観 笑 亭 日 乗

 まあ、要するに日記であります。自分に都合の悪いことや他人のプライバシーに触れるような事は書きませんので悪しからず御了承下さい。もしそれではイヤという方がいらっしゃいましたらへい、ようがす、木戸銭払ってどうぞお帰りくださいな。また、読んだ本、TV番組、映画等についてのネタバレあり。御注意下さい。うん、注意したからね、これでああ、おれ、まだ見てないのになどと怒るのは筋違いですからね。そういう人は接骨院にでも行って下さいね。
                                         
   

 




 
 




 


 


 
 
 
 

 
 

 
 
 



 

 
 


 
 



 
 5月1日(月) 三越入道
 三越入道、三越で買い物した!さすがに分かりにくいと思うので元ネタご紹介。三越入道はもちろん、見越し入道。この妖怪が現れた時、そのまま見ていると死んでしまうが、「見越し入道、見越した」ということで撃退できる。

 http://news.livedoor.com/article/detail/12991195/濡れ場やグロシーンも!?地上波で放映してた驚きの洋画ランキング1位 エマニエル夫人シリーズ 2位 13日の金曜日シリーズ 3位 氷の微笑 という記事が一部で話題になっているようだが、私の世代ではなんといってもたぶん、小学校3~4年の頃に放送されたアラン・ドロン出演のオムニバス映画 『世にも怪奇な物語』ですな。どの話だったか覚えていないけれどもオッパイ(乳首込み)がはっきり見えていて、翌日のクラスでは男子どもがその話でもちきりであった(笑)。それまではテレビで映画にしろドラマにしろ乳首なんてほとんど見たことがなかったのである。乳首初体験だったのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は西鉄大橋駅近くのラーメン屋でラーメン+替え玉。あの倒産寸前復活プロジェクトで見事、復活を遂げた某ラーメン店。たしかに優れたラーメンだが、やっぱり私の好みには合わん。

 夕食はラーメンが残っていたので茹でホウレンソウ、コンビニの子持ちししゃも、素麺1把で済ませてしまった。ビール500ml缶一本飲む。

 その後、米国盤ブルーレイで『プレステージ』を再見。何しろブルーレイソフト黎明期の作品なので画質はだめだめ。解像度が低くてのっぺりとしており、そのくせフィルムグレインがやたらに目立つ。黒の落ち込みも早いといいところがない。

 しかし、無圧縮のリニアPCM5.1チャンネルは未だに一級品。特に重低音は物理的な衝撃を感じられるほどの迫力でやっぱり無理をしてスーパーサブウーファーTD725を導入して良かったなと改めて思うのであった。

 シャワーを浴びてWOWOWで放送された「国民の叔母・清水ミチコの一人フェスIN 武道館 SPECIAL」を見る。いや、なんというか、「ウサギとカメ」をモチーフにして 松任谷由実・中島みゆき的楽曲世界を構築するというネタが凄すぎて、もう言葉がでない。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 5月2日(火) 「エンターキーの騎士」
 なんというハイブラウな駄洒落か(自画自賛)。母親用にパナソニックのブルーレイプレーヤーを購入。DMP-BD88という機種で某山田電器での価格が8,800円。HDMIケーブルが付属していないので別途購入する必要があり、結局合計金額が10,000円程度になってしまう(笑)。

 安いだけではなく筐体が実にコンパクト。液晶テレビの前に置いても画面に掛からないぐらいの大きさ。しかし、しかしである。電源を入れてHDMIケーブルをテレビに接続してもウンともスンとも言わぬ。当然表示されるべき初期設定画面も出やしない。ややや、しまった、不良品か、パナソニックも堕ちたものよ、このままではT芝の二の舞だぞと思ったのだけれども、なんとしたことであろう、HDMIケーブルをいったん抜いて出力側、入力側を逆にして接続するとフツーに絵が出たのである。

 ウウーム、長いことHDMIケーブルを使っているけれども今回のような事態は初めて。そりゃ、高級AVケーブルに信号の流れを指定しているものがある。でもこのHDMIケーブルは1メートル 1,000円程度の普及品なのである。パッケージにも別段、その手の注意書きもなされてなかったし、これはいったいどういうことなのか。

 まあ、フツーに使えているからいいですけどね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はインスタントラーメンと茹でホウレンソウ。夕食はカレーでテキトーに済ませる。

 その後、久々に米国盤ブルーレイで『GIジョー』を再見。いや、まあバカな映画だなあと(笑)。見ていてどうもにやにやしてしまうなあと(笑)。

 ということで、明日は続編の『G.I.ジョー バック2リベンジ 3D』を見ようと決意したのであった。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は例によって「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させえて国内盤ブルーレイの『地球防衛軍』を30分ほど。画質の良さにしばし言葉を失う。冒頭の祭りの場面など、今まで見てきた映像はなんだったのかと思ってしまうほどだ。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月3日(水) エンターキー・アチャコ
 エンターキー駄洒落第2弾。<http://www.asahi.com/articles/ASK4Y72SCK4YUHBI02Z.htmlより引用開始>ミサイルで地下鉄停止「日本は大げさ」 韓国では避難先 29日朝の北朝鮮の弾道ミサイル発射で東京の地下鉄が止まったことに、韓国で驚きが広がっている。普段からミサイル発射時には地下鉄構内に逃げ込むよう呼びかけられており、「地下は比較的安全」という認識もあるようだ。 韓国の聯合ニュースは「『失敗した』ミサイル発射に地下鉄まで止めた日本」、東亜日報(電子版)は「北ミサイル発射に地下鉄、新幹線運行中断 『大げさに振る舞う』」の見出しで日本の対応を報じた。<引用終了>

 朝鮮戦争でめためたにされたのにも関わらず、再三北朝鮮から火の海にしてやると脅かされているのにも関わらず未だに敵野砲群の射程内に首都を置き続けて平然としている国、2002年の第2延坪海戦では6名もの戦死者が出た(負傷者 18名)のにも関わらず、ワールドカップ開催中だったために国民がほとんど関心を持たず、当時の大統領金大中が翌日、日本にサッカー観戦に出かけちゃったような国、と一緒にされては困りますがな(笑)。

 本日から休み。午前9時過ぎに起きて冷凍うどんの朝食。それから昨日の誓い通り米国盤ブルーレイで『G.I.ジョー バック2リベンジ 3D』を見る。やっぱりバカだなあ(笑)。

 その後某所で入院中の父親へ支援物資輸送を行い、午後1時過ぎに帰宅。面倒臭いので昼飯は抜き。午後3時よりバスで博多駅へ。本日は午後4時からぴんでんさん、たけうちさんと天神で開催中の「さわれる爬虫類展」を見学した後、だるま屋にて屑の会開催を予定しているのだが、その前に20パーセントオフのウルトラセール中のブックオフ博多駅前店に行ったのである。

 20パーセントオフですからな、普段は見向きもしない108円、216円本以外の棚も熱心に見ておりました。あまりに熱心だったので時間がたつのを忘れていて、気が付いたら午後3時50分。遅れちゃう、遅れちゃうと懐中時計を持ったウサギのごとくあわてて地下鉄で天神へ。結局20分ほど遅れて「爬虫類展」入りすることになってしまった。どうもぴんでんさん、たけうちさん、ごめんなさい。

 さて、この爬虫類展、亀の展示がナイルスッポン、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメの3種のみで亀にか関心のない私にはちょっと物足らなかったか(私のパトローナスはまず間違いなく亀である。でも召喚してももそもそ動くばかりで役に立たず、私はディメンターに魂を吸いたい放題に吸われ挙句アズカバン送りになってしまうのであろう)。まあ、アルダブラゾウガメ(子亀)を持つという体験ができたからいいか。

 午後5時よりだるま屋入店。3,800円の飲み放題付きコースで飲むわ、飲むわ、食べるわ、食べるわ。やっぱり美味しかったのはサバの鉄引き(刺身)と鶏唐揚げ。前者は連休の中日だというのにぷりぷりの歯ごたえがたまらない。鶏唐揚げは普段、揚げ物を制限している(つもり)の私にとってはまさに猫に小判じゃなかった猫にまたたびのようなものだ。

 午後8時過ぎに店を出る。それから当然ながらカラオケへ流れ2時間ほどがあがあと唸る。終了後、私は財布に2,000円しきゃなかったので、久しぶりに天神から歩いて帰ったのであった。

 その後テレビをのんびりと眺め午前12時過ぎに就寝。

 5月4日(木) エンターキーフライドチキン
 エンターキー駄洒落第3弾。アマゾンよりUHDブルーレイ 『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』が届いた。しかしなんですなあ、注文の時が面倒臭かったですなあ。アマゾンでジャンルDVD 「UHDハリーポッター」で検索しても出てこないですからなあ。ならばと今度は「ハリーポッター」で検索するとブルーレイ止まりだったりします。わざわざグーグルで検索してアマゾンへのリンクをたどってようやく注文できたのです。アマゾンはひょっとしたら売りたくないのですかなあ(笑)。

 それはともかくとしてUHDブルーレイの画質はやはり素晴らしい。フィルムの粒状感が強めですっきりとした高画質とは言えないのだが広域化された色域、HDRの効果でブルーレイとはまったくの別物である。特に前半のヴォルデモートの支配下に置かれたホグワーツの陰鬱な雰囲気など、映画館でも見られなかったもの。だからマグゴナガル先生がスネイプ先生を撃退した後、暗かった大広間の松明を次々にともして明るくする、その対比が実に効果的なのだ。

 休みの2日目。午前9時過ぎに起床して昨日買っておいた明洞冷麺という奴で朝食。キムチ、チャーシュー、茹で卵を乗っけた豪華版。この手の冷麺のスープは今一つ旨みが足りないのでめんつゆをちょっと足してやるとぐっと美味しくなるんだ、うん。

 そして昨日に引き続き某病院に入院中の父親へ支援物資の輸送。帰り際、大橋駅で途中下車し、ブックオフ大橋店で20パーセントセールの本をがさっと買う。結局、このセール期間中に15冊ほど買うことになりそうだ。

 昼飯は素麺でテキトーに済ます。その後前述のUHDブルーレイ 『ハリーポッターと死の秘宝PART2』を見ておおおおおおおおおおおと感動したのである。

 夕食は自家製のポテトサラダ。茹でたジャガイモ4個をつぶし、茹で卵1個、細切れのハム、シーチキン、玉ねぎみじん切りを混ぜ塩とマヨネーズ、レモン汁で味付けしたものである。これに豚肉ステーキとじゃがいもと玉ねぎの味噌汁でゴハンを1合。

 あ、ビール500ml缶一本飲みましたとも。

 夕食後は『死の秘宝PART2』の続き。

 終了後シャワーを浴びてからお酒。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてブルーレイ『地球防衛軍』を30分ほど。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月5日(金) 「ちゃんこの海岸物語」
 ちゃんこ駄洒落と言えば戸梶圭太が『皆殺しのちゃんこ』とかやっていたな(もちろん、元ネタは『皆殺しのジャンゴ』)。

 <https://twitter.com/kororikyun/status/812220463556411392より引用開始>>
 韓国 現代建設の工事現場看板 「工事関係者の皆さん、安全規則を守りましょう。万一事故を起こしたら、あなたの奥さんの隣に他の男が寝ることになり、その男にあなたの子どもたちが虐待され、あなたの労災保険金もすべて使い果たされるでしょう。安全遵守はあなた自身のためなのです。」<引用終了>

 いいぞ、韓国!

 休みの3日目。午前9時に起床しサッポロ一番味噌ラーメンで朝食。その後、亀の屋外飼育場のメンテナンス。午後からまたも病院へ支援物資搬入。帰りにやっぱりブックオフにより古本を買う。ゴールデンウィークと言っても私の生活はこんなものです。

 そしてやっぱり帰ってきてからUHDブルーレイ!今日は『パシフィックリム』だ。これまた凄い。あのカイジュウの口からでろでろと伸びてくる舌の美しい光りかたなど、もううっとりしてしまう。幻想的なイメージすら感じてしまう。この映像は私にとって麻薬みたいなもんですよ、ほんと。

 夕食はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 昨日の明洞冷麺も美味かったけど、こっちもたまらん。このつゆを単独で売ってくれないかな、もやしやトマトといった野菜に最適なドレッシングになるんだけど。麺抜きでも絶対美味しいよな。

 あ、はい、ビール500ml缶一本飲みましたよ。

 その後は映画を見ずに音楽鑑賞。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。プロジェクターを早くも再起動させて国内盤ブルーレイ 『地球防衛軍』の後半を肴に美味しく飲みました。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月6日(土) 「がんばれテンキー」
 テンキー駄洒落第4弾!元ネタは「がんばれ元気」だよ。今時、ホームページとブログ、ミクシィで発信しているだけというのはあまりにも古臭いのでぜひ、この駄洒落だけでもツィッターでつぶやきたいけど、どうすればいいのか良く分からん。それにリツイートとかフォローとかブロックとかクソリプとか謎の単語が出てきてちょっとコワイ。駄洒落を呟いたとたん、ブロックされたりクソリプとかされたらどうしよう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとお茶。180キロカロリー。昼飯はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 チャーシュー、トマト、ゆでもやし、温泉卵を乗っけて。これで700キロカロリー。

 夕食はレトルトカレーをちょっとひと工夫。レトルトカレーをちょっと温めてから鍋にあける。そこへ細かく切った(安物の480円包丁の切れ味が悪いので切るというより潰すという感じになる)トマト、コンソメ1ケ入れて水を足し少々煮込む。そして焼肉のたれをごく少量入れて味を調える。するとトマトの酸味と焼肉のたれの複雑な味でレトルトカレーが高級カレー店の味に早変わり・・・とはならんな。だいたいそんな上手い話があってたまるものか(笑)。

 でもそこまでは行かないにしてもそこそこ美味しくはなると思う。コンソメと水を足して味を落とさずかさまししているので、このカレースープをすするだけでも結構食べた気分になるからダイエットにもよろしい。このトマトカレーでゴハンを半合。後は茹でもやし、自家製ポテトサラダの残り。これで600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『イーグル・ジャンプ』を見る。<http://eiga.com/movie/84441/より引用開始>イギリスで初めてスキージャンプのオリンピック代表選手となった実在の人物マイケル・エドワーズの半生を、「キングスマン」のタロン・エガートン主演で映画化。マイケル・エディ・エドワーズは幼い頃からオリンピックに出場することを夢見てきたが、運動音痴な上に極度の近眼を抱えていた。ある日、偶然見たスキージャンプに興味を持った彼は、国の代表選手を目指すためドイツの雪山へ向かい、そこで知り合った元オリンピック代表選手ブロンソン・ピアリーにコーチを依頼する。<引用終了>

 この紹介も随分いい加減でこの主人公は決して運動音痴などではない。ドジでぶきっちょなだけ。少年時に膝を怪我して1年ほど自由に運動できなかったことがあるけれども完治後はスキーでオリンピック代表レベルには達しなかったものの、いくつもの大会で優勝しているのである。そんな運動音痴はおらん(笑)。近眼にしたって彼のダサさ、カッコ悪さを表現するための道具のようなもので、ジャンプ競技に影響を与えるものでもない。

 映画映画自体はいや、面白かったけれどもスキージャンプ競技の展開が実にワンパターンで、予定調和に収まりすぎ。後半は実話ベースということを差し引いても全然どきどきわくわくできなかったぞ。

 なお、このカルガリーオリンピックではジャマイカのボブスレーチームが初出場し大きな話題となっている。同じくこの実話をベースに作られたのがジョン・キャンディの『クール・ランニング』である。この『イーグルジャンプ』の中でもジャマイカのボブスレーチームがちょっとだけ触れられていて、両作品の繋がりを暗示しているのだ(ちょっと考えすぎかな?)。

 ハイビジョンは良好。ハイコントラストで雪山のまばゆい白を上手く表現している。HDRにはもちろんかなわないのだが、ブルーレイとしては最高峰のものであろう。音声はDTS-HDマスターオーディオ。BGMの音の良さ、広がりに驚かされる。ジャンプ時の風切り音も包囲感にすぐれたもの。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月7日(日) ガッツ星人の喫茶店
 暗殺コーヒーとか(元ネタは「学生街の喫茶店)。昨日見た映画『イーグル・ジャンプ』 ヒュー・ジャックマンはかって将来を嘱望されたスキージャンパーだったのだが、ご乱行が過ぎてクリストファー・ウォーケンのコーチに「お前、イラネ」と追放されてしまった。その後、彼は謝りに行くのだが、この時の日本語訳がちょっと愉快だったのでご紹介。

 「I literally got down on my knees and I begged him to let me jump again」(文字通り俺は膝とついて彼に懇願した。もう一度ジャンプをやらせてくれと)

 これが日本語字幕だと「土下座して頼んだ」 日本語吹き替えでは「文字通り土下座して頼んだ」

 たしかに分かりやすいのだが、ヒュー・ジャックマンがクリストファー・ウォーケンの前で土下座しているのを想像すると・・・(笑)。(なお、この一文を書くためにわざわざレンタルブルーレイを再生して当該箇所を20分近く費やして探した。記憶だけで英文書こうとすると絶対間違うから)

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は明洞冷麺。チャーシューがなかったので茹で卵、トマト、キムチのトッピング。600キロカロリー。夕食は玉ねぎ、にんじん、長ネギ、白菜、豚肉を使った豚汁。ゴハンは食べずに代わりに納豆で腹を満足させる。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ロック・ザ・カスバ』を見る。ビル・マーレイのいかにも胡散臭い芸能マネージャー(新人を事務所でオーディションし、合格だ、君は凄い将来の世界的スターだとおだてあげてレッスン代や契約料をムシる)、軍慰問コンサートでアフガニスタンに出かけたら連れて行った所属歌手、ズーイ・デシャネルにパスポートと有り金を持ち逃げされてしまう(パスポートを持って行ったのは追いかけられないようにするためか。なお、ひどいことにズーイ・デシャネルの出番はこれだけ)。

 この不条理で混乱した状況を使い、映画の中のアフガニスタンを一種のダーク・ファンタジー・ランドとして見せる手法がウマいですな。

 困窮したマーレイはこれまた怪しげな男たち二人の武器輸送の仕事を請け合い、これまた怪しげな傭兵のブルース・ウィルスと共に辺境の村へ。マーレイはそこでイスラム教の戒律におびえながら歌手にあこがれる一人の少女と出会う。彼女はいわゆる「天使の歌声の持ち主」であった。芸能マネージャーの血をいたく刺激されたマーレイは地元テレビ局のオーディション番組に彼女を出演させようとするのだが・・・。

 基本的にこの世界の戒律では女性が人前で顔出しして、歌を歌い、しかもそれが英語だと!そんな女は恥さらしだ、死刑だ、死刑だ、殺せ、殺せとなるのが当たり前。前半のダーク・ファンタジー・ランドとして見せる演出の妙もあって、この戒律を突破するのはもう不可能だと思えてしまう。しかし、さすがは『グッドモーニング・ベトナム』のような感動作も作れば今一つ面白くない『スフィア』みたいなSF映画も作る、かと思えば『ザ・ベイ』みたいなちょっとアレなホラー映画もやっちゃうという無駄に引き出しの多いバリー・レヴィンソン監督である(笑)。この状況の中にアフガニスタンの宿痾といえる小部族同士の対立を放り込んで鮮やかに解決させてしまうのであった。

 ハイビジョン画質はダメ。激しい黒浮きと目立つノイズでかなり見づらい画質となっている。音声はAAC5.1チャンネル。こちらはなかなかの高レベルで街の喧噪音はリアルだし、音楽場面では音場がふわりと広がりシアタールームを包み込んでくれる。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝・・・かと思いきや、今夜は効果が芳しくなく頭がぼんやりするばかりでいっかな眠りに入れない。仕方ないのでそのままテレビや本で時間をつぶし、午前3時近くになってようやく眠りにつく。

 5月8日(月)仮性包茎ゴーホーム」
 元ネタはもちろん「火星人ゴーホーム」だけど、駄洒落にも何もなっていないんだけど、語感が面白いと思うので勘弁してください。

 さて、明日は三年ぶりの胃カメラ検診である。前に人間ドッグで「要再検査」となった時は胃カメラ検診で「綺麗なもんです、心配はいりません」という結果だったのだが、今回はどうなるか。胃の痛みその他の自覚症状はなし。数年前にピロリ菌は根絶せしめている。いきなり胃がんですと言われることはないだろう。でも、私はなにしろ飲む人間である。「胃炎です。酒は当分やめてください」となる可能性は十分にある。

 検診自体も楽じゃないし、ああ、いやだ、憂鬱だ、気が重い、検査に行きたくない、ああ、ああ。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、明日は胃カメラ検診、結果いかんによっては大幅な飲酒・食事制限を課されることだってある。だったら今日好きなものをたらふく食っておこうではないか!と勇ましく思ったのだが、あんまりお金がなかったので、どうも微妙なメニューになってしまった。

 朝はコンビニのチキンカツサンドイッチ(これが検査前でなかったら200キロカロリーのしゃきしゃきレタスサンドとかになる)、400キロカロリー。昼飯はゴハン半合を納豆と生卵で(検査前でなければ納豆だけ)。500キロカロリー。夕食は昨日と同じく玉ねぎ、にんじん、長ネギ、白菜、豚肉で作った豚汁。そしてゴハンを半合(検査前でなければゴハンを食べない)。800キロカロリー。
 
  本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽を少々。検診のために午後9時以降は固形物を腹に入れられない。だったら入眠剤をその前に飲まなくちゃ、だったら早めにシャワーを浴びないと入眠剤を飲んだ後ではさすがにまずい等々ありましたので忙しくて映画など見ていられなかったのであります。

 この時間帯に入眠剤飲んでも眠れないだろう、昨晩と同じくうすぼんやりしたまま長い夜を過ごすことになるのかと思いきや、午前12時前に恐ろしく眠くなりそのままベッドへ入ってしまいましたとさ。

 5月9日(火) 「火星人コンドーム」
 ああ、なんかいろいろすいませんと必要もないのに謝りたくなる駄洒落。胃カメラ検診やってきました。結果は前回と同じく「我、検診ヨリ帰還セリ。結果キワメテ良好ナリ、今後ノ任務遂行ニ支障ナシト認ム。送レ。 」でした。ほっとしました。

 しかし、なんですな、三年前と同じくレントゲンで「胃におかしな影がありますバイ、ひょっとしたらエライことになっとるかも知れませんので再検査ばしんしゃい」「何にもありませんでしたバイ」ということになった訳です。当然ながら「胃はまったく大丈夫ですたい」とレントゲン検診で言われて、「実は胃でえらい病気が進行中」という逆パターンも考えられる訳です。

 そう考えるとちょっとコワいので来年から人間ドックは最初から胃カメラを受診しようかなと思っている訳でして・・・。

 まあね、鼻からの胃カメラ挿入(経鼻内視鏡検査)の何が嫌かと言うと、鼻に麻酔薬を入れるじゃないですか、そして鼻の穴の通りを良くするために拡張棒をぐいと差し込まれるじゃないですか。この瞬間がも本当にイヤ。最初は細い棒からとか言われるのですが、この細い棒でも結構鼻の穴が痛い。うわ、そんなずぼずぼ入れないでとか心の中で抗議しているのですよ。ええっ、胃カメラのケーブルより細いのにこんなに痛いの、だったらもっと太い本番のやつはどうなるんだよ!とビート・たけしに「お前は処女か」とツッコまれそうなことを思っている訳ですよ。この時の恐怖感というのは経鼻胃カメラ4回目になってもなかなか拭い去ることができないのであります。まあ、痛いのはこの時だけで、次の胃カメラのケーブルと同じ太さの棒、そして本番の胃カメラの時はなんてことはないのですが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイって胃カメラ検診を午前9時から受けたやんか。雨の中、病院まで20分かけてとぼとぼ歩いたやんか。

 食ったもの、朝飯はとうぜん抜き。胃カメラ受診後の昼飯は豪勢に行かなきゃということで長崎ちゃんぽんリンガーハット。なんと麺増量120パーセントの餃子5個付きランチだぜ。

 夕食も豪華、豪華。白菜とソーセージと豚肉をコンソメで煮た洋風鍋だぜ。ビールも500ml缶一本飲んじゃったぜ。

 その後、ウィスキー水割りなど飲んで(いやあ、何しろ胃カメラ検診が無事に終わりましたからなあ)、延々と録画の「ゴリパラ見聞録」を見たりする。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『ホラ吹き太閤記』を30分ほど見る。

 就寝午前12時過ぎ。

 5月10日(水) 「三丁目のUFO」
 これはユーフォ―じゃなくってユーエフオーと呼んで欲しい駄洒落。さて、無事に終わった胃カメラ検診だけどその費用はおおよそ5,000円弱。これが諸外国になるとどうなるか。

  胃カメラ検査の費用は保険適用で5,000円弱。アメリカだと1,200?1,500ドル(参考https://blogs.yahoo.co.jp/shin6277/34036678.html) えええっ!こののブログでは安くて親切な日本人医師を運よく見つけることができたのだが、それでも700ドル。

 イギリスでは 胃カメラ、大腸カメラを同時に受けても無料。でも最低2週間ほど待たされるらしい。(参考 http://medical-checkup.biz/archives/1229)これはNHS (National Health Service イギリス政府が運営する国民保険サービス)の恩恵によるもの。まことに結構なシステムであるが、時間が掛かる、医療の質もあまり高くない(と言われる)等々の問題があるようだ。。

 またイギリスではGP(General Practitioner/家庭医又はかかりつけ医)制度が徹底しておりどんな場合でもまず最初にGPの診察を受ける必要がある。 原則としてGPの紹介がないと、大きな病院で診察して貰えない。もちろんNHSとは別系統の私立病院を受診することもできる。スピーディで医療の質も高い。のだが、自由診療なので当然ながら高額となり、胃カメラだと900~1,200ポンド(13万強~17万6千円)掛かる(参考 https://www.london-ryugaku.com/hospi/)。

 5,000円弱でスピーディに検査を受けられる日本の医療。保険体制というのは実は凄いんですよ。それをアレな弁護士やらマスコミやらデマゴガーが殺しに掛かっている。大野病院事件しかり、大淀病院事件しかり、大和私立病院しかり、この国の司法は言うなれば本間先生を助けられなかったブラック・ジャックを逮捕したり彼に損害賠償させたりするのである。

 本日は休み。午前9時過ぎにふんがーと起き出してかけうどんと茹でホウレンソウで朝食。それから音楽をだらだらと。いやあ、うちのシステムまた音が良くなっていませんかあとニヤニヤ。サブウーファーのヴォリュームを上げたら一つ一つの音の陰影がはっきりしてより立体的になってきた。ストリングスの低音の響きも実に重厚だ。

 午後2時過ぎに羽根つき餃子(冷凍食品の水も油も奥さんもいらないという奴)と炒飯で昼飯。ビール500ml缶一本飲む。炒飯はやっぱり冷凍食品だけど、ソーセージを細かく切った奴を混ぜて、最後に生卵を加えて炒めるという手間をかけたのでなかなかのお味となった。

 午後3時過ぎに事務所へ出てちょっとしたお仕事。帰宅して後、また音楽。夕食はうどんと茹でホウレンソウでテキトーに済ます。その後、またまた音楽。楽しいね、こりゃ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『ホラ吹き太閤記』の続き。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月11日(木) 「チャルメラならし」
 シェークスピア駄洒落。事務所のキッチンの蛍光灯がちかちかと点滅しだした。ああ、交換しなくちゃいけないなあ、でも蛍光灯が今手元にないからなあ、某山田電器か某ホームセンターに買いに行かなきゃならないなあ、面倒臭いなあ。

 いや、ちょっと待て、先日新品と交換したばかりの爬虫類用紫外線蛍光灯があるぞ。半年経過して紫外線量が落ちてしまったから交換したのであって、照明としてはまだ立派に使えるぞということで、キッチンの蛍光灯と交換したら、はい、紫外線蛍光灯ですから光が青いです(笑)。なんだか爬虫類になった気分です。

 こんなことで妙に嬉しがっている私は53歳です、はい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードルナイス、170キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉 外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は昼飯を反省して茹でた人参、ホウレンソウ、納豆で済ませる。だいたい200キロカロリーぐらいか。

 本日の摂取カロリー量は1,370キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『マグニフィセントセブン』を再見。くー、やっぱりHDRすげえ。夜の場面での街灯やろうそくの光り方がもうリアルでたまらん。BT2020の色域による色彩表現も実によろしい。娼館のガラス窓の飾り文字とかびっくりするよ、ほんと。

 なお、どんな小さな町でも娼館と酒場(サルーン)があるのは西部劇のお約束です。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。また「ゴリパラ見聞録」を見てしまう。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」聖地巡礼の旅、なのだが、ゴリパラの3人は誰もこのアニメを見ていない。ファンにとってシツレー極まりない暴言レベルの会話が繰り広げられて腹を抱える。

 僕は別にこのアニメのファンでもなんでもないので、いいのであります(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月12日(金) 「ヤマアラシの児雷也」
 この駄洒落もなかなかのものだと思いますが(自画自賛)。さて、レンタルブルーレイににて『秘密 トップシークレット』を見る。ウウーム、どうしようもない出来というほどではないけれども、さして面白い訳でもなし。舞台設定自体は魅力的なのに、話の展開が分かりづらくどうにもひとりよがりの映画になっているようだ。あの少女と連続殺人鬼の関わりなど、何の必要があったのかと思ってしまうくらい希薄。稀代の殺人鬼二人が厚生施設でちょっと顔を合わせていたことがあるとか何の冗談かと思う。この二人がお互いの存在に影響を与えあっていたぐらい風呂敷を広げて貰わんと、意味がないのである。

 そして、殺人鬼の脳の記憶を読み取った捜査官が続々自殺した!というのだが、そもそもあの映像がそんなに恐ろしかったか?自殺した主人公の友人の記憶というフィルターを通しているとはいえ(その友人が殺人鬼の脳を破壊してしまったので直接見ることができなくなっていたのである)、妙に感動的にしてどーすんだ(笑)。

 殺人鬼の少女を演じた織田 梨沙という人がまた演技がへたくそでねえ、台詞はぎこちないし、顔の表情もつくりもののよう。そういえば、こういう容姿で演技下手な人はどこかで見たなあ、あ、そうだ、思い出した、『香港クレージー作戦』の中尾ミエだ!そして対峙する主人公の岡田将生もこれまたへたくそで(笑)、二人だけの場面とかちょっと失笑してしまいましたよ。

 (ちょっと疑問 あの犬の記憶映像(笑)だけど、この映画で使われている装置MRIは死んだ人間の脳から記憶信号を取り出し、生きた人間を通して映像化するもの。犬の生前の記憶など人間が映像化できるのか、ひょっとしたらあの装置に生きた犬しばりつけて映像化していたんじゃないか)

 ハイビジョン画質は明るいところは実によろしい。あの大学キャンパス内の奥行き感などUHDブルーレイ映像体験を経た今となってもなかなかのもの。ただ、これが暗い場面になると評価ガタ落ち。暗部に格子状のノイズが入って見づらくてしかたない。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。雷雨の場面の迫力がよろしい。こういうところで包囲感が出てこないと映画全体がひどく安っぽくなってしまうのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン、コーヒー。220キロカロリー。昼飯は柔麺一把に卵一個落とした奴。後はホウレンソウ、ニンジンの茹で野菜。300キロカロリー。昼飯は突然食いたくなった豚骨のインスタントラーメンと、冷凍食品のチャーハン。後は昼と同じくホウレンソウ、ニンジンの茹で野菜。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,420キロカロリーなり

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『秘密 トップシークレット』を見たのである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 
 5月13日(土) 「ミス児雷也」
 元ネタは「ミス・ジュライ」 アメリカはプレイボーイ誌の月間グラビアモデル(ピンナップガール)の通称(みたいなもの)。だから当然、ミス・ジャニュアリからミス・ディセンバーまでいる。一種のアメリカの(エッチ)文化のアイコン。『沈黙の戦艦』とか『トレマーズ2』とかに出てきたでしょ。

 まあですな、ウチは昔、今のコンビニ店みたいな雑貨屋をやっておりまして、店頭に雑誌を置いていました。その中にはエロ雑誌もあって日曜日など店が休みの時にちょっと借りて己の性的妄想の一助としていた訳ですよ。

 この手のエロ雑誌に載っていたエロエピソードには便所の汲み取り口から侵入してきたウンコまみれ(昔はこういうのを黄金まみれと表現していた)の男に犯されるという話があって、さすがにこれはキツかったですなあ(笑)。またデパートの試着室で女性店員を試着室に引っ張り込みセックスに持ち込むという話もあったなあ。一応、和姦で、中学生の私ですらそんな馬鹿なと思ったものですよ。エロ漫画だと女性のあそこに水筒をきゅぽんとハメて、その中には水と泥鰌が入っている。この水筒を火であぶると熱に耐えきれなくなった泥鰌たちが女性のあそこに向けて殺到、あああー。この漫画のオチはその快感が忘れられなくなった女性が自らあそこに水筒をハメて火であぶっている。そして茹で泥鰌を路上(板で囲っていて外から見えない)で売っているというものでした。

 こんなのでオナニーしようとしたら大変ですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はゆきみ家で塩ラーメンと小ゴハン。いつもの味噌ラーメンではない。だいたい、この店で私が頼むのはほとんど味噌ラーメン。ごくたまに塩ラーメンを頼むのだが、その度に店主さんが「え、味噌じゃないんですか」みたいな顔をするのがオカシイ。外食摂取カロリー量暫定一律基準1,000キロカロリー。おやつにアイスクリーム。400キロカロリー。夕食は冷凍していた豚肉ステーキとゴハン、茹で野菜。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,450キロカロリー。よく食ったなあ(笑)。あ、夕飯にはビール500ml缶一本飲みましたよ。

 その後、米国盤ブルーレイで『エクスペンタブルズ2』を見る。やっぱりバカな映画だよなあ。ヴァン・ダムが鉱山を爆破。閉じ込められていたスタローンたちが途方に暮れているといきなりアーノルド・シュワルツェネッガーが掘削車でどかーん。あまりにもテキトーなこの展開が逆に小気味良いのであった(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「大食い女王戦 地方予選」 予選と言いながら実際、本戦の1回戦を見せてしまう大胆な番組でちょっとびっくりする。午後11時過ぎにプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ガメラ対バイラス』をちょっとだけ。これも能天気でいいですなあ。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月14日(日) 天使長情報誌
 元ネタは「転職情報誌」 さすがにみんなこれは分からなかっただろう(笑)。ヤフオクで落札したUHDブルーレイ 『ザ・コンサルタント』(英国盤らしい)が到着。出品者がブルーレイを抜いて出品したもので落札価格はおおよそ3,200円(送料込)。こういう出品の仕方は大歓迎である。もう私はブルーレイソフトは趣味的な分野(「インビジブル・モンスター」とか『ニューヨークの怪人』とか)を除いて買わないと決めているし、もしどうしても必要であればもよりのレンタルショップで借りる(笑)。

 その『ザ・コンサルタント』は画質はあまり誉められたものではなし。フィルムグレインが目立ちすぎるし、黒も浮き気味でHDRの良さが出ていない。反面、DTS-HDマスターオーディオ音質はすこぶる良し。主人公の使う狙撃ライフルの落雷のような発射音にびっくりである。

 映画自体も面白かった。自閉症のヒーロー、日本ならばお涙頂戴の感動ものにしてしまうような題材(それも自閉症児そのものではなくて家族などの周辺状況の苦悩を描き自閉症児の置かれているこの現実が!とかやっちゃう)を使ってアクション映画を作る。それも明朗でストレートな役ではなくダークな部分をたっぷり持った人間として描いているのが素晴らしい。

 まあ、彼の暗黒街との関わりとか、あの施設の少女が凄腕のハッカーとなって主人公ベン・アフレックのパートナーとなっているとかちょっとご都合主義的ではあるのだが、この映画がもつメッセージ性の力強さはそうした欠点を補ってあまりあるものなのである。

 本日は校区内の壮年ソフトボール大会。午前6時に起きてゆっくり風呂に浸かってからお出かけ。それから午後4時までの7時間、あなたの目はあなたの体を離れ、この過酷な労働の時間の中に入っていくのです・・・。

 食ったもの、朝飯にコンビニのお握り、1個。180キロカロリー。昼飯は大会で出たコンビニ幕の内弁当755キロカロリー。夕食は昨日のカツオ叩きの残り。今日はオシャレにオリーブオイルと塩でカルパッチョ風。最初の4キレぐらいは実に美味しかったのだが、すぐに飽きた。ちょっと醤油を足して食べることになった。やっぱり俺にはおしゃれ生活はむかん。後は柔麺を2把。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,435キロカロリーなり。

 その後、前述の『ザ・コンサルタント』UHD ブルーレイを見たのである。

 終了後シャワーを浴びて録画いろいろ。「ゴリパラ見聞録」「大食い女王戦」など。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 
 5月15日(月) 「ヘルシー忍者嵐」
 「変身忍者嵐」を見ていたら高橋留美子先生の「犬夜叉」も読みたくなった駄洒落。2ヶ月に一回の物件水道メーター検針。検針すべき物件は3軒、54戸。つまり水道のメーターを読み取るために54回、座ったりしゃがんだりを繰り返すことになる。腰に来る(笑)。物件は4階建てが2軒、3階建てが1軒。つまり、水道検針のために11階分の階段を上り下りすることになる。足に来る(笑)。40分も掛からない作業であるが、終わったらもうへとへと。やっぱり年だよなあ、年々きつくなっていくよなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は例の(有)フリーメイソンちかくのトンカツやでトンカツ、チキンカツのランチ。久しぶりに行ったのでコーフンしてゴハンをお代わりしてしまう。それも大盛り。こりゃ、1,700キロカロリーぐらいいっちゃったな。昼飯を食べすぎたので夕食は抜き。

 それでも本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーぐらいになっちまった。

 その後、レンタルブルーレイで『マックス・スティール』を見る。いやあ、アクションヒーローものとしてはものすごく下手くそで(笑)。エイリアンだったお父さんの遺伝?で体からタキオンエネルギーを放出するようになった主人公。だから高校生に何か放出させるのはやめなさいって(笑)。彼はシリコン生命体スティール(これが良くわからん)の導きによってスーパーパワーを会得する。強力パンチ、強力ジャンプ、強力走り。でもなぜかその後彼はスーパーパワーを使わないの。悪い奴らに追われているのに自転車でぱーっと逃げるという。

 その後、自宅から逃げるときに強力走りを使ったようだが、はっきり表現されないので断定ができない。そんなスーパーパワーってあるか(笑)。

 そんな彼はスティールと波長を同調させることによって融合、スーパーヒーローマックススティールとなる。このスーツがカッコいい!と思いきや次の瞬間敵の一撃で融合が解けて元に戻ってしまうのであった。

 見どころは主人公が体から放出するタキオンエネルギーの美しいCG映像だけだったというオソマツ。

 ハイビジョン画質はダメ。明るい場面での色彩表現は申し分ないのだが、暗部が浮いてノイズだらけ。格子状のノイズも見えた。またトーンジャンプがひどい。UHDブルーレイに慣れてきた目にはこれがなんとも前時代的に見えてしまう。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。いつもながら音声だけは文句のつけようがない。まあ、これはディスク云々よりも大金はたいて充実させた私のAVシステムの力によるところが大きいのでありますが(ちょっと自慢)。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 5月16日(火) アリゲーターガ―や節
 <http://www.asahi.com/articles/ASK5K66N3K5KOIPE02V.htmlより引用開始>名古屋市、アリゲーターガー1匹やっと捕獲 城の外堀

 名古屋市は17日、名古屋城(名古屋市中区)の外堀で、目撃が相次いでいた外来肉食魚「アリゲーターガー」1匹を捕獲し、発表した。外堀では計2匹が確認されており、今後も残る1匹の捕獲を試みる。<引用終了>

 その怪異な容貌から危険生物扱いされるアリゲーターガ―。原産地のテキサスでは襲われたなどという話はまったくなし。また本種が移入された日本やその他の国でも遊泳中に噛みつかれたという報告もない。

 ただ、原産地においてアリゲーターガーの「攻撃」を受けて負傷した人物は存在する。釣り人と、彼らを案内していたフィッシングガイドだ。釣り上げた際に暴れるアリゲーターガーから「頭突き」を食らうことがあるというのである。またガー類(条鰭綱 ガ―目)は硬鱗(ガノイン鱗)と呼ばれる非常に硬い鎧のような鱗を持つ。この鱗のおかげで捕獲時に足元や腕の中で暴れられると擦過傷を負うこともあるそうだ。

 このあたりの事情はアマゾンのピラニアとまったく同じ。群れをなして人間を襲うどころか実は非常に臆病な魚なのだが(種によって違いがあり、例えばダイヤモンドピラニアはテリトリー意識ゆえ強い攻撃性を示すことがあるという)、現地では実際に怪我をさせられた人がいる。やっぱり釣り人である(笑)。釣り上げた際に暴れるピラニアの歯が当たったりして怪我をするのだ(アマゾン周辺ではピラニアは貴重なタンパク源であり、特に塩焼きとスープが美味だそうである。刺身でも食べられているという。注文するのは日本人だけという噂だが)。

 ピラニア(ナッテリー)は日本でも飼育魚としてとてもポピュラーな存在だ。でも水替えや水槽掃除の際に水中に手を入れている時、うっかりピラニアの歯が当たってぱっくりなんてこともよくあるそうな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウ、納豆、コンビニのお惣菜(鶏ステーキ)でゴハンを半合。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽を聴く。午後9時過ぎにシャワーを浴びて後は録画の消化。「探偵ナイトスクープ」 福岡西通りのカラオケボックスのトイレ。洋式便器から時折ぷーとおならのような音がする。おならをひる幽霊だ!竹山探偵が調べに行くとなるほどぷーぷー。同行した依頼者が本気でおびえている(笑)。よせばいいのに、オカルト研究家の山口敏太郎さんに問い合わせたら「それはめっちゃ屁をこく妖怪、オッケルイペです。屁で船を沈めるのです。ほっておいたら店を屁で壊されるかもしれません」

 まあ、思っていた通りこのトイレを調べた水道の業者さんによるとタンク内の弁が摩耗しているため空気が漏れる時の音だそうで。幽霊話てのはこんなもんですよ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 5月17日(水) くのいちの電話
 元ネタは「いのちの電話」です。すいません、すいません。日本は平和ボケとか言うけど、日本は決して、戦後を安穏と過ごしてきたわけじゃないぞ。李 承晩ライン、北方領土海域における漁民の拿捕・拘束。北朝鮮の日本人拉致。近年では中国の軍事的パワープロジェクションの拡大がシャレになっていないし、北朝鮮の核・ミサイル問題は言わずもがな。我が愛する(笑)隣国、韓国は民主国家にもあるまじき不安定な政治状況が続いている。国内的にも東アジア反日武装戦線・日本赤軍・クソオウム真理教によるテロ。さらには複数の大規模震災。原発事故。そして民主党政権の誕生(笑)。

 どうやったら平和ボケできるというのだ。

 憲法9条があったから今まで日本人は守られてきたという嘘を堂々と述べるアレなサヨクと平和ボケしているから憲法9条を唯々諾々と受け入れているのだと主張するアレなウヨクも私の目には同一のものとしか映らない。

 本日は休み。午前8時に起床してさっそくお料理。人参・玉ねぎ・大根の根菜トリオを大きめに刻んで白出汁でことこと煮る。後から昨晩3時間ほど茹でておいた豚ばら肉塊をスライスして加えて豚汁を作るのである。そして人参・玉ねぎを煮ている間に私は冷凍うどんで朝食。 300キロカロリー。

 事務所へ出て燃えないゴミだし。後はちょっとしたお買いもの。この時、気が変わって昼飯のメニューを豚汁からカレーへ変更。ジャワカレー・ルーを買ってきた。

 鍋に豚バラスライスを二切れ投入して1時間ほど煮込む。その間私は屋外飼育場のイシガメやマルギナータリクガメのお世話。豚バラが十分に馴染んだ頃にカレールーを入れて美味しいポークカレーの出来上がりだ。茹でホウレンソウを添えて頂きまーす。700キロカロリー。

 その後レンタルブルーレイで『レッドダイヤモンド』を見る。Rotten Tomatoesでは批評家レビューの支持率0パーセント!が大いにうなづける雑な映画(笑)。峰不二子みたいな主人公の昔の女を助けるために、ダイヤモンドを盗み出す。しかし、女には隠された別の狙いがあった。それはやっぱり別のダイヤモンド(ちょっと昇格して稀少なレッドダイヤモンドということになっている)を盗み出すことだ!って意味が分からん。さらに最後の方で本当の目的は主人公に敵のボス、ブルース・ウィリスを倒して貰うことだったとか言い出すのだからもう何がなんだか。

 ハイビジョン画質も今一つ。色のキレが悪くおかげで全体の解像度が低く見えてしまう。音声はDTS-HDマスターオーディオ。下品な銃声が宜しい(笑)。

 夕食はやっぱりカレー。映画見ている間に風呂場で茹でたジャガイモを加える。やっぱり茹でホウレンソウを添えて頂きまーす。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、再び映画。今度はWOWOWハイビジョン録画の『インターセプション 盗聴戦』である。地上げの欲に狂ったあさましき人間たち!みたいな感じの映画だけど、ラストのラストで、実はあの高層マンション群は登場人物たちの夢の結晶だったことが分かる。金ももちろん大切だけど、その根底には貧しい過疎の村であった自分たちの故郷を華々しく発展させたかったという理想もあったのだと、この映画の監督がまったく考えていなかったようなことをエラそうに語る私であった(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。暗部の沈みが足らずびっくりするようなトーンジャンプが出現する。音声はAAC5.1チャンネル。背後を飛ぶ鳥の鳴き声がリアルだなあ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ケンミンショー」等々。その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ミッドウェー』を30分ほど。皮膚病が悪化して入院中のハルゼーとか出ていたんだなあ。吹き替え、字幕の違いもあって子供の頃テレビで見た映画とはまるで別物だ。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月18日(木) 90歳の青汁
 キューサイの青汁飲んでいたおかげでこんなに長生きができました。ヨイショ駄洒落。秋篠宮眞子様ご婚約内定のニュース。どうもおめでとうございます。おばちゃんがニュースでインタビューされて「あのくらいの年になったら・・・」 おい、「ご年齢」と言わんか、この不敬者め(笑)。

 このニュースを森友問題や共謀罪(正しくはテロ等準備罪)に対するスピンであることは明白とか言っている奴がいて笑う。スピンとかスピンコントロールというのは最近流行の左翼用語。よく分からんが森友問題みたいな内閣の存続にかかわるような大問題(いや、まったく関わらなかったけど)から国民の目をそらすために発表されたと言いたらしい。

 (スピンコントロールはhttp://www.jiten.com/dicmi/docs/k13/24789s.htmによると、政治的自己防衛として、自己を正当化するために多く利用される、不利になることは公表しないで、成果だけを公表する情報操作の総称。米国のホワイトハウスなどの発表ではスピン・コントロールは一種の政治的手法であり、正当な政治活動として認められている。なんだか、日本の左翼の使い方とは微妙に違っているみたいだが。なお、スピンコントロール、情報操作を専門に行う人をスピンドクターというそうだ。おお、なんだかカッコいいぞ)

 どうも左翼の人たちは左翼の意識の高い人を除く全ての日本人がこのニュースが明らかになるやいなや、「皇族のご婚約だ、ああ、めでたい、ロイヤルウェディングだ、『恋愛準決勝戦』だ、アステアだ、ジェーン・パウエルだ」と熱狂し、森友問題、加計学園問題、共謀罪(正しくはテロ等準備罪)という重要な問題(森友、加計問題をいまだに重要だと思っているのがまた愚かしい)をころりと忘れてしまうと思っているようである。実にシツレーな話である(笑)。

 まあ、それ以前にあれもスピン、これもスピン、やっぱりスピンとしょっちゅうやっていて、その段階でもはや説得力も何もなくしてしまっているのだが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードルナイスと野菜ジュース。200キロカロリー。昼飯はまたカレー(笑)。700キロカロリー。夕食もまたまたカレー(笑)。700キロカロリー。カレーはまだ2食分くらい残っとるぞ。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ケイブ』を見る。2016年のノルウェー映画。WOWOWオンラインの紹介では<http://www.wowow.co.jp/detail/110661>未踏の洞窟探検に挑んだ男女3人の仲間たち。光も届かず、叫び声すらも聞こえない閉ざされた世界で、やがて彼らの関係はゆがんでいく。極限状態のサバイバルスリラー。親友同士のヴィクトルとアドリアン、そして紅一点チャーリーの3人。久しぶりに再会した彼らは、未踏だという洞窟の探検に出発する。だが、迷宮のような洞窟の先で彼らが見つけたものは、何者かのキャンプの痕跡だった。そして残されたテントの中には大量の血痕が。不安が高まる中で、恋人同士のアドリアンとチャーリーは安らぎを求めるように愛し合い、一方かつてチャーリーの恋人だったヴィクトルは複雑な想いを募らせて……。<引用終了>

 この映画の何が凄いかというと提示される謎、「テントに残された血まみれの衣服」「水の中を漂っていた水死体」にほぼ何の説明もないこと。また、この紹介文では洞窟の中に入ってからヴィクトルがおかしくなったように書かれているが、実際はもう最初からやる気まんまん(笑)。ヴィクトルが嫉妬心を募らせたのかアフガニスタンでの戦場体験で心を病んだのかよく分からんけれども、とにかくアドリアンを殺害する。

 そのヴィクトルもチャーリーに殺される。一人、洞窟をさまよい出るチャーリー。道をとぼとぼ歩いていると車が通りかかる。そして運転していた男に助けられるのだが、トランクの中に人間の腕が!しかも吸っているタバコの銘柄がヴィクトルと同じ。彼はおそらくヴィクトルの父親だ、彼が共犯であのテントの血まみれの衣服も水中の溺死体も彼の仕業だったのだ・・・ということらしい。良く分からないんですけど、これで説明されたつもりになられても困るんですけど(笑)。

 アドリアンとチャーリーの性獣ぶりもこの映画の見どころのひとつか。すぐそばにチャーリーがいるのに山小屋の中でずっこんばっこん。未踏の洞窟、出口がどこにあるのか分からない、しかも入口への通路は落盤によってふさがれてしまったという、いや、これは洞窟探検家にとって最悪に近い状況だと思うのだが、それでもテントの中でずっこんばっこんあへあへうひー。

 いろんな意味で楽しめた映画っすよ(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。黒の沈みはいいが、色のにじみが非常に気になる。また暗い場面では妙な具合に青被りすることがあり、せっかくの黒の沈みが台無し。

 音声はAAC5.1チャンネル。開放的な屋外と閉鎖的な洞窟の中のサラウンド音場に違いがあまり出ないというのはいかんなあ(笑)。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。録画の「ライオン丸」(分身魔王デボノバのハンドジェスチャーがゴリ博士みたいでカッコいい)、「正解するカド」を見る。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月19日(金) ボーイング・ラブ
 ボーイング責め・ロッキードマーティン受け。私のお料理。体に優しい根菜味噌汁(笑)。材料 じゃがいも1個、ニンジン一本、玉ねぎ1個。白出汁適宜、出汁入り味噌。

 じゃがいも、ニンジン、玉ねぎをテキトーに切ります。多少大きさが不ぞろいでも大丈夫。電磁調理器を使って3時間ほど煮ますので火の通りが不均一になることもありません。みんなぐずぐずになります。切った材料を鍋に沸いたお湯に投入。ひとしきり強火で煮て出てきた灰汁をすくいます。ここで白出汁を投入。野菜からそれなりの出汁がでますし、使う味噌汁も出汁入りなので、お湯に味が少し乗るぐらいの量で。後は電磁調理器の弱火でぐつぐつ3時間。

 後は野菜の半分をお玉を使って取り出します。これは水を切ってラップを掛けて冷蔵庫で保存。残りの野菜とスープに味を見ながら出汁入り味噌を溶いて出来上がり。市販の袋入り味噌汁とはまったく別次元のお味になります。野菜しか使っていないので120キロカロリーと超ヘルシー。これで後はゴハンを1膳食べたらお腹いっぱいになりますよ。それでも400キロカロリーぐらいですよ。

 まあ、野菜ばっかりなのでいくら美味しくっても一度で飽きてしまいますが(笑)。冷蔵庫に保存した茹で野菜は副菜にどうぞ。インスタントラーメンを食べるにしてもこの茹で野菜をつまめばヴァイタミンの補給はOK。ヘルシーな食生活を送っているじゃん、オレという自己満足にひたれます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。320キロカロリー。昼飯はまたカレー。ゴハンではなく冷素麺1把を一緒に食べたので600キロカロリー。あ、これは素麺にカレーを掛けたという意味ではないですからね。カレールーを啜りつつ、冷素麺を食べたということですからね。夕食は前述の野菜味噌汁。後はコンビニのカシワお握りセット。お握り2個、卵1個、つくねが入って375キロカロリー。味噌汁と合わせて500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,420キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『64 後編』を見る。女子高生誘拐事件が発生。しかし、それは14年前(だったかな)の少女誘拐殺人事件の真犯人をおびき出すための狂言だった!どうやって犯人を特定したのかというと殺された少女の父親が執念で電話を掛けまくり、犯人の声を聞きあてたのだ!(事件発生時、警察の録音機器が不調で犯人の声を録音できず、それを聞いたのは父親だけだった)。

 被害者父の執念は良く分かるけれども警察にとってみれば冤罪を発生させかねない事例である。映画だから(笑)そいつが犯人に決まっているのだが、具体的な証拠はほぼないに等しい状況。これをどうやって逮捕まで持っていくのか、それがサスペンスだ!と思って楽しみにしていたら主人公の佐藤浩一がやっぱり狂言誘拐。「お前の娘は小さなひつぎに収まっている」

 犯人は14年前自分が少女の死体を遺棄した廃車置き場に直行。そこにあったトランクをこじ開けようとする。そこに現れた佐藤浩一、「小さな棺というヒントだけでどうして14年前の遺棄現場に来たのだ、お前が犯人であることの証明だ!」いや、14年前の事件はさんざん報道されていた訳でしょ、映画の論理では「天皇崩御」のニュースで塗りつぶされてしまったのだ、ということらしいけど、こんな重大犯罪の詳細が報道されない訳ないじゃないっすか。犯人に「いや、ニュースで見たから知っているんです」と言われたらどうするんだ、佐藤浩一(笑)。犯人の行動で確証を得たというのは十二分に分かるが、やっぱり客観的な証拠にはなりえないと思うのだ。

 ミステリとしての面白さを自ら放棄したような展開であるが、それを補うのは役者陣のいわゆる重厚な演技だ。ぼさぼさの長髪、白髪交じりの無精ひげと言った重厚なビジュアルをとにかくばんばんアップで抜くという重厚な撮影術も相まって実に重厚な映画になっているぞ。

 重厚すぎて見ていて本当に面白くないのよ(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。奥行き感があり、暗部の沈みもきちんとしている。音声はAAC5.1チャンネル。会議室内の怒号(この映画に出てくるマスコミというのは前・後編を通してわーわー喚くばかりで結局何の役にも立たない)の響き方が妙にリアル。

 終了後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月20日(土) 「マングース兄弟」  
 いちおう、マルクス兄弟の駄洒落だが、なんだか昔の映画の悪役三兄弟みたいでもある。『サザエさんの脱線奥様』 小泉博のマスオが接待で引っ越し祝いの日に帰ってこれなくなった!でも前々からの約束だからということで脱線トリオが家に押しかける。この時江利チエミのサザエがマスオの不在に怒って泥酔、戦慄する脱線トリオの面々というのはまあ、ありがち。面白いけどね(笑)。

 本当に笑えるのは関西出張のマスオを追いかけて大坂の叔父の旅館の世話になるあたりから。浪花千栄子とアチャコの会話は相変わらず面白いし、客として登場する中田ダイマルラケットにも大爆笑。食事のあとかたづけにきたサザエ、食事の残りの羊羹一切れ見つけてぱくり。これがきっかけとなってダイラケの二人が言い争いを始める。

 「羊羹、わい、楽しみにしていたのにお前、食うたんかい」
 「アホ言うな、オマエ、食うたの忘れたんやろ」
 舌で唇をぺろぺろなめまわして「いや、食うてない、唇から羊羹の味がせえへん」
 「そんなんで分かるかい、胃の中なめや」
 「なめられるか」

 こんなん見て午後11時過ぎに大笑いしている私は53歳です、えへ。

 また当時の大人気番組、「番頭はんと丁稚どん」から、芦屋雁之助・芦屋小雁・茶川一郎・大村崑が同じ役で出演して絶妙な丁稚コントを繰り広げる。これもまた抱腹絶倒の面白さであったが、明らかに「頭の弱い丁稚三人組」というのは今ではとってもやれませんなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。200キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメン。初めて知ったがこのラーメンにほんの少し紅ショウガを乗せると案外合うんだねえ。後は茹で野菜。400キロカロリー。

 夕食は久しぶりにカラーラで作った唐揚げ。鶏肉の臭みを取るためにチューブのショウガ、ニンニク、牡蠣醤油をすり込んだのだが、少なくともにんにくはいらんかった(笑)。後は素麺を二把、茹で野菜の残り。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ゲットバック 人質奪還』を見る。このタイトル、そして予告の暴漢が主人公たるスコット・アドキンスの家に乱入して娘を捕えるとなりゃ、この娘を人質にして銀行の警備員である彼に「やい、金庫の番号教えろ」とか「現金輸送車襲撃に協力しろ」とか要求すると思うじゃありませんか。それどころか、この娘は劇中、本当の意味での人質に一回もならないの。

 スコット・アドキンスは実はFBIの潜入捜査官で、組織に潜入している間、敵のボスに息子同然に信用され彼の娘とできてしまっていたのである。彼の正体に気付いたボスは激怒。冒頭のチンピラ襲撃事件をきっかけにアトキンスの居場所を知って、彼の殺害と娘(ボスの孫)奪還に動き出したのだ。タイトルに偽りありとはまさにこのことなり(笑)。

 それでもなかなかに面白かった映画で、特に印象的だったのが敵に雇われた殺し屋。ワンマンアーミーの訳の意味がちょっと違ったのではないかと思うけれども(笑)、こいつが強い、強い。主人公の強さ二割増しで、しかも的確に主人公たちを追っかけてくる。この手の映画に必要不可欠な「逃げられない」感覚の使い方が実に巧みなのである。

 なお、この映画ではスコットランドヤードの警部役としてピーター・サースガード、『マグニフィセント・セブン』のボーグ、が出演している。でも殺し屋にあっという間にとっつかまり、拷問されて娘の居場所を吐いた挙句あっさりと殺されたりするんだよねー。しかもその具体的な映像がないという酷い扱い(笑)。

 ハイビジョン画質はダメダメ。色のにじみがひどいし、全体的にノイジー。音声はAAC5.1チャンネル。これもあまり誉められた出来ではなし。広がり自体はあるものの、音像の定位が曖昧だし銃声の迫力も今一つ。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎにプロジェクターを起動させ前述の『サザエさんの脱線奥様』を一時間ほど見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前一時過ぎに就寝。

 5月21日(日) 「ミナミの電脳」
 「ガガガ、十億、二十億使オウト地ノ果テマデ追イ詰メマッセエッ!ガガガ、ガガガガ」 「ミナミの帝王」とこの間見たSF映画『ニューヨークの怪人』のコラボ駄洒落です、はい。

 知ってましたか、「酒池肉林」は豪奢な酒宴という意味で、そこに女性を侍らせてという要素はちっともないんですよ。まったくもって残念ですな!それで思い出したのですが(変な思い出し方)中学生の頃読んだエロ本で「エジプトなど砂漠の暑い国では気温が人間の体温以上になる、だから女体を密着させればその体温が気温以下なので涼しくなる」みたいなのがあって、思わず「それ絶対目的違うだろ」とツッコンだことがあります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 400キロカロリー。昼飯はラップに包んで電子レンジで五分加熱した玉ねぎ一個と柔麺一把。200キロカロリー。

 夕食は弟家族との食事会。某所居酒屋にて刺身盛り合わせ、あぶり刺身盛り合わせ、ポテトサラダ、蒸し鶏、まぐろ酒盗、鯛めし、鶏唐揚げ(K太郎)などを食べつつ生ビール3杯、日本酒一杯、ハイボール一杯を楽しむ。刺身類はまあ、それなりであったが、あぶり刺身と鯛めしが格別に美味しかった。

 また店員さんの丁寧な接客も好印象。「あ、地鶏たたきをください」「あ、それはあぶり刺身盛の中に入ってます」 こういう指摘はなかなかしてくれませんよ。

 午後7時過ぎに帰宅して、テレヴィを眺めているうちにいつの間にか寝てしまう。はっと気が付いたら午後9時過ぎになっていた。ふみいと可愛らしく顔をこすって飲み直し。お供はCS録画の「ライオン丸」 デボノバが任務に失敗したどくろ忍者を射殺。撃ちぬかれたどくろ忍者の頭に大穴が!わあっ、その穴を通してデボノバが見えている!しかもその後どくろ忍者はアニメの骸骨になってがしゃがしゃと動いてばったり。

 ピープロ、やっぱ侮れない(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月22日(月) チューバッカの隅をつつく
 『スターウォーズ』駄洒落。米アマゾンよりメール。「あんたが注文したUHDブルーレイ 『ローガン』、『パトリオットディ』、ブルーレイ 『From Hell It Came 』を発送したよ。到着はだいたい6月の12日くらいになるから楽しみに待ってな」

 『パトリオットディ』、『From Hell It Came 』はとっくに発売されていたもの。この発送は『ローガン』の発売日に合わせたものである。今まで米アマゾンは既発売と新発売の商品が混ざっている注文だと、分割して既発売分を先に送ってくれていたものだがなあ。

 注文しているUHDブルーレイはもう1枚。『パッセンジャー』である。こちらは日本アマゾンで注文したものであるが、実は米国盤。アメリカからの発送になっており、到着予定日は5月22日。つまり、今日届く筈なのであるが・・・。

 とにかくオレは早くUHDブルーレイで新作映画を見たいんだよ!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯はマルタイ棒ラーメン。麺つゆをちょいと加え、添付の調味油に変えてゴマ油を使い、さらにチューブのにんにくを少し入れたスペシャルヴァージョン。チャーシュー代わりに茹で鶏スライス、博多万能ねぎ刻みをたっぷり、それに紅ショウガをちょっとのせて食べるとこれがたまらんのだ、うん。400キロカロリー。

 夕食はマグロの刺身でビール500ml缶一本飲みまして、後はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 茹でもやし、チャーシュー代わりの茹で鶏スライス、トマト、温泉卵、博多万能ねぎ刻みをのっけて豪華に食べる。これもまたたまらんのだ、うん。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『クリ―ピー 偽りの隣人』を見る。興味を持って調べ始めた一家失踪事件の犯人が引っ越した先の隣人って偶然にもほどがあるとか、失踪事件の隣家が6年空き家のままでほったらかしになっていて五体の死体がそのまんまとか、失踪事件で残された娘の証言が結局、事件に何の影響も与えず、しかも途中でフェードアウトとか、あの薬はなんだ、いくらなんでも都合がよすぎるだろうとか、あれこれ言いたくなるところがいっぱいなのだが・・・、

 それを欠点に感じさせないのが香川照之の怪演なのである。特に終盤の西島秀俊と対峙する場面が印象的で、とにかく二人の感情が恐ろしくかみ合わない。この乖離を使ってとうてい一般人には理解しようのない連続殺人鬼という人の皮を被った異形の生物の闇の深さを実に巧みに表現している。

 ハイビジョン画質は最悪(笑)。細かいノイズが恐ろしく目障り。また暗部諧調の推移が上手く行っておらず、青い色が乗ってしまっている。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。平板な音場でサラウンドの効果はほとんど感じられない。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 5月23日(火) 『この世界のガタスキーで』
 すいません、すいません、まだ見ていません。ブルーレイ(あるいはUHDブルーレイでも)ソフトが発売されたら買いますので堪忍して下さい。

 成立に向かっている「テロ等準備罪」について機密保護法の時と同じくらいバカげたデマが飛びまくっているので、私なりにちょっと整理してみました。

 テロ等準備罪は国連の条約「国際組織犯罪防止条約(略称:TOC条約、パレルモ条約)」を批准するために必要(国内法の整備)。批准することによって世界中の捜査機関とテロ組織、麻薬密売組織等の捜査情報を共有化できる。

 その対象要件は
 
 4年以上の懲役や禁固刑以上の罪を犯罪を目的とする集団が対象。日本の場合は合意した段階で処罰対象となる(いわゆる合意罪)。ただし、その中の誰か犯罪準備として具体的な行為をした場合などに限定される。

 (その集団に参加した段階で処罰する法律 いわゆる参加罪 は採用されていない)

 対象となるのは犯罪が主目的であり、指揮命令系統と役割の分担があり、さらに何度も反復して犯罪を行っていた組織。個人ではなく組織として犯罪をやることを計画した場合に、その参加人員の一人でも犯罪のための下準備を行うと処罰対象となる。

 つまり、計画しただけでは罪にならない(準備行為が必要)。犯罪者組織の一人が個人として計画しても対象とならない。犯罪組織が犯罪を計画してもそれが最初なら対象にならない。

 例の「共謀罪で山菜採りで逮捕!」が現実になるためにはテロ組織等の何度も犯罪を繰り返してきた犯罪組織がまた犯罪を計画。その費用を捻出するために保安林(森林法198条)で山菜採りに勤しまなければならなかったりする(笑)。

 (参考 テロ等準備罪を分かりやすく解説 http://lite.blogos.com/article/217041/)
                                                      
 続きはまた明日。
 
 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメンのゆでもやし、茹で鶏、紅ショウガ、ゴマ油の特製ヴァージョン。400キロカロリー。

 夕食はまるちゃん「北の味わい ざるラーメン」 トマト、茹で鶏、温泉卵、茹でもやし、博多万能ねぎ刻みを乗せた超豪華版。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『サイレントマウンテン 厳壁の戦場』を見る。第1次大戦が勃発。オーストリア=ハンガリーにある“未回収のイタリア”と呼ばれる地域の入手を目論むイタリア!10分の1の兵力でイタリアに挑む最強の山岳部隊 チロル猟兵連隊!

 山岳地帯での戦闘を描く戦争映画というのは珍しいと期待に胸を膨らませて見たのだが、戦争によって引き裂かれた主人公のお姉さんと旦那のイタリア人夫婦!戦争によって引き裂かれた主人公とイタリア人旦那の妹!となんだか引き裂かれてばかり。戦争映画としてはちっとも面白くなかった(笑)。

 まあ、実際に戦争が始まる前にすっころんで足を挫き送りかえされてきたという兵隊として役立たずの高校教師が、村に戻るなり主人公が匿ったイタリア人の妹を「おいこら、オマエ、スパイって密告されたくなかったら股開かんかい」前々から好きだった主人公の姉を「おいこら、オマエ、旦那死んだで?わし、名簿見たで、子供に父親が必要やろ、だから股開かんかい」

 この小悪党ぶりがたまらんかったですけどね。

 ハイビジョン画質は暗部諧調のち密な表現が宜しい。しかし、その代償として払暁の空がトーンジャンプでぐにゃぐにゃになっていたけど(笑)。

 音声はAAC5.1チャンネル。戦場音楽のち密な定位が素晴らしい(戦場音楽というのは軍楽隊のことではありません。銃撃・砲撃音・悲鳴とかそんなものです)。砲撃音の重低音も十分な迫力。

 その後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月24日(水) 『猟奇的な怪文書』
 どんな怪文書や。「テロ等準備罪」(正式名称 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案)に関する覚書の続き。我々オタクにとってもっとも重要と思われるのは著作権侵害が対象犯罪の一つに挙げられていること。二次創作の同人誌がテロ等準備罪によって非親告罪になるのではないかとの懸念があるのである。「アレのエロパロ同人誌作ったら逮捕!」みたいな(笑)。

 しかし、この問題についても指揮命令系統がはっきりしていないサークルや個人の場合は対象とならない。仮に指揮命令系統がはっきりしているサークルが存在していても、テロ等準備罪の著作権侵害は現行法と同じ親告罪となる。

 まあ、コミケをつぶして政府にどんな得があるんだと思うけど(笑)。

 本日は休み。午前8時に起床してシャワーを浴びる。午前9時半に事務所へ行き、銀行の担当者との打ち合わせ、続けて管理会社の担当者とも打ち合わせ。その後、ゴミ出しをして買い物。その後、昼飯。生まれて初めてサバ水煮缶を食べてみる。皿にあけて玉ねぎスライスを乗せてマヨネーズ、牡蠣醤油、レモン汁で味付け。うむうむ、なるほどウマい。これをつまみに缶ビール500ml一本飲んでしまいました。

 仕上げはトースト二枚を使ったサンドウィッチ。ハム、チーズ、玉ねぎスライス、茹で鶏スライスを挟んでマヨネーズで味付け。美味かったけど腹がパンパンになった。

 その後、ちょっと昼寝して午後3時過ぎからプロジェクターを起動。UHDブルーレイ 『ザ・コンサルタント』を見る。

 夕食はやっぱりサバ水煮缶。だって、確か東海林さだお先生だったか、サバ水煮缶は量が多すぎて1回では食べきれない。でも時間を置くと生臭くなってしまうとかお書きになっていたんだもの。生臭くなっちゃ困るから今日中に食べなければならなかったんだもん。

 やっぱり玉ねぎスライス。マヨネーズ、牡蠣醤油、レモン汁でツマミにして缶ビール500ml一本飲む。それから残った水煮をぐっちゃんぐっちゃんと潰し、麺つゆに投入。これで冷素麺1把をずるずる食べる。いやあ、不味くはないけどさ、それなりに美味しいんだけどさ、オレはもうサバ水煮に飽きちゃっていたんだよ(笑)。

 その後プロジェクターを起動させて3度目のUHDブルーレイ『アライバル』

 UHDブルーレイはやっぱりすごいねえ。コントラストと明るさのレベルをちょいとあげたらますます良くなってきて感動しきりっすよ。

 午後9時にシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 その後、プロジェクターを三度起動させ「ヤマト 2202 #1」を見る。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月25日(木) 「北のテクニカラー」
 「北の国から」や「金八先生」をただの一回も見たことがない私が考えた駄洒落。夢の話。打ち上げで偶然、春風亭昇太師匠の隣に座る。初めてお会いした師匠は思いのほかブアイソウであった。師匠がおしぼりで顔を拭くためにメガネを取った。その顔を見た私は私は驚いて「師匠、メガネとるとびっくりするほど老けてますねえ」師匠の機嫌が増々悪くなったようであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉 外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はコンビニのマカロニサラダ、茄子一本・玉ねぎ1個をラップで包み電子レンジで5分間加熱したもの。それに茹でホウレンソウ。後は納豆うどん。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーなり。しかし、今日の野菜は美味しかった。明日は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもの根菜トリオを買い足して味噌汁を作っちゃろう。

 夕食後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『見えない目撃者』を見る。いや、これは面白い。メクサス(メク×サスペンス)の傑作だ。主人公の亡くした弟に対する想い、なかなか周囲に理解してもらえず行き場のない敵愾心を持て余している青年、痛めた膝を引きずるショボクレだけど、意外に仕事に対して真摯なベテラン刑事、こういった多彩な要素を上手くまとめて一級のエンターテイメントに仕上げた演出が実に見事。

 いや、強引な展開もあるのだが、とにかく観客を楽しませようという熱意がダイレクトに伝わってくるのが良いのである。しかし、なんですなあ、こういうベテランのショボクレ刑事というのはとんと邦画で見られなくなりましたなあ、こういうのやらせたら、今は絶対、中国・韓国映画の方が上手くやってくれますよなあ。いいかげん邦画の人も『64』みたいなのが凄い映画なのだ!という錯覚から脱却してくれませんものかなあ。

 この映画の女子大生連続拉致事件の犯人は不道徳尻軽女だった妹を弾みで殺してしまったという過去を持つ。これで頭がクルクルパーになってスマホの出会いアプリでほいほい男と会ったりするような不道徳尻軽女を誘拐して監禁、顔面を整形して妹そっくりにしてしまう整形魔人になったのである。まあ、私はアジトに踏み込んだ刑事が拉致された女たちを見つけて「みんな顔が妹と一緒だ」とのけぞる場面で大笑いしてしまったけど。

 ハイビジョン画質はちょっと黒が沈みすぎ。はっきり言って黒潰れ多発(笑)。それでも暗部が浮いてばちばちノイズが走るよりはよほどマシだったりして。

 音声はAAC5.1チャンネル。リア音場の細かい動きの表現に驚かされる。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時からプロジェクターを起動させてハイビジョン録画の『ミッドウェイ』の続き。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月26日(金) 「患者よ、ガンダムと戦うな!」
 ニセ医療駄洒落。国内盤『キングコング 髑髏島の巨神』UHDブルーレイ(ブルーレイ 3Dブルーレイのセット)が7月19日に発売。アマゾン価格で7,549円はいささか高いがこれは3Dが同梱。最初買おうと思っていた米国盤UHDブルーレイは44.95ドル。3D・2Dブルーレイ版が同じく44.95ドルであり、送料まで含めると国内盤は案外お得となっている。そして米国盤の発売は7月18日。到着は早くても7月下旬である。対する国内盤は遅くとも21日には手に入るのだ。

 はい、もう迷いません、僕は国内盤UHDブルーレイを購入します。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップちゃんぽんとお握り。650キロカロリー。昼飯は玉ねぎ1個。電子レンジ蒸し。40キロカロリー。夕食はコンビニのカルビ焼き、根菜味噌汁、茹でホウレンソウ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,290キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』を見る。まだ、ニューヨークが小さな集落だった時代、疫病の原因は異教の神を信じるこの女にありとされ、3人の幼い子供もろとも火あぶりにされてしまった女性の呪いで毎年ハロウィンの夜に3人の子供が消える・・・。世界一の大都会でありながらその実、怪奇な闇のくびきから逃れられぬ定めにある魔都ニューヨーク。

 なにしろ昔のニューヨークの地下鉄には屍食鬼(グール 食屍鬼)が潜んでいて、人肉欲しさに地下鉄を脱線させていたりしたんだぞ。ラブクラフトちゅう偉い先生が書いてはったんや、間違いない!

 映画の前半部分はこの要素を上手く使って忍び寄る怪異を表現して見せた。ボルテージピクチャーズ作品だから映像がどこか安っぽいのだが(笑)、これが返って安っぽい恐怖感を駆り立てる。

 しかし、良かったのはここまで。真相が明らかにされてしまうと映画全体を覆っていた闇にまるで説得力がなくなってしまう。ごくごく当たり前のホラーになってしまうのだ。決して不出来な映画ではないのだが、前半で期待させてくれた分、失望もまた大きかった。

 ハイビジョン画質は前述のごとく今一つ。暗い場面はざらざらだし、明るい場面も輪郭強調が目障りである。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。こちらは上出来。ニューヨークの街の喧噪音、謎の鳥の飛跡、実に定位が宜しい。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月27日(土) 公民館を改造したカフェ
 「古民家を改装したカフェ」とか「隠れ家的なお店」とか、お洒落ワードが大嫌いな私が考えた駄洒落。特に「隠れ家的なお店」ってなんだ、お前ら盗賊か?

 『サザエさんの脱線奥様』をようやく見終わる。雪村いづみと宝田明のデュエットという実に贅沢な映像が宜しい。お見合いの時の二人の服装(まあ、結局お見合いの席には行かず、二人で勝手にくっついた)がまたゴージャスなこと。雪村いづみのドレスの柔らかな膨らみがちゃんと表現されているのが凄いです。

 終了後、今度は『サザエさんとエプロンおばさん』を30分ほど。関西出張からなかなか帰ってこれない小泉博のマスオを追ってまたも江利チエミのサザエが大阪へ。この時、例の御用聞き四人衆(ダーク・ダックスと思っていたけど違うみたい)と関西へ向かう決心と喜びを歌い踊るサザエであるが、御用聞きの一人が持っていた大根の葉っぱがぺんと飛んで玄関の上り框に落ちる。この後カメラはサザエに切り替わり、そして再び上り框が映ると、あ、さっきまであった筈の大根の葉っぱがない(笑)。

 これはなかなか味わい深い場面でありました(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース(朝ぺとは朝っぱらぺヤングソース焼きそばを食べることなり)。600キロカロリー。昼飯は野菜の味噌汁と電子レンジで蒸した茄子を一本。200キロカロリー。夕食はインスタントラーメン、マルちゃん正麺の塩味(350キロカロリー)。これに温泉卵、ゴマ油、すりごま、博多万能ねぎ刻みをいれて食べる。後は納豆と茹で野菜。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ズーランダー2』を見る。ウウーム、前半の意味が良く分からん。特につらかったのがあのベン・スティラーのきめ顔が重要な手掛かりになっているという奴で、ここらへんのロジックの展開がいかにコメディとはいえ破綻しすぎている。

 後半、満を持してウィル・ファレルが登場。このあたりからやっと面白くなるのだが、この面白さもウィル・ファレルが持ち前の理屈抜きの馬鹿パワーでストーリーを吹き飛ばしてしまう類のもので、結局、前半の分からなさを補うまでにはいたらなかったようだ。

 ハイビジョン画質は良くない。全体的にノイジーで発色もさえない。音声はAAC5.1チャンネル。音の分離が悪く解像感の低いサラウンドであった。

 終了後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」など。午後11時からプロジェクターを再起動させて前述の『サザエさんの脱線奥様』と『サザエさんとエプロンおばさん』を見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し、午前1時過ぎに就寝。

 5月28日(日) ヤルタ会談があるけん博多たい
 「博多には昔堅気のしきたりや伝統が今もなお息づいている。その中で生まれ育った博多っ子は開けっぴろげで人がいい。少しばかり大仰で祭り好き。つぶあんをフレッシュバターで包んだ粋な美味しさ。
伝統に息づく銘菓、博多山笠。山笠があるけん博多たい!」

 昔の博多銘菓CM駄洒落。

 セブンイレブンの新冷凍食品 『牛カルビ焼き』(298円・354kcal) 黒毛牛肉(アンガス種)使用ってところが泣かせるじゃありませんか。黒毛牛肉というややこしい用語を使ってそそっかしい人に「え、黒毛和牛っすか」と勘違いさせることを狙ったナイスなネーミングだ(ウソ)。

 調理方法は簡単。パッケージの指定の場所に切れ込みを入れて電子レンジで2分10秒加熱するだけ。柔らかな肉に砂糖・醤油・清酒のベースに香辛料とニンニクと味噌の風味を効かせたタレが絡んで冷凍食品とは思えぬレベルの味を楽しめる。キャベツやレタスなどの生野菜を合わせてビールのおつまみに。そのままタレごと丼飯に乗っけて牛丼にするもよし。牛丼の場合、ちょっと紅ショウガを加えるとなお一層美味しくなるぞ。ゴハンや野菜をプラスしても700キロカロリー前後なのも嬉しい。1日1,500キロカロリー制限ダイエットをやっている私にぴったりだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は茹で野菜をうどんのスープに浸した奴(笑)。100キロカロリー。こんなんでも一味唐辛子をふって食べると意外に満足できる。辛さが偽りの満腹感を与えてくれるのだ。夕食は前述のカルビ焼肉丼。ビール500ml缶一本飲みました。つまみはコンビニの牛タンレモン。150キロカロリー。850キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後珍しく映画は見ずに音楽聞きながら読書。読んだのは地雷魚 「越天の空」 文章に癖があるが話そのものはなかなか面白い、うん。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 後は「めしばな刑事タチバナ」ドラマをだらだらと見返す。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 

 5月29日(月) ユーレカのことはもう聞かないで
 とアルキメデスが。アマゾンに注文している米国盤UHDブルーレイ 『パッセンジャーズ』 一応5月22日到着の予定だったのにまだ来ない。1週間も遅れている。アメリカから送るのだから多少の延着は仕方ないのだが、やっぱり不安。おい、本当に送ってくるんだろうな。

 また6月に購入しようと思っている『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』UHDブルーレイで不具合が発覚。ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントによると5月15日に発売した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のUHD BD/3D BD/2D BDセット(7,990円)について、UHD BDの代わりに3Dディスクが2枚入っているというミスがあったという。

 同ディスクについては5月15日にも3Dブルーレイの字幕が3D対応しておらず、ジャケットの音声仕様も「DTS-HDマスターオーディオ」を「ドルビーアトモス」と誤表記しているというミスが発表されたばかり。

 しっかりしてくれよ、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。夕食は明洞冷麺。トマト1個、茹で卵1個、チャーシュー、たっぷりのキムチで食うとウマいんだ、これが。後は茹で野菜。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ベン・ハー 2016』を見る。そりゃ撮影技術も特撮技術も音声技術もオリジナルとは格段の進歩を遂げているけれども、巨大公共事業のようなあんまり金を掛けすぎてヒットしなけりゃ映画会社自体がズッコけかねないという時代の超大作の持つ凄みというのはどうしても味わえない。当たり前だけど(笑)。

 ハイビジョン画質は発色の良さが特徴的。しかし、暗部の表現は今一つで明るさを絞らないと黒が浮いて変なノイズが目障りだ。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。優等生的なサラウンドだが、どうも目玉の戦車レースの場面が迫力不足。馬の馬蹄の響きとかもっと重低音を効かせてほしいものである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。時代劇専門チャンネル 「変身忍者嵐」の最終回、なんだか無茶苦茶で笑ってしまう。自爆する嵐はまあ、いいとして(いいのか?)、お母さんはたしか妖怪城にいた筈なのでは?サタンの呪いでハヤテが嵐に変身するとお母さんが地獄の苦しみを味わうのではなかったのか?あまりのノーコン豪速球の連発に私は何だか「サムライジャイアンツ アニメ」で番場蛮と紅白戦で対決した巨人軍2軍の選手の皆さんのような気持ちになっちゃいましたよ。

 まあ、悪魔道人が棺桶から登場し、怪奇な形の機関銃?を乱射する『続・荒野の用心棒』パロディが良かったのでいいですけど。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 5月30日(火) アプリすまし
 妖怪駄洒落。WOWOWでやっているドラマ版「リーサルウェポン」 面白いのだが、ちょっとマータフがカッコ良すぎるだろう。オリジナルの『リーサルウェポン』では無茶ばっかりやるリッグスに付き合わされて「アイム・トゥーオールド・ディス・シット」とボヤいているポンコツ刑事だったんだけどな(笑)。

 『リーサルウェポン』で肩から大きめの箱型の物体をを下げているマータフ。あれはなんだと思っていたら事件現場でおもむろにその物体から受話器を取り外して電話しはじめる。えええっ、あれ、携帯電話だったの?とびっくりしたものである、ウン。あれ、これ前に書いたっけ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。夕食は刺身でビール500ml缶一本飲んで後は明洞冷麺。茹で卵、トマト、焼き豚、キムチを乗っけた豪華版。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ポーカーナイト 監禁脱出』を見る。頭から足の先までトリッキー!という映画。時系列が目まぐるしく入れ替わり油断しているとすぐに訳が分からなくなってしまう。居眠りなどもってのほかだ。

 主人公(警官が手柄を立てて刑事に昇進したばかり)の行動が間抜けすぎるとか、いろいろ矛盾があるとか、そんなことを言ってはいかん。この映画はストーリーの整合性よりもとにかく意外性を重視した作品であるから当たり前の見方をするべきではないのだ!

 ちょっと人を選ぶ映画というのは間違いないと思います(笑)。

 ハイビジョン画質はいまひとつ。やはり暗部のノイズが気になる。音声はAAC5.1チャンネル。屋内といった閉塞空間の表現がちょっと物足りなかったか。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月31日(水) スカイ1割り
 海水浴でどうぞ。今月の国内盤UHDブルーレイ注文分。最初は『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』は国内盤UHDを買うつもりであったが、アマゾンで8,440円という高価格。いくら3Dブルーレイが同梱とはいえ、あまりにも高すぎる。米国盤だったら送料含めても30ドル程度。3Dは入っていないものの国内盤のほぼ半額なのである。

 もう3Dは見ないし、だったら米国盤で買っちゃうよねえということで、今月分の国内盤UHDブルーレイは『コウノトリ大作戦』だけになりました。その代りと言ってはなんだけど故佐藤大輔の本 「帝国宇宙軍1 領宙侵犯」、「エルフと戦車と僕の毎日 Ⅱ 上・下」(以降エル僕と呼称)を買うことにしてます。

 本日は休み。午前9時に起床してシャワーを浴びる。朝飯は焼き豚エッグ。昨日の冷麺に使った残りの焼き豚と卵を使って。これでゴハンを半合。その後事務所に行って要件あれこれ。

 昼飯は近くのスーパーで見つけた生秋刀魚(解凍)。これをカラーラで焼いたらやたらに美味かった。調子に乗ってもう一匹焼いて食べたら気分が悪くなった(笑)。ビール500ml缶一本飲む。

 夕食は出来合いのトンカツ、茹で人参。トンカツはカラーラで温めなおし。ゴハンを半合。

 その後、本日初めてプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『エミリー 悪夢のベビーシッター』を見る。この邦題は実に余計で最初っから重要なネタばらしをしてやがる(笑)。サラ・ヴォルジャー演ずる女の行動がこの邦題によって最初から予期できてしまうからだ(原題は『EMELIE』)。

 冒頭からいきなり謎の車に拉致されるティーンエージャーの女の子。その代わりに雇われたベビーシッター(これがサラ・ヴォルジャー)が迎えを待っている間に靴先についた血のりをそっと拭きとる。この怪しさが後の重要な伏線になっているのに・・・。

 でも、まあ、言ってしまうと映画としてはそれほどの出来ではなかったりするのだけれども(笑)。

 しかし、なんですなあ、自分の子供の世話を何の資格がある訳でもない近所のティーンエージャーに任せてしまうというアメリカの習慣にもちょっと恐ろしいものがありますなあ。

 ハイビジョン画質は非常に高いレベル。暗部の表現がこれほどまでにきちんとしている映画は久しぶり。多少ノイジーではあるが、リアリティのある発色にも驚かされた。音声はAAC5.1チャンネル。細かな効果音が丁寧に使われている。ドアベルの音がきちんと背後に定位したのもポイント高し。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。ブルーレイ 「ウルトラQ」から「2020年の挑戦」と「宇宙指令M774」を見る。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月1日(木) 「キスマイと俺とは同期の桜」
 珍しや男性アイドル駄洒落。なんでこんなアメリカ人が聞いたらぎょっとするような名前を付けたのかと思っていたら、メンバーの頭文字をそれぞれ一つずつ取ったんですってね、勉強になりました。

 お料理覚書。茄子はラップで包んで電子レンジで加熱。5分も加熱すればとろとろになるので、これを適当な大きさに切ってかつおぶしとすりごまを振り掛けて味ポンで食べると、良くできた焼きナスには敵わぬもののなかなかに美味しい。第一、簡単である。料理べたの私でも間違いなく調理することができる(電子レンジで加熱するだけなので当たり前だ)。時間も掛からない。茄子を切って盛りつけるところまで入れても7~8分というところである。

 電子レンジでの加熱を3分程度にしておいて後はフライパンで炒めるのもいい。軽く塩コショーして後から焼肉のたれを絡めると立派なゴハンのおかずになる。何しろ私は料理べたなので茄子を炒めるだけではどうしてもあのとろりとした味わいが出ない。何分加熱しようが茄子は依然としてもきゅもきゅ硬いままなのだ。

 後はカラーラの使い方について。先日は一回に二匹食べたおかげで気持ち悪くなってしまった(笑)生秋刀魚(解凍)であったが、カラーラで焼くと身がふっくらして実によろしい。しかし、秋刀魚に限らず焼き魚をやるとその臭いがなかなか抜けない。焼き魚だけに使うのであればそれも良し!なのであろうが、私はカラーラで鶏唐揚げやら揚げ物惣菜の温め直しもやるのである。これに焼き魚の臭いがついてはどうも・・・。

 はい、はい、ハイターを使えばよろしいのです。カラーラの調理バスケット部分を水で満たしハイターを適当にちゅーっと入れる。そして30分ほど放っておけば臭いが気にならなくなる。完全に除臭できる訳ではないのがちょっと悲しいが(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。 200キロカロリー。昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。ん?今日の味噌ラーメン味が濃すぎるのではないか。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。

 夕食は前述の茄子の炒め物。茹で人参も加えて美味しく食べた。これでゴハンを半合。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽を聴く。午後9時過ぎにシャワーを浴び、時代劇専門チャンネルハイビジョン録画の「怪傑ライオン丸」を2話。ライオン丸対怪人ウミカブロ。X型の刃を装備した戦杖でライオン丸に切りかかる。ライオン丸かわす、するとウミカブロ、戦杖をくるりと回転させて柄でライオン丸の頭をぽかり。何度見返してみてもやっぱりぽかりとやっている。でも特に気にすることなく闘い続けるライオン丸。このあたりがどうにもピープロっすね(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月2日(金) 「金 正恩パールプレゼント!」  
 あえて元ネタは明かさぬ。日本政府がイージスアショアの導入に傾いている。これにより、THAADミサイル論者がその優位性を主張し、ことさらにイージスアショアを貶める傾向が目立ってきているのだが・・・。

 THAADミサイル一個砲隊は発射台車輛の他にレーダー車輛、電子装備車輛、統制車輛、冷却車輛等々の支援車輛が必要。これでぞろぞろ移動するのだから移動式弾道ミサイルランチャーのような秘匿性というのはあまり期待できない。イージスアショアより移動が楽なのは間違いないが(イージスアショアも移設が可能)、一度発射態勢に入ったらそうそう移動できないので、テロ攻撃の標的になりにくいということもない。また対空戦闘をするためにはPAC3や短距離地対空ミサイル(短SAMちゅう奴じゃ)が必要となる。PAC3の発射システムはTHAAD同様、10台以上の車両によって構成されるため、さらにぞろぞろと(笑)。

 またイージス・アショアを設置し発射システムの数を増やせば、イージスBMD艦を前方展開させ、前衛レーダーとして活用できるようになる。高度なネットワーク化の整備が条件となるが、達成された暁にはローンチ・オン・リモートおよびエンゲージ・オン・リモート
(前方に展開した別のレーダーからの敵目標の情報をデータリンクして、迎撃範囲を大きく広げる技術 ローンチ・オン・リモートは前方展開レーダーからの情報をデータリンクして、自己レーダーが目標を捉えていない段階で迎撃ミサイルを発射。命中のためには自己レーダーが目標を捉える必要がある。エンゲージ・オン・リモート 発射だけではなく、命中させるための誘導も前方展開レーダーの情報で行う)が可能となり、SM3ブロック2Aの長射程を十全に生かすことができるだろう。

 しかし、今の軍事技術は何でもネットワーク、ネットワークですな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース 600キロカロリー。昼飯は冷凍うどんに麺つゆをばっと掛けてキムチ、茹で卵、トマトスライスを乗せた明洞冷麺風冷やしうどん。キムチを大目にいれるとかすかにそれらしい味がする。500キロカロリー。

 夕食は茄子一本を電子レンジで蒸して茹で人参と共に少量の油で炒め焼肉のたれを絡めたもの。これでゴハンを半合。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、本日届いたばかりの米国盤UHDブルーレイ 『ローガン』を見る。何しろ日本では昨日の6月1日から絶賛公開中の作品である。これからいろんなネタバレをするので、映画に行こうと思っている人は絶対にこの先を読んではいけない、いいか、警告したからな、それにも関わらずこの先を読んで「チクショー、どうしてくれる」とか言われたって知らんからな。そんな筋違いの話は接骨院へ行け、接骨院へ。

 ネタバレ

 ローガンのぼろぼろっぷりが泣ける。近接戦闘では天下無双を誇ったあの男が足をひきずりつつよたよたと戦って下手するとフツーの人間たちにも制圧されてしまう。治癒能力も見る影もなく体はむごたらしい傷跡だらけ、あまりにもひどかったので作中で言及されるチャールズの能力暴走で何らかの恒久的なダメージをおったのかなあと思ったのだが、それも違うようだ。その治癒能力ゆえに非常な長命ではあるけれども決して不老不死ではなく、いつかは老いる。しかも全身に埋め込まれたアダマンチウムが悪さをしてあのような状態になってしまったというのである。

 時代設定は2029年。あの牧場主一家の立場など、この時代のアメリカは都市部はともかく地方は酷く混乱した無法状態となっているようである。そうした時代の中で新世代のミュータントとして生み出された少女がメキシコ人。象徴的だなあと思ったのは私だけでしょうか。

 UHDブルーレイ画質はフィルムグレインの振る舞いが実に特徴的。目立つのだが、決して視覚的ノイズに堕ちることがない。こんなグレインの処理の仕方もあるのだと驚かされた。HDRの効果はいつも通り。ネオンサインの美しさといったらないぞ。

 後は夕焼けの美しさと森の木々のみずみずしさ。BT2020の色域がその能力を存分に発揮している。

 音声はドルビーアトモス。言うまでもないことだが対応していない私のシステムではドルビートゥルーHD5.1チャンネルとして再生される。立体的な音場と適切に付与される重低音。このわざとらしさのない音場はまさに芸術的。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月3日(土) ムハンマド砲
 イスラム教駄洒落。やあやあ、明日は博多駅近傍でJVC(ビクター)のD-ILAプロジェクター 「4K鑑定団」 が開催されるぞ。講師は麻倉怜士先生だ。先生が松田聖子のファンでいらっしゃるので、毎回、毎回、彼女の映像を見せられることになるが(笑)その適切かつ詳細な技術解説には定評があるぞ。

 使用機材もゴージャス、ゴージャス。X570R、X770R、Z1の三英傑がそろい踏みだ。私はX770Rのユーザーであるが、えっへん(威張ることでもあるまい)、麻倉怜士先生の映像調整でどのような絵が出るか大変に楽しみである。

 そして極めつけは350万円のハイエンドレーザー 4Kリアル画素プロジェクターのZ1だ。今まで実機やその映像を見る機会がなかったので、これがとても嬉しい初体験となる。X770Rとの違いはどうなのか、UHDブルーレイやブルーレイ(2K)の映像がどう見えるのか、もう考えたらとてもコーフンしてきてたまらんぞ、はあはあ。

 あんたは何かと幸せそうで結構なことですな。

 最近のサヨクはなんか凄いことになっていて「安倍を吊るせ」とか、いや、フツーまともな人間はどんなに頭に来ていてもこんなこと言わんでしょ、ましてや「奇妙な果実」だの言い出すに至ってはもうアレになっているとしか思えない。なんでそんなに差別的なの、この界隈の人たちは。それでいて、天下りのあっせんを「面倒見がいい」出会い系バー通いを「貧困調査」信じがたいっすよ、ほんと。まあ、ツィッターとかのおかげでこうした狂気が可視化されたんですけどな(笑)。

 ちなみにビリー・ホリディの「奇妙な果実」を知ったのは「美味しんぼ」から。「総統、まだお気づきになりませんか。あの「美味しんぼ」も役にたつことがあったのです、鼻血だ添加物だ農薬だわあわあわあばかりではなかったのです」

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース、350キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使った大根おろしぶっかけうどん。夕食は電子レンジで3分蒸した茄子と玉ねぎを使った肉野菜炒め。肉には鶏ささみを使用。焼肉のたれやチューブのショウガで味付けすると結構いける。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを半合。700キロカロリー。

 その後は珍しく映画を見ずにテレヴィをぼけー。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は例によって「ゴリパラ見聞録」 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 6月4日(日) スキーヤーの牛丼
 すき家の牛丼を食べたことのない私が考えた駄洒落。輸入UHDブルーレイで『パトリオット・ディ』を見た。日本公開が6月9日からというバリバリの新作なのであまりネタバレはしないけれども、とにかく傑作であった。特に「テロリストには一分の理もなし。あいつらただのキチガイ人殺しだ」という一貫した主張が素晴らしい。まあ、ネットでは試写会に参加した人の中で「アメリカの闇が!」とか「アメリカが中東で!」みたいな感想もちらほら見かけますけどね(笑)。

 冒頭のギャグがまた、凄く良かった。頭から血を流した男が「女にスムージーで殴られた」きょとんとするマーク・ウォルバーグ。「スムージーで殴られる訳ないじゃん」「スムージーってのはほら、アレだよ、服のしわを伸ばす奴あるじゃん、服をスムースにする奴、スムージーだよ」「アイロンかい!」

 「アンドロメダ病原体」で赤ん坊とたった二人生き残ったジャクスン老人が「わしゃ、胃の痛みを抑えるためにスクイーズを飲んでいるからな」「スクイーズ、何すか、それ」とキョトンとする医者。「ステルノ(アルコール系固体燃料)を絞った(スクイーズ)奴じゃよ」という会話を思い出したのは私だけですか。

 (「アンドロメダ病原体」のこのやりとりは完璧に私の記憶頼りです。間違っている可能性もありますが面倒臭いので調べたりしません)

 行ってきましたよ、JVC ビクターの「4K鑑定団」 見てきましたよ、350万円のハイエンドプロジェクター DLA-Z1! その高解像度は何と言っていいか、まるっきり作為的なところがない。輪郭強調などは一切していないのに背景のディテールが浮きあがってくる。森の木々の重なりにすら圧倒的な奥行き感、立体感がある。コントラストのスムーズな推移、色の鮮やかさもX770Rとは大違い。ブルーレイがUHDブルーレイに見える。UHDブルーレイが今まで見たことのないような映像に見える。

 まあ、どう頑張っても350万円のプロジェクターなど買える訳がありませんので、いいですけどな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどんべえの鴨だしソバ、400キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は茄子を電子レンジで蒸した奴と玉ねぎ、鶏ささみの炒め物。400キロカロリー。ビール500ml缶一本飲む。
 
 本日の摂取カロリー量は1,800キロカロリーなり。

 その後、前述のUHDブルーレイ 『パトリオット・ディ』を見たのである。画質は極上。俯瞰の映像での解像度、HDRの効果。どれをとってもブルーレイとは隔絶している。音声はDTS X。上空をフライパスするヘリコプターの飛跡があまりにリアルであった。思わず上を見上げてしまったくらいだ(ウソ)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「そこまで言って委員会」 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ミッドウェイ』を30分ほど。空母からの発艦場面、カタリナ飛行艇が戦爆隊を発見する場面等々、物量叩き込み映像の物凄さに唖然とさせられる。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月5日(月) 『パシフィック・ムリ』
 え、KAIJYUの死体隠れ蓑にしてアンティヴァースに侵入してイェーガーの原子炉起爆させてプリカーサーをやっつける?そんなの絶対無理!無理!無理!無理! 俺、ぜってぇやんねえ。こうして人類は滅亡したという。

 ヤフオクで米国盤UHDブルーレイの『マリアンヌ/ALLIED』を落札。送料込みで2,080円。うふふふー。米アマゾンに注文した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』、『ハクソー・リッジ』の3本も発送済みで6月22日の到着予定。あ、ブルーレイで『恐竜時代』も注文しているぞ。

 5月に注文して6月に届いた『ローガン』『パトリオット・ディ』そして『マリアンヌ』、『ファンタスティック・ビースト』『ミス・ぺレグリン』、『ハクソー・リッジ』 国内盤の『コウノトリ大作戦』 うわあ、今月は多分に偶然の要素があるとはいえ、7枚もUHDブルーレイ買っちまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にミニカップワンタンとコンビニのお握り。400キロカロリー。昼飯は茄子を蒸したものとソーメン1把。200キロカロリー。夕食はチャーシュー、温泉卵、トマト、もやしを乗っけたマルちゃん「北の味わいざるラーメン 和風味」 その後デザート代わりに納豆を1パック食べたので(笑)800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『モーガン』を再見。やっぱり超絶的な画質だなあ。『ローガン』も『パトリオット・ディ』も素晴らしかったけど、この『モーガン』は一部の映像でさらにその上を行くと思う。初見時にも書いたけど特に森の場面が絶品。流れる水の表現や、森全体がしっとりと湿ったような生々しさなど何度見ても魅了されてしまう。

 しかしUHDブルーレイは未だに黎明期にあるのだが、その画質はすでに高いレベルを誇っている。初期のHDソフト(ブルーレイ、HD DVD)とはえらい違いで、ブルーレイの『死霊のえじき』とかHD DVDの『ゴーストハンターズ(『Big Trouble in Little China』)とか本当にひどかったもんな。え、これでハイビジョンかよと思ったもんな。

 (注 『ゴーストハンターズ』がHD DVDだったかちょっと記憶に自信がない。ソフトラックに同作品のブルーレイがないので間違いないとは思うのだが・・・)

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。キンドル最適化した佐藤大輔「エル僕Ⅱ 上」にゆっくりと読みふける。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月6日(火) 「ガウォークのすゝめ」
 福沢諭吉駄洒落。前にやったことがあるような気がしないでもないけど検索しても出てこないのでいいのだ!

 レッドブルエアレースでのゼロ戦東京湾里帰り飛行であのAERA誌(東北地方太平洋沖地震での原発事故で「放射能がくる」という表紙で風評被害を煽り立てたキチガイ雑誌である)の記者が<TLに零戦を讃える人がたくさんいて、考え込んでしまう。「平和を考える機会」にはなってないようだけど 今を生きる私たちがすべきは、零戦に平和を奪われた人たちについて知ることじゃないの。2017年の東京の空を飛ぶ零戦を「美しい」「勇姿」と表現する人たちを見ると、これが「平和について考える機会」になっているのか疑問です。そこに人の痛みへの想像力はあるのでしょうか。戦争への反省と「零戦カッコイイ〜」が両立する精神状態というのがマジで分からん。私にご意見をくださる皆さんが「加害」の視点がまるっと抜け落ちて悲劇の主人公気分なのも興味深いし、普段は中国や北朝鮮の脅威を煽っている人がこんなときだけ「平和な日本の空、ほっこり」とは?>(抜粋して引用)

 中国や北朝鮮の脅威を煽っているってあれを脅威と思ってない人が未だにいるのかというのは置いときまして(笑)、このいかにもアレな左的発言にわあわあ言われているんでありまして。

 まあ、アレな左の人だからこんなアレなことを言うのは仕方ない。複雑な思いというのも分からないことはないのだが・・・。でも復元されたゼロ戦が日本の空を飛ぶのは何もこれが初めてではなかったりする。過去に3回<1995年、スティーブ・ヒントン(パイロット)https://blogs.yahoo.co.jp/a6m2bkm251/63537139.html(オリジナルの栄21型エンジンによる飛行) 2016年、スキップ・ホルム(パイロット)http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/28/zerosen_2016/002.html>の飛行が行われており、今回は4度目なのである。文句をつけるなら最初から言えやと思ってしまうのも無理はないと思いませんか皆さん。そりゃマニアでもなければ知らないことかもしれないが、今のインターネット時代(この言い方自体が古臭いですな)検索すりゃすぐ分かるだろ。その程度の苦労を惜しむなや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯、コンビニのトンカツサンド 420キロカロリー。昼飯、電子レンジで蒸した茄子一本、玉ねぎ半個。80キロカロリー。夕食 コンビニのエビ天丼、カップワンタンスープ 800キロカロリー。デザートとして納豆1パック。80キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,380キロカロリーなり。

 久々にコンビニ弁当が食べたくなったので、それもカロリーが高い揚げ物系、昼は野菜だけにしてカロリーのバランスを取ったのである(笑)。

 その後プロジェクターでWOWOWハイビジョン録画の『愛と裏切りの銃弾』を見る。実に頭の良い映画なのだが、頭が良すぎてそんなに頭が良くない私がついていけなくなったという映画(笑)。最初の訳の分からない場面が映画が進むにつれてだんだん分かってくると言う構成、これ自体は良くあることなのだが、あまりに訳が分からなすぎて、分かる前に脳みそが疲れ果ててしまうんである。

 (はい、この短い文章の中で分かるという言葉が何回使われたでしょうか)

 ただ主役を演じたジェナ・マローンの上手さがただごとではない。へたな女優志望者で「お前、大根だからうちの劇団にはいらないわ」と追い出されるくらいなのだが、実生活では犯罪者兄弟をその演技で見事にだまくらかし、結果的に大金を手にしたのである(ラストシーンで目に見えない観客に向かって頭を下げるのが実にカッコいい)。

 犯罪と言えば、男に決まっていて「犯罪の陰に女あり」とかなんとか言っちゃっても結局女は男の従属物にしか過ぎないというジェンダー的な定石を見事にひっくり返してみせたその鮮やかさが印象的だ。

 ハイビジョン画質はダメダメ。ノイズは酷いし黒はうきっぱなし。オレはまた20年くらいの昔の映画かとおもっちゃったくらいだぜ(これは2014年の映画)。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドとしては合格点。あまり細かい情報は入っていないが、定位の良さで銃撃戦の迫力が倍増だ。

 その後、シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて途中まで見ていた『サザエさんとエプロンおばさん』を最後まで。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月7日(水) 後ろから前川どうぞ
 我ながら下らねえ駄洒落だな、どうも。江利チエミのサザエさん、「あーら、そんなこと全然大丈夫ですわ、オホホホ」(江利チエミのサザエは本当にオホホホと笑う)みたいな言い方をしていた。1960年当時にすでにこんな言い回しが存在していた訳で、決して最近の若いものは日本語がなっちょらんということではなかったりする。

 そんなことより、芸能人の「お父さん、お母さん」や「ゴハンに行く」(食事に行くこと)みたいなキモチ悪い言葉づかいをなんとかしてくれってあんまり関係ないか(笑)。

 本日は休み。午前8時に起床してシャワーを浴びる。てれてれとテレヴィを見たりした後、ルーフバルコニーの亀の世話。午前11時過ぎから外出してあれこれと仕事。買い物をして午前12時過ぎに帰宅。昼飯はネギトロ丼。スーパーで売っているネギトロ(もどき)を醤油とワサビで味付けしてどんぶり飯にどさっ。上からもういや、やめてお父さんというぐらいに博多万能ねぎ刻みをちらしてわしわし食い込む。あまりの美味さに箸が止まらずゴハンをお代わりしてしまった。900キロカロリー。

 その後、米国盤ブルーレイ 『ジュラシック・ワールド 3D』を久しぶりに見る。インドミナスの足音がずうううんと響くのがなんとも快感。あへあへあへ(バカ)。しかしなんですなあ、弟の方が「パパとママ、別々の弁護士から手紙が来ていた、名前をぐぐったら離婚専門だって」と泣き出すのが妙にリアルで逆に笑えてしまいますなあ。

 夕食は頂き物のうどん。乾麺で茹で4分、その後の8分、合計調理時間12分という憎いやつ。でも味は電子レンジで2分30秒で出来上がる冷凍うどんにまったくかなわなかった。まだまだいっぱいあるのにどうしよう(笑)。

 これを水で〆て丼に盛り、がーっとキムチを乗せる。そこに麺つゆを少々かけてずるずる。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽聴きながら読書。佐藤大輔「エル僕 2 下」を半分ほど読み進める。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は例のごとく「ゴリパラ見聞録」 えんえん見ていると脳のあちこちから変なものが確実に分泌されている。これは「ゴリパラ」による洗脳であるとかキチガイなことを考えてしまう。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月8日(木) ハッブル対マングース
 沖縄駄洒落。高校生の修学旅行は沖縄だったけどその頃はちゃんとハブ対マングースをやっていたよ。ちゃんとというのも何だけど(笑)。

 テロ等準備罪で「山菜取りをしたら捕まる」的なことを言っている奴は政治家の資格なし。条文を理解していればそんな馬鹿げたことがあり得ないことは分かる筈。条文を読んでいなければそれは怠慢。条文を読んで理解してなおかつその手のことを言うやつは度し難いバカ、あるいは安倍政権の回し者(笑)。つーか、なんで「山菜取りでつかまる」とか「飲み屋で上司の悪口言ってたら捕まる」とかそんなアホな話聞かされなきゃならんのか。

 おれ、何か悪いことしました?

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。420キロカロリー。昼飯は素麺1把と茹でホウレンソウ。300キロカロリー。夕食はマルちゃん 「北の味わいざるラーメン 和風つゆ」 温泉卵、チャーシュー、茹でもやし、トマトスライスを乗っけた、まあ、何度でも言うが、北朝鮮の一般人民にこれを「さあ、食べなさい」と勧めても「こんな豪華な食事ができる筈がない、オレは殺されるのだ、最後の食事なのだ」とか「こんな夢のような食事ができる筈もない。これはあれだ、食べたら家族が皆殺しにされるのだ」とか考えてしまって、結局食べられない!みたいなメニューですよ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,420キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『コウノトリ大作戦』を見る。いやー、今の時代にまさか「声が出せないギャグ」が見られるとは思いませんでしたよ(大笑い)。他にも狼の組体操ギャグ(ウルフパックはそんな意味じゃねー。このギャグ自体は『ポニョ』由来だそうな)、小鳥の虐待ギャグなど、そういうものが大好きな私にとってはまさに至福の時間でした。

 しかし、赤ん坊を運ぶコウノトリという牧歌的なテーマに皆さん、騙されているようですが、この映画、結構ブラックですぜ。窮地から逃れるために今までためにたまっていた「赤ん坊お願いします」の手紙を全部、「赤ん坊製造ライン」にぶちこんで、赤ん坊が大量生産される場面とか冷や冷やしましたよ。

 またご丁寧なことにいろんな人種の赤ん坊が出てくる(笑)。ラストではこの赤ん坊たちが「赤ん坊配達業務」を再開したコウノトリたちによって世界中に運ばれるのだが、赤ん坊を受け取る家族の中に明らかにゲイのカップルがいる。

 こんなおとぎ話なのに、ポリティカルコレクトとか、なんでいろいろ俺ら気を使わなくちゃならないんだという製作者たちの憤りが見えてくるようではないか(ウソ)。

 UHD画質はフィルムグレインが強いのが気になる。もっとも、こういう粒状感をきっちり出せるあたりがUHDブルーレイの凄さなのだが(笑)。BT2020の発色とHDRによるハイライトの美しさなどはブルーレイが及ぶところではない。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。前後の動きの明確さ、きちんと制御された重低音等々、文句のつけようがなし。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して国内盤ブルーレイ 『モスラ』を見る。うわあ、なんだこの美しさ。東宝ブルーレイの常として黒が浮いているのが残念だが(笑)、解像度の高さ、発色の綺麗さはただごとではない。

 ザ・ピーナッツの着物姿などちょっとうっとりしてしまったよ。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月9日(金) 二宮忖度
 忖度駄洒落第一弾!ええもの見つけました。それはチューブに入った液体出汁入り味噌汁。野菜を白出汁で煮込んでこれをちゅーっと入れてかき混ぜるだけでインスタントみそ汁とはまったく別物の美味しい味噌汁が出来上がる。カップ入りの固体味噌(というのか)のようにスプーンで掻きとって別の容器でスープと混ぜ合わせると言う手間が掛からず実に簡単である。味の方も、ちょっと高めの旨み調味料無添加、どこぞの昆布やかつおぶしの天然出汁!みたいな奴を使ったのでフツーの味噌以上に美味しい。

 唯一の欠点はやや割高になることなのだが、まあ、私は一人ですからな、そんなにがばがば味噌汁作る訳でもないので、あまり気にならない。逆にカップ入りの味噌の方が多すぎて始末に困る時もあるし。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース 400キロカロリー。昼飯はホウレンソウの茹でた奴で済ませる。50キロカロリー。

 夕食は豚汁。じゃがいも一個、ニンジン一本、玉ねぎ半個、豚バラ塊肉のスライスを白出汁で二時間ほど煮る。白出汁を入れる前に灰汁取りを忘れずに。ここに茹でもやしを投入し、前述の液体味噌をむちゅーっ。博多万能ねぎの刻みと一味唐辛子をかけていただきまーす。やっぱり豚バラは塊からスライスした方がウマい。煮込みに時間が掛かるけどそれだけの価値は絶対にある。ゴハンを半合。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『持たざるものが全てを奪う/HACKER』を見る。コンピューターハッキングを描いた映画であるが、その手口が偽造カードを作って時計や宝石(コーキューホーショクヒンという奴ですな)をだまし取り売りさばくというかなり荒っぽいもので、あまり頭の良さというものは感じられない(笑)。それにいくら変装していると言っても香港みたいな狭い都市でカード詐欺を繰り返していればすぐに手配が回ってしまうと思うのだ、うん。

 それでもこの映画が面白いのはヒロインたるロレイン・ニコルソンの存在ゆえ。彼女は映画の中である秘密を抱えている(この秘密はラストで明らかに)。この秘密ゆえに彼女の立ち居振る舞いすべてが微妙に歪んでいる。いささか逆説的だが、いつ何が起こるか分からないと思わせるこの不安定さが彼女の魅力を引き立てているのである。

 久々に映画的に良い女を見ましたよ。

 ハイビジョン画質は良好。派手な発色は望めないがいささかのノイズもないウルトラスムースな映像。暗部の落ち着きも好印象。音声はAAC5.1チャンネル。香港の市街の喧噪音がやたらにリアルであった。要所要所で効果的に使われる重低音もよろしい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半過ぎに入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 6月10日(土) 忖度鳥
 忖度駄洒落第2弾。元ネタはクトゥルー神話に登場する怪鳥、シャンタク鳥。昨日の日記でその便利さと美味しさに感動したと書いた液体味噌。これはラーメンにちょっと入れるのもよろしい。マルちゃん正麺塩味では味が一気に複雑化。コクが出てびっくりするくらい美味しくなった。これ以上量を増やすと塩っ辛くなってしまうから「味噌ラーメン」になるとまではいかないが、これはみなさんぜひお試しを。食べなれたラーメンが別物になる。

 (料理べたの私が言うことなのであまり信用するな)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのトンカツサンドイッチとコーヒー。420キロカロリー。昼飯は前述のマルちゃん正麺塩ラーメン+液体味噌。茹でもやし、チャーシュー、温泉卵、博多万能ねぎ刻みで食うと、たまらん(だからあんまり信用するなって)。500キロカロリー。

 夕食はカレー。例によって例のごとく豚バラ、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを切ってコンソメ1個を入れたお湯でぐつぐつ。まっことこの豚バラ塊肉というのは優れたもので、白出汁、あるいはコンソメで3時間ほど煮るだけで宜しい。フォークでたくさん穴を開けて塩をすりこめとか、カルダモン、シナモン、ナツメグ、オレガノなどのスパイスで下ごしらえせよとか、冷蔵庫で一晩寝かせろとか、そんな面倒なことは一切なし。それでいてイベリコ豚がぶうぶう鳴きながら逃げ出す極上の味となるのである。電磁調理器を使えば長時間煮込むのも簡単だ。

 (何回言ったら分かる、私は料理べたなのだ、だから話半分どころか話5パーセントぐらいで聞いておけばいいのだ)。

 このカレーでゴハンを半合、後はきゅうりを一本塩もみで。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,820キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイの『ランボー 最後の戦場』を見る。大口径の狙撃ライフルで首が飛ぶ、胸に大穴が開く、車載の重機関銃で体ばらばらのばら、は何度見ても爽快ですなあ(人でなしの感想)。

 終了後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」 ゴリけんの同窓生(剣道道場の同期?)が天草で道の駅や、おっしゃれーなリゾート施設を経営している。いわゆる青年実業家である。ゴリけんがもう見るからに落ち込んで「昔、あいつと同じ釜飯食っていたのになあ」

 すかさず矢野ペペが「ゴリさん、それ同じ釜の飯だから、同じ釜飯って、飯食いに行こうってんじゃないんだから」

 人生の重みがつまったナイスなツッコミでした(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 6月11日(日) キス魔と俺とは同期の桜
 昔、和田アキ子が酔うとキス魔になるという話を聞いて不愉快に思った人向けの駄洒落。  米国盤UHDブルーレイの『マリアンヌ』(邦題 原題は『Allied』 同盟、連合国、同類と言った意味でこの邦題もオリジナルのニュアンスなどまったく汲み取っていない酷いものなのですがねえ)。

 この作品は長編映画として初めて8K撮影が行われた。REDウェポン・ドラゴン8K(8192pix×4320pix/8Kセンサー)/6K撮影作品。主要レンズには65/70mmパナビジョンPrimo70を使用。DIファイルは4K。

 当然ながらUHDブルーレイもえらい高画質。ファンタスティックなまでに美しい発色、極限の高解像度、そしてやや過剰ではないかとすら思われるHDR(ああた、何しろロンドン空襲の場面で撃墜されるルフトヴァッフェの爆撃機がぎらぎら夜空で輝いているんすから)の効果。この高画質は逆にフィルムっぽさがちっとも感じられないけど、それはそれで大歓迎っす。

 しかし、アマゾンで購入した米国盤UHDブルーレイ 『パッセンジャーズ』がまだ来ないですな、と思っていたらなんと、米国盤UHDブルーレイ 『ファンタスティックビースト』と『ミス・ぺレグリンと奇妙な子供たち』が先に届いちゃったよ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝からカレー。ウメー、ウメー。昼もカレー、やっぱりウメー、ウメー。キュウリ一本も食う。夕食はマルちゃん正麺塩ラーメン。もやし、チャーシュー、温泉卵を乗っける。もちろんスープには例の液体味噌汁をちょい足しだ。

 本日の摂取カロリー量は2,100キロカロリーにもなってしまった。

 それから前述の米国盤UHDブルーレイ『マリアンヌ』を見たのである。しかし、ああいう使い古されたタイプのお話でも丁寧な風俗描写や特撮を駆使すればここまで見応えのある大作を作れるのですなあ。改めて監督ロバート・ゼメキスの才に拍手、拍手。

 その後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「スライドショー」。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて東宝国内盤ブルーレイの『モスラ』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月12日(月) 忖度の女王
 元ネタの「三択の女王 竹下景子」は若い人は知らんだろうなあ。建築会社の人とお話しする機会を得た。40年以上前の建築方法の話になって。「昔はね、パイルドライバーで杭をどかーん、どかーんと打ちこんで」(笑)、「風呂もね、いちいち防水工事してタイル一枚一枚貼って、でも今はユニットバスで一発ですから」(笑)。1934年築の建物がある築地市場が豊洲よりいいとか、何の冗談か。
 
 註 パイルドライバーは建築機械の名称でプロレスの技ではない。この打ち込みで発生する騒音は酷かった。どかーん、どかーんと鳴り響き赤ちゃんが泣き叫ぶ、猫がにゃーと鳴く、寝たきりの老人が思わず飛び起きるほどであった。東宝特撮映画『マタンゴ』でこの打ち込み作業の騒音が印象的に使われているがどうせ、フツーの人は知らないだろうと思って話には出さなかった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はピーマン3個を炒めてじゃこを合わせ味ポンを掛けた奴と素麺1把。200キロカリー。夕食は茹で野菜とコンビニの「カルビ焼肉」、後は野菜の味噌汁。野菜はジャガイモ1個、玉ねぎ4分の1、ニンジン半分を使う。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリー。カレーで2日飽食してしまったので反省したのである。

 その後、米国盤UHDブルーレイの『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』を見る。いやー、「思考を読むからって心配しなくっていいわ。殿方が私を見て何を想像するかぐらい分かっているから」というオトナのギャグがいいですなあ。思わず「七瀬再び」かとツッコンじゃいましたからなあ。
 (本家のハリー・ポッターシリーズでも『炎のゴブレット』で三大魔法学校ダンスパーティの後で馬車の中でぎっこんばったんというギャグがあったのだが、大変残念なことに本編ではカットされてしまった)

 魔法を見てしまった一般人(マグル アメリカではノーマジックを略してノー・マジと呼ぶ。この辺の割り切り方がいかにもアメリカらしくってウマい)の記憶消去ネタ(シャドウじゃないんだから)を上手く使った別れの場面もよろしい。そういうことにまったく縁がなくってともすれば「ケッ」と思ってしまう私のような人間も感動させてくれる。

 4K画質はさすがに昨日の『マリアンヌ』と比べるとちょっと気の毒(笑)。それでもブルーレイとは隔絶した画質であり、魔都ニューヨークの禍々しさを上手く映し出す(あまり関係ないっすか)。音声はドルビーアトモス。例によってドルビートゥルーHDで再生。音場上方の移動感、定位が凄い。あの処刑場(恐ろしかった)でびんびん飛び回る魔獣の飛跡が目に見えるようである。

 (米国盤UHDブルーレイに日本語字幕・音声の収録はなし)

 その後シャワーをあびていろいろ。先日放送された「ゴリパラ見聞録」を見返したりする。皆さん、すみません、ゴリけんの「昔、同じ釜飯食っていたのに」へ矢野ペペがツッコンだのは「ゴリさん、それは釜飯じゃなくって同じ釜の飯だから」でした。

 「飯を食いに行こうってんじゃないんだから」は斉藤優のセリフでした。ごめんなさい。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月13日(火) 「ツィートとスッポン」
 しかし、世の素麺はなんであんなにアレなものが多いのだ。美味しいのははっきり言って揖保乃糸だけで後はどれもこれもアレ。茹で方をいくら工夫しても水洗いを徹底しても小麦粉臭かったり口触りがぽきぽきしたりでろくなものがない。うどんで有名なあそこのあそこ素麺(お中元で頂いたものである)もうどんとは大違いで、変に硬くてアレ。

 うどんも乾麺の時代は終わった。いまや冷凍麺という究極のものがある。冷凍うどんは電子レンジで加熱3分!である。5分茹でて蒸らしに3分掛かるどこそこの乾麺うどん(これまたお中元で頂いたものである)など勝負になる筈もない。肝心の味も冷凍うどんには到底かなわぬのである。誰がそんなものを食うか(暴言)。

 問題はそのアレな素麺、アレなうえに調理にやたら時間が掛かるうどんがまだまだいっぱい残っていること(笑)。いや有難く食べますけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は前述の素麺1把と茹で野菜。200キロカロリー。おやつにアイスクリーム300キロカロリー。夕食は茹で野菜とコンビニの和風ハンバーグ。ゴハンは食べなかったので500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 夕食後は珍しく映画は見ずに音楽を聴きながら読書。佐藤大輔、「エルフと戦車と僕の毎日Ⅱ 下」を読了。ああ、後オレに残された佐藤大輔作品は「帝国宇宙軍 1 領宙侵犯」と「宇宙軍陸戦隊 地球連邦の興亡」の2冊だけ。さみしい、さみしい。

 そんな中、アマゾンが送ってきたメールのタイトルが「【佐藤 大介】商品お知らせ」だったという。内容も「Amazon.co.jpでこれまでに関連商品をチェックされたことのあるお客様に、このご案内をお送りしています。 皇国の守護者8 - 楽園の凶器 (中公文庫)」云々・・・。 誰だよ、佐藤大介って、名前間違えんなよ、失礼だろうが。

 午後9時過ぎにシャワーをあびてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月14日(水) 「ツィートは地獄だ!」
 まさか元ネタが分からないなんて人はいないよね。さて、お昼にサザエを食べました。それも刺身で。活きサザエ3個をスーパーで買ってきて、包丁の背で貝殻をかんかん叩いて砕き身を取り出しました。大変な仕事で知らず知らずのうちに目が吊り上って鬼のような形相になっていました。部屋中に貝殻の破片が飛び散って後の掃除が大変でした。

 そして食べた刺身は大変に美味で、特にワタの精妙な苦み・旨みがたまりませんでした。でも3個も食べたのでしまいにはキモチ悪くなってしまいました。おしまい。

 本日は休み。午前8時半に起床してシャワーを浴びてぼけーっ。午後10時過ぎにマルちゃん正麺塩ラーメン(もやし、博多万能ねぎ刻み、チャーシュー、すりごまを乗せた豪華版。もちろん、液体味噌を少し入れて味を強化しているぞ)の朝食。500キロカロリー。

 昼飯は前述のサザエ刺身。これでビール500ml缶一本飲む。仕上げは卵かけゴハンでもと思っていたのだが、気持ち悪くなったので(笑)これでオシマイ。100キロカロリー。

 夕食は鶏肉とキムチと白菜の鍋。白出汁でちょいと煮込んで液体味噌をぶちこんで出来上がり。凄く美味しくはないけど、凄くマズイってこともなかったよ、うん。またビール500ml缶一本飲んでゴハンを半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後はまた珍しく映画を見ずにぼけーっ。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は例によって「ゴリパラ見聞録」

 就寝午前1時過ぎ。

 6月15日(木) 「ツィートは無慈悲な夜の女王」
 ツィート駄洒落第3弾!これもまさか元ネタが分からない人なんていないですよね。さて、久しぶりの「The Invisible Monster (1950) 」 3エピソードを一気に見てしまいました。

 エピソード3 The Death Car ロング・ハリスと戦うカーソン。なんとか二人を撃退し、ドアの下敷きになろうとしていたキャロルを危ういところで助け出します。まあ、その間に二人は逃げてしまいましたが。さて、その後アペックス社に届く脅迫状。「これこれの書類をどこそこあそこの郵便ポストに入れんかい、入れんと酷いぞ」おそらく透明ボスは金を脅迫しようとしていたのだと思いますが、どうもこのあたり英語のセリフが良く聞き取れませんでした。まったく無念であります。

 さて、そのポストに書類を入れ近くから車で見張るカーソンとキャロル。来ました、来ましたよう、あの例のほろ付きトラックが。郵便ポストのそばに停車したトラックから透明ボスが透明になって郵便ポストから書類を取り出します。走り去るトラック。カーソンとキャロルは郵便ポストから書類がなくなっていることに驚愕。「ウム、さっきのトラックが怪しい」 それぐらい私にだって分かります(笑)。

 トラックを追うキャロル、カーソン。山道に差し掛かったところで(シリアルのカーチェイスは必ず山道に向かいます)敵のピストルでタイヤをやられて立ち往生。しかし、カーソンはあきらめません。道なき道を走って山を突っ切り、反対側の崖の上からトラックを待ち受けます。そしてジャンプ!この時、スタントの人が物凄くタイミングを見計らっていてはらはらしますが(笑)。

 首尾よくトラックのほろを突っ切って荷台に着地。しかし、待ち構えていた透明ボスと部下に手もなく取り押さえられてしまいました。彼はあるビルのガレージ(5階にある)に連れ込まれてアペックス社へ身代金を頼む手紙を書かされてしまいました。しかし、さすがはカーソン、隙を見て万年筆のペンを特殊インキを使う探偵ペンに交換。これで書いた文字は普段は見えないのですがある薬液を塗るとたちまち浮かび上がってくるという優れモノ。そしてそれはガレージの住所でありました。

 手紙を受け取ったアペックス社、キャロルはすばやくこれに気付いて警官を派遣します。おりしもバートン・ハリスが(このシリアルでは悪漢の部下は常に二人一組で行動します)がカーソンを車に乗せて身代金の回収に向かおうとしていたところでした。警官とバートン・ハリスが銃撃戦を開始。カーソンはこの好機を見逃さず車をスタートさせて逃げようとします。バートン・ハリスのどちらかが運転席のカーソンに工具を投げつけました。工具はカーソンのアタマに命中し彼はたまらず失神。車はそのまま走り出してガレージの壁を破って5階からどかーんと飛び出します。続く。

 エピソード4. Highway Holocaust エピソード5. Bridge to Eternityはまたいつか。

 仕事は まあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯はリンガーハットでちゃんぽんの5個餃子ランチを食べる。外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は昼飯が重すぎたのを反省してサンドウィッチと豆腐の味噌汁(なんたるミスマッチ)、400キロカロリーで済ませる。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、本日届いたばかりの米国盤UHDブルーレイ 『ハクソー・リッジ 命の戦場』を見る。日本公開が6月24日からなので露骨なネタバレはしない。しかし、それでもこれだけは言っておく。この映画での沖縄戦の描写はえらいことになっているぞ。『プライベートライアン』のオマハビーチでの戦いもこの映画に比べるとまるで「ディズニー映画」だ(意味が今一つ分からない)。この手の映像が苦手な人には決してお勧めしない。

 しかし、決して反日的な内容ではなく、日本兵をことさら揶揄している訳でもない。メル・ギブソンは明らかに日本兵、米兵を等価のものとして描いている。日本兵のハラキリや壕の中で自殺している将兵を誰も気にしないという変な描写はあるのだが、殺し合いを実際にやっている相手の目からみればそんな不合理な残酷さが強調されるのもまた当たり前であろう。

 UHDブルーレイ画質は実に高品質。DIファイル2Kからのアプコンであるが、そのハンデをまったく感じさせない情報量だ。プロジェクターX770のピクチャートーンを少々あげてやるとBT2020の色域がさらに拡大されたかのような圧倒的な発色。こんなに美しい火炎放射器の炎というのは初めてである。まあ、その炎に焼かれているのは日本兵だけど。

 音声はドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生。戦場音楽の精緻なサラウンド定位にびっくり。いや、楽しむどころではない、恐怖を感じてしまうほどなのである。また戦艦の大口径主砲による艦砲射撃の迫力は空前絶後。なんか、すっげええっすよ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。

 午後11時からプロジェクターを再起動させて前述の「The Invisible Monster (1950) 」を見たのである。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月16日(金) ツィートが出た出たァ、ツィートが出たァ
 三池炭鉱の上に出たァ。「The Invisible Monster (1950) 」エピソード4. Highway Holocaust さて、5階のガレージから壁を突き破って飛び出したカーソンの車。上手い具合に川に落ちてカーソンは助かります。そしてさらにウマいことにガレージには地図が残されていました。ご丁寧なことにある港の埠頭に印がつけられております。カーソン、「むむ、彼奴らは船で何事か悪事を企んでいるのだ。さっそく調べよう」

 その悪事とは「透明薬が残り少なくなった。3、4回分しか残っていない。原料を密輸するのだ」というしょぼいもの(笑)。この原料をその埠頭から密かに陸揚げしようというのです。さっそくモーターボートを使って埠頭へ向かうカーソンとキャロル。

 すると果たして前方に別のモーターボートが。バートンとハリスが乗っているではありませんか(或いはロングとハリスかも知れませんが、もう面倒臭いので気にしないことにします)。追跡に掛かるカーソン。しかし、バートンとハリスのモーターボートは速い、速い。しかも二隻の船の間をすり抜けていきます。カーソンも同じことをしようとしたのですが、波の具合かその間隔がどんどん狭くなっていき、ついに「キャロル、海に飛び込め」モーターボートは二隻の船に挟まれてどかーん。こんなシチュエーションで海に飛び込んだって助かるものかと思ってはいけません。そういうものなのですから。

 追跡に失敗したカーソンとキャロル、しかし、薬剤を積んだトラックが警察に特定されたという連絡が入り、急ぎ出動。バートンとハリスは別のトラックに薬剤を積み替え逃走を図るのですが、間に合わずカーソン達と銃撃戦になってしまいます。敵わぬと見た二人は逃走。あろうことか肝心の薬剤が置き去りです。車で追跡するカーソン、キャロル。バートンとハリスはトラックから降り積んであったドラム缶のガソリンが漏れているのを利用して火をつけ、トラックを逆走させてカーソンたちの車にぶつけたのであります。どかーんと大爆発する2台の車。どうせ、二人とも直前に飛び降りて助かるんだろとか思ってはいけませんよ、そういうものなんですから。 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウと温泉卵一個。200キロカロリー。夕食は3時間白出汁と料理酒で煮込んでとろとろになった鶏胸肉塊を使った鍋。たっぷりの白菜、豆腐を入れて味ポンや牡蠣醤油で食べる。鶏肉は半分、後はゴハン半合で900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『最終兵器ムスダン』を見たのだが、これがイヤんなるくらい面白くなくってねえ(笑)。要するに北朝鮮で人民を改造した生物兵器ムスダンを作った。高い戦闘能力を持つうえに血液から感染してどんどんムスダンが増えていく。そんな見境いのないもん兵器として使えるかというのは置いときまして(笑)韓国もこれの存在を掴んでおり逃げ出したムスダンをDMZの中で奪い合うのである。

 森の中で延々と同じような映像、倉庫の中でこれまた延々と同じような映像が続いて、はい、15分で飽きます。そしてその姿を現したムスダンがまたしょぼっって。これ、北朝鮮に対するイヤミかいの(笑)。ムスダンと戦ったヒロインが最後の最後で自分が感染していることに気が付くというオチも取ってつけた感が強すぎてしらけるばかり。 あーあ、やんなっちゃった。あーんあんが、驚いた(一応、牧伸二のやんなっちゃった節が元ネタになっとります)。

 こんなんでもAAC5.1チャンネルのサラウンドが良くって最初はわくわくしていたんだぞ、オレは。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて前述の「The Invisible Monster (1950) 」 2エピソード分を見たのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月17日(土) 「ツィッターの砂漠」 
 子供の頃「月の砂漠」を聞いてそんなに月の砂漠を旅したいか、砂漠とか昼はクソ暑いし、夜は寒いし、喉は乾くし、ラクダはきっと臭いし、唾を吐くし(たしか何かの動物番組でこのラクダの癖を見たことがある)ろくなもんじゃねえと思っていたことはナイショだよ。

 パソコンで名刺を作成。いや、凄いですね、某山田電器で名刺用の用紙をおおよそ500円(税込)で買ってきますな。その用紙のパッケージで指定されているサイトにいくと無料で名刺作成用のアプリがダウンロードできる。それを使うと簡単に名刺のデザインが出来てその用紙にプリントできる。この私がですよ、年賀状の印刷にだって毎年、毎年、2枚や3枚失敗する私がですよ、この名刺の印刷を1枚もミスらなかったのですよ。これは皆さんが思うよりはるかに凄いことですよ。そんなことを力説してどうするとおもうけれども(笑)。

 そりゃ私の作った名刺だから美的センスがまるで欠如していますが(笑)、名刺120枚が500円1時間でできたんですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にトンカツサンドと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウ。60キロカロリー。夕食は昨日の鶏鍋の残りでビール500ml缶一本飲んで、後はスープにサッポロ一番醤油ラーメンをぶちこんで〆とする。ラーメンは少々塩辛くなってしまったが、実に美味かった。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『エスコバル 楽園の掟』 うっかりコロンビアの麻薬王の姪に惚れたばっかりに自身ばかりか肉親までひどい目に会わされるカナダ人青年の話。いやあっちの麻薬組織のえげつなさというのは知っていたつもりであるけれども、じっさいに女子供にも容赦しないやり口を映像化されたらたまらんっすよ。二人も乳飲み子が射殺される映画など前代未聞じゃないのかしらん。神父相手に「神はおれだ」と言わんばかりの麻薬王の肥大しきった自我も恐ろしかった。

 しかも実在の人物をモデルにしているのだ!

 この後に作られた『ボーダー』では麻薬組織に妻子を殺された元検事という実に対照的な役を演じているヴェニチオ・デルトロ。どっちにもぴたりと嵌る彼の演技も見ものである。

 ハイビジョン画質は並以下。暗部のノイズがひどく発色も誉められたものではなし。音声はAAC5.1チャンネル。適切な重低音の使い方が宜しい。後半、追い詰められる主人公の心理描写に大きく寄与する。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 山に登るのに弁当持って行ってピクニックにしよう、その弁当も手作りでというゴリけんの無茶な提案でなんと、天草市某所の番組ディレクター、トミさんの叔母さん家の台所を借りて弁当作りにチャレンジ!

 野菜を洗おうとしないゴリけん、切ったピーマンの断面眺めて「このぶつぶつ(種のことならん)取るんですよね」と首を捻る斉藤優、鶏肉唐揚げを作ろうとして最初に鶏肉に片栗粉をまぶしつける矢野ペペ、こ、これはあの「みうら・じゅんのマイブームクッキング」の再来だ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して日本映画専門チャンネル録画の『クレージーだよ奇想天外』を30分ほど。ミステイク7の衣装のぎんぎらぶりの凄いこと。野川由美子の可愛らしさにもびっくりだ。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月18日(日) ルナ・のび太
 最初、ルナ・オービター(計画)とアポロ計画の月着陸船(ルナ・モジュール)を混同していたのはナイショだよ。久々に『クレージーだよ奇想天外』を見た。拳銃で撃たれてぼろぼろの中古車のドアなどが次々と外れしまいにはハンドルだけ握った谷啓が尻からナンバープレートぶら下げてひいひい言いながら走っていくという物凄いギャグ、08(ゼロハチ)を演じる藤田まことのカッコよさ(やたらにスタイルがいいんである)、ハナ肇の愛人という設定からか妙になまめかしい星由利子、この作品の好きなところを語らせたら止まらないよ(笑)。

 ただ、所謂政治風刺という奴がどうにもぎこちなく青臭いなあと思っていたのだが・・・。昨今の喜劇的な政治状況を経験した今の目からするとこれが逆に鋭く見えてきたという。国会議員鈴木太郎(谷啓)は「平和法案」を国会に提出する。しかし、その法案をつぶさに読んでみると通常兵器を廃棄する代わりに核武装するというではないか。「これは平和法案ではない、戦争法案ではないか」と激怒する鈴木太郎。

 「戦争法案」むむむむっ。「法案をろくすっぽ読まないで偉そうなことを言う」むむむむっ。なんかどっかで聞いたような(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとカップワンタン。400キロカロリー。昼飯はお中元で頂いていて、でもその存在を今の今まで忘れていた沖縄アグー豚レトルトカレー。500キロカロリー。

 夕食は白菜を炒めて「ゴマ油+クバラきゃべつのタレ+塩昆布」のドレッシングで食べる。後は冷凍食品の肉うどん。これが抜群に美味かった。あまりにも美味かったので残ったスープにゴハンを入れておじやにしたくらいだ。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,800キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽聞きながら読書。戸梶圭太の「血祭り」を最後まで。主要登場人物のほとんどがクズのキチガイという戸梶節が心地よい。そうだよ、戸梶圭太はこうじゃないといかんのよ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて前述の『クレージーだよ奇想天外』を見たのである。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月19日(月) 「イデオン ウソつかない」
 元ネタは「インディアン、ウソつかない」というCMの文句。今だったら人種差別だわあわあわあと言われるだろうなあ。

 『The Invisible Monster』 5. Bridge to Eternity  思った通りトラックと衝突寸前で車から飛び出すカーソンとキャロル。しかし、このキャロルは女丈夫というか女傑と言うか悪漢と銃撃戦はやるし、今回みたいに車から飛び出したりします。こういう活動的な女性キャラはこの時代には珍しかったのではないでしょうか。

 さて、トラックに積むことができなかった透明用薬品のドラム缶はアルトン化学会社の倉庫へ運び込まれますってまたここかい。前に透明ボスに酸を盗み出されてしまったのに、こりない人たちだなあ(笑)。この情報を聞きつけた透明ボスはさっそく取り返しに向かいます。

 例のほろ付きトラックでアルトン社の倉庫に乗り付けて透明になる透明ボス。どうするのかと言いますとドリルを持ってきてごーりごりと壁に穴を開けるのであります。壁の向こうは透明薬のドラム缶。穴を開けてホースを通しポンプで吸い取るのですな。ちなみに透明ボスったらドリルにはちゃんと特殊布をかぶせているのですが、ホースはそのまんま。ぶらーんぶらーんと揺れるホース。

 ああ、透明になる意味が微塵もない!

 さて、倉庫の中にいたカーソン。なかなかこれに気付きません。二缶分抜かれたところでやっと「ああ、大変だ、おいこらまてー」 でも逃げられてしまいましたとさ。

 しかし、警察の力によってトラックの行方が判明します。勇躍車で飛び出すカーソン。しかし、これは透明ボスのワナでした。彼は部下に途中の橋に爆弾を仕掛けさせていたのです。さらにカーソンの車で部下が待ち伏せ。彼は乗り込んできたカーソンをやっつけようとするのですが逆にノサれて手錠で車の後部座席に拘束されてしまいました。

 え、あれ、橋に爆弾しかけるんだから、こんな待ち伏せなんかしなくていいのに、何か変だな。まあ、これも次回で理由が明らかになるんですけど。

 爆弾を仕掛けられた橋に突っ込むカーソンの車。どっかーん、大爆発が起こって橋がばらばらに吹き飛んじゃいました。続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。300キロカロリー。昼は思うところあって抜き。夕食は完全コンビニ飯。厚焼き玉子、豚汁、唐揚げ、ソーセージ、厚焼き玉子がそれぞれ一つついたお握りセット。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ムーンウォーカーズ』を見る。スタンリー・キューブリックみたいな有名な映画監督に秘密裏に月着陸のフェイク映像を撮影させるとかできるか、バカ、それで機密保護はどうするんだよ、まさか関わった人間全部殺すのか、バカ等々アポロ陰謀論に対する強烈なイヤミが痛快。キューブリックはダメだからとルパート・グリントが紹介してきた映画監督がサイケの人で「月を極彩色にするよ、宇宙くらげも出すよ」と言い出したのに不覚にも大笑いしてしまった。

 ハイビジョン画質は今一つ。映像のダイナミックレンジが狭く眠い画質である。音声はAAC5.1チャンネル。冒頭のベトナム戦悪夢以外は目立った効果なし。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動してCSハイビジョン録画の『プッシーキャッツ』を半分ほど。いやあ、やっぱりこの映画でのレイチェル・リー・クックは死ぬほどかわいいなあ。こんな娘を屋台に連れていっておでんや焼鳥、ラーメンを食べさせてあげたいなあ。それで「美味しいよ」、ニコっとかされたらた、たまらんなあ。ああ、考えただけで頭がくらくらしてきて、あれ、あれあれあれ・・・(バカ)。

 まあ、それは置いといて(笑)。残念なのはこの録画の画質・音質が非常に良くないこと。人がいっぱい出てきたり、動きがちょっと早くなるとモザイクノイズがばりばりばり。音声もステレオでドルビーデジタル5.1チャンネルだったDVDにも劣るのである。この作品はアメリカでもブルーレイになっていないので私にはこの録画しかないのだ。

 せめてWOWOWでやってくれんかなあ。

 6月20日(火) 『シリアスの黄色いハンカチ』
 前科者とより戻すとかマジあり得ないからby倍賞千恵子。私の愛機 パナソニック UHDウルトラブルーレイ再生機能付きブルーレイレコーダー DMR-BZ1。前にも書いたと思うのだが、外付けNASの音楽データを再生しようとすると高い確率で「LANネットワークの断絶」が起こる。むろん、再設定は可能なのだが、LANケーブルを引っこ抜いてあべこべに刺し直す必要があったりしてとかく面倒臭いのである。そこで考えたのがUB-Z1のHDDに直接音楽データを貯め込むという機能を使うこと。リンク断絶の心配はないし、LANケーブルを介することがないのだから音質的にもきっと+になる筈だ。

 マニュアルを読むとUSB-HDDから取り込めるとかLAN接続したパソコンから取り込めるとか書いてある。何だか良く分からんが今度挑戦してみよう・・・と思いつつ、ずーっと先延ばしになっているんだよなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はトマト1個とソーメン1把。200キロカロリー。夕食は例のマルちゃん「北の味わいざるラーメン」 焼き豚、茹でもやし、トマト1個、温泉卵を乗っけたので700キロカロリー。

 本日の摂取カロリーは1,300キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ロブスター』を見る。一応、ブラックなコメディという体裁をとっているがその実かなりエグいディストピアもの。この世界ではパートナーを持たない独身者の存在が許されない。そういう不届きモノは婚活ホテルに送られて49日間(だったかな)のうちにパートナーを見つけないと動物にされちゃうのだ!寓話的な意味なのかと思ったらとんでもない、本当に犬や馬にされてしまうのだ。主人公のコリン・ファレルはもし自分が動物にされるのならロブスターがいいと思う。これがタイトルになっているのである。これは何か『私は貝になりたい』のフランキー堺みたいなものか(ちがうと思う)。

 周辺の森の中には対照的にパートナーを持たないことを選択したアナーキスト(決してモテないという訳ではない)たちがいる。しかしこっちはこっちで、パートナーをうっかり見つけてしまうと眼を潰されてしまったりするのであった。

 私は決して大層な主義主張があって独り身でいる訳ではないのだが、むしろ果ての無い怠惰と無能の末の結果なのだが(笑)、こういう映画を見るとちょっと言いたくなりますね。「独身、それはそれでいいんじゃないですか、何か悪いんですか」

 ハイビジョン画質は意外に綺麗。解像度が妙に高いし、森などの風景が実に美しく見えるのも好ましい。ただ、これが暗い場面になると激変。細かなノイズに覆われてしまうのであった。

 音声はAAC5.1チャンネル。ホテル周辺の自然と都会の環境音の対比表現がウマい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月21日(水) 「シーレーンレストラン」
 清水健太郎駄洒落。またUHDブルーレイで『シン・ゴジラ』を見る。HDRに関しては『ハクソーリッジ』や『パトリオットディ』の米国盤最新作のえげつないまでの効果に比べると旗色の悪い『シン・ゴジラ』UHDであるが、これはプロジェクターX770のピクチャートーンを上げることでかなり改善される。しかもピクチャートーンを上げることで色のりも良くなりあたかもさらに色域を拡大したかのような効果も得られるではないか。

 この画質設定で見る『シン・ゴジラ』 暗闇で赤く輝くゴジラのなんと禍々しいことか、おお・・・てな訳で最初は全編見るつもりなかったんですよ、某同人誌原稿のために同梱のブルーレイとの画質比較をやろうと思っていたんですよ、それがこんな絵を見せられてついつい最後まで行っちゃったですよ。

 (『シン・ゴジラ』トリビア https://twitter.com/Sankei_news/status/876778706575872000 カヨコ・パタースンが手渡す書類フォルダにNCC-1701-2199と書かれている。これはもちろん、エンタープライズとヤマト。さすがに分かりました。でもこれを劇場公開時に見つけていたとしたらその人はかなりのつわものでありましょう。『スペースバトルシップヤマト』でセロハンテープを見つけたみたいな。

 他にもグローリー丸の船籍番号“MJG15041”は『マイティジャック』の飛行戦艦マイティジャックの船体スペック「MJ号全幅150m全高41m」から。冒頭で登場するプレジャーボート 「グローリー丸」。これを直訳すると『ゴジラ』で最初にゴジラに沈められた漁船「栄光丸」 ゴジラ第二形態の遡上場面で押しのけられる小型船が「The Alpha」 これは『緯度0大作戦』のα号より、なんてのがあるようですが、そんなの分かるかつーの)

 本日は休み。午前8時過ぎに起床してぼけーっ。シャワーを浴びて頭をすっきりさせてから亀のお世話。イシガメ屋外ケージの濾過機の掃除やマルギナータの餌やり等々。午前11時過ぎにトースト2枚にマヨネーズ、レモン汁、胡椒、醤油で合えたシーチキン(少量の牡蠣醤油がぐっと味を引き立てる)とスライスしたトマトを挟んだサンドウィッチ。600キロカロリー。

 午後12時過ぎから外出してちょっとしたお仕事と買い物。午後1時過ぎに帰宅して前述の『シン・ゴジラ』を見たのであった。

 夕食はシーチキンの残りとゴマ油、クバラキャベツのタレ、塩昆布のドレッシングで合えたキャベツでビール500ml缶一本飲んで仕上げにマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後は音楽を聴きながら読書。戸梶圭太「亡霊ラジオ」読了。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ケンミンショー」 そして午後10時半からプロジェクターを再起動させて『プッシーキャッツ』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月22日(木) シーチキン・礼金
 賃貸物件駄洒落。さて、「The Invisible Monster」の続きである。 6. Ordeal by Fire  どっかーん、大爆発する橋。吹き飛ばされるカ―ソンの車。しかし、カーソンはもちろん無事です。なぜかというと後部座席の横棒に手錠で繋がれていた透明ボスの部下が、横棒(何のためについているのか良く分からない)を強引に外してカーソンを襲ったからであります。彼は失神したカーソンを車外へ放り出し自分で運転して橋へと向かったのであります。

 はい、やっと前回の不自然な待ち伏せの意味が分かりました。しかし、なんだなあ、この部下、こいつさえ変なことしなけりゃカーソンは何も気づかないまま橋に突っ込んでいたのに、もうバカバカバカ。透明ボスの苦労が忍ばれるというものです。透明ボスは警察無線を傍受して自分のほろ付きトラックの詳しい特徴が流されているのを知り、部下に命じて処分させるのでした。処分と言ってもアジトからそんなに遠くない道路の脇に置きっぱなしにするだけですけど(笑)。

 その後、ほろ付きトラックを警察が発見。カーソンとキャロルが調べに向かいます。カーソンはトラックのタイヤに挟まっていた砂利に注目。「むむむっ、これは鉱山特有の砂利だ。この近くに鉱山はないか」地図を調べて鉱山へ向かうキャロルとカーソン。その彼らの眼前で突然爆発が起こり大量の土砂が。透明ボスの部下二人が崖でダイナマイトを爆発させたのです。危うく難を逃れたカーソンとキャロルは二人と銃撃戦。一人を射殺し、もう一人を追って割と安易に透明ボスのアジトになっている洞窟にたどり着いたのでした。

 ずかずか入っていって拳銃を突きつけるカーソン、キャロル。しかし、偶然にも透明ボスが透明薬の実験中でした。透明ボスは気づかれぬままカーソンに近寄り拳銃を叩き落としてしまったのです。さて、たちまち起こる取っ組み合い。拳銃を拾ったカーソンと部下たちは激しい銃撃戦を展開します。形勢悪しと見て鉱山の奥深くに逃げ込むカーソンとキャロル。部下たちはトロッコにたまたま乗せられていた石油の樽をえい。トロッコはレールの上をごごごごと動き出します。銃撃戦で穿たれた穴から流れる石油に火をつけるとたちまち火だるまとなってカーソンたちを追う!追い詰められたカーソン、キャロル、どかーん大爆発。続く。どうせ、横穴があって二人とも爆発寸前に脱出したんだろとか思っちゃいけないですよ。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチ 300キロカロリー。昼飯はトマト1個、マルタイ棒ラーメン+もやしで400キロカロリー。夕食はコンビニのカルビ焼肉(冷凍食品)を丼飯に乗っけたカルビ丼、トマト1個、後はもやしとキャベツででっち上げた味噌汁。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『パシフィック・ウォー』を見る。原爆を運んだあと、伊号潜水艦に撃沈されたという重巡洋艦インディアナポリスとその生存者たちが救助されるまでの苦闘を描いた映画。邦題がいい加減だけど(『USS Indianapolis: Men of Courage』)、ニコラス・ケイジやトム・サイズモアが出演していて伊号潜水艦内部のメカニック描写もなかなかカッコよく、それなりにいい映画になる筈だったのだが・・・。

 CGがもうまったく徹底的に絶対的に壊滅的にダメ(大笑い)。伊号潜水艦から回天が発進する場面とかもうメカシャークと一緒ですよ。冒頭の特攻隊の攻撃も戦闘機が増槽つけたままツッコンできたりして、もう見ていていらいらさせられるのだ、これが。

 どんな良い映画を作ってもこれではただただ白けてしまうばかりなのである。

 ハイビジョン画質もダメダメダメ!特に顕著なのがクソCGが多用される場面で妙なソラリゼーションがでてしまうこと。諧調推移が紫に塗りつぶされてしまう、なんだこりゃ。CGを使わない時でも暗い場面はばちばちノイズが入って立体感もへったくれもなし。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。重低音の迫力はよろしい。ただ後半の地味な漂流劇になるととたんに平面的でつまらないサラウンドになってしまうのはどうかと思う。

 終了後シャワーを浴びてダビングいろいろ。NHKBSで放送された4Kデジタルリマスター版『嵐を呼ぶ男』 テレビの画面で見てもフィルムグレインの奔放な振る舞いが再現されていておおおっと思う。ぜひ、これはプロジェクターの大画面で見なくてはならん。

 午後11時からプロジェクターを再起動。前述の「The Invisible Monster」を2エピソード見たのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 6月23日(金) 『魔女の卓球台』
 私としては珍しいジブリ駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950) 7. Murder Train  やっぱりあった抜け穴から脱出するカーソンとキャロル。彼らは電話のあるところまで行って警察に連絡。洞窟を調べることになります。しかし、驚いたことに洞窟はもぬけの殻。しまった、逃げられた!とくやしがるカーソンですが、なに、大丈夫でさあ、鉱山の入り口じゃ偽装砂利トラ(砂利の下ががらんどうになっていて荷物や人間を隠せるようになっているのです)を使って透明ボスたちが引っ越しの真っ最中だったんですから。

 まあ、カーソンたちは透明ボスたちと銃撃戦やったあげく、結局逃がしてしまうのですが。

 さて、透明ボスたちは困っております。悪の組織の運転資金(というのか)が不足しているからであります。そこで彼らが考えたのが現金輸送列車を襲うこと。透明ボスはニヤニヤしながら「銀行に運び込まれると警備が厳重になるからな、走っている列車に爆発物を満載した軌道車をぶつけるのだ」とまことに物騒なことを言っております。

 一方、カーソンのところに警察から連絡が。警察は偽装砂利トラを捕まえたというのです。運転手は何も積み荷のことを知らされておらず、ただ、何時までのどこそこあそこのガレージまで来いと依頼されていただけと言います。カーソンはこの運転手に化けて件のガレージへ。

 またそこで透明ボスの部下二人と殴り合い。後ろからぽかりとやられたカーソン、ばったりと倒れます。部下二人は彼を縛り上げて「こいつどうする?」「顔と手を潰して捨てちゃうか」「いやいや、もっといい方法があるぞ、ケーンジャンクションに連れて行って爆発物積んだ軌道車に乗っけるんだ」これを聞いたカーソン、格闘でこぼれてしまったペンキを利用して床に「ケーンジャンクション」と書き残します。

 キャロルはなかなか帰ってこないカーソンを心配してガレージへ。そこで彼の残した文字を見つけたキャロルは警官と共にケーンジャンクションへ急行。そこではまさに透明ボスの部下二人が爆発物を満載した軌道車にカーソンを乗せているところでした。「ややや、警官隊だ、すぐに軌道車を発進させろ」ごろごろと動き出す軌道車。このままいけば現金輸送列車と正面衝突であります。

 キャロルはこの軌道車を止めるために車で追いかけます。そして猛スピードで追いつくなりぐいとハンドルを切って車を軌道車にどかーん。キャロルは寸前で脱出しましたがカーソンが乗っていた軌道車は粉みじんになってしまいました。続く。

 へへへ、どうせ、カーソンは車とぶつかる前に逃げていたんでしょですって?うん、まあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメンの冷やしラーメンという奴。チャーシューやトマト、温泉卵、茹でもやしをトッピングしたので500キロカロリー。おやつに(笑)アイスクリーム 300キロカロリー。夕食はカラーラで作った唐揚げ4個、マグロブツのづけ、刻みキャベツ、ゴハン半合。缶ビール500ml一本飲む。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターで久しぶりに米国盤ブルーレイ 『SAW3』を見る。いやー、実に久々の鑑賞だったもので、このディスクの収録音声が「DTS-HD ハイレゾリューション」だったこととかすっかり忘れていたですよ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 明日は地区の女子ドッヂボール大会で午前6時半起きなのでとっとと酔っぱらってとっとと寝た。

 6月24日(土) ガーシュウィン船
 貿易駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950) 8. Window of Peril  まあ、もちろんカーソンはキャロルに車をぶつけられる前に脱出して助かったんですけど(笑)。さて、現金輸送列車襲撃に失敗してしまった透明ボスはさらに弱っております。ますます資金繰りが苦しくなったからです。

 でもさすがは透明ボス。部下の一人に「おい、ミラー、お前は航空機会社に勤務していたな。その会社の新型機の図面をパクってライバル会社に売ろうじゃないか」「でもボス、図面の保管してある部屋は警戒厳重です。人目にふれずに出入りなんかできませんぜ」「わはは、ワシを誰だと思っている。透明ボスだぞ、透明ボス」この後、透明ボスはまんまと図面を手に入れたようであります。

 この盗難事件を知ったカーソン(もう皆さん、忘れていらっしゃるかも知れませんが彼は保険会社専属の調査員であります。この航空会社もカーソンの保険会社と契約していたのです)はまさに神のごとき英知を発揮します。「部屋の窓のところにあいつらが使っていた薬品が付着していた。これはあいつらの仕業なのだ、あいつらはきっと図面の買い手を探しているのに違いない。そこで他の航空会社にそんな奴らがコンタクトしてきたら教えてくれと頼んでいた。さっそくある会社から連絡が来たぞ」

 頼むからご都合主義とか言わんでください(笑)。

 カーソンはその航空会社の社長に会い、売り手の名前住所を聞き出します。どうせ偽名と思ったカーソンですが、とりあえずその住所を尋ねてみます。でもそれはやっぱり罠でした。突然床下から飛び出してきた透明ボスがカーソンをぽかり。今しがた飛び出してきたばかりの床下の隠し部屋に突き落としてしまったのです。扉の上にソファーやらなんやらを積み重ねて閉じ込めた透明ボス。部屋に火を放って逃げてしまいます。またまた大ピーンチのカーソンですが、隠し部屋の壁をなんとか破って脱出に成功します。

 透明ではないフツーの状態のボスと初めて顔を合わせることになったカーソンですが、特になんてことはありません。他の部下たちと同じ扱いです。

 さて透明ボスは部下に命じて件の会社に図面を売りに行かせます。部下は「ボス、もし待ち伏せとかされていたらどうするんですか」と困惑顔。透明ボスはうんとうなずいて「心配するな、わしが透明になって建物の下にいるから、もしヤバくなったら窓から図面を落とせ」部下たちはどうなるんだという(笑)。

 はい、部下たちの危惧が100パーセント当たりました。カーソンが社長室で彼らを待ち受けていたのです。さあ、またまた始まる取っ組み合い。部下の内一人は逃げてしまいましたが、もうひとりがカーソンとえんえんと揉みあいます。二人はなぜか開け放たれている窓に近づいていって、あ、ついに窓から落ちてしまいました。きゃーっという悲鳴が響いて続く。あ、図面はちゃんと事前の打ち合わせ通りにビルの外で透明になって待ち構えていた透明ボスに回収されましたのでご安心を。

 窓のすぐそばにこれ見よがしに消火ホースのリールがあった。カーソンはこのホースに捕まって助かるに違いないとか頼みますから言わんでください(笑)。

 本日は午前6時半に起床してシャワーを浴び身支度拵える。朝飯はマルタイ棒ラーメンに茹でもやしをたっぷり乗っけた奴。それから午後1時過ぎまで私の目は私の体を離れ女子ドッヂボール大会の過酷な労働の時間の中に入っていくのです・・・。

 昼飯は大会で出された幕の内弁当。夕食は鶏鍋。白菜、えのき、しいたけを白出汁で煮て味ポンと博多万能ねぎ刻みを振り掛けて食う。ゴハン半合。

 その後、米国盤ブルーレイで『SAWⅣ』を再見。あれ、おかしいなあ、ソフトラックに『SAWⅡ』が見当たらないぞ。たしか買っていたと思うんだけどなあ、その特典ディスクに『SAW』がまるごと収納されていたんだけどなあ、どこいっちゃったかなあ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 

 6月25日(日) 「正解するガロ」
 ガロと言えばフォークシンガーグループじゃなくって漫画雑誌だろう駄洒落。「The Invisible Monster」(1950) 9. Trail to Destruction  窓の外から部下と共に落下したカーソン。部下はきゃーっと水木しげる漫画のような悲鳴を上げて落っこちます。カーソンは予想通り消火ホースをとっさに掴んで無事でした。航空会社の社長が彼をうんこらしょと引き揚げます。

 透明ボスはまたまた困ってしまいました。計画が失敗するばかりで組織がどんどん貧乏になっていきます。カーソンが航空会社に「図面を売ろうとする奴がいたら連絡しろ」というおふれを回しているのでせっかくの図面もこのままでは紙屑同然。

 透明ボスはやっと妙案を思いついたようです。「よし、図面を盗んだ航空会社を脅迫しよう。1万5千ドル支払わないと図面を公開するぞ。せっかく大金掛けた計画が水の泡だぞってな。わははは、オレは頭が良いなあ」部下が心配そうに「それでボス、金の受け渡しはどうするんで?」「わははは、それも良いアイデアがある」

 そのアイデアとはワンちゃんを使うこと。「どこそこあそこの木にワンちゃんをつないでおくので1万5千ドルの札束を首輪に結び付けろ。そしてワンちゃんを放すのだ」 心がほっこりいたします(笑)。カーソン、キャロルはその脅迫状の通り首輪に大金結びつけたワンちゃんを放すのですが、さすがは主人公、別のワンちゃんを連れておりまして、後を追うという。やっぱり心がほっこりいたします(笑)。

 カーソン・キャロルは割と安易に脅迫金が届くのを待っていた部下二人を発見。部下たちは馬で逃げ出すのでした。ひどいことに途中でお金を持ってきてくれたワンちゃんにずどん。追い払ってしまったのです。寄る辺を失ったワンちゃんはカーソンたちのところに行くのでありまして(笑)。カーソンはキャロルを残して単身このワンちゃんの案内で敵のアジトに向かうのでした。

 さて、牧場の納屋の中に設けられたアジト。三人の部下たちが大量に貯蔵してある爆発物を運ぶトラックが到着するのを待っております。そこへ飛び込んだカーソン。またまた殴り合い。この時カーソンが持っていた拳銃が叩き落とされ蹄鉄用炉の中へぽとり。高温のコークスにあぶられた拳銃が暴発しはじめました。そのショックで飛んだコークスが山と積まれた爆発物の箱の上にぽとり。だからそんなもの、炉のすぐそばに積んでおくなっての(笑)。

 後ろからぽかりとやられて倒れ伏すカーソン。直後に大爆発が起こって納屋が吹き飛んでしまいました。続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は抜き。夕食はカラーラで焼いた鶏肉、大量の刻みキャベツ、白菜・もやし・長ネギを使った野菜炒め。乾麺のうどんを醤油、博多万能ねぎ刻み、大量のカツオ節を入れた卵で食べる地獄炊き風うどん。1,000キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 鶏肉は牡蠣醤油、オロシショーガを揉みこみ15分ほど置いたもの。片栗粉や唐揚げ粉は使わずにそのままカラーラで焼く。これが上出来で、小笹飯店の名物メニュー、鶏味噌定食を彷彿とさせるくらいに美味い。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ノック・ノック』 僕の大好きなイーライ・ロス監督作品である。これがもう実にイーライ・ロスらしくてただただキアヌ・リーブス悲惨!という映画(笑)。庭に首だけ出して埋められてさんざん責め立てられてブチ切れ「そりゃ、オマエら、すげえいい女が夜中に突然やってきて、シャワー浴びさせたら二人ですげえエロ話し始めて、挙句にバスルームで二人でチンコにあんなことやこんなことされて我慢できるか、コノヤロー、ぜったいやっちまうだろ、それが悪いのか」と涙目でわめくキアヌに大笑いである。

 突然夜中に現れてキアヌにエッチな罠を仕掛ける女二人組 ロレンツァ・イッツォとアナ・デ・アルマス。ロレンツァ・イッツォは同じイーライ・ロス監督の『グリーン・インフェルノ』のヒロインであり、またイーライ・ロス監督の奥さんでもある。

 イーライ・ロス監督、自分の嫁さんによくも演技とはいえあんなエロいことさせますなあ。

 ハイビジョン画質はそこそこ。発色が今一つで地味な映像である。音声はAAC5.1チャンネル。音質はさほど良くはないのだが、効果音の定位が抜群。墓穴を掘っている音が左チャンネルにきっちり定位するのはさすがに恐ろしかった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。NHK BSハイビジョンで放送された『サイレント・ランニング』をブルーレイメディアにムーブしたぞ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前一時半過ぎに就寝。

 6月26日(月) 「ハート・イン・ミニ四駆」
 アート・ガーファンクル駄洒落。はい、ようやく届いた『パッセンジャー』UHDウルトラブルーレイ(ブルーレイ+3Dブルーレイ+UHDブルーレイのセット)。日本アマゾンで注文、アメリカから送ってくるという形式の販売だったのだが、注文は5月1日である。到着まで実に57日を要したという記録的な遅配だ。もうこの形式で販売されている米国盤UHDには決して手を出すまいと思う。

 はい、ぼちぼち始めました。東宝国内盤『シン・ゴジラ』のUHDブルーレイ(映像:HEVC 5K/4K/3.4K/2.8K撮影・2Kマスター音声:DTS-HD Master Audio 3.1ch 24bit)対ブルーレイ(パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-UBZ1による4Kアップコンバート)の画質比較です。冒頭のグローリー丸移乗場面ではデジタルビデオカメラという映像素材のせいもあってほとんど差がないのだが、続いて東京湾風の塔付近に巨大生物が現出するあたりからブルーレイとは隔絶した解像度の高さが見て取れる。

 ブルーレイではどうしても建物の輪郭がぼんやりしてしまうのだが、UHDブルーレイには一切そんな瑕疵がない。きりりと引き締められた高解像度映像がそのディテイールを浮かび上がらせる。

 閣僚の会議場面でもその差は歴然。ソファーなどの色味の複雑さは明らかに広域化された色域BT2020の恩恵であろう。またブルーレイでは細かなノイズが目立って画面全体が粉っぽくなる。しかし、クローズアップの映像になるとブルーレイもなかなか健闘。皆さんのうっとおしい顔面のテクスチャーの表現能力はUHDに負けていない。

 そしてUHDの決定的なアドヴァンテージがHDRによる拡大された映像ダイナミックレンジである。東宝ではHDRに合わせたグレーディングは行っていないのでアメリカ映画最新作のえげつないまでの効果は感じられないが、プロジェクターX770のピクチャートーンで暗部を少し持ち上げてやると見違えるように良くなった。ゴジラの放射能火炎で紅蓮の炎に包まれる東京。この炎が文字通り紅蓮に見える(笑)。暗い中で燃えているという感覚がストレートに味わえる。対するブルーレイはこの明部と暗部の境が曖昧で周囲の暗闇であるべき部分までもがぼんやりと明るくなってしまうのだ。

 米軍によるゴジラ攻撃から人々が避難する場面でも、車のヘッドライトが飽和することなくきちんとその形を保っている。これがブルーレイの非HDR映像だとライトの光が滲んでしまうのである。

 (続く)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は病院に薬を貰いに行ったついでにウエストでミニカツ丼とざるそば二玉のセット。今日のカツ丼はことの他美味かった。タレの絡み具合が抜群であった。そしてざるそばは安定の美味しさ。やっぱりソバなんてぇものはご隠居さん、高級なソバをちょっぴりなんてのはいけない。それなりのソバをぞるるぞるると啜ってこそでさあ。もちろん、ソバ湯もたっぷり楽しみましたとも。外食摂取カロリー暫定一律基準 1,000キロカロリー。夕食は卵かけゴハンとトマト1個、そして白菜ともやしの味噌汁。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて前述の『パッセンジャー』を見たのである。ストーリーはなんというか、少しアホな「オトコノコの都合の良いファンタジー」であって、移民宇宙船の中でお姫様(ジェニファー・ローレンス)を見つけた貧しい男(クリス・プラット)が彼女を蘇らせる。この場面がもろにガラスの棺桶の白雪姫でもう私など身もだえして喜んでいる訳です(笑)。

 そんな彼女と仲良く二人きりの生活をして、ついには恋人同士となる。5,300人近いクルー、乗客が乗っているのに他の誰も覚醒せずにやりたい放題、したい放題。その恋人にある秘密がバレてしまって仲たがい。しかし、宇宙船の故障(このためにクリス・プラットが予定より90年早く覚醒させられてしまった)で大ピンチ。二人で協力してこの危機を乗り越えて後はハッピリー・エヴァー・アフター!

 なんだ、このご都合主義は、あんなひどいことをした男を女が簡単に許すもんか、ふざけるな、コンチクショーと評価はあまり芳しくなかったようですが仕方ないじゃありませんか、何しろ「オトコノコの都合の良い妄想」なのですから。

 そのほかにいきなりバーテンのロイド(『シャイニング』参照のこと)が出てきたりするのも私の好みにぴったりだったという訳でして(笑)。

 UHD画質は素晴らしいの一言。マスターはDIファイル4Kであり、その精細感は比類がなし。HDRによって生み出される宇宙の深淵はその奥行き感に吸い込まれてしまいそうだ。大恒星を使ってスイングバイする場面とか、なんかちょっと信じがたいっすよ。

 音声はドルビーアトモス。私のシステムではドルビートゥルーとして再生される。こちらも実に雄大なサラウンド空間。重低音もまったく乖離したところがなくすべてが混然一体となった音場に包まれるこの幸せよ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時からプロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の熱海五郎一座「熱闘老舗旅館 ヒミツの仲居と曲者たち」を1時間ほど。東貴博の前説が「舛添要一」ネタ。現状を鑑みると別の意味でめちゃくちゃ笑える。大騒ぎして降ろしてみりゃ無駄遣いが数千億に膨らんだんだから。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月27日(火) 「ハラルのうららの隅田川」
 イスラム教駄洒落。ハラルとはイスラム法で許可されたもの。もっとも、日本語に訳すと「やってもやらなくてもかまわないもの」になるらしい。この反対語はハラームであり、ハーレムの語源もこれに由来する。ということはハーレムには「そんないくらお金があったとしても複数の女性を侍らせて日夜エッチなことに励んではいけません」という意味があったのか。

 (ウソ ハーレムとはイスラム社会における女性の居室のこと。そこに夫や家族以外の男性は入ってはいけないという禁忌を表す)

 WOWOWハイビジョン録画で『ルパン三世 カリオストロの城』を見る。前に見たのがいつだったのか思い出せないくらい。あれ、DVDだかブルーレイになった時だかに一回見ているかな。そのおかげで今時、クラリスの部屋の内装が『AKIRA』のミュータント保育園だとか、終盤の伯爵との追跡劇が『クレしん ヘンダーランド』や『ブリブリ王国』だとか、なんか新発見をしたような気分になったですよ。

 なお、劇中の花嫁姿のクラリスは東宝冒険活劇映画の『大盗賊』の浜美枝からというのは有名な話だけれども(私も『大盗賊』を初めて見た時びっくりした)これを間違えて『奇厳城の冒険』からとか言っているやつがいて、まったく困ったものであります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯はトマトを2個。50キロカロリー。夕食は冷凍うどんを使った地獄炊き風。生卵に牡蠣醤油、かつおぶし、博多万能ねぎ刻みをたっぷり入れて鍋から直接アツアツのうどんをつけて食う。ンまい!うどんを食い終わった後に残った卵にお湯を入れてスープにするとこれまたンまい!後はキャベツのみじん切り。摂取カロリー量に余裕があったのでマヨネーズをたっぷりかけて食う。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,250キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『カリオストロの城』を見たのである。ちなみにこのWOWOW放送版の音声は5.1チャンネルリミックス。このサラウンドの出来が予想以上にいい。ち密な定位感、音の鮮度の良さ等々、40年近く前の作品ととても思えないくらいである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前一時過ぎに就寝。

 6月28日(水) 『オルゴンの七人』
 オルゴンエネルギー駄洒落。さて、UHDブルーレイ再生機能付きブルーレイディーガ DMR-UBZ1のHDDに音楽ファイルをコピーさせて再生してみよう作戦。上手くいきました。話としてはものすごく簡単で要するにUB-Z1とパソコンをLAN接続するだけ。後はUB-Z1のHDDユーザー領域に音楽ファイルをコピー&ペーストすればよろしい。

 しかし、しかしである。事前の予想とはまったく違ってその再生クオリティが今一つであったという。NASからのネットワーク再生と比較するとその差は歴然。音の定位や音場の凸凹感(再生クオリティが上がってくると一つ一つの音が浮かび上がってくるので音場に立体感が出てくるのである)はそれなりのレベルに達してはいるものの、音のリアリティがまるで足りんのだ、畜生。

 NASからのネットワーク再生は使い勝手がすこぶる悪いので(平気でUB-Z1がLAN接続の機器が見つかりませんとか言ってくるのである。私はその度に青葉学園の部長のごとく、「きさまメクラかー、そこに接続してるのが分からんのかー」と叫ぶのである。ウソだけど)、UB-Z1のHDD再生の音質が良ければただちにこっちに鞍替えだ、余ったNASはパソコンに接続して第四の電子書籍ストレージにしようと思っていたのに、まったく残念なことだ。

 本日は休み。午前8時半に起床してぼけーっ。午前10時過ぎにマルちゃん正麺塩味にキムチを入れて朝食とする。400キロカロリー。その後、亀のお世話をしてそれから前述のUB-Z1HDD再生テストを行って大変にがっかりしたのである。

 外出して事務所でちょっとしたお仕事。その後買い物をして午後2時過ぎに帰宅。トマト1個と卵焼きを肴にビール500ml缶を一本。100キロカロリー。それから夕食のカレー作り。じゃがいも、にんじん、たまねぎ、そして豚バラ肉塊を大まかに切って塩をちょっと入れたお湯で煮る。灰汁を取った後、コンソメ1個を投入。そのまま風呂場の電子調理器に乗っけて弱火で煮ること3時間。私はその間ビールの酔いを利用してお昼寝。午後5時半にカレールウ(ジャワカレーの粉末ルー)を入れて焼肉のたれやチューブのショーガで味を整える。

 午後6時過ぎにビール500ml缶をもう一本飲んでカレー。うひゃあ、ンまい、なんで豚ばら肉の塊というのは長時間煮込むだけでこんなに美味しくなるのだ、ふんがふんがー。はっと気が付いたらお代わりして二皿食べちゃってました、ごめんなさい。夕食だけで1,000キロカロリー行っちゃったな。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後は映画は見ずに読書と音楽。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 就寝午前1時過ぎ。

 6月29日(木) 「学園艦の喫茶店」
 元ネタはもちろん、ガロの「学生街の喫茶店」 『シン・ゴジラ』UHDブルーレイ対ブルーレイ 画質比較その2 ブルーレイの暗部表現にはもう一つ重大な瑕疵が。それは暗い場面で画面を覆い尽くすように発生する細かなノイズ。良く見ると赤や青の偽色がピクセル単位で見えることがあり、これも画質の品位低下に拍車を掛けている。B-2爆撃機が撃墜される場面では全体的に黒浮きしており、それでいて細部の情報が出てこない。

 UHDブルーレイのもう一つのアドヴァンテージ、それはBT2020による色域の拡大である。ブルーレイのBT709と比較すると色数が増え、その純度も飛躍的に高まる。蒲田に上陸した第二形態の腐った魚のような目の気色悪さ、第三形態ゴジラの皮膚の質感表現、放射能火炎放出時に黒く変化する第4形態ゴジラの目(瞬膜?)の生物的な生々しさ、東京を蹂躙する放射能火炎の輝き、B-2爆撃機の爆炎、血液凝固剤製造プラントの金属感等々、ああ、何もかもみな美しい(笑)。

 ただ、ブルーレイソフトにはトーンジャンプがほとんどと言ってみられない。暗闇で光るゴジラなど従来のブルーレイではトーンジャンプが避けられなかった筈だが、このソフトでは巧妙に抑えられているようだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は冷凍うどんのぶっかけ。冷凍うどんを電子レンジで加熱。じゃあじゃあ水洗いしたのを丼に盛ってトマトスライスを乗っける。そこにすりごまをがりごり掛けてレモン汁をぱっぱ。チューブのわさびを適宜入れてさらに博多万能ねぎの刻み。ここに麺つゆをじゃっと入れ、後から冷えたミネラルウォーターをちょっとずつ入れ味を確かめつつがつがつと食い込んでいく。実にンまい!である。300キロカロリー。

 夕食は刻みキャベツとトマトスライス。これに少量のマヨネーズ、しょうゆを掛けて後はたっぷりのすりごま。そして昨日の残りのカレーで仕上げ。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『レジェンド 狂気の美学』を見る。これは1960年代ロンドンで猛威を振るっていた双子のギャングを題に取った作品。昔ながらの組織の繁栄と衰退を描く映画であるが、双子の弟、ロンの狂気を上手く使うことでこれまでにない説得力を持たせている。

 また主人公の双子の兄、レジーと部下の妹だったフランシスの関係もギャング映画らしからぬもの悲しさに満ちている。生粋のギャングであるレジーと良くも悪くもフツーの女性だったフランシスはお互いへの愛のためなんとか歩み寄ろうと努力するのだが、結局二人の間の溝は埋めきれなかった。この悔悟から服毒自殺を遂げるフランシス、そしてレジーは彼女の死でやけのやんぱちになり衆人環視の中で殺人を犯し、その後の30年を刑務所で過ごすことになるのだ。

 ハイビジョン画質は良好。きりっとした解像度の高さこそないが、自然な発色、がたつきのないスムースな暗部諧調表現等々、WOWOW画質としては一級のものである。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドもまた一級品。音の動きや定位がピンポイントで決まる。このキモチ良さと言ったら(笑)。

 その後、前述の『シン・ゴジラ』UHDブルーレイ対ブルーレイの画質対決の続きをやった訳でして。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月30日(金) 「学芸会の喫茶店」
 昨日に続いてガロ駄洒落。今使っている包丁は500円の安物。切れ味がたいそう悪くトマトもまともにスライスできない。ということで400円の砥ぎ器を買って砥いでみたら、あらあらまあまあ、えらく切れるようになった。どっちも大概の安物だったのでまったく期待していなかったのだが、まさに嬉しい誤算。ぐじゅぐじゅと押しつぶしたようになってしまっていたトマトや鶏肉もすぱすぱ、その切り口がまたきりりと美しい。こんな切れ味は初めてだ。

 今度、魚丸ごと一匹買ってきて刺身にさばいてみようかと思うくらい、何、もう15年以上昔になるけれどもまだ結婚前だった弟が釣ってきた鯵をさばくのは私の役目だったからな(調子に乗り過ぎである。さばいていたというけれども出来た刺身はずたずただったじゃないか。猫も二の足を踏むにゃーにゃー刺身だったではないか)。

  仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカップワンタンとお握り、350キロカロリー。昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はカレーの残りにトマト2個を刻んで入れてしばらく煮込んだトマトカレー(そのまんまですな!)これをゴハンにかけてずるずるかき込む。後はキャベツの刻みに少量のマヨネーズ、胡椒、すりごま、醤油を掛けたもの。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,950キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽を聴きながら読書 田中啓文先生の「茶坊主漫遊記」を読む。午後9時過ぎにシャワーを浴びて後はいろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させてまたまた『シン・ゴジラ』UHDブルーレイ対ブルーレイソフトの画質比較。タバ作戦でF2の爆撃を受けたゴジラ、JDAM爆弾が頭に当たって跳ね返り爆発する寸前、瞬膜が眼球を覆っていることにやっと気が付いた。ウウーム、UHDとブルーレイの画質差の前にこれはとっくの昔に気付いてしかるべきだったんじゃないの、君(笑)。
 
 また蒲田に上陸したゴジラ第二形態に弾き飛ばされる車の色つやがやっぱり違うなあ。ブルーレイだと風景の中に埋没してしまうのだが、UHDブルーレイはその色つやそのものが存在を主張してくるからなあ。

 午後11時半に入眠剤を服用し、午前1時過ぎに就寝。

 7月1日(土) 「飯テロの子ら」
 ハインライン駄洒落。さて、7月分注文予定のブルーレイUHDソフトである。まず米国盤は『ビリーリンの永遠の1日』、『ラ・ラ・ランド』、そして邦題で物議をかもした『Hidden Figures』(あれ、結局邦題はどうなったんだっけ)。そして国内盤は7月19日発売の『キングコング 髑髏島の巨神』

 この中で特筆すべきが『ビリー・リンの永遠の1日』 映画作品初の4K/60p仕様となる(劇場公開は4K×120fps×3D)。ソニー・シネアルタF65/4K/120fps撮影。DIファイルは4K。先日のビクター発表会で体験したこのディスクの画質がとんでもなく高品位だった。何の予備知識もなくみたらUHDブルーレイの上を行く新たなディスクメディアの誕生か!とか思ってしまいそうなくらいであった。内容的にはあまり好みではないのだが、こんな画質を見せられたら行くしかないじゃなっすか。なお、UHDブルーレイのみドルビーアトモス音声収録。ブルーレイとブルーレイ3DはDTS-HD マスターオーディオ(16bit)仕様だそうな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース、600キロカロリー。昼飯はひき割り納豆と大根おろしを混ぜた奴。100キロカロリー。夕食はカラーラで作った焼鳥(鶏胸肉を醤油、酒、ゴマ油、液体味噌、オロシショーガを混ぜたタレで揉みこんで焼いた)とトマト1個。後は玉ねぎ・人参・じゃがいも・冷蔵庫の残り野菜軍団(長ネギ、キャベツ、白菜)を使った野菜味噌汁。ビール500ml缶一本飲む。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『フライト・クルー』 ロシアの航空パニック映画だが、これがもうなんというか大変なのよ(笑)。前半は主人公が民間パイロットになったきっかけとか、同僚女性パイロットとのはじめてのチューとか、指導教官との確執とか、パイロット萌えのフライトアテンダントとか、まあ、そういう人間関係を丁寧に描いていて、いささかタイクツなのだが、一旦、話が転がり出すとこれが止まらない、やめられないのかっぱえびせん的ノンストップアクションが展開される訳ですよ!

 何が起こるのかを詳しく書くと、まず、ある火山島で火山が爆発。島民避難の要請を受けて空港(これが崖の中腹に作ってあって2つの滑走路がX字型に配置されているという)に主人公たちの旅客機が着陸。火山から溶岩がどばどば溢れて早く逃げないと危険が危ない!

 しかし、山の中腹に取り残されている人々がいる。主人公たちは車を使って助けに行くのだが、流れてきた溶岩で道が使えなくなってしまう。あわてて山を徒歩で下るのだが、もう間に合わない。あきらめた指導教官は自分たちの旅客機を残して、他の貨物機に避難民たちを乗せて発進。しかし、離陸の際に燃料タンクを破損、燃料がどばどば漏れてとても最寄空港へはたどり着けない。このままでは夜の海に着水するしかない。

 一方、山をぜえぜえ言いながら降ってきた主人公たち。機長たちが行っちゃったことを知り愕然とするがとにもかくにも残された旅客機でなんとか離陸。これが溶岩に倒された給水塔の水で滑走路の火が消えた瞬間を狙ったという『タワーリングインフェルノ』風味(笑)。でも火山灰をたっぷり吸いこんだエンジンが大不調。一つは停止、残されたエンジンも火を噴いてなんとか消火したりする。おまけに降着装置の一つにも異常が発生。引っ込まなくなってしまった。

 そして先発した貨物機の燃料不足を知った主人公は救助の決意を固める。これが「バージル、僕の1号と君の2号で機体を下から押し上げるんだ!」じゃなくてなんと、両機の間にロープを渡し、お手製の籠で人間を移乗させるのだ!こらまたなんて『クリフハンガー』な!

 この無謀極まる作戦が少数の犠牲者を出しながらもなんとか成功。でもこれで安心するわけにはいかない。なんと、嵐で着陸予定の空港が停電状態に。エンジンや降着装置の不調だけでもアレなのに管制塔の航法支援や滑走路のライトもなしで着陸しなければならないのだ!

 これでちゃんと着陸(まあ、不時着も同然の状態でしたけど)するのですから映画というものは上手くできているんですな(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。とくに旅客機の表面の色つやが驚くほどにリアル。音声はAAC5.1チャンネル(エンドクレジットによるとドルビーアトモス公開されたようである)。こちらのサラウンドも抜群の出来。重低音の使い方も上手い。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 トイレの神様が奉ってあるという静岡の明徳寺。「BOMB寺だな」と誠にシツレーなことを呟く斉藤優、「ゴリけんさんのBOMB事情が改善しますように」とメールを寄越した依頼者、どちらにも大笑いさせていただきました。

 (BOMBとはゴリパラ用語で排便のこと)

 就寝午前1時過ぎ。

 7月2日(日) ヒアリハット運動
 ヒアリの恐ろしさは単に毒があるからではない。こいつらは道路に巣を作り陥没させて通行不能にしたり、電気に引き寄せられるというろくでもない性質を持っているから電子機器の内部に侵入して破壊したり、へたしたらインフラに重大な影響を与えかねない存在なのである。

 いや、レギオンじゃないんだから。

 もう一つ無駄話。テレビ東京の「車あるんですけど」 「廃墟マニアの巻」 ゲストのなんとかいうアイドルが「自分の周囲で流行っていることは?」と聞かれて友達を~氏と呼ぶのが流行ってます。  手塚治虫かとツッコまれるかと思いきや、司会のタレント(お笑い芸人)は華麗にスルー。ああ、昭和も遠くになりにけり。あるいはこうも考えられるか。この答えは作家さんが手塚治虫のエピソードからひっぱってきたもの。だから手塚治虫かとツッコまれると元ネタがばれてしまうので、あえてテキトーにごまかしたのではないか。

 こういうのを邪推と申します。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に冷凍食品のやまかけそば。昼飯は公民館行事の手伝いで出た幕の内弁当。夕食はカラーラで焼いた焼鳥。トマトスライス。これをつまみにビール500ml缶一本飲んであとはうどんで仕上げ。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『貞子VS伽椰子』を見る。最初にこの映画に関するニュースを見た時は「ひどい企画だ。もう『北京原人』なみに公開前からダメだ、こりゃ感が満載だ」と思ったのだけれども、意外といい線行っているではないか。まあ、そのいい線が製作者の思惑通りになっているかは保証の限りではないけれども(笑)。

 霊能者の人が何の根拠もなく貞子さんとカヤちゃんを戦わせれば両方消滅するから万事大丈夫だとか言い出して、それがダメと分かったら山本美月さんと玉城ティナさんにいきなり「どちらか死ね!一人が貞子と伽椰子の呪いを引き受けて封印するのだ」 思わずひゃはははと笑ってしまいましたね。

 合体した貞子さんとカヤちゃんの姿もカッコ良かった。でも、決して口が裂けても「ブレアモンスター」みたいだとか言ってはいけませんよ。ネットでは貞子が伽椰子が合体したのだから貞椰子だとか「ドラゴンボール」みたいなことを言っている人もいるようですが、そんなもん、貞奴(さだやっこ)になるに決まっているではありませんか。

 ハイビジョン画質は暗部のノイズが気になる。本当にWOWOWはこの手の画質が多いよなあ。音声はAAC5.1チャンネル。ドルビーアトモス公開作品ゆえか音の動きの素晴らしいこと。うんうん、これならアトモスはやっぱりいらないや(負け惜しみ)。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前一時過ぎに就寝。

 

 7月3日(月) 「ヒアリの研究」
 コナン・ドイル駄洒落。ルルさんといういわゆる放射脳の人がいて「伊藤和子弁護士に対する名誉毀損、池田信夫氏に賠償命令…東京地裁」のニュースに大はしゃぎ。それはそれでかまわんのだが(笑)、勢い余ったのかこんなことを言いだした。 「福島信夫山ネコの憂うつ」などという放射能安全デマブログを運営している池田信夫氏はいろいろ酷い」その「福島信夫山ネコの憂うつ」はこちら。 http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-228.html#comment18195  もちろん別人。そもそも信夫山は福島の地名で「しのぶやま」と読む(笑)。
 
 私もそうだけど、福島信夫山ネコ氏も「放射能が安全である」などとは言っていない。放射線への暴露(エクスポージュアと書くとカッコいいぞ)はその量が問題だと繰り返し述べている。福島での被ばく量は人間に影響を及ぼすレベルに程遠いもの。これは各種知見によって断定された科学的事実だ。 福島の被ばく量で鼻血が出たり甲状腺がんが増えたり心臓疾患が増えたりなどありえない。その程度のことが理解できないから「放射脳」と揶揄されるのである。

 まあ、こんな人だからこそ、「信夫山」をのぶおやまと勘違いして、池田信夫のハンドルネームだと信じこんだりするのだろうが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどんべえカップうどんと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は抜き。夕食はコンビニの冷凍ちゃんぽん、トマトスライス、煮野菜の残り。ビール500ml缶一本飲む。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHDブルーレイ 『ミスぺレグリンと奇妙な子供たち』を見る。いやー、この映画はよろしい。美しさと恐ろしさの境界を曖昧にぼやかしたファンタジー世界はまさにティム・バートンにしかなしえぬもの。そしてなにより素晴らしいのはジョニー・デップが出てこないことだ!(笑)。

 映画も良かったけどそれ以上に驚かされたのがUHDブルーレイのゴージャスな画質。DIファイル4Kの恩恵か、色の乗り方が実に自然でみずみずしい。この発色があるからこそ、現代から1943年のミスぺレグリンの構築したループ空間に入った主人公の驚きがダイレクトに伝わってくる。現代の沈鬱な島の光景が(いや、これも凄い画質なんですよ)1943年の世界では花の咲き乱れる色彩の祭典となる視覚的な衝撃を正しく見るものに伝え得るのは劇場公開を除けばUHDブルーレイが唯一の手段なのだ。

 音声はドルビーアトモス。対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。このサラウンド音声も極上の出来。特に印象的なのが重低音とのつながりが極めてスムースなこと。このレベルになると完全にサブウーファーの存在が消えてしまう。

 その後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで行って委員会」 その後プロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネル録画の『マタンゴ』を天本英世登場場面まで。UHD再生機能付きブルーレイレコーダーUBZ1とプロジェクターX770の組み合わせで見るこの映画の画質の良さよ。改めて冒頭のヨット漂流場面の特撮の凄さを実感する。

 就寝午前1時過ぎ。

 7月4日(火) クロード・ヒアリ
 米国盤UHDブルーレイの『パッセンジャー』 注文から実に57日、配達予定日から1ヶ月と4日遅れたという記録的遅配だったのだが、あれあれ、アマゾンの注文履歴ではいまだに5月22日配達予定になっているぞ。とすると、先日届いた『パッセンジャー』は6月1日に業を煮やして販売店に再送を頼んだものか。先に送られた奴は未だに物流空間をさまよっているのか。それとも物流空間に漂うディラックの海に沈んでしまったのか。

 知っているか、この手の配送事故の物品はメキシコのある街に集められて、その街を牛耳っている麻薬組織の資金源になるんだぜ。米国アマゾンにはそうした組織のスパイが入り込んでいてわざと配送事故を起こさせるんだ(ウソ)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は大根おろしに納豆をまぜたものとトマトスライス。200キロカロリー。夕食は豚バラ肉を使った豚汁とゴハン半合。800キロカロリー。豚汁のバラ肉は冷凍していたものを使ったせいか3時間煮てもいつものように美味しくならなかったのが残念。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『フォンブース』を見る。見始めて5分であれ、これ昔一度見た奴だと気が付いたけど(笑)面白いので、そのまま最後まで。謎の狙撃者によって脅され衆人環視の中で涙目で奥さんに「おれ、違う女とファックしようと狙っていたんだ」と涙目で告白する羽目になるコリン・ファレルに大爆笑。

 その違う女 ケイティ・ホームズ(今となってはサイエントロジーを信じていたか定かではないトム・クルーズの元嫁)がまだまだ可愛いかったのも良かったぞ。

 画質は10年前の映画としてはなかなかのもの。特に暗部のざわつきがなく落ち着いているのが宜しい。音声はAAC5.1チャンネル。包囲感はあるもののサラウンドの情報量が少なく感じられる。あんだけ野次馬が集まっているのだからもっとがやがやしていいはずだ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。「ライオン丸」 「俺は笛キチガイの笛キチだ」という台詞が心にしみる夜であった(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 7月5日(水) 「わたしは籠池」
 テレシコワ駄洒落。安倍首相の演説に100万円の札束持って現れるとか、この人は「怪人」としての凄みを増すばかりだと思う。ドクター中松も選挙のたびにぴょんぴょんジャンピングシューズで飛んでいる場合じゃないぞと思うのである(まあ、最近はさすがに選挙に出てませんけどね)。

 スティーブン・キングの「ブレイズ」を読み始めた。もちろん、キンドルでダウンロード一発、およそ9ドル!である。現在読了6パーセント。主人公のブレイズはちょっと知的障害のある青年で、相棒のジョージにどやされながら駐車場で車を盗む。ドアロックがされておらず、マットの下にキーが隠されていたので簡単に盗むことができた。彼に車を盗ませる間、酒場にビールを飲みに行ってしまうジョージ。彼を迎えにいくかどうか悩むブレイズであるが、彼はやっと思い出す。ジョージはもう3ヶ月も前に死んでいたのだ・・・。

 9月26日発売予定の新作「Sleeping Beauties」までのつなぎでございます。

 本日は休み。午前8時に起き出してダビングや亀飼育場の整備、餌やりなど。午前10時半に昨日の豚汁の残りでゴハンを半合。その後、事務所に行って倉庫に山積みになっていたペットボトル、空き瓶のゴミをまとめて出す。

 午前11時半からバスで博多駅へ。ゴールデンウィーク以来のブックオフ博多駅前店参り。柳内たくみ先生の「戦国スナイパーシリーズ」2冊(文庫版)、「クッキングパパ 86巻」等々を100円本で見つけて歓声を上げる。

 それから地下鉄で天神へ。人間ドックの時に言われていた甲状腺の3か月後検診を受けるためである。先生に長々と説明されたけれども良く分からず(笑)。まあ、経過観察はちゃんとやりましょうということらしかった。悪くすると橋本病になる可能性があるけれども、その場合も投薬で治療できるので安心してくださいとちっとも安心できぬことを言われた気もする。

 その後バスで帰宅。いや、赤のれんでラーメンと生ビールなんてことも考えたのだがブックオフで買った本が重くって面倒臭くなっちまったんだよ。

 帰宅後、昼酒。コンビニのマカロニサラダや缶詰のホタテオリーブオイル漬けをつまみにビール500ml缶一本。ホタテオリーブ漬けは電子レンジで加熱しようとしたらぽんぽん身がはじけ飛んでレンジ内がえらいことになった(笑)。それでいて、そんなに美味しくもなかったという・・・。

 後はマルタイ棒ラーメン九州味で仕上げ。

 夕食は昼飯が遅かったので自分で作ったポテトサラダのみ。茹でてマッシュしたじゃがいもに細かく刻んだトマト、玉ねぎ、ハムを入れてぐちゃぐちゃと混ぜ合わせマヨネーズ、レモン汁で味付け。ふと思いついてウスターソースではなくトンカツソースを掛けてみたらこれが意外なことに大成功。トンカツソースまみれのポテサラの向こうに確かにトンカツ本体が見える!ポテサラがトンカツの付け合せみたいに思えてくるのである。

 またビール500ml缶一本飲む。

 その後は映画を見ずに読書。前述のスティーブン・キング 「ブレイズ」を読んだのだ。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ライオン丸」 全放送54話の半分も行っていないのにこんな濃い話ばっかりで大丈夫かとうしおそうじさんでもないのに心配する私である(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 7月6日(木) 「足軽おじさん」
 戦国駄洒落。昨日ブックオフ博多駅前店に行った時のこと、ついでに某大写真機販売店を覗いてみたのだが、有機ELディスプレイというエポックメイキングな製品が発売されているというのに展示が例によって例のごとしで実に不満であった。あんな明るい店内に展示されていたら旧来の液晶ディスプレイとの画質の違いなんて分かりっこない。そして映っている映像について何の説明もないのもいかん。UHDブルーレイ、4K放送録画等々の区別がまったく分からないのである。

 なぜ、こうしたデモ映像に映画のUHDブルーレイソフトを使わんのかと思うのである。著作権の絡みがあってそれはできないのかも知らないが、だったらUHDブルーレイソフトの「宮古島 癒しのビーチ」くらい使わんかい。これは先日のビクタープロジェクター体験会でも使われていたぐらいの高画質ソフトでプロジェクターの性能によって遠くを歩いている女性の服のしわの様子がまるっきり違っていたりするんだ。オ、オレはこういうので角松かのりさんのオッパイに負けないくらいコーフンするのだ、はあはあ。

 とか下らぬことを考えていたら(笑)あれ、LGの大画面有機ELディスプレイで『パシフィックリム』やっているではないか。あれはUHDブルーレイソフトに違いないうむむむ、著作権の絡みはどうなったのだ(笑)。しかし肝心の映像がやっぱり展示が雑でその良さが分かりづらい。HDRで白ピークが伸びていることだけは分かるのだけれども、暗部の沈みなど店内の明るさに邪魔されて逆に浮いてしまっている。ここまでLGの有機ELディスプレイを特別扱いするのなら、せめて暗幕で囲うぐらいするべきではないか。これではせっかくの高画質が台無しだぞ。

 いちいちうるさいことでどうもすいません(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は納豆と大根おろしを混ぜたもの。100キロカロリー。夕食はマルちゃん 「北の味わいざるラーメン」 温泉卵、茹でもやし、トマト2個、チャーシューを乗っけたもの。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽聞きながら読書。先日のブックオフ博多駅前店訪問で手に入れた柳内たくみ先生の「戦国スナイパー 1」を読む。戦国時代にタイムスリップした自衛隊員が歴史にほぼ無知、織田信長は知ってても佐々 成政は知らないというレベル。こういう設定は斬新じゃないか(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 7月7日(金) 「桶狭間なんてないさ、桶狭間なんてウソさ」
 戦国駄洒落第2弾!ブックオフ某店で「らーめん才遊記」4冊を100円本で購入。改めて読んでみるとツマンネー漫画だが(笑)それでも全巻コンプリートできたので大変に嬉しい。さらにこの店舗では「クッキングパパ」が通常の店舗では350円のところが260円で販売されている。アマゾンでクッキングパパ中古1円本とほぼ同じ値段(本体1円、送料257円 合計258円)で、しかもアマゾンでは中古本の全部が1円という訳ではない。

 今度まとめて買って念願のクッキングパパ全巻コンプリートを果たすのだ!こんなにいろいろ楽しいことがあって世間の皆様にほんと、申し訳ないです!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯はトマト1個、チャーシュー、温泉卵、茹でもやしトッピングのマルタイ棒ラーメンの冷やしラーメン。はっきりいってスープは今一つだけど、麺が美味しい。ヌルついていて安っぽい感触が実に舌に心地よいのだ(あ、あれ、誉めてないっすか?)。 500キロカロリー。

 夕食は玉ねぎスライスにかつおぶしと博多万能ねぎ刻みを振り掛けて味ポンかけたオニオンサラダでビール500ml缶一本。その後、仕上げにお馴染みマルちゃん「北の味わいざるラーメン」 例によって例のごとくトマト、チャーシュー、温泉卵、茹でもやしトッピングって昼食とまったく同じ(笑)。それでも美味かったよ。

 その後、音楽を聴きながら読書。柳内たくみ先生の「戦国スナイパー 2巻」読了。続刊はどうしよう、某所の本屋の中古本コーナーで100円本じゃないけど在庫があったな、今度買に行こうっと。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ケンミンショー」等々。午後11時過ぎにプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『日本一のワルノリ男』。激しく図々しいが根は朴訥な田舎教師だった植木等がソープ嬢(スチームサウナのトルコ しかし、この人は個人的に金を取って本番行為をやらせている)のヒモとなって言語道断の真っ赤なスーツを着ていやいやどうもと会社に現れる場面は何度見ても最高ですな!

 就寝午前1時過ぎ。
 
 7月8日(土) 「桶狭間のQ太郎」
 戦国駄洒落第3弾!ヤフオクで7月26日発売の『君の名は。』UHDブルーレイを落札。定価12,960円(アマゾンで9,630円)のコレクターズエディションからUHDブルーレイのみを抽出し出品した商品とのこと。純正ケース、ブックレット付き。ブルーレイディスクと特典ディスクは付属しない。落札価格は5,900円。

 ブルーレイは必要ないし、特典ディスクには興味なしの私であるからこうした出品方式は大歓迎であるのだが、この出品者はまた同じ方式で『君の名は』UHDブルーレイのみを他にも出品しているのである。気になって出品リストを見てみると、ははあ、同時にコレクターズエディションのブルーレイディスクを3,980円で出しておられますなあ(笑)。おやおや、特典ディスク(ブルーレイ)3枚も3,800円で出品しておられる。合計13,680円。

 アマゾンでの価格が9,630円だから1セットにつき4,050円の利益になる訳で、ウウーム、姑息じゃなかったなかなかウマい商売の仕方でありますなあ。

 ブルーレイスペシャルエディション(定価8,424円 アマゾンで6,265円)の特典内容
特典ディスク1(Blu-ray)】収録時間:188分
○ビデオコンテ
作品のすべての設計図ともいえる新海誠監督によるビデオコンテ
○「君の名は。」メイキングドキュメンタリー
完成までの約1年間の制作過程を追ったメイキングドキュメンタリー

【特典ディスク2(Blu-ray)】収録時間:124分
○ ビジュアルコメンタリー(神木隆之介・上白石萌音・RADWIMPS)
アフレコや楽曲制作の秘話など、本編を観ながら余すことなくその裏側を語りつくした貴重なビジュアルコメンタリー
○未使用音声クリップ
本編映像に未使用音声をのせた音声クリップは、パッケージだけで楽しむことの出来る未公開映像
○ノンテロップ・オープニング
○サントリー天然水CM
○スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition-
このオリジナルバージョンのために新海誠監督が新たに編集したスペシャルミュージックビデオ

 4Kコレクターズエディションには上記二枚の特典ディスクに加え
【特典ディスク3(Blu-ray)】収録時間:204分
○『君の名は。』の物語~現代の物語の役割~ 新海誠監督講演映像
物語の作りや、各シーンに込められた意味などを新海誠監督自らが解説
○イベント記録映像集
(製作発表記者会見、ワールドプレミアANIME EXPO2016、君に感謝! 大ヒット御礼舞台挨拶、釜山国際映画祭、クリスマス&年忘れSP、大合唱上映会)

 上記出品のUHDコレクターズエディションばら売りだと、本編ブルーレイディスク、特典ディスクを落札すれば(合計7,780円)ブルーレイスペシャルエディションに+1,515円で第三の特典ディスクが手に入る訳である。UHDブルーレイは必要ないが特典はみーんな欲しいというニーズにぴったりの商品ですな!と思っていたら純正ケースが付くのはUHDブルーレイのみでブルーレイ本編ディスク、特典ディスクは透明ケース又は不織布ケースで送られてくるようになっている。

 だったら素直に4Kコレクターズエディションを買った方が良くないかと思うのであるが(笑)。落札した人間の言うことではない、そうですか、それもまたごもっとも、ごもっとも。いやあ、あなたのような良心的な人がいてこそ、商習慣のモラルが守られるってものですよ(ちょっと植木等風)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は珍しくコンビニ弁当、のり弁。後は午後3時から午後8時過ぎまで公民館で行われた笹祭りに参加。生ビールサーバーで生ビールを売って売ってうりまくった。

 自分でも結構飲んだ(笑)。

 午後9時過ぎに帰宅。シャワーを浴びて飲み直し。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 その後、プロジェクターを起動させて『日本一のワルノリ男』の続きをと思ったのだが、疲れが出てきてそのままぐー。

 はっと気が付いたら午前3時過ぎ。ふみい、ふうんんと可愛らしく瞼をこすってベッドに入る。

 7月9日(日) 回鍋肉オンチ
 私は本当に方向オンチで初めて行くような場所では必ず迷うんである駄洒落。「少年ジャンプ」を見てびっくりした弁護士の人が「エッチなのはいけません!」騒動。まあ、これ自体は昔から幾度となく繰り返されてきたものなのだが、今回は初めて「手塚治虫や藤子不二雄はエッチな漫画とか描いてない」という人が出てきて仰天した(笑)。

 いや、オレは「不思議なメルモ」のアニメとかエッチすぎて恥ずかしくて見られなかったんだけど。

 子供の頃はAVなど想像もできないもので、ビニ本すらまだまだ未来の出来事であった。私らオトコノコはそうしたエッチ関係の慰めを漫画で得ていたのである。たまに雑木林でエッチな雑誌がまとめて捨てられていたのを友達と見つけたりなんてことがあったけれども、わあと開いてみたら、何しろ捨てられていた雑誌でしょう、当然雨ざらしな訳でしょう、ページをめくったらずぶずぶに濡れていて黄色いナメクジみたいな変な生き物が張り付いていたりしてわあと逃げたりしたもんですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドイッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼は抜き。夕食はコンビニの冷凍食品のちゃんぽん。前に食ったときはえらく美味しいと思ったのだが・・・。いや、麺とスープはいいんですよ、でもたっぷり入っている野菜がどれもぐちゃぐちゃでねえ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,000キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『国選弁護人ユン・ジンウォン』を見る。いや、はっきり言ってあの検察官のやったことは余計でしかなかっただろう。警察官も一人殺されているのだ、結果的に一人の少年を殺してしまったとしても十分に正当防衛の範疇に入るだろう。なぜわざわざばれると自身の検察官としての破滅に直結するような姑息な隠ぺいをやらねばならんのか。

 法廷ドラマとしては実に良くできているだけにこの点がなんとも残念だ・・・と思っていたのだが、最後の最後で少年を殺された父親、その父親に少年を救うためとはいえ息子の警察官を殺されてしまった父親、が対峙する場面でその不満が一気に解消された。主人公の駆け出し弁護士の活躍を描く映画だから、この父親たちに対するスタンスはどうしても他人事にならざるを得ない。そこから一気に見るものを父親たちの悲しみに引き込んでしまう場面転換の見事さよ。

 なお、この映画も実話ベース(笑)。いろんな意味で韓国ってすげえ国だよなあ。

 ハイビジョン画質は諧調の推移部分に変なノイズが乗る。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドの出来が良い。確かな方向性の表現、適切な重低音の使い方等々、まさに一級品である。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネル録画の『日本一のワルノリ男』を最後まで。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 7月10日(月) 変われCCガールズライオン丸に
 「怪傑ライオン丸」主題歌駄洒落。浅草キッドの「慰安婦問題で大変なことになっている日韓関係改善のため政府はCCガールズの派遣を決定しました」というネタで大笑いしたこともあったなあ。

 『ブレードランナー』UHDが日米で発売。米国盤は9月5日で米アマゾンで38.46ドル。国内盤は9月20日の発売で6,469円。納期を考えると手元に届くのは日米でほとんど同時。米国盤の38.46ドルは日本円換算で4,386円。送料を考えても国内盤より2,000円ほど安くなる。ウウーム、これでブルーレイの時のように米国盤にも日本語字幕がついているのなら迷うことなく米国盤をチョイスするのだが。

 まあ、この販売価格はこれから発売までにいくらか安くなると思うので、その時にまたいろいろ頭を悩ませるとしましょうかね。

 (国内盤にはちょっとお高め 7,549円 スチールブック仕様も発売される。でも私はこれは買わない。値段云々はともかくとしてスチールブック仕様ってカッコいいけどソフトラックに上手く収まってくれず他のソフトから浮いてしまうんだよ)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。 朝飯はどん兵衛カップうどん 400キロカロリー。昼飯は久しぶりの膳でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は暑さに体が負けそうになっていたのでいきなりアイスクリームを食う。300キロカロリー。後はトマト1個とキュウリを一本。100キロカロリー。

 本日の摂取カロリーは1,800キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ドクターストレンジ』を見る。秀逸なビジュアルイメージは3Dで見なかったことをいたく後悔させるだけの力はあったがストーリーがどうにもこうにもワンパターン。途中でスタン・リーがうひひと笑いながら出てきてラストで他のマーベルヒーローとおしゃべり、そしてエンドクレジットの後に続編へとつながる重要な場面。このワンパターンが好きな人に喜ばれるのかも知れないが、私はもういいです、いい加減げっぷがでます。

 ただ一つの救いは細かなギャグがシャレていたことぐらいか。レイチェル・マクアダムスが再び、病院に姿を現したベネディクト・カンバーバッチを見て「あんた、また来たの?」とがっかりする場面など良かったですなあ。

 ハイビジョン画質には大きな欠点がある。暗い場面であの格子状の模様が見えてしまうのだ。これは明るさやピクチャートーンの調節でも解消することができず、明るい場面との画質差があまりにも大きい。これはレンタルだからいいけど、こんなソフト買わされた人はかわいそうだと思うぞ。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。サラウンドは文句なし。シアタールームの天井の高さが2倍になったかのように思われるスケールの大きな音場がマーベラスだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。ブルーレイメディアへのダビングなど。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 7月11日(火) 「蛇にキックアス」
 芥川賞駄洒落。念のために言っておくけれども元ネタは「蛇にピアス」だから。WOWOWで『シン・ゴジラ』初放送。おやおやサラウンド表記が5.1チャンネルになっているぞ。オリジナルはフロント ライト・レフト、センター、サブウーファーチャンネルの3.1構成なのに。もしかしたらWOWOW放送用にリミックスしたのか。まあ単純に疑似サラウンド化しただけだろうけど。

 ひょっとしたら番組タイトルのテンプレートに3.1チャンネル音声がなく、しょうがないのでもうこれでいいやと5.1チャンネル表記にしてしまったとか(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのしゃきしゃきレタスサンド。200キロカロリー。昼は冷凍うどんのぶっかけときゅうり一本、400キロカロリー。夕食に炒めた茄子と生卵でゴハン一合。600キロカロリー。後は玉ねぎともやしのみそ汁。100キロカロリー。  本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後UHDブルーレイの『パッセンジャーズ』を再見。やっぱり綺麗だなーとアホのように見とれてしまう。特に深遠な宇宙空間の表現は筆舌に尽くし難し。昔、LDの『スターウォーズ』で液晶プロジェクターのコントラスト性能が上がると宇宙空間の星が増える(ように見える)!と騒いでいたことを考えると、今のAV環境はまさに夢の実現にほかならぬ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。録画番組の消化など。「探偵ナイトスクープ」 将棋の歩の駒をさかさまに立てて残り39枚の駒を全部積み上げるというネタ、こ、これはつのだじろう先生の「5五の龍」で紹介されていた相手をビビらせるために将棋の真剣師が使うという禁断の技ではないか(「5五の龍」 愛蔵版 271ページ)。

 その辺どうするのかと思っていたらまあ、真剣師のしの字も出てきませんでしたが(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 7月12日(水) 「ハリマオにさわる」
 「腫物にさわる」駄洒落。レンタルブルーレイで『トリプルX 再起動』というのを見る。まー、私としたことがこの映画がシリーズ3作目であるということなどすっかり忘れていて、うすらぼんやりと『ワイルド・スピード』シリーズの新作じゃないかと考えていたという・・・。たぶんというか、おそらく、いや絶対に前の2作、『トリプルX』、『トリプルX ネクストレベル』を見ている筈なのにこの有様なのですから我ながらびっくりです。

 映画の内容はまあともかくとして、冗長な会話で映画の流れが寸断されるのがちょっと辛く派手派手なアクション映画なのにおかげで2回寝落ちしました(笑)、ブルーレイの画質がひどいのなんの。暗部でノイズが増えて奥行き感もへったくれもなくなるのは良くあることなのだが、このソフトは明るい場面でまで色が滲んでいて大変に見苦しい。おかげで見かけの解像度ががくりと落ちてしまっており輪郭強調が必要以上に目立つ。

 音声はドルビーアトモス(しつこいようだが未対応の我がAVシステムではドルビートゥルーHDとして再生される) こちらの方は標準以上の出来栄えなので画と音の乖離がより際立ってしまうのであった。

 なんでこんな画質が許されるのかねー。

 本日は休み。午前8時に起床してシャワーを浴びる。午前9時過ぎにトースト1枚、スライスチーズ1枚、目玉焼き、トマト1個を使ったサンドウィッチで朝食。600キロカロリー。昼飯はスライスしてすりごま、マヨネーズ、しょうゆ少々を掛けたトマト1個、キュウリ1本、そして仕上げにざるうどん。400キロカロリー。ビール500ml缶一本飲む。

 夕食はまたもトマト1個、キュウリ1本。これをつまみにビール500ml缶一本飲む。120キロカロリー。野菜に飽きたせいかこれで十分にお腹いっぱいとなった。

 本日の摂取カロリー量は1,120キロカロリーなり。

 その後、前述のレンタルブルーレイ『トリプルX 再起動』を見てぐわああ、なんだこの画質は!と叫んだのである。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「さんま御殿」 蛭子能収先生がいつも以上にぐたぐた。話題の順番を間違えたり、まったく同じことを2度答えたり、しまいには手元の進行表らしきものを必死で確認したりしている。

 こういう場面がカットもされずに堂々と放映されるのも蛭子先生の人徳のたまものだよなあ(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 7月13日(木) 「出物ハリマオところ嫌わず」
 ハリマオ駄洒落第2弾!ようやく「The Invisible Monster (1950) 」を最終エピソードまで見ることができた。見始めたのが4月だったからたかだかシリアル一本見るのに3ヶ月費やしたことになって誠に面目ない。次の映画 『恐竜時代』は生まれ変わって真人間になってもっと真面目に見たいと思っております。

 エピソード10 「High Voltage Danger」 もちろん、カ―ソンは爆発寸前の納屋から上手いこと逃げ出すのですが(笑)。透明ボスは怒り狂っております。「く、くそ、また金を奪い損ねた。これでは私の計画が実行できん」部下 「ボス、そんなこと言わないでまた透明マントとライトを使って強盗やりましょう」「馬鹿者」部下を怒鳴りつける透明ボス。「もう私たちはカ―ソンの前で透明ライトを使いすぎた。たとえば・・・」

 ここでアペックス保険会社に囚われた部下を口封じに射殺する透明ボスの回想シーン。ああ、総集編(clip show)みたいなものか、せこく時間を稼ぐなあ(笑)。

 しかし透明ボスはにやり。「ふん、私にいい考えがある」

  さて、アペックス保険会社ではカーソン、キャロル、社長が議論しています。カーソンは「私たちは不思議なライトを何度も目撃した」キャロル、「そういえばあのゴミ箱から書類が消えた時も変だったわ。私たちは人なんか見なかったのにいつの間にか消えていた」「あのライトが曲者なのだ」

 はい、ここでまた当該場面が繰り返されます。

 「あの奴らが密輸入した液体も問題だな」 はい、ここでまたまた透明ボスの部下たちを追っかけていたカーソン、キャロルが燃え盛るトラックに追突される場面が長々と・・・。

 カーソンは「変なライトの光の目撃例はないかと警察に連絡した。するとどこそこあそこの倉庫で不思議な光を見た人がいるんだ、今から調べてくる」と例によって説明的に過ぎる台詞を口にしてお出かけです。

 しかし、これは透明ボスの罠でした。大型のライトのような装置、実はこれに高圧電流が流れていて触ると感電して即死してしまうのです。あ、部下の一人がけっつまづいて装置に倒れ込んだ。びやびやびやと派手な火花が散って部下即死。ひでー。

 残りの部下二人は彼の死体を片付けてカーソンを待ち受けます。しかし、さすがはカーソン、隠れていた部下の一人を見つけてまたも殴り合い。しかし、もう一人の部下が背後からカーソンにバールを投げつけます。装置に向かって倒れるカーソン、びばばばばと火花が散ってエピソード11 「Death's Highway」に続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどん兵衛カップうどんと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウに冷素麺。200キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウ、玉ねぎともやしの味噌汁に卵を入れたものとざるうどん。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ブラッディサンデー』 1972年1月30日、北アイルランドのロンドンデリーで発生した軍隊による一般市民への銃撃事件 『血の日曜日事件』を題に取った映画である。この事件については知っていたけれども中国の天安門事件とは違って軍と群衆双方のボタンの掛け違いが原因になっていたのだろうと思っていた。

 この映画ではその「ボタンの掛け違い」の発端が明確に描かれず、「市民の攻撃に反撃した」という軍の言い分にかなりの疑問が投げかけられている。他にも逃げ惑う市民を後ろから撃つ奴や、白いハンケチを振りながら負傷者を助けようとする市民を撃つ奴、しまいには倒れている市民にとどめを刺す奴とかでてきて、天安門もかくやという虐殺ぶり。これでは中国のことをあれこれ言えん。

 (2010年に下院でこの事件について謝罪したキャメロン首相は、兵士たちが警告なしに発砲したこと、火炎瓶や投石による攻撃に反撃した兵士は皆無だったこと、殺傷された者の中には明らかに現場から逃れるか負傷者を助けようとしていた者がいたこと、事件後、多くの兵士たちが偽証していたことを認めた ウィキペディア)

 ハイビジョン画質は2002年製作(テレビ映画として製作された)とは言え、奔放なフィルムグレインの振る舞いが目障り。でもこれが単なる画質の悪さではなく、ドキュメンタリー的な側面を強調するためのテクニックであることが映画が進むにつれて分かってきたりする。

 音声はAAC5.1チャンネル。大胆な重低音の使い方に驚かされる。あまり情報量に優れたサラウンドではないのだが、この重低音で画面の重苦しさを表現しているのである。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して前述の「The Invisible Monster (1950) 」を見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 7月14日(金) 「ハーレムものにさわる」
 ねえ、ハーレムものってエロゲーから来ているのかい、何だよ、笑わないでくれよ、本当に知らないんだから教えておくれよう駄洒落。

 「The Invisible Monster」 (1950)  エピソード11 「Death's Highway」 まあ、カーソンが高圧電流で焦げ焦げになることなどありえません(笑)。悪漢の投げたバールは装置そのものに命中して火花を上げさせただけだったのです。

 あわてて逃げてきた二人の部下の報告を聞いた透明ボス 「ウウーム、またカーソンめを取り逃がしたのか」「ボス、ボス、奴がいるんじゃ透明装置が使えないじゃないですか」「いや、私に良い考えがある」ボスのアイデアとは透明ランプを携帯できるまでに小型化すること。透明ボスはその小型ランプのための発電機をあるガレージに依頼します。

 さて、またカーソンのオフィス。カーソンがまた説明台詞を長々と(笑)。奴らが密輸入した液体はある種のマニキュアに似ているそうだ。このマニュキアはある光を当てると色を変える。奴らはこの原理を応用して物体を透明化しているのだ!」

 カーソンは自分があやうくひっかかりそうになった電撃装置を調べて「この筐体について問い合わせたらこれは大量生産品ではなく、小さなガレージメーカーの一品ものらしい。そんなガレージメーカーはたくさんあるが、特殊な溶接方法が使われていた。そんなことができるガレージはただひとつだけ、今から調べてくる」

 そのガレージでは今まさに透明ボスへの部下たちに発電機が引き渡されるところでありました。そこへやってきたカーソン、ガレージの社長と話しているところを部下に後ろからぽかり。昏倒します。部下たちは彼をナイフで刺し殺そうとしたのですが、ガレージの社長が「うちでそんなことやらんでくれ、どっかへ運んで殺してくれ」

 部下二人は「いや、わしら、これからやることがあるから、後から戻ってきて奴を引き取るから」しぶしぶ承知するガレージの社長。三人は縄でカーソンを縛り上げるのでした。その時、密かに時限爆弾を置いていく部下#1。面倒臭くなったので社長ごとカーソンを吹き飛ばそうとしたのです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース 500キロカロリー。 昼飯はトマト一個と納豆。200キロカロリー。夕食は玉ねぎと茄子を焼肉のたれで炒めたもの、後は卵焼き。最初にビール500ml缶一本飲んでゴハンを一合。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、昨日届いた米国盤UHDブルーレイの『ビリーリンの永遠の一日』を見る。いやー、主人公とスティーブ・マーチンの会話が凄かった。彼らの小隊の体験を映画化しようとして「いいかね、君の物語はもはや君だけのものではない。言語化、映像化されてアメリカの人々に共有させるべきなのだ。この不人気な戦争への印象を少しでも改善することも使命なのだ」主人公は胸を張って「私の体験は私だけのものです。誰にも渡すつもりはありません」

 彼の姉、ええ、いろいろややこしいことがありましてざっくりいうとこの人の婚約者とモメて、結果的に主人公が軍へ志願することになって(ほんと、ざっくりだなあ)、彼女は弟が怪我しないか、戦死しないか、死ぬほど心配している。

 そんな姉とハーフタイムショーの間に知り合って恋に落ちた?チアガールの二人が期せずして「あなたはデコレーテッドヒーロー 虚飾の英雄、だから戦場に戻ることはない」と同じことをいう場面にも恐れ入ったなあ。

 UHDブルーレイは劇場公開4K×120fps×3Dのエッセンスを伝える4K/60P(映画作品初)収録。これがもうなんとも言えん。美しい映像だがそのにゅるにゅるとした動きは映画作品としては違和感を覚えずにはいられない。UHDブルーレイ 「宮古島」のような映像で映画を見せられるとでも言えばいいか。

 しかし、それでもなおクライマックスのハーフタイムショーの映像は圧巻。恐ろしいほどの臨場感だ。使い古された表現で申し訳ないが、あたかも自分がそこにいるような感覚を確かに味わえる。

 音声はドルビーアトモス 例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生。戦場やハーフタイムショーの音響設計が優れているのはもちろんだが、それ以上に気に入ったのがフットボール場内の環境音。細やかなサラウンドに感動させられたぞ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 明日は子供会ソフトボールの手伝いで午前7時起きなのでとっとと酔ってとっとと寝る。

 

 7月15日(土) 出物ハーレムものところ嫌わず
 ハーレムものというジャンルに嫌悪感を覚えるのは「いやいや、さすがにファンタジーでもそんなことなどあり得ないでしょうが!」という私の人生観の故か駄洒落。そんなにモテモテとかある訳ないし、もし仮にそんな状況があったとしたらそれは100パーセント美人局の類に相違ないのだ、うん。

 常々姪のT子とY乃に言っていること。「お前たちね、オタク男子はいいよ。頭が良い奴多いし結構凄いところに勤めている奴多いし、それになによりあんまりモテたことがない奴ばっかりだからね、付き合うとか結婚とかなると女性を大事にしてくれるんだよ。でもね、ネットで知り合って初めてのオフ会で会うときにアニメのキャラクターのTシャツ着てくるような奴はダメだ、そいつは奥さんもいたのに」

 うん、本当にそういう奴がいたんすよ(笑)。

 本日は朝から校区内の子供会ソフトボール大会。午前7時に起きてうどんの朝食。300キロカロリー。シャワーを浴びてからきつすぎる日差しの中をひいひい言いながら出発する。これから6時間、あなたの目はあなたの体を離れこの過酷な労働の時間の中に入っていくのです。昼飯は大会で出された弁当。でっかい鶏唐揚げが2個入っていてちょっとしんどい。摂取カロリー量外食一律暫定基準の1,000キロカロリー。

 午後2時過ぎに終了して帰宅。シャワーを浴びて事務所で仕事。夕食はコンビニのチキンナゲットと焼きナス一本。500キロカロリー。これでビール500ml缶一本飲む。その後ウィスキー水割りに切り替えて飲んでいたらなんかいろいろどうでも良くなって買っておいたサンポーの焼き豚ラーメン(このカップラーメンは本当に美味しい)もほったらかしになっちゃった。

 本日の摂取カロリーは1,800キロカロリーなり。

 ひとしきり酔って久しぶりにブルーレイで「マクロスF」を見る。いやあ、シェリルはカッコいいし、ランカは可愛いし、アルトは口が悪いけどすっげえ良い奴だと改めて思う。オズマがモニター上のバジュラ群を目線の動きで照準しアーマードのミサイルを全弾発射する場面の凄みもいまだ健在。「マクロスΔ」ではこの種の凄みがまったくなかったもんなあ。

 就寝午前12時過ぎ。

 7月16日(日) 「アルマダの体操」
 無敵艦隊駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950)  エピソード11 「Death's Highway」 爆弾に気付いたカーソン、大暴れしてガレージの社長に爆弾の存在を知らせます。危ういところで爆死を免れた社長はカーソンの縄をほどくと、怒りのあまり「あいつらはこれこれの手下であいつらはこれこれをたくらんでいるんだ。ワシは奴らに高い報酬を貰って手伝っていた」カーソン、部下のトラックを追いかけます。

 さて、このトラックは電話会社の作業車っぽく偽装されております。何のためかと言うと、部下が小型化された透明ランプを持って電信柱に上っていかにも「電話線をメンテナンスしてますよう」という風情を装い、その実、電信柱の上から透明ランプで透明ボスを照らすのですな。透明になった透明ボス、銀行の前に駐車してあった現金輸送車からまんまと多額の現金を盗み出すことに成功したのでした。

 警察からの知らせで現場に駆け付けたカーソン、部下たちと銃撃戦になります。部下の一人が撃たれて倒れのこりの二人は偽装作業車で逃走。後を追うカーソン、例によって例のごとく山道でのカーチェイスとなり運転を誤ったカーソンの車が崖からどかーんと飛び出してエピソード12 「The Phantom Meets Justice」へ続きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は茄子を炒めた奴と昨晩食べなかったサンポー焼き豚ラーメン。500キロカロリー。夕食は冷凍食品のエビマヨでビール500ml缶一本飲んで冷やしうどんで仕上げる。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『アイスブレイカー超巨大氷山崩落』を見る。肝心の氷山は崩落してこないし、氷海のど真ん中で立ち往生しているのになんだかのんびりしている乗組員たちにもいらいらさせられるし、つまんねー映画で1時間半経過したところで視聴中止。残りは後日にします。

 劇中の時間軸は1985年の冷戦中、動けなくなった貨物船を西側の飛行機が見つけるのだが、とりあえずあーなんか船がおりますわと報告しただけでそのまんまほったらかしという場面だけは面白かったなあ(笑)。

 シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 7月17日(月) アジャラカモクレンフウライマツ低血圧のパッ!
 落語駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950)  エピソード12 「The Phantom Meets Justice」 崖から転がり落ちたカーソンの車。もちろん、カーソン自身はその寸前に車から飛び降りていたのです。さて、部下に逃げられてしまったカーソン。しかし彼は涼しい顔で「なに、銃撃戦で負傷した奴の部下を今治療中だ。そのうち喋れるようになるからそいつからいろいろ聞き出せばいい」

 透明ボスは当然心配しております。「くそ、ロングが捕まったか。口封じをしなければならん」彼は二人の部下を呼び出すと「カーソンを見張っていればロングの居場所が分かる筈だ、後はどうすればいいか分かるな」

 部下二人はカーソンを付け回してついに郊外の病院に匿われているロングを見つけたのです。彼らは病室へ押し入り、ロングをあっさりと撃ち殺してしまいます。逃走する二人。しかし、ロングは即死していませんでした。彼は自分を裏切った透明ボスに怒り、アジトの場所をカーソンに教えてしまったのです。こと切れるロング。カーソンは「それだけ聞ければ十分だ」アジトに急行するのでした。

 さて、透明ボスはさらに酷いことを計画していました。前回の銀行強盗で大金を得た透明ボス、いろいろヤバくなってきたのでいったんアメリカから逃げ出そうとしていたのです。しかし、彼が外国から連れてきた部下がまだ数人残っています。彼は腹心の二人に「うん、それでオレは電撃処刑器を作った。やり方はかんたん、壁の処刑器から伸びている電極を押し付けるだけだ。これで殺せば事故にしか見えん」いやいや、そんなことはないと思いますよ。それにしてもヒデー野郎だな、こいつ。

 透明ボスはライトで透明になりいらん部下を待ち受けます。別室から連れてこられるいらん部下たち。ほとんどドナドナですな(笑)。

 しかし、ここにカーソンが飛び込んできた。部下たちと銃撃戦を開始します。流れ弾が透明ライトを破壊してとうとう正体を現す透明ボス。そして哀れなことに彼はどたばた戦っている最中にうっかり電極を踏んでしまいばちばちと電撃にやられてしまうのでした。稀代の悪党の最後であります。

 事件は終わりました。カーソンのオフィスに運び込まれている悪党ボスの機械群。キャロルは興味深そうに透明ライトを見ております。ついと近寄ってきたカーソン「君もこれを使えばナイトクラブのスターになれるぜ」「私はこの仕事でスターになるのよ」今一つロマンチックでない台詞ではありますが、これを持って「The Invisible Monster」 のサゲとさせて頂きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は冷素麺1把。200キロカロリー。夕食はレトルトのカレーとキュウリ2本。暑いので辛いカレーを食ってひーひー言いたいと思って買ってきた大辛カレーであったが、むう、そうでもなかったなあ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後米国盤UHDブルーレイで『ヒドゥンフィギュア』を見る。凄惨な黒人差別の日常がさらりと描かれていてリンチやKKKがなくても十分に怖い。しかもこれ1961年の話でたった56年前なのである。そうした中でNASAで働く黒人女性たちが自身の才能と頑張りによって自分の地位を次第に認めさせていくストーリーは感動的ではあるのだが、その実、差別社会の絶望を浮き彫りにしかねない。優秀な黒人でなければその人間性を認められないのかという疑問が常に付きまとうからである。

 そこを上手く昇華させているのが上品なユーモア。ヒロインは転属先の東ブロックに黒人用の女性トイレがないため、用を足すときは800mも離れた西ブロックの元の職場のトイレまで走らなければならない。彼女の活躍が上司のケビン・コスナ―に認められてこの苦労は解消されるのだが、最後の最後でフレンドシップセブンの再突入計算の結果を持ってやっぱりどたばたと走る。

 このあたりのおかしさとアメリカの有人宇宙船の打ち上げという大イベントに対する昂ぶりが奇妙にシンクロして前述の「優秀な黒人でなければだめなのか」というウサを文字通り吹き飛ばしてくれるのだ。

 うん、いい映画だった。

 UHDブルーレイ画質はフィルムグレインの振る舞いが目障り。コントラストも低めで渋すぎる画調(笑)。ピクチャートーンで全体の明るさをあげてやるとかなり良くなったけれどもそれでもUHDブルーレイ画質としては不満が残る。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。撥ねるような音楽のリズムが実に心地よい。発射されるロケットの重低音も期待通りだ。

 なお、この国内盤UHDブルーレイは日本語字幕、日本語音声(ドルビーデジタル5.1チャンネル)。難解な数学用語が頻出したのでこの字幕は大変に有難かった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時からはキングの「BLAZE」に読みふける。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 7月18日(火) 「番頭はんと手打ちうどん」
 いや、私の駄洒落としてはかなり傑作の部類に入ると思うけれども、あなたはどうですか。スティーブン・キング 「BLAZE」 ブレイズは盗んだ車のナンバープレートに雪をなすりつけて出発。やかましくジョージが「色を塗り替えもせずナンバープレートもそのままで乗り回すなんて何考えているんだ馬鹿野郎」とわめきたてているがブレイズは気にしない。

 彼はある豪邸に行く。彼とジョージはなんと誘拐を計画していた。この豪邸に住む裕福な一家には2ヶ月の赤ん坊がいたのである。赤ん坊を狙う理由についてジョージはこう説明していた。「赤ん坊は俺らの顔が分かんねえ、後から犯人はあいつですって言わねえから生きたまま返せる。赤ん坊は逃げたりしない。奴にできるのは寝てピーピー泣き喚くことだけだ」このあたりやっぱりキングは上手いよなあ(笑)。

 ここでブレイズの生い立ちが説明される。彼の母親は酔っぱらい運転のトラックにひき殺された。残された父親はこれまた酒飲みのクズ。彼はブレイズを虐待していた。ブレイズは片時も本を手放さないような利口な少年であったが、ある時、彼の些細な振る舞いに腹を立てた父親がブレイズをひっつかんで階段の上からぽい、またひっつかんで階段上まで引きずりあげ、ぽい、さらにもう一回ぽい。

 ブレイズは医者から植物状態になるだろうと宣言されたが奇跡的に意識を回復。しかし、本を片時も離さない生活は戻ってこなかった。彼の知能は失われてしまったのだ。その後、彼は施設で生活。そしてそこを出た後は手間賃仕事を求めて各地を放浪することになる。その生活はジョージと出会うまで続いた。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は冷素麺。200キロカロリー。夕食は豚汁、玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、豚バラ 三切れ使用、ゴハン半合。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、途中まで見ていたWOWOWハイビジョン録画の『巨大氷山云々』を最後まで。やっぱり最後までつまらんかった。盛り上がるべき場面でちっとも盛り上がらなかった。4回ぐらい寝落ちした。もう面倒臭いので画質・音質の評価はなし。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時からは「ブレイズ」に読みふける。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 7月19日(水) 「サゲと泪と男と女」
 落語駄洒落。スティーブン・キング 「BLAZE」 思い立ったが吉日とばかり赤ん坊を誘拐しようとするブレイズであったがジョージが待ったを掛ける。「オマエな誘拐した赤ん坊をどこに連れてくるんだ、この家か、ああ?オマエ何も用意していないだろ、オムツとかどうするんだ、オムツ、赤ん坊はミルク飲むんだぞ、ミルクなんかないだろう、オマエビールでも飲ませるつもりか、ビール飲んで一緒にフットボールの試合を見てってか、ふざけんナ!」大笑いしてしまいました。

 ジョージは続ける。「まず、あそこの店を襲って準備資金を奪うんだ。拳銃は持っているな、それを使え、ただし弾を込めるなよ、脅しに使うだけだ。それからストッキングを被って顔を隠すのを忘れるな!」

 ブレイズは首尾よく強盗を成功させる。しかし、最後の最後で彼は気づくのだった。「あ、おれ、ストッキング被るのを忘れてた!」おかげで店番の男と客二人に「犯人は額のへこんだ(階段落としの傷跡)大男だ」と覚えられることになる。おまけに店番の男は「あ、あいつ店によく来ていた鼠みたいな小男(ジョージ)の仲間じゃないか」と思い出すのであった。

 本日は休み。午前8時に起床してうどんの朝食。うどんのスープは例のクバラあご出汁つゆにすき焼きのタレを少々加えたもの。この甘ったるさがうどんに合うんですよ。その後、WOWOWハイビジョン録画の『探偵なふたり』を見る。人食いザメと恐れられ素手で3人のヤクザを殺して左遷されたという触れ込みの強面刑事(ヤクザ3人云々はウソだけど)と、膝の怪我でなれなかった警察・刑事にあこがれるあまりちょくちょく警察に顔を出しては追い出される漫画喫茶の経営者が運命のいたずらによって一緒に連続殺人事件の謎を追うことになる。

 バディものの王道のような作品であるが、二人の仲を親密にするきっかけの一つがお互いに恐妻家であることというのがいい(笑)。このキャラクターの作り方のウマさは今の韓国映画の勢いの良さを如実に物語っていると言っていいだろう。

 ただ、ストーリーは複雑すぎた。4人の男が絡む交換殺人事件なのだから複雑にならざるを得ないのは分かるのだが、途中で何がなんやら分からなくなる(笑)。主犯のマ刑事(だったっけ)が警察官としては史上最強級の犯罪を犯しているのにその事情がまったく明らかにされないのも混乱に拍車をかける。

 最後に殺されそうになっていた女の人はあれ?あの喫茶店の女性店員と浮気していた男の奥さんじゃなかったの?最後の最後で唐突に出てくる眼鏡の男は何?ひょっとしたら浮気男と眼鏡の男が入れ替わってない?

 まあ、殺人の動機が徹頭徹尾奥さんの浮気というあたりが現在の韓国男性の不満をこれまた如実に物語っているようで(笑)笑ってしまいましたけど。

 ハイビジョン画質は良好。コントラストが今一つだが暗部のノイズが少ないのが宜しい。音声はAAC5.1チャンネル。情報量が少ない貧乏なサラウンド。音の動きの表現はきちんとしているけど。

 その後事務所へ出て燃えないゴミだし。それから買い物をして午後1時過ぎに帰宅。じゃがいも、豚バラ、玉ねぎ、にんじんを茹でて灰汁を取ってからコンソメ1個入れ風呂場の電磁調理器で煮込む。夕食のカレーの準備である。

 昼飯はトマト1個、目玉焼きを挟んだトーストサンドウィッチ。ビール500ml缶一本飲む。その後は音楽を聴きながら読書。キングの「ブレイズ」を読んだのである。

 夕食は前述のごとくカレー。と、その前に焼きナスでビール500ml缶をもう一本飲んだのであった。その後は特に何をするでもなくテレビをだらだらと見る。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「探偵ナイトスクープ」とか「タモリ倶楽部」とか。就寝午前1時過ぎ。

 7月20日(金) トリチウムとジェリー仲良くけんかしな
 トリチウムが何か猛毒みたいに思っている奴がいてあははと笑うしかない駄洒落。 スティーブン・キング 「BLAZE」 ブレイズは強盗で得たお金を持ってショッピングセンターのベビー用品売り場へ。あたり一面ピンク、そしているのはお腹が大きな女性か、赤ん坊を連れた女性だけ。ブレイズは「赤ん坊の惑星に来ちゃったのか」と思う。困惑しているその姿は大変に、大変に目立っていた(笑)。

 見かねた女性店員が声を掛ける。ブレイズは「妹に子供が生まれたのでお祝いにベビー用品を買いに来た」と説明。良きカモ来たれり、大喜びの女性店員はブレイズに「あれもこれも買いなさい」と様々なベビー用品を押し付ける。いや、おもちゃのお食事セットとかいらんだろ、どう考えても(笑)。

 ほくほく顔の女性店員は「それでその幸運な赤ちゃんのお名前は?」いきなり質問されてどぎまぎしたブレイズは「ジ、ジョージ」「まあ可愛らしいお名前ですこと!」嘘つけ、そんな名前アメリカに佃煮にするくらいいっぱいいるよ。

 この買い物で一文無しになったブレイズ、悩んだ挙句・・・、あの店の店番の若者はぎょっとした。先日の強盗と同じように拳銃を突きつけられたからだ。今度の強盗は頭にストッキングを被っていた。ウィークディなので前よりお金が少なかったが、大男の強盗はそれで満足しているようである。大男は店を出る時に振り返り「へへへ、今度はストッキング忘れなかったよ」

 ジョージと彼がやった主なシノギは男性版美人局。ジョージがカモをホテルの一室に誘い込む。頃合いを見て別室に待機していたブレイズが部屋に入ってきて「うきー、あたしの男に何すんのよ、あんた、両目えぐり出して代わりに金玉詰めてやるから!」と散々に脅かして財布を奪うのである。ジョージはブレイズをなだめるからと言って別室に行きほくほくしながら財布の中身を確認。そしてなんとか免許とかカードの類は返して貰ったけどお金はダメだったといってカモに財布を返す。失敗したことはなかった。カモは自分の家族などにこれがばれることを死ぬほど恐れているからである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は抜き。夕食はトマト一個、昨日のタイ刺身を漬けにしておいたやつ、カレー。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後、音楽を聴きながら前述の 「BLAZE」を読んでいたのである。読了23パーセント。9月下旬のキングの新刊「スリーピングビューティ」発売まで読めばいいやと思っていたがこのペースだと7月中に終わってしまいそうだ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 7月21日(金) トンビにアルマゲドンをさらわれる
 地球的危機回避駄洒落。スティーブン・キング 「BLAZE」 ブレイズの少年時代が語られる。施設の学校の校長はMr.法と呼ばれる厳格な人物であった。彼の受け持ちは算数。ブレイズはアレなので算数がまったくできず目の敵にされる。

 そんな彼が初めてできた友人、ジョンと一緒に初めての詐欺的行為をやったのである。ジョンはそれなりに勉強ができたので施設の中で年上の少年たちから激しいイジメを受けていた。ブレイズが彼らからジョンを守り、ジョンはブレイズの宿題を引き受けたのだ。ブレイズが急に算数ができるようになると当然のことながらMr.法に疑われる。彼は黒板の前に立たされて算数の問題をやらされるのだが、ジョンはハンドサインでその答えを教えたのであった。

 しかしMr.法が納得する筈もなし。彼はブレイズを校長室に呼び出し「共犯者は誰だ!」と問い詰める。ついにブレイズの怒りが爆発。「知るか、このクソ野郎」彼は激しい体罰(その後2週間仰向けで寝ることができなかったくらい)を受けるがついにジョンの名前を漏らすことはなかった。彼はその施設の伝説となる。

 そんな彼に転機が訪れる。ある農場を経営する夫婦に雇われたのである。農場の仕事はきつくて、この夫婦もクズだったけど少なくとも学校には通わせてくれる。その学校でブレイズは人気者になった。彼は大きくて心が優しくて力持ち。好きな女の子もできた。これでうまくいくかと思いきや・・・。

 夫婦は農場でコリーのブリーディングをやっていた。この犬たちへの餌やりもブレイズの仕事だったが、彼は嫌でたまらなかった。犬たちは性格が荒くたびたびブレイズを襲ったからである。ブレイズは犬たちに襲われて生きたまま食われるという悪夢に悩まされる。そしてついに犬たちのリーダーがブレイズにわん!飛びかかった。思わずブレイズが繰り出した剛腕パンチが犬の頭を直撃、即死させる。牛殺しならぬ犬殺しブレイズの誕生である。

 また学校では彼の好きな女の子がいじめを受けた。ブレイズはその首謀者である上級生(7年生)と対決。ぼっこぼこにする。彼はこの2つの事件の結果、元の施設に戻されてしまう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は久々に(有)フリーメーソンちかくのトンカツ屋でチキンカツ・トンカツのランチ。ゴハン大盛りでお代わりしたので軽く1,500キロカロリーぐらい言っちゃってるな(笑)。

 なお、隣のあんちゃんは私と同じランチを食べてゴハンを2回、キャベツ・漬物を1回お代わりしていた。初めて見るその光景に私はひそかにどきどきしていた(笑)。680円でそれだけ食えりゃお得だわなあ。

 午後7時から町内会の会合。終了は午後9時近く。夕食は鉄火巻を肴にビールを飲み明太子フランスパンで仕上げ。その後ウィスキー水割りに切り替え酔っぱらう。

 就寝午前1時過ぎ。

 7月22日(土) ジビエ咽喉科
 あ、「クッキングパパ 96」で狩猟の獲物である野生の鹿を刺身で食っている、だからとち先生、ジビエの生食はダメですってば駄洒落。

 スティーブン・キング 「BLAZE」 彼の帰還を一番喜んでいたのはジョンである。ブレイズは彼のあざだらけの顔にびっくり。おまけに眼鏡を掛けていない。「あいつら、僕の眼鏡を壊しやがった、もう何も読めやしない」ブレイズはやさしく「そんなことなら簡単さ、こんど大雪の時に雪かきのバイトをしよう。そのバイト代で新しい眼鏡を買うんだ」

 さて、現代に戻ってブレイズは近くの金物屋さんでアルミの折り畳み梯子を購入。近くなので(笑)梯子を肩に担いでえっちらおっちら帰る。目立つことこのうえなし。さあ、後は誘拐を実行するだけだ・・・。しかしブレイズは思いきれない、そのままずるずると数日を過ごしてしまう。彼はジョージにどやされ(うるさい死人である)ようやく誘拐に踏み切ることになる。

 例の盗んだ車、色を塗り替えバンパーを盗品と交換している、を使って豪邸へ行くブレイズ。彼は豪邸の敷地に隣接しているタワーマンションの駐車場に車を駐車し、梯子を使って金網を乗り越え潜入する。彼は豪邸に近づく。生垣に仕込まれた警報装置の配線に危うくひっかかりそうになったがなんとか避けることができた。彼は豪邸の2階の窓に梯子を掛けて覗き込む。そこは当主夫婦の寝室であった。

 しかしブレイズ君、駐車場の金網を乗り越える時針金に足を引っ掛けて怪我をしてしまった。重要な証拠となるであろう血液をぽたぽた垂らしながら豪邸まで行った訳で、なんか読んでいてもうハラハラします。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカップわんたんとお握り、野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は抜き。夜は玉ねぎ半分、茄子一本をフライパンで炒めて酒、焼き肉のたれで味付けしたものを前菜とし、カレーの残りで仕上げる。何と豪華なことに目玉焼き付き。肉や野菜をあらかた食べた後で半熟の黄身を崩して混ぜ合わせると、あー、思い出したらにやにやしてしまいそうなくらい美味かった。1,000キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、待望のUHDブルーレイソフト 『キングコング 髑髏島の巨神』 いやいや、面白かった、堪能した、巨大なゴリラではない、あくまでも“怪獣”としてリビルトされたキングコングが最高にカッコ良い。そりゃ、ピーター・ジャクソンの『キングコング』も良かったけど、それは間違いないことなのだけれど、どうしてもあの映画は私にとって「アッチ側」なのである。今回の『髑髏島の巨神』でようやくコングが「コッチ側」に来てくれたのだ。これを喜ばすにいられるもんですかい。

 過去作品に対するオマージュが濃すぎるのもまた良し(笑)。冒頭の日米パイロットの対決はまるで松本零士先生の「戦場漫画シリーズ」だし、なぜか湖から出現したタコを喰らうキングコングは言わずもがな。兵士がこの光景を見てあきれ返っている場面ではもうひっくり返って笑ってしまったよ。

 また『キングコングの逆襲』への愛も感じられる。あの調査船の上甲板はドクター・フーの双胴輸送船にそっくりだし、一人だけ混じっているアジア人女性(中国人だけど)がどこか浜美枝っぽい。初登場シーンでマダム・ピラニアを連想したのは私だけか。

 考えすぎかな? Do I think too much?

 UHDブルーレイ画質は今一つか。あの抑えた色調、目立ちすぎるフィルムグレインは1973年という時代をことさらに強調するためだったのかも知れないが、それでも違和感を覚えずにはいられない。しかし、この悪印象は後半でがらりと変わってしまう。紅蓮の炎に包まれるコング、それを見つめるサミュエル・ジャクソンの狂喜をたたえた目、コングと対峙するコンラッドとウィーバー、これらの場面でHDRの効果が最大限に発揮されのである。

 音声はドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生される。このサラウンドも秀逸。上下方向の音の移動がしっかりと表現されコングに翻弄されるヘリコプターパイロットの恐怖を味わうことができるのだ。ひゃー、コワイ!

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時より前述の「ブレイズ」を読む。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 7月23日(日) コミンテルン坊主テルン坊主明日アカにしておくれ
 ひっでえ駄洒落(笑)。スティーブン・キング 「BLAZE」 ブレイズは窓から侵入。寝ている当主夫人の胸がはだけていてオッパイが。凝視するブレイズである(笑)。彼はオッパイから目を引きはがし部屋の外へ。赤ん坊の部屋を探す。ようやく見つけた赤ん坊を胸に抱いたブレイズ、1階へ降りて外へ出ようとする。赤ん坊を抱いて当主の寝室から梯子で降りるなどとうていできそうもなかったからだ。途中、乳母が起きてきてひやっとするがなんとか彼女の目をごまかすことができた。

 ブレイズは台所の扉のガラスを破って外へ出ようとする。この音を聞きつけた乳母が台所に入ってきた。彼女はブレイズの姿を見て立ち尽くす。「あ、あんた誰ね」ブレイズは彼女をぼかっ。昏倒する乳母ってひでえなあ(笑)。ブレイズは屋敷の外へ。梯子を回収し逃走する。追ってくるものはいなかった。

 ブレイズの少年時代。彼は14歳。この頃になると休みには町へ出てちょっとした楽しみを味わうことができるようになる。ブレイズとジョンが好んだのは映画を見ることであった。ジョンは見た映画を元に「お話」を作るようになる。その「お話」は少年たちに拍手喝采で迎えられた。

 さて、いつものように映画を見に出かけたブレイズとジョン。朝から下痢に悩まされていたジョンは映画が始まるなりトイレへ。彼は興奮して戻ってくる。「ブレイズ、見ろ、トイレで財布を拾ったぞ」中には248ドルという彼らにとって目の玉が飛び出て壁に跳ね返ってきて眼窩にすっぽりはまるぐらいの大金が入っていたのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝ぺ(朝からぺヤングソース焼きそば)に野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯はトマト2個と冷や素麺1把。200キロカロリー。夕食は出来合いの天ぷら(ピーマン、マイタケ、カナトフグ)に卵を落とした根菜の味噌汁。ビール500ml缶一本飲む。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ミュージアム』を見る。面白かったのは連続殺人で次々と惨い死体が見つかるのと、ボーイフレンドに工場廃墟に連れ込まれ「さあ、咥えるのです」と言われてしょうがないなあとうなずいてしまう女の子と、今時なかなか見れぬ古風な洋館の佇まいと、まあ、これぐらいだったか。

 後は『セブン』『ソウ』のあからさまなパクリと長すぎる修羅場、絶叫系の単調な演技にうんざり。別な意味で負けましたよ(笑)。

 またラストの主人公の幼い息子が首筋をぼりぼり掻く場面も意味が分からん。犯人のカエル男は幼少期のトラウマで心因性の日光過敏症を患った。主人公の息子も恐ろしい体験で日光過敏症になったようだ。だから将来、カエル男のような恐ろしい犯罪者になるかも知れないというつもりなのだろうが、この論理で成り立つのは恐ろしい体験で日光過敏症に!まで。その先の犯罪者になり得るという理屈はどこから出てくるのだろう。

 だいたいよう、あんな恐ろしい体験をした子供がたった3ヶ月でフツーに運動会出てるとか、そっちの方があり得ないんじゃないかと思うのだ(笑)。

 面倒臭いので画質・音質の評価はなし(笑)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 就寝午前1時過ぎ。

 7月24日(火) 「サイコガンの授業」
 どんな授業だ。スティーブン・キング 「BLAZE」 読了50パーセント 電光石火の早業で拾った財布を猫糞するブレイズとジョン。彼らはこの金を使ってボストン漫遊を計画。施設を夜中に抜けだし早朝に出発するバスでボストンへGO!

 生まれて初めて体験する大都会。ついに行くことができた大リーグの試合、二人はYMCAのホテルに泊まりながら遊び歩く。それは夢のような時間であった。そして金を使い果たした二人は施設に帰ってくる。この2年後、ジョンは病気で死亡。

 さて、なんとか赤ん坊を隠れ家に連れてきたブレイズである。火のついたように泣き喚く赤ん坊を見て「はっ、まさか病気では死んじゃったらどうしよう」するとジョージが「バカ、腹が空いているんだ、食わせろ」果たして離乳食を食べさせてみると赤ん坊は満足して安らかに眠り始める。

 ブレイズは翌朝の食事の準備。哺乳瓶にミルクを詰める。翌朝、それを温めているとまたジョージが「おい、それ、薄めたんだろうな」そうブレイズはミルク缶からそのまま哺乳瓶に移していたのだ。「バカ、オマエ、そんなもん飲ませるのか、濃すぎるんだよ、水で薄めろ」

 何とか授乳を終えたブレイズ。ジョージは「オマエな、新聞を買ってこい、近くで買うんじゃないぞ、遠くの店に行くんだ。それと育児書も買ってきな、絶対必要になるから」ブレイズは赤ん坊を残しておくことはできないと反対するがジョージは「さっさと行って来い、赤ん坊の面倒は俺が見る!」何か変だなと思いつつ逆らえず出発するブレイズである。

 首尾よく新聞と育児書を手に入れたブレイズ。新聞を開いた彼は仰天する。彼の似顔絵が大きく掲載されていたからだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの 朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯はうどんウェストでカツ丼・ざるそばのセット。そばはもちろん二玉だい!外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はコンビニの和風ハンバーグと煮野菜。後は素麺1把。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『セル』 スティーブン・キング原作の小説をキング自ら脚本を執筆(アダム・クレッカとの共同脚本)、映画化したという私みたいな好き者にはたまらないが、好きじゃない人には微妙になりがちな作品である(笑)。

 冒頭の空港内で携帯を使っていた人が何らかの原因によって怪物化するパニック描写はスピード感に溢れ、一瞬に見るものを「セル」世界へ引きずり込んでしまう。ウンコしながら携帯を使っていた親父が怪物化しズボンを下げたまま空港内を走り回ったり、友だちを携帯怪物に殴り殺された女の子が警察へ電話しようと携帯を使ったらぶぶぶと口から泡を吹いて怪物に変身!

 いやあ、ぞくぞくしましたね(笑)。いきなりサミュエル・ジャクソンが出てくるのも大いに気に入ったし。

 評価を下げる原因となっているラストの訳のわからなさも好印象。電波塔の周囲を無数の携帯怪物たちがわがごごわがごごとノイズを発しながらぐるぐる回っているという絵を見せてくれただけでも私は満足ですよ。キング原作の映画化としては結構上の部類じゃないですか、これ。上の部類でこれかい!ていう人がいるかもしれませんけどそんなのは私の知ったことではありません(笑)。

 まあ、それだけにこのあたりのCGがびっくりするほどチャチかったのが残念でなりません。

 ハイビジョン画質はダメダメ。暗部が浮いて無数のノイズが蠢いている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。過剰な重低音の使い方がなんとも下品。でもこれが映画に良く合っているんだよねえ。

 終了後シャワーを浴びて前述の「ブレイズ」を読む。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 7月25日(火) 「『ロード・オブ・ザ・リング』と海」
 どうだ、ヘミングウェイさん、あなたの名作がこんな駄洒落になっちゃったぞ、驚いたか。スティーブン・キング 「BLAZE」 読了71パーセント。ブレイズは身代金を要求する手紙を制作。映画で見た通り新聞・雑誌から切りぬいた文字を使うのだ。その出来栄えにひとり満足するブレイズである。

 彼は手紙を出しに行く。もう車は使わない方がいいだろうということで近くのショッピングセンターまで歩こうとする。その彼を拾ったのは親切だけど荷重積載のトラックドライバー。誘拐の話になってブレイズ思わず「なんか身代金100万ドル要求されたそうですよ」ドライバーはびっくりして「えっ、そりゃ初耳だ、どこのニュースでやってたの」しまったと思うブレイズ、もごもごと「ラ、ラジオだったかな」ジョージが喚き出した。「そいつを殺せ、口封じだ。喉仏のあたりにお前の犬殺しパンチを叩き込めば一コロだ」

 そんなことが出来る訳もなく礼を言ってトラックから降りるブレイズである。彼はショッピングセンターに行き手紙を投函。その姿を目に止めた幼い少年、「ねー、ママ、あの人なんで額に穴が空いているの?」あわててたしなめる母親。ブレイズは少年に向かって微笑みかける。彼は駐車場で見つけた鍵がついたままのマスタングを盗んで帰宅。

 その一時間半後ブレイズは最重要容疑者としてマークされた。

 豪邸敷地内に侵入する時に車を停めたタワーマンション駐車場の管理人、ブレイズに殴り倒された赤ん坊の曾叔母の証言により作成されたあの似顔絵。曾叔母は証言をした後に病院で手術中に死亡している。あれを見たベビー用品売り場の女性店員が警察へ連絡してきたのである。彼女は警察に証言する。私、あの人が支払いのためにあけた財布の中身を偶然見ちゃいましたの。その名前は「ブレイズ」でしたわ。

 さらにあのショッピングセンターで彼を見かけた母親からも連絡が入る。さらにほぼ同時刻に車を駐車場で盗まれたという通報が・・・。ブレイズに対する捜査の網は急速に絞られて行く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は回転寿司。少し奮発して8皿食べる(笑)。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はウナギのかば焼き、焼きナス。日本酒と共に半身をちびちび。残りを鰻丼にして。あまりに美味しかったのでゴハン一合食べちゃった。1,200キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,700キロカロリーなり。食ったなあ。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『オフィス 檻の中の群狼』を見る。のっけから無慈悲な首宣告を受けて精神のバランスを崩した元課長が金づちで母・妻・息子をぐったんぐったんにして逃走!このショッキングな幕開けにオレは大コーフン(笑)。しかもその男はどうも会社内に潜伏しているらしいのだ!

 これは一種のミスリードなのだが、観客を誘導するために家族皆殺しなんてフツー思いつかないっすよ(笑)。

 この映画の上手いところは職場環境の激しさ故、課長や代理など管理職級の人々が物凄いストレスを抱えていること。このストレスと皆殺し元課長に対する良心の呵責によって事件がまったく別の様相を呈し、それゆえ後から明かされる真相がより恐ろしく感じられるのである。

 いや、この「真相」は途中でだいたい分かってしまうのですが(笑)。

 なお、社内で一番最初に殺される代理の首つり自殺に見せかけた死体をどうやって天井裏に運び込んだのかまったく明らかにはされないけれども、この種の曖昧さがあるからこそミステリーがホラーになり得るのだ。

 ハイビジョン画質は良好。高い解像度と見通しの良い暗部表現。暗いオフィスの映像情報が過不足なく伝達される。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドチャンネルの使い方が上手い。非常階段でタバコを吸おうとしたらがさごそっという音が下の方から聞こえるという場面では思わず背筋が寒くなったくらい。

 終了後シャワーを浴びて前述の「ブレイズ」に没頭。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 7月26日(水) 「隅の魯山人」
 このチーズケーキと牛乳は何だ、喰えたものではない、店主を呼べ、店主を。スティーブン・キング 「BLAZE」 読了71パーセント。帰宅したブレイズは俺は良くやったと満足している。しかしジョージは「バカか、お前は、おまわりに気付かれたぞ、もうすぐやってくるぞ。お前のできることは赤ん坊をやっつけてズラかることだけだ。赤ん坊なしでも身代金は取れるぞ」ジョージの言うことをまともに受け取ったブレイズ、赤ん坊ジョーの顔にまくらを押し付ける。わああ、やめろう。しかし、やっぱりブレイズは赤ん坊を殺めることなどできなかった。彼は赤ん坊に愛情を持ち始めていたからだ。

 ブレイズは逃走を決意。赤ちゃん用品や必要品をマスタングに詰め込んで午前5時過ぎに出発。彼に対する道路封鎖が実施されたのはその2時間後であった。

 ブレイズの行く先は今は閉鎖されて売りに出されている彼が少年時代を過ごした施設HH(Hetton House)。彼は積雪でタイヤを滑らせるマスタングを上手く操り何とか到着。あのMr.法のオフィスに入り暖炉を使って部屋を暖める。嵐が近づいていた。

 本日は休み。午前9時に起床してトースト二枚、目玉焼き、トマト1個を使ったサンドウィッチで朝食。550キロカロリー。午前10時過ぎからプロジェクターを起動させUHDブルーレイ 『ラ・ラ・ランド』を見る。テクニカラーを意識した色彩設計の美しさにもう脱帽。現代ハリウッドの実力をこれでもかと見せつけられ、もうこれは敵いません、勘弁してくださいと思わずスクリーンの前で土下座してしまったくらい(ウソ)。

 そしてその色彩設計を見事に意図通り表現して見せるのがUHDブルーレイなのである(笑)。音声はドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生。ぷりぷりと弾むようなBGMが実に楽しい。

 終了後シャワーを浴びて事務所へお出かけ。蛍光灯の交換やゴミだしなど。部屋へ戻って亀の世話をしてから前述の「ブレイズ」に没頭。アイスクリームも食べた(250キロカロリー)

 夕食は昨日に引き続きウナギのかば焼き。トマト1個。後は素麺1把、うどん1把で仕上げ。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後映画は見ずに音楽を聴きながら「ブレイズ」 午後9時過ぎにシャワーを浴びてやっぱり「ブレイズ」だって面白いんだもの。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

 7月27日(木) 「サイコガン良平」
 西岸良平がSF漫画を描いた!スティーブン・キング 「BLAZE」 書き忘れていた。警察はブレイズに2件の前科があることを知る。1件目はHHの校長に対する暴行(そうか、ブレイズはあのMr.法をついにぼこぼこにしたのか)2件目は詐欺容疑。ジョージと組んでやっていた「おお、神様の奇跡で車いすから青年が立ち上がったぞ」詐欺で捕まったのである。ジョージは素早く逃亡し、車いすの青年役だったブレイズだけが捕まったのだ。なぜ、ブレイズは逃げなかったかというとジョージに「立て」と支持されなかったから(笑)。

 さて、再び少年時代へ。ブレイズはHHの仲間たちと共にある農場のベリー摘みのアルバイトに駆り出される。その農場は大規模なもので集められたバイトたちもHHだけではなく、他の少年矯正施設、少女矯正施設からも大勢がやってきていた。寮も完備されておりHHなどよりよほど過ごしやすい。3度3度の食事も今まで見たことがないような豪華さ。おまけに農場主の食前の祈りが短い!

 それでもブレイズにはあのコリー農場のクソ牧場主夫婦の嫌な思い出があったために信用しきれないでいた。しかし農場主はどうした気まぐれか、ブレイズに車の運転(ベリーを運ぶためのトラック)を教えようじゃないかと言い出したのである。そしていざブレイズに運転させてみると彼は意外なほどの才を発揮した。農場主が息子に「あれほどクラッチとギアシフトの按配を早く覚えた奴は初めてだよ」と漏らしたほどであった。ほどなく彼はトラックの運転を任されるようになった。また彼は天性のムードメーカーで仲間の喧嘩の仲裁もたくみである。

 そしてブレイズは初体験を迎える。悪友たちが4ドル出し合ってある女の子にブレイズの相手を頼んだのだ。相手の女の子は13歳で父親に犯され、兄には殴られていたという不幸な不良少女。彼女はボーイフレンドと共に農場の納屋に放火しまくって捕まったのだった。ボーイフレンドはショーシャンク刑務所送り、そして彼女は矯正施設送りになったという訳。お金で頼まれたアレであったが、彼女はブレイズの優しさにほだされ付き合うようになる。

 農場主はブレイズを呼び出す。彼女とのアレがばれたのではないかとびくびくするブレイズであったがそれはまったくの杞憂であった。農場主は良ければバイト期間が終わってもこのままウチで働かないかと申し出てくれたのである。大喜びで承諾するブレイズ。しかし、彼の幸運はここまでだった。バイト期間の最終日、よーし、みんなお疲れさん、みんな上がってくれ、食堂でアイスクリームが待っているぐ、農場主は心臓発作で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったのである。当然ながらブレイズの雇用はなかったことになりMr.法の弟が運転する車でHHに連れ戻されてしまう。車中で泣き始めるブレイズ。運転していたMr.法の弟が「おい、うるさいから誰かその阿呆を黙らせろ」しかし、誰もその命令に従わなかった。

 思わぬ形で別れを迎えた彼女はその8ヶ月後に大変大きな男の赤ん坊を出産する。養子に出された彼は高校でフットボールの選手として活躍、ボストン大学に入学し文学を専攻したのであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は自家製豚バラカレー。700キロカロリー。夜は博多駅近傍の某ホテルで行われた管理会社の舞踏会。バイキングの料理をちょびちょびと食べてビールや米焼酎を飲む。午後9時に散会となった後、タクシーで帰宅。

 ウィスキーでちょいと飲み直し、途中のコンビニで買ってきたサンポー焼き豚ラーメンで小腹を抑える。それからだらだらとテレヴィを見て午前12時過ぎに就寝。

 7月28日(金) 芦屋サイコガン  
 芦屋小雁が当時25歳の斉藤とも子と結婚したのは53歳の時であった駄洒落。芦屋小雁のSF・ホラー映画のコレクションというのはつとに有名であったが私のコレクションも結構いい線いっているのではないかと思うのである。米国盤DVDが大半だから今ではリージョンコードの関係で再生できないけど(笑)。

 スティーブン・キング 「BLAZE」 ジョンは肺炎で死ぬ。ブレイズは彼の葬式に参加することができず寮で怒りに身を震わせていた。Mr.法がHHの農場でジョンを働かせたから病気が悪化したのだ。ブレイズはMr.法のオフィスに行き「このクソ野郎が」 ぼこぼこにする。

 彼は矯正施設に2年間収容されることになった。出所後、彼はアルバイト生活。その後、ベリー摘みのアルバイトで知り合った不良青年と再会。彼から強盗一味に加わらないかと誘われる。これで3件ほど仕事をして(笑)、それからジョージと出会うことになったのだ。

 現代に戻って・・・。ブレイズは身代金受け渡しについて凄く良いアイデア(だと彼は思っている)を思いついた。彼は電話を掛けに行く。もう車がつかえないので凄い雪の中をえっちらおっちら歩いて公衆電話のあるガソリンスタンドまで行ったのである。しかし、彼は困ってしまった。電話を掛けるのに必要な小銭がなかったからだ。彼はなぜかコレクトコールを掛ける。オペレーターに名前を聞かれて「はい、僕の名前はブレイズです」って、オマエ!

 彼は電話を掛ける。電話に出た当主に「いいか、飛行機で身代金を運ぶのだ。こっちはどこそこあそこで発炎筒で合図するから身代金にパラシュートつけて落とせ!」逆探知したFBIの捜査官はただちに警官を派遣。しかしブレイズを捕まえることはできなかった。おまけに彼が逃げた直後に除雪車が通ったので彼の足跡などみんな消されてしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼飯はカレー(二食目)。夜はとある関係の飲み会。もつ鍋で焼酎をがぶがぶと。

 午後9時過ぎに帰宅。テレビをぼんやり眺めていたらいつの間にか爆睡。はっと気が付いたら午前3時過ぎ。ふみい、ふううんと可愛らしく伸びをしてベッドに入り本格的に寝なおす。

 7月29日(土) 『死霊のはらたいら』
 『死霊のはらわた』駄洒落。スティーブン・キング 「BLAZE」 HHに戻ったブレイズは愕然とする。ベビーベッドが倒れて赤ん坊が怪我をいていたからだ。あわてて手当をするブレイズ。彼はもはや赤ん坊と生活を共にするつもりになっている。身代金を得ても赤ん坊を返すつもりはない。その金でプエルトリコとかの南国で赤ん坊と一緒に暮らそうと夢想している。

 FBIの捜査官は少年時代のブレイズがHHに収容されていたことを知る。わりと近くにあってしかも事業破綻してからは市の管理物件となっていて無人状態。FBI捜査官は「きゃつの潜伏場所はここに違いない」しかし、ブレイズは不思議な直観力(とでもいうのですかね)で危険が迫っていることを察知。赤ん坊を連れて少年時代ジョンと二人で見つけた敷地内の洞窟に逃げ込む。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は急に矢も楯もたまらず食いたくなった冷凍讃岐うどん、2食分。1食は氷水につけてつゆで食べる素麺スタイルで、もう一色はひき割り納豆と混ぜて食べる。博多万能ねぎの刻みもたっぷり入れてこらあたまらん。

 夜は町内会の夏祭りのお手伝い。午後9時過ぎに終了。夕飯はそこで出たお握り3個とスイカ一切れ。帰宅後シャワーを浴びてお酒。急速に腹が減ってきたので本来はいけないのだが、マルタイの冷やし中華を食べる。具は博多万能ねぎ刻みのみ。ただ、スープにごま油をちょっと垂らすという工夫をしてみたら、なんかすっげえええええ美味かった。

 乾麺で茹でると食感がごわごわ、スープも妙に甘いし、本当に貧乏くさい即席めんなのだが、私は昔からこれが大好きなのだ。

 就寝午前1時過ぎ。

 7月30日(日) さーて、ライシャワーのサザエさんは?
 ライシャワー大使駄洒落。スティーブン・キング 「BLAZE」 警官たちはHHに急行する。建物に近づく際に一人の捜査官がすっころんで足を骨折。やむまくその場に置いていくことになる。一方ブレイズはMr.法のオフィスに戻り赤ん坊用品を持って洞窟へ帰ろうとしたのだが、建物へ近づいていく一人の警官を発見。ジョージの拳銃で頭をがん、がん!この警官はほどなく死亡。

 邪魔者を片付けて洞窟へ向かうブレイズ。この時、彼を見つけたのは足を骨折しておいて行かれた捜査官であった。彼は無線で知らせようとするが、なぜか無線が通じない。仕方ない、決意した彼は拳銃を構える。

 建物へ踏み込んだ捜査官たちであったがもちろんもぬけの殻。呆然と立ち尽くす彼らの耳に聞こえてきたのは銃声であった。足を折った捜査官がブレイズに向けて発砲したのだ。銃弾は洞窟へ飛び込み壁に命中。この時はじけ飛んだ岩の破片が赤ん坊のほっぺたに刺さってしまう。怒り狂ったブレイズは捜査官に突進し、首をきゅう。捜査官は絞殺されてしまった。捜査官が撃った銃弾がブレイズの腕に命中したが大した怪我ではないようだ。

 さて、過去へ戻ってブレイズとジョージの出会いが描かれる。ジョージの義弟を通して知り合ったブレイズとジョージ。ブレイズが意外に使えることを知ったジョージは一緒に仕事をすることにした。この時の一番のシノギはデパート荒らし。ブレイズがわざと財布を落として誰かに拾わせる。ブレイズがそいつを糾弾して大騒ぎになる間にジョージがレジの金を攫うのだ。

 ジョージはドジを踏んで刑務所送り。その間ブレイズはフツーの仕事をやって生計を立てていた。この刑務所でジョージは仲間から「赤ん坊誘拐のアイデア」を受け継ぐ。しかし出所したジョージは賭場のトラブルで刺されてしまう。ブレイズは相手の頭を床にたたきつけて殺害したが、ジョージもまもなく死亡。ブレイズは彼の死体を残して車で逃走。泣き喚くブレイズ。しかし、その時後部座席からジョージの声が。「バカ、泣くんじゃないよ、さあ、赤ん坊を攫おうぜ!」

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯にトマト1個とマルタイ冷やし中華。500キロカロリー。夕食は最後のカレー。しかしなぜか私の食欲魔人が覚醒しもっと食わせろ、もっと食わせろとわめくので仕方なしにまたマルタイ冷やし中華を追加。1,200キロカロリーほど行っちゃった。

 本日の摂取カロリー量は2,200キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させ、3日前に届いていたのだが行事や飲み会続きで見ることができなかった『君の名は』UHDブルーレイを初鑑賞。お話はまあ、いや、なんというか、終盤の盛り上げとか50過ぎのオッチャンには厳しいものがありますよ(笑)。その代りと言ってはなんだが、映像の美しさは天下一品。厳密にコントロールされたHDRによる光の表情が多彩でどれもすこぶる美しい。

 透明感あふれる色彩も今までのブルーレイとは隔絶したレベル。雨で濡れている路上の表現など今までみたことがない。高い解像度による立体感にも驚かされる。場面によっては3Dに見えることすらあって「はっ、これは眼鏡がいらない立体映像か、いつの間に実用化されていたのだ」とか思ったり(ウソ入ってます)。 ウウーム、さすがはBT2020の広色域の効果は素晴らしい・・・とほとほと感心したのですが、

 http://www.phileweb.com/interview/article/201707/20/469_4.htmlによれば
<引用開始>実際の色域は変わっていません。UHD BDではBT.2020という、より広い色域が使われますが、『君の名は。』においてはBT.709のオリジナルに入っていない色をつくり出すことはしていません。BT.2020だとキレイに見えるのではと勘違いされる方が多いですが、もともとBT.709の色域しかないものを強引に広げてしまっては、おかしな色になってしまうだけです。今回はあくまでBT.709の色域をBT.2020の器に移し替えただけです。輝度を上げた分、見た目の印象が変わるということはありますが、色調自体は変わっていません。<引用終了>

 ウウーム、するとあの鮮やかな色彩はBT.2020の広色域によるというより丁寧な4Kアップコンバートの努力が結実したものなのか。これはブルーレイをレンタルして比較してみる必要があるな。

 終了後シャワーを浴びて前述の「ブレイズ」に没頭。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 7月31日(日) 「ハイラガーさんが通る」
 サッポロビール駄洒落。スティーブン・キング 「BLAZE」 FBI捜査官は絞殺された同僚の死体に怒りを募らせる。一方、ブレイズは藪を抜けて丸太積み出し道路(昔の用途がそのまま道路の名前になっている)に到達。思った通り数台のパトカーが停車している。ビンゴ!ブレイズは叫ぶ。そして中を見てみるとまたまたビンゴ、キーをつけたままではないか。ブレイズはこのパトカーに乗り込み逃走を図る。しかし、新たに現れたパトカーに挟み撃ちをされてしまう。

 ブレイズは車外に飛び出しなおも逃げようとする。FBI捜査官は発砲。足や腹に銃弾が命中するが野獣的な体力で走り続けるブレイズ。さらに発砲、今度は銃弾が彼の背骨を砕いた!たまらず倒れ伏すブレイズ。FBI捜査官は「これは同僚の分だ」と呟きとどめの一撃を加えるのであった。

 事件は解決した。赤ん坊は肺炎になりかかっていたが無事回復へ向かう見込み。両親は大変に喜んで赤ん坊が退院したらディズニーランドに行こうと張り切っている。「私たちの愛情でこの恐ろしい体験の記憶を消し去ってやるのです」

 ブレイズはとある墓地に埋葬された。そこはHHからも、幼少時父親から階段から投げ落とされたアパートからも近い場所であった。

 Fin.

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。300キロカロリー。昼飯は初体験のとうふうどん麺、納豆、トマト一個。150キロカロリー。とうふうどん麺は袋を開けた時アンモニアめいた異臭が漂ってぎょっとしたのだが、麺つゆでぶっかけにするとそこそこ食えた。

 夕食は茹でもやしをたっぷり入れたマルタイ冷やし中華、トマト一個、茹でホウレンソウ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,150キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ST 赤と白の捜査ファイル』を見る。ウウーム、なぜ、岡田将生にあんなにぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあ喋らせる。なぜ、ぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあと台詞ですべてを説明しようとする。

 もうこれだけでうんざり。

 対するユースケ・サンタマリアの悪い人たちの行動も出鱈目。アンチウィルスを売るのが目的ならフツーに炎上サイトを作れば良かった(笑)。警察情報をハッキングする必要などどこにもなかった。冒頭の信号を操作して護送中の犯罪者を逃がす必要もなかった。これでは警察の耳目を余計に引くだけではないか。

 STのチーフに冤罪を仕掛けるという件も失笑もの。エクセルで30分で作ったような横領一覧表とかみっともない。そりゃ解りやすくするためというのは分かるけれども、もう少し見栄えを考えようよ。

 一応、プロファイリング(笑)で「自分の力を誇示したい性格」であると説明されるのだが、それだけで本来はまったく関係のない前半と後半の犯罪を結びつけるのは物語の作り方として文字通り筋が悪すぎるのではないかと思うのである。

 フツー、こういう設定があればSTの人たちをわざと挑発してこてんぱんにやっつけて自分のプライドをも満足させるという動機が出てくるんじゃないかなあ。

 まったくもうまたアレな邦画を見せられて辟易したから画質・音質の評価はなし!

 終了後シャワーを浴びて「ブレイズ」を読み、読了に至ったのである。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動しNHK BSで録画した『銀座の恋の物語 4Kデジタルリマスター』を1時間ほど。解像度はそれほど改善されているとは思えないがフィルムグレインの適度な振る舞い、当時の様子をそのまま伝えているのではないかとさえ思われるリアリズム溢れる色彩、コントラストの力強さに魅了される。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 8月1日(火) 「バトロイドはんと丁稚どん」
 いや、さすがに「番頭はんと丁稚どん」が駄洒落の元ネタとしてこれほど使い勝手が良いとは思っていませんでした。

 ちょっと夢想したこと。アメリカ各地で博物館や記念艦として現存しているアイオワ級戦艦を再就役させて大改造。砲塔はもちろん艦橋もとっぱらって弾道弾を同時に4発発射できる機動弾道弾発射プラットフォーム(BLBM バトルシップランチドバリスティックミサイル)にする。これに空母機動部隊を護衛としてつけて日本海をうろうろさせる。その存在を秘匿する訳にはいかないが現代の米海軍空母機動部隊というのは確実な攻撃手段が存在しない事実上の難攻不落の城である(戦術核でもやれるかどうか分からん)。そんなものに守られた洋上ミサイル基地に近くをうろうろされてみろ、北朝鮮とか中国とかすっげえイヤがるだろうなあ・・・と思うと大変愉快な気持になってしまうのであります、はい。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの 朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)と野菜ジュース。600キロカロリー。昼飯はトマト一個、納豆(挽割り)、茹でホウレンソウ。200キロカロリー。

 夕食はまたもマルタイの冷やし中華。茹でもやし、トマト1個を乗っけてずるずるとやる。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『シャドウ・エフェクト』を見る。前半にちりばめられる細かな謎が後でがきちんと抜かりなく解明されていく展開が良し。観客とかもう分かっているのに、それでもなかなか真相にたどり着けず最後の最後まで間抜けな勘違いをしている主人公もキュート(笑)。まあ、自分のことだからなかなか理解できないのは分かるけど。

 しかしなんですな、いくら米軍史上最強のスナイパーだからと言ってそのクローン(わああ、凄いネタバレだ)を13体も作って、しかもクローンを混乱させないために多数の支援要員を配して(奥さん含む シュワルツェネッガーの『トータルリコール』みたい)父親から受け継いだダイナーを経営しているニセの人生を送らせるのだから大変だ。

 フツーに腕の良いスナイパー、殺し屋をその予算で育成した方が効率がいいのではないかとか言うと映画が成立しなくなってしまうので黙ります(笑)。

 ハイビジョン画質はそれなり。暗部のノイズが多く発色もいまひとつ。音声はAAC5.1チャンネル。過剰なまでの重低音が良し。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『銀座の恋の物語 4Kデジタルリマスター』を最後まで。浅丘ルリ子の事故以来、物語が急速にご都合主義の何でもアリの世界になっていくのだが、これはこれでありなのである。脚本の山田信夫、熊井啓は明らかに大衆の「物語がこうなって欲しい」という願望を意図的に取り入れている。

 映画の本質は観客の願望をいかに成就させるかという点にあり、この作品はそうした願望を可能な限り具現化したものと言えるだろう。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 8月2日(水) 「アカハラのトナカイ」
 業界初のアカデミックハラスメント駄洒落。さて、昨年の7月30日以来買った本が366冊(同人誌なども含む)である。いい加減にブルーレイでバックアップ取らなければならんなあと思って作業を開始したのだが、どうも現用のI-Oデータのブルーレイドライブが駄々をこねる。

 1時間掛かって書き込み。やれやれ終わったと思ってウィンドウを開いてみたら「書き込みに失敗しました」という文字。は、はい?もう一度やり直してみたら今度は上手くいった。2枚目、3枚目、上手く行った。4枚目、またも「書き込み失敗」 もう一度やり直してみた。やっぱり「書き込み失敗」 チクショーと思ってまたやってみた。もちろん「書き込み失敗」になった。この分は後回し。5枚目、6枚目、7枚目上手く行った。8枚目、書き込み56パーセントの時点で動かなくなった(笑)。

 しょうがないので近くの山田電器で同じくI-Oデータのコンパクトな奴を買ってきた。ACアダプター付きのUSBハブと合わせて約11,000円のお買いもの。モロにノートパソコンのブルーレイドライブを単体化しましたというぐらいの大きさでちょっとした隙間に押し込める。今までとエライ違いである。今はこれでせっせとバックアップ作業を行っている。やっぱり新しいのはいいなあ、さくさく動くなあと思っていたらあれあれ、11枚目(だったか)でまた書き込み56パーセントの時点でストップしちゃったぞ(笑)。

 い、いや、ひょっとしたらこれはブルーレイドライブの問題ではなかったりして、ブルーレイメディアが悪さしていたりして・・・。

 本日は休み。午前8時に起床してゴハンともやしの味噌汁、納豆・生卵の朝食。500キロカロリー。昼飯はスーパーで買ってきた実に美味しい太刀魚の刺身(そのぴかぴか具合が半端なかったんすよ)とトマト1個でビール500ml缶をくいいっ。仕上げは朝飯の残りを使ってでっち上げた雑炊。500キロカロリー夕食は出来合いのトンカツ1枚、後はやっぱりマルタイの冷やし中華。もやし、トマトを乗っけてずるずると。1,000キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 本日は映画は見なかった。代わりに読書や「快傑ライオン丸」をまとめて。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 就寝午前1時過ぎ。

 

 8月3日(木) 「バーチャル皿屋敷」
 いま改めて考えると「番町皿屋敷」という怪談は怖くなかったなあと。特にエライ上人様が皿の数を数えるお菊の亡霊にタイミングを合わせて「10枚」と付け加えてやったら「あらうれしや」と言って消えちゃったとか、これは思い切り“オチ”じゃないか。怪談で上手いこと落としてどうしようってんだと思うのである。

 こんなこと言ってたらお菊さんに怒られちゃうかな。

 お料理の話。豚汁を作ろうとしたわけである。例によって例のごとく豚バラ塊を大きめに切ったのを4切れ、じゃがいも1個、玉ねぎ半個、人参一本をぐつぐつ煮て灰汁を取った後、白出汁・酒を加える。その後、電磁調理器で煮ること5時間(笑)。それでいよいよ仕上げとして液体出汁入り味噌をだーっと入れた・・・。あ、こ、これ、液体味噌じゃなくって牡蠣醤油じゃん!

 慌てて味見をしてみたらこれが素晴らしく美味しいの(笑)。本気でこ、これが牡蠣醤油の力かと驚きましたよ。まあ、それでもこれではまったく別の料理になってしまうのでミネラルウォーターを入れてスープを薄めたうえで液体味噌をほんの少量香りづけとして使ってみた。

 うん、やっぱりとんでもなくンまかった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどん兵衛カップ天ぷらそばと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使ったぶっかけうどん。大根おろし、博多万能ねぎの刻みをたっぷり乗せてレモン汁・すりごまを掛けてクバラあご出汁つゆをどばっ。おろしショーガも忘れるな。300キロカロリー。夕食は前述の豚汁。700キロカロリー。おっと忘れていた、ビール500ml缶一本飲む。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 本日は夏祭りのテント張り作業で疲れていたので映画は見ずにテレヴィ番組をだらだら。午後9時過ぎにシャワーを浴びてなおもだらだら。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 

 8月4日(金) モラハラ庄助さん
 朝寝は嫌いというかできん。もう年寄なので早く目が覚めてしまう。若いころは旅行で旅館で出る朝飯でビールを呑むのが大好きだったが、最近はダメ。起き抜けに飲んだりしたらその日一日シオシオのパーである。朝湯もダメだな、ご存じのとおり私はお風呂というのがあまり好きではない。いちいち湯船に湯をためて浸かって「あーっ」と声を出し、その後体や髪を洗って再び湯船に入ってあったまるという一連の入浴行為が面倒臭いからである。シャワーで十分なのである。

 だから私は小原庄助さんにはなれぬのである。

 今月注文分の米国盤UHDブルーレイ、ブルーレイソフト。まずは『エイリアン コンヴェナント』あの大傑作『プロメテウス』(笑)の続編なのである。買わない訳にはいかんでしょうが。後はゴールディ・ホーン姐さんの『Snatched』 この人とメル・ギブソンが共演した『バード・オン・ワイヤー』も大好きな映画なのだが、UHDとは言わん、せめてブルーレイにならないもんすかね。さらに実在のガンマンを題材にした西部劇『 Hickok』(『ワイルドビル』とかこの人に関する映画が今まで6本作られているそうです)。

 後はブルーレイでSFシリアルの『Flying Disc Man From Mars 』 まあ、またワンパターンの話がえんえんと繰り返されるのであろう(笑)。しかしなんですなあ、私はこの手のシリアルを結構見ている訳ですが、SFホラー以外の分野、西部劇とか恋愛ドラマとかコメディとか、でもシリアルが山と作られているのでしょう。その数は何百本ではきかないでしょう。それを考えたらちょっと気が遠くなってしまいます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯は久々の小笹飯店で鶏味噌定食。その量は完全に私の限界を超えているのだが根性で食う。へとへとになる(笑)。でもね、他のお客さんは「鶏味噌定食 大盛り」なんて元気に注文されている訳ですよ、つくづく加齢による食欲の衰えを感じるのですよ。

 まあ、あんたはちょっとぐらい食欲が衰えるぐらいでちょうどよろしい。

 夕食は揚げ出し豆腐(コンビニのやつ)、茹で卵、じゃこおろしでビール500ml缶一本飲んで大根おろしぶっかけうどんで仕上げ。その後、久々に3Dブルーレイの『バットマンVSスーパーマン』を半分ほど。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。

 明日は午後1時から地区の夏祭りの準備、そして午後5時から夏祭り本番突入で死ぬのでとっとと酔ってとっとと寝る。

 8月5日(土) 「夜のハインラインにガオー」
 ハインライン駄洒落。テレ東の心霊番組「最恐映像ノンストップ5」、タクシーに乗り込んだという幽霊が自分の亡くなった場所を確認したいとか言ってて呆れる。いくら幽霊でも自分のことを亡くなったとか言ってはいかんだろう。そしてスタッフの調査により近くで交通事故で亡くなった女性がいたことが判明。その女性が件の幽霊かも知れない。テレビのスタッフはその近辺で女性の家を捜しまわる。幽霊がタクシーの運転手に名乗った名前がたかはたえつこ。近辺の高畑姓の家に片っ端から聞き込みをする。女性の死亡事故はほんの2~3年前。自分の身内が事故死したとしてその2~3年後にテレビ局からこんな無神経なことされたら本気でぶん殴るぞ。

 まあ、本当は聞き込みなんかやってないだろうけど、やった振りをしているだけだろうけど。

 懐かしの宜保 愛子先生も登場。古臭い心霊写真を久々に見られて大変に嬉しかった。いやー、今時、女性の下半身が消えている(みたいに見える)写真とかめったに見られませんよ(笑)。

 (この番組が放送されたのは8月6日の日曜日 時系列的に2日の日記に書くのはおかしいけど、まあ勘弁してくださいな)

 仕事はまあ、いろいろあった。そして午後1時より地区の夏祭りの準備。これから午後4時まで準備して30分ほど休憩した後、夏祭りが始まって終わったのが午後9時過ぎというまあ、実にのんびりとした行事で、大変に楽しかったですよ(ウソ)。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。夜はほとんど食べず。毎年のことだがあまりの疲れと大量に調理される焼きそばやウィンナーの臭いで気分が悪くなってしまうから(笑)。

 焼鳥の皮を2本ばかり食べただけであった。その代り水代わりの缶ビールを5缶ほど飲んだがね。

 終了後、対青葉学園戦で延長18回を戦い抜いた墨谷二中ナインのようにひいひいはあはあと喘ぎつつ自室へ帰還。シャワーを浴び、ウィスキー水割りなど飲んで午前12時過ぎにビスマルクの38センチ砲の斉射を受けたフッドのごとく轟沈。明日は午前8時から祭りの片づけだ、あはははは、あは、楽しいなあ、あはははは。

 8月6日(日) 「宇宙の三枝」
 ハインライン駄洒落第2弾!諸君、水出しコーヒーをしっとるかね。文字通り水で抽出するコーヒーのことだ(当たり前じゃん)。ちょっとおしゃれな喫茶店で見かけるようなメニューだが家庭でも簡単に作ることができるぞ。コーヒー豆をフツーにひいてガラスポットにブチ込む。それから冷えたミネラルウォーターを注げば出来上がり。水の量はフツーのコーヒーのように加熱による蒸散を考慮しなくていいので自分が使うマグカップで計っておきたまえ。後は冷蔵庫で一晩寝かす。これをフィルターで濾せばできあがり。コンビニで売っているようなアイスコーヒーよりよほど美味しくなるぞ。

 (後日、UCCコーヒーから「水出しアイスコーヒー パック」なるものが発売されているのを発見。これはパックの麦茶と同じで500mlの水に漬けておくだけで水出しコーヒーができるのである。豆の扱いはよほど簡単になるけれども肝心の味はどうなのか、明日試してみますのでお楽しみに)

 本日は午前8時より夏祭りの片付け。ひいひいはあはあと作業して終わったのが午前10時半。それから公民館で打ち上げ。料理はいつもの中華料理屋からの出前だったが、日曜で混雑していたためか時間が掛かること、掛かること。みんなうるさくって「まだか、遅いぞ」「おれは皿ウドンが食べたい」「いや冷麺も良い」「なんたってエビチリ!」とか面倒臭いことこの上なし(笑)。

 午後3時過ぎに散会。なんとか部屋にたどり着いてしばらく寝る。午後6時過ぎに起きて空腹を覚えたのでスパゲッティ・ミートソースを作って食う。シャワーを浴びてぼけー。映画など見る気力もなし。

 午後9時過ぎから酒を飲み疲れ切った体を麻痺させて午後11時過ぎには寝てしまった。

 

 8月7日(月) 「小さなバイキング ビリケン」
 考えてみたら私はビリケンさんの具体的な姿形が良く分からなかったりするのであった。さて、昨日日記に書いたUCCの水出しアイスコーヒーが完成。さっそく飲んでみたところ、これがそこそこにウマい。物凄く美味い、これはまさに天上の美味だ!とまでは言わないがその値段、扱いの簡単さを考えれば十分以上である。もうアイスコーヒーはこいつに決めた!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドッグと野菜ジュース。350キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん、トマト1個。350キロカロリー。夕食はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 トッピングは温泉卵、チャーシュー、茹でもやし、トマト。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『荊棘の秘密』 すみません、私は無教養なものでこの荊棘をばらと読めなくてにんにくかと思ってしまいました。だって荊棘と大蒜は良く似ているじゃないですか(そうかなあ)。

 これも実に韓国映画らしくえげつない映画で(笑)、姿を消した娘を捜すうちに今まで母親の知らなかった真実が白日の下にさらされていく・・・というパターンは良くあるのだが、この真実があまりにひどすぎるのである。

 そして娘が死体となって発見された後はさらにこの隠されていた真実が悪鬼に姿を変え、観客が想像しうる限り最悪の方向へ我々を引きずり込んでいく。最終的な犯人が明らかになった時はそのあまりの惨さに絶句したですよ、映画見てこんな気分になったのも久しぶりですよ。

 この映画のえげつなさというのはこのメインストーリーに起因するものばかりではない。多岐にわたる登場人物の言動からも悪意がにじみ出てくるようである。全羅道出身の母親(ヒロイン)に対する差別意識、ホームページの娘の写真を見て「へへへ、なかなか色っぽいな」とヒロインの前でいう無神経極まる選挙スタッフ。ヒロインが必死の思いで作り配布していた娘を捜してくださいというチラシをランチョンマット代わりに使いカップラーメンの麺やスープで汚す刑事。娘に対するいじめも尋常ではない。ロッカーのカギを壊し、教科書にカッターの刃を仕込む。何も知らない娘が教科書を取ろうとすると手がざっくり。

 いや、映画だからそのまま現実の韓国社会に当てはめることはできないけどさ、全羅道出身者に対する地域差別は事実のようだし、つくづく、韓国よ、韓国、ああ、あなたはどうして韓国なのとジュリエットみたいなことを言いたくなるんですよ。

 ハイビジョン画質はまったくダメ。黒は浮きまくり諧調推移部分に青い粒粒が乗ってしまう。音声はAAC5.1チャンネル。ヒロインの不安定な心情とシンクロするBGMの使い方がウマい。重低音の効果も顕著だ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 8月8日(火) 「バットマンと丁稚どん」
 『バットマンVSスーパーマン』再見記念駄洒落。あ、すっげえ古い写真にあの女(ワンダーウーマン)が写ってる!の場面でやっぱり爆笑してしまうなあ。こんな映画を見ると、以前に「もうこれからはUHDだ、3Dブルーレイの時代が終わった」と嘯いたことも忘れて「いやいや3Dもまだまだ行ける」と思ってしまうオレは何なんだろうなあ。

 巨星墜つ。8月7日 ゴジラ俳優の中島春雄氏が死去。いろいろな人が追悼の辞を述べているが、そういった中で地方在住の身としてうらやましいのは氏を始めとして怪獣や特撮映画の直接の当事者の皆さんに直接会って話が聞けたというエピソード。俺も一度でいいからそうした方々からの口から直接お話を伺ってみたかった・・・と思うけれども何しろ対人恐怖症ぎみの私である。過去にそうした機会があったとしてもただあうあう言うばかりでまともに口もきけないなんてことになってしまったかも知れない。

 いろんな意味でダメだった私の人生を幾分なりとも明るくしてくれたのは間違いなく怪獣・特撮映画・アニメをはじめとするオタクの世界でした。中島春雄さん、今まで本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈りします。

 仕事はまあ、いろいろあった、これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。300キロカロリー。昼飯は久しぶりにサッポロ一番味噌ラーメン。もやしや玉ねぎを炒めたものを乗っけたのでヴァイタミンの補給もばっちりだ。500キロカロリー。夕食は例によってマルちゃん「北の味わいざるラーメン」トッピングは同じくチャーシュー、温泉卵、茹でもやし、トマト一個。後は玉ねぎ炒め。玉ねぎをゴマ油で炒めて塩、牡蠣醤油で味付け。これに鰹節を散らして食べるのである。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『バットマンVSスーパーマン』の続きを見たのである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 8月9日(水) ヴァルハラはんと丁稚どん
 ヴァルハラはんって誰?8月2日の日記で書いたブルーレイドライブの件。結論からいうとドライブ自体の問題ではなくどうもブルーレイメディアに問題があったようで(笑)。新しいBD-RE 50GBメディアを買ってきて試してみたら古いブルーレイドライブでも問題なく書き込みができたという。まあね、ブルーレイドライブが2台使える訳だし、新しいドライブはBD-XLに対応している訳だし、出費も10,000円程度だった訳だし、そんな大したことはないんだけど・・・。

 ああ、最初っからブルーレイメディアを買ってくりゃ良かった!新しくブルーレイドライブを買う必要なんかどこにもなかった!この出費で『ゴースト・イン・ザ・シェル』UHDが買えなくなった、ああ、こん畜生!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。本来は今日は休日なのだがちょっと都合があって木曜日に変更したのである。食ったもの、朝飯は珍しく早起きしたので自分で作った根菜の味噌汁。これに温泉卵を1個落として啜る。150キロカロリー。昼飯は久々のゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。外食摂取カロリー量暫定一律基準、1,000キロカロリー。夕食はコンビニの和風ハンバーグ、煮野菜、目玉焼き。缶ビール500ml缶一本を飲む。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,650キロカロリーなりと言いたいところだが、すみません、夜、飲んでいて腹が空いてうどん1把食っちゃいました。これが300キロカロリーで合計、1950キロカロリーになりました。すみません、すみません。

 見た映画は『マン・オブ・スティール』 ブルーレイ3D。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 就寝は午前1時過ぎ。

 8月10日(木) 「まぐわってまぐわってまぐわってまぐわるー。 
 自分で思いついといてなんだが、最低の駄洒落ですなあ。またまたアレ過ぎる西日本新聞のコラム「春秋」  <https://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/350411/より引用。>

8・12」が来ると思い出す。墜落していく日航ジャンボ機内で「きっと助かるまい原因はわからない」「今迄(いままで)は幸せな人生だった」と書かれた乗客の遺書。その娘さんが事故から20年後に「8・12連絡会」編の文集「茜(あかね)雲」に寄せた一文がずっと頭の隅にあった

▼修理ミスによる圧力隔壁破壊が原因ではないかもしれない、とつづられていた。日航の機長をしている高校の同窓生から「社内の多くの人の調査で分かったことがあるといわれた」という。「尾翼に自衛隊機が…」

▼墜落原因は隔壁破壊以外にある、とする説は種々いわれてきた。大きく報じられることはなかった。「茜雲」のあのくだりを思い出させる本が先月出版された

▼「日航123便墜落の新事実」(青山透子著、河出書房新社)。元日航客室乗務員の青山さんが、墜落現場の群馬県上野村の小中学生が学校の文集に残した目撃証言などをたどって書いた。読んでいくうち、それまで漠としていた自衛隊機の影が、別の角度からも大きく見えてくる

▼米軍情報も含めて墜落現場はすぐに分かったはずだが一晩、不明とされたのはなぜか-などの謎にも触れられている。遺族、国民が知らされていない大きな何かがあるのだろうか

▼何が起きたか分からないまま520人が命を絶たれて32年。単独機では世界最大の航空機事故には謎が多い。この本の帯には「三十三回忌に検証する」とある。 =2017/08/12付 西日本新聞朝刊=<引用終了>

 520名もの人々が亡くなった重大事故をネタにし、カビの生えたクソみたいな陰謀論を持ち出して(ウンコにカビは生えるのか!)機体捜索・収容・生存者の救出に多大な働きをした自衛隊を「日航機墜落の原因となりながら(標的機がどうのこうのという奴ですか)それを国ぐるみ、組織ぐるみで32年もの間隠ぺいしてきた」と誹謗中傷する。

 まったくもって最低の極みである。だいたいよう、日報の破棄問題であれだけがちゃがちゃとなって防衛相が辞任に追い込まれたりするのである。こんな重大な秘密を32年もの長期間にわたって完璧に隠蔽できるとでも思っているのか。こんなの思想の右左なんてものではなく常識で考えれば分かるだろ、いい年こいたオトナなんだから。

 本日より東京からY乃が襲来。姉のT子が都合で来られなかったのでお子様ひとり旅での来福である。ちなみにY乃に「お子様ひとり旅」というと激しくしかられる。「お子様じゃなくってジュニアなの!」って(笑)。彼女の出迎えは母親。私は福岡県某市からやってくるK太郎を迎えに薬院駅へ。

 ほぼ同時に自宅へ戻る。昼飯はコンビニの冷やし中華(笑)。まあ、Y乃もK太郎もあまり食べるほうではないので余った冷やし中華はすべて私が頂くことになりました。ビールも350ml缶一本飲みました。

 さて、その後どうしたかと言うと決まっている。私の部屋で映画を見るのである。映画に興味のないK太郎は私の寝室でずっとゲームをしているのだが(笑)。さんざん私のソフトラックを漁ったY乃が最終的にみることにしたのが『君の名は』UHD。彼女にとっての生まれて初めてのUHDブルーレイ体験だ。画質の凄さはY乃にもすぐ伝わって「うわー、おじちゃん、何、これ、映画館より綺麗」って言ってました。ホントですよ。

 夕食は焼鳥屋にていろいろ。私もたくさん食べました。生ビールもハイボールも飲みましたとも。

 帰宅してその後はまた映画。今度もUHDブルーレイの『キングコング 髑髏島の巨神』である。終了後、自宅へ戻って風呂など。Y乃もK太郎も疲れを知らない子供のように(いや、子供だから)いつまでもいつまでもはしゃぎまわる。結局寝たのは午前12時過ぎだったのではないか。

 8月11日(金) 「三回まぐわってワンと鳴け」
 いやね、俺も最低だってことは分かっているんだよ。『キングコング 髑髏島の巨神』を見ていたY乃が私に質問する。「ねえねえおじちゃん、なんで海でもないのにあんなにでっかいタコが出てくるの?」

 おじちゃんの心に火がついた!

 「うん、でも昔の日本でもキングコングの映画作っていたんだよ。『キングコング対ゴジラ』って言うんだ。その中でキングコングがやっぱりでっかいタコと戦うんだよ、それが元ネタなんだ。ちなみに映画の撮影に使われたのは本物のタコでね、何匹も何匹も使って、それがどうなったかというと映画の人たちがみんな美味しく食べちゃったって。

 その映画の続編が『キングコングの逆襲』と言ってね、悪の博士が南の島のコングを捕まえに行くんだ。その時、使われる船がほら、さっきヘリコプターをいっぱい乗せた船が出てきたろ、あれにそっくりなんだよ」

 本日から温泉旅行。午前8時過ぎに起きて、いや、もっと寝ていたいんだけどK太郎がそうさせてくれないのよ(笑)。二人にシャワーなどを浴びさせ旅行の仕度。午前11時過ぎに素麺の朝食。素麺ならY乃、K太郎もたっぷり食べるだろうと思って揖保の糸を6把茹でたのだが・・・、ああ、やっぱりそんなに食べてくれない。おかげで残りを全部食べるハメになった。たぶん、6把の内、3.5把分ぐらいは食べたと思う、げーっぷ。それでも缶ビール350ml一本飲みましたがね。

 しかし久しぶりの揖保の糸はウマかった。その滑らかな喉越しなど他の素麺では決して得られぬ快感である、ああっ!

 午後1時過ぎに出発。まずは西鉄の特急を使って久留米まで。そこで旅行を差配してくれた末弟と合流し、路線バスで小一時間掛かって某バス営業所へ到着。そこでホテルからの送迎車に拾って貰ってようようH温泉のT旅館に到着。午後3時ごろであったか。

 初めて訪れたH温泉郷、ひなびたといえば聞こえがいいが、どうも全体的にくすみすぎている印象(ごめんなさい)、客室の大きな窓からどーんと見えるのが赤さびた電信柱(電柱というシャレた呼び名を全力で拒否している)とやっぱりぼろぼろの営業しているのかすらさだかではないホテルなんだから(ごめんなさい、ごめんなさい)。

 しかし宿泊先のT旅館は立派なものであった。建物こそ古いがきちんと整備されていて仲居さんたちのレベルも高い。行き届いたサービスとはまさにこのことである。温泉もジャングル風呂、露天風呂などいろいろ楽しめる。特に何十年ぶりか定かではないくらい久しぶりのジャングル風呂は幼い頃の郷愁をまざまざと蘇らせてくれた。まあ、あの植物を取っ払って全体を明るくしたらとってもオッシャレ―な風呂になるのではないかと思ったことはナイショだよ。

 食事はお刺身、鶏鍋、アユの塩焼き、ヴィシソワーズ、天ぷら、テーブル上で調理される炊き込みご飯のフルコース。こんな海から離れたところでお刺身?と思ったけれども、これが意外に美味しい。特にイカの刺身は白っぽくってとろとろしており、呼子のイカとは対極にあるもの。しかし、このとろとろの身を噛みしめると芳醇な旨みで口中が満たされるのである。うん、こういうイカもありだな。

 なお、この食堂(個室)は旅館の最下層 1階に位置する。先日の水害ではこの食堂が床上浸水したそうである。それからたった1ヶ月の突貫工事で瑕疵をまったく感じさせない部屋に再生したという。その話を仲居さんから聞いて感動していたらK太郎があやうく味噌汁をこぼしそうに。おい、それはさすがに洒落にならん(笑)。

 美味しい食事であったがちょっと量が多すぎた。特に私はY乃やK太郎が残した分まで引き受けたので朝食に引き続きお腹ぱんぱん状態に。

 それから部屋に戻ってひとしきり遊び、午前1時過ぎに就寝する。

 8月12日 「無痛プノンペン」
 産科医駄洒落。私のソフトラックから『ホテルトランシルバニア 3D』ブルーレイを見つけたY乃が言った。「おじちゃん、この映画は面白いよね」

 おじちゃんの心に火がついた!

 「うん、面白い。でもこの映画はそれだけじゃないんだよ。めちゃくちゃマニアックなんだよ。Y乃もドラキュラとかフランケンシュタインの怪物とか狼男とかは知っているだろ。おじちゃんがフィギュア飾っているし(笑)。でも他にも『顔のない悪魔』って誰も知らないような映画の脳みそだけでぴょんぴょん飛んでくるモンスターも出しているんだよ」私は寝室のソフトラックから『顔のない悪魔』のDVDを取ってくる。ジャケットに移っている件のモンスターを見せて「ほら、ほら、出てきてただろ、こんな奴!」

 午前8時に起床。朝食が9時からなので私一人露天風呂へ行く。ここでゆっくりと温まり昨晩の暴飲暴食に疲れた胃を癒すのである。朝食は5Fの大食堂でのバイキング。このバイキングは特筆すべきことはなし。ごくごくフツーのものであった。

 午前10時にチェックアウト。末弟とここでお別れして私たちはタクシーで近くの高速バス亭へ向かう。途中で朝倉の三連水車を見に行ったのだが、周辺のそこかしこに残された水害の爪痕が痛々しい。畑や果樹園は泥をかぶったままになっているし、破壊された家屋やガードレール、金網もそのままだ。積み上げられた流木など、その禍々しさに水害のすさまじさを改めて思い知らされた。

 (このたびの水害により 亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます

 午前11時過ぎの高速バスに乗り込み一路福岡へ。天神到着後、タクシーを使ってそのまま帰宅。みんな疲れていたので早く帰りたかったのだ。

 ちょっと休んでから私とY乃は近くのレンタルショップへ。彼女のリクエストに応じて「金田一少年の事件簿 実写版」と映画『グラスホッパー』を借りてくる。そして夕食まで「金田一少年の事件簿」を見ることになったのであった。

 夕食は肉野菜炒めと炒飯。炒飯はY乃、K太郎のリクエストであったが何を思ったか母親、10日に行った焼鳥屋で貰ってきたからし高菜をたっぷり混ぜ込んだものだからえらく辛くなった。私は大丈夫であったがお子達には食べられずまたも大量に残った炒飯を引き受けることになった。ビール350ml缶2本飲んだ。

 ああ、私はこの3日間で何度キャベジンのお世話になったことか。

 夕食後、彼女たちが風呂に入るのを待ってまた私の部屋で映画。『グラスホッパー』である。これが終了して帰宅。またまたひとしきり騒いで就寝午前12時過ぎ。

 8月13日(日) 「アームストロング球団」
 「アストロ球団」実写版なんてのがありましたなあ駄洒落。私のソフトラックから米国盤ブルーレイ 『道化死ているぜ!』原題『Stitches 』を見つけたY乃、「うわー、これピエロが出てくるホラーなの、おじちゃん、なんでピエロってこんなに怖いのかなあ」

 おじちゃんの心に火がついた!

 「それはね、アメリカにジョン・ウェイン・ゲーシーという連続殺人鬼がいたんだよ。彼は割とお金持ちで町の名士でパーティでピエロになって子供たちを楽しませていたりしたんだ。それでアメリカの人は彼を殺人ピエロと呼んだんだ。

 そしてスティーブン・キングという人が彼をモデルに「イット」というピエロの怪物が出てくる小説を書いたんだ。これがベストセラーになってTV映画も作られて「ピエロ」が恐怖のアイコンとしてアメリカ人の間に定着したんだね」

 (なお、彼女の年齢を考慮してジョン・ウェイン・ゲーシーが同性愛者であり、33人もの少年に性的暴行をくわえた上で殺害し、その遺体を自宅地下に埋めたり近くの川に遺棄したりしていたことは説明しておりませんって当たり前だ)

 さて、本日はY乃の帰京である。飛行機の時間が午後1時半と遅かったので午前8時に起きた私とY乃は朝飯も食わずに映画。K太郎も例によって寝室でゲーム。見た作品は昨日に続いて『グラスホッパー』Y乃のリクエストとは言え、これはとほほだったですよ(笑)。

 映画終了後、身支度拵えて午後11時半にタクシーで出発。空港到着後チェックインした後おみやげを購入。フードコートで昼食を取って私はY乃の見送り、母親はK太郎を福岡県某所まで送っていくことになる。「お子様一人旅」なので搭乗口まで付き添いができる。Y乃は割とあっさりと「じゃあね、おじちゃん」 飛行機に乗り込んで行ったのであった。

 Y乃を見送った私はタクシーで帰宅。本来ならば博多駅まで地下鉄、博多駅から西鉄バスという500円コースを使うべきであったがどっと疲れが出てきてどうしてもそんな気になれなかったのである。午後2時半に自室へ到着。そのままベッドに倒れ込んで2時間ほど眠ってしまった。

 夕食はトマトスライス、茹でもやしをのっけたラ王の冷やし中華で済ます。そしてビール500ml缶一本飲んだ。その後はテレヴィを眺めながらぼけー。午後10時にシャワーを浴びてまたぼけー。ウィスキー水割りを飲んでまたぼけー。午前1時過ぎに就寝。

 8月14日(月) 「ポランスキー行進曲」
 元ネタは「ホラ吹き行進曲」と映画監督のロマン・ポランスキーである、ウム。12日に旅館からタクシーを使って高速バスターミナルまで行ったのだが、この時のタクシーの運転手さんが何か変だった。まず、助手席前のダッシュボードに掲げられている運転手証の写真が女性なのである。しかし、運転手さんはどうみたって男性。ひょっとしたら性転換とかそんなややこしいことなのかと思ったのだが、それにしてはあまりにも顔立ちが違う。絶対に別人である。

 これは大丈夫なのか。

 そして今時タクシー無線のうるさいことと言ったらない。配車の様子が手に取るように分かる(笑)。また、運転手さんの携帯が鳴りだしたと思ったら何のためらいもなく電話に出てしまうのである。それも3回も。

 これは大丈夫なのか。

 高速バスターミナルもちょっと変だった。トイレに行くと「いたずらがあまりにもひどいのでこの便所からトイレットペーパーを撤去しております。悪しからずご了承ください」 男性トイレだけならまだしも母親によれば女性トイレも同様であった由。

 こういう場合、フツー、トイレットペーパーの販売機とか置いておくものではないですかね。

 さて、本日から仕事。しかし午前8時半から父親を連れて墓参り。さらに午後から明日のお盆法要に備えた家の片付けに駆り出されたりしたのでできた仕事は郵便物の整理くらいのものであった。

 食ったもの、朝飯は抜き。昼飯に膳のラーメン+替え玉。外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はスライストマト、茹でもやし、ラ王の冷やし中華。ビールは飲まず。

 その後、やっぱり映画を見る気にはならず読書しながら音楽。午後10時過ぎにシャワーを浴び、午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 8月15日(火) 「新学期の巨人」
 単行本巻末の嘘予告みたいですな。ようやく自炊電子書籍データのブルーレイメディアバックアップが終了。二層BD-REが実に18枚。メディアのトラブルもあって本当に苦労した。メディアのトラブルと言ってもそれは前のデータを消去して新しいデータを書き込むプロセスにおいて生じたものであり自炊データの読み出しには問題なし。USB HDDより安定したデータ保存ができることには変わりない・・・筈である(笑)。

 いっそのこと、二層BD-Rをその都度買って書き込みだけにした方が手間が掛からないのではないかと思わないでもないけど、1年に一度とはいえ二層BD-Rを20枚(5枚パック)を自炊データの保存だけに買い足すというのもなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。320キロカロリー。昼飯はトマトスライス、茹でもやし、じゃこをのせたラ王の冷やし中華。400キロカロリー。夕食はじゃがいも1個、ニンジン1個、玉ねぎ半分、豆腐半丁、豚バラ100グラムを使った豚汁。ゴハンは食べなかったので500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,220キロカロリー。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『パリ・エキスプレス』を見る。しがないバイク便の運転手である主人公が犯罪組織の取引に偶然巻き込まれ奥さんや友達まで巻き込んで大騒動という映画。組織を裏切ろうとする男、彼を阻止して荷物を奪い返そうとする組織の人間、組織を内偵していたインターポール、この三者の板挟みになった男のあたふたとする姿が笑いを誘う。

 そこにダイヤの売り手である謎の美女が現れていろいろあって主人公を助けることになる。この謎の美女がそこそこ優しい峰不二子みたいで彼女の存在が最初から最後までドタバタし続けるせわしない物語の良いアクセントになっているのだ。

 ハイビジョン画質は可も不可もなし。コントラストが低く発色も地味、地味。音声はAAC5.1チャンネル。軽快な移動音の表現が楽しい。重低音も要所要所で効果を発揮する。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。