観 笑 亭 日 乗

 まあ、要するに日記であります。自分に都合の悪いことや他人のプライバシーに触れるような事は書きませんので悪しからず御了承下さい。もしそれではイヤという方がいらっしゃいましたらへい、ようがす、木戸銭払ってどうぞお帰りくださいな。また、読んだ本、TV番組、映画等についてのネタバレあり。御注意下さい。うん、注意したからね、これでああ、おれ、まだ見てないのになどと怒るのは筋違いですからね。そういう人は接骨院にでも行って下さいね。
                                         
   

 




 
 




 


 


 
 
 
 

 
 

 
 
 




 10月1日(日) ニュータイプ離脱体験
 「ガンダムオリジン」意外と面白いじゃないか駄洒落第1弾!いやね、私はミクシィの9月19日のつぶやきで「民進党ってすでに死に体なのに、蓮舫のあの騒ぎで止めを刺されたのも同然なのにいまだに政権交代が!とかいう。道化(どうかとどうけを掛けた)していると思う。」と書きましたよ、ですがまさか1週間で民進党が実質的な自主解党して勝ち馬に飛び乗ったしめたと思ったら振り落とされる奴が続出・涙目なんてさすがに想像できなかったです。

 安倍政権への追求と称してとっくに首相の関与がなかったことが判明している「森友・加計問題」とやらで「首相の説明が足りない、説明責任がある!」(真実はどうでもいい、首相が関与していました、すみませんした、辞任しますと言うまでやめないぞ、分かったか、こらあ)と吹き上がっている野党の人たちに呆れてしばらく政治関係のニュースを放っておいたら何かいつの間にかエライことに(とんでもなく馬鹿馬鹿しいことに)なってしまったという一席でございました。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップラーメンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯はレトルトのカレーライスとキュウリ一本。500キロカロリー。夕食は玉ねぎと茄子の電子レンジ加熱炒め。茄子の味噌汁。後は生卵でゴハンを半合。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後UHDブルーレイでトム・クルーズの『ザ・マミー』を見る。悪評しか聞かぬ本作であるが、何言ってんだみんな、こんなクソ面白い映画はないだろ(笑)。ロンドンの大英博物館の内部に秘密組織が結成されていて、その秘密倉庫に半魚人の鰭やら牙の生えたゴリラの頭骨やらがならんでいるという絵面になんで、君たちはコーフンしないのかね。おまけにその組織の長というのがジキル博士なのである。もうこれだけでジューブンではないか。

 だいたいよう、ジキル博士がどんなモンスターに変身するか期待していたのにフツーの人間とあまり変わらなくってがっかりしたなんていう奴は「ジキル博士とハイド氏」を知らんのか。

 まあ、私の中だけで高評価なんて映画はその出来が『プロメテウス』とあまり変わらんということでございますがな(笑)。

 UHDブルーレイの画質は超絶的(スーパー35/35mm(アナモフィック)、アリ・アレクサ65(6.5Kオープンゲート/アナモフィック)混成撮影作品。DIファイルは4K) 4Kマスターらしい超高解像度に驚かされる。多少グレインの振る舞いがうるさい時もあるけれども、砂粒ひとつひとつを映し出すような「見えすぎちゃって困るの」画質だ(なんだそりゃ)。

 HDRの効果も申し分なし。暗部でも映像の情報量の脱落が極めて少ない。

 音声はドルビーアトモス。情報量が極めて多いスーパーサラウンド。音の定位もばっちり決まって背後でごそごそする音がおっかなくてしょうがない。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後10時半過ぎからCSで録画しておいた「ガンダムオリジン」を見始めたのだが、これがなかなか面白い。ついついまとめて2話分見てしまった。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月2日(月) 「うしおとドラット」
 『ゴジラVSキングギドラ』駄洒落。いやあ、劇場でドラットを見た時、さすがにイラッとしましたよなあ。チャック・ウィルソンが出てきた時もイラッとしましたよなあ。超スピードで走るアンドロイドの映像にもイラっとしましたよなあ。母を福岡の某大学病院へ連れて行く。いやどうも顎の調子がオカシイと言い出し、近所の整形外科に診て貰ったところ、こりゃあ専門の病院で見て貰った方がいいでしょうと言われたからである。

 しかし、なんとしたことであろう。車載ナビがとんでもないバカヤローで環状線からつるりと左折すればいいものを、その交差点を通り過ぎてから左折させやがる。そして四車線の広い道路の信号もない交差点で右折せよなどとぬかす。死ね、このバカナビ。オマエ、この前も西新へ行こうとしたらわざわざ天神を経由して大回りさせやがったろう。人が道を知らないと思ってバカにしやがって、こん畜生。

 なお、診察の結果、治療の必要なし。顎のあたりをマッサージすれば40日ぐらいかかるけれども完治するでしょうとのことであって大いに安心した。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝、ゴハン半合 茄子のみそ汁、卵、トマト一個。450キロカロリー。昼飯 冷奴、きゅうり、ナスの炒め物。250キロカロリー。夕食 茄子と油揚げの味噌汁、コンビニのししゃも、ナス・玉ねぎ、ハムを入れたケチャッピー仕様のナポリタン。700キロカロリー。後はビール500ml缶一本飲む。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。(覚書。ケチャッピー一本でだいたいナポリタン4皿分)

 その後、CS録画の「ガンダムオリジン」をエピソード4まで。シャアに籠絡されてくーん、くーんとなついていくガルマが不憫でならぬ(笑)。後はアニマルプラネットで録画していた「魅惑のアクアリウム S7:海ガメ陸ガメ共生水槽(字)」


 海亀(シー・タートル)はまったく出てこず、ミシシッピアカミミガメ(沼ガメ)とロシアリクガメを共生させる水槽という日本語タイトルに大偽りありの番組であったが、内容そのものは面白かった。亀と混泳させられた錦鯉はアメリカではカープではなく「ジャパニーズ・コイ」と呼ばれていることが分かったのも大きな収穫。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」田島先生のとんちんかんな北朝鮮対話論にみなさんこぞって罵声を浴びせるのに大笑い。

 就寝午前1時過ぎ。

 10月3日(火) 「芸者神話」
 一応、「ギリシャ神話」の駄洒落です、はい。HiVi誌 2017年10月号は祝35周年、UHDブルーレイ発売ということでヒイ・セイド、ユー・アー『ブレードランナー』特集。実にマニアックで大いに楽しませて貰ったのだが・・・LDソフトの紹介で(48ページ)、「1993年に発売された『ファイナルカット』の北米盤(CAV) 新マスターの恩恵か、画質・音質とも今回チェックした中ではNO1」と書かれているではないか。2007年に発表された『ファイナル・カット』がLDになっていたとはついぞ知らんかった。一瞬、今のアナログレコードのように『ファイナルカット』だけのためにLDを再プレスしたのではないかと思った(笑)。もちろん、そんなことがある筈もなく、単に『ディレクターズ・カット』と混同されていただけ。紹介されているジャケットにもちゃんと「ディレクターズカット」と表記してある。

 HiVi誌には珍しい大ポカであります(笑)。どのくらい大ポカかというと「スタートレック」で言えばエンタープライズの写真を上下逆にしてのせちゃったみたいなそれくらいの大ポカなんです(なぜ「スタートレック」に例える?)。

 本日は休み。本来は休みは水曜日なのだが明日外せない要件が入ったため。まあ、休みらしかったのは午前9時まで寝ていられたことぐらいで後は何やらかんやら仕事があってばたばたしていましたけどね。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は納豆卵かけゴハンと油揚げの味噌汁。実は今日、新しい炊飯器が届いたんです。税抜き5,800円程度の安物ですが、今の電磁調理器+鉄釜で炊いたご飯よりクソ美味いんです。久しぶりに本当の飯を食ったと思ったくらいです。あんまり美味しかったのでついつい炊いたゴハン全部(と言っても一合だけど)を食べちゃいました。どうもごめんなさい。

 その分、夕食はキュウリ一本とブリカマの塩焼き(塩を振ってカラーラで焼く)でビール500ml缶一本飲んだだけでしたけど。

 その後は映画も見ずに「スリーピングビューティ―」を読み込んでいく。午後9時すぎにシャワーを浴びてダビング作業。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 10月4日(水) 「竹取のアッキーナ」
 「優の女」に続く南明奈駄洒落第2弾!この人は水代わりに清涼飲料水ばっかり飲んでいるとヴァラエティ番組でやっていたような気がします。

 スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」読了3パーセント。ちょっと登場人物が多くてややこしくなりそうなので、ストーリー紹介の前に巻頭の「登場人物紹介」を訳しておきます。ちょっとタイクツかも知れませんが後々重要になってくると思うのでどうぞご勘弁を。

 場所はドーリング トラウマン・メイウェザー 26 覚せい剤製造業(笑)。ティファニー・ジョーンズ 28 トラウマンのいとこ リニー・マーズ 40 ドーリング保安官事務所の通信係 保安官リラ・ノールクロス 45 ジャード・ノールクロス 16 ドーリング高校の生徒 リラとクリントの息子。アントン・デュベック 26 アントンプール管理会社の社長兼社員。マグダ・デュベック 56 アントンの母。フランク・ゲーリー 38 アニマル・コントロールセンター職員 エライン・ゲーリー 35 ボランティア フランクの妻 ナナ・ゲーリー 12歳 ドーリング ミドル スクール 6年生 オールド・エッシー 60 ホームレスの女性 テリー・コームズ 45 保安官事務所 リタ・コームズ 42 テリーの妻 ロジャー・エルウェイ 28 保安官事務所 ジェシカ・エルウェイ 28 ロジャーの妻 プラチナム・エルウェイ 8ヶ月 ロジャーとジェシカの娘 

 リード・バロウズ 31 保安官事務所 リーニ―・バロウズ 32 リードの妻 ゲーリー・バロウズ 2歳 リードとリーニ―の息子 ドリュー・T・バリー 42 バリー保障経営 バーン・ラングル 48 保安官事務所 エルモア・パール 38 保安官事務所 ルーペ・ウィットストック 保安官事務所 ダン・トリート 27 保安官事務所 ジャック・アルバートソン 61 保安官事務所(引退) ミック・ナポリターノ 58保安官事務所(引退) ネイト・マッギー 60 保安官事務所(引退) カーソン・ストラサーズ 32 元ゴールデングローブのボクサー JT・ウイットストック 64 ドーリング高校の代表フットボールチームのコーチ ガース・フリッキンガー 52 整形外科医 

 続きはまた明日。ええ?まだ続くのとか言ってはいけません。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハンと卵、納豆、油揚げの味噌汁。500キロカロリー。昼飯はウェストで天ざるのソバ二玉。外食摂取カロリー一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はキュウリ一本、トマト1個、そしてケチャッピーのスパゲティナポリタン。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後レンタルブルーレイで『ヘッドショット』を見る。たった一人を捜すためにバスの乗客皆殺しってそんなひどい、フル稼働中の警察署を襲撃して警察官皆殺しとか『ターミネーター』以来だよ、等々前半は少々いけない種類のコーフンに身を震わせたのだが、後半がいけなかった。肝心要の殴り込み場面がどうにも単調になってしまっている。

 同じような戦いが3回続いてみていて面倒臭くなってしまうのである。記憶を失っていた主人公は元はこの組織の仲間だったということが判明するのだが、この過程において戦っている元仲間たちと延々会話を交わす。これがまたうっとおしいのだ(笑)。

 ハイビジョン画質も誉められたものではなし。明るい場面は良いのだが、暗い場面になるとこの好印象が一転。諧調はつまっており情報量が非常に少ない。加えて露骨に黒潰れする場面もあった。そして最大の問題点が鬼のように発生するトーンジャンプ。ブルーレイの弱点が如実に表れたソフトと言えるかも知れない。

 音声はドルビートゥルーHD。広大な音場、定位の良さは認めるがどうも低音の力がないなあ。こんな映画なのだからもっと遠慮なしにどっかんどっかんやるがいいじゃないか。

 終了後シャワーを浴びて「スリーピングビューティーズ」を読んでいたのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月5日(木) 「モリカケですか、レレレのレー」  
 槐柳二追悼駄洒落。今月の米国盤UHDブルーレイ購入分。『スパイダーマン ホームカミング』 『猿の惑星 聖戦記』、つーか、今度こそコバルト爆弾を神と崇めるミュータントたちが出てくるんだよね(出てこない、出てこない)、そして『スターシップトルーパーズ』 送料込みで10,156円 到着は『スパイダーマン』の発売日が10月17日(もちろんアメリカ時間)、『猿の惑星』が10月24日なので11月に掛かってしまうかもしれない。

 スティーブン・キング 『スリーピングビューティーズ』 精神科医のノークロスは自分の肉体の衰えを自覚するような年齢になってきた。彼は自宅のプールの整備を任せているアントンの若い肉体をうらやむ。彼は若い頃担当した紳士を思い出した。彼は浮気が元で悪化した妻との関係を修復すべくアッチの方を強くすることができないかと相談してきたのである。こんなことをうっかり「おもろい夫婦」で相談したりすれば京唄子から激しくなじられること間違いなしだ。

 ノークロスは昨夜の騒動(国道でトレーラーが横転、積載していたキャット、ドッグフードが振り撒かれた)で疲れ切っている妻(保安官)リラを起こさないように起床して朝のニュースを眺める。韓国で大地震が発生。韓国政府は我が国の建築技術は凄いので大したことはないのだ!と声明を発表しているが、携帯電話で撮影されたと思しき倒壊したビルの写真を見る限り、とてもそうは思えない。FBIは武装団体の包囲作戦を実行中。鉱山汚染のニュースもあった。嫌なニュースばっかりだ。息子のジャードが起きてくる。彼は元気に学校へ向かう。

 ジャネットは刑務所のコモンルームで朝のひと時を過ごしていた。彼女は週の3日だけここを使うことを許されている。テレビや雑誌が見られる至福の時である。彼女はニュースでノークロスと同じいやなニュースを見て辟易。そして彼女は仲間の女囚からこんなことを聞き出す。昨晩、あるうつ病の女囚が錯乱状態になった。彼女は「黒い女王がやってくる」と叫んでいたと・・・。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース 600キロカロリー。昼飯は納豆と目玉焼き。200キロカロリー。夕食はキュウリ一本とラ王の冷やし中華。トッピングは薄焼き卵、ハム、キュウリの半分。半分はいつものとおり大きめに切ってゴマ、味の素、牡蠣醤油で。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ワイルド・スピード ICE BREAK』を見る。これまでのシリーズの流れを綺麗さっぱり忘れているので、もう話が何が何やら分からん(笑)。ヴィン・ディーゼルの幼い息子とその母であるかっての恋人が誘拐されて仕方なくシャリーズ・セロンに従ったということはさすがに分かったけれども、母親は途中無残に射殺されてしまうのである。いくら息子を取り戻したからと言って、その後、この哀れな母親にまったくふれないというのはさすがに不人情じゃないか、ヴィン・ディーゼル!

 シャリーズ・セロンの計画も何がしたいのか良く分からん。まあ、終盤で計画をヴィン・ディーゼルとその仲間たちに次々と阻止されて「え、そんな」と口をぽっかり開ける彼女はなかなか良かったですけどね。シャリーズ・セロンをここまで間抜けな悪女として描いたのはこの映画が初めてではないか。

 また、ニューヨークでロシアの国防相の車を襲う場面は文句なしに凄かった。遠隔操縦された車がマンハッタン中から集まってきて国防相の車をぎゅうぎゅう詰め。それでも足りずに立体駐車場から車が雨あられと降ってくる。この大げさなバカ映像は元ネタの『ブルースブラザース』をはるかに超えたと言っていいだろう。

 ハイビジョン画質はダメダメ。例によって明るい場面は文句なしなのだが、全体的に暗い場面になるととたんにノイジーになる。男性キャラクターの髭やシャリーズ・セロンの目元に青いノイズが乗っていたのはありゃなんだ。

 音声はDTS X 対応していない私のシステムではDTS-HDマスターオーディオとして再生される。重低音の追随が正確で音場が完全に一体化。サブウーファーの存在が意識できなくなるほどである。

 終了後シャワーを浴びて前述の『スリーピングビューティズ』を読んでいたのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

 10月6日(金) 種も仕分けもありません
 嘘つけ(笑)。58名もの犠牲者を出したラスベガス乱射事件。私はどうしても1966年のテキサスタワー事件を思い出さずにはいられない。テキサスタワー事件の犯人チャールズ・ホイットマンは元海兵隊隊員。彼は犯行に先立ち自分の母と妻を殺害、そして受付嬢や見学者を殺害してテキサスタワーに侵入。展望台から眼下の人々を次々に撃ち始めた。犠牲者は15人(妊娠していた犠牲者の胎児、腎臓を撃たれて重い障害が残り、後に死亡した1名を含めて犠牲者数を17名とする場合がある)。なんとも準備の良いことに長時間の籠城に備えてホイットマンは弁当を持参していたという。

 私がこの事件を知ったのはスティーヴン・キングの「ゴールデンボーイ」から。他にもジョン・ウェイン・ゲーシー、ヘンリー・ルーカス、テッド・バンディ、ジェフリー・ダーマー等々アメリカの連続殺人犯に興味をもったのは間違いなくキングの小説がきっかけである(笑)。お陰様で『羊たちの沈黙』で腕にギブスをして包帯で吊った男が車に家具を積み込むのを手伝って欲しいと親切な女性を誘い、拉致するという手口がテッド・バンディのアレンジだったことを知った時に奇妙な快感を覚えるような人間になってしまったとさ。  

 アン・ルールの「テッド・バンディ 「アメリカの模範青年」の血塗られた闇」、ブライアン・マスターズの「死体しか愛せなかった男―ジェフリー・ダーマー」も読んじゃったしな。でもさすがにダーマーの実父 ライオネル・ダーマーの「息子ジェフリー・ダーマーとの日々」は読む気にならんかった、うん。

 ということでスティーヴン・キング 「スリーピングビューティーズ」の登場人物紹介第2弾。フリッツ・メシャム 37 整備士 バリー・ホールデン 47 パブリックディフェンダー(これはどう訳せばいいのだろう)、オスカー・シルバー 83 判事 マリー・パック 16 エリック・ブラス 17 カート・マクリード 17 ケント・ダーレイ 17 ドーリング高校の生徒  ウィリー・バーク 75 ヴォランティア ドロシー・ハーパー 80 引退老人 マーガレット・オドネル 72 ゲイルの姉 引退老人 ゲイル・コリンズ マーガレットの妹 68 歯医者秘書 ミセス・ランサム 77 パン屋さん(このミセス Mrsにはピリオドがついていない) モーリー・ランサム 10 ミセス・ランサムの孫 ジョニー・リー・クロンスキー 41 私立探偵 ジェミー・ホーランド 44 歴史学教授 イブ・ブラック 30年来の異邦人(意味が良く分からん)

 刑務所 ジャニス・コーテス 57 ドーリング刑務所所長 ローレンス・ヒックス 50 ドーリング刑務所副所長 ランド・クィグリー 30 ヴァネッサ・ランプレイ 42 2010&2011年 オハイオ 腕相撲選手権の35~45歳部門のチャンピオン ミリー・オーソン 29 ドン・ピータース 35 ティグ・マーフィ 45 ビリー・ウェッターモア 23 スコット・ヒュージース 19 看守 ブランチ・マッキンタイア 65 秘書 クリントン・ノークロス  48 刑務所付き精神科医 

 まだまだ続きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にふりかけでゴハン、油揚げの味噌汁。目玉焼き 400キロカロリー。昼飯に玉ねぎ半個を電子レンジで3分加熱して花かつおを振り掛け牡蠣醤油をちょっと垂らした奴とマルタイ棒ラーメン。350キロカロリー。夕食は冷凍食品の牛肉カルビ焼きとキュウリ一本で缶ビール500mlを一本。その後、牛肉カルビ焼きの残りを丼飯にのっけて納豆と一緒にわしわしかき込む。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 後は映画も見ずに音楽聞きながら読書。「スリーピングビューティズ」読了4パーセント。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 就寝午前1時過ぎ。

 

 10月7日(土) 「ハイ&ローのガンダルフ」
 この「ハイ&ロー」は1979年10月1日から1982年9月27日に渡って放送されたTBSのクイズ番組「人生ゲーム ハイ&ロー」からである。断じてEXILE TRIBEなんちゃらの総合エンタテインメントプロジェクトとして企画・制作され、テレビドラマ・映画・漫画・ネット配信・音楽・ライブツアー・SNS・体感イベント・フラッシュアニメなど様々なメディアで展開する完全オリジナル作品、「HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜」とは関係ないので注意すること。

 スティーヴン・キング 「スリーピングビューティーズ」読了5パーセント。新たな登場人物、ティファニー・ジョーンズ。28歳。彼のいとこであるトラウマン・メイウェザー 26歳が作った覚せい剤でどろどろ。彼女はトラウマンから様々な虐待を受けている。今日も今日とてトレーラーハウスでトラウマン、彼の友だち(姓名不詳)とどっぴっぴだぞ。もう一人、現在トイレに入っている整形外科医のガース・フリッキンガー 52歳も彼らのヤク友達のようだ。

 そのトレーラーハウスに謎の女性がやってくる。彼はトラウマンをがっと掴んで壁に押し付ける。友達が発砲、しかし弾はトラウマンに命中。頭の皮がびりっと剥がれだらーんと垂れ落ちる。もう一発、これもトラウマンに命中。彼を殺してしまった。女性はこの友達も殺し、ただ一人ティファニーを残して外に出る。そしてトラウマンの覚せい剤小屋に火を放った。中にはいろんなものがあるので(笑)、ドカーンと爆発する覚せい剤小屋。

 ドーリング保安官事務所の通信係 リニー・マーズはティファニーからヒステリックな電話を受ける。最初はいたずらかと思ったリニーだったが、ティファニーのあまりの混乱ぶりに本物だと直感。ティファニーは「二人殺された。小屋も燃やされた。大変、すぐ来て!場所はどこそこあそこよ」電話を切ってしまう。リニーはそのどこそこあそこの場所を知っていた。それは彼女にとっても思い出の場所だったからだ。リニーは外へ出る。どこそこあそこの方を見るとなるほど煙が上がっているではないか。周辺の人々も煙に気付いて騒ぎ始めた。

 リニーは事務所へ戻り消防署、保安官たちに緊急無線を入れた。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドックと野菜ジュース。350キロカロリー。昼飯は冷奴と茄子一本、玉ねぎ半個を使った野菜炒め。300キロカロリー。夕食はキュウリ一本、ホウレンソウの卵とじスープ、ケチャッピー使用のナポリタン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『アンダードッグ 二人の男』を見る。主人公のチェ・ミンホたちのグループがいかに生きるためとはいえ、チンケで迷惑極まりない犯罪を繰り返しているので、どうも同情できない。映画全編を通じてヤバい方、ヤバい方へ向かって自分を追い込んでいく主人公の焦燥感が痛々しいが、その反面、「いや、自業自得というものですな」という冷めた見方から離れられないのである。

 ハイビジョン画質は良好。いや、解像度を除けばこのすっきりとまとまった画質は最近見たブルーレイソフトよりよほど見やすいのではないか(笑)。

 音声はAAC5.1チャンネル。こちらも情報量の多い優秀なサラウンド。BGMの品位も高い。

 終了後シャワーを浴びて録画しておいた「快傑ライオン丸」など。「ライオン丸 50話」 怪人ジュウカク、出現直後、左手に持っていた矛を慌てて右手に持ち替えている。どうやら間違えていたらしい(笑)。こいつはこんなひどいポカやったのに、獅子丸を捕えて「どうだ、おれは頭がいいだろう」と威張ること、威張ること。カッコ悪いぜ、ジュウカク。

 後は「スリーピングビューティズ」を読んでいた。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月8日(日) 「ハム太郎のガンダルフ」
 何だか良く分からんがこれが駄洒落だ、うおー!201X年、小池総理はかねてからの公約を実現すべく「花粉症根絶ワクチン」をロケットに乗せて発射。「これで私の花粉症ゼロ政策が実現するのだわ、ホホホホホ」 副作用で日本国民すべてがゾンビ化。助けにきた米軍もゾンビ化。どんどん感染が進んで一年後には全地球人類がゾンビ化。国会議事堂の秘密地下施設で小池総理、何かいろいろ装置のついたでっかい一人がけソファにどっかと座ってブランデーを啜りながら「ホホホホ、ごらんなさい、花粉症なんか関係なくなったでしょ、ホホホホ」 あの公約というのはそれぐらいアホらしいもので(笑)。

 原発ゼロという公約も何も言ってないのに等しい。到底不可能だけど「とても大変です、一朝一夕に実現できるものではありません、がんばっていきましょう」と言っていればとりあえず票と時間は稼げる(笑)。フードロスゼロも、食料を配給制にでもしないかぎり実現不可能(笑)。かって私はこの日記においてフードロスゼロ、燃料費の節約のために全国民へ弁当を配給せよとぶち上げたけれども、あれはあくまでもジョークだからね。

 リリー・小池は極右って言われるけど、原発ゼロやらこのあたり、安っぽい左翼のお気楽理想論が入ってきているような。理屈と公約はどこにでもつくとか上手い駄洒落を言っている場合じゃないんだよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合、卵1個、油揚げをつかった雑炊。ああ、しまった、お歳暮でもらっていたとっておきの焼き海苔をもみほぐして雑炊に散らすのを忘れていたァ!450キロカロリー。昼飯は茄子一本、玉ねぎ小1個を使った野菜炒めに冷奴。300キロカロリー。夕食はコンビニの冷凍食品「チキンソテー」、キュウリ一本で缶ビール500ml缶一本飲んで後はラ王の冷麺に大人のふりかけを掛けた奴で仕上げ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後続いてウィスキー水割りに切り替え録画の「そこまで言って委員会」を見ながら飲み続行。結構酔っぱらって午後9時過ぎに寝る。午前1時過ぎに目を覚まして今度は録画の「ゴリパラ見聞録」を見ながら飲み直し。午前3時過ぎに再就寝。

 まあね、こんなにお気楽に生きているように見える私にだって、いろんなことがあるんだよ、うん。だからたまに大酒飲んでもやさしい目で見ておくれ(たまじゃないだろというツッコミはご勘弁)。

 10月9日(月) ハバネロのガンダルフ
 皆さん、いろいろ言いたいことがあるかもしれないけど、これは駄洒落なのでそんなに怒らないでください。「クッキングパパ」の単行本をアマゾンやブックオフでこつこつ買い続けること十数年(ウソ)。既刊142冊に対してようやく134冊まで集めることが出来た。ここまで集めるとミッシングリンクがだんだん繋がってきて、花山小吉先生が沖縄でまことたちの世話になる経緯とか、原口さんとルミちゃんの結婚式とか、江口くんとスーちゃんの出会いとか、いろいろ分かってくる訳であります。ここまで読み込んでいても未だにごくたまにではありますが「すげえ良い話だなあ」と思うことがあって当分、「クッキングパパ」からは離れられそうもありません(吉岡院長とカツ代さんのなれそめ本話とかむやみに感動させられたもんです)。

 うえやまとち先生、これからも何卒よろしくお願いいたしますです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯はコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は納豆とうどん。うどんは冷凍うどんを電子レンジで温めて丼に入れてその上から花かつおと博多万能ねぎ刻みを振り掛け、めんつゆを入れる。そしてぬるめのお湯を味を見ながら足していくという作り方。なかなかおいしかったが冷凍うどんそのものはちょっとアレ。何しろ某スーパーで5玉190円だったからなあ(笑)。口の中でぼすぼすと千切れやがる。400キロカロリー。

 夕食はちょっと食欲がなく電子レンジで4分加熱した焼きナスもどき、冷奴でビール500ml缶一本飲んだだけ。200キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,000キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『怒り』を見る。二時間半の長尺なので半分ほど。なにやら名作らしいけれども、ちょっとアレな見過ごせぬ要素がいろいろとあったりするのでありまして・・・。沖縄の米海兵隊員を広瀬すずを容赦なくレイプするような犯罪者として描写。周辺の住民も見てみぬふり。二重の意味でヤバい(笑)。実はあれは時間的なトリックで現代ではなく、女子中学生暴行事件当時の1995年の状況を描いているのかと思いきや劇中で「辺野古新基地反対」運動デモをやっている。思いっきり現代じゃん。なお、米海兵隊員にレイプされる広瀬すず、ヤラれるまえに絶対助けがくるよなと思っていたらさにあらず、本当にずぼーっと突っ込まれて「ギャー」 悪いけれども爆笑してしまいました。

 また、登場人物の一人が借金から逃げるために偽名で仕事を転々としているという設定なのに車を運転している。これはおかしくないですかねえ。これはフツーに宮崎あおいに運転させるだけで済むのになんでこんなことしちゃうのだろう。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

10月10日(火) ロコモコ三原則
 つくづくハワイって物価高いよなあ、ちょっとしたランチがすぐ10ドル超えだからなあ、さすがにこれは観光客向けの値段だと思いたいけどテレビでもっと安い地元民向けの店とか紹介されたのを見たことがない、やっぱりオレはハワイには行けないなあ駄洒落。ハナから行かない(行けない)だろ、お前はとか思ってはいけません。

 オレの冷やし中華。まあですなあ、キュウリの細切り(調理技術が稚拙なために太さや長さバラバラ)、薄焼き卵(やっぱり調理技術が稚拙なために全然薄くない)、ゆでもやし(調理技術が稚拙だがさすがにそのくらいはできる)、薄切りトマト(調理技術が稚拙なために厚さばらばら)、ハムの細切り(調理技術が稚拙なためにあんまり細くない)を乗っけて豪華さを演出していたのだが、さすがになんか面倒臭くなってきた。そこで具材に手間を一切かけずに冷やし中華の麺のうえに大人のふりかけを振り掛けるだけにしてみた。これが意外とよろしい。ぱきぱきとしたふりかけの歯ごたえが良いアクセントとなって麺がするすると胃に収まっていく。まったく食べ飽きることがない。

 ところで私が何をいまさら季節外れの冷やし中華について語るかといえば、それはこの前とあるスーパーで売れ残っていたのを喜び勇んで購入したマルちゃん正麺冷やし中華が10食分もあるからだ、うん。

 (本当にどうでも良い話ですいません)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉。うーん、膳、このところ2回続けて外れ。スープにコクがなくただただ重ったるいばかり。だったら替え玉すんなと言われそうだが、ここは食券制で最初から替え玉分を買っちゃうからねえ(笑)。外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食は前述の冷やし中華ふりかけ版と茹でホウレンソウ。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,850キロカロリー。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『怒り』を最後まで。宮崎あおいの演技は凄く良かったけれども、どうしてこういう映画が名作扱いされるのかさっぱり分からん。ミステリーとして成立していないし(まあ、ミステリーとしてみなければいいのだが)、映画の細部も良く考えるとおかしなことだらけ。そして先日の日記にも書いたけれども、米海兵隊員を広瀬すずをいきなりレイプする犯罪者として描いたこと、沖縄県民を割と街中の公園で少女がぶすーっとツッコまれてぎゃあぎゃあ悲鳴を上げているのに見て見ぬふりをするような存在に仕立て上げたこと、この2点は本当に許せない。

 同じく名作扱いされている映画『悪人』でも深津絵里の行動があまりに支離滅裂すぎて狂人としか思えなかった。どうやら私は吉田修一原作 李相日監督の映画とはとことん相性が悪いらしい(笑)。

 面倒臭いのと腹が立ったのとで画質・音質の評価はなし。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 10月11日(火) 小言キュゥべえ
 キュゥべえ泣いてどうなるのか、捨てられた我身が みじめになるだけ。いやあ、休みの昼間っからプロジェクターを起動させてUHDブルーレイで『パシフィックリム』を見る訳ですよ。もちろん、音量もがんがんに上げてサブウーファーもどっかんどっかん鳴らす訳ですよ。

 画質の良さ(いやあ、実際これ見たらみなさんびっくりしますよ)と音質の良さ、この2つの相乗効果でもう気分はノリノリ(古臭い表現ですまん)、ニューラルハンドシェイクでは自分の両手を握手させ、イェーガーが歩き出す場面では立ち上がってパイロットと同じく大股で歩く、イェーガーが拳を打ち合わせる場面では自分も両拳をがんとやっていててと呻く(ウソ)。

 これだけコーフンした映画鑑賞も久しぶりである。ちょっとキチガイみたいだけど(笑)。

 ということで本日は休み。午前9時過ぎに起床してシャワーを浴び事務所へ。ガス会社の人と工事の打ち合わせ。帰宅してゴハンと豚汁の朝飯。その後前述のUHD『パシフィックリム』を見て興奮に踊り狂ったのである。

 昼飯は特に食わず。夕食は自分で作った炒飯と豚肉・玉ねぎの炒め物。炒飯は冷やゴハンで作ったのだが、まあ、べちゃべちゃとなった。文字通りのベ炒飯だ(笑)。具はシーチキンと玉ねぎみじん切り。自分で料理した奴なのでこんなベ炒飯でも文句の一つも言わずに平らげましたけど。缶ビール500ml缶一本飲む。

 その後、テレビをだらだらと。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はCS録画の「ゴリパラ見聞録」 午前1時まで掛かって5本分くらい見ちゃいました。就寝午前1時半。

 10月12日(木) キュゥべえルワーゲン
 キュゥべえ駄洒落第2弾!まだもう少し続きます。スティーヴン・キング 『スリーピングビューティーズ』 読了8パーセント リニーは消防署、そして同僚のテリー・ロジャーに連絡し現地へ向かわせる。続いてリラへ連絡。昨夜の騒動で疲れ切っている彼女を起こすのは気が引けるが仕方ない。

 そのリラ、悩んでいる。どうやらその原因は夫のクリントのようだ。昨夜の騒動もどうやらウソだったらしい。彼女は万が一にも本当の行先を夫に知られたくなかった。悩んだ挙句、ついに眠りに落ちるリラ。即座に電話が鳴って・・・。

 テリー・ロジャーは現地へ到着。消防隊も続く。テリー・ロジャーはトレーラーハウスの壁から男の頭が突き出ているのを見て仰天。ティファニーは呆然と座り込んでいた。テリー・ロジャーは彼女を保護、パトカーに乗せる。消防隊は消火活動を開始。まもなく火は消し止められる。

 リラもパトカーで現場へ。しかし、彼女は途中で怪しい女を発見。来ているものはトラウマンから奪った血まみれのシャツだけ。下半身は丸出しだ。驚いたリラはあやうく事故を起こしそうになるがなんとか立て直して女を追う。リラは車から降りて彼女を逮捕。イブと名乗った女は何とも不可解なことに彼女の名前を知っていた。

 刑務所へ出勤したクリント、所長のジャニス・コーテスからうつ病の囚人、キティが昨夜錯乱したことを聞かされて驚く。彼女の病状は改善していると思っていたからだ。彼女は「黒い女王がやってくる」と叫んでいたそうな。

 アントンの母親、マグダには御ひいきのニュース番組の女性レポーターがいた。ミシェル・コーテス、コーテス所長の娘である。マグダは彼女が幼い頃子守をしていたのである。そのニュース番組で伝えられたのはオーストラリア、ハワイに端を発した奇病についてのニュース。この病気がアメリカにも上陸したのだ。ミシェルは病院内部の男性患者から匿名を条件に病気のことについて聞き出す。この病気に掛かるのは女性だけ。昏睡状態に陥ってしまう。そして顔には奇妙なできものができるのだ。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は久々のゆきみ家で味噌ラーメン&小ゴハンのセット。外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。この昼飯が遅かったため夕食は納豆と大根おろしを混ぜた奴と茹でホウレンソウで済ませてしまう。250キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,650キロカロリー。

 その後、音楽を聞きながら前述の「スリーピングビューティズ」に耽溺したのである。午後9時過ぎにシャワーを浴びてなおも読み続ける。後はダビング作業等々。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝と思ったらやっぱりキングの本を読むと眠れなくなっちまうんだよねえ。テレビを見ながら眠気がさしてくるのを待つこと1時間、ようやく午前2時過ぎに眠りの国に招待されたのであった。

 10月13日(金) キュゥべえ危機
 昔はソ連がキューバに対アメリカ攻撃用の核ミサイル基地を建設しようとしてえらいことになったり(所謂キューバ危機 1962年)、核爆弾を積んだ爆撃機を24時間空中待機させていたら水爆ごと墜落し、グリーンランドで大規模な放射性物質汚染を引き起こしたり(チューレ事件 
1968年)、いろいろ凄かったんだから。金正恩・北朝鮮の愚行を矮小化するつもりはないけれども、当時の地球人類の核戦争に対する恐怖感・不安感というのはけた違いだったんじゃないかと思うんである。

 スティーブン・キング 「スリーピングビューティズ」読了10パーセント。オールド・エッシ― 60歳、ホームレス。彼女は4人のイマジナリ―チルドレンと一緒に過ごしている。いろんなもの(ガラクタ)で一杯のショッピングカートを押しながら彼女は4人の見えない子供たちにのべつ話しかけている。彼女の寝床は防水布で拵えた簡易テント。彼女はその中で眠りにつく。

 彼女の寝床の近くには狐がいた。彼はオールド・エッシ―が眠りについたのを見計らって巣穴から出てくる。しかし、彼は奇妙なものを目撃した。白い糸のようなものが出現し、オールド・エッシ―の顔にまとわりつく。蜘蛛の糸のようにも見えるそれは瞬く間に顔を覆いつくし、まるでマスクのようになる。狐は地の底の臭いを嗅ぎつける。深い深い穴だ。狐穴の王様だ。そこにいるのは狐なんかじゃ絶対ない。狐は本能的な恐怖におびえて逃げ去る。

 フランク・ゲーリー 38は車に轢き殺されたシルバー判事の猫を埋葬する。判事によると愛猫を殺したのは緑のベンツだったという。フランクは娘 ナナ 12歳の話を思い出す。新聞配達のコース上に緑のベンツを持っている家があると彼女は言っていた。フランクは別居中のナナを尋ねてその家がどこかを聞き出す。そして同時にイラストが得意で道路にチョークで画を書くことが好きな彼女に強く注意。彼は自分の娘が判事の猫と同じ目に会うのではと強く危惧したのである。

 クリントは囚人棟へ行き、昨夜の記録を読み始める。彼は昨夜のキティの錯乱の様子を注意深く調べる。彼女は「ブラック・エンジェルが木の根、枝の下からやってくる。彼女の指は“死”、彼女の紙は蜘蛛の巣で一杯だ、そして彼女は自分の王国を夢見ている」と喚いていた。

 むむむ、だんだん面白くなってきたじゃありませんか。

 看守、ランプリー・ヴァン 42歳 2010&2011年 オハイオ 腕相撲選手権の35~45歳部門のチャンピオン。クリントは彼女と話す。彼女は山の方に住んでいる。「昨日は大変な事故が起こったんだってね、今日、出勤が大変だったんじゃない?」ヴァンはけげんな顔。そんな形跡はどこにもなかったからだ。「あたしが出勤する前に片付けちゃったのかしら」なんて言っている。「そういえば去年、大きな事故があったわね、ペットフードを満載していたトラックがひっくり返ってペットフードが道路を埋め尽くしちゃって」

 続きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に野菜ジュース 70キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを温めて花かつお、味の素、麺つゆ、生卵を乗っけてお湯を掛けたもの。うどんをスープで煮込むより簡単でしかも美味しい。400キロカロリー。夕食は大根をシマヤ 出汁の素、味の素、麺つゆ、塩で作ったスープで3時間煮込んだもの。40キロカロリー。これは意外と美味しかった。そしてケチャッピーのナポリタン。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は910カロリーなり。

 その後、UHDブルーレイで『キングコング』を1時間半。UHDブルーレイがその真価を発揮するのはやはり髑髏島に到着以降。原住民の肌の艶、森林の奥行き感、強烈な自然光のきらめき、どれもブルーレイとは格段の差。リミックスされたDTS X音声も鮮度が高く、BGMの品位も高い。サラウンドとしても移動感を的確に描写。リアの定位の良さも聞き物だ。

 ああ、明日は夕方に行われる地区の体育祭で、明後日は体育祭本番で月曜まで続きが見られないのが残念でたまらないよ。

 終了後シャワーを浴びて前述の『スリーピングビューティズ』を読んでいたのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月14日 スパコン漫画
 「巨人の星」の千本投球(アニメ版だけか)とか千本ノックとか、「千本」というのは「猛特訓」の記号的表現だった時代に捧げる駄洒落。

 2009年の衆議院選挙、当時の日記を紐解くと2009年8月30日 <午後3時過ぎから選挙。どうせ民主党の大勝であろうが、棄権するわけにもいかず、例によって例のごとくあそこに投票する。念のために言っておくがあそことは「幸福実現党」ではないので誤解なきようお願いする。>

 (註 もちろんあそことは自民党のこと)

 <シャワーを浴びてお酒。お供は「涼宮ハルヒの憂鬱 溜息3」 終了後、選挙の番組見ようと思ったけれどもどうせ民主党の大勝に決まっているので面倒くさくなってそのまま寝てしまった。>

 民主党大勝、民主党政権成立、政権交代!という世の流れをよほど苦々しく思っていたのだな、私は(笑)。なお、この後の民主党、民進党の凋落を見事に言い当てたなどと言うつもりはない。前にこの日記で書いたと思うけれどもそんな未来は当時、民主党以外に投票した人々にとって分かり切っていたことだからだ。

 スティーブン・キング 『スリーピングビューティズ』 読了12パーセント。トラウマンのトレーラーハウスを調べるテリー、ロジャー。救急車が到着し、二人の救急士がティファニーを収容。しかし、その時ティファニーの顔はオールド・エッシ―と同じく白い蜘蛛の糸のようなもので覆われていた。ティファニーの脈や呼吸は正常。しかし、意識不明である。

 フランクは黒人である。幼い頃からいろんな差別を受けてきた。彼は別居している妻のことについて思い悩んでいる。別居の直接の原因は妻に「あ、800ドル、恵まれない人のための給食センターに寄付したから、え、なんでかってにそんなことをするのかって?あたしのお金なんだからあんたには関係ないでしょ」と言われたフランクが怒り狂ってキッチンの壁にパンチで穴を開けたから。大いに関係がある。彼らの収入ではそれは大金だったから。それにあんたには関係ないって?じゃあ俺たちの結婚生活の意味がないではないか。一体、彼女はオレに対して何をしたかったのだろう?

 それはさておき(笑)緑のメルセデスの所有者は整形外科医のガース・フリッキンガー 52歳であった。フランクは衝動に駆られて彼の家に押しかける。豪邸の豪奢なドアのノッカーをがんがんがん!フリッキンガーはヤクで朦朧となっていた。トラウトマンのトレーラーハウスで見た恐ろしい光景を何とか忘れようとしていたのである。そんな彼は「おい、オマエ、無茶苦茶な運転して猫撥ねただろう、それがオレの娘だったらどうするんだ、この野郎」というフランクを相手にしなかった。

 フリッキンガーは家の外からがんがんがしゃん、がちゃーんという音が聞こえてくるのに気が付く。あのアニマルコントロールガイがメルセデスをぶっ壊し始めたらしい。でも彼は気にしない。早くまたヤクに溺れたいからだ。ビービービ―、メルセデスの盗難防止ブザーが鳴り響く。

 続きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。午後3時過ぎから明日の地区体育祭の準備のために小学校のグランドへ行ったのだが、午後5時過ぎに中止決定の知らせ。やれやれと帰宅する。

 食ったもの、朝飯にマルタイ棒ラーメン、昼飯はゴハンを振り掛けと卵掛けで。後は昨日の大根の煮た奴。ごめんなさい、久しぶりにゴハンを炊いたらあまりにも美味しくって1合食べてしまいました。

 夕食は豚肉しゃぶしゃぶ、電子レンジで4分加熱した焼きナスもどき、ホウレンソウの中華スープ。缶ビール飲んでそれからウィスキー水割りに移行して飲んでいたらほにゃにゃらと酔ってしまって締めのスパゲティを作るのを忘れてしまいました。

 その後、映画も見ずにほにゃららと酔っぱらいながら録画の「さんま御殿」「ゴリパラ見聞録」を見たりする。

 就寝午前1時過ぎ。

 10月15日(日) キュゥべえのきつね
 元ネタの「九尾の狐」 今の若い人は知らんだろうなあ。本日は体育祭の予定であったが雨で中止。とりあえず通常業務となったが気分の乗らぬことおびただしい。いつもボーッとしているような男がさらにもっともっとボーッとすることになった。

 さて、ぼちぼちと見ているUHDブルーレイ『キングコング』 HDRによる強烈なコントラストはあのうじゃめじゃがさごそきゅうきゅうぱちんの谷底で最大限の威力を発揮。黒の底知れぬ深さがあの魑魅魍魎どもを一層気味悪くする。凄い「あんな死に方はいやだ」画質だ(何のことだか分からない)。

 ただ、UHDブルーレイによる高画質は特撮のアラも見せすぎちゃったりして(笑)。アンを救出せんとして荒海にボートで乗り出す男たちの場面はどうにも不自然なのだが画質が良くなったおかげでその原因が分かった。あのね、やらんでもいいのに海面下の船体まで見せてるの、だから波の動きとボートの動き方が不自然になっちゃってるの。コングを驚かすためにアンがいきなり披露するヴォ―ドビル芸、その場面の背景の動きもあっていない。そしてアンの合成箇所がなんとなく見えてしまう。これはブルーレイではまったく分からなかった。

 まあ、そういうのも高画質化の醍醐味なんすけどね。ブルーレイでも『クリフハンガー』でうんしょこらと崖を上っていくスタローンの頭上に消されたはずの補助ロープの跡がうっすら残っていると初めて気づきましたからね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯はうどん。例によって花かつお、博多万能ねぎ刻み、味の素、麺つゆを振り掛けお湯を加えたもの。300キロカロリー。夕食は豚の冷しゃぶ、冷奴、茹でホウレンソウで缶ビール500ml缶を呑み、野菜炒めとゴハン半合で仕上げ。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後前述のUHDブルーレイ 『キングコング』を見てわうわう歓声を上げたのだ。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は本日放送されたばかりの「大食い選手権」 くー、今年は予選がこっちで放送されなかった、クヤシ―(笑)。

 しかし、なんですな、あの準々決勝まで残った大食い双子の女の子、大食い始めたばかりだとか言ってたけど、前に予選で見たような記憶があるのだがなあ、オレの勘違いかなあ。それとタイにも二郎インスパイア系のラーメン屋があるってことにもびっくりした(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 10月16日(月) 『グーグル大戦略』
 「バトル・オブ・ブリテン」駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 読了14パーセント。オーストラリア、ハワイ、カリフォルニア、ワシントンDCへ波及していく謎の奇病。オーロラ眠り病と呼ばれている。もちろん、これはディズニーの『眠りの森の美女』のヒロインから。

 そしてついに片田舎のドーリングにも病気がやってきた。娘を連れてくる母親、父親、妻を連れてくる夫、姪を連れてくる叔父、あっという間に病院は患者で溢れかえる。

 一方、リラはイブ・ドゥ―(イブが意味不明なことばかり喋って埒が明かないのでリラが取りあえず下の名前をつけた)の扱いに困り果てていた。彼女はシルバー判事、バリー弁護士と相談してイブを刑務所へ移送。厳重な管理の元でクリントの精神鑑定を受けさせることとなった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)とはいかなくてとある物件の玄関アプローチのタイルが割られるという事件が発生。数日前に2枚割られていたので、管理会社へ修理依頼していた。そして今日、新たに四か所割られたり傷つけられたりしているのを発見し、さすがに腹に据えかねて警察を呼んだのである。長々と事情聴取を受け疲れる(笑)。後は保険の手続き。

 今度やりやがったらお前の頭もタイルと同じようにしてやらあ。あー、腹が立つ。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。300キロカロリー。昼飯はらーめん屋 鳳凛某店でラーメン+替え玉。なかなか美味いが無料トッピングの類が何もないのがちょっとつらい。この手のラーメンだと余計にゴマとか大蒜とか入れたくなるじゃありませんか。外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はフランスパン(バタール)にハム、チーズ、シーチキン、玉ねぎスライスを挟んだオープンサンドウィッチ。久しぶりなので実に美味しい。まあ、どうしても800キロカロリーぐらいになってしまいますが。

 本日の摂取カロリー量は2,100キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『特捜部Q Pからのメッセージ』 『特捜部Q』シリーズ、映画化第3弾。地味に面白いシリーズであったが、この第三作では趣ががらりと変わる。何しろ宗教キチガイの母親に姉の顔を薬品で焼かれた子供が長じてから自身をサタンの息子とみなして連続殺人に手を染めるのである。それもサタンの息子だから信仰心豊かな一家の子供を誘拐し、神への信仰心を破壊しようというのだからタチが悪い(笑)。

 またこの犯人が異常なほどに強い。無秩序連続殺人犯を思わせる大胆さで白昼子供を攫い(目撃者がいてもあまり気にしない)、父親が入院している警戒厳重な病院へ忍び込み殺害、そしてあろうことかさらに刑事を一人殺害し、主人公まで誘拐してしまう。

 この展開に最後の最後まで目を離せなかったですよ。

 ハイビジョン画質は良い・・・のだが、やっぱり暗部のノイズが気になる。トーンジャンプも以前より目立つようになったと思うのだが、これはそうしたものが一切出ないUHDブルーレイに私の目が慣らされてしまったということか。

 音声はAAC5.1チャンネル。音場が大きく定位も上々。BGMの品位も高い。

 終了後シャワーを浴びて前述の「スリーピングビューティズ」を読んでいたのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月17日(火) 「イプセンの虫にも五分の魂」
 「任侠の家」に続くイプセン駄洒落第2弾!ちなみに私はイプセンの戯曲を読んだことがありません、すいません!スティーヴン・キング 『スリーピングビューティズ』読了19パーセント。この疾病には何らかの形で蛾が関係しているようである。いたるところに蛾が現れる。ドーリング高校の2年生 ジャド、クリントの息子はマリー・パックが不良のエリックとロックコンサートに行くことを心配していた。しかし彼女は彼の言うことを本気にしない。高校の食堂の屋根から大きな煙のようなものが現れた。蛾の大群である。マリーは蛾のことについて詳しい。幼少期のトラウマを克服するために理科プログラムで蛾を研究していたからである。「あの蛾は茶色ね、知ってる?あるインディアンたちはあの蛾を眠りへの導き手と呼んでいるの」

 ジャニス刑務所長は娘のミシェルから電話を受ける。「ママ、あのオーロラ眠り病はこれからも拡大していくわ、だから寝てはダメよ、寝たらもう起きられなくなる。そして、眠り病の患者の顔からあの繭を取ったりしないで」 実に謎めいた電話であるが、ミシェルの切迫した様子にジャニスは戦慄する。

 すでに刑務所内ではあのキティが眠り病に羅患していたのである。ミシェルの電話が本当ならば外部の助けは得られないだろう。ジャニスは非番の全職員を呼び出すことを決意する。
 
 その頃、ジャネットはおさわり看守野郎、ピートから激しい性的虐待を受けていた。ピートは監視カメラに見えない飲み物の自動販売機の陰に彼女を連れ込み、コスらせたのである。ジャネットは逆らえない。下手をすれば息子との面会を禁じられてしまう。彼女はピートの肩越しに移送されてきたイブを見る。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝食 昨日の残りのバタール、ハム、玉ねぎ薄切り、シーチキン、チーズ、マヨネーズで作ったオープンサンド。飲み物はコカコーラ+(カロリー0) おおむね600キロカロリーぐらいか。昼は冷奴、電子レンジで四分加熱した玉ねぎに花かつおと胡麻、牡蠣醤油を掛けたもの、中華スープ。150キロカロリー。夕食はケチャッピーのナポリタン。これに玉ねぎ一個、ナス一本を電子レンジ加熱した奴を加える。少々飽きてきた(笑)。600キロカロリー。  

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『クラッシュゾーン』を見る。珍しや、ノルウェーのカーレース映画、いや、前作の『キャノンボール』があったではないか、と言われそうだが、私はそっちは見ていないのだ、だから「珍しいノルウェーのカーレース映画だ」みたいな言い方をするのだ、悪いか。

 まあ、何といいますか、激しいレースが展開されるのかとおもいきや、雪上・氷上というレースにはあんまり向かないところをあえて走るツーリングクラブみたいな、ディスカバーチャンネルでやっているドキュメントみたいな、つまり話そのものは全然面白くないというみたいな(訳がわからない)。

 まあね、レースに参加するドライバーは主人公を誘い込む敵役、娘の彼氏、を除いてそのバックグラウンドどころか名前さえも明らかにされない。こんなんで物語そのものを楽しむことなんてできませんよ!その割り切り方は大変面白かったですけどね(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。最近のWOWOW放送映画は画質が安定していて大変に宜しい。ここのところのだらしのないレンタルブルーレイ画質とは大違いだ。音声はAAC5.1チャンネル。いろいろ登場するスーパーカーのエンジン音の凄まじさよ。これでもう少し低音を上手く使ってくれていればなあ。

 終了後シャワーを浴びて前述の『スリーピングビューティズ』を読んでいたのである。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 10月18日(水) 「有頂天家族ロビンソン」
 狸駄洒落。万能中華料理調味料チューブ 「香味ペースト」がなかなか便利である。炒飯に使った時はアレだったが(いや、それはあなたの調理技術に問題があるのであって・・・)お湯に溶かすだけで結構美味しい中華スープが出来る。これに茹でたホウレンソウ、溶き卵を入れて塩コショー、仕上げにゴマをぱらぱらと振り入れれば立派な一品となる。

 それで私は考えましたね。これだけ美味しいスープが出来るのなら、これに中華めんを入れたらチャンポンになるのではないかと。思い立ったが吉日、溺れる者は藁をもつかむ、三時のおやつは文明堂でさっそくやってみましたよ。以下はそのレシピであります。

 材料 白菜、玉ねぎ、もやし、ニンジン、豚肉(ばら肉で良い)、香味ペースト、味の素、塩、こしょう、ラー油、中華麺。

 作り方 材料を適宜切って(人参は火が通りやすくするため極力細かく、かといってみじん切りなどにされては困る。常識というものがある)ゴマ油で炒める。

 お湯を沸かして香味ペーストを溶かし中華スープを作っておく。量はどうするのかって?そんなの自分で味見して決めるべし。また中華麺も茹でておく。

 野菜にいい加減火が通ったところで(この見極めはあまり真剣に考えなくてよろしい、どうせ後からスープで煮込むのだからなんとでもなる)フライパンに中華スープを注ぐ。しっかりと煮込む。

 丼に中華スープを入れて野菜とスープを注ぐ。コショー、ラー油を適宜使って頂きます。

 これで案外美味しいチャンポンらしきものが食えるんですよ。ホントですよ、分かってくださいよ。

 本日は休み。しかし、午前4時過ぎに目が覚めてしまい、それからどうしても眠れなくなる。仕方ないのでテレビを見ながら午前6時過ぎまで悶々と過ごす。それからうどんの朝食(電子レンジで加熱した冷凍うどんに花かつお、味の素、大根おろし、クバラめんつゆを入れてお湯をジャー 300キロカロリー)を食ったらようやく眠くなってきて午前9時までベッドの中。

 起床後洗濯をしてシャワーを浴びる。その後、UHDブルーレイ『キングコング』を最後まで。エンパイアステートビルからコングとアンが見下ろす夜明けのニューヨークの美しさをオレは生涯忘れない、いや、ほんと、皆さん、ちゃんと調整された有機テレビでUHDブルーレイを見てくださいよ、いろんな面でびっくりしますから。

 その後外出してゴミだし(笑)。買い物。帰宅して亀の世話。この2日で気温が急降下したせいでイシガメが早くも餌を食わなくなっている。このまま冬眠まっしぐらか。

 それから昼酒。ツマミは冷奴にゴマサバ(サバの刺身を海苔、わさび、ゴマ、牡蠣醤油で和えたもの)、300キロカロリー。ビール500ml缶一本飲む。仕上げは前述のちゃんぽん。600キロカロリー。

 その後は昼寝したり、両親の部屋への冷蔵庫搬入を手伝ったり。

 夕食はまたも前述のちゃんぽん、600キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーなり。

 その後はだらだらとウィスキー水割りを飲みながら録画の「ゴリパラ見聞録」を見てげらげらと笑い転げる怠惰な時間を過ごしてしまったのであった。

 いつの間にか寝てしまいはっと気が付いたら午前2時、私はふみい、うううんと可愛らしく顔をこすって歯を磨いてベッドに入る。

 10月19日(木) 「一寸の虫にもゴブリンの魂」
 ゴブリン駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 クリントは呼び出された刑務所副所長クィグリーと共にイブへの尋問を開始する。しかし、イブはのれんに腕押しで今までと同じく一向に埒があかない。「ねえ、あたしの名前、イブ・ドゥ―じゃいやよ、どうせならイブ・ブラックにしてちょうだい」「でもそれも偽名なんだろ」とツッコむクィグリー。するとイブは艶然と微笑んで「あらあ、だって私の本当の名前を言ってもあなたたちにはどうせ発音できないから」イブはpadded prison cell に収容される。

 (padded cell 精神病棟で患者の自殺あるいは自傷行為を防ぐために、床、壁、ドアの内ばりなどに分厚いクッション材をつめた病室 私はフレドリック・ブラウンの小説で知った。イブが収容されたのはpadded prison cell  自殺防止のために床と壁面にクッション・マットを敷き詰めた独房)

 あのプール管理会社社長兼従業員のアントンが昼飯を食いに帰宅。彼はマグダの顔が例の繭に覆われているのを見つける。半狂乱になって眉毛整え用のはさみで繭を切り裂くアントンである。マグダの目が開いた。喜ぶアントンだがマグダはいきなりベッドわきのテーブルにアントンが置いた飲み物の瓶で彼の頭をごっ、もう一発がっ。倒れたアントンに猛烈なヒップドロップ。アントン死亡。そしてなぜか涙を流すマグダ。彼女は自身の意識を保っているが、肉体をコントロールすることはできないようだ。彼女は暗闇の中にいる。他の女性の存在を感じる、しかし見つからない。探さなきゃ、探さなきゃ、マグダはベッドに戻り再び深い眠りに入る。

 フランクはミシェルのニュースを見ている。彼女はある映像を流す。例の「おれたちゃ、独立国家だ。だからアメリカの法律には従わねー、税金も払わねー、文句あっか」でFBIに包囲されている武装市民団体が撮影したものであった。リーダーの妻がオーロラ眠り病になったらしい。リーダーは「これは国家の陰謀だ、薬を撒かれたのだ、なんか昔のオウム真理教みたいだが、俺たちは絶対負けないぞ、戦うぞ」彼は妻の顔を覆っている繭をむしり取る。すると起き上がった妻が彼の鼻を食いちぎったのだ。まだこの事件の真偽は分からない。しかし、この後すぐ、武装市民団体はFBIに投降している。

 ミシェルがコーテスに電話で話した「ぜったい繭を取ろうとしないで」の意味が分かりました。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に雑炊。ちょっと思いついて昨日の余ったサバの刺身、醤油に浸して漬けにしておいた奴を入れてみたら、ううーん、これはこれは(笑)。刺身がしめサバと同じ味になって雑炊に合わぬことおびただしい。600キロカロリー。

 昼飯は茹でホウレンソウとキュウリ一本。100キロカロリー。夕食は焼き海苔、キュウリ、豚冷しゃぶでビール500ml缶一本飲んで例のちゃんぽんで仕上げ。750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後は映画も見ずに前述の『スリーピングビューティズ』を読んでいたのである。午後9時過ぎにシャワーを浴び、なおも読み続ける。そして午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月20日(金) 干し芋のリスト
 アマゾン駄洒落。スティーヴン・キング 『スリーピングビューティ』読了27パーセント。刑務所から出発するリラ。クリントは処方箋を渡す。それは睡眠時無呼吸症候群の薬。これを飲めば覚せい剤的な効果が期待できるらしい。彼女はリニーを呼び出しすべての薬局に「アッパー系の薬を用意するように指示して、必要だったら証拠保管所にある覚せい剤(彼女たちは数日前、大物麻薬製造販売業者の兄弟を逮捕、大量の麻薬を押収したばかりであった)を使ったっていい、とにかく眠らないようにしないと」

 ジャードはマリーのことが好きである。陸上選手として期待されていた彼がまったく正反対の「イヤーブック作成委員会」に入ったのはもちろん、彼女のため。そんな彼女がエリックとコンサートに出かけようとしている。なんとかしなくちゃと焦るジャード。しかし、高校でもオーロラ眠り病のパニックが拡大しつつあった。泣いている女子生徒を男性教師が慰めている。しかし、イラッとした女性教師が「あんたは男だから関係ないでしょ」と怒鳴りつけたりしている。

 そんな中、エリックとその取り巻き、カートとケントはオールド・エッシ―に悪質ないやがらせを計画。これを偶然に聞いたジャードはその行為を近くのシダの茂みに隠れてiphonで撮影しようとする。エリックは哀れな老女のホームレスにいやがらせをするようなクズだ。これが分かればマリーもエリックを見限るだろう。エリックとカート、ケントは繭に包まれて眠り続けているエッシ―に対して「耳に小便を注ぎ込もう」とする。高校生とは思えぬほど性的に屈折した奴らである(笑)。それを撮影し続けるジャード、しかし、彼は心中で「見ているだけでいいのか、止めるべきではないのか」と葛藤していた。思わずがさっと音を立ててしまうジャード。3人に追われる羽目となる。

 その頃、道路を爆走していた車があった。眠り病にかかった妻をその夫と娘が病院へ連れていこうとしていたのだ。老妻が繭によって窒息しないかと心配した夫が娘の制止も聞かずに繭を切り裂いてしまったのだ。たちまち暴れ出す老妻。ぐぎゃあわあぎええぶしゅっあれえええ、コントロールを失った車は道路へ飛び出してきたジャードに迫る。必死によけようとするジャード。しかしはねられてしまった。

 パニックはその激しさを増す。ワシントンDCでは群衆が暴動を起こしホワイトハウスになだれ込む、ロンドン発ニューヨーク行の旅客機で眠り病が発生、おそらくジャードを撥ねた車と同じようなことが起こったのだろう。旅客機は大西洋へ墜落する。

 イブはそのすべてを見ていた。ホワイトハウスの騒乱も、落下する旅客機も、刑務所で覚悟を決めて眠りに入り繭に包まれる女囚も、追っかけられるジャードも、彼女はいろいろな生き物の目を通して全てを見る。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース。450キロカロリー。昼飯はラ王の冷麺。トッピングはふりかけにハムとキュウリ。450キロカロリー。夕食はハムエッグとゴハン、そして香味ペーストを使ったホウレンソウ入り中華スープ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ハイジャック・ゲーム』を見る。100人見た人がいるとして99人までが「なんだ、こりゃ」と怒り、たった一人残った私だけが「いろいろダメだけどそれがいいんじゃない」とにやにやしているような映画です。もうこれだけで出来がどんなに悪いかわかりますね(笑)。

 最初は良かったんですよ、立てこもり犯の説得にFBIエージェントのネゴシエーター デニス・リチャーズが使った手が「出会い系作戦」 その手の電話サービスの女を装った体でなんとか犯人を説得しようというのであります。何だか良く分かりませんが、思わず会話に引き込まれてしまう犯人の姿が笑いを誘います。この変なユーモア感覚というのは捨てたものではありませんよ。

 ハイジャック犯たちも何だか間抜けで、見ていてちょっと微笑ましくなるほど。なぜか強面の大男たちが客室乗務員に変装するためわざわざトイレの中でぶつぶつ言いながら女性フライトアテンダントの制服を無理やり着たりするのであります。そんなのなーんの意味もないやん(笑)。

 でも良かったのはここまで。登場してコクピットに入るやいなや、映画のラストまで引きこもるドルフ・ラングレン。やっぱり腐ってもドルフ・ラングレン、ギャラも高いでしょうからコクピットの中の場面をまとめて撮影したんでしょうなあ(笑)。スチュワーデスとして登場、実はハイジャック犯の一味だったというグリア・グラマーもカッコつけている割には大間抜け。乗客に一人でも逃げられたら計画自体が大コケなんだ、無人の客席を見てなんか言えよ。同じく、裏切って一味についた航空保安官も乗客の脱出をまったく邪魔ようとしないのも凄いなあ。

 ハイビジョン画質はまあダメ。鬼のようなトーンジャンプが発生する。音声はAAC5.1チャンネル。低音の迫力はなかなかのものだが、音数の少ない貧乏な音場は隠せないです、はい。

 終了後いままでちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『二重生活』をようやく最後まで。門脇麦も長谷川博己もあからさまな加害者である。しかし、そんな立場に身を置きながら徹頭徹尾、被害者として振る舞おうとする門脇麦にどうもいらいらが募って最後まで映画にノることができなかった。

 ただ、これだけは上手いと思ったのだが、住人のだらしないゴミの置き方に困って監視カメラをつけるけどそれでもダメな大家さんの存在。修理論文も終わって人間関係も清算して、ああ、すっきりした、これから新しい私になって新しい生活が始まるのだわという門脇麦が引っ越しで出た段ボールなどのゴミを無造作に出していく。それを寂しげに見つめる大家さんの姿。

 いやあ、どうにも身につまされますなあ(笑)。まあ、この大家さんも店子のプライバシーを平気でバラしまくるような人なのですが。

 ハイビジョン画質は明るい場面は非常に綺麗。奥行き感と鮮烈な発色が印象に残る。ただ暗い場面はダメ。トーンジャンプとブロックノイズがバリバリ出て頭がくらくらしてくる。

 音声はAAC5.1チャンネル。環境音に優れた地味だけど秀逸なサラウンド。

 終了後シャワーを浴びて前述の「スリーピングビューティズ」を読んだのである。午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 10月21日(土) ヤハウェイはできる子
 ちょっとアブナイかなあと思う駄洒落。スティーブン・キング 「スリーピングビューティズ」 読了35パーセント。幸い、ジャードは軽傷だった。しかし、追いかけてきたエリックたちはやっぱりクズ。彼の怪我を心配することもなく「てめえ、股倉蹴り上げるぞ」と脅し、ついにジャードのiphonを奪い叩き壊してしまう。怪我の痛みと屈辱で泣くジャード。彼はとぼとぼと帰宅する。

 フランクは妻エレインと共にオーロラ眠り病に羅患した娘を病院に連れていく。しかし病院はすでに満杯である。救急病棟ではすでに新規の患者を受け付けていない。産婦人科、小児科も同様であった。そしてそこに集まった人々の間で悲劇が起こる。閉鎖された病院のガラスドアに拳銃をぶちこむ男、それを止めようとした他の男がある眠り病の少女の顔の繭をうっかり破ってしまった。たちまちきききい、きいい、ぎゃあ、ぶしゅ、びちゅっ!まあ、なんとか騒ぎは収まったのもの可哀想な男は片目を潰されてしまっていた。

 リラはトラウマンのトレーラーハウスへ向かう。リニーからテリー・ロジャーが家族を心配するあまり現場を離れて様子を見に行ったことを知ったからである。この状況では無理もないと思うけれども、それでも怒りを抑えきれないリラである。

 さて、リラはトレーラーハウスの近くで奇妙なものを見つける。それは眠り病の患者を覆っている繭と同じようなものなのだが、足跡のような間隔で続いているのである。リラはそれを辿って森の中へ。そして森を抜けて空地へ出たリラは驚愕する。空地の真ん中に巨大な木が立っていたからだ。リラは世界最大だと言われる木を知っているが、それよりはるかに大きいようである。木の種類も違う。リラは呆然と立ち尽くす。

 すると、木のうろから赤い大蛇が姿を現した。木の陰から虎が姿を現した。いつの間にか尾羽を振り立てたクジャクも姿を現した。リラは目をつぶって数秒間我慢する。そっと目を開けると大蛇、虎、クジャクはもちろん、あの天を突かんばかりの巨木も消えてなくなっていた。彼女は幻覚を見ていたのだろうか。

 時間をちょっと遡る。リラがクリントに対して抱いている疑いとはシェラという女子高校生の存在について。彼女は以前にある図書館の禁書反対運動に関係しており、その時知り合った読書クラブの夫人から「あなたの姪ごさん、凄いじゃない、バスケットで大活躍しているわ」 その時は夫人の記憶違いだろうと思って曖昧に誤魔化したのだが、ネットで調べるとそうでないことがすぐに分かった。さらに調べていくうちに彼女の疑いは深まっていく。彼女の母親の名はシャノン。思い余ったリラはクリントンに例の嘘をついてシェラの試合を見に行ったのだ。彼女は確信する。シェラはクリントの娘に違いない。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。450キロカロリー。昼飯はカレーと細かく刻んで電子レンジで4分加熱した人参。いや、そんなんでもちょいと牡蠣醤油とマヨネーズ(カロリーハーフ)で和えて食えば結構美味しいんだよ。450キロカロリー。夕食は鶏の鍋。スーパーで売っているモツ鍋用野菜セット3分の1、鶏もも肉50グラムを香味ペーストと牡蠣醤油で作ったスープで煮る。そして具材を食べた後のスープにあらかじめ茹でておいたちゃんぽん麺を投入しこれで仕上げるのである。ウム、思った通りなかなかの美味しさ。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ダブル・チェイス』を見たのだが、これがつまらなくって訳が分からなくってアクションが単調で画質が悪くってという四重苦のどうしようもない映画。あのエライ人が「おい、俺が悪役なのだ、どうだ、驚いたか」と登場したけれども、その登場が冒頭以来なので、おれはすっかりそいつの顔を忘れていたよ(笑)。

 良かったのは大げさなAAC5.1チャンネルの低音の使い方だけであった。

 終了後シャワーを浴びて前述の「スリーピングビューティズ」に読みふけっていたのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 10月22日(日) スーパーカブブーム
 スーパーカーブームと言えば、ブーム真っ盛りの頃、自宅の近くにロータスヨーロッパのオーナーがいて最初見た時は仰天したものだが、その後、すぐにブームが過ぎて見向きもされなくなったとさ。スーパーカーと言えば望月三起也先生の「ワイルド7」に飛葉大陸が公園の中から無造作にランボルギーニイオタをバックさせて道路に飛び出す、走ってきた車が仰天して「わああ」と急ブレーキという場面があって、文章で説明するとなんてことはないけれども、漫画はすげえカッコ良かったんだよなあ。

 スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」読了36パーセント。ジャードはマリーから思いがけない連絡を受ける(自宅の電話 iphon壊されちゃったからね)。「あなた、車持ってない、良かったら私をスーパーマーケットに連れて行って、そこのある人がスピード売ってくれるのよ、何、非合法ですって、あなた、何言ってんの!そんなの飲まなきゃ寝ちゃうでしょ、私はともかく小学生の妹は9時に寝ちゃうのよ、8時半くらいから眠たくってもうゾンビみたいになっちゃうのよ、寝たら病気になってしまうでしょ、わかんないの、あんた!」

 マリーは結構キツイ子です(笑)。まあ、それでもジャードは彼女が好きなのでこの頼みに「いいよ、まかしとき」でも彼は運転免許を持ってない。試験をしくじってしまったから。それにもっと大きな問題がある。彼の家の自動車はパパのもママのも出払っている。さあ、どうしよう。

 そんな時、実に上手いことに隣家のロンサム夫人から「小学生の孫モーリーのためにそういう薬を買ってきてくれないかしら、ウチの車を使っていいわよ」という申し出。ジャードは快諾し、マリー、モーリーを連れて車でスーパーマーケット目指して出発。なんとか事故も起こさずに到着したまでは良かったがスーパーマーケットは人で溢れていた。人々はスタミナドリンクとか、エナジー飲料とか、そういうものを買い集めるのに必死である。あちらこちらで「こら、それは俺のもんだ、オレの娘のために買うんだ」「何を、てめえ、独り占めしようってのか、オマエの女房がなんだ、オレの娘はどうなってもいいのか」式の醜い争いが繰り広げられている。恐れをなして泣き出すモーリー。マリーはモーリーを連れて車に戻ることになる。

 ジャードは例の売り手の女性を捜すが彼女はすでに手持ちのブツをすべて売りさばいて帰宅していた。絶望しつつ帰宅の途につくジャード、マリー、モリー。別れ際にジャードとマリーは仲直りしてキス。その様子を見てはしゃぐモリーである。しかし、彼女は帰宅して繭に包まれている祖母を発見し泣き叫ぶ。

 クリントとジャニスはあのおさわり看守野郎、ドン・ピータースをジャネットに対する狼藉を目撃した女囚の告発により首にする。ピータースは証拠なんてないっすよ、逆に告訴してやりますよと開き直るが今回ばかりは明確な証拠があった。ジャネットに手こきさせてどぴゅっと出した精液が自動販売機の裏から採取されていたのだ。前々からこのおさわり野郎を懲らしめてやろうと思っていたジャニスは嬉しくてたまらない。「あんた、首になるだけじゃすまないよ、刑務所行きだよ、刑務所の中で元看守なんていう立場の人間がどんな目にあうか知っているよね、ああ、それと保釈審査委員会にはあたしも入っているから、うん」そうなりたくなかったらとっとと荷物をまとめて出ていけ!というクリントの優しい言葉にピータースはとっとと逃げていく。

 しかし、この後、コーヒーを飲んでいたジャニスの様子がおかしくなる。彼女の手持ちバックの中から入眠剤の瓶がなくなっていた。見つけた瓶は空っぽ。ジャニス、クリントは「あー、ピータースがやりやがった!」ピータースはジャニスに呼び出されて待っている間にコーヒーに薬を全部ぶちこんでいたのである。ジャニスは「ヒックス副所長が戻ってくるまでここをお願い」とクリントに言い残し眠る。彼女はすぐに繭に包まれる。

 続く。

 本日はまあ、本業以外でいろいろあって、まず午前7時に起床して卵入りうどんの朝飯。400キロカロリー。それからシャワーを浴びて午前8時に事務所へ行き、中央区役所にあるスポーツ大会の開催がどうなっているかの問い合わせ。事前に問い合わせたところ午前7時半に決定して代表者(つまり私みたいな人たち)に連絡をしますということであったが電話なんて掛かってきやしなかったのだ(つーか、今の今まで電話なんかないよ)。開催決定ということで町内チームの人に電話で連絡する。

 その後午前9時に小学校へ出向き投票を済ませる。それから12時過ぎまで小学校で行われていた地区の公民館50周年記念事業のお手伝い。

 午後1時過ぎに帰宅して茹でホウレンソウ、冷麺の昼飯。400キロカロリー。それから事務所へ戻ってしゅくしゅくとお仕事。この頃から風雨が強くなりおかげさまでめでたく実家の瓦が一部剥げ落ちました、クソ。夕食はまた香味ペーストと牡蠣醤油を使った鶏鍋。これで缶ビール500ml一本飲む。仕上げはカレー。残ったスープにカレールーをぶちこみ、片栗粉少々でとろみをつける。これでゴハンを半合。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずに前述の「スリーピングビューティズ」に読みふけったのである。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 海上釣堀で魚釣って楽し―、それを刺身にして美味し―、矢野ペペは自分が提案したのにも関わらず釣果は一匹のみで、またイヤーな雰囲気を発散させてる、ゴリけん味を〆て「獲って(採って)食べるシリーズやりましょうか、今度はキノコとか」斉藤優に「いやいや、それは危ないから」とツッコまれる。

 ああ、楽しいな「ゴリパラ見聞録」 就寝午前1時過ぎ。

 10月23日(月) 「白やぎ心中」
 落語駄洒落だが元ネタ分かるかね、君、何分からない、どうも不勉強だなあ、「品川心中」だよ、「品川心中」スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」読了38パーセント。クリントの少年時代。彼は不幸な少年生活を送っていた。家庭が破たんした彼はずっと数組の養父母を転々としていたのである。彼のような境遇では高い確率でその生涯を刑務所で送ることになる。ともすれば自棄になりがちな彼を救ったのはシャノンであった。彼女のアドヴァイスにより陸上競技に打ち込むことで彼は転落することなく精神科医という今の地位に上り詰めたのだ。彼が女子刑務所の精神科医を務めているのはその境遇ゆえ。女囚たちにある種のシンパシーを抱いていたのである。

 彼はリラと結婚して幸せな生活を送っていたのだが、ある日ある時、シャノンと再会して・・・。この後は言わなくても分かるでしょ(笑)。

 フランクはエライン・ナナと帰宅。ナナを子供部屋に寝かせる。フランクは娘の危機が二人の関係を改善させたと思うがエラインにはまったくそういうキモチはなかった。判事の轢かれた猫の扱い方など動物の好きな優しい男に見えるフランクであるが、実は結構な癇癪持ち。先生が娘を泣かせたと小学校に怒鳴り込んだり、台所の壁にパンチで穴を開けたりいろいろやらかしていたのだ。とりわけ酷かったのがメイシャム事件。彼は自分の犬に「甥に噛みつきやがった」と言う理由で酷い虐待を加えていたメイシャムという男をぼっこぼこにしたのである。

 幸い、事件になることはなかったが、エラインは言う。「あの男が退院して最初にしたことはなんだと思う。自分の奥さんをぼっこぼこにしたのよ。彼女は妊娠していたけど、それで流産してしまった。これもあなたのせいよ。あなたは警察に通報すれば良かったの、そうすればあの男は逮捕された。彼女が流産することもなかった」

 なんか「風が吹けば桶屋が儲かる」風ですけど(笑)、フランクこれでやけになりまして、とんでもないことを考えます。「ナナを医者に見せなくちゃ、そうだ、あの判事の猫をはねた美容整形医のクソがいるじゃないか」フランク、手斧を持って出動。いちおう、この斧は薪割り用なので安心してください。フランクはガースの家のドアを斧である映画のジャック・ニコルソンのようにどんがどんがぶっ壊して侵入。麻薬の効果が切れて素面に戻っていたガースが「お、おれを殺しにきたのか」「そうじゃない、とにかく来い」

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどんべえカップうどんミニとしゃけのコンビニおにぎり。500キロカロリー。昼飯は茹でたホウレンソウに自家製味噌ラーメン。例の香味ペーストで作った中華スープに出汁入り味噌を溶かしてみたのである。美味しかったがちょっと味が濃すぎた。味噌ラーメンの場合は香味ペーストの量をもう少し控えめにするべきであろう。300キロカロリー。夕食はコンビニのエビチリと鶏鍋。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『九龍猟奇殺人事件』を見る。なんといってもアーロン・クォックのしょぼくれ刑事がいい。有能ではあるようだが華がなくいつも背中を丸めてうつむいている。その上変に人が良くってそれゆえに必要以上に事件にのめり込む。これで離婚に至ったのであるが、その元妻とあって感情のタガが外れてしまったらしく被害者の父親に同情して人目もはばからずに涙を流す。

 映画自体は底辺で蠢く人々の悲しさみたいな名作映画にありがちなワンパターンで話はあまり面白くないのだが(失礼!)この刑事、被害者の女の子、犯人のデブ、それぞれの人間の描き込み方が深く、見るものを妙に考え込ませるのである。

 ハイビジョン画質は微妙。暗部のノイズと物凄いトーンジャンプ(ベッドシーンのボカシがだんだら縞々)に呆れる。音声はAAC5.1チャンネル。リアチャンネルの情報量が豊富で音場が濃密。列車内の場面などあまりにリアルでシアタールームが山手線車内になってしまったよ(意味が良く分からない)。

 その後シャワーを浴びて例によって例のごとく「スリーピングビューティズ」を読んだのである。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 10月24日(火) マタ・ハリメッセ
 スパイ同人誌オンリーイベントが開催された。こんなことを書いておいてなんですが、私はしばしば言及されるオンリー・イベントというものがどういうものか今一つ分かっておりません。悪しからず。スティーブン・キング 『スリーピングビューティーズ』 読了46パーセント。

 母親が繭に包まれた、驚いた幼い子供(男の子)が繭を破ってしまう。覚醒した母親がその子をずたずたに、ひーっということにはならず、この場合、母親は子供を家の外に出したり、近所の親しい家に子供を届けたりする。母親の本能がオーロラ眠り病に勝ったということか。

 リラは同僚ロジャー・エルウェイの奥さんを射殺。彼がうっかり奥さんの繭を破ってしまったためにレンガ2つでぐっちゃぐっちゃにされてしまったから。仕方のないこととは言え大変なショックを受ける。クリントは繭に包まれたコーテス所長を残して刑務所から出る。保安官事務所へ行ってリラと再会。リラはきゃーっ、あなたーと駆け寄ってきて抱きつきぶちゅぶちゅぶちゅちゅーとキス。他のみんなもわーわーわー。いや、みんな女性は眠らないために覚せい剤をちょっと、男たちは酒なんかやってハイになっているから(笑)。

 ジャードの様子を見に行くというクリント、リラについにあのことを聞いてしまう。「君は昨日の夜、どこに行ってたんだ、トラックが横転したというのはウソだろ!」リラは負けずに「シェラのバスケットの試合見に行っていたのよ、彼女はあなたの娘なの?シャノンって誰?」二人とも固まってしまった(笑)。と、そこでテリーが「大変だ、大変だ、俺たちはプラチナムのことを忘れていたぞ」

 プラチナムというのはロジャー夫妻の幼い娘。様子を見に行くと彼女はベビーベッドの中で繭にくるまれて安らかに眠っていた。テリーは隣家のドアが開きっぱなしになっているのをいぶかって様子を見に行く。そこで発見したのが繭にくるまれた住人の老女と下半身むき出しでぐちゃぐちゃにされて死んでいたカール(あの悪ガキ3人組の一人)。どうやらカール、繭を破ってこの老女をレイプしようとしたらしい。目を覚ました彼女に反撃されて殺されたのだ。

 クリントは自宅へ戻る。ジャードは無事であったが預かっていたモリーは繭に包まれていた。ジャードがトイレに入ったわずかな時間に眠り込んでしまったのである。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。350キロカロリー。昼飯は鳳林でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー量暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はケチャッピーのナポリタンと人参一本。人参はそのまま齧ったのではなくて(当たり前だ)、ラップに包んで電子レンジで4分加熱し、醤油とマヨネーズちょっぴりで食べたのである。600キロカロリー。

 本日のカロリー摂取量は1,950キロカロリーなり。

 その後レンタルブルーレイで『チア ダン』を見たのだが、現在の邦画の宿痾を象徴しているような映画であった。この日記でいろんな邦画について同じようなことを何度も何度も書いているけれども(笑)、話の面白さで勝負しようという気概がまったくない。感動・感動で押し通す。

 特に凄いのが最初のぐたぐたな大会、全米決勝戦を除いてダンス大会でのパフォーマンスをまったく見せないところ。「がんばるぞ、行こう!」とだーっと駆けだして次の瞬間「わー、わー勝った勝った」なのである。県大会レベルならともかく、これが全国大会でも繰り返されるのだから恐れ入る。

 ダメなチームがいろいろ工夫して研鑽して次第に強くなり勝ち抜いていく。スポ根映画のそういう要素をまるで無視しているのである。「わたしたち頑張ったよね、頑張ればどうにでもなるよね」で済ませてしまうのだ。全米大会でも最強のアメリカチームにどうやって勝つかという当然あったはずのストラテジーすらまるで語られない。唯一、センターを広瀬すずに変えますという工夫らしきものが見られるが、これも今までセンターであった人の奮起を促すきっかけというあいまいなものでしかない。

 なるほど広瀬すずを始めとする若手女優たちのパフォーマンスは実に見事である。だが、逆にいえばこの映画はそれに頼り切って面白い物語を作ろうと言う本来の目的を最初から放擲しているとしか思えないのだ。

 ブルーレイの画質・音質はなかなか良かったが映画で腹が立ったので具体的な評価はせん!以上(笑)。

 終了後シャワーを浴びて「スリーピングビューティズ」に読みふける。午前12時半に入眠剤を服用し午前2時過ぎに就寝。

 10月25日(水) 「親学」の背中に子亀をのせて
 自分で言うのも何だけど、この駄洒落結構イケてると思いません?ステーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 あのキツネが再登場。彼は巣穴から抜け出る時背中に怪我をしてしまった。おかげで早く走ることができない。このままではピューマや野生化した豚にやられてしまう。そのキツネに語りかける不思議な青い鳥。ほら、その白いモノを背中につけてごらん、その白いモノとは先にリラが足跡と認識して巨木へと導かれたやつ。キツネは白いモノの上でごろんと転がる。ああ、傷が回復してきた。キツネは不思議な青い鳥に導かれてあの巨木へ。白い虎がいた。畏怖し恭順の姿勢をとるキツネ。トラは彼に語りかける。「おまえにやってもらいたいことがある」

 クリントが帰宅した後の刑務所ではいろんなことが起こる。ジャネットとエンジェルが特製コーヒーを作って女囚の皆さんに配り始める。これはとても濃くて苦いので常人ならば2杯が限度である。

 このコンビがイブの独房に声を掛けた。イブはもちろん二人の名前を知っている。そしてイブはエンジェルの発覚していない殺人事件 男5人、生まれたばかりの自分の赤ん坊 を話し出す。逆上したエンジェルはイブの腕を掴むがとたんに「ぎゃああ、腕が熱い、オマエ何をしたァ」 騒ぎに気が付いた看守たちが駆けつけるがエンジェルにコーヒーを運んでいた台車をぶつけられて転倒。イブの口がかっと開き大量の蛾が飛び出してくる。蛾に取り巻かれたエンジェルは「ぎゃあ、蛾、蛾、いや、蛾ひいい」この隙にジャネットは刑務官が落としたメースを取り上げ彼女の顔にぷしゅーっ!なんとか彼女は取り押さえられた。別の房ではまた女囚が恋人の繭を切り裂くという事件が発生。看守はやむなく彼女を射殺。

 刑務所では噂が流れ始める。イブはフツーに寝たり起きたりしているからである。彼女の存在がオーロラ眠り病の治療の鍵となるのではないか。あるいは彼女を殺せば患者が回復するのではないか。後者の考えに取り付かれた女囚がイブの殺害を目論むが(武器は鋭くとがらせた歯ブラシの柄)彼女のオーラ?に圧倒され何もできなくなる。

 刑務所の職員たちはこのイブの存在を家族や友人に携帯で知らせたようである。ランプリー・ヴァン(腕相撲チャンピオンの看守)から電話でこのことを聞いたクリント、「やばい、下手したら暴徒が刑務所に押し寄せてくるのではないか」と心配する。

 (このあたり時系列が少々混乱しておりますが、ご容赦ください)

 アメリカ国内は大混乱。過激的動物保護主義者たちが動物園から動物を逃がしたらしい。さらにこれまた過激な保守主義者が繭に包まれた女は殺せ!などと噴き上げている。

 続く。

 本日は休み。午前9時に起床してピザトーストとゼロカロリーコーラの朝食。冷凍していた食パン(6枚切り)を5分ほど電子レンジのオーブン機能で温めて解凍。しかるのちに取り出してケチャッピーを薄く塗りつける。その上に溶けるスライスチーズを1枚乗っけてマヨネーズをちるちると塗る。そして加熱をもう7分。市販のピザソースとまったく変わらない味のピザトーストが楽しめた。

 この後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『グレートウォール』を見る。万里の長城を上手く生かした壮大な映像、立体感にあふれるアクションシーン、実に山海経らしいデザインの怪獣 饕餮等々面白い映画でありました。これでラストの攻防にもう少しひねりがあったら・・・などという贅沢は申しますまい(笑)。何しろあの『チア ダン』の翌日に見たんです。文句を言ったらバチが当たります。

 ハイビジョン画質は暗部の格子状のノイズが実に残念。音声はドルビーアトモス。地下道の上を走る饕餮の足音の響きが頭上にきっちり定位してくれるのが嬉しい。重低音の迫力も超一級。

 昼飯はお刺身のお徳用パック。要するに刺身のあまり(笑)。これと茹でホウレンソウで缶ビール500ml缶一本飲む。そして残りの刺身をどんぶり飯にあけて海鮮丼で仕上げ。冷蔵庫の焼き海苔をオーブン機能でパリッとさせて散らしたらびっくりするほど美味しかったよ。

 夕食はちゃんぽん。豚肉と鍋用の野菜セットを使う。ビールは飲まなかった。

 その後はCSで一挙放送された「けものフレンズ」をだらだらと。なんかキングの「ダークタワー」や『続猿の惑星』ぽいところがあるけど、なにかそういう設定があるのかな。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はブルーレイソフトの「ポール・サイモン アンド フレンズ」 ポール師匠がスティービー・ワンダーのために慌ててマイクを動かす姿が印象的ってこれは買った時の日記に書いたような気がする(笑)。

 就寝午前1時過ぎ 

 

 10月26日(木) 「かばんちゃんの男」
 ミュージカル「ラ・マンチャの男」の駄洒落ですが何か。お前さん方ね、勘違いしちゃいけない。籠池某だの、前川某だの、黒川某だの、小西某だの、あれはみーんな安倍政権の回し者なんだから。みーんな安倍首相の部下なんだから。マスコミの権威を失墜させようっていう企みなんだから。

 彼らは某日・某所でこんなことを話しあっていたんだから。

 安倍首相「私が森友学園・加計学園でお金を貰ったり友人だからといって特別な便宜を図ったりしたという疑惑をマスコミに流すのだ。マスコミはこんなあほらしい話でも私に対する批判になるならば大喜びで飛びつくであろう。後から話をもっともっとあほらしくしてマスコミの権威を失墜させ国民の信用を失わせるのだ」

 籠池某「はは、首相、こんなのはどうでしょう。私が昭恵夫人に100万円を寄付した体にするのです。そして私は報道陣が見守る中で昭恵夫人の経営なさっている居酒屋まで返しに行くのです。100万円も本物ではありません。一番外側だけホンモノで後は白紙でごまかすのです。こんなバカなことをする人間などおりませんから一発で国民の目も覚めることでありましょう」
 
 前川某「国民が好きなのは何と言っても下半身がらみの問題です。私は出会い系バーに通っていたことにします。そしてネットなどでそれをツッコまれたら<貧困調査のため>と言うのです。こんな見え見えの言い訳をする男など信用される筈もありません。マスコミの評判は地に落ちることでありましょう」

 黒川某「私は小市民を装った活動家という役を演じたいと思います。マスコミは活動家に甘いですからどんなにバカげたことでも好意的な記事にしてくれます。私にはさらなる秘策もございます。選挙期間中に総理を詐欺ほう助罪で刑事告発するのです。証拠が何一つない状況での刑事告発。いかにも活動家らしいPR効果だけを狙った愚行と国民は思うにちがいありません」

 安倍首相「みな、さすがである。素晴らしいアイデアの数々、誉めてつかわす」

 小西某「あの総理、ワタクシはどうすればよろしいのでしょうか」

 安倍首相「おう、小西か、そなたはいつも通りでいればよろしい」

 小西某「お褒めに預かり恐縮至極であります」

 安倍首相「いや、誉めてない、誉めてない」

 安倍首相のたった一つの誤算はいろいろ馬鹿馬鹿しいことをやらせたのにも関わらず、この疑惑をまともに信じ込む国民が少なからず存在したということであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。350キロカロリー。昼飯は納豆・ゴハン半合、豆腐の味噌汁、大根の煮た奴二切れ、茹でホウレンソウ。500キロカロリー。夕食はピザトースト1枚、大根の煮た奴一切れ、茹でホウレンソウ、納豆ぶっかけうどん。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後は映画もみずにだらだらと「けものフレンズ」見たり「スリーピングビューティズ」読んだり。午後9時過ぎにシャワーを浴び午後11時半に入眠剤を服用、午前1時過ぎに就寝する。

 10月27日(金) 「目黒のサーバル」
 サーバルは目黒に限る。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」読了52パーセント。お触り看守野郎のドン・ピータースは「ききいい」と怒りながら帰宅。母親が繭にくるまれていることを発見する。彼はショットガンで母親の頭を吹き飛ばし放火。よからぬことを考えながら車で酒場へ行く。

 彼はフランクとガースを発見。この二人はナナを包んだ繭の正体を見極めようといろいろと試みたのだが埒が明かず情報を求めてこの酒場へやってきたようだ。繭をちょっと千切って燃やしたらふわふわ浮かんで蛾が飛び出してきたのでちょっとびびったせいでもある(笑)。

 トイレが大混雑なので外で立小便をするフランク。彼はこんな会話を耳にする。「刑務所によ、寝ても大丈夫な女がいるそうだ、免疫を持っているのかも知れない」「え、ホントウか、それは誰に聞いたんだ」「俺の知り合いが友達の看守から教えて貰ったそうだ」フランクはその情報をもたらした男の顔を見てびっくり。あの彼がライフル銃の台尻でぼっこぼこにしたメイシャムだったからだ。その時の傷跡がまだ残っている。しかし幸いにもメイシャムは彼に気付かなかったらしい。

 フランクは酒場で取って返しピータースからイブについていろいろ聞き出す。彼は「俺はその女に会わねばならぬ」と決意。いずれ保安官たちが足りなくなるだろう。その時必ず志願リストの上の方に記載されている彼に手伝いの要請がくるに違いない。ピータースはピータースでクリントへの復讐を企てていた。

 一応、この酒場にはミシェル・コーテスもいて女性便所で薬決めているガースにびっくりするという話もございました。

 さて、クリントに続いてリラも自宅へ戻ってきた。リラはついにシャノンとシェラについてクリントに問いただす。言い争う両親の姿に「えっ、僕に妹がいたの」とびっくりするジャード(笑)。クリントはノートパソコンをネットに接続。シェラの写真をジャードに見せる。「え、ママ、そんなに僕や父さんには似てないけど」「似てるわよ!」怒り心頭のリラ。

 クリントは一計を案じる。まだかろうじて動いている電話番号案内サービスを利用してシャノンの自宅の電話番号を調べたのである。電話を掛けるクリント。シャノンは無事であった(いつまで無事か、リラと同じく分からない)。クリントはリラにシャノンと話しをさせる。シャノンは「シェラの父親はクリントではなく行きずりの名前も知らない男であること。彼女はクリントを絶対的な信頼のおける同士だと考えていて、その感情から生まれた娘に「シェラ・ノークロス」と名付けたことを説明する」

 最終的にリラを納得させたのはシャノンとシェラがやっていたハイタッチにまつわる経緯。同じことをクリントとジャードがやっていた、だからアレはクリントの娘に違いないとリラは考えていた。しかし、それは大間違い。この仕草はシャノンが考案してクリントに教えたものだった。シャノンはシェラに、クリントはジャードにそれぞれ教えたために二組の親子が同じハイタッチをするようになったのである。ようやく誤解の解けたリラである。

 ちなみにこの時すでにシェラは繭に包まれていた・・・。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。250キロカロリー。昼飯は病院へ薬を貰いにいったついでに近くのウェストでカツ丼・ざるそばのセット。もちろんざるそばは二玉だい!外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食は大根の煮た奴を二切れ、茹でホウレンソウ、野菜を香味ペーストと牡蠣醤油のスープで鍋物風にした奴、後は納豆でゴハンを半合。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,850キロカロリー。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『クレージーパーティ』を見る。アメリカ人お得意の狂騒的パーティもの。強い酒がぶがぶ飲んでヤクも決めて盛り上がるだけ盛り上がって会社の中でも所構わずセックスするぞといういつものパターンが実によろしい(笑)。冒頭でちょっと意識高い系の会社が「パーティは午前中、もちろんノンアルコールでおつまみはスイーツ」というつまらなことを威張ってやっているのでなおさら痛快であったりする。

 まあ、近所でこういう騒ぎが起こったらオレは迷わず110番するけどね。

 また、強引なハッピーエンドにも笑わされた。ぼんくらの道楽社長が船を通すために跳ね上がっている可動橋をヴィン・ディーゼルばりに飛び越そうとして大失敗、建物の中に突っ込む。しかし彼が病院でうんうん唸っている間、部下が4年前から考えていた画期的なWiHiシステムを成功させて一気にピンチを脱出!このお気楽さを楽しめない人とは僕は一緒にお酒を飲みたくないね(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。暗部にも顕著なノイズが見られない。これはとっても素晴らしいことだ。音声はAAC5.1チャンネル。高さ方向の表現にすぐれている。頭上を走る電車の音のなんとリアルなことか。

 終了後シャワーを浴びて前述の「スリーピングビューティズ」を読んでいたのである。午前12時過ぎに入眠剤を服用し午前2時過ぎに就寝。

 10月28日(土) 「米茄子の誕生」
 名画駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」読了58パーセント。ヒックスを呼び出すイブ。「あなたの携帯を貸しなさい」「バカなことを言うんじゃない、なんで私が・・・」ヒックスは驚愕する。いつの間にか鼠の群れに囲まれていたからである。鼠たちは剣呑な目つきで彼に迫ってくる。「貸さないとどうなるかしらね、彼らはどんな細菌を持っているのかしら」「わああ、貸します、貸します、いえお使いになってください」ヒックスは房の中に携帯を投げ込み逃げて行ってしまった。

 イブはクリントに電話する。驚いているクリントに構わず「あなたもうすうすわかっているかも知れないけれど、ほどなくここに暴徒が押し寄せてくるでしょう。あなたの役目は私を守ること。私が殺されたりしたらこの世界と眠りの世界とのポータルが破壊されてしまう。それは破滅よ」クリントは何だか良く分からなかったけれどもとりあえず急いで刑務所へ戻る。

 クリントへの誤解が解けてホッとしたリラ、パトカーの中でついに眠り込んでしまう。たちまち繭に包まれるリラ。

 一部終了。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。450キロカロリー。昼飯に釜揚げうどん。茹で汁ごと丼に盛ったうどんを大根おろしをたっぷり入れたつゆでずるずるやるスタイル。後は茹でホウレンソウ。350キロカロリー。夕食は野菜の味噌汁、塩しゃけ、ゴハン半合、大根おろし、納豆。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『アウェイクン 監禁島』を見る。ダリル・ハンナ、ロバート・ダヴィ、エドワード・ファーロング、マイケル・パレといった懐かしのスターが大挙出演!だけが売りのクズ映画(笑)。実際のヒロインはナタリー・バーンという人であるが、この人がどうもたくましすぎてまったくそそられない。顔もまるでベネディクト・カンバーバッチが女装したんかいと思われるほどのごつさでそれだけで映画に対する期待・興味が半減してしまった。

 で、こういったメンツが離島で何をやっているのかと言えばナタリー・バーンを始めとする姉ちゃん、アンちゃんを攫ってきて無人島に監禁し、一人ずつまた攫って臓器をえぐり出して違法販売をしているのであった。さらにこの島の施設警備隊の隊長がまたご丁寧なことにヴィニー・ジョーンズ。ああ、これほどまでにあからさまに安い映画なんてめったにありませんぞ。

 まあ、良かったのは血が飛び散ったままで衛生管理もへったくれもないきちゃない部屋に臓器えぐり出された死体が無造作に置いてある場面。臓器の摘出をそんな部屋でやるから大事な手術が失敗しちゃうんだよ。

 ハイビジョン画質は良好。コントラストの浅いいかにも安物映画の画質だが暗部がぐしゃぐしゃになるよりなんぼかマシだ。音声は一つ一つの音はリアルだがどうも音場が狭くこれまた貧乏な印象は否めない。

 終了後シャワーを浴びて「スリーピングビューティズに読みふける。午前12時に入眠剤を服用し午前1時半過ぎに就寝。
 
 10月29日(日) さいとう・たかを 「サーバル」
 「クッキングパパ」の田中君と夢子さんの初体験のイメージ場面の原型は「サバイバル」のサトル・アキコにあるのではないかと思う駄洒落。

 スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 読了64パーセント。フランクは予想通り保安官助手として採用される。リラが眠ってしまった後、事実上の後任となったテリーと共に働くフランク。彼らは刑務所にやってきてクリントにイブとの面会を要求。しかしフランクは頑として聞き入れない。所長の緊急災難時対処プロトコルに従って誰も刑務所の中に入ることはできないと言うばかり。さらにクリントは「そのイブという女は眠ってしまった。ほら、その写真だ」テリーの携帯電話に送られてきた写真。それは繭にくるまれた女囚でその胸には「イブ」という名札がついていた。フランクは「これは偽物だ」と主張する。彼は繭になっているリラを捜しだし彼女を人質にしてクリントと交渉しようと言い出す。テリーはもちろん、そんなことはできないと拒否するのだが・・・。

 あのおさわり看守野郎のドン・ピータースも臨時の保安官助手となっていた。彼の相棒は同じく臨時保安官助手として採用されていたエリック。二人は繭化した女性の所在確認をやっている。エリックはクズなので「ねえねえ、知ってますか、あの繭に火をつけるとぼうっと燃え上がって面白いそうなんですよ、やって見ませんか、オレ、クソホームレスの女が繭になっている場所を知ってるんです」ピータースは「やめろう、オマエ、そんな話は」と言ったがその顔は笑っている。

 さて、眠って繭に包まれたリラ。彼女はパトカーの中で目覚める。周囲は奇妙なことに数百年が経過したかのようである。自宅もぼろぼろ。道路もひび割れていて草に覆われている。現世で眠りについた女性たちがそこで暮らしている。彼女たちはいろいろいぶかしみながらもそこでコミュニティを作り上げていく。もちろん、何事もなかったわけではない。現世で女囚であった女が同じく女囚の恋人であった女を殺害する事件も起こる。彼女は恋人が「職業学校で習った電気の知識を生かして電力・配線を復活させて」コミュニティの人々に賞賛されたのを嫉妬したのである。

 それなりに生活を楽しむ女たち。しかし奇妙で不安をあおる事件が発生。あのオールド・エッシ―を始めとして数人の女性が消えてしまったのである。リラは現世で彼女たちの繭が燃やされてしまったのではないかと思う。

 はい、その通りです。エリックとピータースがオールドエッシ―の繭を燃やしてしまったのです。繭はぼうっと燃え上がってその炎から蛾の群れが飛び出してくる。驚いた二人であったけれどもその体験を大いに楽しんだ。「エリック、いいか、このことは秘密だからな、誰にも言うんじゃないぞ」そういうピータースの顔は笑っている。

 さて、眠りの国の女性たちは探検隊を編成し送り出す。他の地域で蘇った女性たちがいないか探すためである。しかし戻ってきたのは一人だけだった。探検隊は男性の刑務所(炭坑会社の採掘で環境汚染が発生、その土地の借り手がなく、結局刑務所が建設された)を発見し調べに入ったのである。外にいたその女性は「中に人がいる、女よ」という無線連絡を受けたのだがその直後、刑務所が崩落してしまったのだ。リラはティファニーと共に馬を使ってその刑務所を調べに行く。

 クリントはジャードに繭になったママ、ミス・ロンサム、モリーを連れて近くの空き家(住宅街のモデルハウス 家具付き)に隠れるように指示する。他の地域では繭化した女性を燃やすという過激派の活動が続いていたのを危惧したのである。一方、テリーはリラとジャードの行方を捜すように部下たちに命令。

 マリーと一緒に空き家に隠れていたジャードは保安官助手たちが近くの家を調べているのを見て屋根裏にママ、ロンサム、モリーの繭を苦労して隠す。幸い見つけられることはなかったがついにマリーが眠り込み繭化してしまった。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に塩しゃけ、野菜の味噌汁、ゴハン半合。450キロカロリー。昼飯は久々の冷麺+大人のふりかけ、茹でホウレンソウ 400キロカロリー。夕食は豚汁でビール500ml缶一本飲む。仕上げにこの豚汁に中華麺を入れて味噌ラーメンとしゃれ込もうと思っていたのだが、この後ウィスキー水割りに移行したら酔っぱらって食べるのを忘れてしまった(笑)。300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,250キロカロリーなり。

 その後はだらだらとテレビ。午後9時過ぎにシャワーを浴びて飲み直して午前1時過ぎに就寝する。

 10月30日(月) 如水専用車両
 軍師駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 読了72パーセント。インターネットのフェイクニュースが世界を席巻している。それは眠った女性が包まれる繭についてのもの。この繭がオーロラ眠り病の病原体を放出しているというのだ。すぐに専門家によって否定されるがデマの感染力はオーロラ眠り病のそれを上回っていた。過激な団体がこの説を信じ込みあちこちで女性の繭が燃やされる。

 ガースとミシェルのラリパッパコンビはトラウマンのトレーラーハウスを訪れる。トラウマンがヤクをどこかに隠しているのではないかと思ったため。トレーラーハウスに入り込み家探しをするガース。ミシェルはその間、あの狐に導かれて空地へ赴く。彼女はあの巨木、虎、蛇、クジャクを見る。彼女はいったんトレーラーハウスへ戻りガースを連れて再び空地へ行ってみるが巨木や虎たちは消えていた。ガースは「え、いやたしかに木があるよ、でもアレ、フツーのニレの木じゃん」

 あ、ガースは見事屋根裏からヤクの包みを見つけております。

 ダイナーでシルバー判事を交えて相談している保安官たち。いまやプレッシャーで酒に逃げ込んだテリーに代わってフランクがリーダー格となっている。彼らの意見は「刑務所を襲撃してイブ、あの怪しい女を連れ出すのだ」に集約されつつあった。とりあえずクリントを説得してイブを連れ出そう、クリントが応じなければ武力行使もいたしかたなしということになったのである。フランクは「よし、刑務所を監視しよう。誰か行ってくれるか」はい、はい、はいと手を挙げたのがピータース。彼はエリックを連れて刑務所近くの道路で見張りの任に就く。

 ミシェルとガースは刑務所を訪れる。彼らはクリントの計らいによってイブと面会。イブはミシェルが流産したこと、ガースに水頭症の娘がいることを言い当てて彼らを驚愕させる。イブはミシェルを手招き。ぶちゅーっとキス。彼女の息がミシェルに流れ込んだ。すると疲れ切ったミシェルの体がみるみる内に回復したではないか。「これであなたはあと3日は大丈夫よ」艶然と微笑むイブ。

 イブは言う。「男たちがやってくる。彼らは武器を使ってあなたたちを殺し私を連れ出す。そして私がオーロラ眠り病を止めることができないとわかれば私も殺す。刑務所に残った女たちも皆殺しよ」クリントは驚いた。ここに収監されて以来初めてイブが怒りの感情を見せたからだ。「でも、簡単にいくと思ったら大間違いよ」

 保安官事務所が保有している武器は刑務所のそれをはるかに上回っていた。拳銃はもとより人数分のアサルトライフル、防弾チョッキ、そしてグレネードランチャーまで。まあ、このグレネードランチャーは催涙ガス弾用で手榴弾をぶちこむ訳ではないですが(笑)。

 イブは「ごめん、今、あんたたちの相手をしている暇がないわ」 彼女は何事かに集中する。その頃、シルバー判事は他の街へ助けを呼びに行こうとしていた。元FBI捜査官にネゴシエーターになって貰おうと考えていたのである。彼は車を走らせる。雪が降っていた。フロントガラスが曇り始める。シルバー判事はデフロスターを作動させた。すると吹き出し口から無数の蛾が飛び出してきたではないか。シルバー判事はショックで心臓発作を起こしそのまま死亡。車はガードレールを突き破って川へ転落する。イブは外部からの助けを嫌ったのである。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)とカフェラテ。700キロカロリー。昼飯はウェストでイカ天丼とざるそばのセット。ざるそばはもちろん 二玉だい!外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食は大根の煮た奴一切れに豆腐半丁、ケチャッピーを使ったピザトースト、300キロカロリー。後は香味ペーストを使った醤油ラーメン(香味ペーストに牡蠣醤油を加えたスープで市販の中華麺をゆでた)。300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,300キロカロリーなり。

 その後音楽を聞きながら「スリーピングビューティズ」に没頭したのである。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動してブルーレイの『サンダ対ガイラ』 相変わらず黒が浮いているけど(笑)、画質そのものは大変よろしい。ちょっとの画質調整で見違えるほど良くなる。

 就寝午前1時過ぎ。

 10月31日(火) 月のワーグナー
 クマ駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」読了85パーセント。リラはティファニーを残し刑務所の残骸の中を調べ始める。一人の遺体を見つけたが彼らの無線にあった女の姿はどこにもない。とぼとぼと帰るリラとティファニー。マリーがやってくる。リラは彼女からジャードの話を聞いて今でも残っているモデルハウスの屋根裏を調べてみる。もちろん、ジャードの気配は感じられなかった。リラは夢を見る。あのキツネから話しかけられる夢である。はっと起きたリラ。ドアを開けてみるとそのキツネがちょこなんと座っていた。キツネは彼女についてこいと言っているようである。予感を覚えたリラはニュープレイス(彼女たちはこの不思議なコミュニティをこう呼んだ)の女性を引き連れてキツネの後を追った。

 そしてあの巨木にたどり着いた女性たち。虎、クジャク、蛇の姿に言い知れぬ畏怖を覚えて立ち尽くす。リラは「あれはポータルよ、たぶん私たちの世界に通じているんだわ」これを聞いて不安を募らせたのがナナの母、エライン。彼女はナナが父親を思って泣くのを快く思っていなかったのだ。

 この時、臨月だったティファニーが産気づく。彼女たちはダイナーに運び込み無事に出産させようとするのだが、あいにく胎児は逆子だった。駆けつけてきた女性医師がマッサージで体位を改善しなんとか出産に成功。しかし、ティファニーは胎盤停留による大出血で死亡してしまった。男の子の赤ん坊はアンドリューと名づけられる。悲しみにくれるニュープレイスの女性たち。気落ちしていたリラの前についにリニーが出現。再会を喜び合う二人。しかし直後、リニーは消えてしまう。いったい向こうの世界で何が起こっているのか。

 またエラインは秘密の計画を立てている。彼女はあの巨木を燃やそうとしていたのだ。あんな馬鹿な男たちがのさばる世界へは戻りたくない。ナナだっていつか分かってくれるはずだ。彼女は自動車修理工場へ潜入しガソリンを入手する。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。450キロカロリー。昼飯は冷麺+ふりかけ。400キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウと香味ペーストと牡蠣醤油で作ったラーメン。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、音楽を聞きながら「スリーピングビューティズ」に没頭したのである。午後9時すぎにシャワーを浴びてなおも読み、結局キンドルを置いたのは午前12時過ぎとなった。それから入眠剤を服用し午前2時過ぎに就寝する。

 11月1日(水) コント五重塔
 欽ちゃん駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」  クリントはある計画をガースとミシェルに伝える。彼らは車で刑務所を出発。バリー・ホールデンの自宅へ。ホールデンは4人の娘が繭化しており、ひどく落ち込んでいた。ガースたちはその彼を「刑務所にいる謎の女が助けになるかも知れないぞ」と誘い込む。3人はホールデンの巨大なキャンピングカーに繭化した娘たちを押し込んで出発。まずモデルハウスへ行ってジャードを保護。彼は繭化したママ、ミス・ランサム、モリー、マリーを残していくのをひどく嫌がったのだが何しろ時間がなかったものですから。

 彼らはそのまま保安官事務所へ。睡眠不足でふらふらになっているリニーに「テリーから武器弾薬を持ってこいと命令された」といい、大量の銃や弾丸などを持ち出してしまう。この時、彼らはウィリー老人と合流。彼は若い頃、密造酒販売などに手を染めていたが、その後消防士などとして働きリラと奇妙な信頼関係を結ぶようになっていた人物である。

 刑務所へ向かう一行。しかし保安官たちの検問があった。ホールデンは車から降りて保安官たちの注意をひきつける。その隙にハンドルを握ったウィリー。むりやりパトカーを押しのけて突破に成功。保安官たちは銃を発射。一発が車体に命中。ホールデンは次の発砲を止めようと保安官に飛びかかる。

 弾丸はホールデンの長女ゲルダの繭を貫いた。胸に大穴を開けられたのにも関わらず暴れ出すゲルダ。ガースとゲルダは後部のドアから投げ出される。ガースは死亡。一人の保安官は鼻を潰されたと激怒しホールデンを銃の台尻でがんがん殴る。おいおい。これでホールデンも死亡。しかし、その保安官の手を掴んだのは死んだと思われていたゲルダであった。彼女に喉を絞められ死亡する保安官。もう一人がゲルダを射殺するが間に合わなかった。

 このニュースを聞いたテリーは激怒。「クリントのクソ野郎め、もう許さん」

 続く。

 本日は休み。午前8時過ぎに起きてトースト二枚にマヨネーズで和えたシーチキン、茹でホウレンソウ、チャーシューを挟んだサンドウィッチ、ノンカロリーコーラで朝食。その後、プロジェクターを起動させUHDブルーレイの『ローガン』を見始めたのだがどうにも眠くなってきてたまらず30分ほどで視聴中止。事務所へ出てゴミだしなどの仕事をすることにした。

 その後外出し、お買いもの。普段はいかない郊外の大型スーパーマーケットに行って食材を物色するとあった、あったありました、598円で物凄く美味そうな刺身の盛り合わせが!まぐろ、ハマチ、鯖、秋刀魚、どれもこれもぴっかぴか。

 飛んで帰ってビール500ml一本をお供に食べたらそりゃあ思った通りのバカウマでしたよ。そして仕上げに自家製醤油ラーメン。

 その後亀の世話(イシガメケージのフィルター掃除等)や昼寝。

 夕食はチャーシューエッグ、豆腐とねぎの味噌汁。ゴハン半合。その後プロジェクターを起動させてUHDブルーレイ『ローガン』を最後まで。終了後はまた「スリーピングビューティズ」

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいたいろんな番組。ギャル曽根が江原なんとかに離婚がどうのこういう番組があったのでためらうことなく早送りの刑に処する。つーか、いまだにそんなことやってんの?

 へろへろ酔って午前1時過ぎに就寝する。

 11月2日(木) カウパー千年紀
 我慢汁駄洒落。とんかつ屋近くの「有限会社フリーメーソン」が無くなっていた。跡地にはオフィス付住居(?)が建築中。陰謀の夢破れての撤退か、さらなる飛躍を期しての建て替えか、続報を待て!

 スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 保安官事務所には有志の皆さんも集合。ブルドーザー部隊も編制された。これで刑務所のフェンスをぶち破って突入するぞ。さらにテリーは昔鉱山でちょっとやらかしたことのある爆発物の専門家クロンスキーをスカウト。彼にC4爆弾を扱わせて刑務所を吹っ飛ばすぞ。その報酬は街のバーの生涯無料権。テリーは考える。この酷いアル中ならその生涯も長くはないだろうさ。

 さて、このオーロラ眠り病の騒動の裏ではこれまたとんでもない事件が発生していた。リラたちが逮捕されて裁判を待つばかりであったあの麻薬兄弟が混乱に乗じて脱走していたのである。繭に包まれた裁判官を見て驚いた看守が繭をやぶっちゃった、当然目を覚ました裁判官がうおおぎゃおぶちぶちぶちゅーとなってしまったのだ。

 兄弟は車を奪い山中の小屋へ隠れる。そこで彼らはさらなる犯罪を計画。保安官事務所を襲って証拠物件を燃やしちゃえ、次は刑務所に押し入って彼らの裁判で証言する予定の裏切り者、キティをぶち殺すのだ。さあ、出発するぞ。

 この時偶然にも出発する彼らの姿を見ていた女性がいた。刑務所の看守 ヴァネッサ・ランプレイである。彼女は夫が眠ってしまった隙を見計らいバイクでこの山へ来た。彼女は同僚を救うためとはいえ、リー(だったかな)を射殺した自分をどうしても許すことができなかった。良心の呵責に耐えかねた彼女はライフルで自殺しようとしていたのである。

 彼女は自殺を中断、彼らを追跡する。兄弟はあのフランクにぼっこぼこにされた犬・奥さん虐待男のフリッツ・メシャムの家へ。銃器マニアでなおかついつか国と対決することになるという思想に取り付かれていたメシャムは自宅の床下に大量の銃器・弾薬を隠していたのである。兄弟はメシャムの腕をねじりあげてむりやり武器を手に入れる。その中にはなんとバズーカ砲まであったという・・・。

 兄弟は保安官事務所向かいのビルに忍び込む。彼らは途中で自転車に乗っていたケント(あのクズ3人組の最後の一人)を捕まえてさんざんに脅かして「いいか、刑務所を封鎖している保安官たちに言うんだ。これはクリントの仲間がやったことですってな」それから兄弟は保安官事務所にバズーカ砲弾を2発ぶちこんだ。この時、事務所の中で繭になっていたリニーが丸焼けとなって死亡。

 ヴァネッサはバイクの燃料切れで兄弟を見失っていた。そして遠くから聞こえてきた爆発音。ヴァネッサは歯噛みをしてくやしがる。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に卵かけゴハンと茹でホウレンソウ、豆腐とねぎの味噌汁。400キロカロリー。昼飯はトンカツ屋でチキンカツ、ロースカツの定食。ゴハン大盛りでお代わりしたのでまあ、1,500キロカロリーは行っちゃったね(笑)。夕食は突然食べたくなったピザトースト。ケチャッピーを薄く塗った食パンにシーチキン、とろけるチーズをのせたもの。1枚食べたらあまりにも美味しかったのでもう1枚食ってしまう。500キロカロリー。仕上げにマルタイ棒ラーメン九州味。チャーシューをのせたので350キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,750キロカロリー。うわあ、食ったなあ。

 その後米国盤UHDブルーレイ 『猿の惑星 聖戦記』を見る。いやあ、待ちに待ったミュータントたちの登場だ。彼らがゴムマスクを取った後のグロテスクな姿は現在のCG技術によりリアリティが格段に向上、その生々しさは観客の嫌悪感を誘うこと疑いなしである。

 そしてオリジナルの『続猿の惑星』ではミューテーションの原因は放射能であったが、今作ではこれが猿インフルエンザによるものに変えられている。このスマートな改変により人間社会の愚かしさというオリジナルが提示していたテーマを損なうことなく現代性を持たせることに成功しているのだ。

 そして話の作り方も上手い。猿たちを使役して敵の襲来に備えて崩落した山の中にあるミサイルサイトからコバルト爆弾ミサイルを掘り出そうとするミュータント軍団とその圧倒的なリーダーである大佐。大佐が超能力を使ってシーザーとロケットを戦わせる場面などオリジナル以上に興奮させられる。

 (えー、言うまでもないことだと思いますが、このレビューは頭から尻尾まで後ろから前からぜーんぶ出鱈目なので本気にしてはいけません)

 UHDブルーレイの画質は超絶的。DIファイル 2Kからのアップコンバートが信じられないほどの高精細画像である。森の中を進むシーザー御一行様を俯瞰した場面など木の葉が1枚1枚確認できるだけではなく重層的な立体感さえ感じられるのである。発色、コントラストはいわずもがな。一場面だけトーンジャンプめいた挙動が見られたのだが、それ以外は文句のつけようがないスーパー高画質である。これがUHDの力なのだ!

 音声はハイビットのドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。音場が広く上方向の情報量が多い実に立体的なサラウンドだ。

 終了後シャワーを浴びて「スリーピングビューティズ」に耽溺。この調子だと今週中に読み終わってしまうだろう。午前12時過ぎに入眠剤を服用し午前2時過ぎに就寝。

 11月9日(金) 『CICの黄色いハンカチ』
 護衛艦駄洒落。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 読了94パーセント。ジャネットはもうふらふらである。彼女は幻影として現れた夫、彼女がドライバーを太ももにぶちこんで殺した夫と会話したりしている。イブはジャネットに「あっちの世界で両方の世界を行き来できるポータルに危険が迫っている。眠りなさい、そして破滅的な行動を取ろうとしている女を止めるのです。キツネがあなたを導いてくれます」ジャネットはついに眠りに入る。イブはエンジェルにも命令。「二人の女囚の繭を破りなさい。そして私を守りなさい」 エンジェルの方はイブに例の息を吹き込まれて元気溌剌。「じゃ、行ってきまーす」

 未明、保安官たちの刑務所攻撃が開始される。ブルドーザー三台で刑務所のフェンスを突破。建物に迫る保安官軍団。高所に陣取ったウィリーは巧みな射撃で二人に重傷を負わせる。窓を鉄板で覆いさらにブレードを弾除けのために持ち上げていたブルドーザーは前方視界が十分に取れない。負傷して倒れ込んだ男に気付かずそのままぐしゃぐしゃぶちゅー。しかし保安官側も負けてはおらぬ。保険会社経営のバリーはまた優秀なハンターでもあった。彼は辛抱強く射撃のチャンスを待ち最高のタイミングで発砲。看守の一人を射殺する。また正面入り口のスリットにダイナマイトが放り込まれ看守の一人がばらばらに。

 とその時バズーカの弾が飛来。近くの丘の上に陣取った麻薬兄弟がついに発砲したのだ。弾は建物に命中してどかーん。なんだなんだ、うろたえ騒ぐ双方の男たち。フランクはクロンスキーを連れて建物の正面ドアから突入を図る。クロンスキーはC4プラスチック爆弾に携帯を埋め込み、即席の遠隔信管にしている。彼はアプリを使って三分の起爆時間を設定。起動させる。さすが専門家である。しかし再びバズーカがさく裂。砲弾は一度駐車場に落下したのだがバウンドしてブルドーザーの一台に命中し破壊する。その破片がきーんと飛んできてクロンスキーの体を肩のあたりで切断。そして投げ出されたプラスチック爆弾の起爆時間が刻々と迫っていた。フランクはなんとか脱出。爆弾がさく裂する。看守の一人がまたもばらばらに。

 バリーはドン・ピータースともう一人を連れて体育館からの侵入を図っている。ピータースはあろうことか突然現れたエリックを誤射。殺してしまう。バリーは呆れるが彼の案内がなければ刑務所の内部が良く分からない。さらに彼らを待っていたのはエンジェルによって繭をやぶられゾンビ化した二人の女囚であった。一人の男(名前忘れたんだよ)は喉をぶちゅーと潰され目をぐしゃっとつぶされ絶命。ドン・ピータースも捕まるがバリーは冷静に二人を射殺する。

 やれ助かったと思って進み始めたドン。催涙弾と爆発の煙の中からにゅっと現れた2本の腕に医療室へ引きずり込まれてしまう。エンジェルは医療室のカギを絞めてゆっくりとドン・ピータースを嬲り殺す。最初はドンがかぶっていたヘルメットで顔を滅多打ち。次に工作室から持ち出したのみでぐしゃぶちゃぶしゅーっと滅多刺し。ピータースはついにその悪行の報いを受けたのだ。

 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。450キロカロリー。昼飯は大量の大根おろしを使った釜揚げうどん。300キロカロリー。夕食は大根の煮た奴(硬くてごりごりでマズかったけど調理したものはいやでも食わねばならぬ)とマルちゃん正麺冷やし中華。トッピングはチャーシュー二枚とトマト1個、キュウリ半分。キュウリの残り半分はゴマとマヨネーズ、牡蠣醤油を掛けて食べる。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、米国盤UHDブルーレイの『スパイダーマン ホームカミング』を見たのだが、いや、僕はもうこの手の映画に飽きた。『アヴェンジャーズ』やら「マーベルなんとかユニバース」とかもういい。同じような映画を延々と見せられてもう僕の我慢も限界だ。

 ゴージャスな幼稚さが受けるのは分かる。分かるけれども、あまりにもワンパターンでどうしてもメタ的な鑑賞の仕方を強いられてしまう。おおまかなストーリーが予想できてしまうのである。このどこにももっていきようのない空しさはドラクエをプレイしていてネットの情報に頼りすぎ自分で謎を探ると言う楽しみを自ら放擲した過ちを思い出させるのだ。

 かてて加えてピーターのキャラがうざい(笑)。大きな力を偶然に得た子供がはしゃぎまわって大失敗、しかしそれを乗り越えて成長していくストーリーの流れ上、このキャラクター設計は致し方ないのだが、それにしたって限度があるというものである。人々はもうジャージャー・ビンクスの悲劇を忘れてしまったのであろうか。

 唯一、気が利いていたのは「キャプテン・アメリカ」の説教ビデオ。映画の最後の最後に出てきて「人間なんといっても我慢が大切だよ」というのに思わず大笑い。皮肉が効いてますなあ。

 この『スパイダーマン』もシリーズになるようで、なんだなあ、またUHDブルーレイ買わなきゃならんのか(ひょっとしてオマエ楽しみなのか?)

 ハイビジョン画質は昨日の『猿の惑星 聖戦記』とはまた違った傾向の高画質。あまり解像度を欲張っていないのだが、明確な発色が魅力的。HDRは街の夜景で威力を発揮。あのステルス輸送機が雲海の中でちゃんと立体感を保っている。

 音声はドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。『聖戦記』以上の広大な音場に驚愕。スピーカーの外にまで音が広がっていく。低音も良くコントロールされており、そのスピード感が素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びて「スリーピングビューティズ」に没頭したのである。午前12時過ぎに入眠剤を服用し午前1時半過ぎに就寝。

 11月4日(土) 『テイクアウトの城ラピュタ』
 宮崎アニメってそこまでしてありがたがらなきゃいけないものかねえと最近つくづく思うのである。いや、作品そのものをけなすつもりはないけどさ。『ラピュタ』も『宅急便』も『豚』も『カリ城』も大好きだけどさ(すみません、『ナウシカ』にはピンとこなかったのです)。

 スティーヴン・キング 『スリーピングビューティズ』 読了97パーセント。バイクにガソリンを補給したヴァネッサはメシャムの自宅に行く。彼の腕をねじりあげて麻薬兄弟に武器を奪われたことを白状させたのである。メシャムはテーブルの下に張り付けておいた拳銃で不意打ち。ヴァネッサの尻に銃弾が命中する。怒ったヴァネッサ、拳銃を奪いさあ、あいつらがどこに行ったのか教えなさい、教えないとぎったんたんのずったんたんにするよ!メシャムはしぶしぶ盗難対策のためにバズーカ砲へGPS探知装置をつけていたことを教えるのであった。ヴァネッサはGPSを使って麻薬兄弟の居場所を特定する。

 麻薬兄弟はバズーカの威力に大はしゃぎ。その背後から忍び寄ったヴァネッサ、最後の力を振り絞って二人を射殺する。そして眠りにつくヴァネッサ。

 さて、あちらの方ではジャネットが目覚めていた。彼女はイブに言われた通り、キツネの導きに従って巨木へ赴く。そこにはガソリン缶を抱えたエラインがいた。すでに二缶のガソリンを撒いていた彼女は拳銃をジャネットに突きつけ「私の娘を男がのさばる世界に戻すわけにはいかない。邪魔しないで」ジャネットは言い返す。「私には幼い息子がいる。彼には私が必要なのよ」もみあう二人。ジャネットはエラインの拳銃を奪うことに成功するが、間一髪で点火されたライターの炎がガソリンに引火。しかし、その絶対的な危機を救ったのはあの白い虎であった。彼は巨木へと延びていく炎を前足で叩いて消し止めたのである。

 しかし、悲劇が起こった。エラインから奪った拳銃を持っていたジャネットをリラが撃ってしまったのである。彼女は1台のゴルフカートが許可なしに使われていること、カートで巨木の方角へ向かうエラインの姿が目撃されたこと、を知らされコーテスと共に追いかけてきたのだ。ジャネットは息子の名前を呼びながら息絶える。

 刑務所では激戦が終わりに近づいていた。衆寡敵せず、ついにフランクたちは刑務所へ侵入しイブと対面することになる。イブを守るのはクリント、ミシェル、ジャード、ウィリー、エンジェルのみ(だったっけ?)イブはフランクを挑発する。「ほほほほ、私を殺しなさい、殺せば女たちが帰ってくるわよ、ほほほほ」フランク、保安官事務所、街の有志のみなさんは一斉に銃を構えた。

 続く(もうすぐ終わりますからね)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にかけうどん。冷凍うどんを電子レンジで解凍しかつおぶしぱらぱら、味の素ぱらぱら、クバラのあご出汁麺つゆをちゃばちゃば、熱湯をどばーっ。博多万能ねぎの刻み、一味唐辛子を散らして頂きます。300キロカロリー。

 昼飯は大根の煮た奴一切れとケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。550キロカロリー。夕食はまた大根の煮た奴一切れとキュウリ一本、チャーシューエッグ。ハムの代わりにチャーシューを使っただけ(笑)。後はゴハン半合と豆腐の味噌汁。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、米国盤UHDブルーレイの『スターシップトゥルーパーズ』を見る。もう一つお笑いポイントを見つけた。バグのぎざぎざのぶっとい足で胸を貫かれたディジー。リコ、何のためらいもなくそのぶっとい足をえいやと引き抜いてしまう。フツー、こういう場合、抜いたらダメだ、出血がひどくなるとかそういう葛藤がありそうなものだけど、リコはそういう難しいことは一切考えないのだ(笑)。

 UHDブルーレイの映像は『聖戦記』の正統的な高画質、『スパイダーマン』のエンターテイメントなノリノリの高画質に比べるとざっらざら。HDRによるダイナミックレンジもギンギラギンのギン。下品極まりない。  でもいいの、なんてったって『スターシップトゥルーパーズ』なんだから。

 ブレインバグのオ××コがついた顔面のぬちょぬちょさ加減、宇宙戦艦の巨大感などはさすがにブルーレイとは隔絶していますです、はい。

 音声はドルビーアトモス。例によって例のごとく対応していない私のシステムでドルビートゥルーHDとして再生。このリミックスは文句なしの出来。バグのキシャ―という鳴き声の耳障りなこと、ロジャーヤングの頭上を通り抜けていくバグプラズマの移動感も実に安定している。下品に鳴り響く重低音もたまらん、たまらん。

 終了後シャワーを浴びて「スリーピングビューティズ」を読む。午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前2時過ぎに就寝。
 
 11月5日(日) 『天かすの城ラピュタ』
 これは苦しい(笑)。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」ようやく読了。発売(キンドルへのダウンロード)がアメリカ時間の9月26日だったから約40日掛かったか。実本では700ページオーヴァーの本なのだが、キングを読みつけていると「ははあ、ちょっと長めですな」くらいにしか感じられない。これが「すげえ長い」に変わるためには最低1,000ページ以上ないと(笑)。

 書き忘れていたが保安官代理のテリーは急変する状況のストレスに耐えきれず酒に逃げ、さらにガレージの中で排気ガスを使って自殺してしまった。

 刑務所でイブと対峙したフランクと皆さん。彼女を射殺しようとする。それを必死に止めるクリント。「待て、これは彼女が俺たちを試しているのだ、うっかり彼女を殺してしまうと女たちは永遠に帰ってこなくなるぞ」ためらうフランク。彼はついにイブを射殺せず、彼女の言うあの場所へ行ってみようということになる。

 車に分乗してみなさんが向かったのはもちろんあの巨木。みんなは仰天する。さらに白い虎、赤い蛇(レッドスネークカモン!)、そしてクジャクを見てもう1回仰天だ。イブは巨木を指さし「あれがポータルよ、彼女たちがいる世界と行き来できるの」イブはミシェルを連れて巨木のうろに入る。そして向こうの世界へ。

 女たちも巨木から出てきたイブとミシェルに男たちに負けず劣らず仰天している。ジャニス(コーテス)とミシェルは感動の対面。そして女たちは向こうへ帰るかどうか議論を始めた。イブによれば向こうの世界へ戻るためには全員の賛同が必要だと言う。一人でも反対すればそれはかなわない。彼女たちが戻れば全世界の女たちが戻ってくる。さんざん話し合った末にやっぱり戻ることが決定。女たちは巨木のうろに次々と入っていく。

 最後に残ったのはリラであった。彼女は勘違いしたとはいえ結果的にジャネットを射殺した自分を未だに許せていない。彼女は巨木の傍に彼女の墓をつくり最後の別れを告げる。そして彼女も巨木のうろへ向かった。

 全世界で繭化した女性たちが目覚めた。「大いなる覚醒の日」が始まったのだ。

 続く(あと一回で終わりです)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に雑炊。350キロカロリー。昼飯は大根の煮た奴とキュウリ、トマトをトッピングしたラ王冷やし中華。ああ、この冷やし中華もあと三食で無くなってしまう!500キロカロリー。夕食はトマト、チーズを使ったピザトーストを二枚。600キロカロリー。これでビール500ml缶一本飲む。そして仕上げにゴハン。ふりかけ、煮た大根を使って作った味噌汁でゴハンを半合。300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後はWOWOWで録画しておいた「WAHAHA本舗 全体公演4(だったかな)」のっけからすずまさによるコンドームのふくらまし方指南。このコンドームは入場の際に観客の一人一人に配られていたもの。やっぱり昔のWAHAHAは良かった。なんであんな風になっちまったんだ?

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は昔の「大食い選手権 史上最弱チャンピオン 杉山」(1998年04月16日, TVチャンピオン「全国大食い選手権〜春てんこ盛り湘南・伊豆大食い死闘編」)の回。この大会で予選でトップだったのはいい年こいてまあお顔もそんなでもないのに未だに芸能学校通ってレッスンを受けているという人であった。しかし、この人は第1回戦の肉まん大食いであえなく敗退したしまった。ついでに言えばこの大会で優勝した杉山氏も次の大会で同じく1回戦負け(だから史上最弱のチャンピオンと呼ばれる)。

 今の大食い大会が偉いのはこの芸能学校通ってた人と同じくらい「変な人」を未だにオミットせずちゃんとキャラクターとして出してくることだよなあ、え、誉めてないって?

 午前1時過ぎに就寝。

 11月6日(月) 「グーグルの呼び声」
 クトゥルー神話駄洒落。あまりに苦しくて「おまえ、ふざけんな」とインスマスの魚人間たちに拉致されそうだ。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」 刑務所の惨劇の本当の理由は隠されることになった。押し寄せた暴徒(女たちを燃やしてしまえ団)とクリントたちが勇敢に戦ったということにされた。

 クリントは目覚めた女囚たちが移された刑務所で働いている。リラとの仲はぎくしゃくしている。二人ともあまりにつらい体験をしてしまったために、そのトラウマがフツーの夫婦生活に戻ることを躊躇わせたのである。リラはティファニーの息子アンドリューを引き取る。女たちは育児所を開設する。この事件で両親や家族を失った子供たちの面倒を見るためである。この施設はティファニー・ケアセンターと命名された。

 ジャードはなんともやるせない気分である。マリーは目覚めてしばらくすると別の男の子と付き合うようになったからである。両親もいずれ離婚するかもしれない。

 アイダホ(だったかな)に叔母と住んでいるジャネットの息子(ああ、名前が思い出せん)に小切手が届くようになった。少額ではあったが、途切れることはなかった。差出人はエライン。彼女はせめてもの罪滅ぼしをと考えたのである。この手紙にナナがちょっとしたイラストを描いた。これがきっかけで息子との文通が始まる。フランクは「ひょっとしたらオレはすぐにおじいちゃんになるかも」とまんざらでもない顔で偶然出会ったクリントに話す。

 エンジェルは「大いなる目覚めの日」の混乱に紛れて姿を消す。彼女はヒッチハイクで旅を続けていた。以前の彼女なら拾ってくれた男性ドライバーを刺殺していたかも知れない。しかし、彼女もこの騒動を経て変わった一人であった。

 リラはアンドリューを連れてあの空地へ向かう。もちろん巨木はない。彼女はイブを捜す、イブの名前を呼ぶ、しかし、イブが再び現れることはなかった。

 終。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチ(牛カツサンド 500円もした。でもそれなりに美味しかった)と野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は豆腐半丁、大根の煮た奴二切れ、納豆。なんとヘルシーな昼飯であろう。200キロカロリー。夕食はやっぱり大根の煮た奴三切れ、キュウリ半分。後はケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリー。しかし、こんだけ食べても大根の煮た奴があと三切れ残っているんだよねえ(笑)。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『スターダスト』を見る。これがなかなかの佳作。べたなファンタジーと思わせておいて、この私が引いてしまうくらい強烈でブラックなギャグをがんがんブチ込んでくる。王位を争う6人(だったっけ)の王子。互いに殺し合って残ったのが三人。その三人も兄、魔女に殺されてあっという間に全滅。彼らの魂は王座の後継者が決まるまで成仏できないので、生前殺されたままの姿で幽霊となってただよっているという・・・。意地悪だなあ(笑)。

 また主人公たちを捕える空賊の船長、キャプテン・シェイクスピア(ロバート・デ・ニーロ) 彼は勇猛果敢残虐なる船長として有名なのだが、実は割と文化人でイギリスに思いをはせる優しい男だった。まあ、女装趣味もあるけれども(笑)。彼はその本当の姿を隠すためわざと残虐な船長を演じていたのである。名前だって文豪シェイクスピアから取ったのだけれども、イメージを守るために「シェイク(振る)スピア(槍)」だと称している。

 このように部下にもばれないよう大変に腐心しているのだが、部下たちはうすうす感づいていて、にやにやしながらそれでも船長を立てているのであった。

 こういう関係性も新鮮でしたなあ。

 ハイビジョン画質は制作年代を考えてもまあダメだなと(笑)。黒は浮きまくってノイズばりばり。音声はAAC5.1チャンネル。動きの表現は頑張っているけれども音場に厚みが感じられない。

 終了後シャワーを浴びてからいろいろダビング作業。WOWOWで放送された「艦隊これくしょん」を二層ブルーレイにムーブしたら残容量が30分となりました。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前一時過ぎに就寝。

 11月7日(火) 「夏のお地蔵さん」
 今頃になって榊原郁恵駄洒落。やあ、御嬢さん、私はまたしょうもない邦画を見てしまいましたよ。それはね、『のぞきめ』と言うんです。2010年に本格ミステリー大賞(小説部門)を受賞した三津田信三氏の原作を映画化したものだと言うのですが、私は原作は読んでいないんですけどね、すいませんね、映画の方はもうなんというか、不気味な目がばっくり開いて睨まれた犠牲者があああーんと悶えくるう場面が何度も何度も繰り返されてもう笑っちゃうんです。

 そもそもがですよ、この映画のモティーフは土着的なホラー。てっとり早くいうと、×ソ田舎のク×因習に端を発する呪いなのですね。そこに今流行の山奥の不気味な集落、地図から消された杉沢村みたいな都市伝説を絡めているのであります。

 この話の何がいけないかというと、物語に登場する人物たちに何の落ち度もないこと。最初に犠牲になる二人など道に迷っちゃったぁ、いつの間にか変な村に迷い込んでいたぁ、古いお堂の中から不気味な眼に睨まれたぁ、それ以来、そいつの視線を感じて怖い、怖い、死ぬ―なんですよ。この手の話しに不可欠なのは行ってはいけない場所に無理やり入り込んで呪われたという因果応報のメカニズムなんです。それがまったく考慮されていない。これじゃ道端のウンコをうっかり踏んづけちゃったようなもの。それで死ぬまで呪われるのだ、と言われても説得力がまるでないんですよ。

 まあ、現代の田舎の人を悪く描写するなという縛りがあるのかも知れません。クソ田舎者が出てきて都会からやってくるバカな若者たちを脅かすみたいな描写が可能なハリウッドホラーのようには行かないかも知れません。じゃあだったら最初からそんな話すんなと思ってしまうのですよ。

 ヒロインの板野友美さんの演技がまた凄かった。台詞がまるで棒読みで、「あー、一生懸命台本覚えてきたんだな」感丸出しなんです。落語家の前座さんの「子誉め」や「寿限無」みたいなものです。前座さんに真打の仕事をやらせようというんです。そんな無理が通る訳がない。

 それにあのアヒル口はなんでしょう。アレが彼女のチャームポイントの一つなのかも知れませんが、どんな怖い場面でもやっぱりアヒル口のままというのはさすがに不味いんじゃないですか。そしてそのアヒル口から発せられる変な悲鳴。本気と書いてマジと読むで吹き替えした方がいいです、ほんと。

 このヒロインの彼氏(面倒臭いので役者さんの名前は書きません、御嬢さん、あなたがご自分でお調べなさい)は作家志望なのですがこいつもいけません。劇中で「ミステリーとホラーをハイブリッドさせるんだ、これいけるんじゃない」とか真顔で言います。さらに紐でとじた原稿用紙の束をひらひらさせる・・・。唖然としましたよ(笑)。これ、2016年の作品なんですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯はゆきみ家の味噌ラーメンとミニカレーのセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食は冷製パスタ。と言えば聞こえがいいが要するにスパゲティを長めに茹でて(指定時間+2分)水でしめ大根おろし、花かつお、ごま、博多万能ねぎ刻みをぶっかけて食うのである。たまにやるとびっくりするほど美味しい。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,800キロカロリーなり。

 その後前述の『のぞきめ』を見て呆れ返ったのだ(笑)。ハイビジョン画質もまた誉められたものではなし。暗部がノイズまみれなのは慣れているけれども明るい場面でも細かな青や赤のノイズが散見される。

 音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドは音場が広く包囲感にも優れている。でも低音のワンパターンな使い方には辟易させられたけど。

 終了後シャワーを浴びてダビング作業。「艦隊コレクション 12話」の二層ブルーレイにチャンネルNECOで録画した小林旭の『高原児』をムーブしたらぴったり100パーセント。残量なし。こういうのは気持ちいいねえ、たまらないねえ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 11月8日(水) 「間違いだらけのグーグル選び」
 元ネタの「間違いだらけの車選び」の著者はなんという人だっけ。大徳寺さんだっけ、大念寺さんだっけ。検索すればすぐ分かるけれどもあえてやらないのである。

 本日は本来休みなのだが、ちょっといろいろ用事ができたのでお仕事。休みは明日回しにする。その用事の一つが両親部屋のCATVセットトップボックスの交換工事。私も今まで知らなかったのだがJCOMは今やパナソニックのブルーレイ録画・再生機能付きセットトップボックスを使っていないのですな。パイオニアのHDD付きセットトップボックスにすべて入れ替わっている。

 このパイオニアのセットトップボックスはHDD容量が2Tで録画容量が4倍、トリプルチューナーで二番組同時録画中でも他の番組が見られる等々、なかなかクールなやつなのだが(笑)、ブルーレイへのムーブは不可能。他のブルーレイレコーダーにLANダビングをする必要がある。私のAVシステムではブルーレイディーガUB-Z1が対応しているものの、いちいちLANダビングなんかやってられない。ということで私のシステムは現行通りパナソニックのセットトップボックスで行くことにする。なんかつまらなくってしかも役に立たないことを書いてすいませんです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース 600キロカロリー。昼飯は大根の煮た奴を三切れ、100キロカロリー。夕食は鶏鍋。鶏もも肉と野菜で400キロカロリー。仕上げの中華麺で300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後映画も見ずにだらだらテレヴィを眺めながら読書。戸梶圭太「悪夢」を一気読み。どうしようもない人間の群像劇ととってつけたような希望のあるラスト、実にトカジらしくって大満足。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてWOWOWで録画したWAHAHA本舗全体公演「大通夜」を最後まで。この頃のWAHAHAがどんなに凄かったかと言うとですな、梅ちゃんが「ビーナスの誕生」宜しく大きな貝の中から登場。しかし彼はオムツをはいている。梅ちゃんは貝の中でペットボトルのミネラルウォーターをがぶ飲み。そして歌っている最中にオシッコをするのである。このオシッコをした瞬間というのは最前席から10列目くらいのお客さんにしか分からないというか見えない(笑)。だからお客さんはスタンディングオベーションで他のお客さんたちに「オシッコが出ましたよ」と伝えるのである。

 公演当時、最前列に座っていた私はその瞬間がはっきり見えて、思いっきり立ち上がって思いっきり拍手したですよ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 11月9日(木) 「ゴンドールは飛んでいく」
 「指輪物語」駄洒落。昔のWAHAHAがどんなに凄かったか話第2弾。佐藤座長と中山省吾のベアーズ。新宿2丁目という森に住む極めて仲の良い2頭のクマの物語。基本的にTシャツとパンツ一丁の舞台衣装。このパンツは前にクマの顔がついた可愛らしいものであるが、紐パンなので時々男性器や陰毛、時には肛門までもがこんにちは。WOWOWでやった時は下半身にずーっとモザイクが掛かっているという(笑)。そしてこのネタの最大のハイライトは肛門への異物挿入である。これは本当に挿入する。だからなかなか上手く入らなくて佐藤座長が苦悶するという場面が見られることがある。後の「ダンス王」ではベアーズが10人となり(佐藤座長が引退するための後継者選び)やっぱりペンライトを肛門にぶすーっ。やっぱり昔のWAHAHAはむちゃくちゃだあ(笑)。

 なお、中山省吾の体型・はある種の人々にとって「ベアー型」と呼ばれたいへんに人気がある。いつだったかポカスカジャンのライブに行った時、明らかにベアー型のお客さんが数人いらっしゃってああ、あの話は本当だったのかと驚いたものである。

 本日は休み。食ったもの、朝飯に和風おろしスパ。400キロカロリー。昼飯は抜き。夜はなんだか食欲がなくコンビニの冷凍ピザで済ませてしまう。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,000キロカロリーなり。

 その後、またも映画を見ずにテレヴィをだらだら。午後9時過ぎにシャワーを浴びてからお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 死刑存続・廃止論議であったが、どちらの主張にもそれぞれうなずくべきところがあり、見応えのある内容になっていた。珍しい(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 11月10日(金) サザエの呟き
 これはサザエのつぼ焼きの駄洒落です。決して「サザエさん」の「さーて、来週のサザエさんは?」から始まる次週の予告ではありませんので勘違いしないように。

 私は豚骨ラーメンを食べると下痢をしてしまう悲しい体質の持ち主。中でも某一蘭のラーメンは破壊的。下剤並みの効き目・即効性がある。ここのラーメンを食べる時はトイレにすぐ駆け込めるトイレ即応体制を取っておかないと本気と書いてマジと読むで怖い(笑)。

 (トイレ即応体制 基本的には車で食べに行く。そして食べたらまっすぐ帰る。あるいは近くのスーパーのトイレを借りる等々。なおJアラートは発令されないので注意すること)

 こんな体質でも豚骨ラーメンを食べてしまうのはやっぱり好きだから。だから豚骨ラーメンの悪口を言われると腹が立つ。「臭い」とか当たり前だろ!と思う。豚骨ラーメンは臭いから豚骨ラーメンなんだよ。某一幸舎の店舗周辺とか豚骨スープの仕込みでびっくりするくらい匂いがするぞ。他の地方なら間違いなく「異臭騒ぎ」となって陸上自衛隊の中央特殊武器防護隊が出動するぞ(ウソ)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガー(フィッシュバーガー タルタルソースが妙に美味しい)と野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯はホウレンソウをバタマヨしょうゆで炒めたもの。100キロカロリー。

 夕食は珍しく近くの焼肉屋。母・弟の三人で。しかしなんですな、特選カルビなど食べたら一発でやられますな。もう私の体は高級なお肉を受け付けなくなってきているのですな。スーパーで売っている米国産アンガス牛のステーキで十分ですよ、分かってくださいよ。

 ビールやハイボールを呑んで良い気分。新事業計画について話をしていたらどんどん夢が広がっていってこれまた良い気分。毎日こうだとこりゃ泣けてくるてなもんです。

 帰宅後、ちょっと飲み直していたら腹が空いてきてスパゲティ一把、バタマヨしょうゆや花かつおやねぎや麺つゆを掛けたりして啜りこんでしまいました。どうもすみません。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて久しぶりにブルーレイ「ウルトラQ 2020年の挑戦」を見る。たまに見るとその画質の良さにびっくり。この画質を手に入れるためにわたしゃ、DVDの頃からこのエピソードの再生に腐心してきたんだよ。

 就寝午前一時過ぎ。

 11月11日(土) 「間違いだらけの廓選び」
 違法客引き駄洒落。9人が殺されたという座間事件。日本版ジェフリー・ダーマーだとか言う奴は人間のクズなので相手にしないように。分かりましたね。また、<神奈川県座間市の事件で、被害者と確認された群馬県***町の高校*年、****さん(**)の自宅には、「報道関係者の皆様へ」と書かれた張り紙があった。

張り紙には、遺族、親族が深い悲しみに包まれていることや、気持ちの整理がつくまでは一切の取材を受け付けない旨などが示されていた。 >

 という遺族の願いを踏みにじって張り紙の画像を載せてしまったり、身元が特定された被害者の関係者を取材して小学校の卒業文集まで出してしまうマスコミもまた人間のクズなので相手にしないように。分かりましたね。

 和風バタマヨ醤油スパゲティ。まずスパゲティをフツーに茹でます。茹でたらお湯を切って皿に盛り、かつおぶし、博多万能ねぎ刻み、細かく切った焼き海苔をのっけます。そしてこれからが肝心、正田醤油のバタマヨ醤油を鍋で温めます。これに麺つゆを適宜加えて味を調えたらスパゲティにぶっかけます。そして一気呵成にぞるぞると啜りこむのです。

 簡単で美味しくカロリーも450キロカロリー程度。だまされたと思って一度やってみなさい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガーと野菜ジュース。550キロカロリー。昼飯は野菜たっぷりピリ辛味噌ラーメン。450キロカロリー。夕食はキュウリとピザトースト1枚。ピザトーストはもちろんケチャッピーを使ったもの。トマトの薄切りを挟んだので夢のように美味しかった(大げさ)。400キロカロリー。ビール500ml缶一本飲む。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、ウィスキー水割りに切り替えて録画の「ゴリパラ見聞録」などをツマミに飲む。明日は某福岡マラソンのヴォランティア手伝いで午前5時半起きなのでとっとと酔っぱらってとっとと寝る。

 11月12日(日) 「星に煮貝を」
 鮑駄洒落。さて、今月注文の米国盤UHDブルーレイは『ダークタワー』 言わずとしれたスティーブン・キングの大長編小説の映画化である。後はリュック・ベンソンの何だか良く分からないがとにかく凄そうなSF 『Valerian and the City of A Thousand Planets』 そして最後の1枚ははい、出ました。『キックアス』である。ヒットガールの超絶アクション、ビッグダディのキチガイっぷりをUHDブルーレイの高画質・高音質で楽しめるのだ。ははは、世間の皆様はこんな私が妬ましくて妬ましくて仕方ないのであろう、「なんであいつばっかりと」昼間からヤケ酒飲んで泥酔して布団にもぐりこんでしまう人がいるかも知れない。「ちくしょー」と庭にいた野良猫に石を投げつけたらさっと避けられて当たらず、逆にひっかかれるなんて人がいるかも知れない。ははは、ははは、はははははははははははは。

 国内盤UHDブルーレイは『カーズ クロスロード』 『君の名は』と同様にUHD BD+3D BD+2D BDの「4K UHD MovieNEX」からUHDブルーレイのみ抜きだしてヤフオクに出品されていたもの。どうせ3D、2Dのブルーレイはいらないからこういう出品は大変に有難い。

 本日は午前中福岡市民マラソン(大会名称はこれで良かったかな。調べればすぐ分かるけれども面倒くさいのでやらないんだ、うん)のお手伝い。午前5時半に起床。シャワーを浴びて身支度拵えコンビニのフィッシュバーガーとコーヒーで朝食。600キロカロリー。その後午前6時45分に某地点で集合し、車で現地へ向かう。それから約3時間、あなたの金玉はあなたの体を離れこの過酷な労働の時間の中に入っていくのです。

 午前11時過ぎ、最後のランナーが通過してからカラーコーンや進入禁止看板の片付け。それから終礼をやって帰宅する。

 昼飯は冷麺。いつものようにふりかけ、トマト半分、キュウリ半分を使ってずるずると啜りこむ。450キロカロリー。夕食はレトルトのカレー。後は昼飯のトマト、キュウリの残り。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後WOWOWで放送されたばかりの『艦これ 劇場版』を見る。やっぱり「深海棲艦は戦争で沈んだ艦娘の怨念」「沈んだ艦娘は深海棲艦になる、逆も沈んだ深海棲艦は艦娘に戻る」 という設定は前々から匂わされていたとはいえ、少々大胆すぎる気がする。何のために戦っているのかという艦娘たちの困惑はなるほど魅惑的ではあるが、物語の落としどころをどこに持っていくか、どのようにして終わらせるか、ということが極めて難しくなるのではないかと思うからだ。

 ハイビジョン画質は良好。いささかのトーンジャンプは仕方ないのだが、その前の段階で粘ってくれる。暗い場面になるとすぐにぐにゃぐにゃとはならんのだ。

 音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドが出色の出来。音場が広く定位の表現も堅実だ。BGMの品位も高く『艦これ』世界をより一層ゴージャスに見せる。しっかりと音場を支える重低音の存在も魅力的だ。

 終了後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」のダビング等々。後は「WAHAHA本舗全体公演 大ザンス」くっそ下品でくっそ面白い(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 11月13日(月) 「星にニライカナイを」
 ところでニライカナイって何?ウィキによると「沖縄県や鹿児島県奄美群島の各地に伝わる他界概念のひとつ。遥か遠い東(辰巳の方角)の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる」なんだそうです。

 スティーヴン・キングの「コロラド・キッド」をダウンロード。来年6月発表予定の新作 「ジ・アウトサイダー」までのつなぎである。今から来年の6月までってロングリリーフだなあ(笑)。ペーパーバックで190ページ程度の中編だから読了にひと月も掛かるまい。それから約半年、どうやってキングへの渇きをいやそう・・・。

 息子のジョー・ヒルの作品でも読んでみますか。

 なお、この「コロラドキッド」の出版はいささか複雑な経路をたどっている。2005年10月にアメリカの〈ハード・ケース・クライム〉叢書から通常出版専門として出版された。つまり最初はキンドルで読むことまかりならんぞだった訳。現在ではキンドルエディションを購入できるが、これは後の「ジョイランド」も同様の形式だった筈だ。キングはパルプフィクションという分野に拘り最初は電子書籍での出版を拒否していたのである。。

 さらに日本では契約上の理由で単独刊行が不可能であった。そこで「暗黒の塔(ダーク・タワー)」シリーズのうち、「ガンスリンガー」「運命の三人(上)」「運命の三人(下)」「荒地(上)」「荒地(下)」の計5冊を購入し、帯についている応募マークを5枚集めて応募すると、日本未発売の「コロラド・キッド」(白石朗訳)の特装文庫本が抽選で10,000名にプレゼントされる 応募締切:2006/04/30)という奇妙な方法がとられたのだ。その結果、オークションサイトで1万円オーヴァーの価格が付けられたこともあったという。

 私はもちろん、入手していない。「ダークタワーシリーズ」の初期3作品はペーパーバック(「ガンスリンガー」)、ハードカヴァー(「運命の3人」「荒地」)で読んでいたからだ。

 それから約9年の時を経てキンドルエディションとは言え幻の「コロラド・キッド」を読む。何か不思議な因縁を感じざるを得ない・・・って、いや、それはお前が無精して読んでいなかっただけだろというツッコミは受付かねますのでご了承願います。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にケチャッピー・トマト、チーズを使ったピザトースト。300キロカロリー。昼飯はバタマヨ醤油を使ったスパゲティ。あれ、前回より美味しくないぞ、これはどうしたことだ。ヴァイタミン補給はキュウリ一本。450キロカロリー。夕食はブリの塩焼き、豆腐の味噌汁、残り半丁を使った冷奴。電子レンジでラップに包み4分加熱した玉ねぎ1個。これに鰹節、味の素、ごま、牡蠣醤油を振り掛けて食べるのである。ゴハンは半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ニューヨーク・ザ・ギャングシティ』を見る。90年代のボニー&クライドとでも言うべき犯罪者カップルがマフィアを翻弄するという実際に起こった事件を元にした映画。無鉄砲で考えなしのカップルがマフィア相手にブイブイ言わせるというストーリーはともかくとして、これはウディ・アレンの映画のようなニューヨーク密着型犯罪映画なのではないか(笑)。

 コニ―・アイランドのちょっとボロい遊園地できゃっきゃっとデートする二人はいやでも『アニー・ホール』を連想せざるを得ない。またマフィアにその身元が割れても逃げ出さない。マフィアに対する最大の牽制になる筈だった組織図はすでにFBIによって持ち出されその用をなさなくなっていた。彼らを取材した新聞記者にそのことを教えられメキシコに逃げよとアドヴァイスをされても拒否、セントラルパークで呑気にアイススケートしたりしている。挙句にマフィアに射殺されてしまうのだった。

 家族との諍い、それでも地元を離れることにためらいを持たずにはいられない。一応、結婚してマイアミへ行こうと話し合うのだが、それも夢想の域を出ないようである。彼らはニューヨークでしか生きる術を持たないのだ。

 この作品の犯罪映画に似つかわしくないもの悲しい情景はニューヨークを舞台として地元、家族といったしがらみから逃れられない人間たちを描くことによって生み出されたのではないか。

 ハイビジョン画質は黒が浮いているのが惜しい。まあ、その分ニューヨークの街がある種の温かみのある場所に見えるので、ひょっとしたらこれは演出なのかも知れない。音声はAAC5.1チャンネル。BGMが絶品。その音像低位の確かさはブルーレイソフトにも劣らないものであろう。

 終了後シャワーを浴びと学会同人誌原稿書き。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 11月14日(火) 「日暮里以外全部神保町」
 空間的不条理に満ちた駄洒落。<https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20171114112より引用開始>大相撲の横綱日馬富士(伊勢ケ浜)が、秋巡業中に平幕貴ノ岩(貴乃花)をビール瓶で殴打し、重傷を負わしたことが14日、明らかになった。<引用終了>

 2007年に弟子をぐっちゃぐちゃにして殺してしまった時津風部屋の親方も瓶ビールでがんとやったのである。これからは本気と書いてマジと読むで角界関係者の宴会には瓶ビールだすな、缶ビールにしておけ、さらにアサヒ、サッポロ、サントリーなどのビールメイカーは角界の安全のためペットボトルのビールの商品化を急げ!

 (せっかくペットボトルのビールを出したのにそれを凍らせておいて弟子を殴るなんてのはダメですよ。蓋をしたままペットボトルを凍らせると破裂しちゃいますからって、そこかい!)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。しかし、なんですなあ、やっぱり2ヶ月に一度とはいえ水道検針はやっぱり疲れますなあ。階段の上り下り、メーターを見るためにかがむ、この2つの動作で腰に来るのですなあ。昔はこの手の痛みなど微塵もなくウーヤータァー!と駆けまわって水道検針とかあっというまに終わらせたのに。

 それにもう一つ、物件の蛍光灯の取り換えも全部業者さんにお願いするようになってしまった。昔は4階でも平気で自分で交換した。廊下に脚立をがっと立ててましらの如く駆け上りウーヤータァー!と交換したものであった。今ではとても無理。脚立に上る足元がおぼつかない。なんだか頭がくらくらする。4階から脚立ごと地上に落下しかねない。ああ、いやだ、いやだ。

 さて、愚痴はここまでにして食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガーとコーヒー。昼飯はブリの塩焼き、豆腐の味噌汁、大根の煮た奴3切れ、そしてゴハンを半合。このブリはルーフバルコニーにカラーラを持ち出して焼いたもの。匂いに誘われたのかどこからか大きなハエが2匹、周囲をぶんぶん飛びやがる。夕食は町内会の会合があったので午後9時すぎ。急に矢も楯もたまらず肉が食いたくなったのでアンガス牛のステーキ、付け合せは玉ねぎ、ピーマンの炒め物。肉をがーっと食ってがーっとビールを飲む。野菜もがーっと食ってやっぱりビールを飲む。たまりませんなあ。

 この後、テキトーにテレビを見ながらウィスキー水割りに移行。へへへと酔っぱらって午前1時過ぎに就寝。

 11月15日(水) 「ワクチンEから追放された、この悔しさは忘れはしない」
 「宇宙を旅して目についた地球を必ず支配する」駄洒落。地球を子宮頸がんにしようかとも思ったのだが、さすがにそれは不謹慎なのでやめておきました、はい。

 マルギナータリクガメが冬眠に入った。最初こそ、「なんだよう、なんでこんなとこにいれるんだよう」と不満げであったが、夕方に様子を確認してみるとしっかり土の中へもぐっていた。さてこれで様子を見つつ来年の3月半ばまでのお別れである。この冬眠期間中にすっかりへたってぼろぼろになった飼育場のラティス柵を交換しておかなきゃ。

 イシガメの方はもうとっくに餌を食わなくなった。ただ、こいつらの場合2月や3月でも暖かい日があると陸場に上がって日光浴をしたりする。本格的な冬眠に入ったらほぼ春まで目覚めないリクガメとはまた違うのだ。

 本日は休み。午前8時半くらいに起床してシャワーを浴びる。その最中にお洗濯をしてシャワーから上がったら頭も乾かさないでルーフバルコニーに干す。なんだか鼻歌なんか歌っちゃう、るーるーらららー。決して気が狂った訳ではないので、気狂い病院へ電話したりしないでね。

 朝飯に醤油ラーメン。市販のラーメン麺をこれまた市販の醤油ラーメンスープに入れたもの。これが意外と美味しい。400キロカロリー。何だか腹いっぱいになっちゃったので昼は抜き。午後から事務所へ出てカメの世話や税理士さんに送る書類の作成など。それからなぜかゲーム「ディアブロ2」に熱中。翌日、とんでもない運命が待ち受けていることなど神ならぬ身の知る由もなし。これはまた明日の日記で。

 夕食は面倒臭かったのでスパゲティミートソースと大根の煮た奴二切れ。ビール500ml缶一本飲む。600キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,000キロカロリーなり。その後、事務所へ行ってまた「ディアブロ2」 翌日、とんでもない運命が待ち受けていることなど神ならぬ身の知る由もなし。これはまた明日の日記で(二回も言うな!)。

 午後9時過ぎに帰宅してシャワーを浴びてからお酒。お供は前の大食い大会。就寝午前1時過ぎ。

 11月16日(木) 清水地図帳
 清水次郎長と国定忠治の区別が今一つ分かっていない私が考えた駄洒落。バブルの時にはもう日本中がわっしょいわっしょいと踊り狂っていましたからなあ、デザイナーズマンションなるやたらにカッコいい建物とかあった訳です。いろんな物件がありましたが、その中で私を仰天させたのが透け透けのバスルーム。きっと男が透け透けのバスルームの中でシャワーを浴びる女をにやにや眺めつつワインを傾けたりしていたのだ、なんせ、透け透けですからなあ。

 いやもうさすがにこんなに愛欲にまみれた部屋はなかろうと思っていたのですが、みなさん、ひとつ、「クソ物件オブザイヤー」で検索なさってみてください。まだあるんすよ、透け透けのバスルーム、しかも部屋の真ん中にどどんと(笑)。さらにやっぱり部屋の真ん中にバスルームがあるのですが、このバスルームがユニットバスをそこにどどんとおいているという。ユニットがそのままむき出して壁で隠したりしていないのです。これにはちょっと圧倒されました。

 また、玄関を開けるとそこはユニットバスとトイレ。その右手にウナギの寝床みたいなワンルームの部屋が奥へ続いているみたいな物件もありました。「完成ドリームハウス」に登場した玄関開けてバスルームとトイレの中を通って寝室へ行くという狭小住宅に「なんじゃそりゃ、信じられん」と2ちゃんねるの同番組スレッドで大人気なんてことがありましたが、そういう物件も他に存在するんです。

 信じられないかもしれないけど、ホントウなんです。いや、実際玄関開けたらすぐバス・トイレのマンションとか写真を見なければ私も都市伝説のたぐいと思って本気にしなかったでしょう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフランスパンチーズ乗せ コーヒー。200キロカロリー。昼飯は野菜が食べたくなったのでリンガーハットのちゃんぽん餃子5個ランチ。外食摂取カロリー量暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はうどんと大根の煮た奴、三切れ。うどんは電子レンジで加熱して丼に盛り味の素、花かつお、大根おろしを掛けて麺つゆをどばっ。後から味を見ながらお湯を加えていく。博多万能ねぎきざみと一味とうがらしをふってはい、頂きます。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『キアヌ』を見る。メキシコで伝説の兄弟が麻薬組織の製造工場を急襲、組織は全滅。そしてボスの飼い猫であるキアヌが逃げ出してどうしたことかLAへ。彼を拾った主人公コンビは文字通り猫っかわいがり。しかし、その猫が攫われた。LAの麻薬ギャングが密売人の家と間違えて主人公の家を襲ってしまったのだ。

 主人公コンビはその麻薬ギャングに接近。とある勘違いを利用して冒頭で殺戮の限りを尽くした伝説の兄弟になりすましたのだ。しかし、その正体がばれ(当たり前である)、ギャングのボスは賞金首となっている二人(にせものだけど)をメキシコへ連れて行き組織のボスの叔父に引き渡そうとするのであった。

 この映画のユニークなのは徹頭徹尾この子猫が狂言回しとなって人間たちをひっかきまわすという展開であろう。主人公コンビはフツーの人間だから良いとして(良くはないか)、この猫に掛かると強面のギャングたちがあの伝説の兄弟も含めてデレデレ、「おーヨチヨチ」となるのである。しまいには「猫返せ」「いや返さん」で大銃撃戦となってしまうのであった。

 私は猫がそれほど好きでもないけれども、まあ、そんな男にも楽しめたのだから猫好きの人はこりゃもうたまらんってなると思いますよ。なお、ドラッグでハイになった主人公が幻想の中で猫と会話するのだが、この吹き替えがキアヌ・リーブスだったという・・・。なんだろうね、こりゃ(笑)。

 ハイビジョン画質は薄めの発色が残念。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドはなかなかの出来、音場が濃くてギャグ的に使われる低音の質もよろしい。

 その後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前一時過ぎに就寝。

 11月17日(金) 「海の取的」
 例の横綱ビールでぽかり事件に触発された駄洒落。これからしばらく取的駄洒落が続くと思うので角界関係者は覚悟すること(笑)。あ、取的は力士養成員(りきしようせいいん)のことで、大相撲の番付でいうと幕下以下(幕下、三段目、序二段、序ノ口)のことだから横綱には関係ないってツッコミはなしだよ。

 昨日の日記に書くつもりでまんまと忘れてしまっていた「ディアブロ2」で発生した大変なこと、であるが、まあ要するにセーブデータ(パソコンゲームでこういう表現は正しいのだろうか)が全部すっ飛んでキャラクターが電子の海の中に消えてしまったのでありまして、はははは。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に焼きそば弁当旨塩と野菜ジュース。北海道限定の筈のこの商品をなぜ手に入れられたかというと、先日のマラソン大会ヴォランティアの折り、トイレ休憩で立ち寄ったコンビニに偶然置いてあったのである。このコンビニは自宅から車で30~40分掛かる場所、あの安全食堂の近くだったりするのでなかなか来る機会などない。この巡り合いは正に幸甚なりということで買ってしまったのだ。その袋をぶら下げて戻ったら周囲の人に随分と変な目で見られてしまったけど(笑)私は幸せであった。

 この焼きそば弁当旨塩はソース味のぺヤングソース焼きそばと単純に比較することはできないけれども、麺の口当たりが柔らかくやや上品な味付けになっているようだ。まあ、カップ焼きそばの例にもれずカロリーが意外と高くて野菜ジュースと合わせると600キロカロリーくらいになってしまう。

 昼飯は朝の高カロリーを反省してヘルシー方向にぐぐっと舵を当てる。ピーマンと玉ねぎの野菜炒め、豆腐半丁を使った味噌汁、さらにその残り半丁で冷奴。150キロカロリー。

 夕食はピザトースト二枚。具はピーマン・玉ねぎ、そして焼鳥。この焼き鳥というのは先日、使い切れずに冷凍しておいた米国産鶏もも肉を大根、玉ねぎと共にコンソメのスープで三時間ほど煮込み、ほろほろになった奴をさらに焼肉のたれで軽くいためたものである。ケチャッピーの甘酸っぱさ、玉ねぎとピーマンの青臭さ、チーズのこく、にさらにこの鶏肉のあまじょっぱさが加わって何だか妙に美味しかったぞ。ビール500ml一缶飲む。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『福の家 サザエさん一家』を見る。これは随分と前に途中まで見てそのままほったらかしになっていたもの。半年ほども過ぎてようやく最後まで見たという(笑)。

 タイ子・辰野夫妻からイクラの子守を頼まれたサザエ、さっそく負ぶって散歩に出かけようとするが、カツオがイクラの代わりに座布団を負ぶわせてしまう。むかしのおんぶ紐だからいったん負ぶってしまうとサザエにはイクラが見えないのだ。そして公園を歩きながら背中の座布団に話しかけたりあやしたりするサザエ、大笑いしたが、これはちょっとアブなくないか、サザエがもう狂×にしか見えんぞ(笑)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ケンミンショー」 午前一時過ぎに就寝する。

 11月18日(土) 取的砂丘
 取的駄洒落第二弾!現在使用中のキンドルは米国アマゾンよりの購入。もうかれこれ5年近く使用しているものだから本体にガタがきてページ送りが上手くいかないような時がある。それにこのキンドルだとアマゾンで販売されている現用カバーが使えない。いや、両面テープで強引にくっつけちゃってもいいけど(笑)、スリーブ機能などはもちろん使えなくなる。

 現在、日本アマゾンで販売されているキンドルでもっとも安いタイプが8,980円 主な仕様はWiHi タッチスクリーン ライトなし、4 GB 解像度 167 ppi  私のような自炊PDFファイル(もちろんメチルトランで最適化)を読むだけならまず不満はでないだろう。

 問題なのは今まで米アマゾンから購入していたキングやクーンツの洋書である。ひところは米アマゾンと日本アマゾンのキンドルアカウントを結合すればよろしいという情報が飛び交っていたのだが、詳しく調べてみると上手く行かない場合もあるし、結合できても一部機能が制限されることがあるというのだ。うわー、そんなの怖くてできん。やっぱりボロの旧キンドルを我慢しながら使っていくほかないのか!

 ダメ元で日本アマゾンでキングやクーンツの洋書のキンドル版を売っているかどうか調べてみたら、あにはからんや主要作品がみんな網羅されているのではないか。価格も米アマゾン 「スリーピングビューティズ」11.79ドル。日本アマゾン 1,340円。現在のレートで同価格なのである。 ディーン・クーンツの新作(12月28日発売) 「ウィスパーリングルーム」に至っては米アマゾン、14.08ドル(現在のレートで1,600円) 日本アマゾン1,200円で日本の方が安かったりするのである。

 私、もう迷いません、来月にも新キンドルを購入します!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガーと野菜ジュース。520キロカロリー。昼飯はカレーうどん。鶏肉と大根、玉ねぎをコンソメスープで3時間ほど煮込んだ奴(先日のピザトーストにはこの鶏肉を使ったのであります)に塩を振って味を調えカレールー一欠けをぶちこむ。これを電子レンジで加熱したうどんにどばりと掛けたのだ。大根入りのカレーうどんは奇異なれどなかなかおつなものですよ。 500キロカロリー。夕食はマルタイ棒ラーメン1食分に茄子、玉ねぎ、ピーマンの野菜炒め。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,470キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ダーティー・コップ』 ラスベガス警察のやる気のない二人の警察官、ニコラス・ケイジとイライジャ・ウッドがさえない人生の一発逆転を狙って麻薬ギャングの隠し金庫を狙うというお話。話しとしてはなんということはないのだが、この映画を面白くしているのはニコラス・ケイジとイライジャ・ウッドのやる気・本気度の差。。

 ニコラス・ケイジは本気も本気。計画成就のためなら銃密売人を情け容赦なく射殺するぞ。対するイライジャ・ウッドはどこか遊び感覚。おそらく不法滞在の労働者を使っている中国系のお菓子製造工場から必要となった金を不法に調達するのだが、その時でさえ、仲間の汚いやり口にドン引きしているのである(笑)。

 そして、あろうことか金庫侵入のために襲った部屋にいた女に情けを掛け、結果的にニコラス・ケイジを射殺することになってしまう。しかし、その女もただのジャンキーではなかった。彼女も金庫を狙う組織の一員だったのだ。その組織にあえなく射殺されるイライジャ・ウッド。銃を見て「あ、おれ、警官だから、あ、撃たないで」とバッヂを見せるカッコ悪さ、情けなさの人物描写はとても監督デビュー作とは思えない上手さだ。

 ただ、このユニークな映画にも当然ながら瑕疵が存在する。多額の現金、ダイヤを隠している金庫を夜中とはいえ放りっぱなしなどということはありえないだろう。まあ、これは多くの金庫破り映画に共通するご都合主義、「金庫室にひとたび入ってしまえば後はやりたい放題」を皮肉っているのかも知れないけど(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。コントラストが浅いしノイズも酷い。音声はAAC5.1チャンネル。BGMの品位が高い。ふわりと広がるサラウンド音場も好ましい。

 終了後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」など。後はと学会同人誌原稿。取りあえず全体の形はついたので後は画像の取り込みを急がなきゃ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 11月19日(日) 「取的とジェリー」
 取的とジェリー、仲良く喧嘩しな。どうも冷凍ゴハンの解凍が上手く行かずに困っている。皿に入れてラップを掛けた状態で凍らせると解凍時に底の方がべちゃつく、上の方は固くなるという酷い出来。これではカレーや雑炊に使わざるを得なくなる。この間ホームセンターでプライム パックスタック 絶品ごはん 冷凍保存容器というのを見つけたので喜び勇んで買って来たのだが、これも今一つ。確かにそこのべちゃつきはなくなるのだがやっぱり上が固くなってしまう。どうすりゃいいのか。

 この保存容器を冷凍ではなく冷蔵で使ってみると案外に美味しい。午後6時すぎに炊いたゴハンが翌朝になっても十分に食べられる。もう面倒臭いからこのまま冷蔵オンリーで行こうかなあと思ったのだが、ホントウは一度に二合炊いて保存しておきたいのである。さすがにそれを冷蔵でいくのはキツイだろう。だからもっと性能の良い保存容器が欲しいのだが・・・。

 なんか他の人にとってはどうでも良い話ですいません、はい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。350キロカロリー。昼飯はぶっかけスパゲッティ。指定時間より2分ほど長めに茹でたスパゲティを水でしめ、皿に盛り、博多万能ねぎの刻み、大根おろし、花かつお、ちぎった海苔・ゴマを載せてめんつゆをどばー。これで美味しく頂けます。400キロカロリー。夕食は茹でソーセージとびんちょうマグロの刺身でビール500ml缶一本飲み、後は刺身の残りで鉄火丼を作って仕上げ。この鉄火丼が今思い出してもにやにやするぐらい美味かったのだ!750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずに音楽聞きながら畠中恵先生の「アイスクリン強し」に読みふける。午後9時過ぎにシャワーを浴び、後はお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 鈴鹿サーキットのカートコースでのラップタイム勝負。一位の斉藤優が最下位の矢野ペペにケツキック!さあやるぞと身構えたところで通りがかったファンの人から「写真撮ってくださーい」このほのぼのとした間の悪さもゴリパラの良いところさ!

 午前一時過ぎに就寝する。

 11月20日(月) 「取的博士」
 えー、あのー、一応「トイレット博士」の駄洒落でして、スナミ先生とメタクソ団の面々が飛行機に乗るエピソードでは当時、私自身も飛行機に乗った経験がなく、何も分からなかったけどそれでもげらげら笑っていたなあと懐かしく思い出されます。

 先日ぶち上げた現行キンドルの購入計画であるが、わずか二日で沙汰やみとなった(笑)。実はアマゾンに注文していた現行キンドル用のケースが到着したのだが、これが古いキンドルにぴったりだったのだ。スリープ機構こそ使えないもののマグネットで蓋はきちんと固定されるしケーブルもフツーに挿すことができる。ページ送り、戻しキーがいささか使いづらいが、どうしてもダメというレベルでもない。さかさまにするとキンドルからケースから外れて落ちてしまうが、それは両面テープを使えばよし。古いキンドルもこのケースがあればまだまだ立派に使えるのである。

 だったら何も焦って買う必要もあるまいということで、現行キンドルの購入は少なくとも2~3ヶ月程度先送りすることになった。なお、今回購入したケースはEKStore 【Amazon Kindle Paperwhite Case キンドルケース】 ディープブルー。お値段は1,299円也。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に昨晩と同じびんちょうマグロを使った鉄火丼。これがまた実に美味し―。450キロカロリー。残った刺身はづけにして昼飯に備える(笑)。そして昼飯はづけの刺身にお湯をぶっかけたびんちょうマグロのスープ。そしてコンソメで煮込んだ大根、鶏肉、玉ねぎにカレールー一欠けを入れたカレースープ。どっちもなかなかのお味。400キロカロリー。夕食はゴハンを半合、豆腐の味噌汁、ソーセージ、玉ねぎ、ピーマン、茄子の野菜炒め。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『ザ・マミー』を再見。このところWOWOWハイビジョン録画の映画ばかり見ていたのでけた違いの高画質と高音質がしみる、しみる(笑)。

 終了後、いままでちびちびと見ていたNHK BSプレミアムシネマ録画のジョン・ヒューストン監督作『黄金』を最後まで。いやあ、ハンフリー・ボガートの演技が実によろしい。それも良く言われる猜疑心と欲に取り付かれていくあさましい姿ではなく、カーティンを撃った後、「あいつはちゃんと死んだか、見てきたほうがいいか、いややっぱり死んでいる、その必要はない」 その翌朝も出発前に「よし、最後の確認だ、死体を見に行こう、あれ、死体がないぞ、ええっ!あいつ生きていたのか、いや、そんな筈はない、山ライオンが巣に死体を引っ張っていったのだ。うん、そうだ、そうに違いない」と自分の不安を誤魔化すために都合の良い方向に無理やり思考を引っ張っていく場面。このあたりがやたらにリアルで身につまされた(笑)。

 モノクロハイビジョン画質は急峻なコントラストによって演出される闇が味わい深い。まるで、映像を持ってボガートの心の奥底を映し出しているようだ。なお、この作品に登場する山賊の頭目は黄金色のソンブレロを被っている。だからゴールドハットと呼ばれるのだが、当然ながらモノクロなので、私は最初誰だか見分けがつかなかった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 11月21日(火) 「日本トイレット改造論」
 「日本列島改造論」駄洒落。米アマゾンよりメール、「あんたのキャッシュカード弾かれましたで!あんた、何やっとんの、すぐ使えるカードの再登録してや、再登録まであんたが注文しているUHDブルーレイ送れませんからな、勘弁やで!」

 あわてて登録している某キャッシュカードをチェックしたのだが問題なし。住所などの登録データも間違いはないというか、当たり前だ、この登録データで何年も米アマゾンでブルーレイやUHDブルーレイを買ってきたのだから。ではいったいなぜ弾かれたのか、カードの限度額を超えているのか、いや、今月は大きな買い物と言えば母親用のテレヴィぐらいで後はブルーレイメディアとか本などの細々したもの。とてもじゃないが限度額を超えてしまったなどとは考えられない。キャッシュカード会社に問い合わせれば話は早いのだが、面倒臭い(笑)。それでそのまま米アマゾンで支払方法の再登録をしたら、はい、すんなり通ってUHDブルーレイが発送されました。一体何が悪かったというのだろう。

 なお、この発送は米時間で11月22日。アマゾンでは11月29日に届きますバイ、ぐわははははとなっているが本当にあと一週間で届くのかいの。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合と豆腐の味噌汁。ゴハンはふりかけと納豆で。400キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけスパゲッティ。400キロカロリー。夕食は缶ビール500ml缶一本飲んで玉ねぎ、ソーセージ、ピーマンをのせたピザトースト2枚。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後、テロテロとテレヴィを見て過ごす。午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供はWOWOWで録画した「WAHAHA本舗全体公演 大ザンス」

 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 11月22日(水) 「走るトンテキ」
 いっそ記憶を根こそぎ削除されて「走る取的」や「万延元年のラグビー」、「ヤマザキ」等々を初めて読んだあの時を再体験したいと思うのである。

 午前6時過ぎに起きてしまった。もう眼がギンギラギンに冴えてしまってとてもじゃないが二度寝が出来そうもない。ということでプロジェクターを起動させて国内盤ブルーレイ『サンダ対ガイラ』を見てしまった。画質はやっぱりよろしい。ブルーレイ黎明期の東宝ブルーレイソフトに対する画質の悪い評価が信じられないくらいである。私の場合、最初はぱっとしなかったけど(笑)ブルーレイプレーヤーやプロジェクターの更新、能力向上で驚くほど画質が良くなったものですが。

 さて、食ったもの。朝飯にカレー。まあですな、冷凍しておいた米国産鶏肉と玉ねぎをコンソメのスープで2時間ほど茹でて一皿分を別の鍋に取り分けてカレールーを一欠け放り込み、焼き肉のたれで最終的な味付けをしたもんであります。こんな作り方でも結構美味いんです。500キロカロリー。

 昼飯はコンビニの冷凍ピザ半分。300キロカロリー。夕食は朝飯と同じくカレー。ちょっと飽きてきたが(笑)鍋にはもう一食分の鶏肉と玉ねぎが残っている。500キロカロリーl。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後だらだらと飲んで午後11時過ぎには寝てしまった。しかし午前一時過ぎに目が覚めてまた眠れず録画の「大食い選手権」を二大会分見てしまったですよ。はっと気が付いたらもう翌朝の午前8時になっていましたとさ。

 11月23日(木) 「老人とウニ」
 ああ、ヘミングウェイさん、あなたの名作をこんなくだらない駄洒落にしてしまって申し訳ありません。ついでにいうと、スタインベックさんとあなたを混同していました。本当に、本当に、ごめんなさい。

 取り留めのない無駄話。函館にミグ25が強行着陸!この時、あるメディアは「ミグ25はマッハ3で飛ぶ高性能機であるが、思ったよりボロかった。射出座席もついていない!」さすがに当時の私でもそりゃありえんと思ったものである。事実、すぐにこれがデマであることが分かったし。

 そのミグ25の主な迎撃対象となると思われたのがアメリカの偵察機 SR-71 この偵察機は運用が非常にやっかいでその飛行準備に24時間を要した。パイロットも搭乗前に十分な時間を掛けて純酸素を呼吸し血液中の窒素を排除しなければならなかった。急減圧が起こった場合、血液中で気泡が生じて、血液の流れが阻害される「空気塞栓」に陥る可能性があったからだ。

 戦闘機型YF-12Aも試作されたが、フツーに考えて準備に24時間を要するような戦闘機が迎撃に使える筈もなかった。

 これは前にもこの日記で書いたと思うがあの人獣オリバー君。木曜スペシャルでの放送が終わった翌日、新聞に「あれはフツーの猿です。染色体の数が人間が46本、チンパンジーが48本なのに対して、オリバーは47本というのは間違いでした。調べ直したら48本でした、アハハハ」という記事が載っていて途方もなくがっかりしたものだ。

 まあ、それ以前にも人とチンパンジーの混血なのだから染色体の数がちょうど中間の47本というのは出来すぎだろって思ってましたけど(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯はひさびさにウエストでうどん、天ぷら、ごはんのうどん定食。外食摂取カロリー量暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はこの昼飯が残っていて食欲がなかったのでコンビニのサンドウィッチと野菜ジュースで済ませる。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、だらだらとテレビを見て読書。戸梶圭太「あいつは戦場帰り」を読了。ウウーム、福岡で核爆発です。何?原発が爆発したのか?テロリストが小型核爆弾を持ち込んだのです・・・みたいなのは恥ずかしいからやめてくれんかなあ(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びて録画しておいた「超常幻解ファイル ピラミッドあれこれ」を見る。月面や火星のピラミッドとか面白いなあ。あの火星の人面構造物はどうなったんだ。宇宙人もいろいろ作らなくちゃならなくって忙しいよなあ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 11月24日(金) 「残酷な天声人語のテーゼ」
 久々のエヴァ駄洒落。最初は「残酷な天使の天声人語」でしたが、こっちの方が語呂が合うみたいなので変更しました。レンタルブルーレイ 『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』 いかにもとってつけたような邦題、やる気のなさそうな女子高生二人のビジュアル、かてて加えて監督のケヴィン・スミスが娘のハーリー・クィン・スミスとジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップを主役にして作ったホラー・コメディ。カナダでナチス(党首はハーレィ・ジョエル・オスメント 童顔が凄すぎて逆にうさんくさい)、しかもあの『Mr.タスク』(男がキチガイに捕まってセイウチに改造されてしまう映画)からのスピンオフ。アレな要素をこれでもかと詰め込んだいかにも好きモノを誘引しそうな作品だと思ったのだが、いやー、すいません、私、途中で疲れてしまいました(笑)。

 アメリカ人から見た変なカナダ人ギャグやヨガ・ギャグはよー分からんし、ナチスソーセージクローン(詳しく説明はしない、そういうものが出てくるのだと理解して欲しい)を作っていた博士の最終目的が自分の彫刻を酷評した評論家どもをぶっころすというのだから最初の方でケツを掘られて殺された人たちの立つ瀬がない。整合性を求めるような映画ではないのは分かっているけれども、それでもこれほど話の前後が乖離してしまうのはいくらなんでもマズイと思うのである。

 嫌いな種類の映画ではないし、ブルーレイ借りてきて損したとも思わない。映画の最後で予告された「続編」も見てしまうだろう。だけど、私が求めるコメディ・ギャグ映画とはまったく違うものだ。

 ハイビジョン画質はまあ、それほどでもなし。暗部のノイズは目立つし解像度も低め。音声はDTS-HDマスターオーディオ。リア音場の定位は良いが全体的に迫力がない。BGMも引っ込みがちだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガーと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯はソーセージとピーマン、玉ねぎの野菜炒め。後は豆腐の味噌汁。ゴハン半合。600キロカロリー。夕食はまたソーセージと卵を落とした豆腐の味噌汁。茹でホウレンソウ。ゴハン半合。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、前述の『コンビニウォーズ』を見て微妙にがっかりしたのである(笑)。午後9時過ぎにシャワーを浴びて後はいろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 11月25日(土) 「透け!すけ!!魔女先生」
 元ネタの「好き! すき!! 魔女先生」は見たことがありません。福岡でもRKB毎日放送で放映された筈なのですが。

 ヤフオクで落札した『カーズ クロスロード』のUHDブルーレイが到着。でもUHDブルーレイ 3D・2DブルーレイのセットからUHD ディスクだけを抜き出して出品されていた商品なので、入っていたのはフツーのブルーレイメディアのケースだった(笑)。しょうがないので、同じくヤフオクで落札した『君の名は スペシャルコレクション』のケースに収納することにした。この『君の名は』は『カーズ』とは逆に「スペシャルコレクションボックス」の中から「本編ブルーレイ」「特典ブルーレイ」を抜いて出品されていたので、どでかいボックスの中に台本、UHDブルーレイ本編1枚、小冊子だけが入っていたのである。つまり、あと4枚ほどディスクが収納できるのである(笑)。

 どこぞでジャケット映像をダウンロードして印刷し、ブルーレイケースに挟みこめばいいやんと言われそうだが、私がそんな面倒臭いことをすると思いますか?

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にトーストとほうれん草のバタ醤油炒め、目玉焼き。300キロカロリー。昼飯はマルちゃん正麺の冷やし中華。これに納豆を乗っけて。合わないかなあと思ったが冷やし中華スープをミネラルウォーターやめんつゆを使ってややマイルドで甘い方向に持っていくと、意外と美味しかった。450キロカロリー。夕食は玉ねぎ、ピーマン、ソーセージ2本を使ったケチャッピーのナポリタン。600キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリー。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『暗殺』を見る。韓国映画らしく街中で女子学生をささいなことで銃殺する日本陸軍の青年将校とか、反乱鎮圧のために3,000人以上の朝鮮人を虐殺、切り刻んだり、銃殺したり、生き埋めにしたり、焼き殺したり、釜茹でにしたり、一応、間島事件が元ネタになっているらしいのだが、さすがに釜茹ではなかろう、石川五右衛門じゃないんだから、そんな大人数を釜茹でなんて「日本一の芋煮会」じゃないんだから。

 (注 「日本一の芋煮会」は山形市公式ホームページによるとギネス認定はされていないらしい)

 ただ、映画としてはやたらに面白かった。冒頭部こそ、登場人物の多さ、複雑なストーリーで混乱させられるものの、暗殺計画が具体的に動き出してからのスピード感は現在の韓国映画界の勢いを如実に表している。また純白の花嫁衣装を鮮血で染めながら暴れまわるチョン・ジヒョンのカッコ良さ!

 そしてなにより驚かされたのが日本統治時代の京城の繁栄を描き、登場人物の一人に「日本の統治によって物質的に豊かになった」と語らせているところ。日帝にすりよる親日的な人物の発言とはいえ、内在的発展論者の顔色を失わしむるに十分な描写ではないか。

 (内在的発展論とは要するに日本に併合されるまえの朝鮮にはすでに資本主義の萌芽があり、日本に統治されなくっても俺たちだけで発展できたやいという考え方)。

 怒る人もいるかも知れませんが、いろんな意味で我々日本人も見るべき映画だと思いますよ。まあ、オレは見ないって人がいてもかまやしませんが(笑)。

 ハイビジョン画質は今一つ。発色が薄くスキントーンが病人みたいに見えてしまう。音声はAAC5.1チャンネル。音場は広いものの密度感が足りない。もう少し音にリアリティが欲しい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 11月26日(日) 思い立ったが啄木鳥
 啄木鳥はきつつきと読むのを分かっている、知っている、だって学校で習ったから。でも、どうしても「啄木鳥」という漢字を見るなり「たくぼくどり」とイメージしてしまう自分の脳を止めることはできないんだ!駄洒落。

 共産党の池内さおりと言う人、太鼓にちょび髭つけた安倍晋三首相の顔を張り付けてどんどこ叩いていたアレな人なのだが、この度、「フランスに行った時、女の裸や「媚びた」写真が公共空間に存在しないことに私は驚き、安全さを感じた。日本社会は公共空間のあり方を真剣に考える必要があるだろう。」とツイートして「フランスのキオスクにだってエロい雑誌置いてあるわ!本当にフランス行ったんかい」と嘲笑されている。

 いやー、いまだに「おフランスでは~、それに比べて日本では~」な人がいるんですねえ(笑)。

 思想の左右を問わず「日本にはいいところもたくさんあるけれども、悪いところだっていっぱいある」というごく当たり前のことが理解できない、理解しようとしない人というのは彼らのいう「共謀罪・改憲」(サヨク)、「在日」(ウヨク)なんてものよりよっぽど危ないと思います、はい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合、豆腐・ホウレンソウの味噌汁、納豆。400キロカロリー。昼飯は野菜炒め定食。ゴハン半合、中華スープ、野菜炒め。550キロカロリー。おやつに弟家族が持ってきてくれたショートケーキ(笑)、400キロカロリー。夕食はコンビニの冷凍餃子、170キロカロリー、昼と同じく野菜炒め、即席ラーメンのうまかっちゃん。770キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,120キロカロリー。食ったなあ。

 その後、映画も見ずに音楽を聞きながら読書。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」と「池の水を抜く!第5弾」

 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 11月27日(月) 神様仏様インディアンサマー
 季節駄洒落。元ネタの「神様仏様稲尾様」の古臭さは勘弁されよ。米国盤UHDブルーレイ 『キックアス』、『ダークタワー』、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が到着。さっそく『ダークタワー』をチョイスして再生しようとしたのだが、ああ、メニュー場面が出る前にUHDブルーレイレコーダー UHD Z1がストップしてしまう。ディスクを出し入れしても電源コードひっこ抜いてリセットしてもダメ。むきいいと泣き喚く。しかたないので『キックアス』を見ることになった。

 いやね、『キックアス』は何回見ても面白いですよ。ラストでキックアスがヒットガール抱えて飛び回る場面はやっぱり感動しますよ、滂沱の涙ですよ。画質もUHDブルーレイだ、最新作には及ばぬとはいえブルーレイとは隔絶したこってりした色乗りが楽しめる。HDRによる夜景の映像情報量の多さも感動もの。ちょっとグレインの振る舞いが奔放だけれども、それも映画の味と思えば気にならない。

 UHDブルーレイで収録されたドルビーアトモス(しつこいようだが対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される)のサラウンドも音が分厚くて明らかにブルーレイのDTS-HDマスターオーディオより品位が向上。ブラスの音の立体感とかちょっとびっくりするくらいだ(これはドルビーアトモス、DTS-HDマスターオーディオの差というよりリミックスによるものと解釈するべきだろう)。

 大変に満足した。今までの最良の『キックアス』体験だった。でも、でも、やっぱりオレはいっとう最初に『ダークタワー』が見たかったのだ、あああ。

 (後日談 翌日、午前9時過ぎに米アマゾンへメールでクレームを入れて交換品を頼んだ。すると1時間ちょっとで返事が来て「えろうすいませんでした。さっそく交換品を送りますから堪忍してください。返品の必要はありませんで、そちらでご自由に処分してくださいな」 この迅速な対応はさすがにアマゾンでありますな)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメン1食分と野菜ジュース。350キロカロリー。夜は昨日と同じくうまかっちゃんと野菜炒め(肉多め)。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後前述の騒動を経て米国盤UHDブルーレイ 『キックアス』を見たのである。その後シャワーを浴びて「池の水を抜く 第5弾」を最後まで。アリゲーターガ―はワニのような口をしているので大変に危険が危ない、捕獲しなきゃ、1尾やっと捕まえた、続いてもう一匹、あれれ、これはアリゲーターガ―じゃないぞ、口が細く伸びているロングノーズガーだ。両者の形態はまるで違うのにいっしょくたにして危険生物扱い。これは二重に間違っていませんか。

 いや、もちろんどちらも日本の屋外に存在してはいけない生物であることは間違いないのだが、もういい加減危険が危ないから排除するというロジックはやめた方がいいのではないかと思うのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 11月28日(火) 南紀白浜名物「安倍公房だんご」
 元ネタはあべこべ団子です(笑)。この人の「水中都市デンドロカカリヤ」という本のタイトルを見て「宇宙から来た謎の病原体で人類は死滅、残されたのは水中都市ブルーシティの市民だけだった。しかし、死んだと思われていた人々がゾンビ化しその魔の手はブルーシティにも及んだのだ!」みたいな物語だと思ったのはナイショだよ。

 <https://gingerweb.jp/lifestyle/slug-n3a57dacfcd01より抜粋して引用開始>映画をひとりで観ても哀しくならないテクとは? ~独女時間の正しい過ごし方~ ただやっぱり、カップルや集団でやってきた人たちに「あの人さ、ひとりで観にきているんだね、えらいよね(=かわいそう)」とかなんとか話のネタにされているかも・・・と、ついつい思ったりします。

 中略

 入り時間は「あえて」遅刻してしまおう 映画には本編が始まる前に、予告編があります。実は、この「予告編の【途中】から駆け込むこと」がとてもオススメなのです。館内は、薄暗い上にお客さんは、予告に夢中!アナタは、周りに迷惑をかけることもなく、自分の席に滑り込むことができるでしょう。映画エンドロールの途中で、立ち去ろう 本来ならば、作品のエンドロールまでしっかり観てから立ち去りたいもの。しかし、ひとり映画の場合は・・・。エンドロールまでしっかりと観た後に待っているのは、館内の明るい照明とお客さん同士の「面白かったー」と共感し合う声。それは、残酷にも自分を現実に引き戻し、「今、私は独りだ・・・」と急激に思い知らされます。<引用終了>

 君たち、くれぐれも「自意識過剰」とか「バッカみてえ」とか思っちゃいけませんよ、いいですね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にピーマンとたまねぎのっけたピザトースト。300キロカロリー。昼飯はウェストでミニカツ丼とざるそば二玉のセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はゆでもやし、豆腐半丁の冷奴、卵1個を使ったいり卵風オムレツ(どういう料理なのか良く分からんが気にするな)でビールを飲んで後は冷凍食品のざるそば。あまりに美味しかったので2食分食っちまった。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後は音楽を聞きながら読書。急に読みたくなった「のたり松太郎」を10冊ほど。変だなあ、どうして急に相撲マンガが読みたくって仕方なくなったのかなあ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 11月29日(水) 「恋のガバナンス」
 ザ・ピーナッツ駄洒落。ガバナンスとかコンプライアンスとか聞くと即、小池百合子かと思うようになってしまった今日この頃である。

 ミサイル防衛に関する恐ろしく間抜けな記事。<https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11220601/?all=1より引用開始>朝鮮の米国向けミサイル迎撃なんて出来るわけがない──元陸上自衛隊トップが指摘する「軍事のリアル」(2) 

理由は単純だ。仮に米国向けのミサイルが北朝鮮から発射されるとして、それは日本上空を飛ばないからである。ミサイルは通常、最短距離を飛ぶので、北朝鮮から米国本土に向かう時は、東部ロシア→アラスカ→カナダ→米国というコースになる。だから、そもそも日本上空を横切ることはない。無論、そのミサイルを日本から追いかけて撃つこともできない。航空自衛隊のPAC-3という地対空ミサイルの射程は20キロで、海上自衛隊のイージス艦搭載のSM-3ミサイルの射程は200キロだから、どちらもレーダーすら届かないし、ミサイルの速度は追いかける側の方が遅いのだ。<引用終了>

 あのー、最初から米国を狙うICBMを迎撃することは想定にないですが。最初からそれはできませんと断っているものをあえて問題視し、ミサイル迎撃が役立たずという結論に持っていくなど言語道断。それにSM-3の射程が200キロだの、何の冗談であろう。THAADと間違えているのではないか(THAADの射程は200キロ。射高は40~150キロ)。PAC3でICBMを迎撃しようというのも大笑いだろう。

 <引用開始>それでも、「北朝鮮がグアム攻撃を想定して撃つミサイルは日本上空を飛ぶじゃないか」という議論はあるだろう。確かにその通りである。仮に北朝鮮がハワイのアメリカ太平洋軍を狙うなら、北海道・東北の一部を通過するし、グアムを狙うなら九州の東を通過する。実際、2017年の北朝鮮による「グアム攻撃案」では、島根・広島・愛媛・高知の上空を通過するとされた。

 しかし、こうした長距離ミサイルが日本上空を通過する時の高度は300キロから400キロに達する。かつて東北地方上空を横切った北朝鮮のミサイルは、秋田上空380キロ、岩手上空410キロの高度であったとの記録がある。射程200キロのSM-3で迎撃することは物理的に不可能なのだ。<引用終了>

 だからSM-3の射程は1,200キロに及ぶし、最大迎撃可能高度は500キロである。<秋田上空380キロ、岩手上空410キロ>ならば現行のSM-3ブロック1Aで“物理的に可能”なのである。現在開発中のブロックⅡAはその射程は2,350キロと見積もられており、2020年には配備が開始される予定だ。

 まあ、重大なミス SM-3の射程が200キロ!を2度繰り返している時点でたいそう間抜けな記事としかいいようがないのであるが(笑)。何が「軍事のリアル」なんだろう。

 本日は休み。朝飯は豆腐の味噌汁、納豆、焼き海苔、ゴハンという純和風スタイル。焼き海苔はスーパーで買ってきた「なんとか良品」の安価な奴なのだが、これがもう素晴らしく美味かった。先日まで食べていたのはお中元で頂いた結構値の張る高級海苔だったのだが、こちらのほうがはるかに上。鮮度の差ですかねえ。

 この後、プロジェクターを起動させて『キックアス2』を見たのである。

 昼飯は突然どうしても食べたくなったトンカツ(出来合い)。これをカラーラで温めなおして千切りキャベツと共にわしわし食べる。合間にビール500ml缶をぐびぐび、うーい、たまらん。その後、事務所へ行ってゴミ出しのお仕事(笑)。

 夕食は手作りカツ丼だい。カツは二枚買っていたんだい。フライパンに麺つゆを入れて水で良い塩梅に薄めてテキトーに切った玉ねぎを煮る。ほどよく火が通ったところで主役の豚肉様にご登場いただく。全体があったまるまで煮て、いよいよ溶き卵を・・・、あ、冷蔵庫に卵がない、あれ、いつの間に使っちゃったんだ?しょうがないので卵抜きの煮カツ丼になっちゃったけどそれでもえらく美味しかったよ。

 その後、音楽を聞きながらネットで調べもの。次期AVプリアンプはヤマハのCX-A5100で決まりだなと勝手に考えて取説やカタログをダウンロードしてじっくり読んでみたのである。ありゃ、この機種は出力のアサインができないのか。すると、音楽再生時にサブウーファーへの出力にステレオの片チャンネルを割り当てられないではないか。サブウーファーを使うためには音楽再生時のみスピーカーをスモール設定にしなければならないのか。

 ウウーム、迷うなあ。そしてウウームと迷ったまま午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。ウウームと酔っぱらって午前1時過ぎに就寝。

 11月30日(木) ガルマの油
 ガルマは己の姿が鏡に映るのを見ておのれと驚き、たらーり、たらりと脂汗を流す。最近浴室の暖房のことで悩んでいる。現在使っているのは石油ファンヒーターだが、タンクの残余はあと少し。情勢の変化によって灯油が使えなくなるのでファンヒーターは灯油を使い切った時点でお役御免となる。それに以前は洗濯パンの上に置いていたのだが、現在そこは本来の主たる洗濯機が鎮座しており、ファンヒーターは洗面台前に追い出されてしまった。当然距離が近すぎて熱い(笑)。暑いのではなくて熱いんである。

 次期暖房機器は当然ながら電気となる。最初はセラミックファンヒーターを考えたのだが、浴室におけるサイズのものは入りタイマーがついていないタイプがほとんど。わたしゃ、冬の寒い日に起床時間の20分ぐらいにセットして浴室をあらかじめ温めておきたいのだ。人の動きを感知して自動的にスイッチが入っても役にたたんではないか。

 次に浮上してきたのがデロンギなどのオイルヒーター。これは温めたオイルの熱を放熱フィンで発散させるもので、本体自体の温度が87度程度までしか上がらないので火災の心配はほとんどなし。また24時間のタイマーが装備されている製品がほとんどだ。値段も小型のものなら1万数千円である。

 問題はこのヒーターで浴室・脱衣所が十分に温まってくれるかどうかだな。ウウーム、どうしよう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)、600キロカロリー。昼飯はうどん。電子レンジで温めた冷凍うどんを丼に盛り大根おろし、花かつお、焼き海苔を散らし、味の素、麺つゆを入れる。そこに熱湯を注いで出来上がり。300キロカロリー。夕食は贅沢にも佐賀牛のステーキ。だいたい120グラムぐらい。そして千切りキャベツをたっぷり。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずに本日届いたばかりの柳内たくみ先生の「ゲート シーズン2 抜錨編」を読む。シーズン1から続けて登場したのは江田島海佐、ハミルトンのアレな計略に巻き込まれて「世界は一家、人類はみな兄弟」状態になった人魚種のケミィだけだが、巧みな情勢設定の上手さは健在。時間の発売が待ち遠しい。

 午後9時過ぎに読了。その後シャワーを浴びあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月1日(金) 「エヴァ」の仇を「ナースウィッチ小麦ちゃん」でとる
 「江戸の仇を長崎で取る」が元ネタとは誰も気づくまい、ふふふ。なお、「ナースウィッチ小麦ちゃん」というアニメ(OVA)は見たことがありません。この駄洒落のために長崎に似たタイトルのアニメを検索して偶然見つけたのがこの番組だったのであります。

 ええ、だからその続編『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてZ』が10年ぶりに復活。『ナースウィッチ小麦ちゃんR』として2016年1月より日本テレビ系でアニメ化されたなんてことももちろん知らないです、はい。 

 さあて、最近のトレンドは何といっても北朝鮮漁船の漂着です。ぼろっぼろの船が秋田や青森の海岸に上げ潮のゴミのごとくなって打ち上げられる。乗っている奴らも大間抜けで夜中の11時過ぎに民家のドアベル鳴らして助けを求めたっていうんですから。

 このニュースについて北朝鮮は漁民を装って工作員を送り込もうとしていると言っている人たちがいるのですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

 <https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23994130Y7A121C1EA1000/>  「海上保安庁によると、これまでも北朝鮮籍とみられる木造船は漂流、漂着している。2013年以降は年間45~80件あり、今年は11月22日時点で43件」

 <http://www.sankei.com/affairs/news/171124/afr1711240040-n1.html>  「北朝鮮とみられる船の漂流・漂着は28年66件、27年45件、26年65件、25年80件で推移。」  今年が突出して多いわけではありません。

  もちろん、違法操業許すまじだし(彼らの違法操業が日本漁業に甚大なる被害を与えています)、「警戒を厳とせよ」というのも当たり前の話です。でも、先日のミサイル実験に乗じて工作員を送り込もうとしている!というのはちょっと違うのではないでしょうか。もちろん、このクソキチガイ国家に一般人が多数拉致されている日本人が過剰に反応しがちなのもいたしかたのないことであると思いますけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップうどん どん兵衛とお握り。野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯は抜き。夕食は昨日と同じく佐賀牛ステーキ三枚(120グラム)と千切りキャベツ。後は玉ねぎ、ピーマン、
人参を贅沢に使った(決して冷蔵庫の中の余りものを始末したということではないので誤解しないようお願いします)、ケチャッピーのナポリタン。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、米国盤UHDブルーレイで『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』を見る。公開前の作品(日本公開は2018年3月)なので詳しいネタバレは避けるけれども、いやー、頭良くないよ(笑)、バカだよう(笑)、あのレモンをちゅっちゅっちゅの場面にはもう腹を抱えて笑ってしまったし、そういった意味では実に面白い映画なので、みなさん見に行きましょう。

 驚くべきはその気が狂ったかのようなヴィジュアルイメージ。冒頭のいろんな宇宙人みなさんこんにちわとか、巨大宇宙ステーションで無数の知的生命体が共存している様とか、宇宙船のチェイスとか、ちょっと目ェがちかちかしますが、その情報量の多さに酔わされます。もうこれだけで見に行く価値があろうってものです。だからみなさん、ぜひ、劇場までお出かけくださいませ。

 UHD画質はそのヴィジュアルを十二分に表現する高品位なもの。DIファイルは2Kだが、下手な4Kマスターなどよりはるかに高画質なのではないか、というより、『エイリアン・コヴェナント』、『猿の惑星 聖戦記』、そして今回の『ヴァレリアン』等々を見ると、もはや画質の評価に「2K・4Kマスターの違い」を含めるべきではないのかも知れない。

 音声は48kHz/24bitのドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生。音が分厚い、定位が良い、BGMもこれまた音が良い。すいません、私の貧弱な語彙ではこれが限界です。

 本当にUHDブルーレイの画質・音質というのは私の視覚・聴覚の限界をたやすく超えてくるんですよ、ほんと。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月2日(土) 「タランチュラね」
 落語駄洒落でございます。元ネタは「たらちね」でございます。今朝は土風激しゅうして、小砂眼入し歩行為り難しなのでございます。

 ちょっと思い出した映画館話。『エイリアン』上映館ではロビーに除き穴のついた巨大な正方形の箱が置いてあった。「中をご覧ください、これがエイリアンの姿です」なんて書いてあった。もちろん、鑑賞前のお客様に配慮して「ネタバレです。見る前に覗かないで」みたいな注意書きもあったけれども、私はそういうことに拘泥しない性質だったので速攻で覗き込んだ。そして後悔した(笑)。

 公開後あれこれ言われて幻の映画となった『ノストラダムスの大予言』 上映時は凄い大ヒット?で満員の映画館で階段に座ってみたものである。当時はアイスクリームやジュースなどの売り子さんが場内を回っていたのだが(これも今から考えたら凄い話だ)、あまりの客の多さにそれができなくなってしまったくらいだった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハンと豆腐の味噌汁、焼き海苔。昼飯は即席麺 サッポロ一番塩味とキャベツの千切り。

 夜はとある場所でとある関係の飲み会。私はここで自分の記憶の恐るべき穴を気づかされて愕然とするのであるが、詳しいことはちょっと書けぬ。どうかご了承くださいませ。

 2次会までお付き合いして終了午前12時過ぎ。タクシーで帰宅し、すぐさま寝る。

 12月3日(日) 『いんちき白バイ』
 元ネタがマルクス兄弟の『いんちき商売』だと気付いてくれる人が、さて、何人いるか。今月のUHDブルーレイ注文分。米国盤で『ヒットマンズ・ボディガード』、シャーリーズ・セロン肝いりの『アトミック・ブロンド』、そして『ダンケルク』 『ダンケルク』は同時期に発売される国内盤にしようかと思い悩んだのだが、国内盤はなんだかいろいろついていて送料を考えてもちょっとお高めということで最終的に米国盤をチョイスしたのである。

 国内盤は『怪盗グル― ミニオン大脱走』と『ハリーポッター 炎のゴブレット』 『炎のゴブレット』は新しく導入したプレーヤーやプロジェクター、そしてアクセサリー類の評価ソフトとしてブルーレイを見まくったからなあ。あの映像が4K、HDRでどのように生まれ変わるか今から大変に楽しみである。

 さて、本日は町内の餅つき大会。私は午前7時半に起きてシャワーを浴び、事務所に寄ってコンビニのサンドウィッチとコーヒー牛乳で朝食を取り、午前9時前に到着したのだが、すでに集会所敷地内にはコンクリートブロックを利用したかまどがしつらえてありもち米ががんがんと蒸されていたという・・・。テント、椅子、テーブル類も設置してあり、みんな何時からやってたんだか(笑)。オレの聞いていた集合時間は午前9時だったんだぞ。

 ということでそれから午後3時までの6時間に渡り、私の目は私の体を離れもちつきという過酷な時間の中に入っていくのです。いや、実際、もちつき3回もやるともう体がたがた。両腕が上がらなくなる。いい年こいたオトナ4人がかりでやっと持ち上げることができるくらいの石臼片付けもきつかった。腰がきしんで横綱日馬富士にカラオケのリモコンで「せい、せい、せい!」とぶん殴られた貴ノ岩のごとく呻いてしまった。

 昼飯はこの餅つき大会で出されたもち1個とお握り3個、たくわん数切れ。

 午後3時過ぎに帰宅。やらなければならない仕事もあったのだが、疲れのために全て放擲。シアタールームのパーソナルチェアの上でしばしまどろむ。午後6時過ぎに卵焼きとシーチキンで缶ビール500mlを呑み、カレーライスで仕上げ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「そこまで言って委員会」 疲れがぶり返してきて午前12時前に寝てしまった。

 12月4日(月) 『モルトケ姫』
 ドイツ海軍巡洋戦艦駄洒落。松永和紀先生の「効かない健康食品 危ない自然・天然」読了。この本の中で一番面白かったのはアメリカのノートルダム教育修道女会に属する尼さんを調べた「ナン・スタディ」という研究。22歳で修道女の学校に入る時、慣例として入学者は自分のことを語る1ページほどのエッセイを書かされる。75~95歳の修道女180人が50年以上前に書いたエッセイの内容を調べたところ、「明るいポジティブな感情を表現した人ほど長生きする」ことが分かったのである。

 修道女は当然ながら暮らしぶり、食生活、酒・タバコをやらない、ウィルス感染のきっかけとなる性交渉がない等々が共通している。そのためこれらの影響を排除して純粋に性格と健康の関係を調べることができ、しかも、フォローしている期間が長いのでその結果は非常に信頼できるのだそうだ。

 そうかあ、明るいキモチで毎日過ごせば長生きできるのかあ、よーし、オレもさっそく今日からやってみよう、うふふふ、あははは、へへへへ、ぎゃはははは。君、それはちょっと違うと思うよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼飯はうまかっちゃん。野菜は博多万能ねぎ刻みをたっぷり入れたので勘弁してくれ。夕食はキャベツの千切りをたっぷり。そしてまたまたうまかっちゃん。なんかめちゃくちゃうまかー。前は薄くてあまり好きじゃないこの即席ラーメンだったが、これも加齢のなせる技であろうか(笑)。

 その後、某ヤフオクで落札したUHDブルーレイ『カーズ3 クロスロード』を見る。作品内容はまあ、いいとして、いや、本当に私は最近のディズニーアニメを楽しめないんだ、だったら買うなと言われそうだけど。画質・ドルビーアトモスの音質はどちらも素晴らしかった。

 4K解像度による情報量の多さに目が回る(笑)。また郊外のち密な背景美術がこの高画質によってその真価を発揮。この高解像度により奇妙な現象が発生する。場面によってその風景がミニチュアに見えてくるのである、まるで「サンダーバード」の世界だ。音声はドルビーアトモス(同じことを何回も何回も書いて申し訳ないが、対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される)。レース場の歓声がシアタールームを満たす感覚がとても心地よい。移動表現も完璧であり、フロントからレーサーたちが右・左サラウンドチャンネルを駆け抜けていく。

 その後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月5日(火) 「千点棒レイン 九月の雨」
 元ネタの「セプテンバーレイン」がどんな歌だったかもうまったく忘れています。元ネタを歌っていた太田裕美さん、ほんと、申し訳ないです。いいかね、

 ナチスドイツの象徴、スワスチカ。このマークをずっと見つめてみたまえ、すると、この忌まわしきマークがいつのまにか「走っている人」に見えてくるはずだ。スワスチカには霊的な洗脳呪法の効果があり、見るものに「急がなくちゃ、急いでヨーロッパを征服しなくちゃ、急いで○○○○を支配しなくちゃ」という渇望を抱かせるのである。

 「ナチス第三帝国」の世界征服の野望が潰えてはや、72年。しかし、彼らの呪詛はその力をいささかも減ずることなく現代のわれわれにまで影響を及ぼすのである。ああ、恐るべしナチス・ドイツ!

 (当然ながら上から下まで頭から尻尾まで後ろから前からどうぞまでウソなので決して本気にしないこと)

 ひっ、アマゾンから届いた交換品の『ダークタワー』UHDブルーレイも再生できん。仕方ないからブルーレイで見ちゃったよ、もう。この『ダークタワー』UHDディスクはHDRの「ドルビービジョン」対応。対応していない我がシステムではHDR10方式で再生される筈なのだが。いや、ひょっとしてパナソニック DMR-UBZ1ではドルビービジョンのディスクが再生できなかったりするんじゃないだろうな、うわー、大変だー。

 その『ダークタワー』 公開前(日本公開は2018年1月27日)なので詳しいネタバレは避けるが、冒頭のサイレンで呼び出される子供たちは明らかに映画『タイムマシン』(1959年)だし、中間世界で残骸となっていたテーマパークの名前は「ペニー・ワイズ」だし(原作でも中間世界とペニー・ワイズには密接な関係があるとされる)、ジェイク・チェンバースは「タッチ」の代わりに「輝き Shine」を使う。

 もう私のような人間はこれだけでにやにやしてしまうのだが・・・。一般の人が見てどう思うか、ちょっと予想がつかないですなあ。

 ブルーレイの画質・音質は大変に良かったのだが、悔しいので(笑)一切評価しない、くそ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はお歳暮で頂いたラーメンセットの中から喜多方ラーメンをチョイス。気合を入れてチャーシュー、煮卵、焼き海苔などをトッピングして食べたのだが、まあ、そうたいしたことはありませんでしたなあ。後はキュウリを一本。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,050キロカロリーなり。

 その後、前述の『ダークタワー』を怒りに身もだえしながらブルーレイで見たのである。終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて今までちびちび見ていたチャンネルNECO ハイビジョン録画の『三匹の野良犬』を最後まで。ぎくしゃくしつつもなかなかのチームワークを発揮する小林旭、宍戸錠、和田浩治のトリオが実に魅力的。特に容疑者への暴行致死で職を追われた元刑事の宍戸錠は不気味なまでの冷たさを漂わせ、敵組織の男女4人をまったくためらいを見せず始末する。

 このハードボイルドがハイコントラストのモノクロ映像にぴったり!なのだ(笑)。

 終盤、殺し屋の郷 鍈治と一対一で戦う小林旭。舞台は土砂採掘現場なのだが、二人はここで結構高い崖から飛び降りる。土砂が柔らかい場所だとはいえ、見ていてびっくりしてしまったくらい高いのである。なんぼなんぼでもこれはスタントだろうと思ったのだが、この後、カットを割ることなく戦い続ける二人。どんどんこっちに近づいてきて、ああ、やっぱり小林旭と郷 鍈治だと分かるのだ。

 日活アクション映画のスターも楽ではありませんなあ。

 終了後午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月6日(水) バタ臭いナイフ
 今の若い人には「バタ臭い」という表現そのものがまったく分からないでしょうなあ。NHK BSプレミアム『アナザーストーリーズ 運命の分岐点 ゾンビ誕生の衝撃』を見る。『生きる屍の夜』『ゾンビ』のグロイ場面を一杯流してくれて満足。特にいくらBSとはいえNHKでトム・サビーニのマチェーテでカッ!とか、ヘリコプターのローターで頭のてっぺんをカッ!が見られるとは思わなかった。まさに英断だ(笑)。

 でもトム・サビーニの従軍体験で彼以外の部隊は襲撃されて全員亡くなった・・・ってなんだ?フツー、こういう場合って戦死したって言いますよね、それとも何ですか、戦死って放送禁止用語になっちゃったんですか?

 本日は休み。午前9時に起床して大根おろしうどん(電子レンジで温めた冷凍うどんを丼に盛り、大根おろし、花かつお、博多万能ねぎ刻みをトッピング。味の素、めんつゆを掛け後からお湯を注いだもの)。300キロカロリー。

 その後はお洗濯(笑)やお部屋のお片付け(笑)。事務所へ行ってゴミ関連の始末。

 昼飯はマルちゃん正麺の冷麺。茹で卵、キュウリ、トマト、チャーシューをトッピングする。冷麺スープはミネラルウォーターで薄め味の素、麺つゆを使って和風にシフト。たっぷりの辛子を絡めて食べるとンまい!550キロカロリー。

 昼飯後、しばらく昼寝してからプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『アップルシード アルファ』を見たのである。ウウーム、話の展開がもう一つ薄味なんだよなあ、特にタロス(悪役)が多脚砲台の起動に成功したシークエンスが物足りない。「うおお、これで世界はワシのもんじゃあ」と喜ぶタロス、しかし自律プロトコルが立ち上がり、多脚が制御不能、あらかじめプログラムされていたニューヨーク攻撃に向かうという流れが、いくらなんでもあっさりしすぎている。その過程で制御室の照明が赤くなるとかそういう映像的なためが欲しかったところだ。

 ハイビジョン画質は暗部がやや不安定。しかしCGアニメらしい高解像度はハイビジョン放送と言う規格限界の中でもちゃんと保持されている。音声はAAC5.1チャンネル。全体的な情報量は多いが、重低音の迫力が今一つ。ストーリーと同じく薄味なサラウンドだ。

 夕食は昨日と同じくお歳暮で頂いたラーメンセットの中から味噌ラーメンをチョイス。またも煮卵、チャーシュー、焼き海苔、博多万能ねぎ刻みをトッピングした豪華版であったが、味そのものはまあ、大したことがないなと(笑)。貰っておいてなんてこと言いやがる。後は茹でホウレンソウ。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、米国盤UHDブルーレイの『エイリアン コヴェナント』を再見。3回目だけれどもやはりその高画質・高音質は圧倒的である。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 12月7日(木) マセるな危険
 あんまり早くからソッチの方へ興味を持っちゃうと、いろいろ危ないですからねえという駄洒落。悪い予感が当たってDMR-UBZ1ではドルビービジョン対応のUHDディスクが再生できない。昨日届いた『怪盗グルー ミニオン大脱走』も再生不可。これはたまらんとパナソニックのサービスに問い合わせてみたら「UB-Z1はドルビービジョンに対応しておりません」  思わずええーっと叫んでしまった。

 世にも悲しげな声で「そりゃないですよ、ファームアップとかでなんとかならないですか」サービスのお姉さん、慌てた様子で「で、ではこちらで検討してお電話さしあげます」私はどうも慌ててしまって変なことをいってしまったようだ。そもそも「UB-Z1」がドルビービジョンに対応していないのは当たり前。サービスのお姉さんのおっしゃった通り。しかしドルビービジョンは従来ディスクのHDR方式「HDR10」と下方互換をキープしている筈。「UB-Z1」はドルビービジョン対応UHDディスクをHDR10で再生できなければならないのだ。

 <https://kakakumag.com/av-kaden/?id=10519>によれば「ディスクにはベースレイヤーにHDR10(10bit映像)を、エンハンスメントレイヤーに追加2bit分のデータを収録しているので、プレーヤーとテレビがDolby Visionに対応している場合は12bitのDolby Vision 映像を、非対応の場合はHDR10として再生することができるようになっている」

 つまり音声方式でいえばドルビートゥルーHD音声が非対応機器ではドルビーデジタルで再生されるのと一緒なのである。このあたり、受付のお姉さんと私の双方の認識が食い違ってしまったみたいだ。

 後日、専門部署の方から連絡を頂くようになっている。この結果がどうなるのか、皆、括目して待て!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜揚げうどんとキュウリ半分。300キロカロリー。昼飯はお歳暮で頂いたラーメンの最後の勇者、とんこつラーメン(チャーシュー、煮卵トッピング)を食べる。後は茹でホウレンソウ。650キロカロリー。夕食は冷凍食品のどん兵衛鴨ソバ。トマト1個。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイ『怪盗グル― ミニオン大脱走』が再生できない、うきーっ、騒動を経てWOWOWハイビジョン録画の『太陽』を見たのである。これは『SRサイタマノラッパー』シリーズの入江 悠監督が前川知大の劇団イキウメの読売演劇大賞グランプリ受賞作品である同名舞台劇を映画化した近未来SFサスペンスだ。

 演劇としてはまことに優れた作品だと思うが(舞台を見た訳ではないのでこんな言い方しかできない、許されよ)、演劇ならではの作品世界を映画のそれに上手く転調できたとはとても言えない。なるほど監督の演出力、役者陣の演技は貧しさゆえに抑圧された寒村をイヤになるくらいリアルに描き出す。戦後の日本における北朝鮮(四国の自治区)や日本赤軍のアナロジーも実に正鵠を射ており、貧困がこの種の災いを招き寄せるという真実を語るのだ。

 しかし、この語り口の上手さ、力強さが逆に抑圧側の新人類との対立の焦点を曖昧にしてしまったことは否めない。演劇の器の中ではそれで十分以上の説得力を持ちえたかもしれないが、情報量が比較にならぬ長編映画ではとても足りない。これでは新人類が抑圧の象徴たりえない。傲慢であるが、基本的に善の存在に留まってしまうのである。

 ハイビジョン画質はぺけ(笑)。暗部がざらざらだし、変なジャギーも散見される。音声はAAC5.1チャンネル。こちらは上々のサラウンド。派手な効果はないが、貧しい村の寒々とした雰囲気を良く表現している。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてシネフィルWOWOWハイビジョン録画の『モスキート爆撃隊』を見る。いやあ、満足、満足、モスキートのカッコ良さが堪能できるし、ストーリーも実に面白い。特撮もなかなか頑張っていて迫力十分。まあ、地上版スキップボミングはちょっと無茶だけど(笑)。

 でもねえ、あの戦死した夫の未亡人がいくらそういう時代だったとはいえ、いくら夫と兄弟同然に育ったとはいえ、1ヶ月と経たないうちに主人公のデヴィッド・マッカラムにえらい勢いで迫っていくのはどうも納得できなかったです、はい。

 ハイビジョン画質は評価できず。発色は綺麗なのだが、とにかく破綻が多い。解像度の低さも気になった。

 終了後入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 12月8日(金) ジョナの相  
 「おや、あなた、ジョナの相が出ておりますな。くれぐれもクジラにはお気をつけなさい」 さて、昨日のパナソニック DMR-UBZ1がドルビービジョンUHDディスクを再生できないよ!問題の続き。夜、パナソニックの方から連絡を頂く。そして担当の人からのアドヴァイスに従って映像・音声関係の設定を変えてみたが、依然、再生は敵わぬ。担当の人もウウーム、ウウームと唸っている(笑)。結局、もう一度検討させてくださいということで週明けに再度連絡をしてもらうこととなった。

 なんとかしてこの問題を解決して欲しいものである。20ン万円の大枚を払って購ったパナソニックのハイエンド UHD再生機能付きレコーダーが互換性の取れている筈のディスクを再生できないということになれば、私としては今後、パナソニックと決別するしかなくなるからだ。プレーヤーはともかくとして(OPPOとかあるし)ブルーレイディスクレコーダーは事実上、パナソニック一択しかない。こうした現状でパナソニックとの決別を余儀なくされるのであれば、それはもう間違いなく、私の今後のAV生活に多大なる悪影響を及ぼすであろう。

 だから、ほんと、なんとかしてください。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合、チャ―シュエッグと豆腐の味噌汁、きゅうり。500キロカロリー。昼飯はゴハン半合、豆腐の味噌汁、焼き海苔、ふりかけ。350キロカロリー。夕食は豚肉入りの野菜炒め。熱いつけ汁につけて食べるざるそば、そしてきゅうりを半分。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動してWOWOWハイビジョン録画の『ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆』を見る。ヒマラヤ8000メートル級14峰の登頂に成功した実在の登山家オム・ホンギルの困難極まる遺体回収の試みをファン・ジョンミン主演で映画化したという作品。

 映画の前半ははっきり言ってたいしたことはない。オム・ホンギルと後輩ムテクの登山行を淡々と描写するだけであり、そこにはドラマ性というものが皆無と言っていい。おまけにオム・ホンギルが足の怪我のためにあっさりと引退したりしてなおさら拍子抜け。しかし、その直後にムテクを含む3人が遭難死、オム・ホンギルが彼らの遺体回収を決意するところから本当の意味での映画が始まるのだ。

 エベレストには遭難死した登山家の遺体が150人以上も眠っているという。それほどまでに8,000m級の高山での遺体の捜索・回収は困難を極める。オム・ホンギルの死体回収の試みなど自殺行為以外の何ものでもない。

 それでも彼は行く。彼の妄執にも似た情熱に突き動かされ次々と参加を決める元の仲間たち。この映画の凄いところは緊張感みなぎるヒマラヤの映像でも、ストーリーの面白さでもない、狂気ともいえる情熱で無謀な行為に挑むキャラクターたちが生み出す際限のない高揚感なのである。

 ハイビジョン画質は今一つ。緑や青のノイズが映像に乗って見苦しい。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドはなかなかの出来物。吹きすさぶ風の圧力を重低音を使って上手く表現している。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎよりプロジェクターを起動させエロール・フリンの『葬列第七騎兵隊』を一時間ほど。図々しさと妙な運の良さでとんとん拍子に出世していくカスター(エロール・フリン)、これではまるで植木等だよと呆れていたら副官が「いいですか、わが軍の中でもっとも無責任な男を指揮官にしたのですぞ」

 やっぱり植木等じゃん(大笑い)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月9日(土) 「盗んだ俳句で走り出す」
 私は当時、尾崎紀世彦と尾崎豊の区別がついていませんでした駄洒落。食育トンデモ 味噌汁教に続く出汁教。<https://tr.twipple.jp/t/85/939160370899382272.htmlより引用開始>『はなちゃんのみそ汁』周辺の食育イベントで「ある赤ちゃんが、鰹節を削った出汁はゴクゴク飲むけど化学調味料の出汁は吐き出していた。赤ちゃんは本能的に体に悪い物をを見分ける力があるのです」みたいなことを言っている人がいて「赤ちゃんにそんな能力があったら苦労しないわ」と思った。<引用終了>

 元ツィートはこちら https://twitter.com/hx7cFaIN4hQTqu0

 本能的にそんな力があったら赤ん坊の誤飲事故などあり得ないだろ、だったら赤ん坊のそばに「あるいは吸殻で一杯の灰皿」を置いていても問題ないんだなというごもっとも、ごもっとなコメントがたくさん。そりゃそうですわなあ(笑)。

 ただ、それ以前にこの手の食育党(化学物質・添加物に発狂。反面自然のものはなんでもありがたがる。特に前述のごとく、味噌汁と天然出汁が大好きである)の人たちは体に悪い「化学調味料の出汁」を赤ん坊に飲ませてしまったことに対する反省がまったくないのがコワイ。そして「化学調味料の出汁」が赤ん坊に悪いと知っていて飲ませたのなら立派な虐待事例になり得るのに、そうしたことをまったく考えていないのがコワイ。

 (虐待云々はご安心を。赤ん坊でも常識的な化学調味料の使い方をしているのであればまったく体に悪影響などでませんので。あくまでも食育党的な考え方をした場合の話です)

 いや、ホント、食育なんたらというのはロクでもないんだよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にケチャッピーを使ったピザトースト。トッピングはトマト半分、ピーマン少々。300キロカロリー。昼飯はゴハン半合を長ネギとわかめの味噌汁、ふりかけ、大根おろしで。350キロカロリー。夕食は大根、ニンジン、長ネギ、玉ねぎ、もやしを使った豚汁。なんかすげえウマかった。これでゴハン半合を食べたらなんか夢のようだった。まるで亀を助けたわけでもないのに竜宮城へ招待されて乙姫様の歓待を受けているような気分になるほどだった(念のために言っておくが歓待といってもお酌どまり。それ以上の積極的なサービスはなし)。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『シークレット・オブ・モンスター』を見る。この映画を高く評価している人というのはまあ、「深読みのし過ぎ」なのでしょうなあ。もっとも、この映画はそうした過剰な「深読み」を誘引する要素(父親と家庭教師、母親とあの男の怪しい関係、母親が子供をネタに目障りであったチーフ・メイドを排除したこと)をあちこち確信犯的にちりばめてあって、その点では実に上手い映画なのである。

 文句を言っている私ですら見ている最中は画面から目が離せなかったくらいなので面白い映画なのは確かであります。

 ハイビジョン画質はだめだめ。暗部の諧調がなくそのくせ妙に浮いている。ノイズも酷い。音声はAAC5.1チャンネル。躍動的なBGMが素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月10日(日) 祇園精舎の鐘の声、職業不詳の響きあり
 いいですか、私には「平家物語」と「源平合戦」の区別がいまひとつ分かっていないのですぞ。南極地底世界説でその手の人には有名なバード少将(リチャード・バード)。子供の頃この人の伝記を読んだのだが、この人は幼少時、おじいさんのところへ行ったついでに客船で世界旅行をしたというお坊ちゃんであった。この旅行で「世界には夕暮れのない地域がある」ということを知ったリチャード。え、どこ?それ。

 この伝記ではかなりむりやりに日本人南極探検家 白瀬中尉のエピソードが語られていて、バードが当時、忘れられていた白瀬中尉の南極探検を再評価したことになっていた。ちなみに南極探検から帰還した白瀬中尉、後援会が国民の義捐金を使いこんでいたため現在の価値に換算すると1億5千万円もの借金を負うことになってしまった。 その後彼は借金返済のために20年もの間、実写フィルムを抱えて娘と共に、日本はもちろん台湾、満州、朝鮮半島を講演して回ったという。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にうどん。乾燥わかめを放り込んだら実にそれらしくなった(美味しくなったという訳ではない)。昼飯はゴハンと豆腐・わかめの味噌汁、納豆。夜はカツオの叩きとマグロの刺身、豚汁。ビール500ml缶一本飲む。ゴハンは半合。

 その後、音楽を聞きながらだらだらと読書。午後9時すぎにシャワーを浴びて午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月11日(月) 月が出た出た、月がぁ出た、身請け炭鉱の上にでた
 三池炭鉱駄洒落。Yahoo! JAPAN知恵袋で「北海道の炭坑の民謡ですが九州にもこの様な民謡はあるのでしょうか」と質問している人がいてびっくりしたもんですよ、はい。

 さて、家事の話である。それも掃除機である。今までElectrolux エルゴラピード 【サイクロン式 2way コードレスクリーナー】 と言う製品を使ってきたのだが、とにかく吸い込む力が弱い。そして掃除を終えた後にスタンドに立てかけようとするとノズルからざらざらとゴミが落ちてくる(笑)。他にも何の不具合か良く分からないけれどもしょちゅうスイッチが切れてしまったりする。ノズルヘッドが大きくて細かな隙間の掃除ができないのも大きな欠点であった。

 いい加減がまんできなくなって買い替えたのがマキタのコードレスクリーナー。10,000円弱の製品なのだが吸引力は文句なし。つま先なぞ当てようものならしゅほんっ!オレの体が吸い込まれてしまうくらいだ(ウソ)。ノズルヘッドも小さくて軽い。取り回しが良くベッドの下なども無理なく掃除できる。今時紙パック!という欠点はあるものの、エルゴラピードより10倍も使いやすい。

 いや、もっと早く買っとけば良かった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイではなくて、ちょっと年金関係の事務所に出かけたりもしましたけど。食ったもの、朝飯にコンビニのフィレオフィッシュバーガーと野菜ジュース。昼は年金関係の用事を終えた後で天神へ出てサイゼリアで昼酒。サラミソーセージ、ガーリックパン等をつまみにビールやワインを飲んでランチのハンバーグで仕上げ。ワインはデカンタの大きい奴を頼んだら結構酔っぱらっちまった。へへへへ。

 平日の昼間っから何をやっているんだとお叱りを受けるかも知れませんが、この5日間禁酒していたのですから大目に見てやってください。

 バスで帰社。楽しい昼酒の後はこれまた楽しいゴミの始末だ、ふん。

 夕食はわざわざアマゾンで取り寄せた「マルちゃん 冷やしラーメン」 細切りハム、キュウリ、茹で卵をトッピングしてぞるぞる啜りこんだらめまいがするくらい美味かったです。

 その後音楽を聞きながらAV妄想。ヤマハ AVプリアンプ「CX-A5100」の購入はほぼ決意しているのだが、あらたな資金の目途がついたのでいっそ、11チャンネルパワーアンプMX-A5000+天井スピーカーを買ってドルビーアトモス、DTS-Xに対応しちゃおうかなあとよからぬ企みが持ち上がってきたのである。天井スピーカーは突っ張りポールで設置すればなんとかなるだろう、よしよし・・・みたいなことを考えていると2~3時間はあっという間でさあ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 「関ヶ原相撲対決」を見てげらげら笑いつつ酔っぱらう。

 就寝午前1時過ぎ。

 12月12日(火) ウソつきはローラ・ボーのはじまり
 ローラ・ボーって「プロゴルファー猿」に出てこなかった?駄洒落。私はつい先ほど人生における重大事を決意いたしました。今、その私の人生を徹底的に変えてしまうような重大決意を発表いたします。

 私はヤマハのAVプリアンプ CX-5100を購入してドルビーアトモス、DTS-Xに対応いたします。当初は天井スピーカーの設置を考えていましたが、設置条件が難しく断念せざるを得ませんでした。その代わりにフロントスピーカーの上に設置して天井からの反射音を利用してアトモス DTS-X音場を構築するイネーブルドスピーカーの使用を決意しました。対象スピーカーはELAC  Debut LINE Atomos イネーブルド・スピーカー / ペア Debut A4(54,000円)、あるいはONKYO D-309H Dolby Atmosイネーブルドスピーカー  ペア ブラック D-309H(42,553円)あたりになると思います。

 そしてこのイネーブルドスピーカーをドライブするパワーアンプはNuPrime STA-9(95,000円 税抜)であります。本当は一気にCX-5100の相棒である11チャンネルパワーアンプ MX-A5000(300,000円)に行っちゃおうかとも思ったのですが、私のシステムではせいぜい4チャンネル分しか使うのが精いっぱい。バイアンプにしても8チャンネル(そのような使い方ができるかわかりませんが)ととてももったいないことになってしまうのです。だったらステレオパワーアンプで十分ではないかと考えたのです。このNuPrime STA-9は意外に安価、そして私のシステムに必要不可欠なXLRバランス入力を備えております。

 わたし、もう迷いません。ドルビーアトモス、DTS-Xを導入して幸せになります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼飯はひさびさのサッポロ一番塩ラーメン。もやしをたっぷり入れてくったのでヴァイタミン補給は万全だ。夕食はかつおの刺身と豚汁。ゴハン半合。わさびと醤油にまみれたかつおの刺身をゴハンに乗っけてぐわああああとかきこむと、こりゃたまりませんなあ、毎日こうだと泣けてきますなあ。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『サバイバルファミリー』 矢口史靖監督の最新作であるが、これまでのフィルモグラフィいとはがらりと趣を変え、本格的なSFサバイバルものとなっている。なにしろ本格的なサバイバルものであるからして主人公家族もかなり悲惨な目に会う。しかし、それをあまり深刻に暗く感じさせないのが矢口監督の絶妙なユーモア感覚で、大阪での家族のやりとり、父親(小日向文世)のかつらを握りしめて慟哭する息子、トンネル案内業を営む盲目のおばあさんたち(電気が使えないので暗くてトンネルが通れない)など実に上手いんである。

 電気が使えるようになってすぐに送電開始、街灯が灯ったり、原発はどうなっているんだ、冷却用設備が使えないからすぐにメルトダウンしちゃうだろう、それとも核分裂反応自体も止まってしまうのか、等々、理屈に合わないところもあるけれども、なかなかに良い映画でありました。

 あ、ひとつ言っておきますけどフレドリック・ブラウンの「ウァヴェリ地球を征服す」のパクリだとか言っちゃいけませんよ、ほんと。

 ハイビジョン画質は明るい場面はパーフェクト。邦画ハイビジョン放送画質として最上級の品位と言ってよい。反面暗い場面はなあ(笑)、トーンジャンプはひどいし諧調は崩れるしノイズは出るし、本当にこのあたりはなんとかならないものですかねえ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 
 12月13日(水) 製麺実業家
 昔、女優が結婚するのは決まって青年実業家だった駄洒落。さて、皆さんにご心配をおかけしたDMR-UBZ1のドルビービジョンUHDディスクが再生できないよ問題(いや、心配なんかしてねーし)であるが、パナソニックサービスのご尽力によって無事解決。要するにネットに接続して(WiHi)最新のソフトウェアをダウンロードすれば良かったのだ。前機種のBZT-9600ではこうしたアップデートは放送波でやってくれていた。マスターグレードビデオコーディング(MGVC)の実装も放送波経由であった。それで油断していたのである(笑)。

 なお、シアタールームにネット環境がない場合でもソフトウェアのアップデートはパナソニックのホームページからダウンロードしCD-R経由(たぶんサービスの人はDVD-Rと間違えている)で実行できるそうであります。

 それでさっそく『怪盗グル―とミニオン大脱走』を見たのである。悪役が面倒臭い(笑)、双子の兄弟はあんまり意味がなかったのではないか(笑)等々の不満はあるけど、やっぱりいいよ、このシリーズ。ミニオンズは相変わらず面白くて本筋にはほとんど関係なかったけれども刑務所からの脱走場面は最高であった。トイレから洋式便器をどんどん持ち出してくる、何に使うのかと思えば手作り気球の座席にするという、この発想はちょっと狂っている(笑)。

 悪役の巨大ロボットの動きもグロテスクなまでにリアルなのだが、それがちゃんとギャグになっているのも凄いことだと思う。

 画質はまあ、文句のつけようがありませんな。特に解像度の高さはUHDブルーレイとしても出色の出来。街の俯瞰映像とかもう眼がくらみそうになる(笑)。音声はDTS-X。対応していない私のシステムではDTS-HDマスターオーディオとして再生。丁寧な重低音の使い方、明快な移動の表現等々映像と同じく大変に高いレベルに到達している。

 ただ、このUHDディスクには大変な欠点がある。何を考えたか知らないがオープニングクレジットで表記されるのは日本人声優の名前なのだ。劇中、あちこちの文字が日本語に改変されているのも不愉快。オリジナルのギャグが分からなくなっちまうだろ。

 これが日本語吹き替えを選択した時のみというのなら逆に感心してしまうだろうけど。英語音声を選択しても変わらないのだからちょっと呆れちゃうよ。

 本日は休み。午前8時に起床してピザトーストとノンカロリーコーラの朝食を取り、その後前述の『怪盗ドルーとミニオン大脱走』を見たのである。

 昼飯は出来合いのトンカツ、キャベツ千切り、もやしとわかめの味噌汁。ビール500ml一缶飲んでゴハンを半合。ンメー。夕食はやはり出来合いのトンカツを使ったカツ丼。ちょっと汁が少なさ過ぎてカツ丼というよりもカツ煮をのせたゴハンになってしまったのが残念であった。

 その後は映画を見ずにチャンネルNECO HDで録画した「ガールズ&パンツァー」を再見。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はやっぱり「ガールズ&パンツァー」 結局アンツィオ戦まで含めて本編ぜんぶ見ちゃったよ。

 就寝午前1時過ぎ。

 

 12月14日(木) 「カルト隼戦闘隊」
 今なら一中佐に過ぎない加藤建夫に洗脳され危険な戦場へ飛び込んでいく様はまさにカルト宗教団体の如しとか、本気と書いてマジと読むで文句を言われたりするのではないか。

 12月13日、広島高裁による伊方原発3号機の運転差し止決定が出た。野々上裁判長による判断理由は以下の如し。「熊本県の阿蘇での大規模噴火が起きた際に、原発がおよそ130kmの距離にある。およそ9万年前の阿蘇カルデラでの噴火で火砕流が原発の敷地内に到達した可能性が小さいとは言えないとして、立地に適さない」 馬鹿馬鹿しいの一言(笑)。

 このクラスの破局噴火が起こればどうなるか。火砕流で九州、山口県南部は壊滅的な被害を受ける。そして大量に放出された火山灰が地球を覆い、いわゆる「火山の冬」を引き起こし、地球的レベルの寒冷化を招くだろう。低下した気温は農作物の生育に致命的な悪影響を及ぼし、その後数十年に渡って飢餓の時代が訪れるかもしれない。地球環境の激変を招くおそれすらある。そんな状況が想定される事態になれば原発が事故を起こそうが起こすまいが日本人を待ち受けているのは壊滅という運命でしかない。

 「原発に火砕流が来て危ない」というこのアレな裁判長はこうしたことについてまったく理解を欠いている。例によって天文学に例えると「西から上ったお日様が東へ沈む」レベルの無知な人間が「安価で安定した電力供給」という企業努力を無に帰してしまったのである。さらに酷いことにこの野々上裁判長は今月下旬に定年退官する予定。この司法決定は彼の無責任な最後っ屁の結果に他ならない。

 過去にも大津地裁の山本善彦裁判長が、山を越えた福井県にある高浜原発の3、4号機について万一の場合は滋賀県にも影響があるとして運転を差し止める仮処分を決定した(この判事もやはり退官直前にこの決定を出した)。また、福井地裁(樋口英明裁判長)でも同様に運転停止の仮処分決定を下した。しかし、今までのところこうしたトンデモ判決はすべて高裁でひっくり返っていたのである。ところが今回はその高裁によるトンデモ判決だ。一体、日本の司法というのはどうなっているのだろう。 

 四国電は今後、高裁に異議申し立てする方針である。この場合、広島高裁の別な判事が審議することになりさすがにこのトンデモ判決は覆されるだろう。しかし、その決定まで運転は再開できないため莫大な燃料費がまったく無駄に消費されることになる(運転停止期限は来年9月末。火力発電9基(計339万1000キロワット)の稼働率を引き上げることで電力供給に影響は出ない見通し。しかし天然ガスや石炭を多用するため、年間の燃料費は最大420億円膨らむ(一ヶ月あたり35億円)。この金額は2017年3月期の連結営業利益(200億円)の2倍以上となるという https://blogs.yahoo.co.jp/toshi8686/65058896.html)

 原発、子宮頚がんワクチン、食品添加物や遺伝子組み換え食品、オスプレイ等々のなんら科学的な裏付けのない感情的な反対論が跳梁跋扈する今の日本、なんだ、「ニセ科学」にまみれきっているではないか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯はコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼飯は鳳凛でラーメン+替え玉。夕食はピーマンと玉ねぎ炒めを加えたケチャッピーのナポリタン。

 その後は音楽を聞きながら「ローダンNEO 3・4」を読む。現代風にアレンジされている筈なのに回りくどくて読みづらいなあ(笑)。オリジナルで月面のアルコン調査船を水爆で破壊したものの後にローダンの第三勢力に加入、そこそこ重要なキャラクターになったマイケル・フレイトの扱いもちょっと。何しろ彼は核爆弾を身につけて調査船に入り込み自爆してしまうのだから。

 オーヴァーヘッドことクリフォード・モンタニーもすでに暗躍を開始している。いや、4巻ではアルコン人クレストを手中に収めているのだからオリジナルもはるかに早く歴史への介入を試みていると言った方がいいか。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びいろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 12月15日(金) 身請け猫
 猫カフェに金を払って落籍するという駄洒落。最近、感動したのがコンビニでも買える「乾燥ワカメ」、これをちょいと放り込むと今一つ下手くそな私の豆腐の味噌汁が実に味噌汁らしい見かけになる。そして「乾燥ワカメ」自体から出汁が出るのか味噌汁の味にコクが出てくるのである。

 食い物関連でもう一つ。アマゾンに注文していた「盛岡冷麺 10食分」が到着。これで私の冷麺、冷やしラーメン資産は13食分になった訳である。私は冬でも冷麺を食べたいし、できれば一年中「マルちゃん ざるラーメン」を販売して欲しいと考えている冷やし麺男なのである。冷やソーメン、ざるうどんにはどうしても癒せぬ冷麺、冷やしラーメンへの餓えに常に苛まされる男なのだ。

 こんな風に書くとちょっとカッコいいかな(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。実は新規プロジェクトに関するアレがあったのだが当然ながら詳細をお知らせすることはできぬ。許されよ。食ったもの、朝飯に大根おろしをふんだんに放り込んだうどん。300キロカロリー。昼飯はキュウリとサッポロ一番塩ラーメン。500キロカロリー。夕食は豚汁。後は大量の千切りキャベツ。ゴハンは食べなかった。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ハイライズ』を見る。J・C・バラードの同名作品の映画化なのだが、私はあいにくとその原作を読んでいない。すいませんです、バラード先生。

 40階建てのタワーマンション。そのマンション内部にはスーパー、トレーニングジム、病院等々が設けられた1個の閉鎖された世界である。そしてその社会構造は格差社会ならぬ階層社会。上階に行くにしたがって社会的階級が上になっているようだ。

 ネットで検索したところによると、この階層社会で起こった階級闘争がマンション社会全体の崩壊を引き起こす映画らしいのだが、いや、まったくそんな風には思えない。最上階に居を構える設計者のジェレミー・アイアンズ、主人公のトム・ヒドルストンを除いて貧乏人も金持ちもどこかアレな奴ばかりだからだ。これはむしろこの閉鎖されたマンション世界の崩壊という事象を使ってエントロピー増大の法則を戯画化したものではないかと思われるのである。

 と、偉そうなことを書いておりますが、そもそも私が「エントロピー増大の法則」を正しく理解できているとは到底思えないので(笑)まあ、適当に読み流してやってください。

 ハイビジョン画質はいまひとつ。トーンジャンプは凄いし明るい場面も極端にコントラスト不足。音声はAAC5.1チャンネル。広大なサラウンド音場、BGMの品位の良さが印象に残る。

 終了後シャワーを浴びて録画の「ラーメン大好き小泉さん 2016新春スペシャル」を見たのだが、映像を使ったギャグが妙にシャレていて本放送よりよっぽど面白いではないかと感心したのであった。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月16日(土) 身請け文明
 ふふふ、これが「ミケーネ文明」の駄洒落とはお釈迦様でも気づくまい。おーい、「ローダンNEO」 タコ・カクタが福島原発事故の影響で超能力を得たことになっとるぞ、早川はもうこのシリーズ翻訳刊行を中止しろや。アホか、ドイツ人。なんだ、ドイツもフランスと同じか、がっかりだぜ。

 オリジナルも「日本は原爆落とされたからミュータントの本場であります」ということでミュータント探知機を持ったローダンたちがサッカーの競技場に来て、観客を調べ「あっ、こいつミュータントだ」そのまま有無を言わさず日本人を拉致してしまうというえらい展開になってたけど(笑)。

 翻訳刊行を中止しろというのはちょっと言い過ぎかも知れないけど、なにしろ「言論の自由、言論の自由。君が電話をくれるときは、(どんな差別的な内容であれ)言論の自由を守ればっかりだ」のご時世ですからな、それでも巻末にこの福島原発事故に対する正しい解説を入れるべきだったと思う。被ばく量が少なすぎてミュータントはおろか、がんにだってなりませんってな!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン、豆腐とワカメの味噌汁、卵焼き、ピーマン、ニンジン、玉ねぎの炒め物。昼飯はうまかっちゃんとキュウリ半分。

 夕食は久々の屑の会例会。参加者はわたし、ぴんでんさん、たけうちさん。1次会は天神某所の格安ふぐ料理の店。トラフグ刺し、380円! 白子ポン酢和え380円!フグ唐揚げ240円!(まあ、カナトふぐでしたが)みたいなお店(値段はだいたいそのくらいだったと思ってください)、後は串揚げ各種。料理は結構なものなのだが、どうにもマンパワーが足りず、料理、酒共に出てくるのがすんげえ遅い。

 辛抱たまらず1時間ほどでお勘定。2次会にすぐ近くのうどんウェスト居酒屋を選択。揚げ物各種、きのこのウニソース煮(これをバゲットにつけて食べるとたまらんのだ、これが)、カレーもつ鍋等々。メガハイボールをぐびりぐびりとやってようやく人心地がついたのであった(笑)。

 午後10時にお開き。たけうちさんはここで帰宅。お疲れ様でした。私とぴんでんさんのバカもの二人はそれからカラオケに行って1時間半ほどがあがあうなる。

 その後、ぴんでんさんとお別れして私はタクシーで帰宅。着替えてはあ、やれやれとパーソナルチェアに落ち着いたとたん眠りに落ち、はっと気が付いたら午前3時過ぎであった。私は、「ううん、ふみぃ」と可愛らしく顔をこすってベッドに行き、二度寝する。

 12月17日(日) 「アジテーターのジョー」
 いきなり赤軍派のキチガイに「我々は明日のジョーである」とか言われてちばてつや先生、梶原一騎先生も困っただろうな駄洒落。WOWOWハイビジョン録画の『寄生体X』というフランス映画を見る。このクソそうな邦題に違わず予想通りのクソ映画であった(笑)。

 彗星が地球に大接近する。するとなぜか人が凶暴化して主人公少年のパパが夫婦喧嘩の末にママを包丁でぐさぐさ、ぎゃあああ。それから11年が経過、少年は元気に成長してちょっといい加減なオンラインパソコンサポートサービスの仕事に勤しんでいる。どういう風にいい加減かというと、「パソコンのトラブルで困った人が電話してくるとなんでもかんでもとりあえす“再起動”してください」と言うだけという・・・(笑)。そんな時、あの彗星がまた地球に大接近。どうやら11年前の大接近の時に宇宙生物が地球に降ってきて多くの人々に密かに寄生していたらしく、そいつらが彗星の再接近で元気はつらつオロナミンC!人間をゾンビのごとく操ってパリ(エッフェル塔とか出てこなかったけどとりあえずパリにしておけば間違いなかろう)が阿鼻叫喚の地獄と化す!のであった。

 前半のムードは悪いものではない。メールで隣人の女に呼び出された主人公がどこそのマンションでやっているパーティにやってくるあたりのシークエンスはお祭り騒ぎの世紀末的な混沌を的確に表現しているし、カクテル飲んだ主人公がトイレで失神、意識を取り戻してみたらゲロ吐いていた!がのちの展開に何の関係もなかったというやる気の無さも良いぞ。しかし、この好印象はすぐに雲散霧消、ゾンビ的な人間が次から次へと襲い掛かってくるどこかで見たような場面が続いて81分という短い映画なのに飽き飽きしてしまうのだ。

 これはなんだな、30年以上も前ににっかつホラービデオで『死体と遊ぶな子供たち』を見た時のがっかり感に似ているな、ソッチ関係の雑誌でやたらに持ち上げられていたものの、実際見てみたらゾンビが出てくるまでみんながあれこれおしゃべりしているだけでタイクツ極まりなかったんだよな、まさか30年以上もたって同じような気持ちになるとは思わなかったよな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとゼロカロリーコーラ。350キロカロリー。昼飯はうまかっちゃん。海苔やらねぎやらもやしやらたっぷり入れて食う。500キロカロリー。夕食は豚のしゃぶしゃぶでビール500ml缶一本飲んでアマゾンで取り寄せた盛岡冷麺。キムチ、茹で卵、キュウリ、チャーシューをのせた豪華版。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動し前述の『寄生体X』を見ていろんな意味で悶絶したのである。ハイビジョン画質はまあ、それなり。黒が浮いているけど変なノイズが出るよりよほどまし。音声はAAC5.1チャンネル。いやあ、久しぶりだなあ、こんなに音数が少なくて貧乏くさいサラウンドは(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「そこまで言って委員会」など。就寝午前1時過ぎ。

 12月18日(月) グングニールアシスタント 
 元ネタのグーグルアシスタント、私みたいな人間からするといちいち話しかけなければいけないというのは結構面倒臭い。

 最近の自炊事情。まぐろの切り落としの美味そうな奴を買って来た。ふと思いついてごま油を掛けてみた。牛肉のユッケみたいになるのではないかと考えたからだ。大失敗だった。

 ゴマを多用するようになった。それもすりごまではなく粒のまま。「うまかっちゃん」にどさりと入れると妙に美味しい。キャベツ千切りに振り掛けてくばらキャベツのタレを使って食べるとこれまた美味しい。冷麺や冷やしラーメンにも良く合う。ゴマをたくさん摂取するとウンコから未消化のゴマが出てきて気持ち悪い!となるかなと思ったのだが、今までのところそんなこともなし。これからもゴマをどしどし食べ続ける所存である。

 最近のヒットは手抜き豚汁。玉ねぎ、にんじん、大根を顆粒だし、味の素を入れたお湯で煮る。風呂場で電磁調理器を使って加熱2時間。そこに豚肉・絹ごし豆腐を入れてから液体味噌で味付け。最後にもやしをどさっ。実に美味しい。それに野菜も多く摂ることができるのでお勧めである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯はうまかっちゃんにキャベツの千切り。500キロカロリー。夕食は前述の手抜き豚汁、納豆2パックを大根おろしと混ぜた奴。納豆は賞味期限が今日までだったので慌てての残った奴を片付けたのである。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『タイムトラベラーの系譜 ルビーレッド』を見る。ボーイ・ミーツ・ガール、都合の良い恋愛、シンデレラストーリー、さらに主人公マリア・エーリッヒが時間旅行する時代の風俗に溶け込むためと称して様々なドレス姿を披露。

 やー、おじさん、見ていてちょっと恥ずかしくなるなあ(笑)。

 などと苦笑していたらストーリーが進むにつれてどんどんハードになっていく。各時代に存在するタイムトラベラーたちは文字通りのスルーブリード(血脈 競走馬のサラブレッドはまさにその通りの意味)であり、彼らの血を集めることにより巨大な力を手に入れることができるらしい。そしてそのためには主人公をある種のいけにえにしなければならないのだ・・・。

 これは三部作の第1作目。この妙に広げた大風呂敷をちゃんと畳むことができるのか楽しみでならぬ。第2作、第3作も続けてみちゃおう。

 ハイビジョン画質は上出来。発色は綺麗だし解像度も十分な水準に達している。暗部の嫌なノイズ、トーンジャンプも目立たない。これであと黒がもう少し鋭く沈んでいてくれたら完璧だったのだが。

 音声はAAC5.1チャンネル。わりとこじんまりしたサラウンド音場であるが、音は良く定位表現もしっかりしている。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月19日(火) いいちこ大福
 酔っぱらいます。さて、『タイムトラベラーの系譜 #2』を見たのだが、ありゃりゃりゃこりゃどうも。主人公カップルはやりたい盛りなのは分かるけれども、映画のはじめっからいちゃいちゃぶちゅぶちゅしていて隙あらばセックスに持ち込もうとするのはいかがなものか。しまいには誰も来ないからって過去世界をラブホテル代わりにしてめでたくご貫通。こんなタイムトラベルの利用の仕方は初めてだ、やっぱり凄いなドイツの人は。世界に先駆けていち早く脱原発に踏み切った国の人だけのことがあるというものだ。

 いやあ、さすがに『トワイライト』シリーズのベラとエドワード以上にうっとおしいカップルが出てくるとは思わんかった(笑)。

 この『タイムトラベラーの系譜』はドイツの映画である。だからみんなドイツ語をしゃべる。しかし、その舞台はなぜかロンドンである。タイムトラベルをして過去のロンドンへ行くとシェイクスピアがドイツ語で演説したりしている。なにかヒトラーみたいである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に豆腐の味噌汁、ゴハン半合。ゴハンは焼き海苔と生卵で。400キロカロリー。昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。外食摂取カロリー暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食は焼鳥2本とキャベツでビール500ml缶一本飲んでマルちゃん冷やしラーメンで仕上げる。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,200キロカロリーなり。

 その後、前述の『タイムトラベラーの系譜 #2』を見てくすくすしたのである。ハイビジョン画質は『#1』と同じく優秀。音声はAAC5.1チャンネル。『#1』との顕著な違いは音場の広さ。BGMがフロントスピーカーの両外側から聞こえてくる。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月20日(水) ロンドン基準法
 キャバレー ロンドンで働くホステスさんたちのための労基。「キヤバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業」に当たる。なお、ナイトクラブは「設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業」であり、一応は席にホステスさんがついてお客を接待しないという区別があるのだ。あなたは知ってましたか、僕は知らんかった。

 本日は休み。午前8時過ぎに起きてワカメを入れたうどんで朝飯。シャワーを浴びて事務所へ行き燃えないゴミ出しの仕事。その後スーパーに行って買い物。やっほー、今日のゴハンはカレーだい!帰宅してから米を炊き、その間にカレー作り。人参と玉ねぎをザクザク切ってお鍋に放り込む。ぐらぐら煮て灰汁取りをした後、香味ペーストをちゅーっとしぼりいれる。煮ること40分。これに豚肉こま切れを好き放題に投入。カレールーを入れて焼肉のたれで味を調え後はしばらく煮込めばできあがり。

 カレーの完成を待つ間にボイルホタテとキャベツサラダ(塩昆布・ごま油・くばらキャベツのタレを掛ける)でビール500ml缶を一本。

 そうして出来上がったカレーは大変に美味しかった。あんなテキトーな作り方をしているのが信じられないほど美味かった。思わずお代わりしてゴハン1合食べちゃったくらいだった。

 午後は掃除や洗濯。後は音楽聞きながら読書。夕食はビール500ml缶一本飲んでまたカレー。それでも美味しい、たまらん。

 その後プロジェクターを起動させ『ガールズ&パンツァー』を爆音上映。やっぱりいいぞ。

 午後9時過ぎに終了してシャワーを浴びる。そしてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 午後11時半からプロジェクターを再起動させてブルーレイの『かもめ食堂』を再見。

 就寝午前1時過ぎ。

 12月21日(木) 『コミュ障変化』  
 コミュ障と虚無僧って似てなくね?元ネタは1956年の映画『虚無僧変化』であります。12月19日、日本政府はイージスアショアの導入を閣議決定。喜ばしいニュースだが、例によって西日本新聞は理屈もへったくれもない批判(というよりイヤミ)を繰り広げている。

 <西日本新聞12月20日 2面より抜粋して引用開始>効果も未知数な面があるのは否めない。防衛相幹部は同時多数発射された場合「全て迎撃できるかどうかは分からない」と語る。<引用終了>
 
 だからこんなバカなことをいう防衛相幹部って誰やねん(笑)。一発でも迎撃できなければダメな兵器だとでも言うつもりなのか。そんな迎撃ミサイル技術など地球上に存在しないぞ。そもそもイージスアショアでも多数同時迎撃が難しいというのならそれは「じゃあ、だったらミサイル防衛網をもっと濃密に展開しなはれ、イージスアショアが2基とかけち臭いこと言わんでもっともっと増やしなはれ、イージス艦も後4隻張り込みましょう(現在の陣容はこんごう級型4隻、あたご型2隻、さらに現在2隻が建造中)。パトリオットPAC3も100じゃたりません(防衛相は正確な配備数を公表していない)。300ぐらいに増やして日本をハリネズミにしましょう」てなことになりませんかね。

 <引用開始>導入決定の裏にも米国の影がちらつく。先日来日したトランプ米大統領は安倍晋三首相との共同記者会見で、米国製武器の購入を迫った。防衛相幹部は、導入方針を固めたのはトランプ氏の来日前だったとするものの「武器購入に前向きな姿勢を誇示する材料にはなる」と漏らした。<引用終了>

 だからこんなバカなことをいう防衛相幹部って誰やねん(笑)。「導入方針を固めたのはトランプ氏の来日前」だったんだろ。前々から決まっていたことが実行に移されたんだろう。なぜその決まりきったプロセスが「武器購入に前向きな姿勢を誇示する材料」になるんだ?

 米国の影がちらつくって、そりゃ、米国製の兵器を導入するのだから当たり前だ。これで中国の影がちらついていたりしたら大変だけどな!それに米国製の兵器を導入するのは何もイージスアショアが初めてではないぞ、今更なぜそんなことを言い出すのか、わたしゃもう訳が分からんよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガーとゼロカロリーコーラ。昼飯は鳳凛でラーメン+替え玉。夕食は二枚の食パン、お歳暮で頂いた高級ハム、スライスチーズ、キャベツ千切りを使ったサンドウィッチ。あまりに美味しかったのでお代わりしてしまった。わああ、4枚も食パンくっちまっただよ。

 その後、『タイムトラベラーの系譜 #3』を見たのだが、すまん、途中で飽きちゃって1時間半ぐらいでやめちゃった。残りはまた明日見るから勘弁な!

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月22日(金) ジントニック天皇陵
 仁徳天皇陵駄洒落。この駄洒落から、「あ、こいつ、仁徳天皇をじんとくてんのうだと思っていやがる」と邪推する人もいるかもしれませんが、私、ちゃーんと「にんとくてんのう」だと分かっていますのでそんなのはメガマウスの口より、ダイソン球天体より大きなお世話であります。

 『タイムトラベラーの系譜 #3』をようやく最後まで見た。終盤の展開が何だか良く分からん。ヒロインが敵に追われて自分のクロノグラフ(航時機みたいなもんです)を茂みに隠したのでてっきりラストの大逆転への伏線と思いきや、あれあれそのまんま。このクロノグラフはその後、2度と登場しないのである。

 また、ヒロインが持っていたクロノグラフにヒロインの恋人の血を入れれば「血の輪」が完成して悪玉(なんとサンジェルマン伯爵)が強大な力を持つ!ことになっていたのだが、あれ、結局、伯爵のクロノグラフに血を入れたら「血の輪」が完成しちゃったぞ。おいおい、これでは苦労してヒロインをとっ捕まえ現代から彼女のクロノグラフを持ってこさせた意味がまったくないではないか。

 まあ、いきなりヒロインが不老不死になって(これもラストの展開ではあまり意味がない)、それどころかクロノグラフなしで自由自在にタイムトラベルできるようにもなり、死んだ恋人を時間をさかのぼって救い出すというウルトラご都合主義は嫌いではないので、うん、これですべてを許そう(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯にコンビニのトンカツサンド、ゼロカロリーコーラ。380キロカロリー。昼飯は残りの自家製カレー。600キロカロリー。夕食はキャベツ・もやし・豚肉炒め。ホウレンソウの卵とじスープ。ゴハン半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,780キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動しUHD『スパイダーマンホームカミング』を1時間半ほど。その後、前述の『タイムトラベラーの系譜 #3』を最後まで見たのである。

 画質はもう三部作中最低。こまかなノイズが多くてうんざりする。暗い場面も黒浮きばかり。音声はAAC5.1チャンネル。音場の広さ、BGMの品位の高さ、AACでこれぐらいやってくれれば文句は言いません。

 シャワーを浴びてダビング作業。「ラーメン大好き小泉さん 2016新春・年末SP」「怪獣倶楽部」「WAHAHA本舗 全体公演 2000 大ザンス」をブルーレイメディアにムーブしたらHDDの容量も気分も随分すっきりとしたよ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 12月23日(土) 「ガルパンの冒険」
 業界初、「ガンバの冒険」駄洒落。だから何の業界なんだよ(笑)。「月刊HiVi 2018年1月号」 吉田伊織氏によるビクターのプロジェクター X590のノイズ対策。LAN端子に短いLANケーブルを接続、さらにそれを電源を通していないLANハブに接続する。LANハブは故障品でも可。その効果は<「月刊HiVi 2018年1月号」52ページより引用開始>これは思ったよりはっきりした効果だった。光の力強さが増し、たとえばチャプター8、展望台の“竜宮城”の白壁と橙色の瓦屋根の対比が明瞭になり、くっきりと立体描写されるようになるのだ。橋や遠くの積乱雲との距離感も実感できるし、海面のさざ波も曖昧さがなくなってきた。このノイズ対策は超低コストで試せるのがいい。<引用終了>

 なお、このテストで使用されているソフトはUHDブルーレイ 「宮古島~癒しのビーチ」である。

 我が愛機X770にもLAN端子が装備されている。今は使わなくなったぼろぼろの無線LANルーターもある。さっそく、某山田電器から390円のLANケーブルを買ってきて前述のノイズ対策を実行してみた。さあ、その結果は・・・、明日のおたのしみということで(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は豆腐とほうれん草の中華スープ、炒めたハム、卵かけゴハン、半合。500キロカロリー。昼飯はサッポロ一番醤油ラーメン。チャーシュー、焼き海苔、もやしなどを贅沢にトッピング。600キロカロリー。夕食は盛岡冷麺。チャーシュー、茹で卵、キムチ、トマト、きゅうり、いりごまなどを贅沢にトッピング。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、本日届いた米国盤UHDブルーレイの中から『ダンケルク』をチョイス。この映画は複雑な構造を持っていて「ダンケルクの砂浜で必死に生き延びようとする兵士たちの1週間」と「ダイナモ作戦により、徴用された一般市民の船がイギリスからダンケルクまで助けに行こうとする1日」、「空から爆撃機の攻撃を防ごうとするイギリス空軍のパイロット(トム・ハーディ)の1時間」を同時進行的に描き、最終的に時制を収れんさせることによってこの奇跡の撤退作戦を俯瞰している。

 しかし、それとはまったく正反対に一介の兵士、パイロット、市民に与えられる情報はごくわずかである。海岸の兵士たちは助けがくるのかさえ分からない、船を駆る一般市民もダンケルクで何が起こっているのか良く分からない。そしてパイロットは計器の故障で燃料がどれくらい残っているか分からない。この三者三様のギャップが「混乱という概念の具現に他ならない」戦争という事象を的確に補足しているのである。

 クリストファー・ノーラン監督の試みはこの点に置いて恐ろしいほどに成功していると言える。でもその分、映画は本当に分かりにくくなったのは否めないが(笑)。

 UHD画質は超絶的(DIファイルはは4K)。解像度の高さ、HDRによるハイコントラストで暗い水中の場面でもなお奥行き感を失わない。そして一番感動したのが色相の豊かさ。重油に覆われた海を泳ぐ兵士、重油に汚された海水の色が実にリアルである。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。飛び交うスピット・ファイア、BF-109E、神経を逆なでされるかのようなスツーカの急降下サイレン。そして爆弾の炸裂。どれもこれもエネルギー充填120パーセントのハイパワーサラウンドだ。

 その後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」など。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてハイビジョン録画の『壮烈第七騎兵隊』をようやく最後まで。武人としての誇りを最後まで貫き、ネイティブアメリカン統合軍に挑むカスター。その姿は実にカッコいいのだが、ネイティブアメリカン軍の「かなりあからさまな吊り野伏」にまんまと引っかかっているではないか。この場面だけとるとカスターが野戦指揮官として無能にしか見えないので、映画を作った人たちにはもっと考えて欲しかったと思うのである(笑)。

 ネイティブアメリカンの矢に倒れる兵士たち。服の下にマットを入れてそこに本当に矢を射ち込んでいる。至近距離とはいえ、ちょっと手元が狂ったらマットから外れて生身の体にぶすっとなる。見ていてハラハラさせられる。

 モノクロハイビジョン画質は評価が難しい。スタジオ撮影、屋外撮影の画質があまりに違うからだ。前者は非常にすっきりとして情報量の多いモノクロ映像なのだが、後者になると解像度ががくりと落ちてノイズも目立ってしまう。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月24日(日) 教育的SID
 「謎の円盤UFO」+柔道駄洒落。昨日の日記で書いたビクター プロジェクターX770のLANケーブルによるノイズ対策の件であるが、その結果はというとウウーム、あまり顕著な効果は感じられないなあと(笑)。いや、実はこの対策そのものは昨日の段階で既に試していて、UHDブルーレイ『ダンケルク』では「お、映像の見通しが良くなったのではないか」 その後のモノクロ映画『壮烈第七騎兵隊』でも「ソファーなどの革製品の質感が今まで以上にデリケートに表現されているのではないか」と思ったりしていたのである。しかし、何しろオカルトオーディオビジュアルにことのほか弱い私の目であるから(笑)効果ありとは確信できず、日記には書かなかったのだ。

 そして24日に届いたUHDブルーレイ『ハリーポッターと炎のゴブレット』で改めてその効果を検証したのである。映像を一時停止させ、X770RからLANケーブルを抜き差しして比較する。何回もこれを繰り返してようやく「あまり顕著な効果は感じられない」という前述の結果に到達したのであった。「HiVi誌」の記事とは大違いだが、まあ、使った金額はLANケーブルの390円だけなのでいいか。

 なお、効果がなかったからと言ってX770Rからケーブルは外さない。この手の対策では往々にしてエージングが必要な場合があり、現時点ではその効果が芳しくなくても、一定時間経過したらいきなり効き目が現れるということがあるかも知れないからである。ウム、信じる者は救われるのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合、卵、焼き海苔、博多万能ねぎ刻みを使った雑炊。400キロカロリー。昼飯はまた盛岡冷麺。トッピングも前日とほとんど同じ。ただしチャーシューが無かったのでハム細切りで代用する。600キロカロリー。夕食は冷奴一丁とキャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやし、豚肉を炒めてからチャンポンスープで煮込んだもの。つまり、チャンポンのチャンポン麺抜きだ。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、前述の国内盤UHDブルーレイ『炎のゴブレット』を見たのだが、画質は満足の行くものではなし。UHDらしい解像度の高さはあまり実感できないし、暗部の情報も少なめ。HDRはいつものようにハイコントラストではあるのだが、上手くコントロールが出来ていないようだ。あのクイディッチワールドカップの開催を宣言するコーネリウス・ファッジ魔法大臣の顔がハイライトで飽和してしまっている。

 ただし、それでもその実力はもちろんブルーレイをしのぐもの。特に印象的だったのが衣装の質感表現。布地のふわりとした柔らかさの表現はブルーレイでは決して見られぬものであった。

 サラウンドはDTS Xリミックス。こちらのサラウンドはまさに一級品である。音の実在感が増しており、また重低音もいささかの乖離もなくぴたりと追従する。音場も大きくまるで劇場で見ているような聴感上の錯覚を味わえるのだ。

 第二の試練「湖の深い底にいる自分にとって大切なものを時間内に取り戻せ」まで見る。残りは明日のお楽しみ。

 その後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月25日(月) 「快傑ラエリアン丸」
 私が子供の頃やっていた動物番組ではアメリカではしょっちゅうマウンテンライオン(ピューマ)が人里に降りてきて危ないので動物保護局の人が麻酔銃で撃って山の中へ連れ戻すということになっていた。私はその番組のせいで麻酔銃が万能であると信じていたのだが、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の長峰のセリフでそれが間違いであることを知ったのであった駄洒落。

 明日の大腸カメラ検診(大腸内視鏡検査)に備えて本日より絶賛食事制限中。朝は抜き。昼食は冷凍うどんのかけうどん(ねぎなどの薬味禁止)、冷奴豆腐半丁。夜はレトルトのおかゆ。卵一個、豆腐半丁。デザートにプリンを一個。空腹で仕方ないというほどではないけどちょっとさみしいものがありますな。摂取カロリーは750キロカロリーぐらいか。なお、検診前の食事制限は初めて。今まで4回ほど大腸カメラ検診を受けたけれども、特に「何々を食べてはいけません」という事前の注意はなかった。

 下剤・・・って、そんな下品な言い方をするな、腸管洗浄剤って言え、なんだ、お前はセックスって人前で言うんか、フツー、ファックって上品な言い方をするだろう、人間として、ええ?
 (セックスをファックと上品に言いかえるというギャグは小林信彦 「唐獅子株式会社」シリーズより)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったものは前述のとおり。

 夕食後プロジェクターを起動させてUHDブルーレイ『ハリーポッターと炎のゴブレット』の続き。終了後これまたUHDブルーレイ『スパイダーマン ホームカミング』の続き。こんな贅沢をしているのは日本でもオレ一人だろうと悦に入る。

 終了後シャワーを浴びあれこれ。大腸カメラ検診のための下剤や入眠剤を服用し午前12時過ぎには寝てしまう。

 12月26日(火) 「コンタクティ55号」
 今年の「ビート・たけしの超常現象スペシャル」ではタイの龍を呼び出す人というのが出てきたけど、彼を「ドラゴンコンタクティ」と呼ぶのはちょっと違うのではないかと思った駄洒落。

 さて、本日は楽しい楽しい大腸カメラ検診(大腸内視鏡検査)の日である。事前の説明では下剤(だから上品に腸管洗浄剤って言え、なんだ、お前はセックスって人前で言うんか、フツー、ファックって上品な言い方をするだろう、人間として、ええ?)の飲み方にも2種類のコースがあって、午前10時に病院へ行き用意された個室でゆっくり飲む、あるいは自宅で午前5時起きで(笑)飲みそれから病院へ行くかを選択できる。

 もちろん私は前者を選んだ。50過ぎの独身男が午前5時に起きて下剤(だから上品に腸管洗浄剤って言え、なんだ、お前はセックスって人前で言うんか、フツー、ファックって上品な言い方をするだろう、人間として、ええ?)を飲みトイレに駆け込む姿など悲しすぎるから(笑)。それに下剤(だから上品に腸管洗浄剤って言え、なんだ、お前はセックスって人前で言うんか、フツー、ファックって上品な言い方をするだろう、人間として、ええ?)を飲んだ後で病院へ行くのもおっかない。何しろ下剤(だから上品に腸管洗浄剤って言え、なんだ、お前はセックスって人前で言うんか、フツー、ファックって上品な言い方をするだろう、人間として、ええ?)を飲んだらお腹がゆるゆるのピーになりますからな、途中で漏らしたりしたら大事です。

 今回の下剤は(だから上品に・・・ なんだかもう面倒くさくなりました。やめていいですか)随分と飲みやすくなっていた。前の下剤は恐ろしく不味くって、いや単に不味いだけじゃないんだ、「本当はすげえ不味いんすけどなるたけ飲みやすくなるよういろいろ工夫しました」というメーカーさんの努力が分かるんだ。分かるだけなおさら飲みにくくなるんだ(笑)。

 さらに以前の下剤は必ず2ℓ飲まなければならないのだが、今回の下剤は便の出具合が良ければ1ℓでオーケーなのである。私は便の出具合があまり芳しくなかったのだが、それでも500ml追加しただけで良かった。これだけでも随分と楽になる。

 肝心の大腸カメラ検診は無事に終了。結果は「我、大腸検診ヨリ帰還セリ。疾病兆候ナク任務遂行ニ支障ナシト認ム、送レ」だったので皆さん、心配しなくてもいいですよ。まあ、腸内部を見やすくするために空気をぷうぷう入れたので腹が張って歩いて帰宅するのが大層つらかったけれども。

 さあ、大腸検診が終わった、しかも異常なし!なのだから食って飲むしかないっすよね。ということで夕食は豪華版。ブリの刺身と卵2個を使った卵焼きをつまみにビール500ml缶一本飲んでウィスキー水割りに移行。ウィーひっくとなったところで仕上げのチャンポン。いやー、たまらんねー、毎日こうだとこりゃ泣けてくるだよねえ。

 それからテレビや漫画を読みつつだらだら過ごして午後11時からまた飲み直し。へれへれになって午前12時過ぎに寝てしまう。

 12月27日(水) 「みにくいアルフィーの子」
 正直なことを言うと私は「ジ・アルフィー」と「チャゲ&アスカ」の区別がついていなかったりする。「護衛艦いずも、空母に改修検討 防衛省、離島防衛名目に 」(朝日新聞デジタル - 12月26日 16:51) <http://mixi.at/ajMSbsDより抜粋して引用開始> 防衛省が、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を空母に改修し、航空自衛隊がステルス機能を持つ最新鋭戦闘機F35Bを導入して搭載する検討に入ったことがわかった。日本は憲法9条に基づく「専守防衛」を掲げ、攻撃型空母など攻撃的兵器を保有してこなかった。改修後に実質的な攻撃能力をもつようになれば、日本の防衛政策を大きく転換させる恐れが強い。<引用終了>

 何を勘違いしたのかしらんが、これはありえない話。わざわざF35Bを導入しなくても空自のF35Aを増やして空中給油すればいい。ましてやいずもを改修してF35Bを運用可能な空母にするなど愚の骨頂。いずもがどのような艦なのかということについてまるっきり理解を欠いている。いずもに米海兵隊のF35Bが着艦・整備・離艦するということはもちろんあり得るけれども(笑)、空母に改修するのとはまったく別の話だ。おそらく、検討以前の段階に過ぎない事象を大げさに報道しただけの記事なんだろうなあ。

 とか思っていたらあれあれ、まあまあ、http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2017/12/26.html (防衛大臣記者会見概要 )によれば検討もしてないよとのこと。これはもう完全な誤報ではないか。

 本日は休み。午前9時にゆっくり起き出してお洗濯と布団干し。朝飯はなんとアンガス牛のステーキ。焼肉のたれ、クバラキャベツのタレを混ぜ合わせた特製ソースをかけゴハンといっしょに貪り食ったらもう血尿が出そうになるくらい美味しかった。

 それからプロジェクターを起動させてUHDブルーレイ『ブレードランナー』を再見。くー、やっぱりとんでもなく良い、良い!

 終了後事務所へ行ってちょっとお仕事。帰宅して昼飯。ビール500ml缶一本飲む。昼飯のメニューは昨日のブリ刺身をづけにしておいたので、これを使ったお茶漬け。ゴハンの上につけ汁ごとあけてぐらぐらのお湯をどばー、ゴマをぱらぱら。これだけでクソうめー。

 後はしばらくお昼寝。

 夕食は朝飯・昼飯と良いものを食べすぎたのでマルタイ棒ラーメンで済ませる。その後読書しながら音楽を聞いて午後9時過ぎにシャワー。それからお酒。「風雲ライオン丸」をだらだら見ながらだらだら飲むという風雲飲みだ。へれへれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 12月28日(木) 「みにくいアヒージョの子」
 私はどうもオリーブオイルという奴が信用できん駄洒落。韓国映画『造られた殺人』を見る。ストーリー的にはかなりいい加減な映画なのだが(笑)全編を彩る強烈なブラックユーモアとキム・デミュン演じる連続殺人犯の凄まじい狂いっぷりに最後まで目が離せなかった。中盤以降の展開は良い意味で私の予想を裏切りハラハラ・どきどきのしっぱなし。映画の原初的な楽しさ・面白さを存分に味わうことができた作品と言っても過言ではないだろう。

 こういう楽しさを邦画でも体験したいものだが、まあ、無理だろうねえ、あはははは・・・。

 いずもを空母に改修!のニュース(誤報だったけど)にいろいろ吹き上がっているアレな人たちがいるようだが、いづもというのは単純なヘリコプター護衛艦というだけではない。もちろん、ヘリコプター運用能力に優れた大型艦であるが、任務の多様化に対応するため輸送艦機能、他艦艇への補給機能(3,300kLの貨油・真水:汎用護衛艦3隻分)、病院船機能(35床)をも備えているのである。空母への改修はいずも型の大きな特徴であるこの多機能性を大きく損なってしまうだろう。

 また、F35Bを運用するに当たってその能力を最大限に発揮させるためにはスキージャンプ台の装備が不可欠である。しかし、いずもは艦首に大重量のソナーを備えるため艦のバランスの関係からスキージャンプ台の後付は困難であると言われている。もちろん、スキージャンプ台なしでもF-35Bの短距離離陸による運用は可能であるが、飛行甲板をほぼ全面使って滑走するためにヘリコプターの運用に著しい制限が生じるであろう。

 そもそも「日本政府がヘリコプター護衛艦を空母に改修してF-35Bを載せることを検討」と報道されたのは今回が初めてではない。2013年7月14日にFNNは、日本政府はF-35Bを海上自衛隊の「ヘリコプター搭載型護衛艦」に艦載機として配備・運用するために、2020年代半ば以降の導入を目指し、検討していると報じたが7月16日の防衛大臣記者会見で否定された。

 まるっきり同じようなことを報道してまるっきり同じように否定される。この「いずもを空母に(日本が空母を保有する)」というフェイクニュースの繰り返しに何らかの政治意図を感じてしまうのは何も私だけではあるまい。だいたいよう、実際に日本政府にそのような意図があるのならば今年3月に就役したかがに何らかの改良がくわえられていただろう(艦首CIWSの位置を変えたりとかさ)。。

 たぶん、このニュースをでっちあげた奴は「かが」の存在を忘れている(笑)。

 (いずも型の空母改修とは関係なしに将来的に海自がF35BをNIFC-CAのセンサーノードとして少数機を導入、運用するということはあり得るかもしれない。SM6の導入、対応イージス艦<ベースライン9>の整備などハードルは高いけれど))。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとゼロカロリーコーラ。昼飯は盛岡冷麺。夕食はコンビニのからあげ炒飯弁当とうまかっちゃんという無茶飯(笑)。これだけで1,500キロカロリーぐらいいっとる。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『造られた殺人』を見たのである。ハイビジョン画質はなんというか、奥行き感の表現は大変に優れているのだが、どうも細かいノイズが多い。また画面の左の一部に定期的に変な青いノイズが出現するのはどういう訳か。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド音場はあまり広がらないが一つ一つの音の鮮度が宜しい。重低音もなかなか効果的に使われている。

 その後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 12月29日(金) 「新宿コール天街」
 繊維業界の人たちが夜な夜な集まってくだを巻く楽しいところ。さて、やっちゃいました。7年ぶり(だったかな)のAVプリアンプ更新であります。機種はヤマハのAVプリ CX-A5100 そしてなんと恐るべきことにこのプリのコンビであるパワーアンプ MX-A5000も注文してしまったのです。このパワーアンプは11.5チャンネルのマルチパワーアンプであります。現在の私のシアター状況からすると明らかにオーヴァースペックなのですが、将来のトップスピーカー増設の可能性、またモノラル・パワーアンプ NuForce Reference9 V2 SE (アップグレード)の再度の故障等々を考えて導入に踏み切りました。組み合わせるオブジェクトオーディオ用のスピーカーは イネーブルドスピーカーのオンキョー D309Hをチョイス。メインスピーカーのパイオニア S-1EXに載せるだけで念願であったドルビーアトモス、DTS-Xに対応できるのです。金額はン十万で、そのうちのおよそ半額を現金で支払い、残りは3年程度のローンにしようと思っています。

 販売店が12月30日から1月3日まで年末年始の休みを取っていますので届くのはそれ以降になります。楽しみで楽しみで仕方ありません、うおー(あまりの喜びに抑えきれずに噴き出してきた叫び)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとゼロカロリーコーラ。昼飯は膳でラーメン+替え玉。年末の大混雑で頼んだ替え玉を忘れられてしまった。注文しなおしてやっと替え玉が配膳されたのだがもうスープがぬるくなってしまっていたよ。もっとも、私だけではなく隣の親子連れのお父さんも私が食べ終わる頃に「替え玉まだこないの、固麺だよ」と怒っていたけど(笑)。夕食は冷麺で済ませる。トッピングはキムチ、キュウリ、茹で卵、ハム千切り。

 その後はiPADでネットサーフィン。何をしたのかというと決まっている、CX-A5100のことを扱っているサイト(メーカー、販売店、個人のユーザー)を検索してにやにやにやにやしながら隅から隅まで読み込んだのだ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はプロジェクターで見る『メカゴジラの逆襲』 いやあ、藍とも子さんは美しいなあ、スタイルも日本人離れしているよなあ、その分演技がへたくそだけどなあ(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 12月30日(土) 「毎日売りの少女」
 毎日新聞はいりませんか、毎日新聞を買ってください。新年一発目の米国盤UHDブルーレイ発注分。『ブレードランナー 2049』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『Mike & Dave Need Wedding Dates 』の3枚。送料合わせて10,859円也。

 改めて言っておくけど「イット」の主人公たちはどもり、貧乏、でぶ、ユダヤ人、黒人等々の要因で周囲からいじめられていた子供だから。彼らは自嘲気味に「ルーザーズ」を自称しているけどそれは「負け犬」という意味だから。それなのにアメリカの学校ではいじめがない。その理由は銃社会だからとか言っている奴がいてびっくりするぞ。

 まあ、犬畜生には何の罪もないのに「負け犬」などという言葉が使われるのはちょっとかわいそうだけど。

 本日から年末の休み。午前9時過ぎにふがーと起きてマルタイ棒ラーメン1食分の朝食。昼飯は冷凍うどん。年末なので贅沢にも卵1個トッピングしちゃった。

 午後7時から福岡市某所で高校の友人3人と飲み会。私ともう一人はG派(痔持ち)、あと二人はNG派(痔とか関係ねー)。痔持ちの友人が「ウォシュレットとか水流最弱にするよね、痛いから」私はうんうんうなずいて「ウォシュレット出す前に身構えてんの、痛かったらすぐ止められるように」NG派の友人が「オレはウォシュレットの水流強いほうが好きなんだ、そうか、最強にセットしていてもいつの間にか最弱に直されているのはお前たちのせいだったのか!」G派とNG派はウォシュレットの水流の強さを巡って日夜密かに暗闘を繰り広げているのである。

 まあ、何もウォシュレットとか痔の話で最初から最後まで盛り上がっていた訳ではない。分別のある50代の男たちとして社会的で生真面目な話なんかもしましたよ。「うーん、リストカットとか薬じゃまず死ねないね、飛び降りか首つりだと確実だよ」「リストカットやっちゃった女の子いてさあ、救急車はおろかはしご車まで出動してえらい騒ぎになっちゃったんだよ」みたいな(笑)。

 どういう脈絡でそんな話になったのかは秘密。

 午後11時過ぎに散会。私はタクシーを拾う前に近くの「長崎ちゃんぽん」の有名な店に入ってラーメン+替え玉。さすがにチャンポンでは重いと思ったからだが、ウウーム、ここのラーメンはなあ、それにやっぱり替え玉してたの忘れられたし(笑)。

 帰宅後ちょっと飲み直して就寝。

 12月31日(日) 『狂い咲きサンタの労働』
 元ネタは『狂い咲きサンダーロード』だ、何か文句あっか。ちょっと思い出したこと。小学校三年生くらいの時に買ってもらった文集。執筆者が小学校低学年から高学年のおにいさん、おねえさんにいたるまでのヴァラエティに富んだ構成だった。でも小学校低学年の人たちは子供だから歯止めが効かなくって「三日間高熱を出した後言葉を忘れてしまったお兄ちゃん」(知恵おくれということか)というそこまで書くか!的な作文があって戦慄したものだ。また、お腹が痛くなった女の子。病院に行ったら浣腸されてたくさんのうんこが出てすっきりしたという作文もあった。考えたらヤバいよねえ、こんな話(笑)。 どんなマニア狙ってんだって。

 年末休み2日目。午前10時過ぎに起きて雑炊の朝食。それからうだうだと音楽を聞きながら読書をする。シャワーを浴びてから実家に行き、午後1時過ぎから父親をつれてお墓参り。ご先祖さまにお花を添えて「どうかお金がたくさん入って酒がたくさん飲めて美味しいものをたくさん食べられてそれでも健康でいられるようにしてください。ひきかえに女性関連はどうでもいいですから、どうせ、縁とかないし」とまるで少女アニメのヒロインのような美しい願いをしたのであった。

 帰宅後、私は車で母親に頼まれたお買いもの。ブリ切り身、かつお菜、餅等々を近くのスーパーで。その後昼飯としてマルタイ棒ラーメンを1食分。

 夕食はもちろん年越しそば。東京の弟家族が送ってくれたソバがたくさんあるのでもう口からはみ出さんばかりにぞるぞる食べる。ビールは飲まず。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『屍者の帝国』を見る。19世紀末のロンドン、スチームパンク感にあふれたストーリー、オリジナルゾンビに極めて近い使われ方をされる生ける死者たち(要するに奴隷労働)、私の琴線に触れるどころか、琴線をじゃんじゃらじゃんじゃらかき鳴らすほどの要素に満ちていたのだが、なぜかいまひとつ乗れず。人間の魂についてその原初を問う会話のやりとりが面倒臭かったのだな、たぶん(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。トーンジャンプが目立たず発色も実に綺麗。速い動きでの画像破たんはまあ、仕方ない。音声はAAC5.1チャンネル。前後の動きの表現が明快である。

 終了後シャワーを浴びてだらだら過ごす。そして年越し。12時45分より恒例の「ゴリパラ新年会 2018」めでた旅でゴリけんがやらかす、やらかす(笑)。また矢野ペペがそれに対して本気で怒る、怒る(笑)。そして斉藤優がにやにや(笑)。今年もこいつらは俺を笑わせてくれそうだ。

 午前3時に終了。私はそれから入眠剤を服用して午前4時過ぎに就寝する。
 
 1月1日(月) 「超時空世紀大賀ハス」
 平田昭彦の博士が言っていた花を咲かせた3,000年前のハスの実はこれのことだったのかと知った時は新鮮な感動を覚えたものであります(まあ、大賀一郎博士が発芽させることに成功したハスの実は、2,000年前と推定されたのですが。1、400~3,000年前と推定されたのは埼玉県行田市で発見されたいわゆる行田ハスだけれども)。

 私が小学生の頃読んだミリタリー本では「成形炸薬弾というものは高温のガス・メタルジェットによって装甲を融かして穴を開け車内を焼き尽くす兵器である」というトンデモ解説をやっていたものだ。高速メタルジェットの運動エネルギーによって装甲を抜く(かなり簡略化した説明)という正しい知識を得たのは随分と後になってからだと思うって、あなた、これが新年一発目の日記に書くことですか。

 という訳で皆様、あけましておめでとうございます。本年も怠惰にだらだらと呑気に映画を見ながら暮らしていく所存ですので何卒よろしくお願いいたします。

 起床は午前9時半。シャワーを浴び身支度拵えて実家へ向かう。両親に新年のあいさつをしてから朝食。今年はおせちはなし。数の子、かまぼこ、田作りの単品のみ。後は雑煮。お屠蘇で初めて後は缶ビールをぐいぐいと。数の子、板わさで飲むビールというのはなんでこんなに美味しいのかねえ。

 自室へ戻ってテレビを見ながらうつらうつらする。これもまた楽しい。午後3時くらいからプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ハーモニー』を見るが途中で沈没。半分も見られなかった。残りは後日のお楽しみ。

 夕食はお歳暮で頂いた鮑の柔らか煮。まず半分をスライスして醤油、ワサビでビールのつまみ。ンメー!残りの半分と煮汁を使って炊き込みゴハンにしたらまたこれがンメー!実際たまらんですよ、毎日こうだとこりゃ泣けてくるですよ。

 ビールからウィスキー水割りに切り替えて結構酔っぱらってしまったため映画は見ずに録画しておいた「所・志村お正月対決」を見る。以前の内容とはがらりと変わって平成30年の歴史をコンビニや流行した動物などを使って辿るという実に好ましい番組となっていた。まあ、デビ夫人のパートはとっとと早送りしてやったがね(笑)。

 就寝午前12時過ぎ。

 1月2日(火) ダンカンの世代
 ビート・たけしの講談社襲撃事件を知っている世代、あるいはたけし軍団に大森うたえもんや秋山見学者がいたことを覚えている世代。あんまり面白くならなくってどーもすいません。

 ふと気づいたこと。米国盤UHDブルーレイの『スパイダーマン ホームカミング』 なんとこのディスクもドルビービジョンを採用していた。あれ、このディスク、UB-Z1のファームを更新する前からフツーに再生できていたのだが(笑)。一体、どうなっておるのか。

 休みの2日目。午前10過ぎに起床してシャワーを浴びる。それから今年初のお洗濯。食事はマルちゃん冷やしラーメン。茹で卵、キュウリ、もやし、トマトのトッピング。午後から事務所へ行って亀の世話や日記書き。

 午後3時過ぎに帰宅してプロジェクターを起動。WOWOWハイビジョン録画『ハーモニー』を最後まで。一種のアンチユートピアの物語なのだが、映画としての制約ゆえか「プライバシーを奪われ抑圧されている人類」という存在の描き方が中途半端で「いや、そこまでアンチユートピアじゃないだろ、みんなそこそこ満足しているみたいやん」と思えてしまうのである(笑)。この世界に違和感を抱き脱出を願うのはヒロインたちを含めてごく少数である。ミァハがもくろむハーモニー計画の発動は力で世界を自分の思い通りに作り変えるというテロリズムでしかないのだ。

 この辺がどうにも納得できなかった。

 なお、こういう作品では夭折した作者が現在の世界の混沌状況を予測していた!てなことを言いたがる人がでてくるものであるが、いや、世界っていつだって混沌としているんだから。平穏な時代なんて存在していないんだから。いつだってどこやらで戦争やら虐殺やらテロやら大災害やら起こっているんだから。最近になって急に危なくなってきたなんてことはないんだから。

 ハイビジョン画質は良好。特に映画の基調色となっている赤の発色が素晴らしい。映像の立体感・奥行き感も見事なものだ。トーンジャンプの少なさにも驚かされる。でもやっぱりハイビジョン放送だから早い動きで映像ががたがたになっちゃうけどね。

 音声はAAC5.1チャンネル。多彩な動きの表現が楽しい。リアレフトからフロントライトへ抜けていく音の軌跡が実にダイナミックである。

 終了後、特製キャベツサラダ(例のクバラキャベツのタレ+ごま油を塩昆布散らしたキャベツにかける)と冷凍の水も油も奥さんもいらず綺麗に焼ける羽根つき餃子をつまみにビールをぐいー。まだまだお歳暮で頂いたビールがたっぷりあるぞ、ぐいー。

 仕上げはスパゲティ明太子ソース。ゴマと博多万能ねぎ刻みを振り掛けてずるずるやったらもう腰が抜けそうになるほど美味かった(大げさ)。ついついお代わりしちゃったすいません。

 その後は音楽を聞きながら読書。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。録画の「池の水ぜんぶ抜く 3時間スペシャル」をみながらでろでろと酔っぱらう。就寝午前1時過ぎ。

 1月3日(水) 『養鶏牧場の決斗』
 卵取り競争とか。2日の「池の水を抜くスペシャル」アリゲーターガーの捕獲に成功、これで地域の住民の安全は守られた!みたいなことを言ってて馬鹿みたい。池にアリゲーターガーがいても別に住民に危険はないだろうに。それとも何ですかい、夜中になると池からアリゲーターガ―が這い出てきて通りかかった酔っ払いをガーッと襲うとでもおっしゃりたいんですかい(笑)。以前の放送回で捕獲された巨大なワニガメも凶悪外来生物だ、危険だ、獰猛だ、がぶりだ、ウルトラマンを呼べ!みたいな言い方されるけど、実際の捕獲現場では「あー、俺の足の上に乗っかってる!」別に食いついたりしてないじゃん(笑)。

 まあ、なんだかんだ言ってあれは生物の大量虐殺だから(笑)、番組スタッフが変な罪悪感を抱いていて、それをごまかすためにことさらに「凶悪だ、危険だ」と煽るのだろう。フツーに淡々と処理を進めて番組の終わりに哀れな外来生物たちに対して黙祷するみたいな感じでいいんじゃないの。

 さて休みの3日目。午前10時半に起きる。シャワーを浴びてから現用機AVプリアンプのデノン AVP-A1HDをヤフオクに出品するためにいろいろ準備。写真を撮ったり元箱を実家から取ってきたり。そして事務所へ行ってめでたくご出品。なるたけ高値で売れますように。

 朝飯はコンビニのトンカツサンドとゼロカロリーコーラ。昼飯は抜き。夕食はキャベツの千切りとうまかっちゃん。ビール一缶飲む。その後、またも映画を見ずに読書。新アンプの到着前にAVP-A1HDのステレオの音を良くインプットしておかなければならない。そうしないと正しく比較ができないからね。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ新年会 2018」また見るんかいと言われそうだが初放送時、ちょっと寝落ちしちゃって見逃した部分があるんだよ。

 就寝午前1時過ぎ。

 1月4日(木) 「コール天洋画劇場」
 元ネタの「ゴールデン洋画劇場」とは何の関係もないが初めて東京へ行った時、ホテルのエロチャンネルで『フレッシュゴードン』をやっていたのにはびっくりした。いや、見た訳じゃないけど(笑)。テレビ東京の洋画劇場もラインナップがイタリアよりで、妙にエロくて残酷なのに呆れたものである。バーンと銃で撃たれた白バイ警官のヘルメットにぼこっと穴が空いてそこから脳みそがにゅるーみたいな映画もあった。さすがに私は「これはいかんやろ、イタリア人」と思ったものであった。

 ようやく新キンドルを購入。一番安いKindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデルという奴である。通常、8,980円のところをキャンペーンで2,000円引き。6,980円で買えた。画像解像度も不満なし、タッチパネルのページ送り、戻しの反応も上々である。また、洋書であるキングの「コロラドキッド」もクーンツの「ホワット・ザ・ナイト・ノウズ」もアマゾンで買えた。買い直しとなってしまったのだが、両方合わせても1,500円程度だから許容範囲と言える。

 しかし良いところばかりではない。特にいまいましいのは英語辞書の起動がもっさりしていること。時に英語学習用と称して英々辞典のような挙動をするのも面倒臭い。オレは本が読みたいだけで今更英語を勉強する気はないの(笑)。

 また先日買った旧タイプキンドルのケースに合わないのにもがっかり。なんでキンドルのケースって統一されないのか。専用のケースは2,750円もするし、もったいないので前のケースに両面テープで強引にはりつけてやったい。

 本日より仕事。明日5日のゴミ出しに備えて倉庫に山と貯まっていた「ペットボトル・ビン」ゴミの整理。まあ、燃えないごみの袋にペットボトルや空き缶をぐちゃぐちゃに混ぜて出していた奴なんてのがいて、それらを分別するのに大汗をかく。

 食ったもの、朝飯にコンビニで買い込んだどん兵衛の鴨だしそばとゼロカロリーコーラ。400キロカロリー(本日よりなるったけ1日1,500キロカロリーで過ごすのだダイエットを再開いたします)。昼飯は冷奴半丁、茹でホウレンソウとキュウリ。あ、キュウリは生で齧ったりせずちゃんと切って味の素とカロリーハーフマヨネーズ、牡蠣醤油で味付けしたよ、何しろ僕は河童などではないからね。200キロカロリー。夕食はまたキュウリと茄子一本にスパゲティミートソース。茄子はラップで包んで電子レンジで4分加熱。とろとろになったのをミートソースに混ぜ込んでやる。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,250キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『エンカウンター 地球外侵略者』を見る。ドキュメンタリー映像作家のクリスがよせばいいのにロズウェルくんだりまでのこのこやってきてUFOアプダクション被害を訴えるビリーバーたちを取材。この人はもちろんUFOだのアプダクションされただの信じていない。彼はドキュメンタリー撮影を通じて哀れなビリーバーたちに「君たちの真実とやらは改変された記憶に過ぎない」と教えてやるのだと大変に偉そうである。当然ながらむちゃくちゃ嫌われる(笑)。しかし、彼は一人の女性アプダクション被害者と出会い、行動を共にすることによって恐るべき真実に到達するのであった!

 まあ、こんな映画で何も起こらないことはないからね(笑)。それでも意外と頑張っていて、実際のUFOコンベンションを撮影したのではないかと思われる場面ではあのトラヴィス・ウォルトン(ひょっとしたら本人か?)が登場。まあ、「いや、あれは伐採作業の遅れを誤魔化すためにでっち上げたUFO事件でね」なんてことは言わなかったけど。

 またこの映画には重要なUFO存在の証拠を保管している異世界生命体物品店(要するに骨董屋みたいなもの)も出てくるがその店名は「セティアルファ5」。もうみんなセティ・イールで操られてしまえ。

 地元のUFO界の大立者が実は昔、軍の秘密諜報組織にいてあのMKウルトラ作戦にも関わっていた!ロズウェル周辺で頻発するアプダクト事件は実は彼が薬物やMKウルトラ作戦の洗脳ノウハウを使って犠牲者に偽記憶を植え付けていたのだ!というのも斬新かつ、適度に馬鹿馬鹿しくて良かった。

 でも最後はやっぱり巨大なUFOとグレイみたいな宇宙人が出てきて全てをぶち壊すのだ(笑)。

 ハイビジョン画質はそれなりに良好。黒が落ち着かないビデオ的な画質であるが解像度はきちんと取れている。エイリアン宇宙船の複雑怪奇な色彩もちゃんと表現されていた。

 音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドはちょっと。一応包囲感はあるのだが、動きの表現などほとんどなし。音数も極度に少ない激貧サラウンドだ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝したのだが・・・、なんとしたことか午前3時に目がさえてしまいどうにも眠りに戻れなくなる。結局、午前7時過ぎまでそのまんまだった。

 1月5日(金) 「非武装暇なし」
 ひー、忙しいあちこちぺこぺこ頭を下げてお願いしなきゃ攻め込まれちゃうよ!さて、本日見た映画はWOWOWハイビジョン録画の『ミモザの島に消えた母』とチャンネルNECOハイビジョン録画の『男の世界』(主演 石原裕次郎)。

 前者は映画の方向性が見えるまでは退屈だったけれども(ごめんなさい)、娘の同性愛傾向に気付いたことがきっかけとなって母親の死の謎へ至る道筋が一気に明らかになる展開が実にスリリング。またJeanという名前はフランス語では男性名詞だが、英語になるとジーン(女性名詞)になるというバーバルトリック(というのかしらん)も秀逸。最初は単純に相手が英語圏の人なのだろうなあと思ったのだが、本当は相手もフランス人でお互いの関係を隠すためのミスリードということだったのか。

 (ごらんなさい、この最大のネタバレを防ぎつつ、ストーリーをできるだけ詳しく解説しようとする私の努力を)

 後者は埋めきれぬ自身の過去への悔悟を沖雅也・鳥居恵子に過剰なまでの愛情を注ぐことで解消しようとする石原裕次郎がいい。また悪役としての内田良平もカッコいいぞ。沖雅也に裕次郎を射殺させようとして300万円の札束を見せびらかす場面の憎々しさよ。どうせ、沖雅也が裕次郎を撃っても「そんな300万などやる訳ないだろう、それどころか恋人共々ぶっ殺して箱根の山中に埋めてやる」という殺気を全身から放っている。これがたまらん(笑)。

 この時内田良平がばらばらとしごきあげる300万の札束。これが紙型が大きくって札束が分厚くっていかにも大金と言う風情。福沢諭吉先生には誠に申し訳けないが現在の10,000円札ではとてもこうはいかん。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合、豆腐の味噌汁、茹でホウレンソウ、ふりかけ、生卵。450キロカロリー。昨日の日記に書いた通り午前3時から7時まで寝られなかったのでやけくそで午前6時に食った(笑)。昼飯は盛岡冷麺。茹で卵、キュウリ、トマト、キムチをトッピング。600キロカロリー。夕食はゴハン半合、豆腐をカツオ出汁でしばし煮た湯豆腐もどき。後はキャベツを炒めて焼肉のたれで味付けした野菜炒め。生卵。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『ミモザの島に消えた母』を見たのである。ハイビジョン画質は今一つ。例によって明るい場面ではいいのだが、暗い場面になると途端にノイズが出やがる。音声はAAC5.1チャンネル。包囲感に優れたサラウンド。重低音も交通事故や風の音で活躍する。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して前述の『男の世界』を見たのだ。画質は誉めるところはあまりなし(笑)。発色は良いものの解像度が取れておらず輪郭がぐしゃぐしゃと乱れる。トーンジャンプも酷い。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。今夜は寝られた。
 
 1月6日(土) ビーム砲暇なし
 左弦砲撃手、弾幕薄いぞ!何やってる! 新しく購入したキンドル。旧型ケースに両面テープで張り付けて使う。しかし、この状態ではどうもタッチパネルによる英語辞書の反応が場所によって悪くなるようだ。そこで思い切って両面テープをばりばり剥がしてキンドル単独で使ってみると起動のもっさり感はそのままだが、妙な反応の悪さはほぼ解消されたように思う。こちらの方が断然使いやすいのである。だから、私は決意した。旧型用のケースはキンドルのキャリングケースとしてのみ使用する。つまり、読むときはケースから取り出すのである(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に焼き海苔、豆腐の味噌汁、生卵でゴハン半合。400キロカロリー。昼飯は月見うどんと茹でほうれん草。卵はうどんと鍋で一緒に煮込んでやったので綺麗な半熟となり大変に美味し。400キロカロリー。夕食はスパゲッティミートソースにキュウリとトマトをそれぞれ半分ずつ。ちょっと物足りなかったので豆腐半丁を冷奴にして追加。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて昨日、半分ほど見ていたWOWOWハイビジョン録画の『デザートストーム』を最後まで。バカな若者4人組(男1人、女3人)がよせばいいのに、砂漠の真ん中で開催されるロックフェスに行こうとするが途中で車が故障。地元の若者3人(男)が乗ったキャンピングカーに同乗することになる。地元の若者もバカだからでっかいキャンピングカーで四輪駆動用の荒れた道路を走ってスタック。バカなので、しょうがないから今日はキャンプだ、オレたちのキャンプと言ったら決まっている、薬決めてラリラリパッパのラリパッパだ。翌朝、起きてみたら女の1人がオーヴァードーズで死んでいた。さらに残りの女2人がキャンピングカーのライト使って影絵遊びをしていたのでバッテリーがダウン。エンジンかかりゃしねえ。

 よし歩いて脱出だ!1人の地元の若者が藪で小便しようとしてガラガラヘビに噛まれて頓死。そして残りの奴らは絶望のあまり崖から飛び降りたり、疲労のあまり夜の間に死んだり、砂嵐に巻かれて死んだりする。もう面白くってたまらない(笑)。

 さあ、残った男女はどうなったでしょう、それは見てのお楽しみ。

 ハイビジョン画質は最悪。トーンジャンプやノイズの雨嵐。音声はAAC5.1チャンネル。砂嵐の場面はさすがに迫力があったけど、後は包囲感の薄いやる気のないサラウンドであった。

 続けてWOWOWハイビジョン録画の『GANTZ:O』を見る。大阪の街を跳梁跋扈する妖怪の群れは柴田よしき先生の「炎都」シリーズを思い出させて大変に宜しい。まあ、アッチは京都だけど(笑)。そして特筆すべきはそのCG技術の高さ。実写の妖怪なんてものはリアルになりすぎてもいけない、でも漫画でありすぎてもいけない、その見極め方・塩梅の仕方が抜群に上手いのだ。

 それだけに主人公をただ、ただ、良い人と持ち上げる単純なラストが不満に思えてしまったのだが。

 牛鬼と巨大ロボットの戦いも何だかなあ。『パシフィック・リム』を意識したというのは分かるけれども、あそこまで映像や動きをなぞるとなると、もうパクリとしか言えなくなると思うのだが。

 ハイビジョン画質はダメダメ。全編細かいノイズに覆われてしまっているし発色にも生気がない。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午前12時に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月7日(日) ビーバー暇なし
 ダム作らなきゃ、ああ、忙しい、忙しい。https://twitter.com/kharaguchi/status/947577756333649920  <いつまでも占領国面するなよ、戦争屋。日本人は米戦争屋の犬ばかりだと思ったら大間違いだ。 防衛は他人に指図されて整備するものではない。 米国にも平和を希求する人は少なくないはず。自作自演の偽旗戦争と軍産複合体の肥大化を止める賢者もいるだろう。 同胞よ日本の真の独立を求め行動しよう。>

 グーグル原口事件から一歩も進歩しとらんな、こいつ。しかし、同盟国を自身の公式ツィッターで「戦争屋」と罵るとかどんな神経しとるんだ。しかも今時軍産複合体がとか、しょうもない。F4の初飛行は 1958年  F15の初飛行も1972年、ベトナム戦争真っ最中である。F15も古い機体であり、航空自衛隊には機齢が40何近くになる機体すら存在する。そうした状況で早急な代替機の整備が必要なことぐらい分からないのかこの人は。そしてその対象となり得るのはあらゆる面を鑑みてもF35しかない。

 (航空自衛隊が保有するF15Jはおよそ半数が近代化改修(MSIP 米空軍で採用されたMulti Stage Improvement Program 、段階的能力増強計画の略語。J-MSIPはその日本版)に向かないPre-MSIP機。そりゃ改修しようとすれば出来んことはないばってんが、費用が無駄に掛かってそんな古い機体に金かけてどげんしますな、なのである。F35の代替対象となるのはこのPre-MSIP機である)

 参考 http://harukaze.tokyo/2017/11/08/f15premsip/

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。いや、本当は弟家族と一緒に福岡市某所の某メーカーの物件を見て回ったのであるが。食ったもの、朝飯にラーメンライス。物件周りで昼飯が遅くなるだろうことが分かっていたのでちょっとボリュームのあるものを腹に入れておきたかったの。

 昼飯は物件周りの後、弟家族と一緒に近くの中華料理屋からの出前。鶏唐揚げ、ギョーザ、エビチリ、炒飯など。ビールも飲みました。弟家族のお歳暮の赤ワインも飲みました。結構酔っぱらいましたウィー。

 夕食はこの時のチャーハンの残り。電子レンジで2分ほど温めると、これが美味いのなんの。

 後はテキトーに酒飲んでテキトーにテレビを見てテキトーに寝てしまいましたとさ。

 1月8日(月) 「チェチェ帰る」
 菊池寛駄洒落。<http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/02/history-of-blackface_a_23321243/より引用開始>年末恒例のお笑い番組「笑ってはいけない」シリーズ。大晦日「紅白歌合戦」の裏番組でありながら、今年も視聴率17.3%を誇った。もはや「国民的な」お笑い番組だ。2017年のテーマは「アメリカンポリス」。ダウンタウンの浜田雅功が、肌を黒くメイクして登場した。テロップではエディ・マーフィ主演の映画「ビバリーヒルズ・コップ」の説明が流れた。<引用終了>

 この黒塗りメイク、所謂ブラック・フェイスが物議を醸しているとのことであるが、「震災瓦礫の搬入拒否」とか酷い差別やっておきながら今さら黒塗りがいかんだの笑えるぜ。だいたい日本はアメリカみたいに黒人に対する「ジム・クロウ法」みたいな人種差別法案(関東大震災における朝鮮人虐殺という悲劇は事実であるが国が関与した訳ではない。「朝鮮人移住対策ノ件」を閣議決定したことはある。朝鮮の人々があんまり日本に来たがったから)を採用したことなんかないぞ。それなのにアメリカの右に習えというのはおかしいだろう。

 (註 ミッキー・ルーニーは1941年の『ブロードウェイ』で顔を黒く塗ってミンストレルショーをやっている(笑)。ミンストレルショーといえば「トムとジェリー」の「南の島に土人がいたよ」でジェリーがやっぱり顔を黒く塗って土人に扮する。アッチでは土人云々よりこっちのほうがよほどヤバい(笑)。)


 それを言うなら日本人に対する偏見・差別も問わねばなるまい。ミッキー・ルーニーのユニオシとかお前ら知ってるか、「ペリー・ローダン」のミュータント部隊とかお前ら知ってるか。昔のことじゃないぞ、「ペリー・ローダン」を現代向けにリブートした「NEOローダン」でもタコ・カクタは福島原発の放射能でミュータントになりましたと堂々と書いてあるぞ。フランスだって風刺だ・エスプリだと称して日本人が原発の放射能で奇形化するのだ言っているのだぞ。へたすりゃ少なくとも世界の英語圏の人々は「日本人はみんなコンヨクします」とか思っているぞ。

 先日のゲイコント騒ぎもそうだが、差別反対の美名のもとに表現の自由が狭められている風潮に危惧を覚えぬ訳にはいかんのだ。「あの黒人差別をなくす会が、最後とは思えない。もし、意識の高い系の人々の御大層な意見に翻弄されることが続けて行われるとしたら、あの黒人差別をなくす会の同類が、また、世界の何処かに現れて来るかも知れない……」 現れとる、現れとる(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。320キロカロリー。昼飯はソバ。お歳暮で頂いたものであるが一束が190グラムなので全部食べたらお腹パンパン。それでも500キロカロリーくらいなのが良いところ。後は野菜ジュース。60キロカロリー。夕食はレトルトのカレー。後はおつまみにおせんべい少々。缶ビール一本飲む。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,480キロカロリーなり。

 その後、映画も見ずにだらだらテレビ。WOWOWハイビジョン録画の「天神落語祭り」も見る。特に名は秘すがある真打の「芝浜」は今まで聞いてきた中で一番つまらなかった(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ケンミンショー」 午後11時半からプロジェクターを再起動。『ゴジラ デジタルリマスター』を見る。新吉君や尾形の着ているシャツの新品感が実に不自然(笑)。高画質はそうしたことまで描き出してしまうのだ!うん。

 就寝午前1時過ぎ。

 1月9日(火) 「涼宮はれのひの憂鬱」
 時事駄洒落。たぶん、3年後くらいにはどんなニュースを駄洒落にしたのか分からなくなると思うので(笑)概略を記しておく。「着物の販売・レンタルなどを手がける「はれのひ」(横浜市)が突然店を閉じ、お客さんが注文していた着物、着付けのために預けておいたお客さんの着物、を全部持って社長がばっくれた」事件である。その被害額は4,500万円に及んだ(たぶん、これからもっともっと増える)。

 このニュースについて小倉智昭氏が「これを契機に成人式で着飾るのをやめた方がいいんじゃないかな」と発言したそうだが、やめてー、そんなことになったら呉服店大量死だから。

 ヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hが到着。実際の到着は10日午後4時だったので9日の日記で書くと時系列が狂ってしまうことになるが、まあ、それはうれしさのあまりということで勘弁してください。

 前使用機デノン AVP-A1HDが沈着冷静なストレイカー司令官とすればCX-A5100は情熱的なポール・フォスターという感じ。サラウンドに向くのがどちらかといえばそれは絶対ポール・フォスターなので(笑)。 これでみる英国盤UHDの『パシフィックリム』はちょっと凄い。重低音のアグレッシブな使い方、ドルビーアトモスによる情報音場の細やかさ、燃える、燃える、燃える!そして意外だったのがステレオ2チャンネルの音質の良さ。発売当時735,000円のAVP-A1HDより高音がきらびやかで音場の構築力も高い。CX5100は定価280,000円なのに。

 デノンAVP-A1HDの発売は2007年10月 ヤマハCX-A 5100は2015年10月。AV機器にとって8年の歳月はこれほどまでに大きいのだ。


  もちろん欠点もある。一番の欠点はAVP-A1HDで可能だったプリアウトのフリーアサインができないこと。AVP-A1HDでは2チャンネル再生時 フロントLもしくはRのプリアウトをサブウーファーに割り当てることができた。CX5100はこれができない(サブウーファーへアンバランスで出力できるか試してみる予定)。

 またUSBが全面シーリングポケット内の一端子のみの装備というのも恐れ入る。USB機器からの音楽ファイル再生ができるようになっているのだが、音楽を聞いている間シーリングドアが開けっ放しにならざるを得ないというのはなんとも間抜け。せめて背面に一系統装備して欲しかった。

 全面表示窓がピュアダイレクトモード以外消灯できないのも困る。表示を暗くすることは可能なのだがそれでは足りないのである。全部真っ暗にしたいのである(これは私の使い方が間違っている可能性もある)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)。550キロカロリー。昼飯は朝の暴挙を反省してキュウリと茹でホウレンソウ。150キロカロリー。夕食はみつせ鶏の水炊き。まあ、かつおだしで鶏肉、白菜、ネギ、豆腐半丁を煮てやってアジポンを掛けて食べるだけなのだがこれが鶏肉の良さもあってめっぽう美味かったの。ゴハンが半合しか食べられなかったのが残念でならなかったの。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、明日届くであろうヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hに思いをはせつつ夢うつつで過ごす(笑)。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時半に就寝。

 1月10日(水) 「涼宮ハルヒの腰痛」
 あの怖いモノしらずのSOS団団長だっていつかはおばあさんになりますからね。ヤマハAVプリ CX-A5100のインプレッション第2弾。ネットワークオーディオへの対応はDSD 5.6MHz、WAV/FLAC/AIFF 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitとフル対応。アナログ・バランス接続したパナソニック DMR-UBZ1のCD再生は明らかにデノン AVP-A1HDより高品位。ならばLAN接続したNASの音楽ファイルはさらに高音質となるだろうと思ってやってみたのだが、ありゃりゃ、CX-A5100からNASの存在は“見えて”いるのだが、再生ができない。LAN接続の設定をやり直してみたのだが、やっぱりダメ。何がいけないんだろうなあ。面倒臭いから音楽ファイルの再生はUSBメモリを使ってやるか。

 本日は休み。午前8時半に起床して豆腐の味噌汁、ハムエッグ、ゴハン半合の朝食。午後10時過ぎに販売店より連絡あり、ヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hの配達が午後4時前後となる由。にやにやしながら事務所へ行ってちょっとしたお仕事。

 昼飯はピザトースト。ケチャッピーを塗ってその上にハム、焼き海苔を載せてからとろけるチーズをかぶせてオーブントースターで10分加熱。なかなかに面白い味であった。決して美味しいとは言わんが(笑)。

 そして午後4時、ついにヤマハ AVプリアンプ CX-A5100、パワーアンプ MX-A5000、オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hが到着。ついでに販売店の人に手伝って貰ってお役御免となったデノン AVP-A1HDを梱包する。

 販売店の人が帰っていった後、私は喜び勇んでセッティングに取り掛かる。各種接続、イネーブルドスピーカーの設置など約1時間を要してようやく完了。

 とりあえずこの段階で中断して夕食。メニューはコンビニのお握りセットとうまかっちゃん。お握りセットのソーセージと唐揚げをつまみにしてビール500ml缶一本を飲みうまかっちゃんで仕上げ。いや、食材は揃っているのだが、早くCX-A5100で英国盤UHDブルーレイで『パシフィックリム』を見たかったんだよ、手の込んだ料理なんかやってられなかったんだよ(笑)。

 まずは、ヤマハ自慢のYPAO-R.S.C.で部屋の音響特性を測定。何しろ私はAVP-A1HDの時代から音響測定用マイクを載せるためだけにカメラ屋で三脚を買ってますからな(笑)、より一層正確な測定が出来ようというものです。

 そして測定後、昨日の日記に書いたように英国盤UHD『パシフィックリム』を見てその凄さに仰け反ったのである(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はヤマハのサイトからダウンロードして電子書籍閲覧用のパソコンにぶちこんでいたCX-A5100のマニュアルだ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『ゴジラ デジタルリマスター』の続き。

 このリマスター版は人物の瞳の水っぽさ、生々しさがちゃんと表現されている。30数年前、西新の映画館で初めて見た時のぼけぼけの映像を思うとまさに夢のようである(この時の『マタンゴ』もフィルム傷でざらざらだった)。

 就寝午前1時過ぎ。

 1月11日(木) ブリアレオス健康器
 諸君に言っておくことがある。この駄洒落の元ネタは「アップルシード」のキャラクター ブリアレオス・ヘカトンケイレスとぶら下がり健康器である。

 CX-A5100のUSB再生を試してみた。自宅パソコンから8GBのメモリに音楽ファイル(WAVE) アルバム数枚分をコピーして再生してみたらこれがもんのすごい音。今まであんなに良いと思っていたUB-Z1のNAS(LAN)再生がすっかり霞んでしまった。驚くべきことにピュアダイレクトモードより補正を掛けたステレオの方が明らかに音が良い。今まで数多くのAVアンプを使ってきたがこんなのは初めてだ。

 はい、即座にシステムからNASを外すことに決定。しかし、決定したのはいいがUSBメモリ再生の実際の運用は一考を要する。保存している音楽ファイルは118GB。128GBのメモリなら全曲収録が可能。でもちょっと高い。ならば8GBのメモリを一つ買い足して音楽再生専用にするか。再生の度に自室のパソコンのHDDからコピーするのだ。8GBなら某山田電器の割引券とポイントで買えそうだし。でもやっぱり面倒臭いや(笑)。だったら64GBメモリを2つ買うか。ウウーム、価格的には128GB×1より高くなってしまいそうだ。

 いろいろ悩んでいたのだが、ひょんなことから解決。NASをシステムから外す前にもう一回チャンスを与えようということで、AV雑誌 「HiVi誌」のアドバイスに従って実行したプロジェクター X770のLAN
端子ターミネイトに使っていた短いLANケーブルで接続し直してみたのである。すると、あれあれ、あっさり再生ができましたとさ(笑)。

 最終的にはUSBメモリとの音質比較をやって決定することになるけれども、本当に長いLANケーブルというのはネットワークオーディオの役に立たんということがよーっく分かりましたとも。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯は朝っぱらから盛岡冷麺。茹で卵、キムチ、キュウリをトッピング。600キロカロリー。昼飯はお歳暮のソバとキャベツの千切り。ソバは掛け蕎麦、キャベツはゴマ、カロリーハーフマヨネーズ、牡蠣醤油で。300キロカロリー。

 夕食は水炊き。鶏肉・白菜・長ネギを香味ペーストで作った中華風スープで煮込んだもの。味ポン、博多万能ねぎ刻みで食べるとンまい!あ、しまった豆腐を入れるのを忘れていた。後はキュウリ半分、ゴハンを半合。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『アトミックブロンド』を見る。このUHDは早くに届いていたものであるが、なんとしてもDTS Xで見たくてCX-A5100が届くまで我慢していたのだ。さて、その『アトミックブロンド』 ストーリーがなんともややこしい。ベルリンの壁崩壊前後の混沌とした状況、それも当事者である東西ベルリンの人々たちの戸惑いを濃厚に反映させたのは分かりすぎるほど分かるのだが、それにしてもややこしすぎる。1回の鑑賞で把握できるとはとても思えぬほどである。私は何度か巻き戻して確認しつつ見たのだが、それでも顔と名前が一致しないままどこかへ行ってしまったキャラクターが少なくとも一人いる(笑)。

 しかし、シャリーズ・セロンのアクションは圧倒的。特に後半の長回し風映像(カットの切れ目をCGや編集で上手く繋いでいる)は市川雷蔵の『大殺陣 雄呂血』を連想させるほどのすさまじさ。ぼろぼろになってゆくシャリーズ・セロンの「あんた、いい加減に死になさいよおお!」という心の叫びが(私だけに)確かに聞こえた。

 UHD画質はシャープな解像度(DIファイル2K)とクールな青のルックが印象的。音声はDTS X やや上方の音場が乖離しているようなイメージであったが、ふと思いついてCX-A5100のDSPプログラム 「エンハンスド」を使ってみたら、このつながりの悪さが劇的に改善された。

 このモードは使える。これは常用にしてもいい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。この時、前述の短いLANケーブルならNAS再生もOKということに気付いたのだ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。 

 1月12日(金) タンシチュー包茎
 タンシチューが食べられなくなる駄洒落。昨日の日記についてちょっと補足しておくべきこと。元ネタのブリアレオス・ヘカトンケイレスという名前を『アップルシード』で聞いた時、ヘカトンケイレスを「ヘカトン系列」と聞き間違えて、そうか、これはブリアレオスのサイボーグボディの形式名なのだなと思ってしまったのである(笑)。

 2017年12月27日にTVQで放送された「勝手にドラフト2017!今夜決定!福岡最強ラーメンBEST5 」でのこと。納豆をかき混ぜてふわふわにしてトッピングしたラーメンを紹介した女性タレント 「ゲレンデがほろほろと溶けて」 そりゃメレンゲや。他にも「この店のラーメンはスープ、麺、具の三位一体が凄いんですよ、司法・行政・立法みたいな」 そりゃ三権分立や。

 ちなみにその女性タレントは中上 真亜子さんです(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にかけそばとキャベツの千切り。300キロカロリー。昼飯はトースト二枚を使ったサンドウィッチ。具は茹で卵、千切りキャベツ、スライスハム。600キロカロリー。夕食は白菜・長ネギ、豆腐、餃子を香味ペーストで煮た鍋とざるそば。650キロカロリー。餃子は例の「油も水もついでに奥さんもいらない羽つき焼き餃子」という奴。これを鍋に入れたらどろどろになってしまうのではないかと思ったのだが、心配ご無用。水餃子のようなもちもちした食感はないが、喉につるつると滑り込むような快感を楽しめる。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後、米国盤UHDブルーレイで『ヒットマンズボディガード』を見る。日本未公開(配信のみ)が信じられないほどの快作。最初こそライアン・レイノルズとサミュエル・ジャクソンの掛け合いがうっとおしく感じられるが(笑)、話が進むにつれてぐいぐいと加速していく展開の妙に酔わされる。バイク・車、アムステルダムの運河を進むボート、これらを使って重層的に構築された追跡劇はありとあらゆるカーチェイスシーンの中でも間違いなく5本の指に入るものだ。

 でもUHD画質(4KDI)は今3つぐらい(笑)。発色がさえず色滲みも散見される。明部の飽和も目立っており、せっかくのHDRの良さが十分に引き出されていない。音声はドルビーアトモス。DSPプログラムは頼もしい相棒、エンハンスド。こちらの方は文句なし。音場が三次元的に広がり部屋の狭さと言う物理的限界をやすやすと越えてくれる。上空を飛ぶヘリコプターの軌跡も気味が悪いほどに鮮やかだ。

 終了後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させて今までちびちび見ていた岡本喜八の傑作戦争映画『どぶ鼠作戦』(WOWOWハイビジョン録画)を最後まで。白虎(佐藤充)と無双(中丸忠雄)の対決がいかにも薄味。もう少し丁々発止のやり取りを楽しみたかった。

 モノクロハイビジョン画質はWOWOWにしては低水準。コントラストが伸びておらず黒は浮いているしハイライトの輝きも物足りない。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月13日(土) タンシチュー学生
 男子中学生とタンシチューの駄洒落だ、うん。さて、LANケーブルを短くすることによってヤマハAVプリアンプ CX-A5100によるNASのネットワーク再生が可能になったことはすでにお伝えした。その後、某山田電器にてカテゴリー7の50センチのLANケーブルを購入。改めて接続し直しNASネットワーク再生態勢を構築したのである。そのうち、お金がある時を見計らって(お前にお金がある時って存在するのかええ?というのは置いときまして)50センチで10,000円オーヴァーくらいのオーディオ用LANケーブルに交換してやろうと思っている。音が良くなるとはさすがの私にも思えないけど(笑)まあ、気分の問題です。

 CX-A5100の使いこなしでもうひとつ。アンバランスでサブウーファーTD725SWMK2と接続してもいやなハムノイズがでない。デノンのAVP-A1HDでは盛大にぶーんぶーんと鳴って使い物にならず、バランス接続を余儀なくされたのに。ということで音楽再生時はヤマハ CX-A5100の右フロント音声のアンバランスプリアウトをTD725SWMK2の入力1に接続。LPF(ローパスフィルター)を使って40kHz以上の高域・中域をカットして再生する。このあたりの設定はもう少しいろいろ試してみてから決定することになるだろう。

 一方、サラウンドの0.1チャンネルはバランスプリアウトをTD725SWMK2の出力2に接続。これでTD725SWMK2の出力1と2を切り替えるだけで音楽2チャンネル再生・サラウンド再生に対応できることになる。デノン AVP-A1HDとは違ってプリアウトのフリーアサインができないというCX-A5100の欠点が完全に解消された。いや、むしろその操作はより簡単になったと言っていいだろう。

 もう私は予想を遥かに超えたヤマハ AVプリ CX-A5100のスーパーマシーンぶりにめろめろですよ!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に豆腐の味噌汁、ソーセージ3本とキャベツを炒めたもの、ゴハン半合。500キロカロリー。昼飯はキュウリと月見そば。400キロカロリー。夕食は白菜とソーセージ3本を香味ペーストで煮た鍋。そしてざるそば。500キロカロリー。
 
 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤3Dブルーレイ『トランスフォーマー4/ロストエイジ』を久しぶりに再見。いや、映画自体はどうでも良いのだが(笑)このソフトのドルビーアトモス音声がHiVi誌でやたらに誉められておりましてな、それを体験したかったものですから。

 その評価にいささかの誤りや誇張はなし。音場の情報量は比類がなく、従来のドルビートゥルーHD DTH-HDマスターオーディオでは難しかったリアレフトからリアライトへ飛んでいく戦闘機やヘリの軌跡もリアルに再現される。

 現在のシステムはフロントスピーカーの上にイネーブルドスピーカーをアドオンしただけなのでリア音場の表現不足を懸念していたのだが、なかなかどうしてやるものではないか。

 これはCX-A5100の性能によるところが大きいと思われるが重低音のコントロールも実に強烈。あふれるような低音をしっかりグリップしてくれる。

 長い映画なので2時間ぐらいで再生ストップ。堪能したのでもう続きは見なくていいや(笑)。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 1月14日(日) 「トイプードルファイター」
 トイプードルで変身、トイプードルファイターってカッコわる!私のオーディオの歴史にはいくつかの転換期があった。CDプレーヤー TEAC VRDS-10。パイオニア インテグレーテッドアンプ A-07(AVアンプのプリアウトを本格的なオーディオアンプでドライブすると音が良くなる。これは後のLUXMAN M-7f、 マークレヴィンソン NO27L、NuForce Reference9 V2 SE 、 Reference18等のパワーアンプ導入のきっかけとなった)、

 根岸通信の電源タップ、電源ケーブル。電源タップはオーディオに、電源ケーブルはプロジェクター PIANOに対して驚くほどの効果を発揮、私を不治の病、ケーブル病に追い込んだ(笑)。しまいには5万円の電源タップ(アコースティックリヴァイブ RTP-6E)や17万円の電源ケーブルを買っちゃった、えへ。

 パイオニア AVアンプ VSA-AX10 バイアンプの音は正に衝撃的だった。この機体はそれまでの私のオーディオ観を一変させたと言っても過言ではない。

 まったくお金を掛けずにオーディオの大幅な音質向上をもたらしたのがUSBオーディオ。CDからリッピングしたWAVEファイルをUSBメモリにコピーしてデノン AVプリアンプ AVP-A1HDに挿して再生してやるとそこらの普及価格帯のCDプレーヤーが顔色を変えて逃げだし、慌てた数台が思わずすっころぶほどの音が出てきたのだ。この驚きはハイレゾファイルを再生できるパナソニック DMR-BZT9300+NASの組み合わせによるネットワークオーディオに発展する。

 長年の憧れであったパイオニアスピーカー S-1EXの導入も忘れられない。ローンがいっそうきつくなったけど(笑)。

 ハイエンドサブウーファー イクリプス TD725SWMK2をオーディオ用に使った時も大きな感動を味わえた。基礎をしっかりと支える重低音再生がオーディオにいかに恩恵をもたらすものか、改めて認識させられたものである。

 そして現在、ヤマハ AVプリ CX-A5100のNASネットワーク再生の音を聞いてにやにやが止まらない私がいるという訳なのであります(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に食パン1枚、とろけるチーズ1枚、ケチャッピーを使ったピザトースト。目玉焼き、キャベツの千切り。350キロカロリー。昼飯はキュウリ一本とマルちゃん正麺塩ラーメン。400キロカロリー。夕食は冷凍のエビ焼売(240キロカロリー)、茹でホウレンソウでビール500ml缶一本飲んでケチャッピーのナポリタンで仕上げる。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,440キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させ、昨日はもういいやと思っていた(笑)『トランスフォーマー』の続き。やっぱりアトモスの音はすげえなあ。映画はすげえつまらないけどな!

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は久しぶりにWOWOWハイビジョン録画の「ウルトラマン」 ジラース登場回の「謎の恐竜基地」 ネス湖の奥地ってなんだ(笑)。そのネス湖の奥地がまるでアマゾンのジャングルのように描写されているのがこれまたよし。

 就寝午前1時過ぎ。

 1月15日(月) 一点ゴーガ主義
 「ウルトラQ」は「2020年の挑戦」とか「ゴーガの像」は子供の頃に見ていなかった・あるいは見たけど忘れてしまった、というエピソードだったのでDVDできちんと見られた時の嬉しさといったらなかったものですよ。

 今の子供といったら贅沢に過ぎて録画ができる、CS放送などで何度もやってくれる、へたすりゃネットで見放題!ですから、いけません。録画など夢の夢、ビデオデッキを持っていたのはほんの一部のお大臣だけの時代、いやいや、それから20年ほどたって録画ができるようになってもあのいまいましい巨人戦の中継延長で「スタートレック ネクストジェネレーション」の後ろ半分が録画されていなかったりしたんです。

 今の甘やかされた子供たちにもこんな体験をさせてやりたい。番組はリアルタイムでしか見られない、録画などもっての他。許されるのはラジカセを使った録音だけ(笑)。この時、ちゃんとイヤホン端子からケーブルで接続してもそばで母親が掃除機掛けているとその音も録音されちゃうからな。カセットテープはいっぱい録音できるように120分の奴。でもこの手の長時間カセットはテープが薄いのですぐぐちゃぐちゃと絡まってしまったりしたんだぞ、うん。中学生の頃、「宇宙戦艦ヤマト」の最終4話を録音していた120分テープがぐちゃぐちゃになった時はマジで泣いたぞ(笑)。

 こういう時代を体験できるキャンプとかやれ、そして現代のテクノロジーの凄さ、素晴らしさを再認識させよ!

 ああ、オレも面倒臭い大人になっちまったなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は久々の小笹飯店で鶏味噌定食。夕食は水炊き。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを大目に食ったらお腹ぱんぱん。

 その後プロジェクターを起動し米国盤3Dブルーレイの『ニュータント・ミンジャ・タートルズ』じゃなかった『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影』を再見。ヤマハ AVプリ CX-A5100で味わうドルビーアトモス音声は極上である。うふふふ。

 映画自体も面白いのであるが、特に気に入っているのがサイとイボイノシシのミュータントに改造されるチンピラ二人組。こいつらはちょっと他に例を見ないほどの大馬鹿キャラコンビで、しかも一人は黒人。そのままだったらさぞ意識高い系の人から「差別だ、差別だ」と言われてしまうかもしれないが、何しろサイとイボイノシシになってしまいましたからなあ。どんなにバカをやらせてもオールOKなんであります。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月16日(火) 卍こわい
 女子高生流行言葉駄洒落。参考<https://shirutoku.info/jyoshikousei-ryuukougo-taisho2016> しかしなんだなあ、 女子高生流行語大賞2016の第6位が「マ!?」というのは凄いなあ。昨今の女子高生というのは「ジャイアントロボ」か(笑)。

 ヤマハ AVプリ CX-A5100 にハーモニクスのインシュレーター TU-505EX MKⅡを使ってみた。音の分解能が良くなり一つ一つの楽器の存在感がより高まった。オレはにやにや。調子に乗って今までパナソニック UB-Z1に使っていた電源ケーブル Device1SEを接続した。現用のシナジスティックリサーチ Reference AC Master Coupler X2 Series に比べると音が異様に生々しくなった。ヴァイオリンの音で弓が一生懸命弦をこすってますという雰囲気をここまで感じられたのは初めてだ。オレはにやにや。

 なんか本当に凄いっすよ、このAVプリアンプ。

 本日は休み。本来の休みである水曜に外せない重大な要件が入ってきたので急きょ代休扱いにしたのである。午前9時過ぎに起床。天気予報通りに暖かくてしかも晴れている!ということで洗濯を開始。シーツも洗った、布団も干した。ああ、ちゃんとした人間の行為が出来てキモチ良いなあ。その後シャワーを浴びて音楽を聞く。この時に前述のCX-A5100のインシュレーター設置や電源ケーブル交換をやってその音の良さに欣喜雀躍したのである。

 昼飯は膳でラーメン+替え玉。その後帰宅してから米国盤3Dブルーレイの『ターミネーター 新起動 ジェニシス』を見る。

 夕食は昨日と同じく水炊き。ビール500ml缶一本飲んでゴハン半合で仕上げ。

 その後、テレビを見ながら読書など。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」

 就寝午前1時過ぎ。

 1月17日(水) バカボン上映
 爆音上映というものを一度体験したいと思っているけれども、福岡では「爆音映画祭」みたいなのしかないんだ。上映作品も『マトリックス』とか『フットルース』『エクソシスト2』『セブン』だったりするんだ。なんか違うと思うんだ。

 付け加えると福岡にはいまだにドルビーアトモス上映館がないんだ。下関と大分にはあるのに福岡にはないんだ、世の中間違っとるよー(これは2016年3月時点での状況。もし間違っていたら世の中ではなく私が間違っていたということで勘弁してください)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。430キロカロリー。昼飯はマルちゃんの冷やしラーメン。キュウリ一本、茹で卵一本をトッピング。500キロカロリー。夕食は鶏鍋。鶏肉4キレ、白菜、青ネギ、シイタケを香味ペーストのスープで煮たもの。300キロカロリー。後はざるそばで仕上げ。250キロカロリー。
 
 本日の摂取カロリー量は1,480キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ターミネーター4』を見る。告白しよう。私は今の今まで『ターミネーター4』を見たことがなかった。それどころかこの映画の存在さえきれいさっぱり忘れていた。いかに『ターミネーター3』で失望したからと言ってこれはSF映画ファンとしてあまりにも酷い。

 という訳で申し訳ない、ごめんなさいと言いながらレンタルブルーレイを借りてきて申し訳ない、ごめんなさいと言いながら鑑賞したのだが、いや、これは巷の評価が信じられないくらい面白いではないか。半人半ターミネーターのマーカス・ライトのキャラクターの良さ、旧式ターミネーター T-600の幽鬼のような姿、いまひとつ何をしに登場したのか分からんモト・ターミネーター、見せ所を十分に心得たカーアクション、A10兄貴の大活躍等々、オレの心を熱くさせる要素が一杯だ!

 そりゃ、サイバーダイン社に改造されたマーカス・ライトがスカイネットとシンクロを完了すれば自由意志など奪われてしまうだろうとか、全体の絵面が『マッドマックス』でまったくターミネーターらしくないとか、そういう不満があるのも良く分かる。

 だが、なりふり構わず面白い映像を作ろうという熱意は低予算ながら『ターミネーター』を第1級のSFアクション映画に仕立てたジェームズ・キャメロンを彷彿とさせる。つまりこの『ターミネーター4』は『ターミネーター2』と同様、『ターミネーター』の正統なる後継者なのである。

 異論・反論はもちろんあろうが、オレはこうと決めたのだ!だからこれが真実なのだ!

 ハイビジョン画質はそれなり。暗部のノイズはまあ仕方ないか。音声はDTS-HDマスターオーディオ。AVプリアンプ CX-A5100のエンハンスドモードの効果で最新サラウンドに勝るとも劣らぬ臨場感を味わえる。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 1月18日(木) 「サラウンド・パリ」
 ドルビーサラウンドかなあ、ドルビーデジタルかなあ、DTSかなあ、ソニー・ダイナミック・デジタル・サウンド(SDDS)かなあ、アトモスかなあ(一応、劇場用のサラウンド規格限定駄洒落です)。元ネタは「サロン・ド・パリ」フランスの王立絵画彫刻アカデミーが18世紀にパリで開催するようになった公式美術展覧会。私は無教養なので名前以外はちーっとも知らんかった。

 夏木陽介死去 享年81 この人の私にとってのイメージはやっぱり『三大怪獣地球最大の決戦』の新藤刑事だなあ。正気を取り戻したサルノ王女に拳銃をチャキっと構えて「私は日本の警察官 そして貴方のボディガード」とカッコよく決めた瞬間、伊藤久哉に拳銃を撃ち飛ばされる。このあまりに無慈悲なタイミングの悪さにオールナイトの劇場中から失笑にも似た笑いが巻き起こったものである。

 (この後、伊藤久哉がキングギドラの引力光線によってまき散らされた落石をがっと受け止めて悲鳴を上げながら谷底へ落ちていくというみうら・じゅん師言うところの岩石ブレーンバスターによってさらに爆笑状態となるのである)

 追悼のために録画してある『独立愚連隊』『独立機関銃隊未だ射撃中』『のら犬作戦』『蟻地獄作戦』を急ぎみることにしよう。ご冥福をお祈りする。


 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にマルちゃん正麺の塩ラーメンとキュウリ。400キロカロリー。昼飯はケチャッピーのナポリタン。パプリカ細切り、電子レンジで3分加熱した茄子を使う。これでケチャッピーを大目に使ったらなんかにやにやするくらい美味しくできてしまった。やっぱりケチャッピーはケチったらいかんピー!500キロカロリー。夕食はカレー。冷凍のミックスヴェジタブルとシーフードミックスをフライパンで炒め水を灌ぐ。香味ペーストを入れた後しばらく煮込んでジャワカレー ルー一欠けを投入。焼肉のタレで味を調える。「クッキングパパ」の原口さん考案の簡単カレーを参考にしたレシピ(オリジナルは香味ペーストの代わりに豚骨スープの素を使う)であるが、ちょっと味が濃すぎた。あれはもう少し水で薄めなければならん。ゴハンが少し多めでだいたい600キロカロリーくらいか。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ネオンデーモン』を見る。20歳過ぎたらただの人、整形は当たり前、胸だって小さくしちゃうわ、ごらんなさい、おかげでハンガーみたいな体型よ!というモデル世界の実情と暗部を描く!というのはお題目に過ぎない。N・W・エフン監督はこのお題目を免罪符として、異常な性愛と美への執着を描くことにただひたすら腐心している。

 その象徴と言える存在がメイク係りでエンバーミングのアルバイトをしていてしかもレズというややこしい役柄を演じたジェナ・マローン。ヒロイン(エル・ファニング)から拒絶された彼女は、性的渇望を癒すためにエンバーミング中の女性の死体と自慰的な性行為を行うのである。それがまた、死体の胸を揉みしだきながら口中に唾を吐きいれ、それを自らの舌で掬い取る、終いには死体にまたがって激しく腰を使い始めるというおいおいおいおいおいなもの(笑)。そりゃ確かにジェナ・マローンはそのキャリアにおいて『ドニ―・ダーコ』(2001年)のグレッチェンに代表されるような「可愛いけれどもどこかイタい少女・女性」を演じてきた人だけど、まさかここまでやっちゃうとは。

 これがあまりにショッキングだったので後の展開がもうどうでも良くなってしまったくらいです。

 ハイビジョン画質はまあダメですな。細かなノイズが目障りだしコントラストも不十分。N・W・エフン監督の特徴的な絵作りをスポイルしてしまっているようだ。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドは情報量が多い、台詞の彫りが深く立体的、BGMの品位が高い。控えめな重低音の使い方など美点が多いが、これはまあ、ヤマハ AVプリ CX-A5100の力によるものなんでしょうなあ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動し、今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『血と砂』を最後まで。岡本喜八監督は単純な反戦ではなく、敵中の拠点をわずか17人(そのうち13人はそれまで実戦経験のない軍楽隊の若い奴ら)で奪取・固守しなければならないという絶望的な状況を使って戦争における「ひたむきな一生懸命さ」を描こうとしたのではなかったか。

 彼らがどれほど勇猛果敢、懸命に戦おうがその果てに待っているのは“滅び”でしかない。その冷徹な現実にすりつぶされる人間を描くことで結果的に戦争の空しさを強く訴えかけているのではないかと思うのである。

 モノクロハイビジョン画質はやっぱりダメ。コントラストが確保できておらず黒も浮き気味。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月19日(金) 「ハバネロ退屈男」
 早乙女主水之介が「退屈で仕方ない。退屈しのぎに一つハバネロとやらを食うてみよう、ひー、辛い!」
 オンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hはフロントスピーカーのパイオニア S1-EXの上に載せてある。当初は地震の不安から映画再生時以外は床に降ろしてしまおうと考えていた。しかし、D-309H付属のゴム製スペーサーや滑り止めの食いつきが予想外に良く少し揺さぶったくらいではびくともしないくらいD-309Hをしっかりと固定してくれる。ならば多少の地震では落ちたりしないだろうと言うことで常設することになった次第。

 音響効果に置いて天井に設置するトップスピーカーに及ばないと言われているイネーブルドスピーカー、しかし、ここまでがっちりと固定されるならば床に比べてどうしても脆弱になりがちな天井設置、あるいはポール設置のトップスピーカーに比較してよほど音質的には有利なのではないだろうか。最も、スペーサーの食いつきが良い分、S1-EX天板へのダメージが心配になってくるけど(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にかけそばと茹でホウレンソウ。300キロカロリー。昼飯は白菜の油炒めとざるそば。300キロカロリー。夕食はホタテの炊き込みゴハン1合と豆腐の味噌汁、茹でホウレンソウ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。ソバばっかり食べているようだがこれはお歳暮で頂いた詰め合わせがまだまだたっぷりと残っているからだ(笑)。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『キング・アーサー』を見る。ガイ・リッチ―監督特有の素早い小刻みのカット割り、時系列の入れ替えに頭がついていかず不覚にも前半だけで5~6回も寝落ち。いや、映像はカッコいいから、それはもう分かったから、でもなんだかストーリーが頭の中に入ってこないんだよとボヤくことしきりであった。これではガイ・リッチ―監督の作家性が裏目にでているとしか言えん。

 ハイビジョン画質は良好。場面によってはトーンジャンプの嵐となるがこれはブルーレイだから仕方がない。音声はドルビーアトモス。上方音場でぐにょぐにょと音が蠢くさまが楽しい。音の粒立ちも良く重低音も大活躍。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 1月20日(土) 「素人玄人ソレイユ」
 元ネタはシルク・ドゥ・ソレイユだ。素人玄人はシルクロードの駄洒落にもなると思うのだがどうだろう。自炊生活で得たコツのようなもの。「味の素と友達になれ!」「野菜はなるたけ細かく刻め。人参などの根菜類はなおさらだ。それが面倒臭い時はラップして電子レンジで加熱してしまえ」「焼きナスは焼いてはいけない。時間が掛かる割に量が少なくなってしまうし、何より味が今一つ。ラップして電子レンジで加熱すれば簡単だ」「香味ペーストは使い勝手のよい万能中華調味料。湯に溶かすだけでちゃんとした中華スープになる。チャンポンのスープ、カレーのベースとして使っても美味しい」「テレビショッピングなどで宣伝されている10,000円程度の<画期的でヘルシーな調理器具>に過度な期待を抱くな。×ラーラとかだ!」「焼き魚は店で食え。匂いや調理の手間などのリスクが大きすぎる。そして美味しくできない」「揚げ物は店で食え。匂いや調理のリスクが大きすぎる。そして美味しくできない」「コンビニを過信してもいかんが、頭っからバカにしたものでもない。惣菜などモノによっては妙に美味しいものがあるからだ」「ケチャッピーは役に立つ。スパゲティナポリタンも作れればピザトーストのソースにも使える。ただし言っておく。スパゲティナポリタンを作る時にケチャッピーをけちるな。贅沢なくらい使え!」

 私の料理はまあ、アレなのですが(笑)こういうことを考えて実践すると妙に楽しいですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にトースト1枚、ケチャッピー、とろけるスライスチーズ1枚を使ったピザトースト。昼飯は久々にゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハン。夕食はケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。ピーマン1個、茄子4分の一本を具に使う。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『ベイウォッチ』を見る。本当はゆるーくてツッコミどころしかないような犯罪ドラマをフロリダの能天気な雰囲気とぼよよんオッパイとぷりんぷりんお尻で見るものを幻惑し、あたかも名作・感動作のように見せてしまう恐ろしい映画だ(笑)。もうこの種のアメリカンカルチャーのアイコンの一つとなっているデビッド・ハッセルホフギャグもいい。いやー、『ピラニア』シリーズなどでなぜやたらに本人役で出てくるのだろうと不思議がっていた私ですが、この映画でやっと得心することができました。

 ハイビジョン画質はブルーレイとしてかなり頑張っているレベル。コントラストの高さはHDR的な雰囲気さえ醸し出すし、解像度の高さは表現の難しい波濤を破綻なく見せてくれる。音声はドルビーアトモス。いまひとつ台詞の力強さに欠けていたのが残念。

 なお、たびたび使われる「shell Phone」という言葉、これは陸の警官が海の男であるドウェイン・ジョンソンを皮肉った「Cell Phone」の駄洒落なのだが、これを「貝殻携帯」と何のひねりもなく訳しているので意味がまったく伝わらなくなっている(笑)。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月21日(日) 『十二人の怒れる雄琴』
 福岡市の某所にも色街が存在する。ある日、雨の中キャナルシティで映画を見ようとして歩いていた私、黄色いレインコートを着た小さなおばあさんがよちよち歩いて近づいてきた。どうしたのかな、道に迷ったのかな、おばあさんなのだから親切にしてあげないといけないなと思った私に「お兄さん、良い娘いるよ、遊んで行かない?」 実話です(笑)。

 良くある色街小話だと、そのおばあさんの誘いに乗って店に行くとそのおばあさんが化粧して出てくるというのがパターンですな。

 仕事はまあいろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、今日は朝から福岡県某所の物件を見に行ったので朝飯はJR博多駅近辺の吉野家で牛鮭定食。おいおい、鮭は焼き魚じゃないの?なんだか蒸したような外見で焦げ目などまったくついていない。おまけにぶよぶよしていて焼き魚特有の香ばしさなど微塵もない。不味いとまではいかないけれども、私の期待していたものとは180度違う。もう絶対食わねえ!そりゃ完食したけどさ。

 昼飯は物件見学から戻ってきて自宅でぺヤングソース焼きそば。うっかりカヤクを入れ忘れたのだが、お湯で戻さないままのそれを麺に振り掛けるといい具合にしなっとなって意外な美味しさ。フツーに作った場合よりいいくらいだ。

 夕食はカレー。シーフードミックス、パプリカ、茄子を炒めて水を注ぎぐらぐらと煮る。香味ペーストを加えさらに煮て仕上げにカレールーを一欠け。後は焼肉のタレで味を補強すればよろしい。でも調子に乗って「カレーは辛くなければなりませんからな」とタバスコソースをぼんぼん入れたら死にそうになった。

 その後、珍しく映画も見ずに音楽を聞きながら読書。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」 この番組を今見て思うのは「まー、あれだけ無茶していて良く事故が起こらなかったなあ」と(笑)。いや、バンジージャンプやスカイダイビングやカースタントではないよ、あれはプロの仕事でその辺は十分に考慮されているから。危ないのは沖縄ロケでかなり荒れた海上でいろいろやっていたこと。字読みプロレスで出場したお笑い芸人が救命具もつけずに荒れた海に放り出されるとか見ていて冷や冷やする。

 就寝午前1時過ぎ。

 1月22日(月) 巨乳の敵は今日の友
 私は何を隠そう、巨乳に対抗して超乳という言葉を考えたことがある駄洒落。くっだらねえな(笑)。朝日探偵調査事務所 男性のお客さまのこんなご要望にお応えします。「指名する風俗嬢の住所が知りたい」「好きな風俗嬢の住所が知りたい」「退店した風俗嬢の住所が知りたい」「名前や住所を教えてくれない」「お金を貸したきり連絡がとれない」  ひいいい。https://twitter.com/Chris9620

 いくらなんでもウソだろっと思ってネットで確認したらホームページがメンテナンス中になっていた。<http://www.asahishinyo.jp/article/d2477.html

 なお、風俗嬢案件は女性からのこんなご要望にも対応している。「夫が浮気をしている、相手の風俗嬢の住所を知りたい」 ウウーム、ウウーム・・・。

 私のアイフォン4のソフトケースが壊れた。ドッグコネクタ周辺の細い部分がついに切れてしまったのだ。代替品を求めて某山田電器に行ってみたのだが、当然ながらそんな古い機種のケースなどある筈がない。店員さんは「これはやっぱり機種変更して頂かないと」オレはその瞬間絶対機種変更しねえと決心した。共に白髪のはえるまでオレはこの機種と共に生きていく!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯はカップヌードルとキュウリ一本。400キロカロリー。夕食は冷奴を摘みに缶ビール500ml缶一本飲んでツナマヨスパゲティ。あまりにも美味しかったので2食分食べちゃった。1,250キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,650キロカロリーなり。

 その後はだらだらと飲みながらテレビや読書。「お笑いウルトラクイズ」も見る。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させ「宇宙戦艦ヤマト2199」を2話分再生。初めての試みとしてヤマハAVプリアンプのドルビーサラウンドモード(2chのステレオ音源、5・1chのマルチチャンネル音源を問わず、天井のトップスピーカー含めた5・1・4(+2)ch 再生が可能なモード)を使ってみたらその効果は予想以上。台詞の定位のぼやけや変な残響もなく音場を自然に拡大してくれる。

 これから2チャンネルステレオのコンテンツはこのドルビーサラウンドモードでみることにしよう。

 就寝午前1時過ぎ。

 

 1月23日(火) ミリタリーのたぬき
 マルちゃん「赤いきつね」と「緑のたぬき」駄洒落。しかしなんですなあ、「赤いきつね」のきつねを漢字にするだけで一気に不穏な雰囲気となりますなあ。「赤い狐」とか60年代の共産圏スパイかって。久々に『シンゴジラ』UHDを再見。それもヤマハAVプリ CX-A5100のドルビーサラウンドモードを使ったのだが、これが実に、凄く、素晴らしく、最高に良かった。この映画は3.1チャンネルというつまり、フロントレフト・ライト・センター+低音0.1チャンネルの変則的なサラウンドデザインが施されているのだが、我がシアタールームではこれが上手く再現できなかった。映画館と比べてエアヴォリュームが徹底的に不足しているために(当たり前ですが)包囲感がでず音がフロント部分にへばりついてしまっていたのである。

 ところがこのドルビーサラウンドモードを使うと音場が気持ちよく全方向に伸びていく。これは前使用機のデノン AVP-A1HDではまったく味わえなかったものだ。CX-A5100の基本的な音の良さ、低音のアグレッシブな使い方、と相まって今まで散々見てきた『シンゴジラ』がまったく別の映画に生まれ変わったと言っても過言ではないだろう。いやAVを熱心にやっていると、ローンが嵩みすぎてろくすっぽ飲みにもいけないような状態になっているけど、こんな嬉しい感動に出会えるのですよ、分かりましたか、皆さん。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。350キロカロリー。昼飯は鳳凛 でラーメン+替え玉。外食カロリー摂取量暫定一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食は和風チゲ鍋。豆腐の味噌汁を作ってキムチをブチ込んだもの。チゲ鍋ではなくって「豆腐の味噌汁にキムチをブチこんだもの」にしかならなかったけど(笑)それでも結構美味しかった。これでゴハンを半合。350キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリー。

 その後、前述のようにヤマハAVプリ CX-A5100で『シンゴジラ』を見てかように感動したのである。終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月24日(水) 黒毛ワルキューレ
 黒毛和牛の駄洒落だ、どうだ、まいったか。米国盤UHDブルーレイ 『ブレードランナー 2049』 『IT それが見えたら終り』が到着。待ち焦がれていた作品だったのでさっそく『it』を見ましたよ。リッチーの空気読めない発言が良い。スタンが「オレは女の幽霊を見る」と言ったら「その女はホットだったかい?」 これが最高におかしかった。べバリーもあか抜けない田舎の可愛い女の子感が素晴らしい。itをみんなでボコボコにするラストは違和感ばりばりだったけど(笑)。

 あまりに面白く感動させられたのでネットで評判を漁ってみたら変な記事も良記事もありまして、まあ、当たり前の話だけど。https://theriver.jp/it-deleated-scene/  <引用開始>映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』あまりにグロすぎて削除されたシーンの存在明らかに (中略) 女性の赤ん坊がペニーワイズに食べられてしまうという内容だったという。<引用終了>いやいきなりジョージが片腕を食いちぎられてひいひい逃げようとする様はこれ以上に恐ろしかったぞ。この手の映画を山ほど見ている私ですらちょっとくらくら来たからな。

  http://nuwton.com/feature/20094/ <引用開始>「親から盗んだ純銀製のイヤリングをパチンコで撃つ」という割と無理のあるもの<引用終了>  おーい、銀は狼男に対する唯一の武器なんだけど。

 この映画に関するネット記事で一番良かったのがこれ。
http://nicjaga.hatenablog.com/entry/itmovie2017 エディが怒りのあまり過保護すぎる母親に言い放つ台詞。You know what these are? They're gazebos! They're bullshit! 彼はプラシーボ placeboをgazebo(ガジーボ): [名]見晴らし台、展望台、あずまや、と言い間違えているのである。

 しかしなんですなあ、「ノスタルジーがいいのだ」と言う評価を目にするけどこの物語は本来そんな生易しいものではない。イジメ、親からの虐待、ネグレクト、えげつない差別。itという怪物はみにくい人間の暗部の象徴でもあるのだ。

 明日はこの「イット」に関する思い出話を長々する予定なのでみんな覚悟するべし。

 本日は休み。午前8時過ぎに起床。昨晩さんざんテレヴィの天気予報で明日は寒い、死ぬほどの寒波、凍死者が出るぞと脅かされていたのだが(半分ウソ)、窓の外をみたらすっきり晴れていたので何か複雑な気分となる。その複雑な気分の中、こんな晴天を見逃したら損だと急いで洗濯。

 朝飯はキュウリとキムチをのっけた盛岡冷麺。寒いけどウメー。それから外出して事務所で亀の世話とお買いもの。ホウレンソウ、ニンジン、大根、キュウリ、冷凍のうどん、豚肉、出汁入り味噌などを買ってくる。昼飯は母親が買ってきていた天ぷら(エビ、イカ、アナゴ)を使った抜き。いや濃いめの和風スープを作って天ぷらを浸しただけですけど。これをつまみにビール500リットル缶を一本。その後、残ったスープに冷凍うどんを入れて仕上げる。

 午後はブルーレイの『スカイクロラ』 やっぱりこの作品もドルビーサラウンドモードで見るとたまりませんよ。

 午後4時半にゴミ捨てのために実家へ行く。この時実に上手い具合に前述の米国盤UHDブルーレイ 『ブレードランナー 2049』 『IT それが見えたら終り』が到着したのである。自室に飛んで帰ってさっそく『IT』を見た訳ですよ、これが。

 ハイビジョン画質は発色が優秀。あのベバリーの浴室の排水溝から吹き出てくる血の何と生々しいことか。俯瞰で描かれるデリーの街並みも実に美しい。数百年も前から怪物が巣食っているという恐ろしい現実とと印象的な対比をなしている。

 音声はドルビーアトモス。音の良さはさておき、とにかく効果音の配置が巧みである。後ろでがさごそ、右の方からがたん、左の方からどーん、ホラーでこれをやられると洒落にならん(笑)。

 映画が終わってから夕食。メニューは昼飯と同じ。抜きとうどん、そしてビール500ml缶一本。その後だらだらとテレビ。午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「お笑いウルトラクイズ」 就寝午前1時過ぎ。

 1月25日(木) 「バットマンと丁稚どん」
 ティム・バートンの映画でジャック・ニコルソンのジョーカーに「こら、早くワシの傷を治さんかい!」と迫られた医者が「すいません、道具がこれしかないんですう」 並べられた道具がおよそ医療器具とは思えないノコギリとかハンマーみたいなものばっかりという場面(記憶違いの可能性あり)で大笑いしたものだったが。最近のバットマンは変に真面目でどうもついていけない。

 さて、昨日の予告通りスティーヴン・キングの「イット」に関する思い出話である。私は「イット」を原書で読んだ。それまで「ペットセメタリ―」や「デッドゾーン」を英語で読んでいたのだが、どちらもだいたい400ページ程度。対する「イット」は700ページオーヴァーの大長編。さすがに読み切れるか不安だった。読み始めたらいきなりスタンの人生を長々読まされて異様に退屈だったし(笑)。このとっつきにくさはキングの小説の中でも屈指だと思う。これでスタンがいきなり自殺していなきゃそこで放り投げていた可能性もあった。

 私にとってスティーヴン・キングの小説、ことに「イット」は公に語られることのない些末なアメリカ文化のカタログでもあった。リッチーであったか、でぶのベンに向かって「おい、ヘイスタック」と呼びかけてママを狼狽させる場面があったけど、この「ヘイスタック」というのはもちろん、1960年代に活躍した身長183センチ、体重270キロという超デブレスラーのこと。体重300キロオーヴァーのハッピー・ハンフリーとのデブ対決では二人のあまりの重さにリングが崩壊、ノーコンテストとなったという逸話を持つ(本当かどうか知らんが)男である。

 そのベン、デブの割にロマンチックであり、恋焦がれていたベバリーに自作のポエム(俳句 ベンは授業で習った日本の俳句を大層気に入っていたのである)を送ったりする。ベバリーはポエムを読んでぼうっとなるが、彼女はそのポエムを好きだったビルから送られたものと都合よく考えてしまう。その誤解が解けるのは原作ではなんと27年後。報われないベンと思いきや事件後、ベバリーとベンは共に生きていくことを選ぶ。良かったね、ベン。

 そのベバリーの人物造形で唸らされたのが父親との関係。彼女の父親は愛情の裏返しでひどく抑圧的な人間であった。最悪なのはベバリーがそれでも父親を愛し多大な影響を受けていたこと。27年後、彼女が選んだ男は父親に良く似た暴力男であった。同じような境遇にいたのがエディである。彼は過保護すぎる母親に育てられたのだが、奥さんも母親とそっくりなタイプだった。私は人間関係の依存性という概念をこの「イット」で初めて学んだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はお歳暮で頂いた10割ソバ。あまりソバの香りは感じられなかったけれども茹で4分、蒸らし2分の麺をザルに上げて水洗いした時、ゆるゆるだったソバがみるみるうちに締まっていくのにびっくり。蕎麦湯も上手かった。後は茹でホウレンソウとキュウリ。300キロカロリー。夕食は出来合いのエビ天、アナゴ天ぷら。500キロカロリー。豚汁。400キロカロリー。ゴハンは食べず。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後米国盤UHDブルーレイの『ブレードランナー 2049』を見る。悪評ばかり聞いていたけど、これはもう無茶苦茶に面白いやんけ(笑)。時間の都合で途中で視聴中止せざるを得なかったのが凄く残念ですよ。いや、このディスク(ドルビーアトモス)はものすごい重低音が入っていたのでさすがに午後9時過ぎの視聴は憚られたんです。

 明日続きをしっかり見ますので怒らないでやってください。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてそれからだらだらとテレヴィ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月26日(金) 「ガンジー息子」
 久々の落語駄洒落。どうも焼き海苔というのは始末に悪い。ああいうものは開封直後から味と香りが逃げていくもの。どんなに冷蔵庫で厳重に保管しようが乾燥剤を足そうがこれを止めることはできない。したがって焼き海苔はできるだけ早く使い切らなければならないものであるが、いかんせん一人ぼっち(あえて一人暮らしとは書かん)の私にとっては量が多すぎる。焼き海苔はあったらあったで雑炊に入れたり掛け蕎麦にたっぷりと入れて花巻じゃとしゃれ込んだり醤油をつけてゴハンを撒いてぱくりとやったりとなかなか乙なものであるのだが、量が多いのでいつまでも残ってしまいその分美味しさがなくなってしまう。

 一度は焼き海苔の消費量を加速させようとしてピザトーストに乗っけてみた。加熱しすぎたせいかぱさぱさになり、それでいてチーズに触れている部分はにっちゃりとした歯ごたえ。美味しくない。盛岡冷麺にも入れてみた。まったく合わなかった。美味しくない。やっぱり使い切れない。味付け海苔のように小分けパックしてくれればいいのだが、あいにくそんな製品は今まで見たことも聞いたこともない。少子高齢化がますます進むであろうこの社会でその程度のことができなければ焼き海苔の未来は暗いぞ(ほとんど言いがかり)。

 (あらかじめ焼き海苔を味付け海苔みたいに小さく切って乾燥剤を入れた海苔の缶に入れておいたことがある。これですぐ手間なく焼き海苔がつかえて便利じゃんと思っていたのだが、なんと、それっきり忘れてしまったという。気が付いたら1年ぐらい経ってしまっている。賞味期限もへったくれもあったものではない。そして臆病者の私は中身の惨状を想像してしまいその缶を開ける勇気がない。この海苔の缶はそのまま未来永劫私の冷蔵庫で眠り続けるのであろう)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。350キロカロリー。昼飯はカップヌードルに茹でホウレンソウ、キュウリ。400キロカロリー。夕食は昨日の豚汁の残りと茹でホウレンソウ。450キロカロリー。後は10割ソバのざるそばで仕上げ。250キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤UHD『ブレードランナー 2049』の続き。まあ、随分と物語が分かりやすくなっていて、レプリカントと人類との対立基軸が必要以上に明確になりすぎたか。レイチェルとの出会いをきっかけとしてレプリカント側へ傾倒していくデッカード。その過程で「記憶」の概念がクローズアップされ、その価値が二転三転する、この不安定さが『ブレードランナー』という作品の魅力ではなかったか。また「無邪気な狂気」を湛えていたがゆえに魅力的だったタイレル博士に比べて今作のウォレスはあまりにも典型的な悪役になりすぎている。

 もちろん、不満ばかりであった訳ではない。その奔放なビジュアルイメージは今まで見たことがないようなもの。美しくそして沈鬱な映像美は『ブレードランナー』という作品世界にかってないリアリティを与えている。

 また、警察では「スキンジョブ」と罵られ、アパートメントに帰れば訳の分からないばあさんに罵倒されるK。ドアには大きく「スキンジョブ死ね」の落書き。そんな彼のたった一つの慰めはAIの恋人ホログラム。泣かせるじゃあありませんか。さらにこのホログラムをこれまたレプリカントの娼婦にシンクロさせて(いたれりつくせりの機能だ)束の間の肉の喜びに身を任せる。やっぱり泣かせるじゃありませんか。

 UHD画質は秀逸の一言(DIファイルは4K)。高い解像度、発色の良さはまあ、当たり前なのだがそれよりHDRの効果の高さに目を奪われてしまう。この画質は皆さん、一度体験したらもう忘れられなくなりますよ。

 音声はドルビーアトモス。スピナーがぐりんぐりんと回り込むんでくるのが快感(笑)。重低音も実に強烈であり途方もないほどのエネルギーを発する。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。テレヴィで録画しておいた「肉料理紹介番組」を見るが、牛肉にラクレットチーズをどばーっとか見ているだけで胸焼けしそうだ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月27日(土) 『マイ国家Haaaan!!!』
 星新一駄洒落。ヤマハAVプリ CX-A5100が吐き出す低音はサブウーファー イクリプス TD725SWMK2の高性能もあってとにかく凄まじい。質の高い低音が 惑星プラクシス爆発の衝撃波のように部屋を駆け抜ける。オレはまるで衝撃波に翻弄される「エクセルシオール」を指揮していたヒカル・スールだ(なんじゃ、そりゃ)。
 
 (まあ、とりあえず良かったら『スタートレック Ⅵ 未知の世界』を見てやってくださいな)

 あまりの迫力にサブウーファーのボリュームが大きすぎるのではないかとも思ったのだが、これはヤマハ自慢の視聴環境最適化システムの「YPAO」(部屋の初期反射音を厳密に制御する高精度な「YPAO-R.S.C.」(Reflected Sound Control)を搭載)の測定によって得られたもの。これがCX-A5100が提示する正しいサブウーファーチャンネルの音に他ならないのである。

 ここで私は自分自身の過ちを認めねばならぬ。前使用機 デノン AXP-A1HDの低音はCX-A5100のそれに比べると明らかに物足りなかった。私はこの原因を両機の性能差に求めてしまっていたのである。たしかにCX-A5100は優れたマシーンであるが、低音が物足りなかったのはひとえに私が「びびってサブウーファーのヴォリュームを必要十分な領域まで上げていなかった」からなのである。だから私は謝ろう。デノン AVP-A1HDよ、7年も使っておきながらその性能を十全に生かせなくってすまなかった!

 何言ってんだろうね、この人ァ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に雑炊。ゴハン半合、卵1個、刻み海苔、刻みねぎをたっぷり。350キロカロリー。昼飯は豚肉、玉ねぎ、人参の肉野菜炒め。350キロカロリー。仕上げに大根おろしを使った釜揚げうどん。あんまり美味しかったので思わず2玉いっちゃったい。500キロカロリー。

 本日の昼飯までのカロリー摂取量は1,200キロカロリーなり。

 その後は天神某所にて地区の体育委員の新年会。もちろん早めに出て某TSUTAYAで100円本を数冊買い求めたのは言うまでもない。

 午後6時半にかんぱーい、そして午後10時近くまで飲んだりくったり。今年は2次会などには行かずあっさりとタクシーにて帰宅する。よせばいいのにその後膳でラーメンとビール。腹がぱんぱんとなり呻きながら帰宅。そのままソファーの上で午前0時近くまでまどろむ。その後ちょっと飲み直して午前2時過ぎに就寝。

 1月28日(日) 『青いターキン』
 『スターウォーズ』駄洒落。元ネタの『青い体験』の他にも『青い性』だの『青い経験/エロチカレッスン』だの『青い経験/エロチカ大学』だの『青い経験/誘惑の家庭教師』だの『青い珊瑚礁』だの私にとっての「青」は「ピンク」などとは比べ物にならないエッチな色だった、うん。

 (『青い珊瑚礁』については異論が出るかも知れないけれども、少なくとも1980年のブルック・シールズのリメイクではその製作意図はえげつないくらい明らかでしょう。日本で言うとアレですよ、三島由紀夫の文芸作品の映画化!だったのにやたらエロくって、でも三島由紀夫だから良いのだ、というエッチな映画を見に行く親父たちにとっての良い言い訳みたいな)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は昨日の暴挙(散々飲んで食ったのにさらに膳でラーメン+瓶ビール!)を反省して抜き。昼飯はマルちゃん正麺の塩味卵入り。後はたっぷりの茹でホウレンソウ。500キロカロリー。夕食は丸美屋の麻婆豆腐。大辛だったので当然のことながらめちゃくちゃからかった。添付の花椒粉など危険すぎてとても使えなかった。300キロカロリー。後は煮込みうどんと茹でホウレンソウ。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターでレンタルブルーレイの『夜に生きる』を見る。デニス・ルヘイン原作によるベン・アフレック監督作。ストーリーのカテゴリーとしてはいわゆるノワールに分類されるのだろうが、本作のユニークな点は20年代の移民でごった煮状態になっているアメリカ社会を強烈にフィーチャーしているところ。アイルランド系ギャング、イタリア系マフィア、アイリッシュ系、さらにそこにKKKが加わりもうてんやわんや。このあたりのややこしさを破綻することなく上手く描くなどなかなかできることではない。それでいて警官隊とのカーチェイス、ラストの豪壮なホテルの立体的空間を上手く使った銃撃戦等々のアクション場面も堂にいったもの。

 今更なのだが、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』『アルゴ』、そして本作というフィルモグラフィを考えるとベン・アフレックの監督としての才はクリント・イーストウッドのそれに匹敵するのではないかと思うのである。ちょっと誉めすぎっすか(笑)。

 ハイビジョン画質はいまひとつ。暗部の諧調が不安定でトーンジャンプも目立つ。音声はドルビーアトモス。銃声の鋭さ、えぐりこんでくるような重低音、どれをとっても一級品。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月29日(月) 「淀五郎物置」
 落語駄洒落。1月29日西日本新聞朝刊 一面 コラム「春秋」 今季、中日への移籍が決まった松坂大輔投手に関する内容なのだが、<引用開始>福岡では期待に応えられなかったが、ファンの思いをホークスの工藤公康監督が代弁する。「みんなが見てきた怪物松坂大輔を1軍の試合で見せてほしい」。仮病だったのかとホークスファンを歯がみさせてほしい。<引用終了>

 「仮病」はさすがにマズイだろ(笑)。一応、このコラムは<引用開始>先日の日経新聞に「『仮病』に込めた敬意」と題したコラムがあった。筆者は野球評論家の権藤博さん。高橋由伸選手(現巨人監督)が故障から復帰した時に「仮病、治ったか?」と声を掛けたそうだ。「これは実力者に対する敬意の表現」と権藤さんは言う。「今までちょっと休んでいただけで、いざ本番になったらやれるよ」。そんなエールを込めている、と。不安を抱えた選手を気遣う権藤さんらしい表現だろう<引用終了>という文章で始まっており、「松坂の仮病」もこの意を受けたものとなっている。

 しかし、高橋由伸は巨人の生え抜き選手である。巨人の選手として活躍し、巨人の選手として故障し選手生命にかかわるほどの故障を経験し(2009年、2010年のシーズンのことと思われる)、そして巨人の選手として奇跡的な復活を遂げた。ソフトバンクホークスと3年12億の契約を結びながら結局怪我から復帰できずただ1試合の公式戦登板で1回で被安打3、与四死球4、暴投1の5失点(自責点は2)というまったく結果を残せなかった松坂とはまったく立場が違うのである。

 ホークスで3年間鳴かず飛ばずで12億。それが中日に行って大活躍。ホークスでは仮病を使っていたのかって、それじゃ仮病で12億をだまし取った松坂、12億だまし取られたホークスってことになっちゃうじゃん(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にケチャッピーを使ったピザトースト。ホウレンソウと豆腐の中華風スープ。300キロカロリー。昼飯は丸美屋の麻婆豆腐。後はキュウリ。350キロカロリー。夕食は牛バラ肉と玉ねぎ・人参の肉野菜炒めとゴハン。豆腐とワカメの味噌汁。750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後レンタルブルーレイの『マローダーズ 襲撃者』を見る。いやこれはストーリーが分からん(笑)。特殊部隊による誘拐事件・制圧の件が上手く整理されておらず、キャラクターたちの相関関係を混乱させてしまう。私はこの混乱から最後まで抜け出すことができず、十分に映画を楽しめなかったのだ。

 お前の見る目がないのだと言われてしまえばそれまでだけど(笑)。

 ハイビジョン画質は今一つ。いや、UHDのウルトラ高画質に慣れてしまうとどうしてもブルーレイは粗が目立ちすぎるのだ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。やっぱりソリッドな重低音がたまらない。

 終了後、いままでちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『獣は月夜に夢を見る』を最後まで。人狼の女性が自分の運命を未だ知らずに村人たちから密かな監視を受けているというお話。名門の御曹司でもお金持ちでもないラリー・タルボットと言ったところか(違うと思う)。

 村で孤立する人狼のヒロインは差別というものの本質に他ならない。「差別」=「恐れ」である。差別する側はその「恐れ」を使って自分たちの行為を正当化するのだ・・・こんなことを書くとちょっと頭が良いように見えるかしら(笑)。

 ハイビジョン画質はダメダメ。暗部のノイズが割と優秀なコントラスト描写を台無しにしてしまっている。音声はAAC5.1チャンネル。もの悲しい雰囲気と不気味さが一体化した秀逸なサラウンドだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 1月30日(火) オイルダラーはドラマー
 産油国のドラマー。産油国と言えばベネズエラは2977億バレルと世界トップクラスの埋蔵量を誇り南米一裕福な国と言われていた。しかしこの栄光も1980年代まで。現在は経済状況の極端な悪化により世界トップクラスの貧乏国となってしまった。 <現在のベネズエラはインフレ率2616%。毎日のようにスーパーが襲われ物品が略奪される ・物品の中で唯一略奪されないのが「政府発行の紙幣」 ・紙幣が役立たずすぎるので地方都市のギャングが自分で通貨を発行しはじめる ・それが政府発行の紙幣よりよっぽど信用され経済が成立してる>(https://togetter.com/li/1190603)というのはマジっすか。

 貧乏くさいお話。子供の頃の学習雑誌には夏の暑さの対処法として「下着類を冷凍庫にしばらく入れておく」というのがマジであったりした。貧乏くさいなあ(笑)。でも俺もやった、その時はウワー、涼しいと喜んだ。この反対に冬には「下着類をしばらくコタツに入れておく」というのもあった。貧乏くさいなあ(笑)。でも俺もやった、その時はウワー、暖かいと喜んだ。子供の頃、年に2~3回は積雪があった。子供たちは喜んで雪だるまを作るのだが何しろ雪が少ないのできれいな雪だるまが作れない。みんな白と茶(土の色)のだんだら模様になっていた。ウワー、貧乏くさいなあ。中学生の頃、積雪の後、日陰になっていた校舎の北側の地面が凍りつき、生徒がみんな「ウワー、スケートだあ」と喜んで滑っていた。そのうち、滑ってひっくり返って怪我をした奴が出たので校内放送で「お知らせします。危ないのでスケート遊びはやめてください」ウワー、貧乏くさいなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合、豆腐とわかめの味噌汁、焼き海苔、ふりかけ、キュウリ。350キロカロリー。昼飯はケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。ヴァイタミン補給のために玉ねぎ半分を炒めて混ぜる。450キロカロリー。夕食は鶏わさ(鶏ささみ一本をテキトーに茹でてテキトーに切りわさび醤油で食べる)、100キロカロリー。冷奴 100キロカロリー、茹でホウレンソウ、50キロカロリーでビール500ml缶を飲む。なんだかこれだけで満足しちゃって後は何も食べず。

 本日の摂取カロリー量は1,050キロカロリーなり。

 その後は映画も見ずに音楽を聞きながら読書。まったくヤマハAVプリのNASからの音楽ファイル再生はすげえ音がするよなあ。あまねく銀河の人々に聞かせてやりたいものだなあ、まったく。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「そこまで言って委員会」ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 1月31日(水) 「オーメンのハンカチーフ」
 元ネタはもちろん「木綿のハンカチーフ」 この曲がリリースされた1975当時、すでに「木綿(もめん)」は死語に等しかったそうな。核地雷ブルーピーコック。冷戦中、ソ連の侵攻に備えて東ドイツ国境に核地雷を設置するという計画があった。しかし、ドイツの冬は寒厳しく電子機器が凍ってしまう。ウウーム、何かで温めなくっちゃ、どうしよう、そうだ、鶏がいいぞ、鶏の体温で中をあっためるのだ、コケコッコ―!ちゃんと餌と水も置いておくので1週間くらいは持つぞ、時限装置のセットが8日間だからだいたい一緒だし。

 あの、これは今私がテキトーに考えた兵器じゃないのです。本当にこんな計画が考えられていたんです。この地雷は2004年の機密解除によってその存在が明らかになったのですがそれがたまたま4月1日だったものですから、「アハハハ、エイプリルフールのジョークとしてはなかなか気がきいているじゃないか」と誰も本気にしなかったという(笑)。

 本日は休み。午前9時に起床してシャワーを浴びる。それから洗濯や掃除。掃除はキッチン部分を徹底的にやる。先日、肉野菜炒めをつくった時に焼肉のタレをかけようとしたらべふっ!力を入れすぎたために焼肉のタレが飛び出してレンジパネルにべっちょりついちゃったからだ。

 終了後ブランチとしてカレーを二皿。おおよそ800キロカロリー。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイで『バッド・バディ 私と彼の暗殺デート』(へん、しょうもない邦題や)を見る。アナ・ケンドリック(略してアナケン)のアクションコメディというので期待していたのだが、どうにもギャグがつまらん。特に伝説的な殺し屋サム・ロックウェルのキャラが捻りすぎていて、ストレートに笑いに繋がっていかない。見るものをそこで考えさせてどうする(笑)。

 ただし、ハイビジョン画質は非常に宜しい。発色が鮮やかで画面の立体感・奥行き感も素晴らしい。音声はDTS-HDマスターオーディオ。移動感の表現にすぐれたサラウンド。人間が右リアチャンネル方向に歩み去る時の足音のリアルさに驚かされる。ちょっとコワイくらいだ。

 午後6時過ぎにタクシーで博多の某ホテルへ向かう。本日は恒例の管理会社主催の舞踏会なのである。創立××周年記念ということでいつもの倍も華やか。でもやっぱり社長さんがサックス演奏を披露する、紙きりもある。今年も紙きりへのリクエストで「カラオケのリモコンとゴルフのアイアン」などという洒脱なものはなかった。残念である。

 (このネタ、すぐ意味が分からなくなるので一応書いておく。カラオケのリモコンとゴルフのアイアンというのは角界で愛用される凶器のことである)

 終了は午後9時半過ぎ。やっぱりタクシーで帰宅。シャワーを浴びてからちょいと飲み直して午前1時過ぎに就寝。

 2月1日(木) 「ゲイリービジー物語」
 元ネタは「源氏物語」だ、どうだ、まいったか。この人のキャリアで印象的なものは何といっても『リーサルウェポン』のジョシュア、ボスにライターの炎で手を炙られてじっと耐えている様子がどうにもイっちゃってて怖かった。まあ、この映画では主人公たるマーティン・リッグス(メル・ギブソン)も負けないくらいイっちゃってたけれども(笑)。

 今月の『バットマン:ゴッサム・バイ・ガスライト』『ライフ』『キングスマン2 ゴールデンサークル』『ジグソー ソウ・レガシー』の4本。このうち『キングスマン2』は14.99ドルという驚きの安さ。ええっ!ブルーレイが17.96ドルだぞ、ブルーレイより安いじゃないか。これ、本当にUHDブルーレイソフトなのか、なんかオレ、騙されているんじゃないか(笑)。この4本で12,090円(送料込)。到着は2月の20日前後の予定。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとゼロカロリーコーラ 350キロカロリー。昼飯は盛岡冷麺。トッピングはキムチとキュウリのみ。500キロカロリー。夕食は鶏ささみと玉ねぎの炒めもの、冷奴、カレーうどん。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,650キロカロリー。

 その後、レンタルブルーレイで『マン・ダウン 戦士の約束』を見る。発想の意外性には驚かされたものの、結局これはベトナム戦争の時代から連綿と続く「戦場帰りの兵隊はキチガイになる」映画で帰還兵に対する偏見を助長するものでしかあるまい。トリッキーな時間軸の構成等悪い映画ではなかったので、そのあたりがどうにも残念であった。

 まあ、CGはびっくりするほどしょぼかったけどな(笑)。

 ハイビジョン画質は黒が浮いたビデオ的な画質。この画質のせいで映画全体が安っぽく見えてしまっている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。やたらにBGMの音質が良い。広大な音場も好印象。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 2月2日(金) バルハラ漫画
 元ネタはぱらぱら漫画だが何か。WOWOWハイビジョン放送で録画したものの長いこと塩漬け状態となっていた映画『超高速 参勤交代リターンズ』をようやく見た。いや、これもまあ前作と負けず劣らず・・・(笑)。

 とにかく凄いのが敵方の尾張柳生軍団の恐ろしいまでの間抜けさ、無能さ。だーっと敵を切りすてるとそいつの胸元にいかにも見てください、取ってくださいと言わんばかりに黄色い紙が挿してある。読んでみると「こ、これは将軍暗殺計画!」バッカじゃねえかと思ったよ(笑)。

 この暗殺計画のために江戸で策謀を巡らせる尾張柳生の僧形の男(中尾明慶)。ふふふと意味もなく笑い、いかにもわしは凄いのじゃという雰囲気を漂わせているのだが、わりとあっさりとっつかまってしかも他愛のない誘導尋問にわりとあっさり引っかかって黒幕の名前を白状してしまう。いかになんでもあっさりしすぎだ。

 湯長谷城を占拠した尾張柳生軍団も間抜けぞろい。伊原剛志のニセ書状にこれまたあっさり引っかかって城の外へだーっ。少しは疑えよ、それともお主らのところでは家紋も何も押していないような書状をやりとりするのがフツーなのか。

 この城の中には湯長谷藩の女たちが監禁されている。いざ、決起の時来たれり!女たちはいきなり監禁部屋の床の隠しもの入れから大量の武器を取り出す。尾張柳生軍団の人たちは監禁部屋をあらかじめ調べたりしないのだ!さらにいくら武器を持ち出したからといって尾張柳生軍団の人たちも丸腰ではない、ちゃんと武装しているのだが、薙刀突き出した女たちに追い散らされてしまったぞ、とほほほ。

 このあたり、私はあまりの情けなさにドン引きです(笑)。やっぱり邦画はすげえや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。315キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけソバと納豆。400キロカロリー。夕食は水炊き。と言ってもカツオ出汁と味の素のスープで煮た鶏肉、白菜、長ネギ、豆腐を味ポンで食べるだけの料理。これはこれでなかなか美味いんだ。450キロカロリー。後はそのスープで煮込んだ卵入りソバ。350キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,515キロカロリーなり。

 その後、前述のWOWOWハイビジョン録画の『超高速参勤交代リターンズ』を見てふふふと空しい笑いを漏らしたのであった。ハイビジョン画質はなかなかのもの。解像度や発色の良さがこのしょうもない映画をなんとかみられるものにしてくれる(ひでえ言い方)。音声はAAC5.1チャンネル。音質自体は良いのだが、みっちりと充実した音場ではない。一つ一つの音は的確に定位するもののどうしても空間に隙間ができてしまう。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 2月3日(土) おいらはトラファルガー、ヤクザなトラファルガー
 トラファルガー海戦で戦死したネルソン提督の遺体は保存のために棺にラム酒が満たされていたが、酒に飢えていた水夫たちがストローを使ってラム酒を飲んでしまいイギリスに帰還した時には遺体がすっかり干からびていたという話を聞いたことがあるぞ駄洒落。どうもこの話はガセだったらしい(笑)。まあ、面白すぎる話というのはだいたいガセだったりするのだが。
 
 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にほっけ干物(半身のさらに半分)、付け合せの大根おろし、ゴハン半合、豆腐の味噌汁、茹でホウレンソウ。昼飯はほっけ干物(残り半分)、つけあわせの大根おろし、茹でホウレンソウ、そしてカップヌードル。夕食は水炊き。鶏肉、白菜、長ネギ。これでビール500ml缶一本飲んで後は自作の炒飯で仕上げ。炒飯は冷やゴハンに卵、玉ねぎ・人参のみじん切り、花かつお、味付けに塩コショウ・味の素・香味ペーストを使って作ったものだが、どうにもべちゃべちゃである。それでも味自体はそんなに悪くなかったのだから不思議である。

 その後、本日届いた突っ張り棒付き本棚(横幅60センチヴァージョン)の組み立て。いやもうネジの多さに参りましたな。おまけにあらかじめ空けてあるネジ穴が使い物にならずあらためてネジを使ってちゃんと開け直してやらなければならなかったのでその手間が2倍ですよ、もう手がねじ切れるかと思ったくらいにドライバーでネジを回しましたわ。

 2時間掛かってようやく完成。既存のパーティションと位置を入れ替えて設置するのにさらに30分。えらい大仕事となってしまった。

 しかしその甲斐あって何だか本棚が妙にカッコいい。10,000円ちょっとで素材自体も安っぽいのであるがブルーレイソフト、怪獣フィギュア、CDなどを並べてみるとその値段が信じられないくらい高級品に見える。錯覚であることは分かりきっているけれども(笑)カッコいいことには変わりがないのである。オレは決意した。来月また同じ本棚を買おう。そうしたら私のAVルームが今よりもっともっとカッコ良くなる上に、ブルーレイ、UHDブルーレイソフトが500本ぐらい増やせるぞ!

 まあ、今のブルーレイ、UHDソフトの購入枚数はせいぜい年間50本ぐらいなので後10年くらい掛かりますけどねえ(笑)。

 組立完了後にシャワーを浴びてお酒。お供はこの本棚と録画の「ゴリパラ見聞録」なんか、オレは幸せで皆さん申し訳ないですねえ。

 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 2月4日(日) 躁鬱カツ丼
 オタフクお好み躁鬱とか。某ブックオフで古着を購入。厚手のジャンパーとジャケットである。ジャンパーが1,980円の3割引きで1,386円、どーん!ジャケットは1,260円が3割引きで882円、どーん!合わせて2,268円、どーん!現在、ジャケットの方はクローゼットの肥やし。このジャケットを着てオーバーを羽織るとかさばってしまい動きが鈍くなりますからな、デビューは3~4月くらいになりましょう。

 一方、ジャンパーは早くも私のお気に入り(笑)。元の値段は分からないけれど少なくともユニクロの安いジャンパーとはモノが違う。チャックやボタンが妙に高級っぽい。かなり着古したジャンパーのようで後、1ヶ月もすれば中綿が出てくるのではないかとも思うけれども(笑)、何しろ1,386円、どーん!ですからな。さすがに天神等へのお出かけには着られないけど(私にだってそれくらいの常識はあるのです)作業服として使う分には申し分なし。

 皆様、ファッションに興味のない男はこんなことで満足しちゃえるのです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯に日曜なのに珍しく膳でラーメン+替え玉。にんにくしこたま入れてやった。夕食は自家製のポテトサラダ。茹でたジャガイモを荒めにマッシュして玉ねぎみじん切りを入れてよーくかき混ぜる。そののち、レモン汁・塩・胡椒・マヨネーズで味付け。トンカツソースで食べるとトンカツ抜きのトンカツ定食の付け合せみたいな感じがして美味しい。これと茹でホウレンソウを肴にしてビール500ml缶一本飲む。後は昨晩の残りの水炊きスープに麺つゆで味付けして冷凍そばを煮る。かも南蛮そば風になるかと思ったらそんなことはなかった(当然である)。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『疾風ロンド』を見る。複雑なストーリーを上手くコントロールしており伏線の回収もきっちりとやってくれて今のダメダメ邦画の中では良くできた作品の部類。まあ、スキーリゾートというオッシャレ―なところを舞台にしているのに、もっさりした垢抜けない作風は頂けないが。

 医学研究所で薬を作っていたら偶然にも世界最強の生物兵器 炭疽菌(?)が出来てしまった!には深くツッコまないでおくけれども(笑)、柄本明の所長が警察への通報を徹底的に拒絶するのが納得できない。この炭疽菌は研究員が勝手に作ってしまったものであり、そしてその研究員は事故で死んでいる。責任をすべて彼におっかぶせてしまえば「死人に口なし」でどうにでもなるだろう。そりゃ管理不行き届きを問われるだろうが、この炭疽菌が解放されてしまえば数千単位の死者が出ることが分かっているのである。下手すりゃ一生刑務所暮らしである。管理不行き届きの方がよっぽどましではないか。柄本明も密かに炭疽菌製造に関わっていたみたいなオチがあるのかと思っていたらそうでもないようだし。

 またラストの炭疽菌を成田から国外へ持ち出そうとして捕まる二人も理屈に合わん。素人の弟が失敗したのなら分かるけれども、長年研究助手を務めてきた姉と一緒なのである。姉はフツー、そんなもん国外持ち出しできるか!ということを知っている筈だ。

 まあ、この隙の多さはさすがに東野圭吾原作作品でありますな(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。暗部のノイズが気になるがゲレンデの雪の白さを上手く表現していたのが宜しい。音声はAAC5.1チャンネル。動きの表現が実にすばらしい。重低音も大活躍だ。

 終了後、シャワーを浴びてブルーレイ・DVDの整理。昨日大汗かいて組み立てた突っ張り本棚に今まで寝室に置いておいたアレなDVD群を移動させたのである。サント映画とかMGMミッドナイトムービーとか『獣人ゴリラ男』とかそういうのがずらりと並んだ本棚。わあああ、なんという極楽か。リージョンコードのせいで今となっては再生できない映画も多いけど。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 2月5日(月) 「老中の伝言」 
 松任谷由美駄洒落。私のシアタールームをいっそうマニアックに見せてくれる突っ張り本棚。つっぱり部品が弱々しくてとても本棚をしっかり支えてくれるとはいえない。そこでホームセンターで家具転倒防止用の突っ張り固定器を購入してきた。Sサイズの一番小さなものを買って来たのだがいざ、設置しようとして青くなる。本棚と天井の隙間にぎりぎり入らなかったからである。うわ、購入代金の1,100円なにがしが無駄になる。いや、そればかりではない、このSサイズが使えないのであれば他の全ての固定器も同じく使用できないのだ。大変だあ。まあ、パイプをぐるぐると回し長さを微調整したところ、なんとか収まってくれましたけどね。そんなに大騒ぎすることもなかったですね(笑)。

 これで本棚はがっちりと固定された。ちょっとやそっとの地震ではびくともしないだろう。でもその代わりに本棚にもともとついていた突っ張り固定部品が天井から離れてゆるゆるになってしまったけど。もう、この部品は面倒臭いから取り外しちゃおうかな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)とゼロカロリーコーラ。550キロカロリー。昼飯はマルタイ屋台ラーメンとキュウリ一本。500キロカロリー。夕食は湯豆腐、納豆、塩じゃけ、後はポテトサラダの残り。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を見始めたのだが、ダメだ、まったく面白くない。それでも我慢して見続けたのだが、1時間すぎくらいで心が折れた、もうやめる、残りは後日にする、うきいいと一人で錯乱したのであった。

 画質・音質は最高だったのだがここまでつまらないとどうにもならん。

 この後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎから今までちびちび見ていたチャンネルNECOハイビジョン録画の『憎いあんちくしょう』を見る。タレント、石原裕次郎の生き方というのは当時からすれば最高にカッコいいものだったのだろう。石原裕次郎とそのマネージャー 浅丘ルリ子は恋人同士である。しかし二人の間には決め事が存在した。キスはしない、セックスはしない、つまり永遠の生殺し状態を維持することで二人の恋愛感情をより純粋なものへ昇華させようとしているのである。言ってしまえば、石原裕次郎はここでも最高にカッコつけているんである(笑)。

 その彼が芦原いづみの願いを受けて九州のど田舎におんぼろジープを陸送することになる(どうしてそんなことになったのか詳しい事情は面倒なので割愛)。日本初のロードムービーと言われる本作はその困難な旅を通して、二人の虚飾をそぎ落としていくのだ。

 ハイビジョン画質はそこそこ。暗い場面になると画面の奥行き感がなくなり映像がぺったりしてしまう。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 2月6日(火) カラミティ・ジェーン特攻隊
 ご本人は結構ホラ吹きだったようです。圓生の「猫定」 CS某局にて映像初体験。しかしこの「猫定」 愛猫家が発狂しそうなネタだよなあ。飼猫が商売ものに手をつけるからってんで(猫だから仕方ないやん)居酒屋の番頭・主人が怒って「焼け火箸でぶっ殺せ」「いや、そんな酷いことはいかん。夜、橋の上から川に投げ込んでしまえ」(笑)。それまで2階に4本足ふんじばって転がしてあるという・・・。そしてオチがラブクラフトの「闇に囁くもの」だったりして(ちょっと誇張入ってます!)大変に私好みのネタでもあります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜揚げうどん。湯だめうどんを大根おろしをたっぷり入れた麺つゆで食うスタイルである。昼飯はスパゲッティミートソース。夕食はじゃがいも、玉ねぎ、大根、ニンジンの味噌汁(要するに冷蔵庫の余った野菜を全部ぶちこんだ)と母親の宅配弁当。母親が風邪気味で食べられなかったので代わりに私が引き受けたのだ。

 その後、プロジェクターを起動させレンタルブルーレイの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を最後まで。本当に最近の邦画みたいにクソ面白くない映画で、最近の邦画以外で「ようやく終わってくれた」という気分を久々に味わうことになった(笑)。私はクソつまんない映画は最近の邦画だけで十分なのでもうシリーズを続けるとかやめて下さいと本気で思った。

 その後シャワーを浴びてテレヴィをだらだら。明日は休みなので久々に酒なし・入眠剤なしで寝ようと思ったらはっはっは、案の定午前5時過ぎまで寝られなかった。なんだかやけくそになって午前3時過ぎに朝食?夕食と同じく冷蔵庫のあまり野菜味噌汁と海苔、卵でゴハン1膳を食ってしまったのだ。

 2月7日(水) ショーシャンク氷河期
 一応元ネタは「就職氷河期」です、はい。陸上自衛隊の戦闘ヘリコプター AH64Dロングボウアパッチが住宅地へ墜落。搭乗員二人が殉職し、女児1名が負傷。自衛隊の日々の活動に感謝することしきりの私であるが、これはあってはならぬ事故。民間人が巻き込まれたのは1982年のブルーインパルス墜落事故以来か(11月14日 浜松基地航空祭の展示飛行で下向き空中開花の演技中、4番機が引き起こしできず地上に激突した。民家12棟が全焼。民間人12人が火傷などの重軽症を負った。展示飛行中の事故であったため報道による鮮明な映像が夕方以降のニュース番組で繰り返し流されることになった。今から考えるとよくもまあ、ブルーインパルスが復帰できたなというレベルの事故だったと思う)。

 本日は休み。午前7時過ぎに起きて、いや、午前5時過ぎにようやく眠りについてもこの時間に目が覚めちゃうのである。まったく困った体である。テレビや音楽を聞きながらだらだらと過ごし、午前10時半にケチャッピーのナポリタンで昼食。玉ねぎとピーマンを加えたのでヴァイタミンの補給もバッチリである。うむ、今時バッチリとかいう言葉を使う人もあまりいないな。

 その後、事務所に出てちょっと仕事。ゴミ出しもやる。その後帰宅してプロジェクターを起動させてUHD
ブルーレイ(スペイン盤だぞ、このやろう)『スタートレック・イントゥ・ダークネス』を再見。ドルビーアトモス音声で映画が3倍ほどカッコ良くなった。

 午後5時過ぎにバスで博多駅に出る。本屋などを巡って午後6時半からぴんでんさん、K川さん、私の3人で飲み会。会場は2回目の「鯉とりまーしゃん」 鯉の刺身ウメー、寒鮒の洗いウメー、鯉の卵の甘露煮ウメー、ウナギの肝くし焼きもウメー、スッポン鍋ウメー、〆のウナギかば焼きもウメー。唯一、かば焼きについていた鯉こくのみ口に合わなかった。いや味そのものは美味しかったのだが鯉の鱗がちょっと気持ち悪かったのだ。鯉の鱗そのものを食べさせる意図があるのは分かったけどその歯ごたえがにちょにちょぎにょぎにょしていていやになってしまったのだ。

 何を話したのか、その具体的な内容を記すといきなりノストラダムスが蘇り天空を覆うほどの巨大な姿となって「お前ら、忘れていただろ!オレの地球破滅大予言は今から当たるのだ!」そして地球が滅んだりしてしまうのでまあ、皆様勝手に想像してくださいませ。

 その後、焼鳥屋、ラーメンだるまと流れて午後11時くらいに解散。タクシーで帰宅する。帰宅後、2時間睡眠の疲れがどっと出てきて午前12時過ぎに寝てしまった。

 2月8日(木) 「ラーメン大好きコシミズさん」
 リチャード・コシミズさんの趣味はたまの休日のラーメン屋めぐり。2月10日は恒例のJVCビクター4K鑑定団。要するにプロジェクターの新製品の視聴会である。今回の出店はX990、X590、そしてネイティブ4KパネルのDLA-Z1。講師はいつもどおりの麻倉怜士 先生。しかし、なんだなあ、私はX9あたりの頃からビクターの視聴会は皆勤賞だなあ(笑)。昨年X770を買ったばかりだからもちろん新製品に手は出せないけど、先生の話は面白いからなあ。

 某ハウスメーカーの工場見学(山口県某所)に行ってきた。その時ちょっと面白いことがあったのでご報告。なんと、行きの新幹線の中で容疑者護送中と思しき刑事さん御一行と一緒になったのである。ハウスメーカーの営業マン二人(30代前半、40代前半)は腰縄で繋がれている容疑者と思しき人を見てドン引き。え、新幹線で犯人護送するんですか!そうか彼らぐらいの年代だと昔は割とポピュラーだった護送とか知らないんだ。ああ、松本清張の時代も遠くになりにけり。

 この工場見学については家業に支障が出るかも知れないので詳細は一切明かせない。勘弁されよ。ということで食ったもの。朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は工場見学で出た弁当。夕食は疲れていたのでカップヌードルと茹でホウレンソウで簡単に済ませてしまう。

 その後レンタルブルーレイの『ダイバージェント FINAL』を見る。何かストーリーが70年代のディストピアSFみたいになってきた(笑)。べったべたの未来都市の景観もその古臭さを際立たせている。映像はきれいで特撮も素晴らしいたがそれゆえに返ってこの古臭さが強調されてしまうのだ。こういう話、今の若い人たちに受け入れられているのかね。

 ハイビジョン画質は秀逸。ハイコントラストで鮮烈な発色がいい。音声はドルビーアトモス。屋内空間の表現が巧みだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 2月9日(金) けいおん!大学
 「けいおん!」は本放送を2~3回、後は劇場版を見たぐらいなのにこんな駄洒落を考えた私を許しておくれ。さて、誕生日である。去年は53歳となった。今年はそれから1年たって54歳になる(当たり前である)。でもやっていることはずーっとずーっと同じである。これからもずーっとずーっと同じことをしていくのであろう。ということでどうか皆さん、よろしくお願いします。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は例の有現会社フリーメーソンの近くのトンカツ屋・・・、いやいや、すでに「有現会社フリーメーソン」はなくフツーの事務所兼住居となっている。フリーメーソンという看板は掛かってないから、やはり陰謀の夢破れて撤退したのであろう。トンカツ屋でチキンカツとトンカツの定食を食べる。ゴハンももちろんお代わりしたさ。夕食はクジラの刺身、茹でホウレンソウでビールを飲みケチャッピーのナポリタンで仕上げ。このクジラの刺身が抜群に美味かった。博多万能ねぎ刻みを散らしたショウガ醤油で食べるとたまらん。

 その後米国盤UHDブルーレイの『パトリオットディ』を再見。DTS Xは上空を飛び交うヘリの音を実に気持ち良く表現してくれる。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。3週分ほどたまっていた「ゴリパラ見聞録」のCM抜き編集など。後は本棚の整理。寝室の古びた文庫本用ボックスを2つほど廃棄することができそうだ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 2月10日(土) 『カオナシよこんにちわ』
 カオナシってどの映画に出てきたキャラだっけ。『紅の豚』だっけ?JVCビクター4K鑑定団に行ってきた。今回の展示は新製品のX990、X590、そしてネイティブ4KパネルのDLA-Z1(発売は2016年の12月)である。

 X990 160,000:1 の究極的なネイティヴコントラストを生かした暗部描写にノックアウトされる。あのUHDブルーレイ『マリアンヌ』の空襲シーン まさに「闇夜のカラス」的な難しい場面なのだがX990はこれを苦も無く表現してくれる。1年前に買った我が愛機のX770Rのネイティヴコントラストは130,000:1 コンチクショー(笑)。

 X590 ネイティヴコントラストでは40,000:1とX990に遠く及ばないが、それを十全に補っているのはインテリジェント・レンズ・アパーチャーである。アパーチャーと言っても伴淳ではない(当たり前だ、それはアジャパーだ)。手っ取り早くいえば「動的絞り」のこと。シーンによって絞りを最適化することにより40,000:1というコントラスト値が信じられないような奥深い黒、鮮やかな明部を描き出すのである。はっきり言ってこのX590はHD550、X3、X570と言った歴代のミドルレンジモデルの中で最高の出来ではないか。これこそお買い得モデルという奴だ。

 DLA-Z1 解像度の高さ、色の鮮やかさ等は1年早い発売時期というハンデをまるで感じさせない。やはり350万円というウルトラハイエンドの座にふさわしい高画質だ。しかし、ネイティヴ・コントラストが・・・。

 松田聖子ファンの麻倉怜士先生はいつもいつも彼女の映像をデモに使っていたのだけれども、今回はまったくなし。X590の大健闘よりも驚かされました(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのチキンハンバーガー、ゼロカロリーコーラ。昼飯は4K鑑定団会場ビル地下の「牧のうどん」で卵うどん。実に美味いが460円と言う値段にびっくり。夕食は玉ねぎとピーマン・キムチの炒め物(冷麺用に買って冷蔵庫に余っていた奴を処分しなければなりませんでしたから)、マルちゃん正麺塩味。
 
 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『本能寺ホテル』を見たのだが、これがまたつまらなくってさあ(笑)。冷酷無情な支配者と思われている信長(堤真一)、実は民のことを一番の考え、彼らの幸せのために天下統一を成し遂げ平和な国を作ろうとしていたのだ!綾瀬はるかもこれを知って「ふーん、信長さんって実はいい人なんだ」

 しかし、未来人の綾瀬はるかに本能寺の変を知らされてもなぜか信長、唯々諾々と自分の運命を受け入れてしまう。このまま明智光秀に自分が討たれることがあれば、いかに後のことを秀吉に託そうが戦乱がさらに続くことは避けられない。民の幸せを第一に考えていた信長という人物像に真っ向から矛盾してしまうのである。一応、綾瀬はるかが持ってきた未来のチラシ(よー分からんがタクシーで恋愛ポイントを巡るみたいなツアーの宣伝らしい)を見て未来世界ではこの太平の世が実現している。だから歴史を変えないために、あえて死を受け入れたという風に演出されているけれども、戦国時代の人間がそんなものを見ただけで未来像を確信できる筈もあるまい。この手のご都合主義はたしかにありがちだが、それをストーリー上の重大な転換点に持ってきてどうする。

 綾瀬はるかの方も大変に奇妙なキャラクターである。そして彼女の婚約者も負けず劣らず変。炎上する本能寺から間一髪で帰還。顔など煤だらけになって戻ってきたのに綾瀬はるかはあまり気にしていないようである。婚約者も何も言わない。フツー、「その顔どうしたの?」とか聞くよね(笑)。それどころか婚約者は「君の失業、弱みに付け込んで結婚を決めてしまった、そんな結婚はやめよう」とか言い出すのである。そして晴れやかな顔で「君、他に好きな男がいるのだろう」綾瀬はるかは煤だらけの顔で「うん!」な、なんじゃこりゃ(笑)。

 綾瀬はるかは突然の失業により「自分が何をやりたいのか分からない」状態に陥っていた。それが信長との出会いによって「やりたいことがあった」 そして「はい、歴史の先生になります!」お前よう、どう見たって歴史が好きでも得意でもないだろう、ちゃんと学んでいないだろう、下手したら二条新御所で自害した信忠のことも知らないのではないか。それなのに歴史の先生になるとか、なめてんのかって歴史マニアの人に怒られちゃうよ。

 ああ、またつまらない映画を見てしまった。本当につまらなかったので画質・音質の評価はなし。そんなことやってられっかっての。

 終了後シャワーを浴びてチャンネルNECO一挙放送の「ストライクウィッチーズ」を6話まで見る。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 2月11日(日) 負け犬の東北弁
 負け犬の遠吠えの駄洒落だからね、決して東北弁をバカにしているとかそんな意図はこれっぽっちもないからね。電子レンジで魚が焼ける焼き魚シートというものを使ってみた。170円で10枚入り。2回ぐらいなら調理当日に限って連続使用が可能である。でも私は嬉しはずかしの一人暮らしだからそんなことはできない。つまり一回の調理につき17円のコストとなる。

 この手の電子レンジで焼き魚ができる!という製品にはほかに「焼き魚パック(ボックス型)」というのがあるのだがボックス内に魚をきちんとおさめねばならずシートに比べて大きさの制約が厳しい。そして「焼き魚パック」は280円ぐらい。2枚入りなのだからかなりコスト高となる。一応、シートと同じく調理当日に限り2回使えるようになっているのだが、私は、しつこいようだが嬉しはずかしの一人暮らし。つまり一回のコストが140円になってしまうのである。これでは焼き魚シートに敵うべくもなし(焼き魚パックはアマゾンなどでまとめ買いすると一回40円程度までコストを下げられるようである)。幸か不幸か、嬉しはずかしの一人暮らしではない人でもこのボックスを2回使おうとすると調理時に魚の身がこびりつくので掃除が大変という。まあ、このあたりは焼き魚シートでも変わらないだろうが。  

 1回17円でしかも3分程度で焼き魚が出来上がる。私はこれからもこの焼き魚シートを使い続けるであろう。本気と書いてマジと読むで今の内買いだめしておくか(どうでも良い宣言)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に大根おろしをたっぷり使った釜揚げうどん。300キロカロリー。昼飯はマルタイの焼き豚カップラーメンとキュウリ一本。450キロカロリー。夕食は豚肉・大根・玉ねぎ・白菜・豆腐半丁を使った豚汁。後はゴハン半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,550キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー?!』を見る。この手のアクション映画としては話が分かりにくく、会計士の息子ヴィクが巻き込まれるあたりが良く理解できなかった。あれ、会計士の息子というけれどもそのお父さんは彼が一歳の時に交通事故で死んじゃったんじゃないの?私が何回か寝落ちして分からなくなったということもあるのですが(笑)。目玉のアクション場面も今一つもっちゃりしていて垢抜けない。

 ただ、この映画の一番の見どころは節目節目で登場するゴージャスすぎるほどのメキシコ女性たち。主人公は思った通り妻に裏切られるのであるが、それでもへっちゃら。だって、ラストで、逃げている最中に知り合ったメキシコ女性とちゃっかり上手くやっているから。デブで貧乏な天才ハッカーというモテとはまったく正反対のヴィクもやっぱり途中で知り合ったモーテルのゴージャス美人とラブラブだ!

 この辺の能天気さが私はとても気に入りました(笑)。

 ヴィクとカップルになるメキシコ女性がまたまたとびきりのゴージャス美人である。しかし彼女の夢は「いつかLAに行って売春婦になる」趣味の悪いジョークかと思いきやどうも本気らしく、この台詞一つでアメリカとメキシコの複雑な関係が垣間見えるようではないか。

 ハイビジョン画質は今一つ。全体的にノイジーでありコントラストも低め。音声はAAC5.1チャンネル。広がり感・重低音の効果は申し分ないが高音がなぜかやたらに耳障り。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。部屋の掃除とか落語とか「ストライクウィッチーズ」とか。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時すぎに就寝。

 2月12日(月) ジブリ八相
 「おれは鉄兵」の吉岡主将駄洒落。キンドル本で漫画「チェイサー 5」 コージィ城倉 を購入。いや、望んで買った訳ではない。実本と間違えて注文ボタンをクリックしてしまったのだ。直後に気が付いてキャンセルの手続きをしようとしたのだが間に合わず我がキンドルに半ば強制的にダウンロードされてしまったのである(この手続きには私の勘違いが介在している可能性がある)。

 仕方がないので読んでみたのだが、そりゃ自炊ファイルよりは綺麗ですよ、枠線がぐにゃぐにゃしたりしませんよ、モアレもないですよ、回想部分を表現するための横線も綺麗に出てますよ、でも見開きちっちゃいじゃん(注1)、カラーページないじゃん、表紙がモノクロって予想以上に気分がそがれるじゃん、帯もついてないじゃん、これで実本596円に対してキンドル本540円なんだから実に、実にビミョーなんだよ(笑)。

 (注1)キンドル本の名誉のために書いておくが見開き部分を見るためのギミックは実にクレバー。縦の画面半分の一部に四角の枠で囲った「見開き用ボタン」が用意されている。これをタップすると横画面に見開きが全面表示されるのだ)

 自炊ファイルのようにHDDにまとめてバックアップを取るということもできないし、いや、実際の運用ではあまり問題にならないかもしれないけど(笑)、こうじゃないと実際に本を所有しているという気分になれないから。やっぱり私は自炊ファイルの方を選ぶのだ!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にブリの塩焼き、大根おろし、豆腐と大根の味噌汁、ゴハン半合。ブリの塩焼きは昨日の日記で褒めちぎった焼き魚シートを使う。550キロカロリー。昼飯はまたブリの塩焼き、キュウリ一本、冷凍食品のざるそば。ブリの塩焼きを2回続けたのは朝食べたそれが結構美味しかったから。550キロカロリー。夕食は豚肉・キャベツ・もやし・玉ねぎ・ピーマンの肉野菜炒め。後は昼飯と同じく冷凍食品のざるそば(コメがちょっと足りなかったの)。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『フリーファイヤー』を見る。沸点の低いギャングたちを銃取引の名目で狭い工場内に入れ込んでマッチ一本投げ込んだらどうなるかという一点にストーリーを絞り込んだというあからさまな際物映画(笑)。90分の上映時間の内、実に80分ほどが切れ目なくドンパチ、ドンパチやるのである。

 この映画で見られる銃撃戦は他の作品とは違ってお世辞にもカッコいいものではない。ぱちんと肩を撃たれて「いでええええええ」 「このクソガキが」ぱちん、ぱちんと撃ちまくっても何しろ沸点が低いだけのただのチンピラだからなかなか当たらない。登場人物の紅一点であるジャスティンにも容赦なし。「今からそっちへ行くから、私が行くんだから、絶対撃っちゃだめよ、いい?絶対撃たないでね!」ダチョウ倶楽部の「押すなよ、押すなよ」みたいなもので(笑)やっぱり撃たれてしまう。

 ストーリーが進むにつれてその混乱はいや増すばかり。その結果生まれた混沌はストーリーすら飲みこんで見ているものを「もう訳が分からんけど、いいや、どうでも、ドンパチやっていれば」という一種の達観に追い込んでしまうのである。

 その証拠に謎の狙撃者たちについてラストのラストでジャスティンがする謎解き、「あれはだれだれが雇ったのよ」が蛇足以外の何ものでもなかったりする(笑)。

 ハイビジョン画質は今一つ。発色がさえず暗部もつぶれ気味。映像の立体感に欠けることおびただしい。音声はDTS-HDマスターオーディオ。銃声は鋭いし、定位も実に正確。しかしもう少し重低音を上手く使って欲しかった。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」「タモリ倶楽部」のCM抜き編集、ブルーレイメディアへのムーブ、そして「ストライクウィッチーズ」。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 2月13日(火) コンフリクトから人へ
 民主党駄洒落。ちなみにコンフリクト(conflict)とは競合、衝突、対立、葛藤、緊張(つまり、てめえ、やんのか、こら、死ね!という概念)という意味を持つ英単語。なんだか高尚な駄洒落ですなあという自己満足を味わっております。

 ロシア旅客機墜落 71名死亡 離陸から数分後 <https://mainichi.jp/articles/20180212/k00/00m/030/078000cより引用開始>ロシアの首都モスクワ南郊のドモジェドボ空港を飛び立った中部オレンブルク州オルスク行き民間旅客機(乗員6人、乗客65人)が11日午後2時20分(日本時間同8時20分)ごろ、離陸から数分後にモスクワ州ラーメン地区ステパノフスコエに墜落した。ロシアの運輸検察当局者は搭乗者全員が死亡したと明らかにした。ロシア通信などが伝えた。<引用終了> いたましい事故である。犠牲者の冥福をお祈りする。

 という一方で、この事故のニュースを聞いてなんだか無性に『ファイナルディスティネーション』を見たくなった俺は人でなしなのだろうなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にケチャッピー、食パン一枚、とろけるチーズ、ピーマン、玉ねぎ薄切りを使ったピザトーストとゼロカロリーコーラ。300キロカロリー。昼飯は豚肉、白菜、玉ねぎ、キャベツ、もやし、豆腐を使った豚汁。600キロカロリー。夕食は豚汁の残りでゴハン半合。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、自分の欲望通り米国盤ブルーレイ 『ファイナルディスティネーション』を見たのであった。ああ、オレはやっぱり人でなしだぁ!

 終了後シャワーを浴びてダビング作業や録画の消化。「有頂天家族2 #5」 第一期に比べると絵の綺麗さ、ち密さが段違いではないのか。いや、放送が始まっていることに気が付かなくって#1~#4を見逃した私が言うのもなんだけど。

 明日が休みなので本日の入眠剤はなし。やっぱり眠れん。午後3時過ぎに眠気がやってきたのでそれっとばかりにベッドに入るが結局眠れずすごすごとシアタールームに戻る。やけになって午前4時過ぎからゴハン半合、豆腐と白菜の味噌汁、納豆で朝飯食ってしまったわい(笑)。最終的に眠れたのは午前6時過ぎであった。

 2月14日(水) 『独立グレンダイザー西へ』  
 グレンダイザーと言う名前は愚連隊からきているのかと思っていたけどそんなこともないようですね。子供の頃「UFOロボ」というタイトルを聞いて「3メートルの怪物宇宙人」や「甲府のぶどう畑に出現した牙が生えていて光線銃を持っていた宇宙人」や「サイモントンさんと水とパンケーキを交換した宇宙人」や「ジェラルド・ストーンさんを2体のロボットと共に攻撃した宇宙人」や「スウェーデンでハンスとスティーブを襲ったジェリー状の宇宙人」や「ブラジルで子供を襲った一つ目宇宙人」や「アダムスキーをロハで宇宙旅行に連れていってくれた宇宙人」や「ヒル夫妻を身体検査した宇宙人」等々が出てくるのではないかと思ってわくわくしたものだが、当然ながらそんなことがある筈もなかった。

 本日は休み。起床は午前9時。寝たのが午前6時過ぎだったから3時間も寝ていられなかったことになる。まったくもって困ったものである。実に良い天気だったので起床するなりお洗濯の開始、シーツやまくらカバーを洗って干す。もちろん布団も干す。こういう人間らしい行為が出来るとむやみに嬉しくなる。

 その後音楽を聞きながら読書。そして午前10時半からプロジェクターを起動させ米国盤3Dブルーレイの『スタートレック ビヨンド』を1時間ほど。その後、事務所へ行ってゴミの整理や亀の世話。午後1時に帰宅する。

 昼飯はゴハン半合(午前4時に炊いたゴハンを冷蔵しておいたもの)と豆腐・白菜の味噌汁、ソーセージ3本、玉ねぎ・ピーマン・キャベツを使った野菜炒め(味付けは焼肉のタレ) 550キロカロリー。その後プロジェクターを再起動して『スタートレック ビヨンド』を最後まで。

 夕食前に実家のゴミ捨て。なんとアメリカ時間2月10日に発送された米国盤UHDの『バットマン:ゴッサム・バイ・ガスライト』『ライフ』『キングスマン2 ゴールデンサークル』『ジグソー ソウ・レガシー』が到着していた。おいおい、これは実に早いね、4日で届いたじゃないかと喜んで夕食。メニューはマルタイ棒ラーメン1食分、そしてまた野菜炒め。ただし今度の味付けは牡蠣醤油。530キロカロリー。

 午前4時の朝飯400キロカロリーを加えて本日の摂取カロリー量は1,480キロカロリーとなった。

 その後、米国盤UHDブルーレイの『キングスマン ゴールデンサークル』を見る。エルトン・ジョンギャグや王女とのエッチで洒脱な会話など良いところも多かったのだが(あなたが5分で済むはずないでしょ、に大笑い)、前作同様思いっきり楽しめるというレベルまではいかなかった。特に明らかにトランプ大統領を皮肉っているブルース・グリーンウッドのキャラが良くない。あまりにストレートすぎて諧謔味のかけらもなし。映画全体の雰囲気を著しく阻害している。紳士の国(笑)イギリスとアメリカの対比というモティーフはまことにケッコーなものなのだが何事もやりすぎは良くないんである。

 ハイビジョン画質は派手な色彩に驚かされる。いくらなんでもこってりしすぎているのではないか。音声はドルビーアトモス。ヤマハAVプリのDSPプログラム 「エンハンス」によってドルビーアトモス音声の上方音場がさらに拡大されしかも隙間なく音で満たされる。これは体験してみないと分からん。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。昨日からの3時間睡眠を鑑みていつもより早めの午後11時に入眠剤を服用し午前12時過ぎにはベッドに入る。ああ、洗ったシーツ、マクラカバー、干した敷布団のなんとキモチの良いことか。

 2月15日(木) 「アチャコの海岸物語」
 エンタツ・アチャコ駄洒落。うう、1月に買ったばかりのキンドルとケースを紛失してしまったみたいだ。登録は解除したので不正利用の危険はないのだが、ううう、悲しいよう。

 米国盤UHDブルーレイで『ジグソウ・ソウ レガシー』を見た。面白かった、スカッとした。ワイヤーで足がぐいぐいと締め付けられてぶりぶりと3つ切り、ひいひいひい、穀物に生き埋めにされそうになってあまつさえ頭上からナイフだの農作業用フォークだの、5寸釘だの、回転ノコギリの歯だのがめったやたらと降ってきてキャーキャー、えいっとショットガンの引き金を引いたら細工がされていて散弾が後ろに飛び出して、げふっ、等々、実に実にソウらしくて良かった。オレの体の38分の1くらいは確実にこの映画を求めているのだということを今更ながら再認識。

 妙なブラックユーモアもグッド。検死台に乗せられた死体。かぶせられていたバケツみたいなものを取るとあれあれ、頭が上唇の下あたりから見事に真っ二つ。丁寧に作られたプロップがまた妙におかしい。そしてその無残なる死体を挟んで検死医と刑事が「やあ、しばらく」「うん、奥さんは残念だったね」「ありがとう・・・」みたいな会話をするのにまた笑ってしまった。

 やっぱり『ソウ』はいいよ、うん。

 唯一の不満は話が分かり易すぎたことか。実はあれは10年前のゲームで物語は現在の出来事だよという説明が丁寧に過ぎるのである。オレ程度がパッと見て理解してしまうようではいかんのである。ラストのルーティン、「扉を閉めてどどーん」でえ、何々?どういうこと?え、えええ?となってくれないと物足りない。

 バカみたいな感想でどうもすいませんねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にわかめうどんと納豆。350キロカロリー。うどんは冷凍、ワカメは乾燥ワカメ。昼飯はマルタイの屋台ラーメンとキャベツの炒め物 500キロカロリー。夕食はスパゲティミートソースと白菜・豆腐の味噌汁。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、前述の米国盤UHDブルーレイで『ジグソウ・ソウ レガシー』を見て大喜びしたのであった。UHD画質(DIファイル 2K) 何と言っても青のクールなルックが素晴らしい。刃物の残酷なまでの鋭さを実感させてくれる。HDRのハイコントラストで精緻に描かれる暗部の奥行きもリアリティたっぷりだ。

 音声はドルビーアトモス。回転するノコギリのシャキーンという音に思わず身もだえ。歯医者さんに掛かっている気分になれるぞ。

 終了後シャワーを浴びて「ストライクウィッチーズ2」 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 2月16日(金) いいとも、いいとも、いいドクター・モロー
 「笑っていいとも」駄洒落。いわゆる三浦瑠麗氏の日朝事あらば日本に潜入している工作員が武装蜂起し、本国軍と呼応して日本人に襲い掛かるのだ!問題。<https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/916930/より抜粋して引用開始>三浦瑠麗氏「北工作員が大阪潜入」発言での物議に反論「まともな安保議論をすることは不可能」
2018年2月13日 16時30分 東スポWeb
 11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で飛び出した、政治学者の三浦瑠麗氏(37)の発言が物議を醸している。三浦氏は北朝鮮有事の際に、日本国内に潜む北朝鮮の工作員がテロ行為に及ぶ可能性に言及。ネット上では民族差別、根拠がないと炎上している。朝鮮半島問題のテーマで、三浦氏は「実際に戦争が始まって、金正恩さんが仮に殺されても、一切外部との連絡を絶って、都市で動き出すスリーパー・セルがいる。ソウルでも東京でも大阪でも。大阪がヤバイと今、いわれている」と発言した。<引用終了>

 どうも三浦氏 阪神大震災時に倒壊家屋から北朝鮮工作員の武器弾薬が発見されたというデマ(実際は玩具店のモデルガンなどであった)を本気にしちゃっているようである。<https://twitter.com/lullymiura/status/963993405180100609より引用開始>過去の警察白書を通しての記述と大震災時の迫撃砲発見などの事後的な未遂案件で皆さんが納得するレベルでは十分な公開情報がとれます。<引用終了>

 実際、旧軍の手りゅう弾や短銃が発見された例がある(家人にもどうしてそこにあるのか分からなかった。せいぜいあらあらまあまあ、おじいちゃんが持って帰ってきたのねぐらい)。またある玩具店の店主さんが子供たちを元気づけようとして倒壊した店舗からガチャポンや傷物になったモデルガンを掘り出し無償で提供したという。このモデルガンを事情を知らない大人が見とがめ、その店主さんがいた避難所でちょっとした騒動が起きた。これが噂の素になったとも言われている。

 でもさ、実際、北朝鮮の工作員はいるよね(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にわかめうどんと納豆。350キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメンとキュウリ一本。300キロカロリー。夕食は野菜炒め、豆腐とわかめの味噌汁、ゴハン半合。850キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。しかし、なんですな、豚肉はしばらく料理酒に付け込んでから炒めるとびっくりするくらい美味しくなりますな、ええ。

 その後米国盤UHDブルーレイで『バットマン ゴッサム・バイ・ガスライト』を見る。日本版ブルーレイの発売が3月21日なので詳しいネタバレは避けるが、アニメ作品とは思えぬダークな世界観が魅力的。19世紀という舞台設定もあってゴッサムはあのゴッサムではない。切り裂きジャックが跳梁跋扈する魔都ロンドンそのものである。娼婦が次々と襲われ無残な骸をさらす陰のロンドン、博覧会の開催で更なる発展を遂げようとする陽のロンドン、この対比のなんと禍々しいことか。

 UHD画質は上々。特にHDRによる暗部の粘りが驚異的。全面暗い場面でも最小限の映像情報がきちんと保持される。音声はDTS-HDマスターオーディオ。ヤマハAVプリ CX-A5100のドルビーサラウンドモードによって上方向へ拡張されたサラウンド音場が圧倒的な臨場感をもたらす。

 終了後、シャワーを浴びて「ストライクウィッチーズ」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『独立愚連隊』を最後まで。部隊長の三船敏郎は事故で頭を打ってクルクルパー。あっという間に退場する。副官の中丸忠雄は戦況芳しからずという状況であってさえ私欲の充足に余念がない。主人公の佐藤充にも英雄然としたところはまったくなく、彼の目的は弟の慰安婦心中事件の真相を探ることのみ。彼を一途にしたう慰安婦(まあ、ちょっと複雑な事情があるのですが)雪村いづみも愁嘆場を演じる前に早々に死んでしまう。そりゃ終戦後たった14年でこんな映画作られたら観客は驚きますわなあ(笑)。

 戦争という事象を徹底してドライな目線で相対化したのは少なくとも邦画ではこの作品が初めてではないのだろうか。

 モノクロハイビジョン画質はやっぱりダメ。黒浮きが酷いしそれでいて暗部の情報がつぶれてしまっている。

 午後11時半に入眠剤を服用。しかし、効き目がちょっと遅くベッドに入ったのは午前2時半くらいになってしまった。
 
 2月17日(土) 負け犬の東武動物公園
 ふふふ、この駄洒落の元ネタが「負け犬の遠吠え」とは誰も気が付くまい。そもそもそれでは駄洒落とは言えないのではというツッコミは無用だ!
 
 いや、ちょっと前までは「無人島に唯一携帯を許される調味料は何か」という人類の根源に関わる問いに何の迷いもためらいもなくそれどころか食い気味に「あ、それはマヨネーズ、マヨネーズ!」と答えていた私であるが、最近の自炊生活でそれがまったく覆されてしまった。今の私の答えは「味の素+塩」である。これさえあれば大抵のものがなんとか美味しく食べられる。マヨネーズもこの点では悪くないのだが、50を4年も過ぎてしまったこの私の年齢が「美味しいけどちょっとくどいし、カロリーも高いからな」となってしまったのだ。私はマヨネーズを盟友だと思ってきた。友達の少ない私だけれどマヨネーズだけは私を裏切らないと思ってきた。しかし、積み重なる年齢の重みがこの思いを私の方からあっさり裏切ってしまったのだ。

 すまん、マヨネーズよ(あの、別に気が狂ったとかそういう訳ではないので気狂い病院に電話したりしないでくださいね)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に豆腐とワカメの味噌汁、ふりかけ、卵、ゴハン半合。400キロカロリー。昼飯は冷凍のざるそばとキュウリ一本、茹でホウレンソウ。300キロカロリー。夕食は冷凍のピザでビール500ml缶一本飲み、豚肉多めの野菜炒めと豆腐とワカメの味噌汁、ゴハン半合で仕上げ。950キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,650キロカロリーなり。

 その後ウィスキー水割りを飲んでへれへれへったらへと酔っぱらう。そんな早い時間から酔っぱらってだらしないと言われそうだが、日記でははっきりと書いてなかったけどこの1週間禁酒していたのだからしてどうぞご勘弁くださいな。

 お供は地元の特殊スーパー マキイを特集した地元の番組。安心安全とか無農薬とかはウザいけど(笑)、随分昔の話だがどれくらい昔かというとぴんでんさんやZさんと飲み歩いていた時期ぐらいだけど、あそこのパックの刺身は他のスーパーと隔絶して美味しかったからなあ。それからまもなくして他のスーパーにこの刺身パックのブランドが波及したからなあ。

 就寝、たぶん、午後11時過ぎ。