観 笑 亭 日 乗

 まあ、要するに日記であります。自分に都合の悪いことや他人のプライバシーに触れるような事は書きませんので悪しからず御了承下さい。もしそれではイヤという方がいらっしゃいましたらへい、ようがす、木戸銭払ってどうぞお帰りくださいな。また、読んだ本、TV番組、映画等についてのネタバレあり。御注意下さい。うん、注意したからね、これでああ、おれ、まだ見てないのになどと怒るのは筋違いですからね。そういう人は接骨院にでも行って下さいね。
                                         
   

 




 
 




 


 


 
 
 
 

 
 

 
 
 



 

 
 


 
 



 
 5月1日(月) 三越入道
 三越入道、三越で買い物した!さすがに分かりにくいと思うので元ネタご紹介。三越入道はもちろん、見越し入道。この妖怪が現れた時、そのまま見ていると死んでしまうが、「見越し入道、見越した」ということで撃退できる。

 http://news.livedoor.com/article/detail/12991195/濡れ場やグロシーンも!?地上波で放映してた驚きの洋画ランキング1位 エマニエル夫人シリーズ 2位 13日の金曜日シリーズ 3位 氷の微笑 という記事が一部で話題になっているようだが、私の世代ではなんといってもたぶん、小学校3~4年の頃に放送されたアラン・ドロン出演のオムニバス映画 『世にも怪奇な物語』ですな。どの話だったか覚えていないけれどもオッパイ(乳首込み)がはっきり見えていて、翌日のクラスでは男子どもがその話でもちきりであった(笑)。それまではテレビで映画にしろドラマにしろ乳首なんてほとんど見たことがなかったのである。乳首初体験だったのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は西鉄大橋駅近くのラーメン屋でラーメン+替え玉。あの倒産寸前復活プロジェクトで見事、復活を遂げた某ラーメン店。たしかに優れたラーメンだが、やっぱり私の好みには合わん。

 夕食はラーメンが残っていたので茹でホウレンソウ、コンビニの子持ちししゃも、素麺1把で済ませてしまった。ビール500ml缶一本飲む。

 その後、米国盤ブルーレイで『プレステージ』を再見。何しろブルーレイソフト黎明期の作品なので画質はだめだめ。解像度が低くてのっぺりとしており、そのくせフィルムグレインがやたらに目立つ。黒の落ち込みも早いといいところがない。

 しかし、無圧縮のリニアPCM5.1チャンネルは未だに一級品。特に重低音は物理的な衝撃を感じられるほどの迫力でやっぱり無理をしてスーパーサブウーファーTD725を導入して良かったなと改めて思うのであった。

 シャワーを浴びてWOWOWで放送された「国民の叔母・清水ミチコの一人フェスIN 武道館 SPECIAL」を見る。いや、なんというか、「ウサギとカメ」をモチーフにして 松任谷由実・中島みゆき的楽曲世界を構築するというネタが凄すぎて、もう言葉がでない。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 5月2日(火) 「エンターキーの騎士」
 なんというハイブラウな駄洒落か(自画自賛)。母親用にパナソニックのブルーレイプレーヤーを購入。DMP-BD88という機種で某山田電器での価格が8,800円。HDMIケーブルが付属していないので別途購入する必要があり、結局合計金額が10,000円程度になってしまう(笑)。

 安いだけではなく筐体が実にコンパクト。液晶テレビの前に置いても画面に掛からないぐらいの大きさ。しかし、しかしである。電源を入れてHDMIケーブルをテレビに接続してもウンともスンとも言わぬ。当然表示されるべき初期設定画面も出やしない。ややや、しまった、不良品か、パナソニックも堕ちたものよ、このままではT芝の二の舞だぞと思ったのだけれども、なんとしたことであろう、HDMIケーブルをいったん抜いて出力側、入力側を逆にして接続するとフツーに絵が出たのである。

 ウウーム、長いことHDMIケーブルを使っているけれども今回のような事態は初めて。そりゃ、高級AVケーブルに信号の流れを指定しているものがある。でもこのHDMIケーブルは1メートル 1,000円程度の普及品なのである。パッケージにも別段、その手の注意書きもなされてなかったし、これはいったいどういうことなのか。

 まあ、フツーに使えているからいいですけどね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はインスタントラーメンと茹でホウレンソウ。夕食はカレーでテキトーに済ませる。

 その後、久々に米国盤ブルーレイで『GIジョー』を再見。いや、まあバカな映画だなあと(笑)。見ていてどうもにやにやしてしまうなあと(笑)。

 ということで、明日は続編の『G.I.ジョー バック2リベンジ 3D』を見ようと決意したのであった。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は例によって「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させえて国内盤ブルーレイの『地球防衛軍』を30分ほど。画質の良さにしばし言葉を失う。冒頭の祭りの場面など、今まで見てきた映像はなんだったのかと思ってしまうほどだ。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月3日(水) エンターキー・アチャコ
 エンターキー駄洒落第2弾。<http://www.asahi.com/articles/ASK4Y72SCK4YUHBI02Z.htmlより引用開始>ミサイルで地下鉄停止「日本は大げさ」 韓国では避難先 29日朝の北朝鮮の弾道ミサイル発射で東京の地下鉄が止まったことに、韓国で驚きが広がっている。普段からミサイル発射時には地下鉄構内に逃げ込むよう呼びかけられており、「地下は比較的安全」という認識もあるようだ。 韓国の聯合ニュースは「『失敗した』ミサイル発射に地下鉄まで止めた日本」、東亜日報(電子版)は「北ミサイル発射に地下鉄、新幹線運行中断 『大げさに振る舞う』」の見出しで日本の対応を報じた。<引用終了>

 朝鮮戦争でめためたにされたのにも関わらず、再三北朝鮮から火の海にしてやると脅かされているのにも関わらず未だに敵野砲群の射程内に首都を置き続けて平然としている国、2002年の第2延坪海戦では6名もの戦死者が出た(負傷者 18名)のにも関わらず、ワールドカップ開催中だったために国民がほとんど関心を持たず、当時の大統領金大中が翌日、日本にサッカー観戦に出かけちゃったような国、と一緒にされては困りますがな(笑)。

 本日から休み。午前9時過ぎに起きて冷凍うどんの朝食。それから昨日の誓い通り米国盤ブルーレイで『G.I.ジョー バック2リベンジ 3D』を見る。やっぱりバカだなあ(笑)。

 その後某所で入院中の父親へ支援物資輸送を行い、午後1時過ぎに帰宅。面倒臭いので昼飯は抜き。午後3時よりバスで博多駅へ。本日は午後4時からぴんでんさん、たけうちさんと天神で開催中の「さわれる爬虫類展」を見学した後、だるま屋にて屑の会開催を予定しているのだが、その前に20パーセントオフのウルトラセール中のブックオフ博多駅前店に行ったのである。

 20パーセントオフですからな、普段は見向きもしない108円、216円本以外の棚も熱心に見ておりました。あまりに熱心だったので時間がたつのを忘れていて、気が付いたら午後3時50分。遅れちゃう、遅れちゃうと懐中時計を持ったウサギのごとくあわてて地下鉄で天神へ。結局20分ほど遅れて「爬虫類展」入りすることになってしまった。どうもぴんでんさん、たけうちさん、ごめんなさい。

 さて、この爬虫類展、亀の展示がナイルスッポン、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメの3種のみで亀にか関心のない私にはちょっと物足らなかったか(私のパトローナスはまず間違いなく亀である。でも召喚してももそもそ動くばかりで役に立たず、私はディメンターに魂を吸いたい放題に吸われ挙句アズカバン送りになってしまうのであろう)。まあ、アルダブラゾウガメ(子亀)を持つという体験ができたからいいか。

 午後5時よりだるま屋入店。3,800円の飲み放題付きコースで飲むわ、飲むわ、食べるわ、食べるわ。やっぱり美味しかったのはサバの鉄引き(刺身)と鶏唐揚げ。前者は連休の中日だというのにぷりぷりの歯ごたえがたまらない。鶏唐揚げは普段、揚げ物を制限している(つもり)の私にとってはまさに猫に小判じゃなかった猫にまたたびのようなものだ。

 午後8時過ぎに店を出る。それから当然ながらカラオケへ流れ2時間ほどがあがあと唸る。終了後、私は財布に2,000円しきゃなかったので、久しぶりに天神から歩いて帰ったのであった。

 その後テレビをのんびりと眺め午前12時過ぎに就寝。

 5月4日(木) エンターキーフライドチキン
 エンターキー駄洒落第3弾。アマゾンよりUHDブルーレイ 『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』が届いた。しかしなんですなあ、注文の時が面倒臭かったですなあ。アマゾンでジャンルDVD 「UHDハリーポッター」で検索しても出てこないですからなあ。ならばと今度は「ハリーポッター」で検索するとブルーレイ止まりだったりします。わざわざグーグルで検索してアマゾンへのリンクをたどってようやく注文できたのです。アマゾンはひょっとしたら売りたくないのですかなあ(笑)。

 それはともかくとしてUHDブルーレイの画質はやはり素晴らしい。フィルムの粒状感が強めですっきりとした高画質とは言えないのだが広域化された色域、HDRの効果でブルーレイとはまったくの別物である。特に前半のヴォルデモートの支配下に置かれたホグワーツの陰鬱な雰囲気など、映画館でも見られなかったもの。だからマグゴナガル先生がスネイプ先生を撃退した後、暗かった大広間の松明を次々にともして明るくする、その対比が実に効果的なのだ。

 休みの2日目。午前9時過ぎに起床して昨日買っておいた明洞冷麺という奴で朝食。キムチ、チャーシュー、茹で卵を乗っけた豪華版。この手の冷麺のスープは今一つ旨みが足りないのでめんつゆをちょっと足してやるとぐっと美味しくなるんだ、うん。

 そして昨日に引き続き某病院に入院中の父親へ支援物資の輸送。帰り際、大橋駅で途中下車し、ブックオフ大橋店で20パーセントセールの本をがさっと買う。結局、このセール期間中に15冊ほど買うことになりそうだ。

 昼飯は素麺でテキトーに済ます。その後前述のUHDブルーレイ 『ハリーポッターと死の秘宝PART2』を見ておおおおおおおおおおおと感動したのである。

 夕食は自家製のポテトサラダ。茹でたジャガイモ4個をつぶし、茹で卵1個、細切れのハム、シーチキン、玉ねぎみじん切りを混ぜ塩とマヨネーズ、レモン汁で味付けしたものである。これに豚肉ステーキとじゃがいもと玉ねぎの味噌汁でゴハンを1合。

 あ、ビール500ml缶一本飲みましたとも。

 夕食後は『死の秘宝PART2』の続き。

 終了後シャワーを浴びてからお酒。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてブルーレイ『地球防衛軍』を30分ほど。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月5日(金) 「ちゃんこの海岸物語」
 ちゃんこ駄洒落と言えば戸梶圭太が『皆殺しのちゃんこ』とかやっていたな(もちろん、元ネタは『皆殺しのジャンゴ』)。

 <https://twitter.com/kororikyun/status/812220463556411392より引用開始>>
 韓国 現代建設の工事現場看板 「工事関係者の皆さん、安全規則を守りましょう。万一事故を起こしたら、あなたの奥さんの隣に他の男が寝ることになり、その男にあなたの子どもたちが虐待され、あなたの労災保険金もすべて使い果たされるでしょう。安全遵守はあなた自身のためなのです。」<引用終了>

 いいぞ、韓国!

 休みの3日目。午前9時に起床しサッポロ一番味噌ラーメンで朝食。その後、亀の屋外飼育場のメンテナンス。午後からまたも病院へ支援物資搬入。帰りにやっぱりブックオフにより古本を買う。ゴールデンウィークと言っても私の生活はこんなものです。

 そしてやっぱり帰ってきてからUHDブルーレイ!今日は『パシフィックリム』だ。これまた凄い。あのカイジュウの口からでろでろと伸びてくる舌の美しい光りかたなど、もううっとりしてしまう。幻想的なイメージすら感じてしまう。この映像は私にとって麻薬みたいなもんですよ、ほんと。

 夕食はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 昨日の明洞冷麺も美味かったけど、こっちもたまらん。このつゆを単独で売ってくれないかな、もやしやトマトといった野菜に最適なドレッシングになるんだけど。麺抜きでも絶対美味しいよな。

 あ、はい、ビール500ml缶一本飲みましたよ。

 その後は映画を見ずに音楽鑑賞。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。プロジェクターを早くも再起動させて国内盤ブルーレイ 『地球防衛軍』の後半を肴に美味しく飲みました。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月6日(土) 「がんばれテンキー」
 テンキー駄洒落第4弾!元ネタは「がんばれ元気」だよ。今時、ホームページとブログ、ミクシィで発信しているだけというのはあまりにも古臭いのでぜひ、この駄洒落だけでもツィッターでつぶやきたいけど、どうすればいいのか良く分からん。それにリツイートとかフォローとかブロックとかクソリプとか謎の単語が出てきてちょっとコワイ。駄洒落を呟いたとたん、ブロックされたりクソリプとかされたらどうしよう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとお茶。180キロカロリー。昼飯はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 チャーシュー、トマト、ゆでもやし、温泉卵を乗っけて。これで700キロカロリー。

 夕食はレトルトカレーをちょっとひと工夫。レトルトカレーをちょっと温めてから鍋にあける。そこへ細かく切った(安物の480円包丁の切れ味が悪いので切るというより潰すという感じになる)トマト、コンソメ1ケ入れて水を足し少々煮込む。そして焼肉のたれをごく少量入れて味を調える。するとトマトの酸味と焼肉のたれの複雑な味でレトルトカレーが高級カレー店の味に早変わり・・・とはならんな。だいたいそんな上手い話があってたまるものか(笑)。

 でもそこまでは行かないにしてもそこそこ美味しくはなると思う。コンソメと水を足して味を落とさずかさまししているので、このカレースープをすするだけでも結構食べた気分になるからダイエットにもよろしい。このトマトカレーでゴハンを半合。後は茹でもやし、自家製ポテトサラダの残り。これで600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『イーグル・ジャンプ』を見る。<http://eiga.com/movie/84441/より引用開始>イギリスで初めてスキージャンプのオリンピック代表選手となった実在の人物マイケル・エドワーズの半生を、「キングスマン」のタロン・エガートン主演で映画化。マイケル・エディ・エドワーズは幼い頃からオリンピックに出場することを夢見てきたが、運動音痴な上に極度の近眼を抱えていた。ある日、偶然見たスキージャンプに興味を持った彼は、国の代表選手を目指すためドイツの雪山へ向かい、そこで知り合った元オリンピック代表選手ブロンソン・ピアリーにコーチを依頼する。<引用終了>

 この紹介も随分いい加減でこの主人公は決して運動音痴などではない。ドジでぶきっちょなだけ。少年時に膝を怪我して1年ほど自由に運動できなかったことがあるけれども完治後はスキーでオリンピック代表レベルには達しなかったものの、いくつもの大会で優勝しているのである。そんな運動音痴はおらん(笑)。近眼にしたって彼のダサさ、カッコ悪さを表現するための道具のようなもので、ジャンプ競技に影響を与えるものでもない。

 映画映画自体はいや、面白かったけれどもスキージャンプ競技の展開が実にワンパターンで、予定調和に収まりすぎ。後半は実話ベースということを差し引いても全然どきどきわくわくできなかったぞ。

 なお、このカルガリーオリンピックではジャマイカのボブスレーチームが初出場し大きな話題となっている。同じくこの実話をベースに作られたのがジョン・キャンディの『クール・ランニング』である。この『イーグルジャンプ』の中でもジャマイカのボブスレーチームがちょっとだけ触れられていて、両作品の繋がりを暗示しているのだ(ちょっと考えすぎかな?)。

 ハイビジョンは良好。ハイコントラストで雪山のまばゆい白を上手く表現している。HDRにはもちろんかなわないのだが、ブルーレイとしては最高峰のものであろう。音声はDTS-HDマスターオーディオ。BGMの音の良さ、広がりに驚かされる。ジャンプ時の風切り音も包囲感にすぐれたもの。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月7日(日) ガッツ星人の喫茶店
 暗殺コーヒーとか(元ネタは「学生街の喫茶店)。昨日見た映画『イーグル・ジャンプ』 ヒュー・ジャックマンはかって将来を嘱望されたスキージャンパーだったのだが、ご乱行が過ぎてクリストファー・ウォーケンのコーチに「お前、イラネ」と追放されてしまった。その後、彼は謝りに行くのだが、この時の日本語訳がちょっと愉快だったのでご紹介。

 「I literally got down on my knees and I begged him to let me jump again」(文字通り俺は膝とついて彼に懇願した。もう一度ジャンプをやらせてくれと)

 これが日本語字幕だと「土下座して頼んだ」 日本語吹き替えでは「文字通り土下座して頼んだ」

 たしかに分かりやすいのだが、ヒュー・ジャックマンがクリストファー・ウォーケンの前で土下座しているのを想像すると・・・(笑)。(なお、この一文を書くためにわざわざレンタルブルーレイを再生して当該箇所を20分近く費やして探した。記憶だけで英文書こうとすると絶対間違うから)

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は明洞冷麺。チャーシューがなかったので茹で卵、トマト、キムチのトッピング。600キロカロリー。夕食は玉ねぎ、にんじん、長ネギ、白菜、豚肉を使った豚汁。ゴハンは食べずに代わりに納豆で腹を満足させる。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ロック・ザ・カスバ』を見る。ビル・マーレイのいかにも胡散臭い芸能マネージャー(新人を事務所でオーディションし、合格だ、君は凄い将来の世界的スターだとおだてあげてレッスン代や契約料をムシる)、軍慰問コンサートでアフガニスタンに出かけたら連れて行った所属歌手、ズーイ・デシャネルにパスポートと有り金を持ち逃げされてしまう(パスポートを持って行ったのは追いかけられないようにするためか。なお、ひどいことにズーイ・デシャネルの出番はこれだけ)。

 この不条理で混乱した状況を使い、映画の中のアフガニスタンを一種のダーク・ファンタジー・ランドとして見せる手法がウマいですな。

 困窮したマーレイはこれまた怪しげな男たち二人の武器輸送の仕事を請け合い、これまた怪しげな傭兵のブルース・ウィルスと共に辺境の村へ。マーレイはそこでイスラム教の戒律におびえながら歌手にあこがれる一人の少女と出会う。彼女はいわゆる「天使の歌声の持ち主」であった。芸能マネージャーの血をいたく刺激されたマーレイは地元テレビ局のオーディション番組に彼女を出演させようとするのだが・・・。

 基本的にこの世界の戒律では女性が人前で顔出しして、歌を歌い、しかもそれが英語だと!そんな女は恥さらしだ、死刑だ、死刑だ、殺せ、殺せとなるのが当たり前。前半のダーク・ファンタジー・ランドとして見せる演出の妙もあって、この戒律を突破するのはもう不可能だと思えてしまう。しかし、さすがは『グッドモーニング・ベトナム』のような感動作も作れば今一つ面白くない『スフィア』みたいなSF映画も作る、かと思えば『ザ・ベイ』みたいなちょっとアレなホラー映画もやっちゃうという無駄に引き出しの多いバリー・レヴィンソン監督である(笑)。この状況の中にアフガニスタンの宿痾といえる小部族同士の対立を放り込んで鮮やかに解決させてしまうのであった。

 ハイビジョン画質はダメ。激しい黒浮きと目立つノイズでかなり見づらい画質となっている。音声はAAC5.1チャンネル。こちらはなかなかの高レベルで街の喧噪音はリアルだし、音楽場面では音場がふわりと広がりシアタールームを包み込んでくれる。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝・・・かと思いきや、今夜は効果が芳しくなく頭がぼんやりするばかりでいっかな眠りに入れない。仕方ないのでそのままテレビや本で時間をつぶし、午前3時近くになってようやく眠りにつく。

 5月8日(月)仮性包茎ゴーホーム」
 元ネタはもちろん「火星人ゴーホーム」だけど、駄洒落にも何もなっていないんだけど、語感が面白いと思うので勘弁してください。

 さて、明日は三年ぶりの胃カメラ検診である。前に人間ドッグで「要再検査」となった時は胃カメラ検診で「綺麗なもんです、心配はいりません」という結果だったのだが、今回はどうなるか。胃の痛みその他の自覚症状はなし。数年前にピロリ菌は根絶せしめている。いきなり胃がんですと言われることはないだろう。でも、私はなにしろ飲む人間である。「胃炎です。酒は当分やめてください」となる可能性は十分にある。

 検診自体も楽じゃないし、ああ、いやだ、憂鬱だ、気が重い、検査に行きたくない、ああ、ああ。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、明日は胃カメラ検診、結果いかんによっては大幅な飲酒・食事制限を課されることだってある。だったら今日好きなものをたらふく食っておこうではないか!と勇ましく思ったのだが、あんまりお金がなかったので、どうも微妙なメニューになってしまった。

 朝はコンビニのチキンカツサンドイッチ(これが検査前でなかったら200キロカロリーのしゃきしゃきレタスサンドとかになる)、400キロカロリー。昼飯はゴハン半合を納豆と生卵で(検査前でなければ納豆だけ)。500キロカロリー。夕食は昨日と同じく玉ねぎ、にんじん、長ネギ、白菜、豚肉で作った豚汁。そしてゴハンを半合(検査前でなければゴハンを食べない)。800キロカロリー。
 
  本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽を少々。検診のために午後9時以降は固形物を腹に入れられない。だったら入眠剤をその前に飲まなくちゃ、だったら早めにシャワーを浴びないと入眠剤を飲んだ後ではさすがにまずい等々ありましたので忙しくて映画など見ていられなかったのであります。

 この時間帯に入眠剤飲んでも眠れないだろう、昨晩と同じくうすぼんやりしたまま長い夜を過ごすことになるのかと思いきや、午前12時前に恐ろしく眠くなりそのままベッドへ入ってしまいましたとさ。

 5月9日(火) 「火星人コンドーム」
 ああ、なんかいろいろすいませんと必要もないのに謝りたくなる駄洒落。胃カメラ検診やってきました。結果は前回と同じく「我、検診ヨリ帰還セリ。結果キワメテ良好ナリ、今後ノ任務遂行ニ支障ナシト認ム。送レ。 」でした。ほっとしました。

 しかし、なんですな、三年前と同じくレントゲンで「胃におかしな影がありますバイ、ひょっとしたらエライことになっとるかも知れませんので再検査ばしんしゃい」「何にもありませんでしたバイ」ということになった訳です。当然ながら「胃はまったく大丈夫ですたい」とレントゲン検診で言われて、「実は胃でえらい病気が進行中」という逆パターンも考えられる訳です。

 そう考えるとちょっとコワいので来年から人間ドックは最初から胃カメラを受診しようかなと思っている訳でして・・・。

 まあね、鼻からの胃カメラ挿入(経鼻内視鏡検査)の何が嫌かと言うと、鼻に麻酔薬を入れるじゃないですか、そして鼻の穴の通りを良くするために拡張棒をぐいと差し込まれるじゃないですか。この瞬間がも本当にイヤ。最初は細い棒からとか言われるのですが、この細い棒でも結構鼻の穴が痛い。うわ、そんなずぼずぼ入れないでとか心の中で抗議しているのですよ。ええっ、胃カメラのケーブルより細いのにこんなに痛いの、だったらもっと太い本番のやつはどうなるんだよ!とビート・たけしに「お前は処女か」とツッコまれそうなことを思っている訳ですよ。この時の恐怖感というのは経鼻胃カメラ4回目になってもなかなか拭い去ることができないのであります。まあ、痛いのはこの時だけで、次の胃カメラのケーブルと同じ太さの棒、そして本番の胃カメラの時はなんてことはないのですが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイって胃カメラ検診を午前9時から受けたやんか。雨の中、病院まで20分かけてとぼとぼ歩いたやんか。

 食ったもの、朝飯はとうぜん抜き。胃カメラ受診後の昼飯は豪勢に行かなきゃということで長崎ちゃんぽんリンガーハット。なんと麺増量120パーセントの餃子5個付きランチだぜ。

 夕食も豪華、豪華。白菜とソーセージと豚肉をコンソメで煮た洋風鍋だぜ。ビールも500ml缶一本飲んじゃったぜ。

 その後、ウィスキー水割りなど飲んで(いやあ、何しろ胃カメラ検診が無事に終わりましたからなあ)、延々と録画の「ゴリパラ見聞録」を見たりする。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『ホラ吹き太閤記』を30分ほど見る。

 就寝午前12時過ぎ。

 5月10日(水) 「三丁目のUFO」
 これはユーフォ―じゃなくってユーエフオーと呼んで欲しい駄洒落。さて、無事に終わった胃カメラ検診だけどその費用はおおよそ5,000円弱。これが諸外国になるとどうなるか。

  胃カメラ検査の費用は保険適用で5,000円弱。アメリカだと1,200?1,500ドル(参考https://blogs.yahoo.co.jp/shin6277/34036678.html) えええっ!こののブログでは安くて親切な日本人医師を運よく見つけることができたのだが、それでも700ドル。

 イギリスでは 胃カメラ、大腸カメラを同時に受けても無料。でも最低2週間ほど待たされるらしい。(参考 http://medical-checkup.biz/archives/1229)これはNHS (National Health Service イギリス政府が運営する国民保険サービス)の恩恵によるもの。まことに結構なシステムであるが、時間が掛かる、医療の質もあまり高くない(と言われる)等々の問題があるようだ。。

 またイギリスではGP(General Practitioner/家庭医又はかかりつけ医)制度が徹底しておりどんな場合でもまず最初にGPの診察を受ける必要がある。 原則としてGPの紹介がないと、大きな病院で診察して貰えない。もちろんNHSとは別系統の私立病院を受診することもできる。スピーディで医療の質も高い。のだが、自由診療なので当然ながら高額となり、胃カメラだと900~1,200ポンド(13万強~17万6千円)掛かる(参考 https://www.london-ryugaku.com/hospi/)。

 5,000円弱でスピーディに検査を受けられる日本の医療。保険体制というのは実は凄いんですよ。それをアレな弁護士やらマスコミやらデマゴガーが殺しに掛かっている。大野病院事件しかり、大淀病院事件しかり、大和私立病院しかり、この国の司法は言うなれば本間先生を助けられなかったブラック・ジャックを逮捕したり彼に損害賠償させたりするのである。

 本日は休み。午前9時過ぎにふんがーと起き出してかけうどんと茹でホウレンソウで朝食。それから音楽をだらだらと。いやあ、うちのシステムまた音が良くなっていませんかあとニヤニヤ。サブウーファーのヴォリュームを上げたら一つ一つの音の陰影がはっきりしてより立体的になってきた。ストリングスの低音の響きも実に重厚だ。

 午後2時過ぎに羽根つき餃子(冷凍食品の水も油も奥さんもいらないという奴)と炒飯で昼飯。ビール500ml缶一本飲む。炒飯はやっぱり冷凍食品だけど、ソーセージを細かく切った奴を混ぜて、最後に生卵を加えて炒めるという手間をかけたのでなかなかのお味となった。

 午後3時過ぎに事務所へ出てちょっとしたお仕事。帰宅して後、また音楽。夕食はうどんと茹でホウレンソウでテキトーに済ます。その後、またまた音楽。楽しいね、こりゃ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『ホラ吹き太閤記』の続き。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月11日(木) 「チャルメラならし」
 シェークスピア駄洒落。事務所のキッチンの蛍光灯がちかちかと点滅しだした。ああ、交換しなくちゃいけないなあ、でも蛍光灯が今手元にないからなあ、某山田電器か某ホームセンターに買いに行かなきゃならないなあ、面倒臭いなあ。

 いや、ちょっと待て、先日新品と交換したばかりの爬虫類用紫外線蛍光灯があるぞ。半年経過して紫外線量が落ちてしまったから交換したのであって、照明としてはまだ立派に使えるぞということで、キッチンの蛍光灯と交換したら、はい、紫外線蛍光灯ですから光が青いです(笑)。なんだか爬虫類になった気分です。

 こんなことで妙に嬉しがっている私は53歳です、はい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードルナイス、170キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉 外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は昼飯を反省して茹でた人参、ホウレンソウ、納豆で済ませる。だいたい200キロカロリーぐらいか。

 本日の摂取カロリー量は1,370キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『マグニフィセントセブン』を再見。くー、やっぱりHDRすげえ。夜の場面での街灯やろうそくの光り方がもうリアルでたまらん。BT2020の色域による色彩表現も実によろしい。娼館のガラス窓の飾り文字とかびっくりするよ、ほんと。

 なお、どんな小さな町でも娼館と酒場(サルーン)があるのは西部劇のお約束です。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。また「ゴリパラ見聞録」を見てしまう。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」聖地巡礼の旅、なのだが、ゴリパラの3人は誰もこのアニメを見ていない。ファンにとってシツレー極まりない暴言レベルの会話が繰り広げられて腹を抱える。

 僕は別にこのアニメのファンでもなんでもないので、いいのであります(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月12日(金) 「ヤマアラシの児雷也」
 この駄洒落もなかなかのものだと思いますが(自画自賛)。さて、レンタルブルーレイににて『秘密 トップシークレット』を見る。ウウーム、どうしようもない出来というほどではないけれども、さして面白い訳でもなし。舞台設定自体は魅力的なのに、話の展開が分かりづらくどうにもひとりよがりの映画になっているようだ。あの少女と連続殺人鬼の関わりなど、何の必要があったのかと思ってしまうくらい希薄。稀代の殺人鬼二人が厚生施設でちょっと顔を合わせていたことがあるとか何の冗談かと思う。この二人がお互いの存在に影響を与えあっていたぐらい風呂敷を広げて貰わんと、意味がないのである。

 そして、殺人鬼の脳の記憶を読み取った捜査官が続々自殺した!というのだが、そもそもあの映像がそんなに恐ろしかったか?自殺した主人公の友人の記憶というフィルターを通しているとはいえ(その友人が殺人鬼の脳を破壊してしまったので直接見ることができなくなっていたのである)、妙に感動的にしてどーすんだ(笑)。

 殺人鬼の少女を演じた織田 梨沙という人がまた演技がへたくそでねえ、台詞はぎこちないし、顔の表情もつくりもののよう。そういえば、こういう容姿で演技下手な人はどこかで見たなあ、あ、そうだ、思い出した、『香港クレージー作戦』の中尾ミエだ!そして対峙する主人公の岡田将生もこれまたへたくそで(笑)、二人だけの場面とかちょっと失笑してしまいましたよ。

 (ちょっと疑問 あの犬の記憶映像(笑)だけど、この映画で使われている装置MRIは死んだ人間の脳から記憶信号を取り出し、生きた人間を通して映像化するもの。犬の生前の記憶など人間が映像化できるのか、ひょっとしたらあの装置に生きた犬しばりつけて映像化していたんじゃないか)

 ハイビジョン画質は明るいところは実によろしい。あの大学キャンパス内の奥行き感などUHDブルーレイ映像体験を経た今となってもなかなかのもの。ただ、これが暗い場面になると評価ガタ落ち。暗部に格子状のノイズが入って見づらくてしかたない。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。雷雨の場面の迫力がよろしい。こういうところで包囲感が出てこないと映画全体がひどく安っぽくなってしまうのだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン、コーヒー。220キロカロリー。昼飯は柔麺一把に卵一個落とした奴。後はホウレンソウ、ニンジンの茹で野菜。300キロカロリー。昼飯は突然食いたくなった豚骨のインスタントラーメンと、冷凍食品のチャーハン。後は昼と同じくホウレンソウ、ニンジンの茹で野菜。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,420キロカロリーなり

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『秘密 トップシークレット』を見たのである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 
 5月13日(土) 「ミス児雷也」
 元ネタは「ミス・ジュライ」 アメリカはプレイボーイ誌の月間グラビアモデル(ピンナップガール)の通称(みたいなもの)。だから当然、ミス・ジャニュアリからミス・ディセンバーまでいる。一種のアメリカの(エッチ)文化のアイコン。『沈黙の戦艦』とか『トレマーズ2』とかに出てきたでしょ。

 まあですな、ウチは昔、今のコンビニ店みたいな雑貨屋をやっておりまして、店頭に雑誌を置いていました。その中にはエロ雑誌もあって日曜日など店が休みの時にちょっと借りて己の性的妄想の一助としていた訳ですよ。

 この手のエロ雑誌に載っていたエロエピソードには便所の汲み取り口から侵入してきたウンコまみれ(昔はこういうのを黄金まみれと表現していた)の男に犯されるという話があって、さすがにこれはキツかったですなあ(笑)。またデパートの試着室で女性店員を試着室に引っ張り込みセックスに持ち込むという話もあったなあ。一応、和姦で、中学生の私ですらそんな馬鹿なと思ったものですよ。エロ漫画だと女性のあそこに水筒をきゅぽんとハメて、その中には水と泥鰌が入っている。この水筒を火であぶると熱に耐えきれなくなった泥鰌たちが女性のあそこに向けて殺到、あああー。この漫画のオチはその快感が忘れられなくなった女性が自らあそこに水筒をハメて火であぶっている。そして茹で泥鰌を路上(板で囲っていて外から見えない)で売っているというものでした。

 こんなのでオナニーしようとしたら大変ですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はゆきみ家で塩ラーメンと小ゴハン。いつもの味噌ラーメンではない。だいたい、この店で私が頼むのはほとんど味噌ラーメン。ごくたまに塩ラーメンを頼むのだが、その度に店主さんが「え、味噌じゃないんですか」みたいな顔をするのがオカシイ。外食摂取カロリー量暫定一律基準1,000キロカロリー。おやつにアイスクリーム。400キロカロリー。夕食は冷凍していた豚肉ステーキとゴハン、茹で野菜。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,450キロカロリー。よく食ったなあ(笑)。あ、夕飯にはビール500ml缶一本飲みましたよ。

 その後、米国盤ブルーレイで『エクスペンタブルズ2』を見る。やっぱりバカな映画だよなあ。ヴァン・ダムが鉱山を爆破。閉じ込められていたスタローンたちが途方に暮れているといきなりアーノルド・シュワルツェネッガーが掘削車でどかーん。あまりにもテキトーなこの展開が逆に小気味良いのであった(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「大食い女王戦 地方予選」 予選と言いながら実際、本戦の1回戦を見せてしまう大胆な番組でちょっとびっくりする。午後11時過ぎにプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ガメラ対バイラス』をちょっとだけ。これも能天気でいいですなあ。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月14日(日) 天使長情報誌
 元ネタは「転職情報誌」 さすがにみんなこれは分からなかっただろう(笑)。ヤフオクで落札したUHDブルーレイ 『ザ・コンサルタント』(英国盤らしい)が到着。出品者がブルーレイを抜いて出品したもので落札価格はおおよそ3,200円(送料込)。こういう出品の仕方は大歓迎である。もう私はブルーレイソフトは趣味的な分野(「インビジブル・モンスター」とか『ニューヨークの怪人』とか)を除いて買わないと決めているし、もしどうしても必要であればもよりのレンタルショップで借りる(笑)。

 その『ザ・コンサルタント』は画質はあまり誉められたものではなし。フィルムグレインが目立ちすぎるし、黒も浮き気味でHDRの良さが出ていない。反面、DTS-HDマスターオーディオ音質はすこぶる良し。主人公の使う狙撃ライフルの落雷のような発射音にびっくりである。

 映画自体も面白かった。自閉症のヒーロー、日本ならばお涙頂戴の感動ものにしてしまうような題材(それも自閉症児そのものではなくて家族などの周辺状況の苦悩を描き自閉症児の置かれているこの現実が!とかやっちゃう)を使ってアクション映画を作る。それも明朗でストレートな役ではなくダークな部分をたっぷり持った人間として描いているのが素晴らしい。

 まあ、彼の暗黒街との関わりとか、あの施設の少女が凄腕のハッカーとなって主人公ベン・アフレックのパートナーとなっているとかちょっとご都合主義的ではあるのだが、この映画がもつメッセージ性の力強さはそうした欠点を補ってあまりあるものなのである。

 本日は校区内の壮年ソフトボール大会。午前6時に起きてゆっくり風呂に浸かってからお出かけ。それから午後4時までの7時間、あなたの目はあなたの体を離れ、この過酷な労働の時間の中に入っていくのです・・・。

 食ったもの、朝飯にコンビニのお握り、1個。180キロカロリー。昼飯は大会で出たコンビニ幕の内弁当755キロカロリー。夕食は昨日のカツオ叩きの残り。今日はオシャレにオリーブオイルと塩でカルパッチョ風。最初の4キレぐらいは実に美味しかったのだが、すぐに飽きた。ちょっと醤油を足して食べることになった。やっぱり俺にはおしゃれ生活はむかん。後は柔麺を2把。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,435キロカロリーなり。

 その後、前述の『ザ・コンサルタント』UHD ブルーレイを見たのである。

 終了後シャワーを浴びて録画いろいろ。「ゴリパラ見聞録」「大食い女王戦」など。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。
 
 5月15日(月) 「ヘルシー忍者嵐」
 「変身忍者嵐」を見ていたら高橋留美子先生の「犬夜叉」も読みたくなった駄洒落。2ヶ月に一回の物件水道メーター検針。検針すべき物件は3軒、54戸。つまり水道のメーターを読み取るために54回、座ったりしゃがんだりを繰り返すことになる。腰に来る(笑)。物件は4階建てが2軒、3階建てが1軒。つまり、水道検針のために11階分の階段を上り下りすることになる。足に来る(笑)。40分も掛からない作業であるが、終わったらもうへとへと。やっぱり年だよなあ、年々きつくなっていくよなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は例の(有)フリーメイソンちかくのトンカツやでトンカツ、チキンカツのランチ。久しぶりに行ったのでコーフンしてゴハンをお代わりしてしまう。それも大盛り。こりゃ、1,700キロカロリーぐらいいっちゃったな。昼飯を食べすぎたので夕食は抜き。

 それでも本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーぐらいになっちまった。

 その後、レンタルブルーレイで『マックス・スティール』を見る。いやあ、アクションヒーローものとしてはものすごく下手くそで(笑)。エイリアンだったお父さんの遺伝?で体からタキオンエネルギーを放出するようになった主人公。だから高校生に何か放出させるのはやめなさいって(笑)。彼はシリコン生命体スティール(これが良くわからん)の導きによってスーパーパワーを会得する。強力パンチ、強力ジャンプ、強力走り。でもなぜかその後彼はスーパーパワーを使わないの。悪い奴らに追われているのに自転車でぱーっと逃げるという。

 その後、自宅から逃げるときに強力走りを使ったようだが、はっきり表現されないので断定ができない。そんなスーパーパワーってあるか(笑)。

 そんな彼はスティールと波長を同調させることによって融合、スーパーヒーローマックススティールとなる。このスーツがカッコいい!と思いきや次の瞬間敵の一撃で融合が解けて元に戻ってしまうのであった。

 見どころは主人公が体から放出するタキオンエネルギーの美しいCG映像だけだったというオソマツ。

 ハイビジョン画質はダメ。明るい場面での色彩表現は申し分ないのだが、暗部が浮いてノイズだらけ。格子状のノイズも見えた。またトーンジャンプがひどい。UHDブルーレイに慣れてきた目にはこれがなんとも前時代的に見えてしまう。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。いつもながら音声だけは文句のつけようがない。まあ、これはディスク云々よりも大金はたいて充実させた私のAVシステムの力によるところが大きいのでありますが(ちょっと自慢)。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 5月16日(火) アリゲーターガ―や節
 <http://www.asahi.com/articles/ASK5K66N3K5KOIPE02V.htmlより引用開始>名古屋市、アリゲーターガー1匹やっと捕獲 城の外堀

 名古屋市は17日、名古屋城(名古屋市中区)の外堀で、目撃が相次いでいた外来肉食魚「アリゲーターガー」1匹を捕獲し、発表した。外堀では計2匹が確認されており、今後も残る1匹の捕獲を試みる。<引用終了>

 その怪異な容貌から危険生物扱いされるアリゲーターガ―。原産地のテキサスでは襲われたなどという話はまったくなし。また本種が移入された日本やその他の国でも遊泳中に噛みつかれたという報告もない。

 ただ、原産地においてアリゲーターガーの「攻撃」を受けて負傷した人物は存在する。釣り人と、彼らを案内していたフィッシングガイドだ。釣り上げた際に暴れるアリゲーターガーから「頭突き」を食らうことがあるというのである。またガー類(条鰭綱 ガ―目)は硬鱗(ガノイン鱗)と呼ばれる非常に硬い鎧のような鱗を持つ。この鱗のおかげで捕獲時に足元や腕の中で暴れられると擦過傷を負うこともあるそうだ。

 このあたりの事情はアマゾンのピラニアとまったく同じ。群れをなして人間を襲うどころか実は非常に臆病な魚なのだが(種によって違いがあり、例えばダイヤモンドピラニアはテリトリー意識ゆえ強い攻撃性を示すことがあるという)、現地では実際に怪我をさせられた人がいる。やっぱり釣り人である(笑)。釣り上げた際に暴れるピラニアの歯が当たったりして怪我をするのだ(アマゾン周辺ではピラニアは貴重なタンパク源であり、特に塩焼きとスープが美味だそうである。刺身でも食べられているという。注文するのは日本人だけという噂だが)。

 ピラニア(ナッテリー)は日本でも飼育魚としてとてもポピュラーな存在だ。でも水替えや水槽掃除の際に水中に手を入れている時、うっかりピラニアの歯が当たってぱっくりなんてこともよくあるそうな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウ、納豆、コンビニのお惣菜(鶏ステーキ)でゴハンを半合。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽を聴く。午後9時過ぎにシャワーを浴びて後は録画の消化。「探偵ナイトスクープ」 福岡西通りのカラオケボックスのトイレ。洋式便器から時折ぷーとおならのような音がする。おならをひる幽霊だ!竹山探偵が調べに行くとなるほどぷーぷー。同行した依頼者が本気でおびえている(笑)。よせばいいのに、オカルト研究家の山口敏太郎さんに問い合わせたら「それはめっちゃ屁をこく妖怪、オッケルイペです。屁で船を沈めるのです。ほっておいたら店を屁で壊されるかもしれません」

 まあ、思っていた通りこのトイレを調べた水道の業者さんによるとタンク内の弁が摩耗しているため空気が漏れる時の音だそうで。幽霊話てのはこんなもんですよ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 5月17日(水) くのいちの電話
 元ネタは「いのちの電話」です。すいません、すいません。日本は平和ボケとか言うけど、日本は決して、戦後を安穏と過ごしてきたわけじゃないぞ。李 承晩ライン、北方領土海域における漁民の拿捕・拘束。北朝鮮の日本人拉致。近年では中国の軍事的パワープロジェクションの拡大がシャレになっていないし、北朝鮮の核・ミサイル問題は言わずもがな。我が愛する(笑)隣国、韓国は民主国家にもあるまじき不安定な政治状況が続いている。国内的にも東アジア反日武装戦線・日本赤軍・クソオウム真理教によるテロ。さらには複数の大規模震災。原発事故。そして民主党政権の誕生(笑)。

 どうやったら平和ボケできるというのだ。

 憲法9条があったから今まで日本人は守られてきたという嘘を堂々と述べるアレなサヨクと平和ボケしているから憲法9条を唯々諾々と受け入れているのだと主張するアレなウヨクも私の目には同一のものとしか映らない。

 本日は休み。午前8時に起床してさっそくお料理。人参・玉ねぎ・大根の根菜トリオを大きめに刻んで白出汁でことこと煮る。後から昨晩3時間ほど茹でておいた豚ばら肉塊をスライスして加えて豚汁を作るのである。そして人参・玉ねぎを煮ている間に私は冷凍うどんで朝食。 300キロカロリー。

 事務所へ出て燃えないゴミだし。後はちょっとしたお買いもの。この時、気が変わって昼飯のメニューを豚汁からカレーへ変更。ジャワカレー・ルーを買ってきた。

 鍋に豚バラスライスを二切れ投入して1時間ほど煮込む。その間私は屋外飼育場のイシガメやマルギナータリクガメのお世話。豚バラが十分に馴染んだ頃にカレールーを入れて美味しいポークカレーの出来上がりだ。茹でホウレンソウを添えて頂きまーす。700キロカロリー。

 その後レンタルブルーレイで『レッドダイヤモンド』を見る。Rotten Tomatoesでは批評家レビューの支持率0パーセント!が大いにうなづける雑な映画(笑)。峰不二子みたいな主人公の昔の女を助けるために、ダイヤモンドを盗み出す。しかし、女には隠された別の狙いがあった。それはやっぱり別のダイヤモンド(ちょっと昇格して稀少なレッドダイヤモンドということになっている)を盗み出すことだ!って意味が分からん。さらに最後の方で本当の目的は主人公に敵のボス、ブルース・ウィリスを倒して貰うことだったとか言い出すのだからもう何がなんだか。

 ハイビジョン画質も今一つ。色のキレが悪くおかげで全体の解像度が低く見えてしまう。音声はDTS-HDマスターオーディオ。下品な銃声が宜しい(笑)。

 夕食はやっぱりカレー。映画見ている間に風呂場で茹でたジャガイモを加える。やっぱり茹でホウレンソウを添えて頂きまーす。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,700キロカロリーなり。

 その後、再び映画。今度はWOWOWハイビジョン録画の『インターセプション 盗聴戦』である。地上げの欲に狂ったあさましき人間たち!みたいな感じの映画だけど、ラストのラストで、実はあの高層マンション群は登場人物たちの夢の結晶だったことが分かる。金ももちろん大切だけど、その根底には貧しい過疎の村であった自分たちの故郷を華々しく発展させたかったという理想もあったのだと、この映画の監督がまったく考えていなかったようなことをエラそうに語る私であった(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。暗部の沈みが足らずびっくりするようなトーンジャンプが出現する。音声はAAC5.1チャンネル。背後を飛ぶ鳥の鳴き声がリアルだなあ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ケンミンショー」等々。その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ミッドウェー』を30分ほど。皮膚病が悪化して入院中のハルゼーとか出ていたんだなあ。吹き替え、字幕の違いもあって子供の頃テレビで見た映画とはまるで別物だ。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月18日(木) 90歳の青汁
 キューサイの青汁飲んでいたおかげでこんなに長生きができました。ヨイショ駄洒落。秋篠宮眞子様ご婚約内定のニュース。どうもおめでとうございます。おばちゃんがニュースでインタビューされて「あのくらいの年になったら・・・」 おい、「ご年齢」と言わんか、この不敬者め(笑)。

 このニュースを森友問題や共謀罪(正しくはテロ等準備罪)に対するスピンであることは明白とか言っている奴がいて笑う。スピンとかスピンコントロールというのは最近流行の左翼用語。よく分からんが森友問題みたいな内閣の存続にかかわるような大問題(いや、まったく関わらなかったけど)から国民の目をそらすために発表されたと言いたらしい。

 (スピンコントロールはhttp://www.jiten.com/dicmi/docs/k13/24789s.htmによると、政治的自己防衛として、自己を正当化するために多く利用される、不利になることは公表しないで、成果だけを公表する情報操作の総称。米国のホワイトハウスなどの発表ではスピン・コントロールは一種の政治的手法であり、正当な政治活動として認められている。なんだか、日本の左翼の使い方とは微妙に違っているみたいだが。なお、スピンコントロール、情報操作を専門に行う人をスピンドクターというそうだ。おお、なんだかカッコいいぞ)

 どうも左翼の人たちは左翼の意識の高い人を除く全ての日本人がこのニュースが明らかになるやいなや、「皇族のご婚約だ、ああ、めでたい、ロイヤルウェディングだ、『恋愛準決勝戦』だ、アステアだ、ジェーン・パウエルだ」と熱狂し、森友問題、加計学園問題、共謀罪(正しくはテロ等準備罪)という重要な問題(森友、加計問題をいまだに重要だと思っているのがまた愚かしい)をころりと忘れてしまうと思っているようである。実にシツレーな話である(笑)。

 まあ、それ以前にあれもスピン、これもスピン、やっぱりスピンとしょっちゅうやっていて、その段階でもはや説得力も何もなくしてしまっているのだが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップヌードルナイスと野菜ジュース。200キロカロリー。昼飯はまたカレー(笑)。700キロカロリー。夕食もまたまたカレー(笑)。700キロカロリー。カレーはまだ2食分くらい残っとるぞ。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ケイブ』を見る。2016年のノルウェー映画。WOWOWオンラインの紹介では<http://www.wowow.co.jp/detail/110661>未踏の洞窟探検に挑んだ男女3人の仲間たち。光も届かず、叫び声すらも聞こえない閉ざされた世界で、やがて彼らの関係はゆがんでいく。極限状態のサバイバルスリラー。親友同士のヴィクトルとアドリアン、そして紅一点チャーリーの3人。久しぶりに再会した彼らは、未踏だという洞窟の探検に出発する。だが、迷宮のような洞窟の先で彼らが見つけたものは、何者かのキャンプの痕跡だった。そして残されたテントの中には大量の血痕が。不安が高まる中で、恋人同士のアドリアンとチャーリーは安らぎを求めるように愛し合い、一方かつてチャーリーの恋人だったヴィクトルは複雑な想いを募らせて……。<引用終了>

 この映画の何が凄いかというと提示される謎、「テントに残された血まみれの衣服」「水の中を漂っていた水死体」にほぼ何の説明もないこと。また、この紹介文では洞窟の中に入ってからヴィクトルがおかしくなったように書かれているが、実際はもう最初からやる気まんまん(笑)。ヴィクトルが嫉妬心を募らせたのかアフガニスタンでの戦場体験で心を病んだのかよく分からんけれども、とにかくアドリアンを殺害する。

 そのヴィクトルもチャーリーに殺される。一人、洞窟をさまよい出るチャーリー。道をとぼとぼ歩いていると車が通りかかる。そして運転していた男に助けられるのだが、トランクの中に人間の腕が!しかも吸っているタバコの銘柄がヴィクトルと同じ。彼はおそらくヴィクトルの父親だ、彼が共犯であのテントの血まみれの衣服も水中の溺死体も彼の仕業だったのだ・・・ということらしい。良く分からないんですけど、これで説明されたつもりになられても困るんですけど(笑)。

 アドリアンとチャーリーの性獣ぶりもこの映画の見どころのひとつか。すぐそばにチャーリーがいるのに山小屋の中でずっこんばっこん。未踏の洞窟、出口がどこにあるのか分からない、しかも入口への通路は落盤によってふさがれてしまったという、いや、これは洞窟探検家にとって最悪に近い状況だと思うのだが、それでもテントの中でずっこんばっこんあへあへうひー。

 いろんな意味で楽しめた映画っすよ(笑)。

 ハイビジョン画質はダメ。黒の沈みはいいが、色のにじみが非常に気になる。また暗い場面では妙な具合に青被りすることがあり、せっかくの黒の沈みが台無し。

 音声はAAC5.1チャンネル。開放的な屋外と閉鎖的な洞窟の中のサラウンド音場に違いがあまり出ないというのはいかんなあ(笑)。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。録画の「ライオン丸」(分身魔王デボノバのハンドジェスチャーがゴリ博士みたいでカッコいい)、「正解するカド」を見る。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月19日(金) ボーイング・ラブ
 ボーイング責め・ロッキードマーティン受け。私のお料理。体に優しい根菜味噌汁(笑)。材料 じゃがいも1個、ニンジン一本、玉ねぎ1個。白出汁適宜、出汁入り味噌。

 じゃがいも、ニンジン、玉ねぎをテキトーに切ります。多少大きさが不ぞろいでも大丈夫。電磁調理器を使って3時間ほど煮ますので火の通りが不均一になることもありません。みんなぐずぐずになります。切った材料を鍋に沸いたお湯に投入。ひとしきり強火で煮て出てきた灰汁をすくいます。ここで白出汁を投入。野菜からそれなりの出汁がでますし、使う味噌汁も出汁入りなので、お湯に味が少し乗るぐらいの量で。後は電磁調理器の弱火でぐつぐつ3時間。

 後は野菜の半分をお玉を使って取り出します。これは水を切ってラップを掛けて冷蔵庫で保存。残りの野菜とスープに味を見ながら出汁入り味噌を溶いて出来上がり。市販の袋入り味噌汁とはまったく別次元のお味になります。野菜しか使っていないので120キロカロリーと超ヘルシー。これで後はゴハンを1膳食べたらお腹いっぱいになりますよ。それでも400キロカロリーぐらいですよ。

 まあ、野菜ばっかりなのでいくら美味しくっても一度で飽きてしまいますが(笑)。冷蔵庫に保存した茹で野菜は副菜にどうぞ。インスタントラーメンを食べるにしてもこの茹で野菜をつまめばヴァイタミンの補給はOK。ヘルシーな食生活を送っているじゃん、オレという自己満足にひたれます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。320キロカロリー。昼飯はまたカレー。ゴハンではなく冷素麺1把を一緒に食べたので600キロカロリー。あ、これは素麺にカレーを掛けたという意味ではないですからね。カレールーを啜りつつ、冷素麺を食べたということですからね。夕食は前述の野菜味噌汁。後はコンビニのカシワお握りセット。お握り2個、卵1個、つくねが入って375キロカロリー。味噌汁と合わせて500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,420キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『64 後編』を見る。女子高生誘拐事件が発生。しかし、それは14年前(だったかな)の少女誘拐殺人事件の真犯人をおびき出すための狂言だった!どうやって犯人を特定したのかというと殺された少女の父親が執念で電話を掛けまくり、犯人の声を聞きあてたのだ!(事件発生時、警察の録音機器が不調で犯人の声を録音できず、それを聞いたのは父親だけだった)。

 被害者父の執念は良く分かるけれども警察にとってみれば冤罪を発生させかねない事例である。映画だから(笑)そいつが犯人に決まっているのだが、具体的な証拠はほぼないに等しい状況。これをどうやって逮捕まで持っていくのか、それがサスペンスだ!と思って楽しみにしていたら主人公の佐藤浩一がやっぱり狂言誘拐。「お前の娘は小さなひつぎに収まっている」

 犯人は14年前自分が少女の死体を遺棄した廃車置き場に直行。そこにあったトランクをこじ開けようとする。そこに現れた佐藤浩一、「小さな棺というヒントだけでどうして14年前の遺棄現場に来たのだ、お前が犯人であることの証明だ!」いや、14年前の事件はさんざん報道されていた訳でしょ、映画の論理では「天皇崩御」のニュースで塗りつぶされてしまったのだ、ということらしいけど、こんな重大犯罪の詳細が報道されない訳ないじゃないっすか。犯人に「いや、ニュースで見たから知っているんです」と言われたらどうするんだ、佐藤浩一(笑)。犯人の行動で確証を得たというのは十二分に分かるが、やっぱり客観的な証拠にはなりえないと思うのだ。

 ミステリとしての面白さを自ら放棄したような展開であるが、それを補うのは役者陣のいわゆる重厚な演技だ。ぼさぼさの長髪、白髪交じりの無精ひげと言った重厚なビジュアルをとにかくばんばんアップで抜くという重厚な撮影術も相まって実に重厚な映画になっているぞ。

 重厚すぎて見ていて本当に面白くないのよ(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。奥行き感があり、暗部の沈みもきちんとしている。音声はAAC5.1チャンネル。会議室内の怒号(この映画に出てくるマスコミというのは前・後編を通してわーわー喚くばかりで結局何の役にも立たない)の響き方が妙にリアル。

 終了後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 5月20日(土) 「マングース兄弟」  
 いちおう、マルクス兄弟の駄洒落だが、なんだか昔の映画の悪役三兄弟みたいでもある。『サザエさんの脱線奥様』 小泉博のマスオが接待で引っ越し祝いの日に帰ってこれなくなった!でも前々からの約束だからということで脱線トリオが家に押しかける。この時江利チエミのサザエがマスオの不在に怒って泥酔、戦慄する脱線トリオの面々というのはまあ、ありがち。面白いけどね(笑)。

 本当に笑えるのは関西出張のマスオを追いかけて大坂の叔父の旅館の世話になるあたりから。浪花千栄子とアチャコの会話は相変わらず面白いし、客として登場する中田ダイマルラケットにも大爆笑。食事のあとかたづけにきたサザエ、食事の残りの羊羹一切れ見つけてぱくり。これがきっかけとなってダイラケの二人が言い争いを始める。

 「羊羹、わい、楽しみにしていたのにお前、食うたんかい」
 「アホ言うな、オマエ、食うたの忘れたんやろ」
 舌で唇をぺろぺろなめまわして「いや、食うてない、唇から羊羹の味がせえへん」
 「そんなんで分かるかい、胃の中なめや」
 「なめられるか」

 こんなん見て午後11時過ぎに大笑いしている私は53歳です、えへ。

 また当時の大人気番組、「番頭はんと丁稚どん」から、芦屋雁之助・芦屋小雁・茶川一郎・大村崑が同じ役で出演して絶妙な丁稚コントを繰り広げる。これもまた抱腹絶倒の面白さであったが、明らかに「頭の弱い丁稚三人組」というのは今ではとってもやれませんなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。200キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメン。初めて知ったがこのラーメンにほんの少し紅ショウガを乗せると案外合うんだねえ。後は茹で野菜。400キロカロリー。

 夕食は久しぶりにカラーラで作った唐揚げ。鶏肉の臭みを取るためにチューブのショウガ、ニンニク、牡蠣醤油をすり込んだのだが、少なくともにんにくはいらんかった(笑)。後は素麺を二把、茹で野菜の残り。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ゲットバック 人質奪還』を見る。このタイトル、そして予告の暴漢が主人公たるスコット・アドキンスの家に乱入して娘を捕えるとなりゃ、この娘を人質にして銀行の警備員である彼に「やい、金庫の番号教えろ」とか「現金輸送車襲撃に協力しろ」とか要求すると思うじゃありませんか。それどころか、この娘は劇中、本当の意味での人質に一回もならないの。

 スコット・アドキンスは実はFBIの潜入捜査官で、組織に潜入している間、敵のボスに息子同然に信用され彼の娘とできてしまっていたのである。彼の正体に気付いたボスは激怒。冒頭のチンピラ襲撃事件をきっかけにアトキンスの居場所を知って、彼の殺害と娘(ボスの孫)奪還に動き出したのだ。タイトルに偽りありとはまさにこのことなり(笑)。

 それでもなかなかに面白かった映画で、特に印象的だったのが敵に雇われた殺し屋。ワンマンアーミーの訳の意味がちょっと違ったのではないかと思うけれども(笑)、こいつが強い、強い。主人公の強さ二割増しで、しかも的確に主人公たちを追っかけてくる。この手の映画に必要不可欠な「逃げられない」感覚の使い方が実に巧みなのである。

 なお、この映画ではスコットランドヤードの警部役としてピーター・サースガード、『マグニフィセント・セブン』のボーグ、が出演している。でも殺し屋にあっという間にとっつかまり、拷問されて娘の居場所を吐いた挙句あっさりと殺されたりするんだよねー。しかもその具体的な映像がないという酷い扱い(笑)。

 ハイビジョン画質はダメダメ。色のにじみがひどいし、全体的にノイジー。音声はAAC5.1チャンネル。これもあまり誉められた出来ではなし。広がり自体はあるものの、音像の定位が曖昧だし銃声の迫力も今一つ。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎにプロジェクターを起動させ前述の『サザエさんの脱線奥様』を一時間ほど見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前一時過ぎに就寝。

 5月21日(日) 「ミナミの電脳」
 「ガガガ、十億、二十億使オウト地ノ果テマデ追イ詰メマッセエッ!ガガガ、ガガガガ」 「ミナミの帝王」とこの間見たSF映画『ニューヨークの怪人』のコラボ駄洒落です、はい。

 知ってましたか、「酒池肉林」は豪奢な酒宴という意味で、そこに女性を侍らせてという要素はちっともないんですよ。まったくもって残念ですな!それで思い出したのですが(変な思い出し方)中学生の頃読んだエロ本で「エジプトなど砂漠の暑い国では気温が人間の体温以上になる、だから女体を密着させればその体温が気温以下なので涼しくなる」みたいなのがあって、思わず「それ絶対目的違うだろ」とツッコンだことがあります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー 400キロカロリー。昼飯はラップに包んで電子レンジで五分加熱した玉ねぎ一個と柔麺一把。200キロカロリー。

 夕食は弟家族との食事会。某所居酒屋にて刺身盛り合わせ、あぶり刺身盛り合わせ、ポテトサラダ、蒸し鶏、まぐろ酒盗、鯛めし、鶏唐揚げ(K太郎)などを食べつつ生ビール3杯、日本酒一杯、ハイボール一杯を楽しむ。刺身類はまあ、それなりであったが、あぶり刺身と鯛めしが格別に美味しかった。

 また店員さんの丁寧な接客も好印象。「あ、地鶏たたきをください」「あ、それはあぶり刺身盛の中に入ってます」 こういう指摘はなかなかしてくれませんよ。

 午後7時過ぎに帰宅して、テレヴィを眺めているうちにいつの間にか寝てしまう。はっと気が付いたら午後9時過ぎになっていた。ふみいと可愛らしく顔をこすって飲み直し。お供はCS録画の「ライオン丸」 デボノバが任務に失敗したどくろ忍者を射殺。撃ちぬかれたどくろ忍者の頭に大穴が!わあっ、その穴を通してデボノバが見えている!しかもその後どくろ忍者はアニメの骸骨になってがしゃがしゃと動いてばったり。

 ピープロ、やっぱ侮れない(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 5月22日(月) チューバッカの隅をつつく
 『スターウォーズ』駄洒落。米アマゾンよりメール。「あんたが注文したUHDブルーレイ 『ローガン』、『パトリオットディ』、ブルーレイ 『From Hell It Came 』を発送したよ。到着はだいたい6月の12日くらいになるから楽しみに待ってな」

 『パトリオットディ』、『From Hell It Came 』はとっくに発売されていたもの。この発送は『ローガン』の発売日に合わせたものである。今まで米アマゾンは既発売と新発売の商品が混ざっている注文だと、分割して既発売分を先に送ってくれていたものだがなあ。

 注文しているUHDブルーレイはもう1枚。『パッセンジャー』である。こちらは日本アマゾンで注文したものであるが、実は米国盤。アメリカからの発送になっており、到着予定日は5月22日。つまり、今日届く筈なのであるが・・・。

 とにかくオレは早くUHDブルーレイで新作映画を見たいんだよ!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯は抜き。昼飯はマルタイ棒ラーメン。麺つゆをちょいと加え、添付の調味油に変えてゴマ油を使い、さらにチューブのにんにくを少し入れたスペシャルヴァージョン。チャーシュー代わりに茹で鶏スライス、博多万能ねぎ刻みをたっぷり、それに紅ショウガをちょっとのせて食べるとこれがたまらんのだ、うん。400キロカロリー。

 夕食はマグロの刺身でビール500ml缶一本飲みまして、後はマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 茹でもやし、チャーシュー代わりの茹で鶏スライス、トマト、温泉卵、博多万能ねぎ刻みをのっけて豪華に食べる。これもまたたまらんのだ、うん。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『クリ―ピー 偽りの隣人』を見る。興味を持って調べ始めた一家失踪事件の犯人が引っ越した先の隣人って偶然にもほどがあるとか、失踪事件の隣家が6年空き家のままでほったらかしになっていて五体の死体がそのまんまとか、失踪事件で残された娘の証言が結局、事件に何の影響も与えず、しかも途中でフェードアウトとか、あの薬はなんだ、いくらなんでも都合がよすぎるだろうとか、あれこれ言いたくなるところがいっぱいなのだが・・・、

 それを欠点に感じさせないのが香川照之の怪演なのである。特に終盤の西島秀俊と対峙する場面が印象的で、とにかく二人の感情が恐ろしくかみ合わない。この乖離を使ってとうてい一般人には理解しようのない連続殺人鬼という人の皮を被った異形の生物の闇の深さを実に巧みに表現している。

 ハイビジョン画質は最悪(笑)。細かいノイズが恐ろしく目障り。また暗部諧調の推移が上手く行っておらず、青い色が乗ってしまっている。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。平板な音場でサラウンドの効果はほとんど感じられない。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 5月23日(火) 『この世界のガタスキーで』
 すいません、すいません、まだ見ていません。ブルーレイ(あるいはUHDブルーレイでも)ソフトが発売されたら買いますので堪忍して下さい。

 成立に向かっている「テロ等準備罪」について機密保護法の時と同じくらいバカげたデマが飛びまくっているので、私なりにちょっと整理してみました。

 テロ等準備罪は国連の条約「国際組織犯罪防止条約(略称:TOC条約、パレルモ条約)」を批准するために必要(国内法の整備)。批准することによって世界中の捜査機関とテロ組織、麻薬密売組織等の捜査情報を共有化できる。

 その対象要件は
 
 4年以上の懲役や禁固刑以上の罪を犯罪を目的とする集団が対象。日本の場合は合意した段階で処罰対象となる(いわゆる合意罪)。ただし、その中の誰か犯罪準備として具体的な行為をした場合などに限定される。

 (その集団に参加した段階で処罰する法律 いわゆる参加罪 は採用されていない)

 対象となるのは犯罪が主目的であり、指揮命令系統と役割の分担があり、さらに何度も反復して犯罪を行っていた組織。個人ではなく組織として犯罪をやることを計画した場合に、その参加人員の一人でも犯罪のための下準備を行うと処罰対象となる。

 つまり、計画しただけでは罪にならない(準備行為が必要)。犯罪者組織の一人が個人として計画しても対象とならない。犯罪組織が犯罪を計画してもそれが最初なら対象にならない。

 例の「共謀罪で山菜採りで逮捕!」が現実になるためにはテロ組織等の何度も犯罪を繰り返してきた犯罪組織がまた犯罪を計画。その費用を捻出するために保安林(森林法198条)で山菜採りに勤しまなければならなかったりする(笑)。

 (参考 テロ等準備罪を分かりやすく解説 http://lite.blogos.com/article/217041/)
                                                      
 続きはまた明日。
 
 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメンのゆでもやし、茹で鶏、紅ショウガ、ゴマ油の特製ヴァージョン。400キロカロリー。

 夕食はまるちゃん「北の味わい ざるラーメン」 トマト、茹で鶏、温泉卵、茹でもやし、博多万能ねぎ刻みを乗せた超豪華版。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『サイレントマウンテン 厳壁の戦場』を見る。第1次大戦が勃発。オーストリア=ハンガリーにある“未回収のイタリア”と呼ばれる地域の入手を目論むイタリア!10分の1の兵力でイタリアに挑む最強の山岳部隊 チロル猟兵連隊!

 山岳地帯での戦闘を描く戦争映画というのは珍しいと期待に胸を膨らませて見たのだが、戦争によって引き裂かれた主人公のお姉さんと旦那のイタリア人夫婦!戦争によって引き裂かれた主人公とイタリア人旦那の妹!となんだか引き裂かれてばかり。戦争映画としてはちっとも面白くなかった(笑)。

 まあ、実際に戦争が始まる前にすっころんで足を挫き送りかえされてきたという兵隊として役立たずの高校教師が、村に戻るなり主人公が匿ったイタリア人の妹を「おいこら、オマエ、スパイって密告されたくなかったら股開かんかい」前々から好きだった主人公の姉を「おいこら、オマエ、旦那死んだで?わし、名簿見たで、子供に父親が必要やろ、だから股開かんかい」

 この小悪党ぶりがたまらんかったですけどね。

 ハイビジョン画質は暗部諧調のち密な表現が宜しい。しかし、その代償として払暁の空がトーンジャンプでぐにゃぐにゃになっていたけど(笑)。

 音声はAAC5.1チャンネル。戦場音楽のち密な定位が素晴らしい(戦場音楽というのは軍楽隊のことではありません。銃撃・砲撃音・悲鳴とかそんなものです)。砲撃音の重低音も十分な迫力。

 その後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月24日(水) 『猟奇的な怪文書』
 どんな怪文書や。「テロ等準備罪」(正式名称 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案)に関する覚書の続き。我々オタクにとってもっとも重要と思われるのは著作権侵害が対象犯罪の一つに挙げられていること。二次創作の同人誌がテロ等準備罪によって非親告罪になるのではないかとの懸念があるのである。「アレのエロパロ同人誌作ったら逮捕!」みたいな(笑)。

 しかし、この問題についても指揮命令系統がはっきりしていないサークルや個人の場合は対象とならない。仮に指揮命令系統がはっきりしているサークルが存在していても、テロ等準備罪の著作権侵害は現行法と同じ親告罪となる。

 まあ、コミケをつぶして政府にどんな得があるんだと思うけど(笑)。

 本日は休み。午前8時に起床してシャワーを浴びる。午前9時半に事務所へ行き、銀行の担当者との打ち合わせ、続けて管理会社の担当者とも打ち合わせ。その後、ゴミ出しをして買い物。その後、昼飯。生まれて初めてサバ水煮缶を食べてみる。皿にあけて玉ねぎスライスを乗せてマヨネーズ、牡蠣醤油、レモン汁で味付け。うむうむ、なるほどウマい。これをつまみに缶ビール500ml一本飲んでしまいました。

 仕上げはトースト二枚を使ったサンドウィッチ。ハム、チーズ、玉ねぎスライス、茹で鶏スライスを挟んでマヨネーズで味付け。美味かったけど腹がパンパンになった。

 その後、ちょっと昼寝して午後3時過ぎからプロジェクターを起動。UHDブルーレイ 『ザ・コンサルタント』を見る。

 夕食はやっぱりサバ水煮缶。だって、確か東海林さだお先生だったか、サバ水煮缶は量が多すぎて1回では食べきれない。でも時間を置くと生臭くなってしまうとかお書きになっていたんだもの。生臭くなっちゃ困るから今日中に食べなければならなかったんだもん。

 やっぱり玉ねぎスライス。マヨネーズ、牡蠣醤油、レモン汁でツマミにして缶ビール500ml一本飲む。それから残った水煮をぐっちゃんぐっちゃんと潰し、麺つゆに投入。これで冷素麺1把をずるずる食べる。いやあ、不味くはないけどさ、それなりに美味しいんだけどさ、オレはもうサバ水煮に飽きちゃっていたんだよ(笑)。

 その後プロジェクターを起動させて3度目のUHDブルーレイ『アライバル』

 UHDブルーレイはやっぱりすごいねえ。コントラストと明るさのレベルをちょいとあげたらますます良くなってきて感動しきりっすよ。

 午後9時にシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ゴリパラ見聞録」 その後、プロジェクターを三度起動させ「ヤマト 2202 #1」を見る。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 5月25日(木) 「北のテクニカラー」
 「北の国から」や「金八先生」をただの一回も見たことがない私が考えた駄洒落。夢の話。打ち上げで偶然、春風亭昇太師匠の隣に座る。初めてお会いした師匠は思いのほかブアイソウであった。師匠がおしぼりで顔を拭くためにメガネを取った。その顔を見た私は私は驚いて「師匠、メガネとるとびっくりするほど老けてますねえ」師匠の機嫌が増々悪くなったようであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉 外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食はコンビニのマカロニサラダ、茄子一本・玉ねぎ1個をラップで包み電子レンジで5分間加熱したもの。それに茹でホウレンソウ。後は納豆うどん。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,900キロカロリーなり。しかし、今日の野菜は美味しかった。明日は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもの根菜トリオを買い足して味噌汁を作っちゃろう。

 夕食後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『見えない目撃者』を見る。いや、これは面白い。メクサス(メク×サスペンス)の傑作だ。主人公の亡くした弟に対する想い、なかなか周囲に理解してもらえず行き場のない敵愾心を持て余している青年、痛めた膝を引きずるショボクレだけど、意外に仕事に対して真摯なベテラン刑事、こういった多彩な要素を上手くまとめて一級のエンターテイメントに仕上げた演出が実に見事。

 いや、強引な展開もあるのだが、とにかく観客を楽しませようという熱意がダイレクトに伝わってくるのが良いのである。しかし、なんですなあ、こういうベテランのショボクレ刑事というのはとんと邦画で見られなくなりましたなあ、こういうのやらせたら、今は絶対、中国・韓国映画の方が上手くやってくれますよなあ。いいかげん邦画の人も『64』みたいなのが凄い映画なのだ!という錯覚から脱却してくれませんものかなあ。

 この映画の女子大生連続拉致事件の犯人は不道徳尻軽女だった妹を弾みで殺してしまったという過去を持つ。これで頭がクルクルパーになってスマホの出会いアプリでほいほい男と会ったりするような不道徳尻軽女を誘拐して監禁、顔面を整形して妹そっくりにしてしまう整形魔人になったのである。まあ、私はアジトに踏み込んだ刑事が拉致された女たちを見つけて「みんな顔が妹と一緒だ」とのけぞる場面で大笑いしてしまったけど。

 ハイビジョン画質はちょっと黒が沈みすぎ。はっきり言って黒潰れ多発(笑)。それでも暗部が浮いてばちばちノイズが走るよりはよほどマシだったりして。

 音声はAAC5.1チャンネル。リア音場の細かい動きの表現に驚かされる。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時からプロジェクターを起動させてハイビジョン録画の『ミッドウェイ』の続き。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月26日(金) 「患者よ、ガンダムと戦うな!」
 ニセ医療駄洒落。国内盤『キングコング 髑髏島の巨神』UHDブルーレイ(ブルーレイ 3Dブルーレイのセット)が7月19日に発売。アマゾン価格で7,549円はいささか高いがこれは3Dが同梱。最初買おうと思っていた米国盤UHDブルーレイは44.95ドル。3D・2Dブルーレイ版が同じく44.95ドルであり、送料まで含めると国内盤は案外お得となっている。そして米国盤の発売は7月18日。到着は早くても7月下旬である。対する国内盤は遅くとも21日には手に入るのだ。

 はい、もう迷いません、僕は国内盤UHDブルーレイを購入します。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカップちゃんぽんとお握り。650キロカロリー。昼飯は玉ねぎ1個。電子レンジ蒸し。40キロカロリー。夕食はコンビニのカルビ焼き、根菜味噌汁、茹でホウレンソウ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,290キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイの『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』を見る。まだ、ニューヨークが小さな集落だった時代、疫病の原因は異教の神を信じるこの女にありとされ、3人の幼い子供もろとも火あぶりにされてしまった女性の呪いで毎年ハロウィンの夜に3人の子供が消える・・・。世界一の大都会でありながらその実、怪奇な闇のくびきから逃れられぬ定めにある魔都ニューヨーク。

 なにしろ昔のニューヨークの地下鉄には屍食鬼(グール 食屍鬼)が潜んでいて、人肉欲しさに地下鉄を脱線させていたりしたんだぞ。ラブクラフトちゅう偉い先生が書いてはったんや、間違いない!

 映画の前半部分はこの要素を上手く使って忍び寄る怪異を表現して見せた。ボルテージピクチャーズ作品だから映像がどこか安っぽいのだが(笑)、これが返って安っぽい恐怖感を駆り立てる。

 しかし、良かったのはここまで。真相が明らかにされてしまうと映画全体を覆っていた闇にまるで説得力がなくなってしまう。ごくごく当たり前のホラーになってしまうのだ。決して不出来な映画ではないのだが、前半で期待させてくれた分、失望もまた大きかった。

 ハイビジョン画質は前述のごとく今一つ。暗い場面はざらざらだし、明るい場面も輪郭強調が目障りである。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。こちらは上出来。ニューヨークの街の喧噪音、謎の鳥の飛跡、実に定位が宜しい。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月27日(土) 公民館を改造したカフェ
 「古民家を改装したカフェ」とか「隠れ家的なお店」とか、お洒落ワードが大嫌いな私が考えた駄洒落。特に「隠れ家的なお店」ってなんだ、お前ら盗賊か?

 『サザエさんの脱線奥様』をようやく見終わる。雪村いづみと宝田明のデュエットという実に贅沢な映像が宜しい。お見合いの時の二人の服装(まあ、結局お見合いの席には行かず、二人で勝手にくっついた)がまたゴージャスなこと。雪村いづみのドレスの柔らかな膨らみがちゃんと表現されているのが凄いです。

 終了後、今度は『サザエさんとエプロンおばさん』を30分ほど。関西出張からなかなか帰ってこれない小泉博のマスオを追ってまたも江利チエミのサザエが大阪へ。この時、例の御用聞き四人衆(ダーク・ダックスと思っていたけど違うみたい)と関西へ向かう決心と喜びを歌い踊るサザエであるが、御用聞きの一人が持っていた大根の葉っぱがぺんと飛んで玄関の上り框に落ちる。この後カメラはサザエに切り替わり、そして再び上り框が映ると、あ、さっきまであった筈の大根の葉っぱがない(笑)。

 これはなかなか味わい深い場面でありました(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース(朝ぺとは朝っぱらぺヤングソース焼きそばを食べることなり)。600キロカロリー。昼飯は野菜の味噌汁と電子レンジで蒸した茄子を一本。200キロカロリー。夕食はインスタントラーメン、マルちゃん正麺の塩味(350キロカロリー)。これに温泉卵、ゴマ油、すりごま、博多万能ねぎ刻みをいれて食べる。後は納豆と茹で野菜。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ズーランダー2』を見る。ウウーム、前半の意味が良く分からん。特につらかったのがあのベン・スティラーのきめ顔が重要な手掛かりになっているという奴で、ここらへんのロジックの展開がいかにコメディとはいえ破綻しすぎている。

 後半、満を持してウィル・ファレルが登場。このあたりからやっと面白くなるのだが、この面白さもウィル・ファレルが持ち前の理屈抜きの馬鹿パワーでストーリーを吹き飛ばしてしまう類のもので、結局、前半の分からなさを補うまでにはいたらなかったようだ。

 ハイビジョン画質は良くない。全体的にノイジーで発色もさえない。音声はAAC5.1チャンネル。音の分離が悪く解像感の低いサラウンドであった。

 終了後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」など。午後11時からプロジェクターを再起動させて前述の『サザエさんの脱線奥様』と『サザエさんとエプロンおばさん』を見たのである。

 午後11時半に入眠剤を服用し、午前1時過ぎに就寝。

 5月28日(日) ヤルタ会談があるけん博多たい
 「博多には昔堅気のしきたりや伝統が今もなお息づいている。その中で生まれ育った博多っ子は開けっぴろげで人がいい。少しばかり大仰で祭り好き。つぶあんをフレッシュバターで包んだ粋な美味しさ。
伝統に息づく銘菓、博多山笠。山笠があるけん博多たい!」

 昔の博多銘菓CM駄洒落。

 セブンイレブンの新冷凍食品 『牛カルビ焼き』(298円・354kcal) 黒毛牛肉(アンガス種)使用ってところが泣かせるじゃありませんか。黒毛牛肉というややこしい用語を使ってそそっかしい人に「え、黒毛和牛っすか」と勘違いさせることを狙ったナイスなネーミングだ(ウソ)。

 調理方法は簡単。パッケージの指定の場所に切れ込みを入れて電子レンジで2分10秒加熱するだけ。柔らかな肉に砂糖・醤油・清酒のベースに香辛料とニンニクと味噌の風味を効かせたタレが絡んで冷凍食品とは思えぬレベルの味を楽しめる。キャベツやレタスなどの生野菜を合わせてビールのおつまみに。そのままタレごと丼飯に乗っけて牛丼にするもよし。牛丼の場合、ちょっと紅ショウガを加えるとなお一層美味しくなるぞ。ゴハンや野菜をプラスしても700キロカロリー前後なのも嬉しい。1日1,500キロカロリー制限ダイエットをやっている私にぴったりだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は茹で野菜をうどんのスープに浸した奴(笑)。100キロカロリー。こんなんでも一味唐辛子をふって食べると意外に満足できる。辛さが偽りの満腹感を与えてくれるのだ。夕食は前述のカルビ焼肉丼。ビール500ml缶一本飲みました。つまみはコンビニの牛タンレモン。150キロカロリー。850キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後珍しく映画は見ずに音楽聞きながら読書。読んだのは地雷魚 「越天の空」 文章に癖があるが話そのものはなかなか面白い、うん。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 後は「めしばな刑事タチバナ」ドラマをだらだらと見返す。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 

 5月29日(月) ユーレカのことはもう聞かないで
 とアルキメデスが。アマゾンに注文している米国盤UHDブルーレイ 『パッセンジャーズ』 一応5月22日到着の予定だったのにまだ来ない。1週間も遅れている。アメリカから送るのだから多少の延着は仕方ないのだが、やっぱり不安。おい、本当に送ってくるんだろうな。

 また6月に購入しようと思っている『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』UHDブルーレイで不具合が発覚。ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントによると5月15日に発売した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のUHD BD/3D BD/2D BDセット(7,990円)について、UHD BDの代わりに3Dディスクが2枚入っているというミスがあったという。

 同ディスクについては5月15日にも3Dブルーレイの字幕が3D対応しておらず、ジャケットの音声仕様も「DTS-HDマスターオーディオ」を「ドルビーアトモス」と誤表記しているというミスが発表されたばかり。

 しっかりしてくれよ、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。夕食は明洞冷麺。トマト1個、茹で卵1個、チャーシュー、たっぷりのキムチで食うとウマいんだ、これが。後は茹で野菜。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『ベン・ハー 2016』を見る。そりゃ撮影技術も特撮技術も音声技術もオリジナルとは格段の進歩を遂げているけれども、巨大公共事業のようなあんまり金を掛けすぎてヒットしなけりゃ映画会社自体がズッコけかねないという時代の超大作の持つ凄みというのはどうしても味わえない。当たり前だけど(笑)。

 ハイビジョン画質は発色の良さが特徴的。しかし、暗部の表現は今一つで明るさを絞らないと黒が浮いて変なノイズが目障りだ。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。優等生的なサラウンドだが、どうも目玉の戦車レースの場面が迫力不足。馬の馬蹄の響きとかもっと重低音を効かせてほしいものである。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。時代劇専門チャンネル 「変身忍者嵐」の最終回、なんだか無茶苦茶で笑ってしまう。自爆する嵐はまあ、いいとして(いいのか?)、お母さんはたしか妖怪城にいた筈なのでは?サタンの呪いでハヤテが嵐に変身するとお母さんが地獄の苦しみを味わうのではなかったのか?あまりのノーコン豪速球の連発に私は何だか「サムライジャイアンツ アニメ」で番場蛮と紅白戦で対決した巨人軍2軍の選手の皆さんのような気持ちになっちゃいましたよ。

 まあ、悪魔道人が棺桶から登場し、怪奇な形の機関銃?を乱射する『続・荒野の用心棒』パロディが良かったのでいいですけど。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 5月30日(火) アプリすまし
 妖怪駄洒落。WOWOWでやっているドラマ版「リーサルウェポン」 面白いのだが、ちょっとマータフがカッコ良すぎるだろう。オリジナルの『リーサルウェポン』では無茶ばっかりやるリッグスに付き合わされて「アイム・トゥーオールド・ディス・シット」とボヤいているポンコツ刑事だったんだけどな(笑)。

 『リーサルウェポン』で肩から大きめの箱型の物体をを下げているマータフ。あれはなんだと思っていたら事件現場でおもむろにその物体から受話器を取り外して電話しはじめる。えええっ、あれ、携帯電話だったの?とびっくりしたものである、ウン。あれ、これ前に書いたっけ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。夕食は刺身でビール500ml缶一本飲んで後は明洞冷麺。茹で卵、トマト、焼き豚、キムチを乗っけた豪華版。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ポーカーナイト 監禁脱出』を見る。頭から足の先までトリッキー!という映画。時系列が目まぐるしく入れ替わり油断しているとすぐに訳が分からなくなってしまう。居眠りなどもってのほかだ。

 主人公(警官が手柄を立てて刑事に昇進したばかり)の行動が間抜けすぎるとか、いろいろ矛盾があるとか、そんなことを言ってはいかん。この映画はストーリーの整合性よりもとにかく意外性を重視した作品であるから当たり前の見方をするべきではないのだ!

 ちょっと人を選ぶ映画というのは間違いないと思います(笑)。

 ハイビジョン画質はいまひとつ。やはり暗部のノイズが気になる。音声はAAC5.1チャンネル。屋内といった閉塞空間の表現がちょっと物足りなかったか。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 5月31日(水) スカイ1割り
 海水浴でどうぞ。今月の国内盤UHDブルーレイ注文分。最初は『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』は国内盤UHDを買うつもりであったが、アマゾンで8,440円という高価格。いくら3Dブルーレイが同梱とはいえ、あまりにも高すぎる。米国盤だったら送料含めても30ドル程度。3Dは入っていないものの国内盤のほぼ半額なのである。

 もう3Dは見ないし、だったら米国盤で買っちゃうよねえということで、今月分の国内盤UHDブルーレイは『コウノトリ大作戦』だけになりました。その代りと言ってはなんだけど故佐藤大輔の本 「帝国宇宙軍1 領宙侵犯」、「エルフと戦車と僕の毎日 Ⅱ 上・下」(以降エル僕と呼称)を買うことにしてます。

 本日は休み。午前9時に起床してシャワーを浴びる。朝飯は焼き豚エッグ。昨日の冷麺に使った残りの焼き豚と卵を使って。これでゴハンを半合。その後事務所に行って要件あれこれ。

 昼飯は近くのスーパーで見つけた生秋刀魚(解凍)。これをカラーラで焼いたらやたらに美味かった。調子に乗ってもう一匹焼いて食べたら気分が悪くなった(笑)。ビール500ml缶一本飲む。

 夕食は出来合いのトンカツ、茹で人参。トンカツはカラーラで温めなおし。ゴハンを半合。

 その後、本日初めてプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『エミリー 悪夢のベビーシッター』を見る。この邦題は実に余計で最初っから重要なネタばらしをしてやがる(笑)。サラ・ヴォルジャー演ずる女の行動がこの邦題によって最初から予期できてしまうからだ(原題は『EMELIE』)。

 冒頭からいきなり謎の車に拉致されるティーンエージャーの女の子。その代わりに雇われたベビーシッター(これがサラ・ヴォルジャー)が迎えを待っている間に靴先についた血のりをそっと拭きとる。この怪しさが後の重要な伏線になっているのに・・・。

 でも、まあ、言ってしまうと映画としてはそれほどの出来ではなかったりするのだけれども(笑)。

 しかし、なんですなあ、自分の子供の世話を何の資格がある訳でもない近所のティーンエージャーに任せてしまうというアメリカの習慣にもちょっと恐ろしいものがありますなあ。

 ハイビジョン画質は非常に高いレベル。暗部の表現がこれほどまでにきちんとしている映画は久しぶり。多少ノイジーではあるが、リアリティのある発色にも驚かされた。音声はAAC5.1チャンネル。細かな効果音が丁寧に使われている。ドアベルの音がきちんと背後に定位したのもポイント高し。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。ブルーレイ 「ウルトラQ」から「2020年の挑戦」と「宇宙指令M774」を見る。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月1日(木) 「キスマイと俺とは同期の桜」
 珍しや男性アイドル駄洒落。なんでこんなアメリカ人が聞いたらぎょっとするような名前を付けたのかと思っていたら、メンバーの頭文字をそれぞれ一つずつ取ったんですってね、勉強になりました。

 お料理覚書。茄子はラップで包んで電子レンジで加熱。5分も加熱すればとろとろになるので、これを適当な大きさに切ってかつおぶしとすりごまを振り掛けて味ポンで食べると、良くできた焼きナスには敵わぬもののなかなかに美味しい。第一、簡単である。料理べたの私でも間違いなく調理することができる(電子レンジで加熱するだけなので当たり前だ)。時間も掛からない。茄子を切って盛りつけるところまで入れても7~8分というところである。

 電子レンジでの加熱を3分程度にしておいて後はフライパンで炒めるのもいい。軽く塩コショーして後から焼肉のたれを絡めると立派なゴハンのおかずになる。何しろ私は料理べたなので茄子を炒めるだけではどうしてもあのとろりとした味わいが出ない。何分加熱しようが茄子は依然としてもきゅもきゅ硬いままなのだ。

 後はカラーラの使い方について。先日は一回に二匹食べたおかげで気持ち悪くなってしまった(笑)生秋刀魚(解凍)であったが、カラーラで焼くと身がふっくらして実によろしい。しかし、秋刀魚に限らず焼き魚をやるとその臭いがなかなか抜けない。焼き魚だけに使うのであればそれも良し!なのであろうが、私はカラーラで鶏唐揚げやら揚げ物惣菜の温め直しもやるのである。これに焼き魚の臭いがついてはどうも・・・。

 はい、はい、ハイターを使えばよろしいのです。カラーラの調理バスケット部分を水で満たしハイターを適当にちゅーっと入れる。そして30分ほど放っておけば臭いが気にならなくなる。完全に除臭できる訳ではないのがちょっと悲しいが(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。 200キロカロリー。昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。ん?今日の味噌ラーメン味が濃すぎるのではないか。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。

 夕食は前述の茄子の炒め物。茹で人参も加えて美味しく食べた。これでゴハンを半合。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽を聴く。午後9時過ぎにシャワーを浴び、時代劇専門チャンネルハイビジョン録画の「怪傑ライオン丸」を2話。ライオン丸対怪人ウミカブロ。X型の刃を装備した戦杖でライオン丸に切りかかる。ライオン丸かわす、するとウミカブロ、戦杖をくるりと回転させて柄でライオン丸の頭をぽかり。何度見返してみてもやっぱりぽかりとやっている。でも特に気にすることなく闘い続けるライオン丸。このあたりがどうにもピープロっすね(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月2日(金) 「金 正恩パールプレゼント!」  
 あえて元ネタは明かさぬ。日本政府がイージスアショアの導入に傾いている。これにより、THAADミサイル論者がその優位性を主張し、ことさらにイージスアショアを貶める傾向が目立ってきているのだが・・・。

 THAADミサイル一個砲隊は発射台車輛の他にレーダー車輛、電子装備車輛、統制車輛、冷却車輛等々の支援車輛が必要。これでぞろぞろ移動するのだから移動式弾道ミサイルランチャーのような秘匿性というのはあまり期待できない。イージスアショアより移動が楽なのは間違いないが(イージスアショアも移設が可能)、一度発射態勢に入ったらそうそう移動できないので、テロ攻撃の標的になりにくいということもない。また対空戦闘をするためにはPAC3や短距離地対空ミサイル(短SAMちゅう奴じゃ)が必要となる。PAC3の発射システムはTHAAD同様、10台以上の車両によって構成されるため、さらにぞろぞろと(笑)。

 またイージス・アショアを設置し発射システムの数を増やせば、イージスBMD艦を前方展開させ、前衛レーダーとして活用できるようになる。高度なネットワーク化の整備が条件となるが、達成された暁にはローンチ・オン・リモートおよびエンゲージ・オン・リモート
(前方に展開した別のレーダーからの敵目標の情報をデータリンクして、迎撃範囲を大きく広げる技術 ローンチ・オン・リモートは前方展開レーダーからの情報をデータリンクして、自己レーダーが目標を捉えていない段階で迎撃ミサイルを発射。命中のためには自己レーダーが目標を捉える必要がある。エンゲージ・オン・リモート 発射だけではなく、命中させるための誘導も前方展開レーダーの情報で行う)が可能となり、SM3ブロック2Aの長射程を十全に生かすことができるだろう。

 しかし、今の軍事技術は何でもネットワーク、ネットワークですな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺと野菜ジュース 600キロカロリー。昼飯は冷凍うどんに麺つゆをばっと掛けてキムチ、茹で卵、トマトスライスを乗せた明洞冷麺風冷やしうどん。キムチを大目にいれるとかすかにそれらしい味がする。500キロカロリー。

 夕食は茄子一本を電子レンジで蒸して茹で人参と共に少量の油で炒め焼肉のたれを絡めたもの。これでゴハンを半合。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、本日届いたばかりの米国盤UHDブルーレイ 『ローガン』を見る。何しろ日本では昨日の6月1日から絶賛公開中の作品である。これからいろんなネタバレをするので、映画に行こうと思っている人は絶対にこの先を読んではいけない、いいか、警告したからな、それにも関わらずこの先を読んで「チクショー、どうしてくれる」とか言われたって知らんからな。そんな筋違いの話は接骨院へ行け、接骨院へ。

 ネタバレ

 ローガンのぼろぼろっぷりが泣ける。近接戦闘では天下無双を誇ったあの男が足をひきずりつつよたよたと戦って下手するとフツーの人間たちにも制圧されてしまう。治癒能力も見る影もなく体はむごたらしい傷跡だらけ、あまりにもひどかったので作中で言及されるチャールズの能力暴走で何らかの恒久的なダメージをおったのかなあと思ったのだが、それも違うようだ。その治癒能力ゆえに非常な長命ではあるけれども決して不老不死ではなく、いつかは老いる。しかも全身に埋め込まれたアダマンチウムが悪さをしてあのような状態になってしまったというのである。

 時代設定は2029年。あの牧場主一家の立場など、この時代のアメリカは都市部はともかく地方は酷く混乱した無法状態となっているようである。そうした時代の中で新世代のミュータントとして生み出された少女がメキシコ人。象徴的だなあと思ったのは私だけでしょうか。

 UHDブルーレイ画質はフィルムグレインの振る舞いが実に特徴的。目立つのだが、決して視覚的ノイズに堕ちることがない。こんなグレインの処理の仕方もあるのだと驚かされた。HDRの効果はいつも通り。ネオンサインの美しさといったらないぞ。

 後は夕焼けの美しさと森の木々のみずみずしさ。BT2020の色域がその能力を存分に発揮している。

 音声はドルビーアトモス。言うまでもないことだが対応していない私のシステムではドルビートゥルーHD5.1チャンネルとして再生される。立体的な音場と適切に付与される重低音。このわざとらしさのない音場はまさに芸術的。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月3日(土) ムハンマド砲
 イスラム教駄洒落。やあやあ、明日は博多駅近傍でJVC(ビクター)のD-ILAプロジェクター 「4K鑑定団」 が開催されるぞ。講師は麻倉怜士先生だ。先生が松田聖子のファンでいらっしゃるので、毎回、毎回、彼女の映像を見せられることになるが(笑)その適切かつ詳細な技術解説には定評があるぞ。

 使用機材もゴージャス、ゴージャス。X570R、X770R、Z1の三英傑がそろい踏みだ。私はX770Rのユーザーであるが、えっへん(威張ることでもあるまい)、麻倉怜士先生の映像調整でどのような絵が出るか大変に楽しみである。

 そして極めつけは350万円のハイエンドレーザー 4Kリアル画素プロジェクターのZ1だ。今まで実機やその映像を見る機会がなかったので、これがとても嬉しい初体験となる。X770Rとの違いはどうなのか、UHDブルーレイやブルーレイ(2K)の映像がどう見えるのか、もう考えたらとてもコーフンしてきてたまらんぞ、はあはあ。

 あんたは何かと幸せそうで結構なことですな。

 最近のサヨクはなんか凄いことになっていて「安倍を吊るせ」とか、いや、フツーまともな人間はどんなに頭に来ていてもこんなこと言わんでしょ、ましてや「奇妙な果実」だの言い出すに至ってはもうアレになっているとしか思えない。なんでそんなに差別的なの、この界隈の人たちは。それでいて、天下りのあっせんを「面倒見がいい」出会い系バー通いを「貧困調査」信じがたいっすよ、ほんと。まあ、ツィッターとかのおかげでこうした狂気が可視化されたんですけどな(笑)。

 ちなみにビリー・ホリディの「奇妙な果実」を知ったのは「美味しんぼ」から。「総統、まだお気づきになりませんか。あの「美味しんぼ」も役にたつことがあったのです、鼻血だ添加物だ農薬だわあわあわあばかりではなかったのです」

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース、350キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使った大根おろしぶっかけうどん。夕食は電子レンジで3分蒸した茄子と玉ねぎを使った肉野菜炒め。肉には鶏ささみを使用。焼肉のたれやチューブのショウガで味付けすると結構いける。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを半合。700キロカロリー。

 その後は珍しく映画を見ずにテレヴィをぼけー。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は例によって「ゴリパラ見聞録」 ひれひれ酔って午前1時過ぎに就寝。

 6月4日(日) スキーヤーの牛丼
 すき家の牛丼を食べたことのない私が考えた駄洒落。輸入UHDブルーレイで『パトリオット・ディ』を見た。日本公開が6月9日からというバリバリの新作なのであまりネタバレはしないけれども、とにかく傑作であった。特に「テロリストには一分の理もなし。あいつらただのキチガイ人殺しだ」という一貫した主張が素晴らしい。まあ、ネットでは試写会に参加した人の中で「アメリカの闇が!」とか「アメリカが中東で!」みたいな感想もちらほら見かけますけどね(笑)。

 冒頭のギャグがまた、凄く良かった。頭から血を流した男が「女にスムージーで殴られた」きょとんとするマーク・ウォルバーグ。「スムージーで殴られる訳ないじゃん」「スムージーってのはほら、アレだよ、服のしわを伸ばす奴あるじゃん、服をスムースにする奴、スムージーだよ」「アイロンかい!」

 「アンドロメダ病原体」で赤ん坊とたった二人生き残ったジャクスン老人が「わしゃ、胃の痛みを抑えるためにスクイーズを飲んでいるからな」「スクイーズ、何すか、それ」とキョトンとする医者。「ステルノ(アルコール系固体燃料)を絞った(スクイーズ)奴じゃよ」という会話を思い出したのは私だけですか。

 (「アンドロメダ病原体」のこのやりとりは完璧に私の記憶頼りです。間違っている可能性もありますが面倒臭いので調べたりしません)

 行ってきましたよ、JVC ビクターの「4K鑑定団」 見てきましたよ、350万円のハイエンドプロジェクター DLA-Z1! その高解像度は何と言っていいか、まるっきり作為的なところがない。輪郭強調などは一切していないのに背景のディテールが浮きあがってくる。森の木々の重なりにすら圧倒的な奥行き感、立体感がある。コントラストのスムーズな推移、色の鮮やかさもX770Rとは大違い。ブルーレイがUHDブルーレイに見える。UHDブルーレイが今まで見たことのないような映像に見える。

 まあ、どう頑張っても350万円のプロジェクターなど買える訳がありませんので、いいですけどな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にどんべえの鴨だしソバ、400キロカロリー。昼飯は膳でラーメン+替え玉。外食摂取カロリー量暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は茄子を電子レンジで蒸した奴と玉ねぎ、鶏ささみの炒め物。400キロカロリー。ビール500ml缶一本飲む。
 
 本日の摂取カロリー量は1,800キロカロリーなり。

 その後、前述のUHDブルーレイ 『パトリオット・ディ』を見たのである。画質は極上。俯瞰の映像での解像度、HDRの効果。どれをとってもブルーレイとは隔絶している。音声はDTS X。上空をフライパスするヘリコプターの飛跡があまりにリアルであった。思わず上を見上げてしまったくらいだ(ウソ)。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「そこまで言って委員会」 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ミッドウェイ』を30分ほど。空母からの発艦場面、カタリナ飛行艇が戦爆隊を発見する場面等々、物量叩き込み映像の物凄さに唖然とさせられる。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月5日(月) 『パシフィック・ムリ』
 え、KAIJYUの死体隠れ蓑にしてアンティヴァースに侵入してイェーガーの原子炉起爆させてプリカーサーをやっつける?そんなの絶対無理!無理!無理!無理! 俺、ぜってぇやんねえ。こうして人類は滅亡したという。

 ヤフオクで米国盤UHDブルーレイの『マリアンヌ/ALLIED』を落札。送料込みで2,080円。うふふふー。米アマゾンに注文した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』、『ハクソー・リッジ』の3本も発送済みで6月22日の到着予定。あ、ブルーレイで『恐竜時代』も注文しているぞ。

 5月に注文して6月に届いた『ローガン』『パトリオット・ディ』そして『マリアンヌ』、『ファンタスティック・ビースト』『ミス・ぺレグリン』、『ハクソー・リッジ』 国内盤の『コウノトリ大作戦』 うわあ、今月は多分に偶然の要素があるとはいえ、7枚もUHDブルーレイ買っちまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にミニカップワンタンとコンビニのお握り。400キロカロリー。昼飯は茄子を蒸したものとソーメン1把。200キロカロリー。夕食はチャーシュー、温泉卵、トマト、もやしを乗っけたマルちゃん「北の味わいざるラーメン 和風味」 その後デザート代わりに納豆を1パック食べたので(笑)800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『モーガン』を再見。やっぱり超絶的な画質だなあ。『ローガン』も『パトリオット・ディ』も素晴らしかったけど、この『モーガン』は一部の映像でさらにその上を行くと思う。初見時にも書いたけど特に森の場面が絶品。流れる水の表現や、森全体がしっとりと湿ったような生々しさなど何度見ても魅了されてしまう。

 しかしUHDブルーレイは未だに黎明期にあるのだが、その画質はすでに高いレベルを誇っている。初期のHDソフト(ブルーレイ、HD DVD)とはえらい違いで、ブルーレイの『死霊のえじき』とかHD DVDの『ゴーストハンターズ(『Big Trouble in Little China』)とか本当にひどかったもんな。え、これでハイビジョンかよと思ったもんな。

 (注 『ゴーストハンターズ』がHD DVDだったかちょっと記憶に自信がない。ソフトラックに同作品のブルーレイがないので間違いないとは思うのだが・・・)

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。キンドル最適化した佐藤大輔「エル僕Ⅱ 上」にゆっくりと読みふける。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月6日(火) 「ガウォークのすゝめ」
 福沢諭吉駄洒落。前にやったことがあるような気がしないでもないけど検索しても出てこないのでいいのだ!

 レッドブルエアレースでのゼロ戦東京湾里帰り飛行であのAERA誌(東北地方太平洋沖地震での原発事故で「放射能がくる」という表紙で風評被害を煽り立てたキチガイ雑誌である)の記者が<TLに零戦を讃える人がたくさんいて、考え込んでしまう。「平和を考える機会」にはなってないようだけど 今を生きる私たちがすべきは、零戦に平和を奪われた人たちについて知ることじゃないの。2017年の東京の空を飛ぶ零戦を「美しい」「勇姿」と表現する人たちを見ると、これが「平和について考える機会」になっているのか疑問です。そこに人の痛みへの想像力はあるのでしょうか。戦争への反省と「零戦カッコイイ〜」が両立する精神状態というのがマジで分からん。私にご意見をくださる皆さんが「加害」の視点がまるっと抜け落ちて悲劇の主人公気分なのも興味深いし、普段は中国や北朝鮮の脅威を煽っている人がこんなときだけ「平和な日本の空、ほっこり」とは?>(抜粋して引用)

 中国や北朝鮮の脅威を煽っているってあれを脅威と思ってない人が未だにいるのかというのは置いときまして(笑)、このいかにもアレな左的発言にわあわあ言われているんでありまして。

 まあ、アレな左の人だからこんなアレなことを言うのは仕方ない。複雑な思いというのも分からないことはないのだが・・・。でも復元されたゼロ戦が日本の空を飛ぶのは何もこれが初めてではなかったりする。過去に3回<1995年、スティーブ・ヒントン(パイロット)https://blogs.yahoo.co.jp/a6m2bkm251/63537139.html(オリジナルの栄21型エンジンによる飛行) 2016年、スキップ・ホルム(パイロット)http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/28/zerosen_2016/002.html>の飛行が行われており、今回は4度目なのである。文句をつけるなら最初から言えやと思ってしまうのも無理はないと思いませんか皆さん。そりゃマニアでもなければ知らないことかもしれないが、今のインターネット時代(この言い方自体が古臭いですな)検索すりゃすぐ分かるだろ。その程度の苦労を惜しむなや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯、コンビニのトンカツサンド 420キロカロリー。昼飯、電子レンジで蒸した茄子一本、玉ねぎ半個。80キロカロリー。夕食 コンビニのエビ天丼、カップワンタンスープ 800キロカロリー。デザートとして納豆1パック。80キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,380キロカロリーなり。

 久々にコンビニ弁当が食べたくなったので、それもカロリーが高い揚げ物系、昼は野菜だけにしてカロリーのバランスを取ったのである(笑)。

 その後プロジェクターでWOWOWハイビジョン録画の『愛と裏切りの銃弾』を見る。実に頭の良い映画なのだが、頭が良すぎてそんなに頭が良くない私がついていけなくなったという映画(笑)。最初の訳の分からない場面が映画が進むにつれてだんだん分かってくると言う構成、これ自体は良くあることなのだが、あまりに訳が分からなすぎて、分かる前に脳みそが疲れ果ててしまうんである。

 (はい、この短い文章の中で分かるという言葉が何回使われたでしょうか)

 ただ主役を演じたジェナ・マローンの上手さがただごとではない。へたな女優志望者で「お前、大根だからうちの劇団にはいらないわ」と追い出されるくらいなのだが、実生活では犯罪者兄弟をその演技で見事にだまくらかし、結果的に大金を手にしたのである(ラストシーンで目に見えない観客に向かって頭を下げるのが実にカッコいい)。

 犯罪と言えば、男に決まっていて「犯罪の陰に女あり」とかなんとか言っちゃっても結局女は男の従属物にしか過ぎないというジェンダー的な定石を見事にひっくり返してみせたその鮮やかさが印象的だ。

 ハイビジョン画質はダメダメ。ノイズは酷いし黒はうきっぱなし。オレはまた20年くらいの昔の映画かとおもっちゃったくらいだぜ(これは2014年の映画)。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンドとしては合格点。あまり細かい情報は入っていないが、定位の良さで銃撃戦の迫力が倍増だ。

 その後、シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて途中まで見ていた『サザエさんとエプロンおばさん』を最後まで。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月7日(水) 後ろから前川どうぞ
 我ながら下らねえ駄洒落だな、どうも。江利チエミのサザエさん、「あーら、そんなこと全然大丈夫ですわ、オホホホ」(江利チエミのサザエは本当にオホホホと笑う)みたいな言い方をしていた。1960年当時にすでにこんな言い回しが存在していた訳で、決して最近の若いものは日本語がなっちょらんということではなかったりする。

 そんなことより、芸能人の「お父さん、お母さん」や「ゴハンに行く」(食事に行くこと)みたいなキモチ悪い言葉づかいをなんとかしてくれってあんまり関係ないか(笑)。

 本日は休み。午前8時に起床してシャワーを浴びる。てれてれとテレヴィを見たりした後、ルーフバルコニーの亀の世話。午前11時過ぎから外出してあれこれと仕事。買い物をして午前12時過ぎに帰宅。昼飯はネギトロ丼。スーパーで売っているネギトロ(もどき)を醤油とワサビで味付けしてどんぶり飯にどさっ。上からもういや、やめてお父さんというぐらいに博多万能ねぎ刻みをちらしてわしわし食い込む。あまりの美味さに箸が止まらずゴハンをお代わりしてしまった。900キロカロリー。

 その後、米国盤ブルーレイ 『ジュラシック・ワールド 3D』を久しぶりに見る。インドミナスの足音がずうううんと響くのがなんとも快感。あへあへあへ(バカ)。しかしなんですなあ、弟の方が「パパとママ、別々の弁護士から手紙が来ていた、名前をぐぐったら離婚専門だって」と泣き出すのが妙にリアルで逆に笑えてしまいますなあ。

 夕食は頂き物のうどん。乾麺で茹で4分、その後の8分、合計調理時間12分という憎いやつ。でも味は電子レンジで2分30秒で出来上がる冷凍うどんにまったくかなわなかった。まだまだいっぱいあるのにどうしよう(笑)。

 これを水で〆て丼に盛り、がーっとキムチを乗せる。そこに麺つゆを少々かけてずるずる。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、珍しく映画は見ずに音楽聴きながら読書。佐藤大輔「エル僕 2 下」を半分ほど読み進める。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は例のごとく「ゴリパラ見聞録」 えんえん見ていると脳のあちこちから変なものが確実に分泌されている。これは「ゴリパラ」による洗脳であるとかキチガイなことを考えてしまう。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月8日(木) ハッブル対マングース
 沖縄駄洒落。高校生の修学旅行は沖縄だったけどその頃はちゃんとハブ対マングースをやっていたよ。ちゃんとというのも何だけど(笑)。

 テロ等準備罪で「山菜取りをしたら捕まる」的なことを言っている奴は政治家の資格なし。条文を理解していればそんな馬鹿げたことがあり得ないことは分かる筈。条文を読んでいなければそれは怠慢。条文を読んで理解してなおかつその手のことを言うやつは度し難いバカ、あるいは安倍政権の回し者(笑)。つーか、なんで「山菜取りでつかまる」とか「飲み屋で上司の悪口言ってたら捕まる」とかそんなアホな話聞かされなきゃならんのか。

 おれ、何か悪いことしました?

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。420キロカロリー。昼飯は素麺1把と茹でホウレンソウ。300キロカロリー。夕食はマルちゃん 「北の味わいざるラーメン 和風つゆ」 温泉卵、チャーシュー、茹でもやし、トマトスライスを乗っけた、まあ、何度でも言うが、北朝鮮の一般人民にこれを「さあ、食べなさい」と勧めても「こんな豪華な食事ができる筈がない、オレは殺されるのだ、最後の食事なのだ」とか「こんな夢のような食事ができる筈もない。これはあれだ、食べたら家族が皆殺しにされるのだ」とか考えてしまって、結局食べられない!みたいなメニューですよ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,420キロカロリーなり。

 その後、UHDブルーレイの『コウノトリ大作戦』を見る。いやー、今の時代にまさか「声が出せないギャグ」が見られるとは思いませんでしたよ(大笑い)。他にも狼の組体操ギャグ(ウルフパックはそんな意味じゃねー。このギャグ自体は『ポニョ』由来だそうな)、小鳥の虐待ギャグなど、そういうものが大好きな私にとってはまさに至福の時間でした。

 しかし、赤ん坊を運ぶコウノトリという牧歌的なテーマに皆さん、騙されているようですが、この映画、結構ブラックですぜ。窮地から逃れるために今までためにたまっていた「赤ん坊お願いします」の手紙を全部、「赤ん坊製造ライン」にぶちこんで、赤ん坊が大量生産される場面とか冷や冷やしましたよ。

 またご丁寧なことにいろんな人種の赤ん坊が出てくる(笑)。ラストではこの赤ん坊たちが「赤ん坊配達業務」を再開したコウノトリたちによって世界中に運ばれるのだが、赤ん坊を受け取る家族の中に明らかにゲイのカップルがいる。

 こんなおとぎ話なのに、ポリティカルコレクトとか、なんでいろいろ俺ら気を使わなくちゃならないんだという製作者たちの憤りが見えてくるようではないか(ウソ)。

 UHD画質はフィルムグレインが強いのが気になる。もっとも、こういう粒状感をきっちり出せるあたりがUHDブルーレイの凄さなのだが(笑)。BT2020の発色とHDRによるハイライトの美しさなどはブルーレイが及ぶところではない。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。前後の動きの明確さ、きちんと制御された重低音等々、文句のつけようがなし。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供はやっぱり「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して国内盤ブルーレイ 『モスラ』を見る。うわあ、なんだこの美しさ。東宝ブルーレイの常として黒が浮いているのが残念だが(笑)、解像度の高さ、発色の綺麗さはただごとではない。

 ザ・ピーナッツの着物姿などちょっとうっとりしてしまったよ。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月9日(金) 二宮忖度
 忖度駄洒落第一弾!ええもの見つけました。それはチューブに入った液体出汁入り味噌汁。野菜を白出汁で煮込んでこれをちゅーっと入れてかき混ぜるだけでインスタントみそ汁とはまったく別物の美味しい味噌汁が出来上がる。カップ入りの固体味噌(というのか)のようにスプーンで掻きとって別の容器でスープと混ぜ合わせると言う手間が掛からず実に簡単である。味の方も、ちょっと高めの旨み調味料無添加、どこぞの昆布やかつおぶしの天然出汁!みたいな奴を使ったのでフツーの味噌以上に美味しい。

 唯一の欠点はやや割高になることなのだが、まあ、私は一人ですからな、そんなにがばがば味噌汁作る訳でもないので、あまり気にならない。逆にカップ入りの味噌の方が多すぎて始末に困る時もあるし。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース 400キロカロリー。昼飯はホウレンソウの茹でた奴で済ませる。50キロカロリー。

 夕食は豚汁。じゃがいも一個、ニンジン一本、玉ねぎ半個、豚バラ塊肉のスライスを白出汁で二時間ほど煮る。白出汁を入れる前に灰汁取りを忘れずに。ここに茹でもやしを投入し、前述の液体味噌をむちゅーっ。博多万能ねぎの刻みと一味唐辛子をかけていただきまーす。やっぱり豚バラは塊からスライスした方がウマい。煮込みに時間が掛かるけどそれだけの価値は絶対にある。ゴハンを半合。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『持たざるものが全てを奪う/HACKER』を見る。コンピューターハッキングを描いた映画であるが、その手口が偽造カードを作って時計や宝石(コーキューホーショクヒンという奴ですな)をだまし取り売りさばくというかなり荒っぽいもので、あまり頭の良さというものは感じられない(笑)。それにいくら変装していると言っても香港みたいな狭い都市でカード詐欺を繰り返していればすぐに手配が回ってしまうと思うのだ、うん。

 それでもこの映画が面白いのはヒロインたるロレイン・ニコルソンの存在ゆえ。彼女は映画の中である秘密を抱えている(この秘密はラストで明らかに)。この秘密ゆえに彼女の立ち居振る舞いすべてが微妙に歪んでいる。いささか逆説的だが、いつ何が起こるか分からないと思わせるこの不安定さが彼女の魅力を引き立てているのである。

 久々に映画的に良い女を見ましたよ。

 ハイビジョン画質は良好。派手な発色は望めないがいささかのノイズもないウルトラスムースな映像。暗部の落ち着きも好印象。音声はAAC5.1チャンネル。香港の市街の喧噪音がやたらにリアルであった。要所要所で効果的に使われる重低音もよろしい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半過ぎに入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 6月10日(土) 忖度鳥
 忖度駄洒落第2弾。元ネタはクトゥルー神話に登場する怪鳥、シャンタク鳥。昨日の日記でその便利さと美味しさに感動したと書いた液体味噌。これはラーメンにちょっと入れるのもよろしい。マルちゃん正麺塩味では味が一気に複雑化。コクが出てびっくりするくらい美味しくなった。これ以上量を増やすと塩っ辛くなってしまうから「味噌ラーメン」になるとまではいかないが、これはみなさんぜひお試しを。食べなれたラーメンが別物になる。

 (料理べたの私が言うことなのであまり信用するな)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのトンカツサンドイッチとコーヒー。420キロカロリー。昼飯は前述のマルちゃん正麺塩ラーメン+液体味噌。茹でもやし、チャーシュー、温泉卵、博多万能ねぎ刻みで食うと、たまらん(だからあんまり信用するなって)。500キロカロリー。

 夕食はカレー。例によって例のごとく豚バラ、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを切ってコンソメ1個を入れたお湯でぐつぐつ。まっことこの豚バラ塊肉というのは優れたもので、白出汁、あるいはコンソメで3時間ほど煮るだけで宜しい。フォークでたくさん穴を開けて塩をすりこめとか、カルダモン、シナモン、ナツメグ、オレガノなどのスパイスで下ごしらえせよとか、冷蔵庫で一晩寝かせろとか、そんな面倒なことは一切なし。それでいてイベリコ豚がぶうぶう鳴きながら逃げ出す極上の味となるのである。電磁調理器を使えば長時間煮込むのも簡単だ。

 (何回言ったら分かる、私は料理べたなのだ、だから話半分どころか話5パーセントぐらいで聞いておけばいいのだ)。

 このカレーでゴハンを半合、後はきゅうりを一本塩もみで。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,820キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイの『ランボー 最後の戦場』を見る。大口径の狙撃ライフルで首が飛ぶ、胸に大穴が開く、車載の重機関銃で体ばらばらのばら、は何度見ても爽快ですなあ(人でなしの感想)。

 終了後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」 ゴリけんの同窓生(剣道道場の同期?)が天草で道の駅や、おっしゃれーなリゾート施設を経営している。いわゆる青年実業家である。ゴリけんがもう見るからに落ち込んで「昔、あいつと同じ釜飯食っていたのになあ」

 すかさず矢野ペペが「ゴリさん、それ同じ釜の飯だから、同じ釜飯って、飯食いに行こうってんじゃないんだから」

 人生の重みがつまったナイスなツッコミでした(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 
 6月11日(日) キス魔と俺とは同期の桜
 昔、和田アキ子が酔うとキス魔になるという話を聞いて不愉快に思った人向けの駄洒落。  米国盤UHDブルーレイの『マリアンヌ』(邦題 原題は『Allied』 同盟、連合国、同類と言った意味でこの邦題もオリジナルのニュアンスなどまったく汲み取っていない酷いものなのですがねえ)。

 この作品は長編映画として初めて8K撮影が行われた。REDウェポン・ドラゴン8K(8192pix×4320pix/8Kセンサー)/6K撮影作品。主要レンズには65/70mmパナビジョンPrimo70を使用。DIファイルは4K。

 当然ながらUHDブルーレイもえらい高画質。ファンタスティックなまでに美しい発色、極限の高解像度、そしてやや過剰ではないかとすら思われるHDR(ああた、何しろロンドン空襲の場面で撃墜されるルフトヴァッフェの爆撃機がぎらぎら夜空で輝いているんすから)の効果。この高画質は逆にフィルムっぽさがちっとも感じられないけど、それはそれで大歓迎っす。

 しかし、アマゾンで購入した米国盤UHDブルーレイ 『パッセンジャーズ』がまだ来ないですな、と思っていたらなんと、米国盤UHDブルーレイ 『ファンタスティックビースト』と『ミス・ぺレグリンと奇妙な子供たち』が先に届いちゃったよ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝からカレー。ウメー、ウメー。昼もカレー、やっぱりウメー、ウメー。キュウリ一本も食う。夕食はマルちゃん正麺塩ラーメン。もやし、チャーシュー、温泉卵を乗っける。もちろんスープには例の液体味噌汁をちょい足しだ。

 本日の摂取カロリー量は2,100キロカロリーにもなってしまった。

 それから前述の米国盤UHDブルーレイ『マリアンヌ』を見たのである。しかし、ああいう使い古されたタイプのお話でも丁寧な風俗描写や特撮を駆使すればここまで見応えのある大作を作れるのですなあ。改めて監督ロバート・ゼメキスの才に拍手、拍手。

 その後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「スライドショー」。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて東宝国内盤ブルーレイの『モスラ』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。
 
 6月12日(月) 忖度の女王
 元ネタの「三択の女王 竹下景子」は若い人は知らんだろうなあ。建築会社の人とお話しする機会を得た。40年以上前の建築方法の話になって。「昔はね、パイルドライバーで杭をどかーん、どかーんと打ちこんで」(笑)、「風呂もね、いちいち防水工事してタイル一枚一枚貼って、でも今はユニットバスで一発ですから」(笑)。1934年築の建物がある築地市場が豊洲よりいいとか、何の冗談か。
 
 註 パイルドライバーは建築機械の名称でプロレスの技ではない。この打ち込みで発生する騒音は酷かった。どかーん、どかーんと鳴り響き赤ちゃんが泣き叫ぶ、猫がにゃーと鳴く、寝たきりの老人が思わず飛び起きるほどであった。東宝特撮映画『マタンゴ』でこの打ち込み作業の騒音が印象的に使われているがどうせ、フツーの人は知らないだろうと思って話には出さなかった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はピーマン3個を炒めてじゃこを合わせ味ポンを掛けた奴と素麺1把。200キロカリー。夕食は茹で野菜とコンビニの「カルビ焼肉」、後は野菜の味噌汁。野菜はジャガイモ1個、玉ねぎ4分の1、ニンジン半分を使う。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリー。カレーで2日飽食してしまったので反省したのである。

 その後、米国盤UHDブルーレイの『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』を見る。いやー、「思考を読むからって心配しなくっていいわ。殿方が私を見て何を想像するかぐらい分かっているから」というオトナのギャグがいいですなあ。思わず「七瀬再び」かとツッコンじゃいましたからなあ。
 (本家のハリー・ポッターシリーズでも『炎のゴブレット』で三大魔法学校ダンスパーティの後で馬車の中でぎっこんばったんというギャグがあったのだが、大変残念なことに本編ではカットされてしまった)

 魔法を見てしまった一般人(マグル アメリカではノーマジックを略してノー・マジと呼ぶ。この辺の割り切り方がいかにもアメリカらしくってウマい)の記憶消去ネタ(シャドウじゃないんだから)を上手く使った別れの場面もよろしい。そういうことにまったく縁がなくってともすれば「ケッ」と思ってしまう私のような人間も感動させてくれる。

 4K画質はさすがに昨日の『マリアンヌ』と比べるとちょっと気の毒(笑)。それでもブルーレイとは隔絶した画質であり、魔都ニューヨークの禍々しさを上手く映し出す(あまり関係ないっすか)。音声はドルビーアトモス。例によってドルビートゥルーHDで再生。音場上方の移動感、定位が凄い。あの処刑場(恐ろしかった)でびんびん飛び回る魔獣の飛跡が目に見えるようである。

 (米国盤UHDブルーレイに日本語字幕・音声の収録はなし)

 その後シャワーをあびていろいろ。先日放送された「ゴリパラ見聞録」を見返したりする。皆さん、すみません、ゴリけんの「昔、同じ釜飯食っていたのに」へ矢野ペペがツッコンだのは「ゴリさん、それは釜飯じゃなくって同じ釜の飯だから」でした。

 「飯を食いに行こうってんじゃないんだから」は斉藤優のセリフでした。ごめんなさい。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月13日(火) 「ツィートとスッポン」
 しかし、世の素麺はなんであんなにアレなものが多いのだ。美味しいのははっきり言って揖保乃糸だけで後はどれもこれもアレ。茹で方をいくら工夫しても水洗いを徹底しても小麦粉臭かったり口触りがぽきぽきしたりでろくなものがない。うどんで有名なあそこのあそこ素麺(お中元で頂いたものである)もうどんとは大違いで、変に硬くてアレ。

 うどんも乾麺の時代は終わった。いまや冷凍麺という究極のものがある。冷凍うどんは電子レンジで加熱3分!である。5分茹でて蒸らしに3分掛かるどこそこの乾麺うどん(これまたお中元で頂いたものである)など勝負になる筈もない。肝心の味も冷凍うどんには到底かなわぬのである。誰がそんなものを食うか(暴言)。

 問題はそのアレな素麺、アレなうえに調理にやたら時間が掛かるうどんがまだまだいっぱい残っていること(笑)。いや有難く食べますけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。400キロカロリー。昼飯は前述の素麺1把と茹で野菜。200キロカロリー。おやつにアイスクリーム300キロカロリー。夕食は茹で野菜とコンビニの和風ハンバーグ。ゴハンは食べなかったので500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 夕食後は珍しく映画は見ずに音楽を聴きながら読書。佐藤大輔、「エルフと戦車と僕の毎日Ⅱ 下」を読了。ああ、後オレに残された佐藤大輔作品は「帝国宇宙軍 1 領宙侵犯」と「宇宙軍陸戦隊 地球連邦の興亡」の2冊だけ。さみしい、さみしい。

 そんな中、アマゾンが送ってきたメールのタイトルが「【佐藤 大介】商品お知らせ」だったという。内容も「Amazon.co.jpでこれまでに関連商品をチェックされたことのあるお客様に、このご案内をお送りしています。 皇国の守護者8 - 楽園の凶器 (中公文庫)」云々・・・。 誰だよ、佐藤大介って、名前間違えんなよ、失礼だろうが。

 午後9時過ぎにシャワーをあびてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月14日(水) 「ツィートは地獄だ!」
 まさか元ネタが分からないなんて人はいないよね。さて、お昼にサザエを食べました。それも刺身で。活きサザエ3個をスーパーで買ってきて、包丁の背で貝殻をかんかん叩いて砕き身を取り出しました。大変な仕事で知らず知らずのうちに目が吊り上って鬼のような形相になっていました。部屋中に貝殻の破片が飛び散って後の掃除が大変でした。

 そして食べた刺身は大変に美味で、特にワタの精妙な苦み・旨みがたまりませんでした。でも3個も食べたのでしまいにはキモチ悪くなってしまいました。おしまい。

 本日は休み。午前8時半に起床してシャワーを浴びてぼけーっ。午後10時過ぎにマルちゃん正麺塩ラーメン(もやし、博多万能ねぎ刻み、チャーシュー、すりごまを乗せた豪華版。もちろん、液体味噌を少し入れて味を強化しているぞ)の朝食。500キロカロリー。

 昼飯は前述のサザエ刺身。これでビール500ml缶一本飲む。仕上げは卵かけゴハンでもと思っていたのだが、気持ち悪くなったので(笑)これでオシマイ。100キロカロリー。

 夕食は鶏肉とキムチと白菜の鍋。白出汁でちょいと煮込んで液体味噌をぶちこんで出来上がり。凄く美味しくはないけど、凄くマズイってこともなかったよ、うん。またビール500ml缶一本飲んでゴハンを半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後はまた珍しく映画を見ずにぼけーっ。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は例によって「ゴリパラ見聞録」

 就寝午前1時過ぎ。

 6月15日(木) 「ツィートは無慈悲な夜の女王」
 ツィート駄洒落第3弾!これもまさか元ネタが分からない人なんていないですよね。さて、久しぶりの「The Invisible Monster (1950) 」 3エピソードを一気に見てしまいました。

 エピソード3 The Death Car ロング・ハリスと戦うカーソン。なんとか二人を撃退し、ドアの下敷きになろうとしていたキャロルを危ういところで助け出します。まあ、その間に二人は逃げてしまいましたが。さて、その後アペックス社に届く脅迫状。「これこれの書類をどこそこあそこの郵便ポストに入れんかい、入れんと酷いぞ」おそらく透明ボスは金を脅迫しようとしていたのだと思いますが、どうもこのあたり英語のセリフが良く聞き取れませんでした。まったく無念であります。

 さて、そのポストに書類を入れ近くから車で見張るカーソンとキャロル。来ました、来ましたよう、あの例のほろ付きトラックが。郵便ポストのそばに停車したトラックから透明ボスが透明になって郵便ポストから書類を取り出します。走り去るトラック。カーソンとキャロルは郵便ポストから書類がなくなっていることに驚愕。「ウム、さっきのトラックが怪しい」 それぐらい私にだって分かります(笑)。

 トラックを追うキャロル、カーソン。山道に差し掛かったところで(シリアルのカーチェイスは必ず山道に向かいます)敵のピストルでタイヤをやられて立ち往生。しかし、カーソンはあきらめません。道なき道を走って山を突っ切り、反対側の崖の上からトラックを待ち受けます。そしてジャンプ!この時、スタントの人が物凄くタイミングを見計らっていてはらはらしますが(笑)。

 首尾よくトラックのほろを突っ切って荷台に着地。しかし、待ち構えていた透明ボスと部下に手もなく取り押さえられてしまいました。彼はあるビルのガレージ(5階にある)に連れ込まれてアペックス社へ身代金を頼む手紙を書かされてしまいました。しかし、さすがはカーソン、隙を見て万年筆のペンを特殊インキを使う探偵ペンに交換。これで書いた文字は普段は見えないのですがある薬液を塗るとたちまち浮かび上がってくるという優れモノ。そしてそれはガレージの住所でありました。

 手紙を受け取ったアペックス社、キャロルはすばやくこれに気付いて警官を派遣します。おりしもバートン・ハリスが(このシリアルでは悪漢の部下は常に二人一組で行動します)がカーソンを車に乗せて身代金の回収に向かおうとしていたところでした。警官とバートン・ハリスが銃撃戦を開始。カーソンはこの好機を見逃さず車をスタートさせて逃げようとします。バートン・ハリスのどちらかが運転席のカーソンに工具を投げつけました。工具はカーソンのアタマに命中し彼はたまらず失神。車はそのまま走り出してガレージの壁を破って5階からどかーんと飛び出します。続く。

 エピソード4. Highway Holocaust エピソード5. Bridge to Eternityはまたいつか。

 仕事は まあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。200キロカロリー。昼飯はリンガーハットでちゃんぽんの5個餃子ランチを食べる。外食摂取カロリー暫定一律基準の1,000キロカロリー。夕食は昼飯が重すぎたのを反省してサンドウィッチと豆腐の味噌汁(なんたるミスマッチ)、400キロカロリーで済ませる。

 本日の摂取カロリー量は1,600キロカロリーなり。

 その後、本日届いたばかりの米国盤UHDブルーレイ 『ハクソー・リッジ 命の戦場』を見る。日本公開が6月24日からなので露骨なネタバレはしない。しかし、それでもこれだけは言っておく。この映画での沖縄戦の描写はえらいことになっているぞ。『プライベートライアン』のオマハビーチでの戦いもこの映画に比べるとまるで「ディズニー映画」だ(意味が今一つ分からない)。この手の映像が苦手な人には決してお勧めしない。

 しかし、決して反日的な内容ではなく、日本兵をことさら揶揄している訳でもない。メル・ギブソンは明らかに日本兵、米兵を等価のものとして描いている。日本兵のハラキリや壕の中で自殺している将兵を誰も気にしないという変な描写はあるのだが、殺し合いを実際にやっている相手の目からみればそんな不合理な残酷さが強調されるのもまた当たり前であろう。

 UHDブルーレイ画質は実に高品質。DIファイル2Kからのアプコンであるが、そのハンデをまったく感じさせない情報量だ。プロジェクターX770のピクチャートーンを少々あげてやるとBT2020の色域がさらに拡大されたかのような圧倒的な発色。こんなに美しい火炎放射器の炎というのは初めてである。まあ、その炎に焼かれているのは日本兵だけど。

 音声はドルビーアトモス。例によって対応していない私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生。戦場音楽の精緻なサラウンド定位にびっくり。いや、楽しむどころではない、恐怖を感じてしまうほどなのである。また戦艦の大口径主砲による艦砲射撃の迫力は空前絶後。なんか、すっげええっすよ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。

 午後11時からプロジェクターを再起動させて前述の「The Invisible Monster (1950) 」を見たのである。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 6月16日(金) ツィートが出た出たァ、ツィートが出たァ
 三池炭鉱の上に出たァ。「The Invisible Monster (1950) 」エピソード4. Highway Holocaust さて、5階のガレージから壁を突き破って飛び出したカーソンの車。上手い具合に川に落ちてカーソンは助かります。そしてさらにウマいことにガレージには地図が残されていました。ご丁寧なことにある港の埠頭に印がつけられております。カーソン、「むむ、彼奴らは船で何事か悪事を企んでいるのだ。さっそく調べよう」

 その悪事とは「透明薬が残り少なくなった。3、4回分しか残っていない。原料を密輸するのだ」というしょぼいもの(笑)。この原料をその埠頭から密かに陸揚げしようというのです。さっそくモーターボートを使って埠頭へ向かうカーソンとキャロル。

 すると果たして前方に別のモーターボートが。バートンとハリスが乗っているではありませんか(或いはロングとハリスかも知れませんが、もう面倒臭いので気にしないことにします)。追跡に掛かるカーソン。しかし、バートンとハリスのモーターボートは速い、速い。しかも二隻の船の間をすり抜けていきます。カーソンも同じことをしようとしたのですが、波の具合かその間隔がどんどん狭くなっていき、ついに「キャロル、海に飛び込め」モーターボートは二隻の船に挟まれてどかーん。こんなシチュエーションで海に飛び込んだって助かるものかと思ってはいけません。そういうものなのですから。

 追跡に失敗したカーソンとキャロル、しかし、薬剤を積んだトラックが警察に特定されたという連絡が入り、急ぎ出動。バートンとハリスは別のトラックに薬剤を積み替え逃走を図るのですが、間に合わずカーソン達と銃撃戦になってしまいます。敵わぬと見た二人は逃走。あろうことか肝心の薬剤が置き去りです。車で追跡するカーソン、キャロル。バートンとハリスはトラックから降り積んであったドラム缶のガソリンが漏れているのを利用して火をつけ、トラックを逆走させてカーソンたちの車にぶつけたのであります。どかーんと大爆発する2台の車。どうせ、二人とも直前に飛び降りて助かるんだろとか思ってはいけませんよ、そういうものなんですから。 続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウと温泉卵一個。200キロカロリー。夕食は3時間白出汁と料理酒で煮込んでとろとろになった鶏胸肉塊を使った鍋。たっぷりの白菜、豆腐を入れて味ポンや牡蠣醤油で食べる。鶏肉は半分、後はゴハン半合で900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『最終兵器ムスダン』を見たのだが、これがイヤんなるくらい面白くなくってねえ(笑)。要するに北朝鮮で人民を改造した生物兵器ムスダンを作った。高い戦闘能力を持つうえに血液から感染してどんどんムスダンが増えていく。そんな見境いのないもん兵器として使えるかというのは置いときまして(笑)韓国もこれの存在を掴んでおり逃げ出したムスダンをDMZの中で奪い合うのである。

 森の中で延々と同じような映像、倉庫の中でこれまた延々と同じような映像が続いて、はい、15分で飽きます。そしてその姿を現したムスダンがまたしょぼっって。これ、北朝鮮に対するイヤミかいの(笑)。ムスダンと戦ったヒロインが最後の最後で自分が感染していることに気が付くというオチも取ってつけた感が強すぎてしらけるばかり。 あーあ、やんなっちゃった。あーんあんが、驚いた(一応、牧伸二のやんなっちゃった節が元ネタになっとります)。

 こんなんでもAAC5.1チャンネルのサラウンドが良くって最初はわくわくしていたんだぞ、オレは。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて前述の「The Invisible Monster (1950) 」 2エピソード分を見たのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月17日(土) 「ツィッターの砂漠」 
 子供の頃「月の砂漠」を聞いてそんなに月の砂漠を旅したいか、砂漠とか昼はクソ暑いし、夜は寒いし、喉は乾くし、ラクダはきっと臭いし、唾を吐くし(たしか何かの動物番組でこのラクダの癖を見たことがある)ろくなもんじゃねえと思っていたことはナイショだよ。

 パソコンで名刺を作成。いや、凄いですね、某山田電器で名刺用の用紙をおおよそ500円(税込)で買ってきますな。その用紙のパッケージで指定されているサイトにいくと無料で名刺作成用のアプリがダウンロードできる。それを使うと簡単に名刺のデザインが出来てその用紙にプリントできる。この私がですよ、年賀状の印刷にだって毎年、毎年、2枚や3枚失敗する私がですよ、この名刺の印刷を1枚もミスらなかったのですよ。これは皆さんが思うよりはるかに凄いことですよ。そんなことを力説してどうするとおもうけれども(笑)。

 そりゃ私の作った名刺だから美的センスがまるで欠如していますが(笑)、名刺120枚が500円1時間でできたんですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にトンカツサンドと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は茹でホウレンソウ。60キロカロリー。夕食は昨日の鶏鍋の残りでビール500ml缶一本飲んで、後はスープにサッポロ一番醤油ラーメンをぶちこんで〆とする。ラーメンは少々塩辛くなってしまったが、実に美味かった。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『エスコバル 楽園の掟』 うっかりコロンビアの麻薬王の姪に惚れたばっかりに自身ばかりか肉親までひどい目に会わされるカナダ人青年の話。いやあっちの麻薬組織のえげつなさというのは知っていたつもりであるけれども、じっさいに女子供にも容赦しないやり口を映像化されたらたまらんっすよ。二人も乳飲み子が射殺される映画など前代未聞じゃないのかしらん。神父相手に「神はおれだ」と言わんばかりの麻薬王の肥大しきった自我も恐ろしかった。

 しかも実在の人物をモデルにしているのだ!

 この後に作られた『ボーダー』では麻薬組織に妻子を殺された元検事という実に対照的な役を演じているヴェニチオ・デルトロ。どっちにもぴたりと嵌る彼の演技も見ものである。

 ハイビジョン画質は並以下。暗部のノイズがひどく発色も誉められたものではなし。音声はAAC5.1チャンネル。適切な重低音の使い方が宜しい。後半、追い詰められる主人公の心理描写に大きく寄与する。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 山に登るのに弁当持って行ってピクニックにしよう、その弁当も手作りでというゴリけんの無茶な提案でなんと、天草市某所の番組ディレクター、トミさんの叔母さん家の台所を借りて弁当作りにチャレンジ!

 野菜を洗おうとしないゴリけん、切ったピーマンの断面眺めて「このぶつぶつ(種のことならん)取るんですよね」と首を捻る斉藤優、鶏肉唐揚げを作ろうとして最初に鶏肉に片栗粉をまぶしつける矢野ペペ、こ、これはあの「みうら・じゅんのマイブームクッキング」の再来だ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して日本映画専門チャンネル録画の『クレージーだよ奇想天外』を30分ほど。ミステイク7の衣装のぎんぎらぶりの凄いこと。野川由美子の可愛らしさにもびっくりだ。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月18日(日) ルナ・のび太
 最初、ルナ・オービター(計画)とアポロ計画の月着陸船(ルナ・モジュール)を混同していたのはナイショだよ。久々に『クレージーだよ奇想天外』を見た。拳銃で撃たれてぼろぼろの中古車のドアなどが次々と外れしまいにはハンドルだけ握った谷啓が尻からナンバープレートぶら下げてひいひい言いながら走っていくという物凄いギャグ、08(ゼロハチ)を演じる藤田まことのカッコよさ(やたらにスタイルがいいんである)、ハナ肇の愛人という設定からか妙になまめかしい星由利子、この作品の好きなところを語らせたら止まらないよ(笑)。

 ただ、所謂政治風刺という奴がどうにもぎこちなく青臭いなあと思っていたのだが・・・。昨今の喜劇的な政治状況を経験した今の目からするとこれが逆に鋭く見えてきたという。国会議員鈴木太郎(谷啓)は「平和法案」を国会に提出する。しかし、その法案をつぶさに読んでみると通常兵器を廃棄する代わりに核武装するというではないか。「これは平和法案ではない、戦争法案ではないか」と激怒する鈴木太郎。

 「戦争法案」むむむむっ。「法案をろくすっぽ読まないで偉そうなことを言う」むむむむっ。なんかどっかで聞いたような(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとカップワンタン。400キロカロリー。昼飯はお中元で頂いていて、でもその存在を今の今まで忘れていた沖縄アグー豚レトルトカレー。500キロカロリー。

 夕食は白菜を炒めて「ゴマ油+クバラきゃべつのタレ+塩昆布」のドレッシングで食べる。後は冷凍食品の肉うどん。これが抜群に美味かった。あまりにも美味かったので残ったスープにゴハンを入れておじやにしたくらいだ。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,800キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽聞きながら読書。戸梶圭太の「血祭り」を最後まで。主要登場人物のほとんどがクズのキチガイという戸梶節が心地よい。そうだよ、戸梶圭太はこうじゃないといかんのよ。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて前述の『クレージーだよ奇想天外』を見たのである。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月19日(月) 「イデオン ウソつかない」
 元ネタは「インディアン、ウソつかない」というCMの文句。今だったら人種差別だわあわあわあと言われるだろうなあ。

 『The Invisible Monster』 5. Bridge to Eternity  思った通りトラックと衝突寸前で車から飛び出すカーソンとキャロル。しかし、このキャロルは女丈夫というか女傑と言うか悪漢と銃撃戦はやるし、今回みたいに車から飛び出したりします。こういう活動的な女性キャラはこの時代には珍しかったのではないでしょうか。

 さて、トラックに積むことができなかった透明用薬品のドラム缶はアルトン化学会社の倉庫へ運び込まれますってまたここかい。前に透明ボスに酸を盗み出されてしまったのに、こりない人たちだなあ(笑)。この情報を聞きつけた透明ボスはさっそく取り返しに向かいます。

 例のほろ付きトラックでアルトン社の倉庫に乗り付けて透明になる透明ボス。どうするのかと言いますとドリルを持ってきてごーりごりと壁に穴を開けるのであります。壁の向こうは透明薬のドラム缶。穴を開けてホースを通しポンプで吸い取るのですな。ちなみに透明ボスったらドリルにはちゃんと特殊布をかぶせているのですが、ホースはそのまんま。ぶらーんぶらーんと揺れるホース。

 ああ、透明になる意味が微塵もない!

 さて、倉庫の中にいたカーソン。なかなかこれに気付きません。二缶分抜かれたところでやっと「ああ、大変だ、おいこらまてー」 でも逃げられてしまいましたとさ。

 しかし、警察の力によってトラックの行方が判明します。勇躍車で飛び出すカーソン。しかし、これは透明ボスのワナでした。彼は部下に途中の橋に爆弾を仕掛けさせていたのです。さらにカーソンの車で部下が待ち伏せ。彼は乗り込んできたカーソンをやっつけようとするのですが逆にノサれて手錠で車の後部座席に拘束されてしまいました。

 え、あれ、橋に爆弾しかけるんだから、こんな待ち伏せなんかしなくていいのに、何か変だな。まあ、これも次回で理由が明らかになるんですけど。

 爆弾を仕掛けられた橋に突っ込むカーソンの車。どっかーん、大爆発が起こって橋がばらばらに吹き飛んじゃいました。続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。300キロカロリー。昼は思うところあって抜き。夕食は完全コンビニ飯。厚焼き玉子、豚汁、唐揚げ、ソーセージ、厚焼き玉子がそれぞれ一つついたお握りセット。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,100キロカロリーなり。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ムーンウォーカーズ』を見る。スタンリー・キューブリックみたいな有名な映画監督に秘密裏に月着陸のフェイク映像を撮影させるとかできるか、バカ、それで機密保護はどうするんだよ、まさか関わった人間全部殺すのか、バカ等々アポロ陰謀論に対する強烈なイヤミが痛快。キューブリックはダメだからとルパート・グリントが紹介してきた映画監督がサイケの人で「月を極彩色にするよ、宇宙くらげも出すよ」と言い出したのに不覚にも大笑いしてしまった。

 ハイビジョン画質は今一つ。映像のダイナミックレンジが狭く眠い画質である。音声はAAC5.1チャンネル。冒頭のベトナム戦悪夢以外は目立った効果なし。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動してCSハイビジョン録画の『プッシーキャッツ』を半分ほど。いやあ、やっぱりこの映画でのレイチェル・リー・クックは死ぬほどかわいいなあ。こんな娘を屋台に連れていっておでんや焼鳥、ラーメンを食べさせてあげたいなあ。それで「美味しいよ」、ニコっとかされたらた、たまらんなあ。ああ、考えただけで頭がくらくらしてきて、あれ、あれあれあれ・・・(バカ)。

 まあ、それは置いといて(笑)。残念なのはこの録画の画質・音質が非常に良くないこと。人がいっぱい出てきたり、動きがちょっと早くなるとモザイクノイズがばりばりばり。音声もステレオでドルビーデジタル5.1チャンネルだったDVDにも劣るのである。この作品はアメリカでもブルーレイになっていないので私にはこの録画しかないのだ。

 せめてWOWOWでやってくれんかなあ。

 6月20日(火) 『シリアスの黄色いハンカチ』
 前科者とより戻すとかマジあり得ないからby倍賞千恵子。私の愛機 パナソニック UHDウルトラブルーレイ再生機能付きブルーレイレコーダー DMR-BZ1。前にも書いたと思うのだが、外付けNASの音楽データを再生しようとすると高い確率で「LANネットワークの断絶」が起こる。むろん、再設定は可能なのだが、LANケーブルを引っこ抜いてあべこべに刺し直す必要があったりしてとかく面倒臭いのである。そこで考えたのがUB-Z1のHDDに直接音楽データを貯め込むという機能を使うこと。リンク断絶の心配はないし、LANケーブルを介することがないのだから音質的にもきっと+になる筈だ。

 マニュアルを読むとUSB-HDDから取り込めるとかLAN接続したパソコンから取り込めるとか書いてある。何だか良く分からんが今度挑戦してみよう・・・と思いつつ、ずーっと先延ばしになっているんだよなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はトマト1個とソーメン1把。200キロカロリー。夕食は例のマルちゃん「北の味わいざるラーメン」 焼き豚、茹でもやし、トマト1個、温泉卵を乗っけたので700キロカロリー。

 本日の摂取カロリーは1,300キロカロリーなり。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『ロブスター』を見る。一応、ブラックなコメディという体裁をとっているがその実かなりエグいディストピアもの。この世界ではパートナーを持たない独身者の存在が許されない。そういう不届きモノは婚活ホテルに送られて49日間(だったかな)のうちにパートナーを見つけないと動物にされちゃうのだ!寓話的な意味なのかと思ったらとんでもない、本当に犬や馬にされてしまうのだ。主人公のコリン・ファレルはもし自分が動物にされるのならロブスターがいいと思う。これがタイトルになっているのである。これは何か『私は貝になりたい』のフランキー堺みたいなものか(ちがうと思う)。

 周辺の森の中には対照的にパートナーを持たないことを選択したアナーキスト(決してモテないという訳ではない)たちがいる。しかしこっちはこっちで、パートナーをうっかり見つけてしまうと眼を潰されてしまったりするのであった。

 私は決して大層な主義主張があって独り身でいる訳ではないのだが、むしろ果ての無い怠惰と無能の末の結果なのだが(笑)、こういう映画を見るとちょっと言いたくなりますね。「独身、それはそれでいいんじゃないですか、何か悪いんですか」

 ハイビジョン画質は意外に綺麗。解像度が妙に高いし、森などの風景が実に美しく見えるのも好ましい。ただ、これが暗い場面になると激変。細かなノイズに覆われてしまうのであった。

 音声はAAC5.1チャンネル。ホテル周辺の自然と都会の環境音の対比表現がウマい。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 6月21日(水) 「シーレーンレストラン」
 清水健太郎駄洒落。またUHDブルーレイで『シン・ゴジラ』を見る。HDRに関しては『ハクソーリッジ』や『パトリオットディ』の米国盤最新作のえげつないまでの効果に比べると旗色の悪い『シン・ゴジラ』UHDであるが、これはプロジェクターX770のピクチャートーンを上げることでかなり改善される。しかもピクチャートーンを上げることで色のりも良くなりあたかもさらに色域を拡大したかのような効果も得られるではないか。

 この画質設定で見る『シン・ゴジラ』 暗闇で赤く輝くゴジラのなんと禍々しいことか、おお・・・てな訳で最初は全編見るつもりなかったんですよ、某同人誌原稿のために同梱のブルーレイとの画質比較をやろうと思っていたんですよ、それがこんな絵を見せられてついつい最後まで行っちゃったですよ。

 (『シン・ゴジラ』トリビア https://twitter.com/Sankei_news/status/876778706575872000 カヨコ・パタースンが手渡す書類フォルダにNCC-1701-2199と書かれている。これはもちろん、エンタープライズとヤマト。さすがに分かりました。でもこれを劇場公開時に見つけていたとしたらその人はかなりのつわものでありましょう。『スペースバトルシップヤマト』でセロハンテープを見つけたみたいな。

 他にもグローリー丸の船籍番号“MJG15041”は『マイティジャック』の飛行戦艦マイティジャックの船体スペック「MJ号全幅150m全高41m」から。冒頭で登場するプレジャーボート 「グローリー丸」。これを直訳すると『ゴジラ』で最初にゴジラに沈められた漁船「栄光丸」 ゴジラ第二形態の遡上場面で押しのけられる小型船が「The Alpha」 これは『緯度0大作戦』のα号より、なんてのがあるようですが、そんなの分かるかつーの)

 本日は休み。午前8時過ぎに起床してぼけーっ。シャワーを浴びて頭をすっきりさせてから亀のお世話。イシガメ屋外ケージの濾過機の掃除やマルギナータの餌やり等々。午前11時過ぎにトースト2枚にマヨネーズ、レモン汁、胡椒、醤油で合えたシーチキン(少量の牡蠣醤油がぐっと味を引き立てる)とスライスしたトマトを挟んだサンドウィッチ。600キロカロリー。

 午後12時過ぎから外出してちょっとしたお仕事と買い物。午後1時過ぎに帰宅して前述の『シン・ゴジラ』を見たのであった。

 夕食はシーチキンの残りとゴマ油、クバラキャベツのタレ、塩昆布のドレッシングで合えたキャベツでビール500ml缶一本飲んで仕上げにマルちゃん「北の味わい ざるラーメン」 800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後は音楽を聴きながら読書。戸梶圭太「亡霊ラジオ」読了。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「ケンミンショー」 そして午後10時半からプロジェクターを再起動させて『プッシーキャッツ』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。

 6月22日(木) シーチキン・礼金
 賃貸物件駄洒落。さて、「The Invisible Monster」の続きである。 6. Ordeal by Fire  どっかーん、大爆発する橋。吹き飛ばされるカ―ソンの車。しかし、カーソンはもちろん無事です。なぜかというと後部座席の横棒に手錠で繋がれていた透明ボスの部下が、横棒(何のためについているのか良く分からない)を強引に外してカーソンを襲ったからであります。彼は失神したカーソンを車外へ放り出し自分で運転して橋へと向かったのであります。

 はい、やっと前回の不自然な待ち伏せの意味が分かりました。しかし、なんだなあ、この部下、こいつさえ変なことしなけりゃカーソンは何も気づかないまま橋に突っ込んでいたのに、もうバカバカバカ。透明ボスの苦労が忍ばれるというものです。透明ボスは警察無線を傍受して自分のほろ付きトラックの詳しい特徴が流されているのを知り、部下に命じて処分させるのでした。処分と言ってもアジトからそんなに遠くない道路の脇に置きっぱなしにするだけですけど(笑)。

 その後、ほろ付きトラックを警察が発見。カーソンとキャロルが調べに向かいます。カーソンはトラックのタイヤに挟まっていた砂利に注目。「むむむっ、これは鉱山特有の砂利だ。この近くに鉱山はないか」地図を調べて鉱山へ向かうキャロルとカーソン。その彼らの眼前で突然爆発が起こり大量の土砂が。透明ボスの部下二人が崖でダイナマイトを爆発させたのです。危うく難を逃れたカーソンとキャロルは二人と銃撃戦。一人を射殺し、もう一人を追って割と安易に透明ボスのアジトになっている洞窟にたどり着いたのでした。

 ずかずか入っていって拳銃を突きつけるカーソン、キャロル。しかし、偶然にも透明ボスが透明薬の実験中でした。透明ボスは気づかれぬままカーソンに近寄り拳銃を叩き落としてしまったのです。さて、たちまち起こる取っ組み合い。拳銃を拾ったカーソンと部下たちは激しい銃撃戦を展開します。形勢悪しと見て鉱山の奥深くに逃げ込むカーソンとキャロル。部下たちはトロッコにたまたま乗せられていた石油の樽をえい。トロッコはレールの上をごごごごと動き出します。銃撃戦で穿たれた穴から流れる石油に火をつけるとたちまち火だるまとなってカーソンたちを追う!追い詰められたカーソン、キャロル、どかーん大爆発。続く。どうせ、横穴があって二人とも爆発寸前に脱出したんだろとか思っちゃいけないですよ。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチ 300キロカロリー。昼飯はトマト1個、マルタイ棒ラーメン+もやしで400キロカロリー。夕食はコンビニのカルビ焼肉(冷凍食品)を丼飯に乗っけたカルビ丼、トマト1個、後はもやしとキャベツででっち上げた味噌汁。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、レンタルブルーレイで『パシフィック・ウォー』を見る。原爆を運んだあと、伊号潜水艦に撃沈されたという重巡洋艦インディアナポリスとその生存者たちが救助されるまでの苦闘を描いた映画。邦題がいい加減だけど(『USS Indianapolis: Men of Courage』)、ニコラス・ケイジやトム・サイズモアが出演していて伊号潜水艦内部のメカニック描写もなかなかカッコよく、それなりにいい映画になる筈だったのだが・・・。

 CGがもうまったく徹底的に絶対的に壊滅的にダメ(大笑い)。伊号潜水艦から回天が発進する場面とかもうメカシャークと一緒ですよ。冒頭の特攻隊の攻撃も戦闘機が増槽つけたままツッコンできたりして、もう見ていていらいらさせられるのだ、これが。

 どんな良い映画を作ってもこれではただただ白けてしまうばかりなのである。

 ハイビジョン画質もダメダメダメ!特に顕著なのがクソCGが多用される場面で妙なソラリゼーションがでてしまうこと。諧調推移が紫に塗りつぶされてしまう、なんだこりゃ。CGを使わない時でも暗い場面はばちばちノイズが入って立体感もへったくれもなし。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。重低音の迫力はよろしい。ただ後半の地味な漂流劇になるととたんに平面的でつまらないサラウンドになってしまうのはどうかと思う。

 終了後シャワーを浴びてダビングいろいろ。NHKBSで放送された4Kデジタルリマスター版『嵐を呼ぶ男』 テレビの画面で見てもフィルムグレインの奔放な振る舞いが再現されていておおおっと思う。ぜひ、これはプロジェクターの大画面で見なくてはならん。

 午後11時からプロジェクターを再起動。前述の「The Invisible Monster」を2エピソード見たのである。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。
 
 6月23日(金) 『魔女の卓球台』
 私としては珍しいジブリ駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950) 7. Murder Train  やっぱりあった抜け穴から脱出するカーソンとキャロル。彼らは電話のあるところまで行って警察に連絡。洞窟を調べることになります。しかし、驚いたことに洞窟はもぬけの殻。しまった、逃げられた!とくやしがるカーソンですが、なに、大丈夫でさあ、鉱山の入り口じゃ偽装砂利トラ(砂利の下ががらんどうになっていて荷物や人間を隠せるようになっているのです)を使って透明ボスたちが引っ越しの真っ最中だったんですから。

 まあ、カーソンたちは透明ボスたちと銃撃戦やったあげく、結局逃がしてしまうのですが。

 さて、透明ボスたちは困っております。悪の組織の運転資金(というのか)が不足しているからであります。そこで彼らが考えたのが現金輸送列車を襲うこと。透明ボスはニヤニヤしながら「銀行に運び込まれると警備が厳重になるからな、走っている列車に爆発物を満載した軌道車をぶつけるのだ」とまことに物騒なことを言っております。

 一方、カーソンのところに警察から連絡が。警察は偽装砂利トラを捕まえたというのです。運転手は何も積み荷のことを知らされておらず、ただ、何時までのどこそこあそこのガレージまで来いと依頼されていただけと言います。カーソンはこの運転手に化けて件のガレージへ。

 またそこで透明ボスの部下二人と殴り合い。後ろからぽかりとやられたカーソン、ばったりと倒れます。部下二人は彼を縛り上げて「こいつどうする?」「顔と手を潰して捨てちゃうか」「いやいや、もっといい方法があるぞ、ケーンジャンクションに連れて行って爆発物積んだ軌道車に乗っけるんだ」これを聞いたカーソン、格闘でこぼれてしまったペンキを利用して床に「ケーンジャンクション」と書き残します。

 キャロルはなかなか帰ってこないカーソンを心配してガレージへ。そこで彼の残した文字を見つけたキャロルは警官と共にケーンジャンクションへ急行。そこではまさに透明ボスの部下二人が爆発物を満載した軌道車にカーソンを乗せているところでした。「ややや、警官隊だ、すぐに軌道車を発進させろ」ごろごろと動き出す軌道車。このままいけば現金輸送列車と正面衝突であります。

 キャロルはこの軌道車を止めるために車で追いかけます。そして猛スピードで追いつくなりぐいとハンドルを切って車を軌道車にどかーん。キャロルは寸前で脱出しましたがカーソンが乗っていた軌道車は粉みじんになってしまいました。続く。

 へへへ、どうせ、カーソンは車とぶつかる前に逃げていたんでしょですって?うん、まあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はマルタイ棒ラーメンの冷やしラーメンという奴。チャーシューやトマト、温泉卵、茹でもやしをトッピングしたので500キロカロリー。おやつに(笑)アイスクリーム 300キロカロリー。夕食はカラーラで作った唐揚げ4個、マグロブツのづけ、刻みキャベツ、ゴハン半合。缶ビール500ml一本飲む。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は2,000キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターで久しぶりに米国盤ブルーレイ 『SAW3』を見る。いやー、実に久々の鑑賞だったもので、このディスクの収録音声が「DTS-HD ハイレゾリューション」だったこととかすっかり忘れていたですよ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「ゴリパラ見聞録」 明日は地区の女子ドッヂボール大会で午前6時半起きなのでとっとと酔っぱらってとっとと寝た。

 6月24日(土) ガーシュウィン船
 貿易駄洒落。「The Invisible Monster」 (1950) 8. Window of Peril  まあ、もちろんカーソンはキャロルに車をぶつけられる前に脱出して助かったんですけど(笑)。さて、現金輸送列車襲撃に失敗してしまった透明ボスはさらに弱っております。ますます資金繰りが苦しくなったからです。

 でもさすがは透明ボス。部下の一人に「おい、ミラー、お前は航空機会社に勤務していたな。その会社の新型機の図面をパクってライバル会社に売ろうじゃないか」「でもボス、図面の保管してある部屋は警戒厳重です。人目にふれずに出入りなんかできませんぜ」「わはは、ワシを誰だと思っている。透明ボスだぞ、透明ボス」この後、透明ボスはまんまと図面を手に入れたようであります。

 この盗難事件を知ったカーソン(もう皆さん、忘れていらっしゃるかも知れませんが彼は保険会社専属の調査員であります。この航空会社もカーソンの保険会社と契約していたのです)はまさに神のごとき英知を発揮します。「部屋の窓のところにあいつらが使っていた薬品が付着していた。これはあいつらの仕業なのだ、あいつらはきっと図面の買い手を探しているのに違いない。そこで他の航空会社にそんな奴らがコンタクトしてきたら教えてくれと頼んでいた。さっそくある会社から連絡が来たぞ」

 頼むからご都合主義とか言わんでください(笑)。

 カーソンはその航空会社の社長に会い、売り手の名前住所を聞き出します。どうせ偽名と思ったカーソンですが、とりあえずその住所を尋ねてみます。でもそれはやっぱり罠でした。突然床下から飛び出してきた透明ボスがカーソンをぽかり。今しがた飛び出してきたばかりの床下の隠し部屋に突き落としてしまったのです。扉の上にソファーやらなんやらを積み重ねて閉じ込めた透明ボス。部屋に火を放って逃げてしまいます。またまた大ピーンチのカーソンですが、隠し部屋の壁をなんとか破って脱出に成功します。

 透明ではないフツーの状態のボスと初めて顔を合わせることになったカーソンですが、特になんてことはありません。他の部下たちと同じ扱いです。

 さて透明ボスは部下に命じて件の会社に図面を売りに行かせます。部下は「ボス、もし待ち伏せとかされていたらどうするんですか」と困惑顔。透明ボスはうんとうなずいて「心配するな、わしが透明になって建物の下にいるから、もしヤバくなったら窓から図面を落とせ」部下たちはどうなるんだという(笑)。

 はい、部下たちの危惧が100パーセント当たりました。カーソンが社長室で彼らを待ち受けていたのです。さあ、またまた始まる取っ組み合い。部下の内一人は逃げてしまいましたが、もうひとりがカーソンとえんえんと揉みあいます。二人はなぜか開け放たれている窓に近づいていって、あ、ついに窓から落ちてしまいました。きゃーっという悲鳴が響いて続く。あ、図面はちゃんと事前の打ち合わせ通りにビルの外で透明になって待ち構えていた透明ボスに回収されましたのでご安心を。

 窓のすぐそばにこれ見よがしに消火ホースのリールがあった。カーソンはこのホースに捕まって助かるに違いないとか頼みますから言わんでください(笑)。

 本日は午前6時半に起床してシャワーを浴び身支度拵える。朝飯はマルタイ棒ラーメンに茹でもやしをたっぷり乗っけた奴。それから午後1時過ぎまで私の目は私の体を離れ女子ドッヂボール大会の過酷な労働の時間の中に入っていくのです・・・。

 昼飯は大会で出された幕の内弁当。夕食は鶏鍋。白菜、えのき、しいたけを白出汁で煮て味ポンと博多万能ねぎ刻みを振り掛けて食う。ゴハン半合。

 その後、米国盤ブルーレイで『SAWⅣ』を再見。あれ、おかしいなあ、ソフトラックに『SAWⅡ』が見当たらないぞ。たしか買っていたと思うんだけどなあ、その特典ディスクに『SAW』がまるごと収納されていたんだけどなあ、どこいっちゃったかなあ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。

 

 6月25日(日) 「正解するガロ」
 ガロと言えばフォークシンガーグループじゃなくって漫画雑誌だろう駄洒落。「The Invisible Monster」(1950) 9. Trail to Destruction  窓の外から部下と共に落下したカーソン。部下はきゃーっと水木しげる漫画のような悲鳴を上げて落っこちます。カーソンは予想通り消火ホースをとっさに掴んで無事でした。航空会社の社長が彼をうんこらしょと引き揚げます。

 透明ボスはまたまた困ってしまいました。計画が失敗するばかりで組織がどんどん貧乏になっていきます。カーソンが航空会社に「図面を売ろうとする奴がいたら連絡しろ」というおふれを回しているのでせっかくの図面もこのままでは紙屑同然。

 透明ボスはやっと妙案を思いついたようです。「よし、図面を盗んだ航空会社を脅迫しよう。1万5千ドル支払わないと図面を公開するぞ。せっかく大金掛けた計画が水の泡だぞってな。わははは、オレは頭が良いなあ」部下が心配そうに「それでボス、金の受け渡しはどうするんで?」「わははは、それも良いアイデアがある」

 そのアイデアとはワンちゃんを使うこと。「どこそこあそこの木にワンちゃんをつないでおくので1万5千ドルの札束を首輪に結び付けろ。そしてワンちゃんを放すのだ」 心がほっこりいたします(笑)。カーソン、キャロルはその脅迫状の通り首輪に大金結びつけたワンちゃんを放すのですが、さすがは主人公、別のワンちゃんを連れておりまして、後を追うという。やっぱり心がほっこりいたします(笑)。

 カーソン・キャロルは割と安易に脅迫金が届くのを待っていた部下二人を発見。部下たちは馬で逃げ出すのでした。ひどいことに途中でお金を持ってきてくれたワンちゃんにずどん。追い払ってしまったのです。寄る辺を失ったワンちゃんはカーソンたちのところに行くのでありまして(笑)。カーソンはキャロルを残して単身このワンちゃんの案内で敵のアジトに向かうのでした。

 さて、牧場の納屋の中に設けられたアジト。三人の部下たちが大量に貯蔵してある爆発物を運ぶトラックが到着するのを待っております。そこへ飛び込んだカーソン。またまた殴り合い。この時カーソンが持っていた拳銃が叩き落とされ蹄鉄用炉の中へぽとり。高温のコークスにあぶられた拳銃が暴発しはじめました。そのショックで飛んだコークスが山と積まれた爆発物の箱の上にぽとり。だからそんなもの、炉のすぐそばに積んでおくなっての(笑)。

 後ろからぽかりとやられて倒れ伏すカーソン。直後に大爆発が起こって納屋が吹き飛んでしまいました。続く。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンと野菜ジュース。500キロカロリー。昼飯は抜き。夕食はカラーラで焼いた鶏肉、大量の刻みキャベツ、白菜・もやし・長ネギを使った野菜炒め。乾麺のうどんを醤油、博多万能ねぎ刻み、大量のカツオ節を入れた卵で食べる地獄炊き風うどん。1,000キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 鶏肉は牡蠣醤油、オロシショーガを揉みこみ15分ほど置いたもの。片栗粉や唐揚げ粉は使わずにそのままカラーラで焼く。これが上出来で、小笹飯店の名物メニュー、鶏味噌定食を彷彿とさせるくらいに美味い。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ノック・ノック』 僕の大好きなイーライ・ロス監督作品である。これがもう実にイーライ・ロスらしくてただただキアヌ・リーブス悲惨!という映画(笑)。庭に首だけ出して埋められてさんざん責め立てられてブチ切れ「そりゃ、オマエら、すげえいい女が夜中に突然やってきて、シャワー浴びさせたら二人ですげえエロ話し始めて、挙句にバスルームで二人でチンコにあんなことやこんなことされて我慢できるか、コノヤロー、ぜったいやっちまうだろ、それが悪いのか」と涙目でわめくキアヌに大笑いである。

 突然夜中に現れてキアヌにエッチな罠を仕掛ける女二人組 ロレンツァ・イッツォとアナ・デ・アルマス。ロレンツァ・イッツォは同じイーライ・ロス監督の『グリーン・インフェルノ』のヒロインであり、またイーライ・ロス監督の奥さんでもある。

 イーライ・ロス監督、自分の嫁さんによくも演技とはいえあんなエロいことさせますなあ。

 ハイビジョン画質はそこそこ。発色が今一つで地味な映像である。音声はAAC5.1チャンネル。音質はさほど良くはないのだが、効果音の定位が抜群。墓穴を掘っている音が左チャンネルにきっちり定位するのはさすがに恐ろしかった。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。NHK BSハイビジョンで放送された『サイレント・ランニング』をブルーレイメディアにムーブしたぞ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前一時半過ぎに就寝。