ネタは御存じ少林寺拳法。これは日本創設の武術であり、中国の少林拳とは関係ない。その少林拳で昔、『少林寺』みたいな映画があって(タイトルうろおぼえ)、少林拳の修業をしているジェット・リーが誤って師匠の御嬢さんのペットであるシェパードを撲殺。深く後悔した彼は犬を埋葬するのだが、なぜか、喉をごくりと鳴らす。そして埋葬したシェパードを掘り出してたき火でこんがり焼いて食べてしまったのであった。あの時はびっくりした・・・というか、こんなの今見てもきっと戦慄したぜ(笑)。

 スティーヴン・キング 「コロラドキッド」読了50パーセント。ヴィンスの回想でストーリーは進んでいく。海岸で発見された死体。40代男の死因は喉にステーキを詰めたことだったらしい。これがきっかけとなって脳梗塞を起こし死亡したのである。司法解剖の結果、前夜に食べた食事が判明する。特製フライドチキンとポテトフライである。この司法解剖に立ち会ったヴィンスは胃を開いた時に発生した匂いに耐え切れずトイレに駆け込んでおえー。

 彼は男の写真を持って周辺のフライドチキンとポテトフライを出すレストランを回る。果たしてあるテイクアウトの店で女性店員がその男に料理を出したと言う。彼はコートを羽織っていなかった。そんな彼が4月のふきっさらしの海岸でコートも着ずに何をやっていたのか・・・。

 だんだん西澤保彦先生の「麦酒の家の冒険」みたいになってきました。いや、元ネタのハリイ・ケメルマン 「九マイルは遠すぎる」みたいだと言った方がいいか(何か偉そうなことを言っとりますが私はハリイ・ケメルマンは「九マイルは遠すぎる」はおろか有名なラビシリーズも読んでいません、すいません)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとゼロカロリーコーラ。昼飯は何年ぶりか良く分からんくらいのCOCO壱番屋。ロースカツカレー+野菜という金正恩が北朝鮮人民から搾取しつくした金をすべて使っても1年に2回ぐらいしか食べられないという超贅沢メニューだ(ウソ)。夕食はマルちゃん焼きそば豚肉入りヴァージョン。

 その後、プロジェクターを起動させレンタルブルーレイの『マザー』を見る。すいませんねえ、教養がないものでこの物語が聖書をなぞっていることには気が付きませんでしたよ。キリスト関連はさすがに分かりましたけど、まさか、あの兄弟がカインとアベルとはねえ。

 監督はこの映画を環境問題のメタファーとして描いていると言っているそうだが、もちろん、多種多様な見方をされることも想定していたのだろう。私にはどうしてもジェニファー・ローレンスの家に押し入ってくる連中が「スマイリー・キクチ事件」や先日の東名高速道路事故に端を発した北九州市の建設会社に対する酷いデマ(容疑者の名前と同じというだけでまったく無関係の建設会社社長の息子だというデマが流された)に加担した人間たちに見えてしまうのである。面白半分でずかずかと入り込み、デマ情報を好き放題に拡散し、抗議を受ければ自分たちは正義なのだ、正義だから告発しているのだと開き直る。この見方は案外間違っていないと思うのだが・・・。

 ハイビジョン画質はダメダメ。近頃珍しいくらいの低画質。フィルムグレインはあまりにも奔放であり、時として圧縮を破綻させる。暗部は浮きまくりで例の格子状のノイズが目立ってしかたない。音声はドルビーアトモス。ジェニファー・ローレンスの主観サラウンドとでも呼ぶべき音場があって彼女が移動するとそれに合わせて話し声などがぐるぐると移動する。これが気持ち悪いほどリアル。

 その後シャワーを浴びていろいろ。「おそ松さん」や「リーサルウェポン セカンドシーズン」などを見る。メンタルケアの施設(要するにキ××イ病×ですな)で薬の横流しが行われているようだ。でも証拠がない。よし、誰かを潜入させよう。マータフはリッグスを見て「うん、ぴったりの人材がいた!」 ひでえなあ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 5月15日(火) 『アラクノフォビアのロレンス』
 名作映画駄洒落。新潟 小2女児殺害事件に関してマスコミ取材のあまりの酷さに遺族がコメント。被害者遺族のマスコミに対する血を吐くような叫びはこれが初めてじゃない。なぜそんな情け容赦のない取材ができるのか。フツーに言って頭おかしいだろ。 --- 大桃さん遺族のコメント全文=小2女児殺害 (時事通信社 - 05月16日 20:00)

 <引用開始>私たち家族は、大切な存在である娘を今回の思いがけない出来事で失い、悲しみの中におります。この状況を受け止めることは難しく、また、犯人が捕まったとしても娘が戻ってくることはありません。今は、一日も早く地域の方々や私たち家族が穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです。

 どうかこのような心情をご理解いただき、今後、家族や親族等に対する取材、撮影等についてはご遠慮いただきたいと思います。<引用終了>

 とにかくマスコミのお前らは小さな子供の事件は報道を控えろ(犯人が分かっていない時点で犯人特定につながるような情報は除く)、子供虐待の手口を詳細に報道するな。そして犯罪報道一般について言えることだが、被害者の実名をなんのためらいもなく晒すな。遺族が報道するなと言っているのに国民の知る権利がとか、オレは紛うかたなき日本国民だが、そんな権利なんざ欲しくねえ!

 本当に狂ってるよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとゼロカロリーコーヒー。昼飯は久々のゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。この味噌ラーメンが美味かった。今まで食ってきた味噌ラーメンの中でも断トツの一位であった。夕食は 豚汁。冷蔵庫の残り野菜一掃メニュー。必然的に量が多くなって食い終わったらお腹ぱんぱん。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『スクランブル』を見る。いや、あのどんでん返しが!って言うけど、今まで映画を見ていて覚えた違和感がすっぱり解消されなくてはならないので、それができないのはあんまり感心できたことではないんだよなあ(笑)。

 己に反対する親戚(なんだか良く分からん)をぼっこぼこにして実権を握った男だから、失敗したプライベート貨物機の機長を殺して樽詰めにしたりするのである、どうだ、凄いでしょ!とブチ上げておいて、ははは、どんでん返しです、だから親戚(なんだか良く分からん)をぼこぼこにしたのは事実ですが、機長樽詰めはお芝居だったのですと言われても納得できんのだ。

 ハイビジョン画質は解像度の高さが印象的。俯瞰の街並みの細かさとかびっくりする。音声はDTS-HDマスターオーディオ。そりゃ車のエンジン音とか凄いっすよ、でもそればかり目立って単調なサラウンドになってましたよ。

 その後、「ゴリパラ見聞録」のCM抜き、ブルーレイメディアへのコピーなど。後は「コロラドキッド」に読みふける。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 5月16日(水) 温泉店子
 幼い頃別府の温泉で食べた温泉卵はハードボイルドつまり固ゆで卵でありました。地獄のぐらぐら煮え立った湯につけておくのだからフツー、そうなりますわな。しかし、現在言うところの温泉卵は半熟のとろとろ。いつから両者の立場が入れ替わってしまったのでありましょうか。

 それとも固ゆで温泉卵は別府だけで全国の温泉地では昔から今と同じような半熟とろとろの温泉卵が売られていたのでしょうか。

 スティーヴン・キング 「コロラドキッド」読了60パーセント。死体の身元はようとして知れなかった。春が過ぎ夏が過ぎ11月を迎えるころになってもだ。死体は街の葬儀屋でエンバーミング処理を受けることになった。その局面を打開したのがステファニーと同じく研修で町の刑事二人と共に働いていた監察医の卵。

 この卵君は監察医の研修で来ていたのに二人のバカな刑事に使い走りばかりさせられて勉強できず、ついに絶望して法学校へ進路を変更してしまったのである。彼はガールフレンドの家に遊びに行った。彼はガールフレンドの父親が吸っていたタバコのパッケージを見てはっとする。パッケージの底には発売場所などのデータがインクで印刷されている。そうだ、死体の所持品にもタバコがあった。底を見れば彼がどこから来たのか分かるかもしれない。

 彼はヴィンスに連絡する。彼は死んでも二人の刑事には教えたくなかったのだ。ヴィンスは監察医に連絡してタバコを調べて貰う。その結果、タバコはコロラドで販売されたことが分かった。死体がジョン・ドゥーからコロラド・キッドになった瞬間である。 ヴィンスはコロラドの新聞社78社にコロラドキッドの顔写真を送りまくった。するとはたして「これは私の夫ではないでしょうか」という連絡が来たのである。彼女の名前はコーガン。彼女からかかりつけの歯医者を紹介して貰い歯型を確認したところ、果たして死体は彼女の夫だと断定された。 死体の身元は名前 ジェームズ・コーガン 42歳。2年前自宅より失踪。コロラドのネーダーランドに居住していた。職業は報道画家。失踪当時、彼には6ヶ月の息子がいたという。

 本日は休み。今日から実家の解体作業がスタート。まあ、実家の庭部分は祖父が亡くなった時にぶっ壊してアパートにしたし、家屋の半分は6年前のマンション建設の際に取り壊したし、そんなに感慨はないなあ。今、取り壊し中の家屋は私が中学生の頃にあてがわれた部屋で、ドアに鍵がなく「これじゃ安心してオナニーできないじゃん」と憤慨したものである。

 午前7時半に起床。朝飯はホウレンソウとベーコンのスパゲティ。600キロカロリー。午前9時すぎに事務所へ出て燃えないゴミだしなど。この時、解体作業の現場監督さんから挨拶を受ける。昼飯はなんだか急に食べたくなったイカの刺身とめかぶ、納豆。イカの刺身半分を麺つゆ、オロシショーガでイカそうめん風に食って缶ビール500ml缶をきゅびびびび。
次に残ったイカそうめんにめかぶを足して牡蠣醤油をたらり。啜りこんでまた缶ビール500ml缶をきゅびびびびび。次に納豆にイカの刺身半分を混ぜ込んで醤油とワサビでぐるぐるかき混ぜる。これを啜りこんで缶ビール500ml缶をきゅびびびびびび。はー、大満足ですわ。これで150キロカロリーぐらい。

 夕食はキュウリ、玉ねぎスライス、冷奴半丁で缶ビール500ml缶をきゅびびびびびびび。仕上げに玉ねぎ、ピーマン、ベーコンを使ったスパゲティナポリタン。粉チーズを贅沢に使ったので650キロカロリー。キュウリ、玉ねぎスライス、冷奴半丁と合わせて750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずに音楽聞きながら「コロラドキッド」を読んでいたのである。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 今日は終日やけに眠く、酒を飲んだらなおさら。午前12時前には寝ちゃったい。

 5月17日(木) 抗日は赤ちゃん
 私が日本鬼子よ。ちょいとした思い出話。小学校2年生の時、見られなくって悔しい思いをしたのが『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』 見に行った友達に「どうだった!」と聞いたら「銃がバーンで目のところにあたってどろどろ血が流れて」 それから30年以上経過してやっと『南海の大怪獣』を見ることができた。小銃で目を潰されるガニメで「ああ、これがあの時あいつの言っていた場面か!」

 あれ、『南海の大怪獣』を見ることができたのはいつだったか。同じく劇場で見ることがかなわなかった 『怪獣総進撃』(幼稚園の時ですから)はテレビ放送で初体験できたのだが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカップうどんミニとお握り。400キロカロリー。昼飯はひき割り納豆2パックとめかぶ1パックをぐりぐりと混ぜ合わせ、そこに大根おろしを投入。麺つゆ、牡蠣醤油で味をつけてずるずる。意外と美味しくなりませんでした(笑)。大根おろしを使ったのが良くなかったのか。200キロカロリー。夕食はサッポロ一番味噌ラーメンとキャベツ千切り。サッポロ一番味噌ラーメンには出汁入り味噌をちょっと加えるとびっくりするほど美味しくなる。もやしをたっぷりのせるとどうしてもスープが薄まっちゃうんだ。後は冷凍食品の水ギョーザを4個。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『グリーンルーム』(楽屋のこと)を見る。売れないしょぼいパンクバンド、ライブハウスを紹介されてのこのこ行ってみればそこはネオナチの巣。なんとか演奏を終えて帰ろうとしたら額にナイフぶっ刺されて死んでいる女を見ちゃった。ネオナチたちは彼らを監禁し処分しようとする。実はこのネオナチ組織、資金源として麻薬を製造販売、そしてどうも儀式と称して人間を殺したりもしているらしい。主人公たちは懸命に戦うが一人、また一人と無残に殺されていく。

 主人公は故アントン・イェルチン。対するネオナチのボスは パトリック・スチュワート。どんなスタトレ繋がりやねん!と私みたいな人間が盛大にツッコむところである(笑)。映画としての出来も良く、追い詰められてだんだん状況が悪化していく緊迫感がたまらない。また、悪い悪いネオナチの人たちは少々お頭が宜しくないので(ああっ、なんたるヘイトライティング!)、どうもやることなすこともっちゃりとしているのだが、このせいで返ってじりじりと嬲られているような気持ちになってしまうのだ。

 ハイビジョン画質はあまり誉められたものではなし。暗部の情報が少なくライブハウスの内部が良く分からん。それでいてノイズだけはばっちりとあるという・・・。音声はAAC5.1チャンネル。ライブ場面では低音が大活躍。しかし、それ以外は音数に乏しい貧乏サラウンドである。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「コロラドキッド」をガシガシ読む。もう80パーセントまで読んじゃったぞ。これなら十分、新作「アウトサイダー」の発売前に読了できるだろう(「アウトサイダー」は5月22日発売。もちろん、アマゾンで購入済み)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月18日(金) あぶさん祈願
 「ゴリパラ見聞録」の「安産祈願の旅」を見ていて思いついた駄洒落。拉致被害者蓮池薫氏の体験談。
<https://twitter.com/hiroredrose3216/status/996651476582785026> 2002年の帰国の際に北朝鮮側から強制された口裏合わせ。まず、「拉致された」とは絶対に言うな、柏崎市の誰もいない海岸でデートをしていた時、船に興味があったので沖に停泊していた船に勝手に乗り込んだ(いや、船に興味なんかなかったから)。そして勝手にエンジンをかけて沖に出たらエンストしてしまった。漂流中に北朝鮮の船に助けてもらい北朝鮮へ行った。日本の生活に疲れていたし、北の生活も楽しかったので自らの意思で北に残った。ちゃんとこういわないと酷いからな!

 船に勝手に乗り込んでエンジン掛けて沖へ出たら戻れなくなっちゃったって、なんだか昔の児童向け冒険小説のようである。

 なお、実際には金正日が拉致を認めたので北朝鮮当局のこの苦心の口裏合わせ(というか脅迫)工作もまったくの無駄に終わってしまった(笑)。

 「コロラドキッド」 読了80パーセント。ジェームズ・コーガンは死体で発見された当日、午前10時過ぎに「あ、ちょっと飯買ってくるわ」と事務所を出たという。時差があるので、メイン州では午後12時過ぎ。それからたったの5時間でコロラドからメイン州の小さな島へどうやってたどりついたのか。ヴィンスとディブはコーガンがチャーター機を使ったのでは考える。それも2回。コロラドからメイン州の空港へ、そしてそこから小型機に乗り換えたのだ。彼はクレジットカードを一切使わずすべて現金で決済していた。自分の足跡を残さないためだ。クレジットカードを使うとその痕跡が残ってしまうから。

 なぜ、そんなことをしたのかしらといぶかるステファニー。お金かしら、家庭の問題かしら、それとも女?

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、今日はダイエットの休養日にしたので朝からゴーカに行ったよ、いきなりコンビニのハンバーガー食っちゃったよ。昼飯は近くのトンカツやでトンカツ定食を食ったよ。780円でお手頃だったけどカツがびっくりするくらい固かったよ。その後3時のおやつにアイスクリームも食べちゃったよ。夜は夜でコンビニのカツ丼ともやしの味噌汁だったよ。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『バッドトラップ』を見る。ウウーム、どんでん返しという技法が上手く機能していないのは一重に主人公2人があまりにもバカすぎるからだろうなあ(笑)。事務所にもう一人の仲間と3人で押し入って従業員を脅し金庫から宝石を盗もうとする。でも途中で事務所のオーナーが戻ってきちゃった。なんと、こいつらそのオーナーをフツーの客だと勘違いして“帰して”しまうのである。案の定、その後すぐにショットガンを持ったオーナーが再登場。銃撃戦になるという・・・。従業員とオーナーを射殺したあげくに逃走する3人。そのうちの1人が警察に捕まってしまう。

 ウウーム、あいつ、俺らのことばらさないだろうなあと心配する二人。でも特に高飛びをしたりもしないの、フツーに自分の家にいて飲みに行ったりしているの。あまつさえ、主人公は街で見かけた美人をナンパ、恋仲になっちゃうの。そしてこの美人にころりと騙されて白昼堂々とセキュリティの厳しいオフィスビルに変なゴムマスクをつけて押し入るのだ。

 たったひとつの救いはバカがこの二人だけではないこと(笑)。警報が鳴って駆けつけてきた警備員が明らかに変なマスクを被っている二人をそのまんま見逃してしまう。いや、警備員の目をかすめたということではないよ、警備員は二人が「絵の保管場所」に案内させるために銃で脅して連れ出そうとしていた副社長に「警報が鳴ってますから早く避難してください」と声を掛けているんだから。

 こんな雑な物語なのに、なーんかみんな深刻な顔をしていて笑っちゃうぜ!

 ハイビジョン画質は良好。解像度が高く特に遠景での奥行き感に優れている。音声はAAC5.1チャンネル。音声はAAC5.1チャンネル。音場が薄く不安定。重低音の効果のみ良かった。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ひそねとまそたん」 第1話から第4話まで見返す。就寝午前1時過ぎ。

 5月19日(土) ギネスの嫁入り
 ギネスブック駄洒落。西城秀樹、星由利子死去。特に西城秀樹は63歳の若さで天に召されてしまった。「8時だョ!全員集合」でやった加藤茶とのドラム合戦が忘れられない。ご冥福をお祈りする。

 「コロラドキッド」読了85パーセント。コロラド・キッドの身元がコロラドのジェームズ・コーガンとはっきり認定された。夫の突然の失踪で幼い子供を抱えて途方に暮れていた奥さんは夫の死を悲しんではいるのだが、その反面、これで保険金が下りるとホッしてもいる。失踪扱いや自殺では保険金が出ないからである。奥さんはヴィンスとディーブに送られて帰途へ着く。

 しかし、それでも謎は残っている。どうしてコーガンの死体はコートやジャケットを着ていなかったのか、彼は何をしにここまでやってきたのか、ポケットから他の小銭に交じって発見されたロシア通貨の意味は?ラッキーチャームか。そしてあのタバコ。コーガンは喫煙者ではなかった。それは司法解剖の結果、肺に喫煙の痕跡がなかったことからも明らかだ。

 悶々とするステファニーである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。300キロカロリー。昼飯は冷凍うどんの大根おろしぶっかけ。300キロカロリー。夕食はお馴染みマルちゃん焼きそば豚肉入りヴァージョン。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『殺戮にいたる山岳』を見る。平たくいえば悪徳刑事や仲間の親父たちが、孫の少女を引き取って育てているおばあさんが見つけた金鉱を横取りしようとしておばあさん、少女、そして少女の父親から後を託された元炭鉱マンの老人 アン・ソンギを殺しにかかるというお話なのだが、例によってキャラクターの描き込みがスゴイのなんの。

 少女は少し知恵が遅れている。母親はその罪悪感に打ちひしがれつつ毎日を送っていた。そして、悪徳不動産屋に騙されて何の役にもたたないような山の土地を購入、ついに母親は松の枝で首を吊ってしまう。その葬儀の席で父親はアン・ソンギにある秘密を伝え少女の後見を依頼する。その父親はアン・ソンギと共に坑道崩落事故に遭遇。生き残ったのはアン・ソンギだけだった。15年後、おばあさんは母親が首を吊った松の木の根本で金脈を発見するのである。

 これだけでもうお腹いっぱいっすよ(笑)。

 そこに前述の悪徳警官や親父たちが乱入してくるのである。こいつらも重い、重いサイドストーリーに対抗するためか実にアクの強い奴ばっかりだ。事故がきっかけであったとは言え、即座にばあさんを殺しに掛かる。それどころか必死で逃げる少女に背後から猟銃を乱射。フツー、どっかで逡巡してしまうと思うのだが、こいつらにはそんな感情は一切存在しないのだ。

 また、キャラクター造形に加えてストーリー展開も見事なもの。最後の最後までサスペンスに溢れたストーリーテリングで私を捕えて離さない。

 ハイビジョン画質はやっぱりどうしてもトーンジャンプが目立ってしまう。音声はステレオだがヤマハAVプリアンプ CX-A5100のドルビーサラウンドモードを使うと過剰なまでに濃いサラウンド音場が楽しめるのだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。録画の「ゴリパラ見聞録」 秋田での一献後、溶け残った雪を見つけたゴリけん、喜び勇んで雪玉を作って矢野ぺぺや斉藤優にぶつけ始める。しかし、そのとたん、雪のないところで滑ってすってんころりん、逆に二人から激しい反撃を受けるのであった(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月20日(日) わたしはドジでノンマルトな亀です
 「スチュワーデス物語」を一回も見たことのない私が考えた駄洒落です、はい。スティーヴン・キング 「コロラドキッド」 結論から言うと謎のほとんどは明らかにされない。コートやジャケットがなかったのはオフィスから空港へ急ぐ車の中に置いていったのではないか、あるいはチャーター飛行機の中に置いていったのではないか。彼は深刻なトラブルに巻き込まれていたのではないか、健康上の致命的な不安を抱えていたのではないか。ひょっとしたらこれは殺人かも知れない。誰かがステーキ肉の塊をジェームズ・コーガンの喉に押し込んだのではないか。喉の周辺には検死の結果、筋肉弛緩の痕跡が見られたし。でも、すべて真相は闇の中。

 これがヴィンスとティーグのストーリーだった。他の大手新聞ならもっとはっきりとした謎解きを試みるだろう。しかし、それは彼らのやり方ではないのだ。ステファニーは研修の後もこの島に残ることを決意する。ボーイフレンドとは面倒なことになるだろうが、彼女の決心は固い。ヴィンスはこの出来事の9ヶ月後にこの世を去る。

 終わり。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に韓国冷麺+韓国直送のキムチ。ウウーム、意外と美味しくなかった。冷麺のつゆに旨みが足りん。麺つゆで旨みを足すべきだった。韓国直送のキムチはさすがになかなかのものだが、キムチと言うのは味が強いからねえ、飽きるのも早いんだよねえ。400キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそば豚肉なしヴァージョン。キャベツ、玉ねぎ、もやしを使う。400キロカロリー。豚肉がなくても十分に美味しいというか、もう豚肉なしでよくなくね?夕食は茹でホウレンソウとケチャッピー、ベーコン、玉ねぎ、ピーマンを使ったナポリタン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後本日届いたばかりのUHDブルーレイ 『ボス・ベイビー』を見る。オープニングでいきなりフツーの赤ん坊と無愛想な赤ん坊が選別されている。フツーの赤ん坊はそのまま各家庭へ文字通りデリバリーされて(英語のデリバリーには出産という意味がある)生まれる。後者はオトナ赤ん坊となってベイビーコープ(赤ん坊会社)に勤務し、さまざまな仕事を与えられることになるのだ。あからさまな人間の差別だが、これはいいのかという(笑)。しかも流れるのがアステアの「チーク・トゥ・チーク」なのだからちょっと洒落がきつくないか。

 さて、ボス・ベイビーはとある密命を与えられて主人公の家に赴任する(図々しいことにスーツ姿でアタッシェケースを持ち、ベイビーコープのタクシーでやってくるのだ)。その密命とは主人公の両親が勤務する大手ペット会社の秘密を探ること。そのペット会社は画期的な子犬の発売を計画している。ただでさえ、赤ん坊に向けられるべき両親の愛情が子犬に取られている。もしその子犬が発売されれば両親の愛情は完全に独占されてしまうだろう。これは恐るべき事態だ、「赤ん坊界」の危機だ!ボス・ベイビーは任務が終了すればベイビーコープに戻る。そうすれば主人公は今まで通り両親の宝物に戻ることができる。利害が一致した主人公とボス・ベイビーは協力してこの事態に立ち向かうのだ!

 ドリームワークス作品としてはかなり上位の出来。凝りすぎの感がいなめないストーリーも私みたいな人間にはぴったり。『ロード・オブ・ザ・リング』、『インディジョーンズ』等々の細かなクスグリも実に楽しい。

 UHDブルーレイ画質は安定の高品位。純度の高い発色はブルーレイにはとうてい真似のできないもの。HDRによる夜景も『リメンバー・ミー』と同じく実写でもなくアニメでもない、まったく新しい種類のリアリティを感じさせてくれる。音声はドルビーアトモス。ヴォリュームを上げ気味にすると一気に音場が拡大され、移動感もより明確となる。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎから「コロラドキッド」を読んでついに読了に至ったのである。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月21日(月) ザブングル代ゼロ法案
 ザブングルってどんなアニメだったっけ。5月22日 スティーヴン・キング 新作 「The Outsider」発売。アマゾンで予約購入していたので発売日になると同時にダウンロードが開始される。何回経験しても凄いと思う。なお、この「The Outsider」は576ページ。キング作品としてはまあ、フツーの長さでありますな。

 いずも型搭載F-35はどの程度戦力になる?<https://trafficnews.jp/post/80434/3より抜粋して引用開始>空母の役割は戦闘機の運用だけではありません。対潜哨戒ヘリコプターを常に1機パトロールさせるには、これも1日に12回は出撃しなくてはなりません。もしヘリコプター型早期警戒機もパトロールさせるならばさらに12回。離島防衛などの任務では輸送ヘリコプターも発着させなくてはなりません。さらに戦闘機の発着時には救難ヘリコプターを滞空させておく必要があります。こうした任務をこなしつつ戦闘機を運用するのですから、いずも型にF-35Bを10機強搭載しても、やはり1日に1機当たり1回、最大限戦闘機の運用に特化し夜間の出撃を行ったとしても1機当たり2回の達成は厳しいでしょう。

  (中略) 空母に搭載された戦闘機は、フォークランドでの例のように本国から遠く離れた場所で運用してはじめて意味を持ちます。外国で作戦を行うならともかく、離島防衛を目的にF-35Bを艦載する意義はまったくありません。それならば既存の基地に通常離着陸型F-35Aと空中給油機を追加配備した方が、同じ投資ではるかに大きな戦力を実現できるでしょう。<引用終了>いずも型護衛艦とF35Bのペアは決して夢の組み合わせではないということだ。

 なお、F35B 30機及びヘリコプター10機を運用する予定の英空母 クイーンエリザベス級は 基準排水量45,000トン 満載排水量67,669トン  対するいずも級は基準排水量19,500トン 満載排水量26,000トン。2017年に就役したアメリカ海軍の最新鋭原子力空母 ジェラルド・R・フォードになると満載排水量:101600t 搭載機75機 しかも電磁カタパルトが使えます!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に冷凍うどんを使ったキムチうどん。ウウーム、起き抜けにキムチはやっぱりきついわ。300キロカロリー。昼飯は豆腐半丁、玉ねぎ、キャベツ、もやし、大根、豚肉を使った豚汁。600キロカロリー。夕食はやっぱり豚肉、玉ねぎ、キャベツ、もやしを使った肉野菜炒め。後は豆腐半丁と大根の味噌汁。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『トロールズ』を見る。昨日の『ボスベイビー』と同じくドリームワークスのCGアニメ。いやあ、シンディ・ローパーの「トゥルーカラーズ」の美しい使い方に驚かされた。もうこの場面だけで泣かされた。音楽と映像をこれほど高いレベルで融合せしめた例を私は他に知らない。

 でも、本当にこれは素晴らしかったのですが、ストーリーには納得いきませんでした。トロールたちが天敵ベルゲンたちに「幸せとは外から与えられるものではなく、心にあるもの。誰でもそう願えば幸せを感じることができる」と教えて、みんな、ハッピー、ハッピーというラストはさすがに偽善的じゃねーかって思いましたね(笑)。

 だいたい、ベルゲンたちはトロールたちを食べることで幸せになれると思っていたので、彼らを強制収容所に閉じ込め年に一度のトロール祭りで情け容赦なくがりがり齧り殺していたんだから。いくら改心したからといってそんな奴らと仲良くなれるかよ。

 ハイビジョン画質は今一つ。発色が鈍く画面の破たんも早い。早い話が間違っても『ボスベイビー』UHDの画質と比べてはいかんのであります。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドは音圧が弱く迫力に欠ける。ただBGMの品位は非常に良かった。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時に就寝と思ったら変に目が覚めてしまい、そのままシアタールームでだらだらテレヴィ。午前2時近くになってやっと眠くなってきたので寝室に入ってぐー。